江津・有福温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019(R1)年(昨年)8月の旅です。<br />(実は、https://4travel.jp/travelogue/11620570の続き)<br /><br />江津駅から、廃止されたJR三江線の跡を巡る、、、とまではいかないかも知れず、バスで三次駅に向かってみようというもの。<br />いわゆる本格的な廃線巡りほどの綿密なものではなく、当然、既に鉄道は走っていないのですが、その分、廃止間際の混雑で、ゆっくり景色が眺められないということもなく、いわゆる葬式鉄と眉をひそめられる(ひそめているのは自分だけか?)こともなかろうかと。<br /><br />もちろん、1本のバスで三次まで行けるはずもなく、また、画像が多いので、何回かにコマギレに分けて載せていきます。<br /><br />今回は、現在の行政区画上、江津市内を出ていないところまで。

三江線のその後を見に行った その1・江津から

15いいね!

2019/08/24 - 2019/08/24

33位(同エリア77件中)

旅行記グループ 2019.8 旧三江線区間バス編

0

29

2019(R1)年(昨年)8月の旅です。
(実は、https://4travel.jp/travelogue/11620570の続き)

江津駅から、廃止されたJR三江線の跡を巡る、、、とまではいかないかも知れず、バスで三次駅に向かってみようというもの。
いわゆる本格的な廃線巡りほどの綿密なものではなく、当然、既に鉄道は走っていないのですが、その分、廃止間際の混雑で、ゆっくり景色が眺められないということもなく、いわゆる葬式鉄と眉をひそめられる(ひそめているのは自分だけか?)こともなかろうかと。

もちろん、1本のバスで三次まで行けるはずもなく、また、画像が多いので、何回かにコマギレに分けて載せていきます。

今回は、現在の行政区画上、江津市内を出ていないところまで。

PR

  • 江津駅からのバスは、このようなバスでした。<br />これで、石見川本まで向かいます。

    江津駅からのバスは、このようなバスでした。
    これで、石見川本まで向かいます。

    江津駅

  • 江の川を渡ります。

    江の川を渡ります。

  • 江の川は、この後しばらく併走します。

    江の川は、この後しばらく併走します。

  • 江の川を渡った後、バスは江の川沿いに国道を走ります。<br />

    江の川を渡った後、バスは江の川沿いに国道を走ります。

  • 後で位置確認をするときに目印になるかな、と思って撮ったので、この建物と直接関係ない話ではあるのですが、<br />三江線は、この辺り、江の川の対岸を走っていたので、石見川本行きのバスは、三江線における江津駅の次の駅であった江津本町駅、さらにその次の千金駅周辺は通りません。

    後で位置確認をするときに目印になるかな、と思って撮ったので、この建物と直接関係ない話ではあるのですが、
    三江線は、この辺り、江の川の対岸を走っていたので、石見川本行きのバスは、三江線における江津駅の次の駅であった江津本町駅、さらにその次の千金駅周辺は通りません。

