新しい令和の時を迎え、どこに行こうかと思っていたのですが、さすがにゴールデンウィーク期間中は観光客が多いと思い、ちょっとずらして国生みの島、淡路島に出かけてきました。<br />今回の旅の目的は、国生み神社の伊弉諾神宮参拝と淡路島七福神めぐりです。<br />もちろん淡路島の美味しいお魚もいっぱいいただいてきました。<br />旅程は、5月10日(金)淡路島北部にある、あわじ島花さじき、伊弉諾神宮を参拝し、淡路島七福神の四つのお寺の智禅寺(弁財天)、長林寺(福禄寿)、宝生寺(寿老人)、八浄寺(大黒天)をお参りし、明石海峡大橋が望める岩屋に宿泊。<br />翌11日(土)は、淡路島最南端にある大鳴門橋が望める『道の駅うずしお』から大鳴門橋を眺めた後、淡路島七福神の残り三つの護国寺(布袋尊)、万福寺(恵比寿天)、覚住寺(毘沙門天)を巡って帰宅しました。<br />今回は珍しく、両日共に天気に恵まれ、快適なドライブ旅行になりました。<br />今回は2日目の淡路島南部の観光を紹介します。<br />この日も天気が良く、きれいな大鳴門橋が眺められました。<br />ただ楽しみにしていた洲本での食堂が閉まっていて美味しい地魚をいただくことができなかったのが残念でした。

令和を迎えて伊弉諾神宮と淡路島七福神めぐりをしてきました(2日目)

9いいね!

2019/05/10 - 2019/05/11

652位(同エリア1187件中)

旅行記グループ 淡路島観光

0

41

旅好き長さん

旅好き長さんさん

新しい令和の時を迎え、どこに行こうかと思っていたのですが、さすがにゴールデンウィーク期間中は観光客が多いと思い、ちょっとずらして国生みの島、淡路島に出かけてきました。
今回の旅の目的は、国生み神社の伊弉諾神宮参拝と淡路島七福神めぐりです。
もちろん淡路島の美味しいお魚もいっぱいいただいてきました。
旅程は、5月10日(金)淡路島北部にある、あわじ島花さじき、伊弉諾神宮を参拝し、淡路島七福神の四つのお寺の智禅寺(弁財天)、長林寺(福禄寿)、宝生寺(寿老人)、八浄寺(大黒天)をお参りし、明石海峡大橋が望める岩屋に宿泊。
翌11日(土)は、淡路島最南端にある大鳴門橋が望める『道の駅うずしお』から大鳴門橋を眺めた後、淡路島七福神の残り三つの護国寺(布袋尊)、万福寺(恵比寿天)、覚住寺(毘沙門天)を巡って帰宅しました。
今回は珍しく、両日共に天気に恵まれ、快適なドライブ旅行になりました。
今回は2日目の淡路島南部の観光を紹介します。
この日も天気が良く、きれいな大鳴門橋が眺められました。
ただ楽しみにしていた洲本での食堂が閉まっていて美味しい地魚をいただくことができなかったのが残念でした。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
3.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5月11日(土)、旅行2日目。<br />今日は一旦淡路島の最南端にある大鳴戸橋が眺められる『道の駅うずしお』に行き、そこから淡路島七福神の残り3つの護国寺(布袋尊)、万福寺(恵比寿天)、覚住寺(毘沙門天)を回る予定。<br />宿の周囲の木々に沢山のウグイスがいるせいか、その鳴き声で目を覚ましました。<br />宿はとても自然豊かなところです。

    5月11日(土)、旅行2日目。
    今日は一旦淡路島の最南端にある大鳴戸橋が眺められる『道の駅うずしお』に行き、そこから淡路島七福神の残り3つの護国寺(布袋尊)、万福寺(恵比寿天)、覚住寺(毘沙門天)を回る予定。
    宿の周囲の木々に沢山のウグイスがいるせいか、その鳴き声で目を覚ましました。
    宿はとても自然豊かなところです。

