和泉・泉大津旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8月末、所用で大阪に出かけました。<br />今回は今までになくお堅い用事で、1日目も2日目もずっと会議。<br />おそらく2日目も終了したらそのまま新幹線に乗って帰宅になるだろうなあと思っていました。<br /><br />そうしたところ、2日目は午後の早い時間に終了。<br />あれっ終わっちゃったよ、という感じでした。<br />こうなると、いつもの「用事のついで」というのがムクムクと頭をもたげてきます(笑)<br /><br />そういうわけで、今回は全くのノープラン。<br />最寄りの地下鉄駅で、最初に来た電車が何かによって、行き先を決めようと考えました。<br />すると、最初にやってきたのが天王寺行き。<br /><br />天王寺? 近鉄南大阪線やJR大和路線は最近乗ったからなあ… よし、今回は阪和線と南海線だ!<br />そこの、いくつもある短い支線に乗りに行くことにしました。<br />まるで、ダーツの旅のように行き先が決まったのでした。<br /><br />電車の時間も調べてませんので、行けるところまで行こうという、完全アドリブでございます。

大阪南部のローカル支線に乗りに行った【その1】 阪和線東羽衣支線と南海高師浜線

52いいね!

2018/08/31 - 2018/08/31

31位(同エリア176件中)

8月末、所用で大阪に出かけました。
今回は今までになくお堅い用事で、1日目も2日目もずっと会議。
おそらく2日目も終了したらそのまま新幹線に乗って帰宅になるだろうなあと思っていました。

そうしたところ、2日目は午後の早い時間に終了。
あれっ終わっちゃったよ、という感じでした。
こうなると、いつもの「用事のついで」というのがムクムクと頭をもたげてきます(笑)

そういうわけで、今回は全くのノープラン。
最寄りの地下鉄駅で、最初に来た電車が何かによって、行き先を決めようと考えました。
すると、最初にやってきたのが天王寺行き。

天王寺? 近鉄南大阪線やJR大和路線は最近乗ったからなあ… よし、今回は阪和線と南海線だ!
そこの、いくつもある短い支線に乗りに行くことにしました。
まるで、ダーツの旅のように行き先が決まったのでした。

電車の時間も調べてませんので、行けるところまで行こうという、完全アドリブでございます。

同行者
一人旅
交通手段
JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 昨日から大阪市内に滞在。さっきまで会議をしていた。<br />2日目、午後の早い時間に終了、解散となった。<br /><br />今いるのは地下鉄御堂筋線、本町駅。<br />普通の人ならそのまま新大阪まで行って、新幹線で帰京するのかなあ…<br />でも、ワタシ的には、このまま帰るのが何かもったいない。<br />といっても、急な話なのでノープラン。<br /><br />そこで、最初に来た電車の行き先で何をするか決めよう、と思った。

    昨日から大阪市内に滞在。さっきまで会議をしていた。
    2日目、午後の早い時間に終了、解散となった。

    今いるのは地下鉄御堂筋線、本町駅。
    普通の人ならそのまま新大阪まで行って、新幹線で帰京するのかなあ…
    でも、ワタシ的には、このまま帰るのが何かもったいない。
    といっても、急な話なのでノープラン。

    そこで、最初に来た電車の行き先で何をするか決めよう、と思った。

  • 最初にやってきたのが、天王寺行きだった。乗っちゃえ。<br />反対方向の千里中央行きが先に来たら、たぶんそれに乗っていたと思う。<br /><br />「なかもず」行きではなく、天王寺止まりの電車が来たところが、今思えばミソ。<br />

    最初にやってきたのが、天王寺行きだった。乗っちゃえ。
    反対方向の千里中央行きが先に来たら、たぶんそれに乗っていたと思う。

    「なかもず」行きではなく、天王寺止まりの電車が来たところが、今思えばミソ。

  • ずっと進んで、次は終点、天王寺。<br /><br />天王寺に着くまでの電車の中で、あるプランが頭の中に浮かんだ。<br />今回は、それを実行してみることにする。<br />ただし、時刻は調べてない。行けるところまで行こう、ということで。

    ずっと進んで、次は終点、天王寺。

    天王寺に着くまでの電車の中で、あるプランが頭の中に浮かんだ。
    今回は、それを実行してみることにする。
    ただし、時刻は調べてない。行けるところまで行こう、ということで。

