ベリコ・タルノボ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
年末年始にヨーロッパを旅しました。日程は以下の通りです。<br /><br />12月25日       出国<br />12月25日―26日    デュッセルドルフ<br />12月26日―27日    ウィーン<br />12月27日―30日    ブルノ<br />12月30日       ブラチスラヴァ<br />12月31日―1月4日   ヴェリコタルノヴォ<br />1月4日―1月5日    ソフィア<br />1月5日―1月7日    アテネ<br />1月8日        帰国<br /><br />メインはチェコのブルノとブルガリアのヴェリコタルノヴォです。人々の生活の様子を伺い知ることができるこじんまりとした街を旅することが好きなので、最近はそれに適した街を探すことが楽しみになっています。<br />中長距離の移動手段は日本で予約しておき、大きな街は経由地として1日観光をしました。<br />滞在した期間は街によって異なりますが、冬の静かなヨーロッパを巡る旅ができました。<br /><br />昨年の春ごろから気になり始めたブルガリアのヴェリコタルノヴォ。帰国の飛行機がアテネ発、ということで迷わずメインの旅先に決めました。外国で年を越すのは初めてです。温かく家庭的な宿に泊まり、ゆっくりと過ごしました。<br />静まり返った元日を記録しました。

中欧・東欧6ヶ国旅行 年末年始のヴェリコタルノヴォ その2・元日の静かなタルノヴォ

13いいね!

2020/01/01 - 2020/01/01

58位(同エリア148件中)

旅行記グループ 2019・2020 中欧・東欧旅行

0

40

Camellia

Camelliaさん

年末年始にヨーロッパを旅しました。日程は以下の通りです。

12月25日       出国
12月25日―26日    デュッセルドルフ
12月26日―27日    ウィーン
12月27日―30日    ブルノ
12月30日       ブラチスラヴァ
12月31日―1月4日   ヴェリコタルノヴォ
1月4日―1月5日    ソフィア
1月5日―1月7日    アテネ
1月8日        帰国

メインはチェコのブルノとブルガリアのヴェリコタルノヴォです。人々の生活の様子を伺い知ることができるこじんまりとした街を旅することが好きなので、最近はそれに適した街を探すことが楽しみになっています。
中長距離の移動手段は日本で予約しておき、大きな街は経由地として1日観光をしました。
滞在した期間は街によって異なりますが、冬の静かなヨーロッパを巡る旅ができました。

昨年の春ごろから気になり始めたブルガリアのヴェリコタルノヴォ。帰国の飛行機がアテネ発、ということで迷わずメインの旅先に決めました。外国で年を越すのは初めてです。温かく家庭的な宿に泊まり、ゆっくりと過ごしました。
静まり返った元日を記録しました。

同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 年が明け、新年初めての朝食。<br />宿泊したお家はホストが朝食を作ってくれました。年明けの食事から続いて出ているものもありますが、興味深く頂きました。<br />左はバニツァというチーズパイのようなもの、その隣のケーキは非常に甘かったです。<br /><br /><br />

    年が明け、新年初めての朝食。
    宿泊したお家はホストが朝食を作ってくれました。年明けの食事から続いて出ているものもありますが、興味深く頂きました。
    左はバニツァというチーズパイのようなもの、その隣のケーキは非常に甘かったです。


  • コーヒーの入れ物がかわいらしい。

    コーヒーの入れ物がかわいらしい。

  • 部屋はとてもきれいでした。思った以上によかったです。

    部屋はとてもきれいでした。思った以上によかったです。

  • 朝食後、街へ散策に出かけました。中心部までは徒歩で20分ほどです。<br />日陰には雪が積もっていました。

    朝食後、街へ散策に出かけました。中心部までは徒歩で20分ほどです。
    日陰には雪が積もっていました。

  • 坂を上り、泊まっている家があるあたりを見ました。<br />身分や経済状況により、住む場所が分けられていたことをホストが話していました。

    坂を上り、泊まっている家があるあたりを見ました。
    身分や経済状況により、住む場所が分けられていたことをホストが話していました。

  • 空気が澄んでいてとても気持ちが良かったです。素晴らしい元日です。

    空気が澄んでいてとても気持ちが良かったです。素晴らしい元日です。

  • ツァレヴェッツ要塞を背にしたニコラピコロ通り方面。人出が少ないです。ただ、このときは普段のヴェリコタルノヴォを知らないのでこれが普通なのか、少ないのかわかっていませんでした。

    ツァレヴェッツ要塞を背にしたニコラピコロ通り方面。人出が少ないです。ただ、このときは普段のヴェリコタルノヴォを知らないのでこれが普通なのか、少ないのかわかっていませんでした。

