昨年の夏、所用で大阪に出かけた際、不意に空き時間ができて、すかさずアドリブで大阪南部のローカル支線に乗りに行きました。<br /><br />https://4travel.jp/travelogue/11401469<br /><br />あのときは完全ノープランだったので、行けるところまで行こうと思ったら意外とスムーズに乗換ができて、南海本線の支線のうち和歌山港線を除いてすべて乗ることができました。<br /><br />そして今年、再び同じ用事で大阪へ。<br />今回は勝手がわかっていたので(笑)、最初から予定を組んでおきました。<br />しかも、今回は翌日休みを取っての行動。平たくいえば、いつもの用事のついで・・・<br /><br />行き先は、その時の続きです。和歌山の沿岸にあるローカル線を攻めてみようと思います。<br /><br />まずは、昨年時間切れで乗れなかった和歌山港線に乗ります。<br />この路線、現在は和歌山港と徳島港をむすぶ南海フェリーとの接続に特化した路線で、かなりダイヤが偏っています。<br />ちょうどいい電車がなんばから直通の特急サザンだったので、これを利用することにしました。<br />考えてみれば、南海本線をまともになんばから和歌山市まで通しで乗るのも久しぶりなのでした。

和歌山周辺のローカル私鉄に乗りに行った【その1】 南海特急サザンと和歌山港線

63いいね!

2019/09/20 - 2019/09/20

35位(同エリア564件中)

Tagucyan

Tagucyanさん

昨年の夏、所用で大阪に出かけた際、不意に空き時間ができて、すかさずアドリブで大阪南部のローカル支線に乗りに行きました。

https://4travel.jp/travelogue/11401469

あのときは完全ノープランだったので、行けるところまで行こうと思ったら意外とスムーズに乗換ができて、南海本線の支線のうち和歌山港線を除いてすべて乗ることができました。

そして今年、再び同じ用事で大阪へ。
今回は勝手がわかっていたので(笑)、最初から予定を組んでおきました。
しかも、今回は翌日休みを取っての行動。平たくいえば、いつもの用事のついで・・・

行き先は、その時の続きです。和歌山の沿岸にあるローカル線を攻めてみようと思います。

まずは、昨年時間切れで乗れなかった和歌山港線に乗ります。
この路線、現在は和歌山港と徳島港をむすぶ南海フェリーとの接続に特化した路線で、かなりダイヤが偏っています。
ちょうどいい電車がなんばから直通の特急サザンだったので、これを利用することにしました。
考えてみれば、南海本線をまともになんばから和歌山市まで通しで乗るのも久しぶりなのでした。

同行者
一人旅
交通手段
私鉄
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 昨日まで大阪市内に滞在。<br />昨夜は結構遅かったので、今朝は比較的ゆっくりした朝。<br />泊まっていたところから、地下鉄に乗って、朝8時半過ぎになんば駅に着いた。<br />途中超混雑してた御堂筋線も、なんばで空いちゃうんですね。

    昨日まで大阪市内に滞在。
    昨夜は結構遅かったので、今朝は比較的ゆっくりした朝。
    泊まっていたところから、地下鉄に乗って、朝8時半過ぎになんば駅に着いた。
    途中超混雑してた御堂筋線も、なんばで空いちゃうんですね。

    なんば駅 (地下鉄)

  • 向かうのは南海電鉄のなんば駅。<br />この大階段を上って行くと北改札口。<br />ちなみに中央改札口は、この階段の脇をまっすぐ行ったところにある。

    向かうのは南海電鉄のなんば駅。
    この大階段を上って行くと北改札口。
    ちなみに中央改札口は、この階段の脇をまっすぐ行ったところにある。

    なんば駅 (南海電鉄)

  • 2階にある中央改札ではなく、大階段を上り3階にある北改札口から中に入る。

    2階にある中央改札ではなく、大階段を上り3階にある北改札口から中に入る。

  • 南海なんば駅は、由緒正しい頭端式ホームの駅。<br />北改札口は、その頭端式ホームの先端部分にある。<br />発車案内の電光掲示板も、大ターミナルの風格がある。<br />真ん中から右側が南海本線、左側が高野線の案内。

