松山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
もう早くも懐かしく感じてしまいそうな、令和になったばかりの連休のころの旅の様子です。<br /><br />四国・愛媛は松山市内を、伊予鉄道の電車で巡った結果、ついに、伊予鉄道の郊外線(郊外電車)、市内線(市内電車)に全部乗ったのでした。<br />これで、松山市内の全部、とはいわないけれども、相当の区間を巡った、つもり。<br />観光スポットなどにはあまり行っていなかったり、行っていても画像がありませんが。<br /><br />連休のさなかということもあってか、道後温泉駅が非常に賑やかで、観光地の感じにあふれ、これが松山市内なのか、とちょっと驚いたりして。

伊予「電鉄」の旅 その4 松山市内をだいぶ巡った、つもり

11いいね!

2019/05/03 - 2019/05/03

547位(同エリア1215件中)

もう早くも懐かしく感じてしまいそうな、令和になったばかりの連休のころの旅の様子です。

四国・愛媛は松山市内を、伊予鉄道の電車で巡った結果、ついに、伊予鉄道の郊外線(郊外電車)、市内線(市内電車)に全部乗ったのでした。
これで、松山市内の全部、とはいわないけれども、相当の区間を巡った、つもり。
観光スポットなどにはあまり行っていなかったり、行っていても画像がありませんが。

連休のさなかということもあってか、道後温泉駅が非常に賑やかで、観光地の感じにあふれ、これが松山市内なのか、とちょっと驚いたりして。

同行者
一人旅
交通手段
私鉄 徒歩

PR

  • 新しい路面電車で乗ってきたところから。

    新しい路面電車で乗ってきたところから。

  • 直角に近いようなカーブの向こうにもうちょっとだけ線路が続いているようですが、車庫、というよりか、電車の待機場所だと思われます。

    直角に近いようなカーブの向こうにもうちょっとだけ線路が続いているようですが、車庫、というよりか、電車の待機場所だと思われます。

  • 到着した電車が回送されていきます。<br />非常にゆっくり。<br /><br /><br />駅員さんなのか、坊ちゃん列車の乗務員さんなのか、制服が凝ってます。

    到着した電車が回送されていきます。
    非常にゆっくり。


    駅員さんなのか、坊ちゃん列車の乗務員さんなのか、制服が凝ってます。

  • 上の画像のカーブの先、こんな感じになっています。<br />線路の奥は単に行き止まりで、何かの設備があるようには見えません。

    上の画像のカーブの先、こんな感じになっています。
    線路の奥は単に行き止まりで、何かの設備があるようには見えません。

  • 道後温泉駅。<br />発着する電車は市内電車だけですが、停留所という感じの設備でなく、駅となっています。

    道後温泉駅。
    発着する電車は市内電車だけですが、停留所という感じの設備でなく、駅となっています。

    道後温泉駅

  • こんな感じの駅の建物となっております。<br />人が多く、全容を一枚の画像で撮るのが難しかったのでした。

    こんな感じの駅の建物となっております。
    人が多く、全容を一枚の画像で撮るのが難しかったのでした。

  • 読めますかね?PCでない場合はちょっと難しいかも知れません。<br />明治44年以来の駅舎を、伊予鉄道創立100周年にあたって新築復元された建物であるとか。<br />

    読めますかね?PCでない場合はちょっと難しいかも知れません。
    明治44年以来の駅舎を、伊予鉄道創立100周年にあたって新築復元された建物であるとか。

  • 上の画像のプレートとほぼ同じ内容がこちらにありました。

    上の画像のプレートとほぼ同じ内容がこちらにありました。

  • 坊ちゃん列車が停まっています。<br />展示ということではなく、この車両が現役の車両。

    坊ちゃん列車が停まっています。
    展示ということではなく、この車両が現役の車両。

  • ここからは乗り降りはできない構造のようです。<br />ここから出るときはバックで出て行くんでしょうね。

    ここからは乗り降りはできない構造のようです。
    ここから出るときはバックで出て行くんでしょうね。

  • 小説「坊ちゃん」で、マッチ箱のような汽車、とか形容されていましたっけ。<br />違ったかな。

    小説「坊ちゃん」で、マッチ箱のような汽車、とか形容されていましたっけ。
    違ったかな。

  • 駅前から非常に賑やかです。<br />極力、人混みは避けて撮っております。実際にはもっと賑わっています。<br /><br />すぐそこに大きなホテル(?)が立ち並んでいます。<br />松山市内からすぐのところ、というか、松山市内だと思うのですが。<br />このようなところに温泉街とは。