  • この辺りは昼頃になると観光客で混雑しますが、元日の10時頃ということもあり、静かでした。<br />奥に聖サンマリ生誕教会が見えます。

    この辺りは昼頃になると観光客で混雑しますが、元日の10時頃ということもあり、静かでした。
    奥に聖サンマリ生誕教会が見えます。

  • 大聖堂に向かい、ニコラピコロ通りを歩きました。<br />

    大聖堂に向かい、ニコラピコロ通りを歩きました。

    ニコラ ピコロ通り 散歩・街歩き

  • 緩やかな坂を上ると見晴らしのよい場所に出ました。遠くの方にも要塞が見え、長い歴史を想起させます。<br />犬の鳴き声が響いていました。「パーン」という空砲のような音も響いていて驚きました。

    緩やかな坂を上ると見晴らしのよい場所に出ました。遠くの方にも要塞が見え、長い歴史を想起させます。
    犬の鳴き声が響いていました。「パーン」という空砲のような音も響いていて驚きました。

  • 聖サンマリ生誕教会。地元の方々が多く来られていました。

    聖サンマリ生誕教会。地元の方々が多く来られていました。

    聖サン マリ生誕教会 寺院・教会

  • ブルガリアの英雄の銅像が隣にありました。

    ブルガリアの英雄の銅像が隣にありました。

  • 教会はさらに高いところにあり、素晴らしい光景が広がっています。

    教会はさらに高いところにあり、素晴らしい光景が広がっています。

  • ニコラピコロ通りからステファンスタンボロフ通りに入ります。

    ニコラピコロ通りからステファンスタンボロフ通りに入ります。

  • 路地も雰囲気がいいですが、静まり返っているのでおそるおそる通りました。バーのような店もあります。平常時の夜などは全く違う様相になるのでしょうか。

    路地も雰囲気がいいですが、静まり返っているのでおそるおそる通りました。バーのような店もあります。平常時の夜などは全く違う様相になるのでしょうか。

  • ステファンスタンボロフ通り。人がいない。

    ステファンスタンボロフ通り。人がいない。

    ステファン スタンボロフ通り 散歩・街歩き

  • 劇場のようなヴェリコタルノヴォ大学芸術学部の建物。

    劇場のようなヴェリコタルノヴォ大学芸術学部の建物。

  • 坂道に建物が密集している造りになっています。平行に見るよりも上から見下ろす方がより趣を感じられます。

    坂道に建物が密集している造りになっています。平行に見るよりも上から見下ろす方がより趣を感じられます。

  • 中央市場まで来ましたが、営業している店は1~2軒ほど。<br />ちなみに市場前のバス停付近で男の子が何か言ってきて、相手にしないでいると、おまじないのようなことを言いながら、その子が持っていた日本でいう熊手のようなもので肩と背中をポンポンと叩かれる、ということがありました。<br />近くにいた地元の男性は断っており、彼に「あの男の子はお金が欲しかったのかな」と訊くと「たぶん、そう。親が仕込んでる」と苦笑いしていました。<br />このときは男の子は1人だったのでかわいいもんでしたが、帰りにツァレヴェッツ要塞で出くわした3人の子どもは本当にしつこかったです。しつこい上にアジア人ということでからかわれました。<br />

    中央市場まで来ましたが、営業している店は1~2軒ほど。
    ちなみに市場前のバス停付近で男の子が何か言ってきて、相手にしないでいると、おまじないのようなことを言いながら、その子が持っていた日本でいう熊手のようなもので肩と背中をポンポンと叩かれる、ということがありました。
    近くにいた地元の男性は断っており、彼に「あの男の子はお金が欲しかったのかな」と訊くと「たぶん、そう。親が仕込んでる」と苦笑いしていました。
    このときは男の子は1人だったのでかわいいもんでしたが、帰りにツァレヴェッツ要塞で出くわした3人の子どもは本当にしつこかったです。しつこい上にアジア人ということでからかわれました。

    中央市場 市場

  • 人はいませんが、猫はいました。猫と鳩が多い街、ヴェリコタルノヴォ。

    人はいませんが、猫はいました。猫と鳩が多い街、ヴェリコタルノヴォ。

  • 数少ない歩いている人々が同じ方向に向かっていたので、何があるのかついて行ってみるとスーパーマーケットがあったので入ってみました。元日からご苦労様です。

    数少ない歩いている人々が同じ方向に向かっていたので、何があるのかついて行ってみるとスーパーマーケットがあったので入ってみました。元日からご苦労様です。

  • お肉の加工品が多いです。

    お肉の加工品が多いです。

  • この写真は私にとってほほえましいものです。スーパーを出て再び市場を通った際、お正月の飾りのようなものが見えたので「飾るの?」というジェスチャーを店番の男性にすると「しょうがね~な~」という感じで彼が飾りを持ってくれたので撮影しました。<br />「飾りを持ってほしい」と伝わったようです。<br />

    この写真は私にとってほほえましいものです。スーパーを出て再び市場を通った際、お正月の飾りのようなものが見えたので「飾るの?」というジェスチャーを店番の男性にすると「しょうがね~な~」という感じで彼が飾りを持ってくれたので撮影しました。
    「飾りを持ってほしい」と伝わったようです。