  • 客室から外を眺めるとちょうど日の出です。

    客室から外を眺めるとちょうど日の出です。

  • 明石の市街から陽がのぼってきて、とてもきれいです。

    明石の市街から陽がのぼってきて、とてもきれいです。

  • 朝の5時過ぎですが、明石海峡大橋の上には結構車が走っています。

    朝の5時過ぎですが、明石海峡大橋の上には結構車が走っています。

  • 山の周囲に雲がちょっとありますが、その上は青空。<br />今日も天気が良さそうです。

    山の周囲に雲がちょっとありますが、その上は青空。
    今日も天気が良さそうです。

  • この時間帯でも明石海峡を沢山の船が通り抜けています。

    イチオシ

    この時間帯でも明石海峡を沢山の船が通り抜けています。

  • 対岸の明石の市内はまだちょっとガスっていて夜が明けきれていません。<br />朝食は7時30分からなので、朝風呂に入り、宿の周囲を散策します。

    対岸の明石の市内はまだちょっとガスっていて夜が明けきれていません。
    朝食は7時30分からなので、朝風呂に入り、宿の周囲を散策します。

  • ここは松帆の浦で、沖は明石海峡なのでとても潮流が早く、ここで獲れる明石鯛やタコは身が引き締まり絶品です。<br />そのためこの周辺は絶好の釣り場になっていて、私もこの沖でよく船釣りをします。

    ここは松帆の浦で、沖は明石海峡なのでとても潮流が早く、ここで獲れる明石鯛やタコは身が引き締まり絶品です。
    そのためこの周辺は絶好の釣り場になっていて、私もこの沖でよく船釣りをします。

  • 明石海峡大橋を眺めると完全に陽が昇り、今日も暑くなりそうです。

    明石海峡大橋を眺めると完全に陽が昇り、今日も暑くなりそうです。

  • 対岸の明石市内を眺めると、やっと夜が明けて街が動き始めているようです。

    対岸の明石市内を眺めると、やっと夜が明けて街が動き始めているようです。

  • この松帆の浦にはこのように海に面した神社がありました。<br />漁師の方達の大漁祈願神社かな?

    この松帆の浦にはこのように海に面した神社がありました。
    漁師の方達の大漁祈願神社かな?

  • 本日の朝食がこれです。<br />旅行に行ったときのホテルなどではブッフェスタイルの朝食が多いのですが、これだと食べ過ぎが防止できるので助かります。<br />とてもヘルシーな朝食でした。

    本日の朝食がこれです。
    旅行に行ったときのホテルなどではブッフェスタイルの朝食が多いのですが、これだと食べ過ぎが防止できるので助かります。
    とてもヘルシーな朝食でした。

  • 宿のある岩屋から淡路島最南端の『道の駅うずしお』まで神戸淡路鳴門自動車道を走って50分足らずで到着。<br />この道の駅の三つの自慢が<br />①.日本一の海峡、鳴戸海峡<br />②.日本一美味しい淡路島のたまねぎ<br />③.美味しいは楽しい、一流の田舎料理<br />だそうです。

    宿のある岩屋から淡路島最南端の『道の駅うずしお』まで神戸淡路鳴門自動車道を走って50分足らずで到着。
    この道の駅の三つの自慢が
    ①.日本一の海峡、鳴戸海峡
    ②.日本一美味しい淡路島のたまねぎ
    ③.美味しいは楽しい、一流の田舎料理
    だそうです。

  • これが道の駅うずしおの正面玄関です。<br />こちら側から見ると平屋建てに見えますが、断崖に立っているので、ここは実質4階になります。

    これが道の駅うずしおの正面玄関です。
    こちら側から見ると平屋建てに見えますが、断崖に立っているので、ここは実質4階になります。

  • 道の駅うずしおを裏側から眺めるとこのように4階建ての建物です。<br />道の駅の中にはおみやげ屋さんやレストランが入っています。

    道の駅うずしおを裏側から眺めるとこのように4階建ての建物です。
    道の駅の中にはおみやげ屋さんやレストランが入っています。

  • ここのレストランではこの時期『淡路島のサクラマス』が名物だそうです。<br />それ以外には、ここで獲れる真鯛・サワラ・太刀魚・マダコなどが入った白い海鮮丼と淡路牛を使った赤い炙肉丼があるようです。<br />個人的には白い海鮮丼が美味しそう。<br />でも朝食を食べた後だったのでお腹が大きく、断念しました。

