昨年夏、大阪への用事のついでに巡った大阪南部のローカル線。<br />今回、また同じ用事で大阪に出かけたので、その続きで和歌山のローカル私鉄に乗りに行っております。<br /><br />南海電鉄の支線、和歌山港線に乗り、そのあと多奈川線沿線の長閑な所を歩いて、和歌山市駅に戻ってきました。<br /><br />ここから、和歌山電鐵貴志川線に乗りに行きます。<br /><br />この路線は、もともと南海貴志川線という路線でした。<br />利用客が減ってきて、廃線の話が出てきたところで、いろいろ紆余曲折があって岡山電軌の完全子会社「和歌山電鐵」として生まれ変わりました。<br /><br />和歌山電鐵といえば「たま駅長」で有名。<br />そのほか、所属するすべての車両が特徴をもったデザインに改造されました。<br />どのダイヤにどの車両が使われているかは日替わりなのですが、これがすべてHPで公表されています。<br />そこで、できる限りいろんな車両に乗れるように、あちこちで途中下車しながら進みます。<br /><br />いろんなことがありすぎて長くなってしまったので2編に分けました。<br />本編はその〈前編〉です。<br />

和歌山周辺のローカル私鉄に乗りに行った【その3】 いろんな電車を乗り継いで行く和歌山電鐵線〈前編〉

72いいね!

2019/09/20 - 2019/09/20

27位(同エリア564件中)

Tagucyan

Tagucyanさん

昨年夏、大阪への用事のついでに巡った大阪南部のローカル線。
今回、また同じ用事で大阪に出かけたので、その続きで和歌山のローカル私鉄に乗りに行っております。

南海電鉄の支線、和歌山港線に乗り、そのあと多奈川線沿線の長閑な所を歩いて、和歌山市駅に戻ってきました。

ここから、和歌山電鐵貴志川線に乗りに行きます。

この路線は、もともと南海貴志川線という路線でした。
利用客が減ってきて、廃線の話が出てきたところで、いろいろ紆余曲折があって岡山電軌の完全子会社「和歌山電鐵」として生まれ変わりました。

和歌山電鐵といえば「たま駅長」で有名。
そのほか、所属するすべての車両が特徴をもったデザインに改造されました。
どのダイヤにどの車両が使われているかは日替わりなのですが、これがすべてHPで公表されています。
そこで、できる限りいろんな車両に乗れるように、あちこちで途中下車しながら進みます。

いろんなことがありすぎて長くなってしまったので2編に分けました。
本編はその〈前編〉です。

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 私鉄
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【その2】からのつづき<br /><br />南海多奈川線の沿線を歩き、再び特急電車に乗って和歌山市駅に戻ってきた。

    【その2】からのつづき

    南海多奈川線の沿線を歩き、再び特急電車に乗って和歌山市駅に戻ってきた。

    和歌山市駅

  • ここから、JR和歌山駅に向かう。<br />その間には、JR紀勢本線が通っているが、本線と言っても支線。<br />電車は1時間に1本だけ。次の発車は約40分先。<br />そこで・・・

    ここから、JR和歌山駅に向かう。
    その間には、JR紀勢本線が通っているが、本線と言っても支線。
    電車は1時間に1本だけ。次の発車は約40分先。
    そこで・・・