  • マルノポール公園のクリスマスマーケットも営業していません。

    マルノポール公園のクリスマスマーケットも営業していません。

    マルノ ポール公園 広場・公園

  • この小ささと、定番の「なんか違う感じ」が切なくさせます。

    この小ささと、定番の「なんか違う感じ」が切なくさせます。

  • なぜかいつ撮影しても逆光になってしまったブルガリアの母。

    なぜかいつ撮影しても逆光になってしまったブルガリアの母。

    ブルガリアの母の像 モニュメント・記念碑

  • 昼過ぎになり、わずかな観光客が歩いていました。

    昼過ぎになり、わずかな観光客が歩いていました。

  • お腹が空いたので、営業していたEGOというレストランに入りました。ヴェリコタルノヴォのなかでは大型店のようです。

    お腹が空いたので、営業していたEGOというレストランに入りました。ヴェリコタルノヴォのなかでは大型店のようです。

    EGOピザ&グリル ピザ

    一人でも団体でもつかいやすい by Camelliaさん
  • 広い店内。この時点では混雑していませんが、次第に席が埋まってきて「こんなに人がいたんだな~。」と思って見ていました。ブルガリアやルーマニアから来たグループの観光客が多いようでした。別の日には日本人観光客の団体が利用していたようでした。<br />

    広い店内。この時点では混雑していませんが、次第に席が埋まってきて「こんなに人がいたんだな~。」と思って見ていました。ブルガリアやルーマニアから来たグループの観光客が多いようでした。別の日には日本人観光客の団体が利用していたようでした。

  • メニューの中からブルガリアのビール、カメニツァとピザを頂きました。<br />合わせて11.70レバ(744円)。このときは何とも思っていませんでしたが、ブルガリアではよくピザを食べますね。

    メニューの中からブルガリアのビール、カメニツァとピザを頂きました。
    合わせて11.70レバ(744円)。このときは何とも思っていませんでしたが、ブルガリアではよくピザを食べますね。

  • バルコニーからの眺めがよかったです。

    バルコニーからの眺めがよかったです。

  • 帰り道、再び通ったツァレヴェッツ要塞。男性に付きまとう子どもたち。ここまでうっとうしくなるのって逆にすごいな、と思いました。<br />

    帰り道、再び通ったツァレヴェッツ要塞。男性に付きまとう子どもたち。ここまでうっとうしくなるのって逆にすごいな、と思いました。

  • しっかりと要塞を見学するのは、別日の朝にしようと決め(かき乱されて気分が乗らなくなったので)、ヤントラ川沿いを歩き宿泊先に帰ることにしました。<br />要塞へとつながる岩。神々しさを感じます。

    しっかりと要塞を見学するのは、別日の朝にしようと決め(かき乱されて気分が乗らなくなったので)、ヤントラ川沿いを歩き宿泊先に帰ることにしました。
    要塞へとつながる岩。神々しさを感じます。

  • 好きな風景でした。

    好きな風景でした。

  • やっぱり猫が多い。触りたいけれど我慢しました。最近まで猫好きを自覚していませんでしたが、Airbnbのステイ先の家で猫を飼っていることが多く、触れ合っているうちに好きになっていました。

    やっぱり猫が多い。触りたいけれど我慢しました。最近まで猫好きを自覚していませんでしたが、Airbnbのステイ先の家で猫を飼っていることが多く、触れ合っているうちに好きになっていました。

  • まだ春は遠いようです。

    まだ春は遠いようです。

  • 旅行中は暗くなる前に部屋に戻り、音楽を聴いたり一冊だけ持ってきた『イタリア古寺巡礼』を読んだりして過ごしました。旅先で、違う旅先を考えている軽さ。

    旅行中は暗くなる前に部屋に戻り、音楽を聴いたり一冊だけ持ってきた『イタリア古寺巡礼』を読んだりして過ごしました。旅先で、違う旅先を考えている軽さ。

  • ツァレヴェッツ要塞は毎日ライトアップされていました。

    ツァレヴェッツ要塞は毎日ライトアップされていました。

  • 急に鐘の音(音響かもしれません)が鳴り、不定期で行われている「音と光のショー」が始まりました。

    急に鐘の音(音響かもしれません)が鳴り、不定期で行われている「音と光のショー」が始まりました。

    ツァレヴェッツ要塞 音と光のショー 劇場・ホール・ショー

  • 途中まではテーマパークで観られるのと同じようなパフォーマンスだな、と思っていましたが、最後に全体が真っ赤になったところで主催者たちの思いがどっと伝わってきて心打たれました。赤くなった場面は見入っていたので写真は撮れませんでした。<br />この要塞がたどってきた歴史と、それを受け継いだ現在のヴェリコタルノヴォの人々に思いをはせました。

    途中まではテーマパークで観られるのと同じようなパフォーマンスだな、と思っていましたが、最後に全体が真っ赤になったところで主催者たちの思いがどっと伝わってきて心打たれました。赤くなった場面は見入っていたので写真は撮れませんでした。
    この要塞がたどってきた歴史と、それを受け継いだ現在のヴェリコタルノヴォの人々に思いをはせました。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2019・2020 中欧・東欧旅行

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ブルガリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ブルガリア最安 630円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ブルガリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集