    南海なんば駅は、由緒正しい頭端式ホームの駅。
    北改札口は、その頭端式ホームの先端部分にある。
    発車案内の電光掲示板も、大ターミナルの風格がある。
    真ん中から右側が南海本線、左側が高野線の案内。

  • 南海本線、高野線あわせて9番線まである。<br />ここまで立派な頭端式ホームは、私鉄では阪急の梅田駅とここぐらいかなあ。

    南海本線、高野線あわせて9番線まである。
    ここまで立派な頭端式ホームは、私鉄では阪急の梅田駅とここぐらいかなあ。

  • 一番右端の9番線を発着する関西空港行き「ラピート」。<br />今回はこれには乗りません。

    一番右端の9番線を発着する関西空港行き「ラピート」。
    今回はこれには乗りません。

  • 私が乗るのはこちら。南海本線を走る特急「サザン」。<br />今度の発車は、和歌山港線の和歌山港まで行く電車。

    私が乗るのはこちら。南海本線を走る特急「サザン」。
    今度の発車は、和歌山港線の和歌山港まで行く電車。

    特急サザン (南海電鉄) 乗り物

  • 特急サザンは8両編成で、なんば寄り4両は普通の通勤電車。

    特急サザンは8両編成で、なんば寄り4両は普通の通勤電車。

  • 行き先案内には(自由席)と表示されている。

    行き先案内には(自由席)と表示されている。

  • そして、4両目と5両目の間で車両が変わり、

    そして、4両目と5両目の間で車両が変わり、

  • 和歌山市寄りの4両は座席指定車。

    和歌山市寄りの4両は座席指定車。

  • (指定席)と表示されてます。

    (指定席)と表示されてます。

  • 特急サザンに使われている指定席車両には2種類あり、新しい方の12000系だった。

    特急サザンに使われている指定席車両には2種類あり、新しい方の12000系だった。

  • 車体の横に書いてあるロゴ。<br />「サザン プレミアム」と書いてある。<br />新しい方の形式だからかな。

    車体の横に書いてあるロゴ。
    「サザン プレミアム」と書いてある。
    新しい方の形式だからかな。

  • 12000系の第2編成。<br />東急車輌製。横浜の金沢文庫から来たんですね。

    12000系の第2編成。
    東急車輌製。横浜の金沢文庫から来たんですね。

  • 改札口を入る前、特急券を買っておいた。<br />和歌山港まで買ったはずなのだが、和歌山市までになっていた。<br />まあ、どこまで行っても料金は変わらないですけどね。

    改札口を入る前、特急券を買っておいた。
    和歌山港まで買ったはずなのだが、和歌山市までになっていた。
    まあ、どこまで行っても料金は変わらないですけどね。

  • 1号車の車内。<br />車内に入って気づいたけど、12000系の一番先頭の席は前展望がきく。<br />(3番、4番の席は勝ち席ですよ)<br />すでに先客がいた。<br /><br />朝の下り電車、指定席の車内は空いていた。

    1号車の車内。
    車内に入って気づいたけど、12000系の一番先頭の席は前展望がきく。
    (3番、4番の席は勝ち席ですよ)
    すでに先客がいた。