  • 天王寺駅に到着。

    天王寺駅に到着。

  • そうか、大阪市営地下鉄も民営化したんですね。

    そうか、大阪市営地下鉄も民営化したんですね。

  • で、やってきたのが阪和線のホーム。<br />戦争中に国有化されるまで、阪和電気鉄道という私鉄だった名残の頭端式ホーム。<br />今は環状線直通の電車も多いが、天王寺発着の電車はここから発着する。

    で、やってきたのが阪和線のホーム。
    戦争中に国有化されるまで、阪和電気鉄道という私鉄だった名残の頭端式ホーム。
    今は環状線直通の電車も多いが、天王寺発着の電車はここから発着する。

  • こういう由緒正しい頭端式ホームが使用されているJRの駅は、そう多くない。

    こういう由緒正しい頭端式ホームが使用されているJRの駅は、そう多くない。

  • そういえば駅名標を写してなかった。

    そういえば駅名標を写してなかった。

    天王寺駅

  • ここから乗るのは、日根野行きの区間快速。<br />快速電車は環状線から直通してくるが、区間快速は天王寺始発。

    ここから乗るのは、日根野行きの区間快速。
    快速電車は環状線から直通してくるが、区間快速は天王寺始発。

    JR阪和線 乗り物

  • 停車駅の案内。鳳駅から先は各駅に停車。

    停車駅の案内。鳳駅から先は各駅に停車。

  • 天王寺駅を出発。

    天王寺駅を出発。

  • 一段低いところに環状線と大和路線の路線がある。<br />このあと、これらの路線の上を通り越す。

    一段低いところに環状線と大和路線の路線がある。
    このあと、これらの路線の上を通り越す。

  • 環状線から直通する電車のための連絡線と合流。

    環状線から直通する電車のための連絡線と合流。

  • 都心のターミナル駅からいきなり複線(複々線ではない)であり、そこに特急電車から各駅停車まで入り交じった複雑なダイヤとなっている阪和線。<br /><br />似たような境遇の、首都圏を走る中央線と比較されることがある。<br />普段その中央線で通勤している私としては親近感があったりする(笑)

    都心のターミナル駅からいきなり複線(複々線ではない)であり、そこに特急電車から各駅停車まで入り交じった複雑なダイヤとなっている阪和線。

    似たような境遇の、首都圏を走る中央線と比較されることがある。
    普段その中央線で通勤している私としては親近感があったりする(笑)

  • このあたり、約10年前に高架化された中央線の、特に三鷹-国分寺間と雰囲気がそっくり。<br /><br />南田辺駅通過。<br />中央線の武蔵境駅がこんな感じ。

    このあたり、約10年前に高架化された中央線の、特に三鷹-国分寺間と雰囲気がそっくり。

    南田辺駅通過。
    中央線の武蔵境駅がこんな感じ。

    南田辺駅

  • なんだか景色も似ているような気がしてきた(笑)

    なんだか景色も似ているような気がしてきた(笑)

  • 鶴ヶ丘駅通過。<br />ちょっと配線が違うけど、武蔵小金井駅みたい。<br />(武蔵小金井駅は、外側が本線、内側が側線です)<br />

    鶴ヶ丘駅通過。
    ちょっと配線が違うけど、武蔵小金井駅みたい。
    (武蔵小金井駅は、外側が本線、内側が側線です)

    鶴ケ丘駅

  • 杉本町駅通過。この手前から地上に降りる。<br />この駅は、高架化される前の武蔵小金井駅みたい...

    杉本町駅通過。この手前から地上に降りる。
    この駅は、高架化される前の武蔵小金井駅みたい...