  • 絶賛建て替え工事中の和歌山市駅の駅前。<br />地元ではJR駅に対して「市駅」と呼ばれているようだ。

    絶賛建て替え工事中の和歌山市駅の駅前。
    地元ではJR駅に対して「市駅」と呼ばれているようだ。

  • 駅前ロータリーの1番バス乗り場。<br />なんだかこれも仮っぽい。

    駅前ロータリーの1番バス乗り場。
    なんだかこれも仮っぽい。

  • この乗り場からは、いくつかの系統が出ているが、すべてJR和歌山駅を通る。<br />全部あわせて、12分間隔で走っている。

    この乗り場からは、いくつかの系統が出ているが、すべてJR和歌山駅を通る。
    全部あわせて、12分間隔で走っている。

  • ロータリーの向こうにバスの操車場があり、そこからバスがやってきた。<br />和歌山市内を本拠地とする和歌山バス。

    ロータリーの向こうにバスの操車場があり、そこからバスがやってきた。
    和歌山市内を本拠地とする和歌山バス。

  • 和歌山市内を進みます。

    和歌山市内を進みます。

  • 和歌山市駅からJRの駅までは、かつてあった路面電車のルートに沿って走っているようで、「本町通り」という細い通りを通る。

    和歌山市駅からJRの駅までは、かつてあった路面電車のルートに沿って走っているようで、「本町通り」という細い通りを通る。

  • 和歌山城のお堀がある角を左折。<br />路面電車はここを右折してたようだ。

    和歌山城のお堀がある角を左折。
    路面電車はここを右折してたようだ。

  • JRの駅前から続く並木道。<br />実は今走っている部分も路面電車の軌道跡。<br />当時の国鉄駅前からさっきの路線につながる支線だったようだ。

    JRの駅前から続く並木道。
    実は今走っている部分も路面電車の軌道跡。
    当時の国鉄駅前からさっきの路線につながる支線だったようだ。

  • 次はJR和歌山駅。和歌山市駅前から230円。

    次はJR和歌山駅。和歌山市駅前から230円。

  • 和歌山市駅から15分くらいで、JRの駅に着いた。

    和歌山市駅から15分くらいで、JRの駅に着いた。

  • 和歌山駅西口のコンコース。<br />和歌山電鐵の乗り場は・・・ 改札口に行ったら、切符なしで通してくれた。

    和歌山駅西口のコンコース。
    和歌山電鐵の乗り場は・・・ 改札口に行ったら、切符なしで通してくれた。

    和歌山駅

  • 地下通路を通って、

    地下通路を通って、

  • 一番東側にある9番線が、和歌山電鐵線の乗り場。<br />案内には「わかやま電鐵貴志川線」と書いてある。<br />

    一番東側にある9番線が、和歌山電鐵線の乗り場。
    案内には「わかやま電鐵貴志川線」と書いてある。

  • 階段を上って行くと、

    階段を上って行くと、

  • 切符売り場がある。<br />JRの駅から出場する扱いになるので、それ用の自動改札機もある。

    切符売り場がある。
    JRの駅から出場する扱いになるので、それ用の自動改札機もある。

  • ここでは、1日乗車券を購入。<br />今回はいろいろと途中下車しますからねえ。

    ここでは、1日乗車券を購入。
    今回はいろいろと途中下車しますからねえ。

  • そして、最初に乗る電車は「うめ星電車」。<br /><br />和歌山電鐵を走る電車は6編成あり、すべてこのように改造され、名称がついている。<br />昼間はそのうち3~4編成が走っている。<br />本日車庫で寝ている車両を除いて、すべてに乗ってみようと思っている。

    そして、最初に乗る電車は「うめ星電車」。

    和歌山電鐵を走る電車は6編成あり、すべてこのように改造され、名称がついている。
    昼間はそのうち3~4編成が走っている。
    本日車庫で寝ている車両を除いて、すべてに乗ってみようと思っている。

    和歌山電鐵貴志川線 乗り物

  • 和歌山電鐵線の乗り場は9番線の片面ホーム。<br />駅名標は南海時代のまま。

    和歌山電鐵線の乗り場は9番線の片面ホーム。
    駅名標は南海時代のまま。

  • まるでイベント電車みたいだけど、普通の定期電車。

    まるでイベント電車みたいだけど、普通の定期電車。

  • 和歌山の特産品「南高梅」からついた名前なんでしょうね。

    和歌山の特産品「南高梅」からついた名前なんでしょうね。

  • では、乗りましょう。

    では、乗りましょう。

  • 車内。内部は純和風。

    車内。内部は純和風。

  • 車両の端っこに、沿線の特産品と思われるものが展示。<br />繰り返しますが、これでもイベント電車ではありません。

    車両の端っこに、沿線の特産品と思われるものが展示。
    繰り返しますが、これでもイベント電車ではありません。

  • 路線図と運賃表。<br />この路線はワンマン運転。

    路線図と運賃表。
    この路線はワンマン運転。

  • この路線は「たま駅長」でも有名。<br />でも初代駅長「たま」はすでにお亡くなりになった。<br />現在は2代目駅長「ニタマ」と、後継者「よんたま」の2匹が在籍。<br />その「勤務表」が車内に貼ってある。<br />今日は「ニタマ」が終点貴志駅にて勤務。あとでお会いします。

    この路線は「たま駅長」でも有名。
    でも初代駅長「たま」はすでにお亡くなりになった。
    現在は2代目駅長「ニタマ」と、後継者「よんたま」の2匹が在籍。
    その「勤務表」が車内に貼ってある。
    今日は「ニタマ」が終点貴志駅にて勤務。あとでお会いします。