    朝の下り電車、指定席の車内は空いていた。

  • なんば駅を出発。すぐに右にカーブする。<br />ここにはかつて、南海ホークスの本拠地「大阪球場」があった。<br />1度だけ行ったことがある。

    なんば駅を出発。すぐに右にカーブする。
    ここにはかつて、南海ホークスの本拠地「大阪球場」があった。
    1度だけ行ったことがある。

  • すぐに最初の停車駅、新今宮駅に停まる。

    すぐに最初の停車駅、新今宮駅に停まる。

    新今宮駅

  • 西成界隈。<br />本場は線路の反対側の方ですけど。

    西成界隈。
    本場は線路の反対側の方ですけど。

  • これまたすぐに天下茶屋駅に停車。

    これまたすぐに天下茶屋駅に停車。

    天下茶屋駅

  • 汐見橋線と合流、岸里玉出駅を通過。

    汐見橋線と合流、岸里玉出駅を通過。

  • 岸里玉出までは、高野線と並行した複々線。<br />ここから先は、南海本線自体が複々線になる。

    岸里玉出までは、高野線と並行した複々線。
    ここから先は、南海本線自体が複々線になる。

  • 車庫のある住ノ江駅。<br />この駅を過ぎると複線に戻る。

    車庫のある住ノ江駅。
    この駅を過ぎると複線に戻る。

  • 堺駅に停車。

    堺駅に停車。

    堺駅

  • 浜寺公園駅の手前。<br />阪堺電軌の線路が上を通り越す。

    浜寺公園駅の手前。
    阪堺電軌の線路が上を通り越す。

  • その先。<br />高架化工事をしていて、下り線だけ完成している。<br />去年通った時と変わってないぞ。

    その先。
    高架化工事をしていて、下り線だけ完成している。
    去年通った時と変わってないぞ。

  • 岸和田駅に停車。

    岸和田駅に停車。

    岸和田駅

  • 貝塚駅を通過。<br />昨年はここで降りて、水間鉄道線に乗った。

    貝塚駅を通過。
    昨年はここで降りて、水間鉄道線に乗った。

  • 泉佐野駅に停車。<br />関西空港への分岐駅で、双方向の乗り換えに便利な3面4線構造。

    泉佐野駅に停車。
    関西空港への分岐駅で、双方向の乗り換えに便利な3面4線構造。

    泉佐野駅

  • 空港線が分岐していく。

    空港線が分岐していく。

  • そのあと、JR線と高速道路の下をくぐる。<br />JR線と南海空港線は、この先で合流している。

    そのあと、JR線と高速道路の下をくぐる。
    JR線と南海空港線は、この先で合流している。

  • 泉佐野駅の次の駅、羽倉崎駅の先にある車庫。

    泉佐野駅の次の駅、羽倉崎駅の先にある車庫。

  • だいぶ郊外の景色になってきた。

    だいぶ郊外の景色になってきた。

  • 尾崎駅停車。<br />昨年、台風の影響かなにかで駅舎が全焼。<br />現在では何事もなかったかのように復旧している。

    尾崎駅停車。
    昨年、台風の影響かなにかで駅舎が全焼。
    現在では何事もなかったかのように復旧している。

    尾崎駅

  • 海沿いを走る区間。<br />この景色が見たくて、右側の座席を指定しておいた。

    海沿いを走る区間。
    この景色が見たくて、右側の座席を指定しておいた。

  • みさき公園駅の手前。海沿いに公園がある。

    みさき公園駅の手前。海沿いに公園がある。

  • みさき公園駅停車。

    みさき公園駅停車。

    みさき公園駅

  • 多奈川線が分岐。

    多奈川線が分岐。

  • 多奈川線ができる前、この辺りの岬町中心部への最寄り駅だった深日駅の跡。<br />見えているレンガの建物はたぶん変電所。

    多奈川線ができる前、この辺りの岬町中心部への最寄り駅だった深日駅の跡。
    見えているレンガの建物はたぶん変電所。

  • 和歌山県との県境の峠区間。

    和歌山県との県境の峠区間。

  • 孝子駅通過。大阪府内最後の駅。<br />この先トンネルをくぐって和歌山県に入る。

    孝子駅通過。大阪府内最後の駅。
    この先トンネルをくぐって和歌山県に入る。

  • 和歌山県に入ってすぐの所にある、和歌山大学前駅停車。<br />平成24年にできた新しい駅。<br />それまでは、さっきの孝子駅から和歌山市内にある紀ノ川駅まで、やたら駅間が長かった。