    ここのレストランではこの時期『淡路島のサクラマス』が名物だそうです。
    それ以外には、ここで獲れる真鯛・サワラ・太刀魚・マダコなどが入った白い海鮮丼と淡路牛を使った赤い炙肉丼があるようです。
    個人的には白い海鮮丼が美味しそう。
    でも朝食を食べた後だったのでお腹が大きく、断念しました。

  • そしてここのレストランの売りは、大鳴戸橋を間近に眺めながら食事が出来ることです。<br />ここからの景色は絶景です。

    そしてここのレストランの売りは、大鳴戸橋を間近に眺めながら食事が出来ることです。
    ここからの景色は絶景です。

  • 大鳴戸橋には、この『道の駅うずしお』のそばにある遊歩道を伝って淡路島側の橋脚のそばまで行けます。

    大鳴戸橋には、この『道の駅うずしお』のそばにある遊歩道を伝って淡路島側の橋脚のそばまで行けます。

  • ここがその展望台になっています。<br />遊歩道はさらに進んで橋脚のそばまで行けます。

    ここがその展望台になっています。
    遊歩道はさらに進んで橋脚のそばまで行けます。

  • そして大鳴門橋の下をくぐって橋の反対側まで行けます。<br />確かこの橋は、この道路下のこのスペースに鉄道が走れる設計になっていたのでは?<br />今はメンテナンス用の通路になっているようです。

    そして大鳴門橋の下をくぐって橋の反対側まで行けます。
    確かこの橋は、この道路下のこのスペースに鉄道が走れる設計になっていたのでは?
    今はメンテナンス用の通路になっているようです。

  • 反対側を見るとこのようになっています。

    反対側を見るとこのようになっています。

  • 先ほどのデッキの先端から眺める景色がこれです。<br />大鳴門橋を間近に見ることができます。<br />対岸は鳴戸です。<br />そしてこの橋の中央には鳴戸名物の渦潮を眺めることができます。

    先ほどのデッキの先端から眺める景色がこれです。
    大鳴門橋を間近に見ることができます。
    対岸は鳴戸です。
    そしてこの橋の中央には鳴戸名物の渦潮を眺めることができます。

  • そして振り返ると、手前が淡路の福良で、向こう側の白っぽい島が沼島です。<br />天気が良く、見通しが良い日は和歌山市も見えるかも・・。

    そして振り返ると、手前が淡路の福良で、向こう側の白っぽい島が沼島です。
    天気が良く、見通しが良い日は和歌山市も見えるかも・・。

  • この日の満潮は10時52分。<br />そろそろ渦潮が発生するかな?<br />

    この日の満潮は10時52分。
    そろそろ渦潮が発生するかな?

  • この海峡も潮流が早いので絶好の鯛などの漁場になっています。<br />そのため、漁船が橋の下を行き来しています。<br />ただ潮流が早いので、潮に逆らって走るのは大変です。

    この海峡も潮流が早いので絶好の鯛などの漁場になっています。
    そのため、漁船が橋の下を行き来しています。
    ただ潮流が早いので、潮に逆らって走るのは大変です。