  • 和歌山駅を出発。

    和歌山駅を出発。

  • しばらく、JR線と並行。

    しばらく、JR線と並行。

  • ようやく左にカーブして分かれる。

    ようやく左にカーブして分かれる。

  • その左カーブの途中に、最初の駅がある。

    その左カーブの途中に、最初の駅がある。

  • 田中口駅。

    田中口駅。

    田中口駅

  • まだ和歌山の町の中。

    まだ和歌山の町の中。

  • 日前宮駅。<br />すれ違い設備のある駅。

    日前宮駅。
    すれ違い設備のある駅。

  • 古いデザインの駅名標。

    古いデザインの駅名標。

    日前宮駅

  • この路線はすれ違いができる駅が3つしかなく、これらの駅ではほぼ必ず電車とすれ違う。<br />この電車は広告ラッピング電車。現在は「絵手紙電車」になっている。<br />これにもあとで乗る。

    この路線はすれ違いができる駅が3つしかなく、これらの駅ではほぼ必ず電車とすれ違う。
    この電車は広告ラッピング電車。現在は「絵手紙電車」になっている。
    これにもあとで乗る。

  • 神前(こうざき)駅。

    神前(こうざき)駅。

  • 「神前みーこ」というのがこの鉄道のキャラになってるらしい。

    「神前みーこ」というのがこの鉄道のキャラになってるらしい。

    神前駅

  • 竃山(かまやま)駅。

    竃山(かまやま)駅。

  • 各駅、結構降りる客が多い。

    各駅、結構降りる客が多い。

    竈山駅

  • 交通センター前駅。

    交通センター前駅。

  • この駅で降りてみた。

    この駅で降りてみた。

  • うめ星電車をお見送り。

    うめ星電車をお見送り。

    交通センター前駅

  • 駅の時刻表。<br />すれ違い設備の関係から、基本的に1時間に2本。<br />たまに、その間に区間運転の電車が走る。

    駅の時刻表。
    すれ違い設備の関係から、基本的に1時間に2本。
    たまに、その間に区間運転の電車が走る。

  • 駅舎はなく、この通路を通って外に出る。

    駅舎はなく、この通路を通って外に出る。

  • 駅前に出たところ。<br />駅名の表示が何にもないんですけど。

    駅前に出たところ。
    駅名の表示が何にもないんですけど。

  • でもすぐ横の踏切からは、駅のホームが見える。

    でもすぐ横の踏切からは、駅のホームが見える。

  • モタモタしてたら、踏切が鳴って、和歌山行きの電車がやってきた。<br />これは「おもちゃ電車」。

    モタモタしてたら、踏切が鳴って、和歌山行きの電車がやってきた。
    これは「おもちゃ電車」。

  • これにもあとで乗ります。

    これにもあとで乗ります。

  • さて、交通センター前駅。<br />駅前に運転免許試験場があるので、この駅名。

    さて、交通センター前駅。
    駅前に運転免許試験場があるので、この駅名。

  • そして、その向かいには県立の交通公園がある。

    そして、その向かいには県立の交通公園がある。

    和歌山交通公園 公園・植物園

  • 交通ルールを学びつつ遊べる公園。<br />さすが、運転免許試験場の前にある公園。<br />平日の昼間、誰もいなかった。

    交通ルールを学びつつ遊べる公園。
    さすが、運転免許試験場の前にある公園。
    平日の昼間、誰もいなかった。

  • そして、その片隅にこんな電車が停まっている。

    そして、その片隅にこんな電車が停まっている。

  • 昭和55年に廃止になった、南海平野線で走っていた電車。<br />現在の地下鉄谷町線とほぼ並行していて、その開業と同時に廃止になった。

    昭和55年に廃止になった、南海平野線で走っていた電車。
    現在の地下鉄谷町線とほぼ並行していて、その開業と同時に廃止になった。

  • せっかくだから乗ってみましょう。

    せっかくだから乗ってみましょう。

  • いかにも路面電車っぽい造り。

    いかにも路面電車っぽい造り。

  • 車両の内部。<br />椅子がベンチみたいに木製なんですけど。

    車両の内部。