    和歌山県に入ってすぐの所にある、和歌山大学前駅停車。
    平成24年にできた新しい駅。
    それまでは、さっきの孝子駅から和歌山市内にある紀ノ川駅まで、やたら駅間が長かった。

    和歌山大学前駅

  • 和歌山の市街地が一望できる区間。

    和歌山の市街地が一望できる区間。

  • 紀ノ川の鉄橋。

    紀ノ川の鉄橋。

  • 和歌山市駅構内に入ってくる。

    和歌山市駅構内に入ってくる。

  • 和歌山市駅に到着。<br />多くの電車はここが終着駅だが、この電車はこのまま和歌山港線に乗り入れる。

    和歌山市駅に到着。
    多くの電車はここが終着駅だが、この電車はこのまま和歌山港線に乗り入れる。

    和歌山市駅

  • 和歌山市駅を出発。和歌山港線を走る。<br />

    和歌山市駅を出発。和歌山港線を走る。

  • 紀ノ川の河口付近に近い。海の雰囲気。

    紀ノ川の河口付近に近い。海の雰囲気。

  • でも、沿線には基本的に工場が多い。

    でも、沿線には基本的に工場が多い。

  • 古い住宅なども散見。

    古い住宅なども散見。

  • 河口が見えてきた。

    河口が見えてきた。

  • 和歌山港のフェリーターミナル。

    和歌山港のフェリーターミナル。

  • 終点、和歌山港駅に到着。

    終点、和歌山港駅に到着。

  • 電車は海側のホームに停車。<br />こちら側は、線路がブツっと終わっている。

    電車は海側のホームに停車。
    こちら側は、線路がブツっと終わっている。

  • 一方、山側のホーム。<br /><br />実は以前、もう1駅先「水軒」という駅まで路線が延びていた。<br />その時代に乗ったことがあるが、その時点ですでに水軒まで行く電車は朝と夕方の1日2往復しかなかった。

    一方、山側のホーム。

    実は以前、もう1駅先「水軒」という駅まで路線が延びていた。
    その時代に乗ったことがあるが、その時点ですでに水軒まで行く電車は朝と夕方の1日2往復しかなかった。

  • 階段を降りて、改札口へ。<br />ここまで来た人は、ほぼ全員フェリーに乗り換える人たちで、大きな荷物を持っていた。

    階段を降りて、改札口へ。
    ここまで来た人は、ほぼ全員フェリーに乗り換える人たちで、大きな荷物を持っていた。

  • 改札口を出ると、フェリー乗り場までの通路がある。

    改札口を出ると、フェリー乗り場までの通路がある。

    和歌山港駅

  • みなさんこちらの方へ。

    みなさんこちらの方へ。

  • 和歌山港と徳島港を結ぶ、南海四国ライン。<br />そういえば、先月家族で行くはずが、ドタキャンになった徳島(爆)<br /><br />10:35発の徳島行きフェリーに接続しているらしい。<br />一方、折返しの電車は徳島を8時に出港したフェリーから接続していて、駅はそれなりに賑わっていた。

    和歌山港と徳島港を結ぶ、南海四国ライン。
    そういえば、先月家族で行くはずが、ドタキャンになった徳島(爆)

    10:35発の徳島行きフェリーに接続しているらしい。
    一方、折返しの電車は徳島を8時に出港したフェリーから接続していて、駅はそれなりに賑わっていた。

  • 私はフェリーに乗らないので、ここまで。<br />徳島には縁がなかったということで(泣)

    私はフェリーに乗らないので、ここまで。
    徳島には縁がなかったということで(泣)

  • 駅前の道路から見た和歌山港駅。<br />バリアフリー非対応だし。駅名も書いてないし。<br />基本的にフェリー利用者しかいないから、こちら側に来る人は少ないんでしょうね。

    駅前の道路から見た和歌山港駅。
    バリアフリー非対応だし。駅名も書いてないし。
    基本的にフェリー利用者しかいないから、こちら側に来る人は少ないんでしょうね。