    杉本町駅

  • その先、大和川の鉄橋。<br />ここから堺市。

    その先、大和川の鉄橋。
    ここから堺市。

  • 最初の停車駅、堺市駅。

    最初の停車駅、堺市駅。

    堺市駅

  • その次の三国ヶ丘駅に停車。<br />南海高野線が上を通り越している。

    その次の三国ヶ丘駅に停車。
    南海高野線が上を通り越している。

  • 三国ヶ丘駅。<br />出口がホーム前方にあり、先頭車両が一気に空いた。

    三国ヶ丘駅。
    出口がホーム前方にあり、先頭車両が一気に空いた。

    三国ヶ丘駅 (JR)

  • この先は高架化されていない区間が多い。<br />個人的に阪和線というとこのイメージだったりする。

    この先は高架化されていない区間が多い。
    個人的に阪和線というとこのイメージだったりする。

  • その次の停車駅、鳳駅で下車。

    その次の停車駅、鳳駅で下車。

  • この駅で降りたのは、言うまでもなく東羽衣支線に乗るため。<br />鳳駅から東羽衣駅の1駅区間だけ、支線が出ている。<br />

    この駅で降りたのは、言うまでもなく東羽衣支線に乗るため。
    鳳駅から東羽衣駅の1駅区間だけ、支線が出ている。

  • と言われても、なじみのない方は「?」だと思うので解説します。<br /><br />阪和線鳳駅からは、1駅区間だけ「東羽衣支線」というのがあります。<br />その終点の東羽衣駅は南海本線の羽衣駅と隣接していて、そこからは「高師浜線(たかしのはません)」という短い支線が出ています。<br /><br />この2つに乗ろうとしてます。<br /><br />東羽衣支線に乗るのは、たぶん高校生の時以来。<br />高師浜線は、平成1ケタ代のときに乗っているはず。<br />いずれにしても、とても久しぶりに乗る両線。<br />

    と言われても、なじみのない方は「?」だと思うので解説します。

    阪和線鳳駅からは、1駅区間だけ「東羽衣支線」というのがあります。
    その終点の東羽衣駅は南海本線の羽衣駅と隣接していて、そこからは「高師浜線(たかしのはません)」という短い支線が出ています。

