飯南・邑南・美郷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019(R1)年(昨年)8月の旅です。<br /><br />廃止されたJR三江線の代わりに、バスで江津駅から三次駅に向かってみよう、というもの。<br />まず、江津駅から、石見川本行きのバスに乗っています。<br />基本は、バスの中から眺めた様子です。<br /><br />なお、表紙写真の傘(だと思う)、どうしてここにかかっていたのかは分かりませんが、なんとなく撮って、表紙にしてみました。<br /><br />現在の行政区画だと、まだまだ江津市内が続きます。<br />そして、まだまだ江の川に沿うように走って行きます。これは、三江線でも、今のバスでもほぼ同じ。ただし、川を挟んで線路と道路が反対にあることが多く、よくある、「道路と線路が併走している」シーンはこの段階ではほぼ見かけません。<br />そして、まとまって人が住んでいたり建物があったりするのは、川を挟んで反対側にある場合があり、ときどき国道を外れて江の川を渡ったりします。

三江線のその後を見に行った その2・江の川を右に見つつ、ときどき渡る

12いいね!

2019/08/24 - 2019/08/24

59位(同エリア140件中)

旅行記グループ 2019.8 旧三江線区間バス編

0

29

sh-50

sh-50さん

2019(R1)年(昨年)8月の旅です。

廃止されたJR三江線の代わりに、バスで江津駅から三次駅に向かってみよう、というもの。
まず、江津駅から、石見川本行きのバスに乗っています。
基本は、バスの中から眺めた様子です。

なお、表紙写真の傘(だと思う)、どうしてここにかかっていたのかは分かりませんが、なんとなく撮って、表紙にしてみました。

現在の行政区画だと、まだまだ江津市内が続きます。
そして、まだまだ江の川に沿うように走って行きます。これは、三江線でも、今のバスでもほぼ同じ。ただし、川を挟んで線路と道路が反対にあることが多く、よくある、「道路と線路が併走している」シーンはこの段階ではほぼ見かけません。
そして、まとまって人が住んでいたり建物があったりするのは、川を挟んで反対側にある場合があり、ときどき国道を外れて江の川を渡ったりします。

PR

  • バスの中から。<br />より正確には、「旧」川戸駅前ですが。

    バスの中から。
    より正確には、「旧」川戸駅前ですが。

    川戸駅

  • 川戸駅前。<br />こう駅前を見てみると、決して大きなものではなく、賑やかということもないのではありますが、やはり、一つの街の中心の駅、という感じがしますね。<br />事実、現在は江津市内ですが、合併前は、桜江町という一つの町になっていました。<br />ちなみに、(旧)三江線の駅は、川戸駅からしばらく、旧桜江町内所在の駅が続きます。<br /><br /><br /><br />すいません、旅館に泊まったわけではないのですが、位置情報をチェックしております。<br />そして、旅館の向こうに見える横笛ヒーロー社、ときどきメディアに出てきていましたね。

    川戸駅前。
    こう駅前を見てみると、決して大きなものではなく、賑やかということもないのではありますが、やはり、一つの街の中心の駅、という感じがしますね。
    事実、現在は江津市内ですが、合併前は、桜江町という一つの町になっていました。
    ちなみに、(旧)三江線の駅は、川戸駅からしばらく、旧桜江町内所在の駅が続きます。



    すいません、旅館に泊まったわけではないのですが、位置情報をチェックしております。
    そして、旅館の向こうに見える横笛ヒーロー社、ときどきメディアに出てきていましたね。

    美川旅館 宿・ホテル

    2名1室合計 10,000円~

  • 川戸駅の次、田津駅は江の川の向こう側。石見川本行きのバスは通りません。

    川戸駅の次、田津駅は江の川の向こう側。石見川本行きのバスは通りません。

  • このバス停が特色がある、という印象はないのですが、それなりに撮れたので。

    このバス停が特色がある、という印象はないのですが、それなりに撮れたので。

  • 国道から外れています。<br />なぜか、国道から交差点を曲がると、ちょっとしたカーブになっています。

    国道から外れています。
    なぜか、国道から交差点を曲がると、ちょっとしたカーブになっています。

  • 江の川を渡ります。

    江の川を渡ります。

  • 後で検索してみると、山が続く中、この辺りはちょっとだけ平地ができて、山に食い込んでいる感じ。<br />山の方に向かう道路もあるようで、たどっていけば広島県内に向かえるようにも見えますが、どんな規格の道路か、までは見ていないので、もしかしたら、道路だというだけ、のレベルのところもあったりして。

    後で検索してみると、山が続く中、この辺りはちょっとだけ平地ができて、山に食い込んでいる感じ。
    山の方に向かう道路もあるようで、たどっていけば広島県内に向かえるようにも見えますが、どんな規格の道路か、までは見ていないので、もしかしたら、道路だというだけ、のレベルのところもあったりして。

  • この停留所は、どうやら駅だったところではなく、ちょっと離れた場所のようです。

    この停留所は、どうやら駅だったところではなく、ちょっと離れた場所のようです。

  • 石見川越駅は、一枚上の画像の左側、道路を進んだところにありましたが、<br />確かに、(旧)駅周辺は、ちょっとバス停留所には狭いかも知れません。

    石見川越駅は、一枚上の画像の左側、道路を進んだところにありましたが、
    確かに、(旧)駅周辺は、ちょっとバス停留所には狭いかも知れません。

    石見川越駅

  • この辺で、車内。<br />別にここで乗り降りが多かった、というわけではないのですが。<br /><br />この時点では、こういう画像が、他の乗客を気にせずに撮れてしまうほどの状況なのですが、あくまでもこのときはそうだった、他のときはもっと乗っているに違いない、ということで。