  • 沖では渦潮が発生したようで、観潮船が来ています。<br />左の帆船が淡路島の福良から出航したもので、右側の船は鳴戸側から出航した観潮船です。

    沖では渦潮が発生したようで、観潮船が来ています。
    左の帆船が淡路島の福良から出航したもので、右側の船は鳴戸側から出航した観潮船です。

  • この日は潮が小さいせいか大きな渦潮は出来ていませんでした。

    この日は潮が小さいせいか大きな渦潮は出来ていませんでした。

  • ここからいよいよ残り3つのお寺を回ります。<br />まずはここから最も近い護国寺(布袋尊)に向かいます。

    ここからいよいよ残り3つのお寺を回ります。
    まずはここから最も近い護国寺(布袋尊)に向かいます。

  • 護国寺は、淡路島七福神の七番霊場として『布袋尊』をお祀りして家庭円満・和合を授けるお寺です。

    護国寺は、淡路島七福神の七番霊場として『布袋尊』をお祀りして家庭円満・和合を授けるお寺です。

  • 朱塗りのとても立派な仁王門です。

    朱塗りのとても立派な仁王門です。

  • 仁王門をくぐるとこちらが本堂になります。<br />このお寺の御利益は夫婦円満や千客万来などだそうで、ここでは夫婦円満を祈願しました。

    仁王門をくぐるとこちらが本堂になります。
    このお寺の御利益は夫婦円満や千客万来などだそうで、ここでは夫婦円満を祈願しました。

  • 布袋尊は通称『布袋さん』と呼ばれ七福神で唯一実存する伝説の僧侶です。<br />いつもにこやかで福々しい笑顔、全てを呑み込む大きな太鼓腹、左右の大きな耳たぶ、肩に下げた大きな袋が特徴で、大きな袋を背負っていたので布袋という俗称が付けられたそうです。<br />私が似ているのは大きなお腹だけかな?

    布袋尊は通称『布袋さん』と呼ばれ七福神で唯一実存する伝説の僧侶です。
    いつもにこやかで福々しい笑顔、全てを呑み込む大きな太鼓腹、左右の大きな耳たぶ、肩に下げた大きな袋が特徴で、大きな袋を背負っていたので布袋という俗称が付けられたそうです。
    私が似ているのは大きなお腹だけかな?

  • 次に6番目の万福寺(恵比寿天)に向かいます。<br />万福寺は、淡路島七福神の一番霊場として『恵比寿天』をお祀りして幸せの釣り方を授けるお寺で、商売繁盛や五穀豊穣などの御利益があります。

    次に6番目の万福寺(恵比寿天)に向かいます。
    万福寺は、淡路島七福神の一番霊場として『恵比寿天』をお祀りして幸せの釣り方を授けるお寺で、商売繁盛や五穀豊穣などの御利益があります。

  • 恵比寿天は七福神で唯一日本の神様で、国生み神話の伊弉諾尊(いざなぎ)、伊弉冉尊(いざなみ)の子である蛭子命(ひるこ)、もしくは出雲神話の大国主命(おおくにぬし)の子である事代主神(ことしろぬし)と言われているそうです。<br />恵比寿さんの左脇の鯛は『めでたい』として『芽出る』の意味があり、芽が出て大樹になる木の揶揄で何か良くなる兆候や兆しがあるということを示し、右手の釣り竿は『釣りして網せず』として、足ることを知り欲を出さず、清い心を表しているそうです。<br />そんな意味があるようですが凡人の私は、魚釣りの大漁を祈願しました。

    恵比寿天は七福神で唯一日本の神様で、国生み神話の伊弉諾尊(いざなぎ)、伊弉冉尊(いざなみ)の子である蛭子命(ひるこ)、もしくは出雲神話の大国主命(おおくにぬし)の子である事代主神(ことしろぬし)と言われているそうです。
    恵比寿さんの左脇の鯛は『めでたい』として『芽出る』の意味があり、芽が出て大樹になる木の揶揄で何か良くなる兆候や兆しがあるということを示し、右手の釣り竿は『釣りして網せず』として、足ることを知り欲を出さず、清い心を表しているそうです。
    そんな意味があるようですが凡人の私は、魚釣りの大漁を祈願しました。

  • そして次に向かったのが7番目の覚住寺(毘沙門天)。<br />この写真は覚住寺のとなりにある上田八幡宮です。<br />とても立派な八幡宮だったので思わず撮影しました。

    そして次に向かったのが7番目の覚住寺(毘沙門天)。
    この写真は覚住寺のとなりにある上田八幡宮です。
    とても立派な八幡宮だったので思わず撮影しました。

  • そしてこちらが淡路島七福神の三番霊場の覚住寺(毘沙門天)。<br />聖徳太子の勅詔により再建されたと言われる、淡路島で最古の寺院の一つです。<br />

    そしてこちらが淡路島七福神の三番霊場の覚住寺(毘沙門天)。
    聖徳太子の勅詔により再建されたと言われる、淡路島で最古の寺院の一つです。

  • 毘沙門天は毘沙門さまと親しまれる勇気の神様で、武道成就や家内安全などの御利益があるそうです。<br />そのためここでは、広島カープの優勝を祈願しました。<br />今年は出足が良くなかったのでちょっと心配です。