    この2つに乗ろうとしてます。

    東羽衣支線に乗るのは、たぶん高校生の時以来。
    高師浜線は、平成1ケタ代のときに乗っているはず。
    いずれにしても、とても久しぶりに乗る両線。

  • 東羽衣支線のホーム。<br />阪和線の駅名標はオレンジ色が使われているが、なぜか東羽衣支線だけは青色。<br />

    東羽衣支線のホーム。
    阪和線の駅名標はオレンジ色が使われているが、なぜか東羽衣支線だけは青色。

    鳳駅

  • 向こう側が阪和線の上りホーム。<br />駅構内の途中から、すでに分岐している。

    向こう側が阪和線の上りホーム。
    駅構内の途中から、すでに分岐している。

  • ホームの反対方向である、天王寺方向を見る。<br />向こうの方で、線路がつながっているようだ。

    ホームの反対方向である、天王寺方向を見る。
    向こうの方で、線路がつながっているようだ。

  • 東羽衣行きの電車が入線。<br />4両編成の電車1編成が、約15分間隔で往復しているだけの単純ダイヤ。

    東羽衣行きの電車が入線。
    4両編成の電車1編成が、約15分間隔で往復しているだけの単純ダイヤ。

  • 東羽衣方面を見る。<br />かつては側線もあったようだが、現在は棒線。

    東羽衣方面を見る。
    かつては側線もあったようだが、現在は棒線。

  • そして東羽衣支線だけは、ワンマン運転をしている。

    そして東羽衣支線だけは、ワンマン運転をしている。

  • この路線こそ103系のイメージがあるのだが、現在は225系だった。<br />関空快速にも使用される、転換クロスシートの豪華な車内。

    この路線こそ103系のイメージがあるのだが、現在は225系だった。
    関空快速にも使用される、転換クロスシートの豪華な車内。

  • 一駅しかないので、停車駅案内もシンプル。

    一駅しかないので、停車駅案内もシンプル。

  • 東羽衣駅を出発。

    東羽衣駅を出発。

  • すぐに高架に上がる。

    すぐに高架に上がる。

  • 沿線は、やや空き地もあるものの、基本的に住宅地。

    沿線は、やや空き地もあるものの、基本的に住宅地。

  • 3分も走ると、終点の東羽衣駅に到着する。<br />線路両側にホームがあるが、右側しか使っていないようだ。

    3分も走ると、終点の東羽衣駅に到着する。
    線路両側にホームがあるが、右側しか使っていないようだ。

  • 東羽衣駅に到着。

    東羽衣駅に到着。

    東羽衣駅

  • ホームにあった時刻表。<br />終日、約15分間隔です。<br />

    ホームにあった時刻表。
    終日、約15分間隔です。

  • ホームから階段を降りてきたところ。

    ホームから階段を降りてきたところ。

  • 改札を出たところ。<br />遠隔操作の無人駅のようだ。

    改札を出たところ。
    遠隔操作の無人駅のようだ。

  • 東羽衣駅の駅舎。

    東羽衣駅の駅舎。

  • そのすぐ向かいに、南海線が走っている。<br />現在高架化工事の真っ最中で、下り線だけ高架化が完成していた。

    そのすぐ向かいに、南海線が走っている。
    現在高架化工事の真っ最中で、下り線だけ高架化が完成していた。

  • そして、そこにある南海線・羽衣駅。

    そして、そこにある南海線・羽衣駅。

    羽衣駅

  • 羽衣駅のコンコース。

    羽衣駅のコンコース。

  • ここから乗る高師浜線のホームは、上りホームのずっと先にある。<br />

    ここから乗る高師浜線のホームは、上りホームのずっと先にある。

  • 上りホームが途切れたところ。

    上りホームが途切れたところ。

  • この先に、高師浜線のホームがある。

    この先に、高師浜線のホームがある。

  • 高師浜線の時刻表。<br />昼間は約20分間隔。

    高師浜線の時刻表。
    昼間は約20分間隔。

  • 電車がやってきた。

    電車がやってきた。

  • 2扉、2両編成、ワンマンの電車。<br />大阪市内を走る汐見橋線を含め、南海の支線はみんなこの形式の電車のような気がする。

    2扉、2両編成、ワンマンの電車。
    大阪市内を走る汐見橋線を含め、南海の支線はみんなこの形式の電車のような気がする。

  • こういう表示をしているのも、南海の支線に共通している。

    こういう表示をしているのも、南海の支線に共通している。

  • 南海電鉄のマーク。

    南海電鉄のマーク。

  • 東急車輌というと、横浜の金沢文庫というイメージがあるのだが、この時代一瞬だけ堺にも東急車輌の工場があった。

    東急車輌というと、横浜の金沢文庫というイメージがあるのだが、この時代一瞬だけ堺にも東急車輌の工場があった。

  • 羽衣駅を出発。<br />しばらく上り本線と並行する。

    羽衣駅を出発。
    しばらく上り本線と並行する。

  • 1箇所だけ本線との接続点があり、この先で分岐。

    1箇所だけ本線との接続点があり、この先で分岐。

  • 古そうな高架に上がる。

    古そうな高架に上がる。

  • カーブを曲がった先にある、伽羅橋(きゃらばし)駅。

    カーブを曲がった先にある、伽羅橋(きゃらばし)駅。

    伽羅橋駅

  • ちょっと撮るの失敗したけど、駅名標。

    ちょっと撮るの失敗したけど、駅名標。

  • 現在は2両の電車しか走らないが、ホームはもっと長い。

    現在は2両の電車しか走らないが、ホームはもっと長い。

  • 沿線はずっと住宅地が続く。

    沿線はずっと住宅地が続く。

  • 次が終点の高師浜駅。<br />わずか1.5kmの短い支線、所要時間も3分くらい。

    次が終点の高師浜駅。
    わずか1.5kmの短い支線、所要時間も3分くらい。

  • 高師浜駅に到着。<br />一応、左側にも線路を敷くスペースがあるようで、島式ホームなることも可能な構造になっている。

    高師浜駅に到着。
    一応、左側にも線路を敷くスペースがあるようで、島式ホームなることも可能な構造になっている。

    高師浜駅

  • 出口はホーム前方にある。

    出口はホーム前方にある。

  • ホームの先にある階段を降りていくと、改札口がある。

    ホームの先にある階段を降りていくと、改札口がある。

  • 高師浜駅の駅舎。<br />高架化される前からそのまま使用されているとのこと。

    高師浜駅の駅舎。
    高架化される前からそのまま使用されているとのこと。

  • 駅周辺の案内図。<br />駅名の通り海岸が近いが、現在はすぐ沖が埋め立て地になっている。<br />この埋め立て地(工業団地になっている)には、仕事で来たことがある。<br />