  • 少し歩いたら駅名が見えた。<br />木がじゃま。

    少し歩いたら駅名が見えた。
    木がじゃま。

  • ホームに停まっている特急電車が見えた。

    ホームに停まっている特急電車が見えた。

  • 道路の向こうがフェリー乗り場。

    道路の向こうがフェリー乗り場。

  • では、折返しの電車に乗りましょう。

    では、折返しの電車に乗りましょう。

  • 改札口を入って、この先の突きあたりの左右の階段を上るとホームに出る。

    改札口を入って、この先の突きあたりの左右の階段を上るとホームに出る。

  • ホームに上がってきた。

    ホームに上がってきた。

  • この駅の時刻表。<br />基本的にフェリーの時間にあわせたダイヤ。<br />1本前の電車は2時間前、次の電車は3時間後。

    この駅の時刻表。
    基本的にフェリーの時間にあわせたダイヤ。
    1本前の電車は2時間前、次の電車は3時間後。

  • 折返しはなんば寄りの自由席へ。

    折返しはなんば寄りの自由席へ。

  • ホームの先端。

    ホームの先端。

  • 時間が来て、出発。

    時間が来て、出発。

  • あたりはどちらかというと工場地帯。

    あたりはどちらかというと工場地帯。

  • 和歌山港線は単線。

    和歌山港線は単線。

  • 築港町駅の跡(黄色い枠)。<br /><br />現在は、フェリーとの乗り継ぎに特化し、途中駅もない路線だが、かつてはローカル列車も走り、途中駅もあった。<br />この路線に乗るのは2回目。前回は、まだ途中駅があった。

    築港町駅の跡(黄色い枠)。

    現在は、フェリーとの乗り継ぎに特化し、途中駅もない路線だが、かつてはローカル列車も走り、途中駅もあった。
    この路線に乗るのは2回目。前回は、まだ途中駅があった。

  • 工場地帯のごちゃごちゃしたところを走る。

    工場地帯のごちゃごちゃしたところを走る。

  • 築地橋駅の跡。

    築地橋駅の跡。

  • 運河を渡る。

    運河を渡る。

  • なんばから直通の特急が走るとは思えない路線。

    なんばから直通の特急が走るとは思えない路線。

  • この先に見える橋の下に、

    この先に見える橋の下に、

  • 久保町駅の跡。<br />実は、南海の路線はここから先。<br />和歌山港駅からここまでの区間は「和歌山県営」の路線だったりする。<br />以上、トリビア。

    久保町駅の跡。
    実は、南海の路線はここから先。
    和歌山港駅からここまでの区間は「和歌山県営」の路線だったりする。
    以上、トリビア。

  • カーブを曲がっていくと、

    カーブを曲がっていくと、

  • 和歌山市駅の構内が見えてくる。

    和歌山市駅の構内が見えてくる。

  • めでたいでんしゃ(ピンク色の方)が休んでいた。

    めでたいでんしゃ(ピンク色の方)が休んでいた。

  • 特急電車は、駅舎に面した右側のホームに入線。<br />往路もこのホームだった。

    特急電車は、駅舎に面した右側のホームに入線。
    往路もこのホームだった。

  • 前4両が自由席なので、ホームの前の方が混雑してる(笑)

    前4両が自由席なので、ホームの前の方が混雑してる(笑)

  • 和歌山市駅に到着。

    和歌山市駅に到着。

  • さて、お次に向かうのは・・・<br />その前にちょっと、今回の趣旨から少し外れたオプションを用意しております。<br /><br />【その2】につづく。

    さて、お次に向かうのは・・・
    その前にちょっと、今回の趣旨から少し外れたオプションを用意しております。

    【その2】につづく。

63いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • Akrさん 2019/10/14 10:31:41
    途中で送信(泣
    Tagucyanさま

    すみません。勝手にメッセージが行ってしまいました(笑)