    毘沙門天は毘沙門さまと親しまれる勇気の神様で、武道成就や家内安全などの御利益があるそうです。
    そのためここでは、広島カープの優勝を祈願しました。
    今年は出足が良くなかったのでちょっと心配です。

  • これで淡路島七福神めぐりが終了。<br />今回は2日間で7寺を回りましたが、1日でも回ることが出来ます。<br />何れのお寺も無料の駐車場が完備され、自家用車だとちょっと狭い道もあるのでちょっと大変ですがお勧めです。<br />この淡路島七福神めぐりは、パワースポットめぐりとも言われ、淡路島を一巡りすると幸福になるそうです。

    これで淡路島七福神めぐりが終了。
    今回は2日間で7寺を回りましたが、1日でも回ることが出来ます。
    何れのお寺も無料の駐車場が完備され、自家用車だとちょっと狭い道もあるのでちょっと大変ですがお勧めです。
    この淡路島七福神めぐりは、パワースポットめぐりとも言われ、淡路島を一巡りすると幸福になるそうです。

  • 当初の計画では七福神めぐり後、洲本市内の白梅食堂で海鮮丼をいただく予定だったのですが、行ってみると何と休業。<br />昼食をどこでいただこうかと迷ったあげく、昨日行った『道の駅あわじ』の食堂に行くことにしました。

    当初の計画では七福神めぐり後、洲本市内の白梅食堂で海鮮丼をいただく予定だったのですが、行ってみると何と休業。
    昼食をどこでいただこうかと迷ったあげく、昨日行った『道の駅あわじ』の食堂に行くことにしました。

  • ここでいただいたのがこの海鮮大盛り天ぷら丼(800円)と味噌汁(100円)。<br />名前通りの大盛り天ぷらで、何とか完食することが出来ました。<br />歳をとると、油ものはきつい・・・。<br />今回、2日間で淡路島を1周して美味しいものをいただき、お土産には淡路島のタマネギ、ちりめんじゃこ、タマネギスープ、タコワサビにカーネーションなどたくさん買って帰宅しました。<br />しばらくの間、これを美味しくいただこうと思います。<br />淡路島はいつ行っても素敵なところです。

    ここでいただいたのがこの海鮮大盛り天ぷら丼(800円)と味噌汁(100円)。
    名前通りの大盛り天ぷらで、何とか完食することが出来ました。
    歳をとると、油ものはきつい・・・。
    今回、2日間で淡路島を1周して美味しいものをいただき、お土産には淡路島のタマネギ、ちりめんじゃこ、タマネギスープ、タコワサビにカーネーションなどたくさん買って帰宅しました。
    しばらくの間、これを美味しくいただこうと思います。
    淡路島はいつ行っても素敵なところです。

  • 後日談<br />早速、淡路島七福神めぐりの御利益がありました。<br />万福寺(恵比寿天)で祈願した魚釣りの大漁ですが、17日(金)に日本海へ魚釣りに行くと、何と爆釣。<br />釣果は、50センチ台の真鯛2匹に25~35センチのマルアジを約50匹も釣れました。<br />当日は釣れすぎてクーラがいっぱいになり、早めに船釣りをやめて帰宅ました。<br />早々に御利益がありますので、皆さんも淡路島七福神めぐりに出かけてはいかがですか。

    後日談
    早速、淡路島七福神めぐりの御利益がありました。
    万福寺(恵比寿天)で祈願した魚釣りの大漁ですが、17日(金)に日本海へ魚釣りに行くと、何と爆釣。
    釣果は、50センチ台の真鯛2匹に25~35センチのマルアジを約50匹も釣れました。
    当日は釣れすぎてクーラがいっぱいになり、早めに船釣りをやめて帰宅ました。
    早々に御利益がありますので、皆さんも淡路島七福神めぐりに出かけてはいかがですか。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

淡路島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集