    駅前から非常に賑やかです。
    極力、人混みは避けて撮っております。実際にはもっと賑わっています。

    すぐそこに大きなホテル(?)が立ち並んでいます。
    松山市内からすぐのところ、というか、松山市内だと思うのですが。
    このようなところに温泉街とは。

  • この先は商店街であるようです。<br />観光客向け満載、という感じがしますが、実は地元向けだったりして。

    この先は商店街であるようです。
    観光客向け満載、という感じがしますが、実は地元向けだったりして。

  • 駅のホームに戻ってきました。

    駅のホームに戻ってきました。

  • 道後温泉駅からは、こんな感じの電車。<br /><br />ちなみに、道後温泉駅からは、松山市駅に向かう電車と、JR松山駅前に向かう電車とがあります。

    道後温泉駅からは、こんな感じの電車。

    ちなみに、道後温泉駅からは、松山市駅に向かう電車と、JR松山駅前に向かう電車とがあります。

  • 途中の停留所がずいぶん賑やかだな、連休だからなのかな、とか思っていたのですが、すぐ後ろをこんな風についてきていたからでした。

    途中の停留所がずいぶん賑やかだな、連休だからなのかな、とか思っていたのですが、すぐ後ろをこんな風についてきていたからでした。

  • 本町一丁目。「ほんまち」と読むようです。<br /><br />ここまできたら、ということで、<br />松山の市内電車の路線のうち、乗っていない区間に向かうことにしたのでした。

    本町一丁目。「ほんまち」と読むようです。

    ここまできたら、ということで、
    松山の市内電車の路線のうち、乗っていない区間に向かうことにしたのでした。

  • 道路の向こうは、松山城のお堀。

    道路の向こうは、松山城のお堀。

  • この辺までで、お堀との併走は終わり。

    この辺までで、お堀との併走は終わり。

  • 乗ってきました。<br />ラッピングのため、意外にオレンジの割合が少ないです。

    乗ってきました。
    ラッピングのため、意外にオレンジの割合が少ないです。

  • 確かに、線路はここまで。<br /><br />と思ったら、すぐそこに別の線路が。

    確かに、線路はここまで。

    と思ったら、すぐそこに別の線路が。

  • こう見ると、ずいぶん狭いところを抜けているようですが。

    こう見ると、ずいぶん狭いところを抜けているようですが。

  • こちらが、いわゆる環状線。路面電車というより、専用軌道の区間となっているところ。

    こちらが、いわゆる環状線。路面電車というより、専用軌道の区間となっているところ。

  • 国道196号線であるそうです。<br />今治を経由して西条に向かう国道、ということは、概ね予讃本線と併走するものと思われます。超幹線では。

    国道196号線であるそうです。
    今治を経由して西条に向かう国道、ということは、概ね予讃本線と併走するものと思われます。超幹線では。

  • 角度を変えて見てみました。<br />松山市駅に向かうには、環状線よりもこの路線の方が早そうではあるけれども、<br />JR松山駅に向かうには、やはり環状線区間の方がいいのか。<br />この辺の人は実際にはどういう風に使っているのかな、とか思いながら。<br /><br />そして、これで、伊予鉄道の路線は(郊外電車も含め、過去に乗ったことのある路線も含め)全線乗車したことになったのでした。

    角度を変えて見てみました。
    松山市駅に向かうには、環状線よりもこの路線の方が早そうではあるけれども、
    JR松山駅に向かうには、やはり環状線区間の方がいいのか。
    この辺の人は実際にはどういう風に使っているのかな、とか思いながら。

    そして、これで、伊予鉄道の路線は(郊外電車も含め、過去に乗ったことのある路線も含め)全線乗車したことになったのでした。

  • 来た路線をそのまま折り返すのは少しつまらないかな、と思い、<br />環状線の方の停留所に来てみました。

    来た路線をそのまま折り返すのは少しつまらないかな、と思い、
    環状線の方の停留所に来てみました。

  • やはり、ホームもかなり狭いです。<br />長時間ここで待つことは全く想定していないのでしょう。

    やはり、ホームもかなり狭いです。
    長時間ここで待つことは全く想定していないのでしょう。

  • 先ほどの国道方面は、こちら。<br />単線ということもあって、やはり狭い空間となっております。<br />道路を渡った向こうはちょっと空間が広いような。

    先ほどの国道方面は、こちら。
    単線ということもあって、やはり狭い空間となっております。
    道路を渡った向こうはちょっと空間が広いような。

  • 電車はこんな感じでやってきます。

    電車はこんな感じでやってきます。

  • この日の旅を支えてくれた(?)のは、こちらのきっぷでした。<br />観覧車にはさすがに乗っておりませんが。<br />再度利用する機会があれば、もっと効率的に使ってみたいかな、とか思っております。<br /><br /><br />伊予鉄道(伊予「電鉄」)の旅は、ここまで。

    この日の旅を支えてくれた(?)のは、こちらのきっぷでした。
    観覧車にはさすがに乗っておりませんが。
    再度利用する機会があれば、もっと効率的に使ってみたいかな、とか思っております。


    伊予鉄道(伊予「電鉄」)の旅は、ここまで。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

松山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集