    和歌山港線のトリビアは大変ためになりました。ウィキで見たら和歌山県が臨港鉄道として整備したようですね。途中に駅が設けられていたことも初めて知りました。
    私の薄っぺらな旅行記では絶対に知りえない情報が盛り込んであり、大変参考になります。良くお調べなのですね。さすがです。
    和歌山港駅の”正面口”もはじめて見ました。フェリー以外の利用客っているのでしょうか(笑)

    次回の趣旨から外れたオプションが気になる(笑)
    すぐに拝見させていただきます。

    -Akr-

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2019/10/14 21:40:25
    油断しているとこうなってしまいますね

    Akrさま

    和歌山港線に乗るのは2回目でした。
    前回乗ったときには等間隔でローカル電車が走っていましたし、途中駅も3つありましたし、しかもさらにもう1駅先があって、水軒という駅まで路線がありました。その水軒駅まで行く電車は、朝夕の1日2本しかなかったので、それにあわせて乗りに行ったものです。

    今はフェリーとの接続に特化したダイヤになってしまいました。
    「フツウの人」はそれで十分なのかも知れませんが、「私のような人」にはちょっと・・・(笑)

    南海と和歌山県の境目については、かつてあった途中駅がどこだったか調べていたときに、その情報が出てきました。これも、フツウの人にはどうでもいい情報ですが。

    和歌山港駅は、ほとんどフェリーへの乗継客なのでしょうが、写真を見ていると駅前のバス停への案内も出ていますね。バス停の近くに灰皿があって、ベンチに座ってタバコ吸ってる人もいましたので、喫煙所として機能しているのかも知れません。
    いずれにしても、そこに行くには昔ながらの階段しかないので、あまり力を入れていないとも言えますね(笑)

    ---
    Tagucyan
  • Akrさん 2019/10/14 10:25:29
    ためになりました。
    Tagucyanさま

    こんにちは。Akrでございます。

    南海フェリー&サザンは正月の四国の帰りに利用しましたので良く覚えています。
    リクライニングシートの指定席とロングシートの自由席。格差にびっくりしました。でも考えようによってはがらがらの有料特急を走らせるよりは効率の良い運用方法でもありますね。

    南海のなんば駅は素晴らしい頭端式ホームですね。私は断トツで1位です。あの大階段も素晴らしい。まさにターミナルって感じがします。
    大阪球場ってあの場所だったんですか。初めて知りました。南海ホークスは親会社のお膝元にフランチャイズがあったわけですか。

    和歌山港線の

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2019/10/14 21:25:14
    南海線部分だけの旅行記はなかなかないかも

    Akrさま
    こんばんは。

    このコメント欄、油断していると途中で投稿されてしまうんですよね。たぶんどこかをクリックしてしまっているんでしょうけど。
    なので最近は、ワープロソフトであらかじめ文章を書いて、コメント欄にコピペするようにしています(今書いてるこの文章も)。

    徳島からフェリーと南海線を乗り継いで大阪に向かう(またはその逆)旅行記を時々見かけますが、その南海線の部分だけに乗った旅行記はなかなかないかと(笑)
    あの通勤型4両+リクライニング車4両の特急サザンですが、朝夕のラッシュ時も普通に走っているために、その時間帯の通勤型車両の混雑ぶりは大変なようですね。ラッシュ時に実質4両編成の特急が来るようなもんですから。

    南海なんば駅、風格のある頭端式ホームですね。戦前からのあの構造。歴史を感じますよね。改札に上がる大階段も、そのプロローグとしては最適。
    電車がホームや柱と同系のグレー色なので、ちょっと写真映えしないのですが、実際にはいつまでもそこに立って、発着する電車を眺めていたい衝動に駆られますね。

    大阪球場は、あの線路沿いの商業施設(なんばパークス)があった位置にありました。
    球場の3塁側に線路が通っていて、構造上3塁側スタンドが少し削れた形をしていました。
    現在のなんばパークスの中には南海ホークスのギャラリーがありますし、マウンドとホームベースがあった位置には、その形のプレートが埋め込まれています。