    駅周辺の案内図。
    駅名の通り海岸が近いが、現在はすぐ沖が埋め立て地になっている。
    この埋め立て地(工業団地になっている)には、仕事で来たことがある。

  • 駅周辺の住宅地。<br />ここから10分も歩けば、南海本線の高石駅まで行けるのだが、あまりにも暑いので今日は行かない。

    駅周辺の住宅地。
    ここから10分も歩けば、南海本線の高石駅まで行けるのだが、あまりにも暑いので今日は行かない。

  • 駅のホームは2階部分にある。

    駅のホームは2階部分にある。

  • 今日も暑い1日。<br />あまり出歩くのもしんどくて、駅に戻る。<br />

    今日も暑い1日。
    あまり出歩くのもしんどくて、駅に戻る。

  • かつては売店もあるほどの駅だったようだが、現在は昼間は無人駅となっている。

    かつては売店もあるほどの駅だったようだが、現在は昼間は無人駅となっている。

  • 電車に戻る。<br />終点羽衣駅の出口が前方にあるので、後ろの車両は貸し切り状態。

    電車に戻る。
    終点羽衣駅の出口が前方にあるので、後ろの車両は貸し切り状態。

  • 折返し出発。<br />住宅地を上からのぞき込むように走る。

    折返し出発。
    住宅地を上からのぞき込むように走る。

  • 羽衣駅に戻ってきた。

    羽衣駅に戻ってきた。

  • 羽衣駅からは、南海本線の下り急行電車に乗って、次の目的地に向かいます。<br /><br />【その2】につづく。

    羽衣駅からは、南海本線の下り急行電車に乗って、次の目的地に向かいます。

    【その2】につづく。

52いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (10)

開く

閉じる

  • とのっちさん 2018/09/25 23:51:50
    魅惑の盲腸線!
    Tagucyanさま

    こんばんは。「所用のついでに」シリーズすばらしい!

    東羽衣の支線は今年2月に「103系乗りおさめ」で行きました。4両編成になるとは聞いていたのですが225系だったのですね…私も初めて乗ったのは大学受験の帰りに深夜1時発の下り「はやぶさ」を待つ間に乗りに行きました(笑)。高師浜線は乗ったことがありません。民鉄の盲腸線(こんな表現するんでしょうか?)も魅力的ですね~“鉄の抜け道”も楽しそうですが、暑い以前に急行が止まらないなど、大人の事情もあったことでしょう。

    毎回思うのですが、かぶりつきながらうまく写真を撮られますね!あれなかなか難しく、私もやろうと思うのですが、なかなかうまくいきません。「ターミナルから複線」、私もダイヤ大好きなので観点が重なってしまいます。近鉄の長距離急行に乗るといきなり布施で特急待避して、そこから人が変わったように長距離ノンストップになりりました(一応複々線ですが方向別なので…)。ターミナル近辺の線路の使い方は三者三様で、配線の制約をもろにダイヤに反映させるのが面白いです。ほぼすべての客を1時間に2本の特急に集中させる西鉄ももうちょい頑張ってくれんかな~

    すみません、次の水間編も読んじゃったのですがまだまだ南下とのこと、次も楽しみにしております。

    とのっち

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/26 23:44:49
    このあたり、いい味出している短い支線が多いです

    とのっちさま
    こんばんは。

    東羽衣支線は、こここそ103系に乗れるかと期待していたのですが時すでに遅しだったようです。
    少し前まで環状線でも走っていたぐらいなので、いつでも乗れると思って油断していると、乗り損ねてしまうかも知れませんね。

    東羽衣支線、わずか1.7kmの短い支線。
    高師浜線に至ってはもっと短くて、わずか1.5km。
    両線とも、開業当時は海のレジャー客目当てだったようですが、いまやいい味を出している、地域住民のための足になってますね。
    高師浜駅から高石駅までは、ホントに歩いてみたかったんですけど、あの暑さ。5分も外を歩くのがつらいぐらいでした。

    かぶりつきの写真ですが、最近のデジカメの性能のよさで何とかごまかしているようなものです。
    つらいのは雨の日で、どうしてもガラスの水滴にピントが合ってしまい、肝心な景色がピンボケになってしまいます。
    あと、西日を正面から受けるときもつらいですね。