    椅子がベンチみたいに木製なんですけど。

  • この木々の向こう側に駅がある。

    この木々の向こう側に駅がある。

  • 駅に戻ってきました。

    駅に戻ってきました。

  • こうつうせんたーまえ。

    こうつうせんたーまえ。

  • 貸し傘。<br />「傘の返却お待ちしております」

    貸し傘。
    「傘の返却お待ちしております」

  • この路線はワンマン運転なので、乗車位置が決まっている。

    この路線はワンマン運転なので、乗車位置が決まっている。

  • 先ほど日前宮駅ですれ違った絵手紙電車がやってきた。

    先ほど日前宮駅ですれ違った絵手紙電車がやってきた。

  • 車内。(終点到着後撮影)<br />この車両の車内は、改造されていないようだ。

    車内。(終点到着後撮影)
    この車両の車内は、改造されていないようだ。

  • 今はこのような貴志川線応援の絵手紙がたくさん飾ってあった。

    今はこのような貴志川線応援の絵手紙がたくさん飾ってあった。

  • もともとこの路線を走っていた古い車両を置き換える形で、南海線を走っていた車両が1995年に貴志川線用に改造されて、この路線にやってきた。<br />その後、そっくりそのまま和歌山電鐵の所属車両になった。

    もともとこの路線を走っていた古い車両を置き換える形で、南海線を走っていた車両が1995年に貴志川線用に改造されて、この路線にやってきた。
    その後、そっくりそのまま和歌山電鐵の所属車両になった。

  • 岡崎前駅。<br />3つあるすれ違える駅の2つめ。

    岡崎前駅。
    3つあるすれ違える駅の2つめ。

  • この電車は、いちご電車。<br />これにもあとで乗ります。

    この電車は、いちご電車。
    これにもあとで乗ります。

  • 岡崎前駅。

    岡崎前駅。

    岡崎前駅

  • 吉礼(きれ)駅。

    吉礼(きれ)駅。

  • 駅舎のない駅が続く。

    駅舎のない駅が続く。

    吉礼駅

  • 次が、この路線の中枢となる、伊太祈曽(いだきそ)駅。

    次が、この路線の中枢となる、伊太祈曽(いだきそ)駅。

  • 乗ってきた電車は伊太祈曽止まりの電車。

    乗ってきた電車は伊太祈曽止まりの電車。

  • 伊太祈曽駅の構内。

    伊太祈曽駅の構内。

  • 今いるのがホームで、右側が駅舎。<br />その奥にあるのが、この路線の車庫。

    今いるのがホームで、右側が駅舎。
    その奥にあるのが、この路線の車庫。

  • 構内踏切を渡って、駅舎へ。

    構内踏切を渡って、駅舎へ。

  • 改札口を通って外に出る。

    改札口を通って外に出る。

  • 伊太祈曽駅の駅舎。

    伊太祈曽駅の駅舎。

    伊太祈曽駅

  • 和歌山電鐵の本社もここにある。

    和歌山電鐵の本社もここにある。

  • 駅近くの踏切から駅構内を見る。<br />ちょうど今まで乗ってきた電車が、車庫に入っていくところだった。

    駅近くの踏切から駅構内を見る。
    ちょうど今まで乗ってきた電車が、車庫に入っていくところだった。

  • 駅舎内。<br />運賃はあくまで車内で払うので、ここの窓口ではグッズや記念乗車券類を売っている。<br />

    駅舎内。
    運賃はあくまで車内で払うので、ここの窓口ではグッズや記念乗車券類を売っている。

  • ということで、記念乗車券を購入。<br />たまとニタマのイラスト入りふくろがついてきた。

    ということで、記念乗車券を購入。
    たまとニタマのイラスト入りふくろがついてきた。

  • 構内踏切から見た、車庫。

    構内踏切から見た、車庫。

  • これはチャギントン電車。今日は終日お休み。

    これはチャギントン電車。今日は終日お休み。

  • 車庫の奥にある検車場。<br />左が今まで乗ってきた電車。<br />右は「たま電車」。今日は朝だけ走っていた。<br />これで、この路線を走っている6編成すべて見たことになる。

    車庫の奥にある検車場。
    左が今まで乗ってきた電車。
    右は「たま電車」。今日は朝だけ走っていた。
    これで、この路線を走っている6編成すべて見たことになる。