  • 角度が非常に微妙ですが、「中八神」。<br />場所の途中経過を確認する手助けに、と思って撮った画像。<br />

    角度が非常に微妙ですが、「中八神」。
    場所の途中経過を確認する手助けに、と思って撮った画像。

  • 江の川が堤防の向こうになっているところもあります。

    江の川が堤防の向こうになっているところもあります。

  • 再び、江の川。<br />ずっと進行方向右側に見てバスは走っています。<br />引き続き、この辺り、三江線は江の川を挟んで対岸側を走っていました。

    再び、江の川。
    ずっと進行方向右側に見てバスは走っています。
    引き続き、この辺り、三江線は江の川を挟んで対岸側を走っていました。

  • この画像ではちょっと見づらいか?<br />三江線の鉄橋がまだ残っています。

    この画像ではちょっと見づらいか?
    三江線の鉄橋がまだ残っています。

  • 一度、国道を外れて右折します。

    一度、国道を外れて右折します。

  • 江の川を渡ります。

    江の川を渡ります。

  • 狭い道を通ります。<br />一瞬、「こんな道を通るのがバスの正規ルートか?」と思ったのですが、実際はそうでもないのかも。

    狭い道を通ります。
    一瞬、「こんな道を通るのがバスの正規ルートか?」と思ったのですが、実際はそうでもないのかも。

  • ほどなく、整備の進んだところに出ます。<br />先ほどの道も、そのうち整備されて広くなったりするのかも。

    ほどなく、整備の進んだところに出ます。
    先ほどの道も、そのうち整備されて広くなったりするのかも。

  • 川平駅は、外から見た限り、かなり原形をとどめていました。

    川平駅は、外から見た限り、かなり原形をとどめていました。

    川平駅

  • 線路が一部分だけ残っていますが、もしかしたら草に覆われているだけで、ずっと残っているのかも。

    線路が一部分だけ残っていますが、もしかしたら草に覆われているだけで、ずっと残っているのかも。

  • 同じ橋を通って江の川を再度渡り、国道に復帰します。

    同じ橋を通って江の川を再度渡り、国道に復帰します。

  • 櫃原(ひつばら)トンネル。<br />特段に長いとか、特別なトンネルというわけではないのですが。

    櫃原(ひつばら)トンネル。
    特段に長いとか、特別なトンネルというわけではないのですが。

  • 江の川と道路がいつも接近しているわけではありません。

    江の川と道路がいつも接近しているわけではありません。

  • 周囲には、ぽつんぽつんという感じで建物があったりします。<br />そして、この画像では、<br />「江津方面行きをお待ちの際は道路向側でお待ちください」<br />がポイント(?)。<br /><br />他の停留所にもあったのですが、<br />要するに、道路向かい側には停留所の設備(標識の類)は一切ない、そもそも標識の類を置けないような道路になっている(歩道がないとか)場合で、土地勘のない旅人には若干不安感のある指示(苦笑)

    周囲には、ぽつんぽつんという感じで建物があったりします。
    そして、この画像では、
    「江津方面行きをお待ちの際は道路向側でお待ちください」
    がポイント(?)。

    他の停留所にもあったのですが、
    要するに、道路向かい側には停留所の設備(標識の類)は一切ない、そもそも標識の類を置けないような道路になっている(歩道がないとか)場合で、土地勘のない旅人には若干不安感のある指示(苦笑)

  • 江の川ばかり見えているわけではありません。

    江の川ばかり見えているわけではありません。

  • 見慣れた方にとっては、竹林は「何?」なのでしょうが、個人的には旅先で見かけるものになっています。

    見慣れた方にとっては、竹林は「何?」なのでしょうが、個人的には旅先で見かけるものになっています。

  • 別に特徴ある景色ではないのですが。<br />片側交互通行とかにも遭遇したので。 

    別に特徴ある景色ではないのですが。
    片側交互通行とかにも遭遇したので。 

  • 江の川を渡る大きめの橋が見えてきました。<br />橋の向こうの対岸には結構建物が集まっています。

    江の川を渡る大きめの橋が見えてきました。
    橋の向こうの対岸には結構建物が集まっています。

  • 旧桜江町は、現在は江津市桜江町。<br /><br />そして、当時は夏だった、ということで、29度。<br />その1年前に九州に行ったとき(https://4travel.jp/travelogue_group/17365 とか、https://4travel.jp/travelogue_group/22632 とか。他にもありますが)の暑さの印象が強く、このときの暑さはあまり記憶に残っていなかったりします。

    旧桜江町は、現在は江津市桜江町。

    そして、当時は夏だった、ということで、29度。
    その1年前に九州に行ったとき(https://4travel.jp/travelogue_group/17365 とか、https://4travel.jp/travelogue_group/22632 とか。他にもありますが)の暑さの印象が強く、このときの暑さはあまり記憶に残っていなかったりします。

  • 先ほど見かけた橋を、やはり渡るようです。

    先ほど見かけた橋を、やはり渡るようです。

  • 国道の対岸側を走っていた三江線の鉄橋が、ここにも。

    国道の対岸側を走っていた三江線の鉄橋が、ここにも。

  • 旧桜江町の駅、川戸駅。<br />こちらも、かなり原形をとどめています。

    旧桜江町の駅、川戸駅。
    こちらも、かなり原形をとどめています。

    川戸駅

  • ちょっと前まで単独の町だったこともあってか、結構整った町並み、という感じがするのですが。<br />

    ちょっと前まで単独の町だったこともあってか、結構整った町並み、という感じがするのですが。

  • この辺りが、かつての町役場だったのかも。<br />今も、江津市の施設になっているものと思われますが。<br /><br /><br /><br />というところで、もうしばらく江津市内(とは思えないぐらい、街と街との間に、何も建物がないところがあるけれども)が続きます。<br />この先の様子は、また別の旅行記で。

    この辺りが、かつての町役場だったのかも。
    今も、江津市の施設になっているものと思われますが。



    というところで、もうしばらく江津市内(とは思えないぐらい、街と街との間に、何も建物がないところがあるけれども)が続きます。
    この先の様子は、また別の旅行記で。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

江津・有福温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集