    阪和線は、関西地区のJR線の中でも、特にいろんな種別が混ざり込んでいて、おもしろいダイヤだと思います。ダイヤグラムを見てみたいですね。
    近鉄線も、距離が長い上にいろんな種別の電車が走っているので、ダイヤとしてはおもしろそう。
    ただ関西地区は比較的昔からヘッドダイヤが主流でしたね。
    国鉄時代やJR初期の頃の首都圏などは、パターンのないぐちゃぐちゃダイヤで、その頃の中央線のダイヤなどもなかなか趣があっておもしろかったですよ。

    まだまだローカル支線巡り、つづきます。

    ---
    Tagucyan
  • S...t...e...Pha...n...i...Eさん 2018/09/23 23:48:47
    見たことある景色すぎて(笑)
    思わず連投失礼しますw

    いつもの「所要のついで」発生!待ってました!(笑)
    あのとき「なかもず」行きやったら、南海高野線か、それか泉北高速やったんでしょうか?
    いや、でも「阪和線」をご利用いただき誠にありがとうございますww

    鳳の羽衣線ホームは数カ月前の103終了からちょっと変わりました。
    堺方面にホームが伸びて、線路がつながったんです。
    もともとは途切れてました。たぶんあの車両の運用の関係なんですかね?
    103の時は基本2両編成でしたから、短いホームで十分やったんですよね。

    阪和線の美章園~浅香あたりは高架化したのでかなりダイヤの乱れがなくなりました。
    これでもマシになったんですよ・・・(笑)
    さらに先の、東岸和田前後もかなり高架化が進んでかなり変りました。
    私の地元周辺はまだ地上ですが、事故の多い区間なのでその内高架になるのかなと思ってます。昔ながらの雰囲気はかなり減りましたが、その分人身事故も減ってるので、そういう意味では今後も進めてほしいと思ってます。

    次はどこ行かれるんでしょう?
    楽しみにしてます^^

    ステファニー

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/24 16:35:47
    地元にお邪魔しました

    ステファニー様
    連投ありがとうございます。

    そういえば、あの前日の夜に大阪市内のホテルで書き込みしましたね。
    あの時は、「今回は所用のついではムリ」などと書きましたが、やっぱり行ってしまいました(笑)

    おっしゃるとおり、あのとき「なかもず」行きが来ていたら、たぶん泉北高速に乗って、そのあと高野山に行っていたと思います(完全に読まれてる…)
    もっというと、それより先に千里中央行きが来ていたら、それに乗って、そこから大阪モノレールかなあ、そして能勢電鉄? もしくは阪急千里線? どうなったことでしょう。

    ということで、ステファニーさんの地元にお邪魔いたしました。
    東羽衣に行く支線、地元では羽衣線というんですね。
    鳳駅の堺寄りで線路つながっていましたが、あれは最近の話なんですね。
    そうですかあ、数ヶ月前まで103系2両編成でしたかあ。惜しいことをしました(笑)

    阪和線もだいぶ高架化が進んでいるようですね。
    こちら中央線も高架化により、なんだかんだで東京駅からうちの近所付近までまったく踏切がなくなり、踏切での人身事故が減りました。相変わらず駅での事故は多いですけどね(爆)
    高架化された駅の雰囲気が似ていて、乗っていて親近感が湧きましたねえ(笑)

    今度は羽衣駅から南海の急行電車で南下して、次に現れる私鉄線に乗りますので。

    ---
    Tagucyan
  • BTSさん 2018/09/21 13:02:08
    枝線の乗継
    Tagucyanさまへ

    こんにちは~
    マニアックな乗継ですね。

    都会でありながら、どちらも単線というミスマッチは鉄道ファンとしては、この長閑さに癒されますね。JR東羽衣支線はナント225系とは、ここは103系がお似合いかと思うのですが…(笑)

    私は関西地区のJRや私鉄は幹線しか乗ったことがないので、Tagucyanさまのマニアックな乗り鉄は、とても興味が後ます。この後も期待しています。

    BTS

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/22 16:35:48
    RE: 枝線の乗継

    BTSさま
    こんにちは。

    東羽衣支線と高師浜線は、ほぼ接していることもあり、一度乗り継ぎしてみようと思っていたのですが、今回思いがけずこれが実現しました。

    どちらも単線で、構造的に1編成の電車が往復するだけの単純ダイヤですね。
    でも、設備や車両の雰囲気的に、高師浜線のほうがよりローカルに感じました。

    東羽衣支線、ここはまだ和田岬線のように103系が残っているかなあ、と思っていたんです。
    関空快速と同じ225系だったのには驚きました。転換クロスシート車ですからね。