  • 駅舎から、ホームへ。

    駅舎から、ホームへ。

  • 一番最初に乗った「うめ星電車」が、貴志駅で折り返してやってきた。

    一番最初に乗った「うめ星電車」が、貴志駅で折り返してやってきた。

  • ちょっと停車時間があったので、改めて車内を見てみる。<br />撮り忘れたが、座席シートは梅の柄。

    ちょっと停車時間があったので、改めて車内を見てみる。
    撮り忘れたが、座席シートは梅の柄。

  • 引き続き、さっき交通センター前駅前で見た「おもちゃ電車」の貴志行きがやってきた。<br />これに乗ります。<br /><br />長くなるので【その4】の〈後半〉につづく。

    引き続き、さっき交通センター前駅前で見た「おもちゃ電車」の貴志行きがやってきた。
    これに乗ります。

    長くなるので【その4】の〈後半〉につづく。

72いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • Akrさん 2019/10/21 17:38:29
    企業努力が感じられますね。
    Tagucyanさま

    こんばんは。Akrでございます。

    やっぱりバス来ましたね。市駅とJR和歌山駅を結ぶ区間は意外と列車の本数が少ないのですね。ここはもしかして南海→国鉄直通の急行きのくにが走った所ですよね(ネタが古すぎてすみません)

    和歌山電鐵は、企業努力が感じられます。
    たま駅長は社会現象にもなりましたよね。猫を駅長に仕立てるというアイデアはその後、各地に広がった気がしますが、やはりここが元祖ではないでしょうか?

    普通の通勤電車を車両毎に特色を持たせることによって、利用者は、Tagucyanさまのように全部制覇してやろうと思う心理が働くわけですね。あの魅力的に改装された車両を見たらアレもコレも乗ってみたいってなりますね。もとの車両の車齢もかなりのものなのに見事に生まれ変わらせましたね。

    私も前に18きっぷで「和歌山に行くだけ」の勿体ない旅をしてしまい、今となっては和歌山電鐵くらいは乗っておけばよかったなって今更ながら思います。なかなか和歌山って足が向かないんですよね。

    チャギントンは岡山だけじゃないんですね(笑)
    次回も楽しみにしております。

    -Akr-

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2019/10/21 22:32:29
    あの手この手で

    Akrさま
    こんばんは。

    和歌山市駅→JR和歌山駅、JR線は約1時間間隔ですが、路線バスは12分間隔。あまり選択の余地はありませんでした(汗)

    なつかしいですねえ、南海難波発、和歌山市経由の和歌山経由で白浜方面に行く急行列車。廃止されるまで気動車だったんですよね。南海本線を走るディーゼルカー。今じゃ想像つきませんが。

    和歌山電鐵線は、かつて南海貴志川線という路線だった頃一度乗ったことがあったのですが、ただのローカル路線でした。これじゃジリ貧になりますよね。
    それが、岡山電軌の子会社になって、車両も個性的になって、これ自体が客を呼び込むネタになっています。ネコ駅長も、たしかこの駅に住みついていたネコを町が撤去しようとしたのを逆手に取ったのがきっかけだったと聞いています。あの手この手ですね。

    その車両も、タネ車はなんだかんだでもう50年近い年齢なんですよね。でも、きれいに大改造されましたので、まだしばらく走れそうです。
    そして、これらにできるだけたくさん乗ってやろうと言う心理・・・ 見事に踊らされております(笑)

    たしかAkrさんが、フォートラに最初に投稿したのが「和歌山に行くだけ」の旅行記でしたね。私と同人種だ、とニヤリとして書き込みをしたことを覚えております。

    チャギントン。そうか、親会社が岡山電軌か。今頃気づきました(爆)

    ---
    Tagucyan
  • 墨水さん 2019/10/20 21:19:46
    そうは、言っても・・・・。
    Tagucyanさん、今晩は。
    そうは、言っても(電車)一車種だよね・・・・。
    わ~~っ、殴られそ~~ッ!。(笑)
    わ、判ってますよ、悲運な貴志川線・・・。(ハイ)
    墨水。

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2019/10/20 23:01:01
    RE: そうは、言っても・・・・。
    墨水さま
    こんばんは。

    うわー、鋭いツッコミですね(笑)
    たしかに電車は1種類です。
    それが6編成ありまして、それぞれ個性的に改造されてまして。
    そう表現しようと思ったのですが、まるでバラバラの車種のようにも取れますね。

    でも、語彙力が足りなくて表現をどう変えていいかも分からないので、このままでお許しを(笑)

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

和歌山市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集