    この辺で、車内。
    別にここで乗り降りが多かった、というわけではないのですが。

    この時点では、こういう画像が、他の乗客を気にせずに撮れてしまうほどの状況なのですが、あくまでもこのときはそうだった、他のときはもっと乗っているに違いない、ということで。

  • この時点で、乗ってしばらく経っており、また、その後、バス通勤するようになってから、別に珍しいものではないことに気づいたのですが、この時点では、ずいぶん窮屈なところにボタンがある、と思ったので。

    この時点で、乗ってしばらく経っており、また、その後、バス通勤するようになってから、別に珍しいものではないことに気づいたのですが、この時点では、ずいぶん窮屈なところにボタンがある、と思ったので。

  • 線路がまだ残っています。<br />以前は踏切だったのかも。

    線路がまだ残っています。
    以前は踏切だったのかも。

  • 国道に戻ってきました。

    国道に戻ってきました。

  • ちょっと国道を走って、再度国道を外れます。<br />ぐるっとカーブしつつ坂を上がります。

    ちょっと国道を走って、再度国道を外れます。
    ぐるっとカーブしつつ坂を上がります。

  • 今までのより、大きな橋が見えてきましたが。

    今までのより、大きな橋が見えてきましたが。

  • やはり、大きな橋を渡るみたいです。

    やはり、大きな橋を渡るみたいです。

  • またまた、江の川を渡ります。

    またまた、江の川を渡ります。

  • 鹿賀駅(の代わりのバス停留所)なのですが、やはり、駅のあったところとは違う場所にあるようです。

    鹿賀駅(の代わりのバス停留所)なのですが、やはり、駅のあったところとは違う場所にあるようです。

    鹿賀駅

  • たぶん、三江線の廃止に際してバス停を整備したのでしょうね。<br /><br />ちなみに、三江線において、江津市内(旧桜江町内)にあったのは鹿賀駅まで。次の因原(いんばら)駅からは、川本町内となります。

    たぶん、三江線の廃止に際してバス停を整備したのでしょうね。

    ちなみに、三江線において、江津市内(旧桜江町内)にあったのは鹿賀駅まで。次の因原(いんばら)駅からは、川本町内となります。

  • このバス停は、向かい側(江津方向)のみにバス停(の設備)があり、こちら側(石見川本方向)は「川本方面行きをお待ちの方は、道路でお待ちください」。<br /><br />他にもありましたが(https://4travel.jp/travelogue/11621396#photo_link_66065709)、でも、待合室まであるのに道の反対側に何もないとは。

    このバス停は、向かい側(江津方向)のみにバス停(の設備)があり、こちら側(石見川本方向)は「川本方面行きをお待ちの方は、道路でお待ちください」。

    他にもありましたが(https://4travel.jp/travelogue/11621396#photo_link_66065709)、でも、待合室まであるのに道の反対側に何もないとは。

  • ちょっとまとまった街が見えてきた、ような。<br />川本町の中心部が近づいてきたのか。

    ちょっとまとまった街が見えてきた、ような。
    川本町の中心部が近づいてきたのか。

  • ここでまた右折するのですが、国道も右に曲がりますので、国道からは外れません。

    ここでまた右折するのですが、国道も右に曲がりますので、国道からは外れません。

  • 道の駅に停まります。<br />

    道の駅に停まります。

  • 道の駅。

    道の駅。

    道の駅 インフォメーションセンターかわもと 道の駅

  • エゴマを推しているようです。

    エゴマを推しているようです。

  • ちなみに、道の駅は車が多く停まり、結構賑わっておりました。<br /><br />川本町に入って最初の駅、因原駅は、このバスは通りません、<br /><br />と書こうと思っていたのですが、<br />後で検索すると、道の駅のそばにあったようです。<br />概ね、この建物の「裏」だったようで。<br /><br />ということで、ここでは位置情報で因原駅をチェックしています。<br /><br />そして、江津駅を出てすぐのところからずっと走って、ときどき外れては戻ってきていた国道(261号線)とはここでお別れ。<br />国道261号線を走り続けると、最終的には広島市内まで行けるようです。

    ちなみに、道の駅は車が多く停まり、結構賑わっておりました。

    川本町に入って最初の駅、因原駅は、このバスは通りません、

    と書こうと思っていたのですが、
    後で検索すると、道の駅のそばにあったようです。
    概ね、この建物の「裏」だったようで。

    ということで、ここでは位置情報で因原駅をチェックしています。

    そして、江津駅を出てすぐのところからずっと走って、ときどき外れては戻ってきていた国道(261号線)とはここでお別れ。
    国道261号線を走り続けると、最終的には広島市内まで行けるようです。

    因原駅

  • いよいよ、川本町の中心部に入ってきました。

    いよいよ、川本町の中心部に入ってきました。

  • ついに到着、(正式には旧)石見川本駅。

    ついに到着、(正式には旧)石見川本駅。

    石見川本駅

  • 江津からのバスの旅、まずはここでバスを降ります。<br /><br /><br />この先は、また別の旅行記で。<br />まだ先がありますので。

    江津からのバスの旅、まずはここでバスを降ります。


    この先は、また別の旅行記で。
    まだ先がありますので。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

飯南・邑南・美郷の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集