    このあとも、こんな感じのローカル支線が出てきます。
    単調にならないように気をつけます(笑)

    ---
    Tagucyan
  • 墨水さん 2018/09/20 21:38:38
    細かい。
    Tagucyanさん、今晩は。
    細かいレポート、有り難う御座います。
    暑い日には、南海「こうや」号で極楽レポートでしょ。(笑)
    南海本線が高架工事中なのは驚きですね、いまごろ?的な。
    バブルの頃、何してたんだ?!、てね。(笑)
    ターミナル駅から複線・・・。(普通じゃねーの。笑)
    でも、阪和鉄道は悲運だったからなーっ。(T_T)
    阪和線のドル箱路線にしては、JR西は、投資してないね。(笑)
    墨水。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/20 23:13:15
    RE: 細かい。

    墨水さま
    こんばんは。

    今思えば、スタート地点である御堂筋線・本町駅で、天王寺止まりではなく「なかもず」行きが来ていたら、高野山に行っていたかも知れません。
    南海高野線の特に橋本から先は相当な山岳路線で、久しぶりに乗ってみたいなあと常々思っています。
    あの日、大阪は35℃くらいありましたが、高野山は26℃くらいだったようです。
    帰ってきたあと、「結局どっちがよかったのかなあ」と思ってしまいました。

    ターミナルから複線…(笑)
    まあそうなんですけど、大阪南部への通勤電車、紀伊半島方面への特急、関西空港への特急、いろんな電車が1本の線路に押し合いへし合い、元私鉄とはいえ、よく押し込めてるなあと思ったりします。
    ダイヤグラムマニアでもある私には、おもしろい路線であることは間違いないです。

    ---
    Tagucyan
  • 横浜臨海公園さん 2018/09/20 10:44:13
    阪和線
    Tagucyanさま、こんにちは。

    旅行記を拝見させて頂きました。
    阪和線は、数年前に天王寺-鶴ヶ丘間が切替えられ、殆ど昔のよすがはなくなってしまいました。
    美章園駅構内など、他がラーメン高架橋なのに、あの復旧部分だけが石積構造だったのは、戦争末期の空襲爆撃復旧跡でしたが、路線切替と同時に解体されてしまいました。
    また、鳳-東羽衣間など複線だったものが、昭和19年(1944年)に単線化されてしまい、地上時代は複線時代の痕跡が残っておりましたが、今では鳳駅構内に若干見られる程度になってしまいました。
    兎に角、阪和線は中央本線快速線などより、はるかに高度で高密度な運転をしており、事故でも発生するとヤキモキさせられます。



    横浜臨海公園

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/20 23:09:03
    RE: 阪和線

    横浜臨海公園さま
    こんばんは。

    いままで通算してもたぶん両手ぐらいの回数しか乗ったことがない阪和線ですが、途中まではきれいな高架区間になっていて、初めて乗ったときの長々地上区間というイメージからは変わったなあ、と思いました。
    余談ですが、以前近鉄奈良線に久しぶりに乗ったときにも同じことを思いました。
    時代の流れと言ってしまえばそれまでなのですが…

    鳳駅の東羽衣支線のホームですが、あれは側線の跡ではなくて複線の跡だったんですね。言われてみれば、高架になるまで単線にしては敷地が広いですね。
    今はすっかり、1編成の電車が行ったり来たりしかできない構造になってしまいました。

    阪和線と東京の中央線、平日昼間の電車の本数は1時間あたり16本で同じです。
    中央線に比べて、阪和線は優等電車(特急と快速関係)が多いですね。一方、中央線は「ほぼ各駅停車」である快速の本数が多い。
    それから、阪和線は半数が環状線直通で、環状線や大和路線とかで何かあった場合の影響を受けたり、止まってしまうと関西空港へのアクセスに影響が出たりしますね。
    まあ、事故や遅延の多さは中央線も負けてませんけど(中央線通勤通学歴30年の私です…)。

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

和泉・泉大津の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集