    そこにも最近行ってないので、また行ってみたいです。

    ---
    Tagucyan
  • 墨水さん 2019/10/07 20:42:22
    東急車輌?。
    Tagucyanさん、今晩は。
    通勤電車の特急には興味は無いけど、指定席の状況には興味が有りました。(爆)
    こ~為ってるんだ、で、リクライニングは?。
    新顔のサザン?、東急車輌?。
    調べてみると、東急車輌、最後の頃の落成車両ですね。
    「改造更新車」かと、思いましたよ。(笑)
    和歌山港行きの「サザン」が、まだ有るんだ・・・・。(笑)
    「勝ち席」て、あるんだ・・・・。
    でも、かぶり付きの方が「王道」だと・・・・。(爆)
    墨水。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2019/10/07 23:24:13
    RE: 東急車輌?。

    墨水さま
    こんばんは。

    特急サザンに使われている指定席車両は2種類あって、新しい方の車両が使われている電車は休日ダイヤでは公表されているのですが、平日はなし。これに当たったのはたまたまだったようです。
    話によると古い方の車両は結構年季が入っていると聞きますが、新しい方の車両は今どきのJRの特急車両と遜色ありませんでした。リクライニングも含めて。

    横浜の金沢文庫にあった東急車輌の工場は、この車両ができたすぐあとぐらいに、JRの系列会社になりました。現在の名前は今どき風すぎて覚えられないんですけど(笑)

    この新しい車両、運転席と客席の間のデッキがなくて、進行方向右側の最前席は前展望がきくんです。乗ってみて初めて知りました。座りながらにして、いわゆる「かぶりつき」ができます。今度乗る機会があったら狙ってみたいと思いますが、いつになるやら。

    ---
    Tagucyan
  • 横浜臨海公園さん 2019/10/07 11:22:06
    和歌山港線
    Tagucyanさま、こんにちは。

    旅行記を拝見させて頂きました。
    和歌山港駅まで、以前はサザンが1時間に1本直通していたものが、直通どころか列車自体が少なくなりましたね。
    季節柄、客数も少ないようで、昔の様に、東京都区内発高知着で、東海道線・大阪環状線・新今宮・南海線・南海航路・小松島・徳島・土讃経由なんて常備硬券切符が大量に売れていた昭和40年代後半の面影も薄くなってしまってますね。

    和歌山市駅付近が和歌山市最大の繁華街だったものの、デパートが撤退し、昨年訪れた時はシャッター通り一歩手前状態でした。

    水軒時代に1度乗った事がありましたが、今や車の時代、和歌山市-和歌山港間バス代替の話も出ており、予断を許さない状況です。



    横浜臨海公園

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2019/10/07 23:10:25
    RE: 和歌山港線

    横浜臨海公園さま
    こんばんは。

    和歌山港線ですが、私も気づいた頃にはずいぶん本数が減ったなあと思いました。
    昔はローカル電車も含めてそこそこ走っていたような気がするのですが、今ではフェリーに接続した電車ですら特急サザンではなくて2両編成の鈍行だったりします。

    和歌山港から出ていたフェリー、かつては徳島港ではなく小松島港行きでしたね。四国側には小松島線という国鉄線があって、小松島港発高知行きという急行列車が走って・・・ 私が時刻表に興味を持ち始めた頃、まだギリギリありました。そのルートの連絡乗車券があったんですねえ。

    この路線に乗るのは2回目で、前回は水軒まで路線があって、途中駅もありましたが、この途中駅の利用者は極端に少なかったようですね。周辺は工場地帯なので、もっと利用価値はあるように感じるのですが、車中心の社会になってしまったということでしょうか。

    和歌山徳島航路を南海の系列会社が運航している限りは、たぶん接続する鉄道線は残すのではと思うのですが、それも希望的観測なんでしょうかね。

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

和歌山市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集