ハノイ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
私が初めてハノイに行ったのは、1996年です。<br /><br />昼間は、フエからの飛行機で出会ったバックパッカーのアメリカ人とオーストラリア人と、宿の部屋ををシェアして、街を散策しました。<br /><br />ハノイの街はとっても暗い雰囲気で、男たちはみんな揃ったように、深緑色のベトコンヘルメットを被っていました。<br />もちろん、元ベトコン兵だった人たちがいっぱいだったでしょう。<br /><br />見るからに貧しそうな人々の顔には、にっこりもなく、<br /><br /> 敵か?<br /> 敵かもしれん。<br /> フランス人か? <br /> アメリカ人か?<br /><br />と、みんな私たちを怪訝そうに見つめていました。<br /><br />私はアメリカ人とオーストラリア人と一緒に歩いていた東洋人だったので、ベトベトの人々の目には、私がフランスやアメリカに移住した、ベトベト国を見捨てた同胞に見えたのかもしれません。。。<br /><br />ベトベトの人々の目は、とっても冷ややかで、凄く怖かったです(T_T)/<br /><br />私たちのできたてほやほやの多国籍混成小隊は、元ベトコン兵に囲まれて、<br /><br /> 周りはみんなベトコンじゃ~~~<br /> みんな絶対に離れるなー<br /><br />フエまでは元南ベトナムだったのですが、<br />いきなり元北ベトナムのベトコンの巣窟のハノイに飛んできて、訳の分からぬ多国籍の小隊だったのです。。。<br /><br />当時、ハノイの人々の稼ぎは、サイゴンの人々の1/5とか言われていて、とっても貧しかったのです。。。<br /><br />雰囲気がガラッと変わってしまって、<br />戦々恐々でハノイの街を散歩しました。<br /><br />夜は明かりが少なくて、とっても暗い街でした。。。<br /><br /><br /><br />次に行ったのは2002年です。<br /><br />少しバックパッカーが増えていました。<br /><br />初めてタヒエン通りを通ったのがこの年です。<br />まだ殺伐とした感じで、食べるレストラン、食堂を探すのも、結構大変でした。<br />ちょっと清潔そうな見つけた食堂レストランに入るのにも、結構勇気がいりました。。。<br /><br /><br /><br />それが、その後、ボロボロだったフレンチスタイルの建物が修復されて、<br />どんどんと旅行者が増えて、<br /><br />今や、タヒエン通りは外国人と、ちょっとお金がある若いベトベト人の集まるおしゃれな飲み屋街になりました。<br /><br /><br />新宿だったら、ふらふらっと多くの外国人の集まる、ゴールデン街みたいです。<br />いや、ゴールデン街は、もう30年以上前に、一度行ったきりです。。。<br /><br /><br />青空飲み屋が広がっているのが、暑いベトベト国です。<br /><br /><br />

ハノイ旧市街名物。ベトベト庶民とベトベト警察とのいたちごっこの攻防。もう、飲み屋街は永遠に不滅です(+_+)///

52いいね!

2019/02/13 - 2019/02/13

276位(同エリア4024件中)

pal

palさん

私が初めてハノイに行ったのは、1996年です。

昼間は、フエからの飛行機で出会ったバックパッカーのアメリカ人とオーストラリア人と、宿の部屋ををシェアして、街を散策しました。

ハノイの街はとっても暗い雰囲気で、男たちはみんな揃ったように、深緑色のベトコンヘルメットを被っていました。
もちろん、元ベトコン兵だった人たちがいっぱいだったでしょう。

見るからに貧しそうな人々の顔には、にっこりもなく、

 敵か?
 敵かもしれん。
 フランス人か? 
 アメリカ人か?

と、みんな私たちを怪訝そうに見つめていました。

私はアメリカ人とオーストラリア人と一緒に歩いていた東洋人だったので、ベトベトの人々の目には、私がフランスやアメリカに移住した、ベトベト国を見捨てた同胞に見えたのかもしれません。。。

ベトベトの人々の目は、とっても冷ややかで、凄く怖かったです(T_T)/

私たちのできたてほやほやの多国籍混成小隊は、元ベトコン兵に囲まれて、

 周りはみんなベトコンじゃ~~~
 みんな絶対に離れるなー

フエまでは元南ベトナムだったのですが、
いきなり元北ベトナムのベトコンの巣窟のハノイに飛んできて、訳の分からぬ多国籍の小隊だったのです。。。

当時、ハノイの人々の稼ぎは、サイゴンの人々の1/5とか言われていて、とっても貧しかったのです。。。

雰囲気がガラッと変わってしまって、
戦々恐々でハノイの街を散歩しました。

夜は明かりが少なくて、とっても暗い街でした。。。



次に行ったのは2002年です。

少しバックパッカーが増えていました。

初めてタヒエン通りを通ったのがこの年です。
まだ殺伐とした感じで、食べるレストラン、食堂を探すのも、結構大変でした。
ちょっと清潔そうな見つけた食堂レストランに入るのにも、結構勇気がいりました。。。



それが、その後、ボロボロだったフレンチスタイルの建物が修復されて、
どんどんと旅行者が増えて、

今や、タヒエン通りは外国人と、ちょっとお金がある若いベトベト人の集まるおしゃれな飲み屋街になりました。


新宿だったら、ふらふらっと多くの外国人の集まる、ゴールデン街みたいです。
いや、ゴールデン街は、もう30年以上前に、一度行ったきりです。。。


青空飲み屋が広がっているのが、暑いベトベト国です。


PR

  • 現在、タヒエン通りは、<br /><br />グラビア写真の撮影があったり、

    現在、タヒエン通りは、

    グラビア写真の撮影があったり、

  • 結婚直前のカップルが、結婚アルバムの写真を撮りに来るのが名物です。<br /><br />そんなカップルが何組かかち合わせすることもあります。<br /><br />カラフルなアオザイに身を包んだベトベト娘が、写真撮影で緊張ぎみなニコニコ笑顔で、とっても美しくて可愛いのです。

    結婚直前のカップルが、結婚アルバムの写真を撮りに来るのが名物です。

    そんなカップルが何組かかち合わせすることもあります。

    カラフルなアオザイに身を包んだベトベト娘が、写真撮影で緊張ぎみなニコニコ笑顔で、とっても美しくて可愛いのです。

  • もう一つ名物があります。<br /><br />c?nh sát カイン サット = ケイサツ 警察です。<br /><br /><br /><br />今一つ、<br />công an コンアン = コウアン 公安<br />との、ベトベト国での住み分けがわからないです。<br />日本で公安と言えば、対極左右、対テロ、対スパイ対策の警察の一部の組織ですが、ベトベト国ではどうなんでしょう(+_+)!?<br /><br /><br />兎に角、警察です。<br /><br />カインサットもコンアンのどちらも、日本の警察、公安に発音がとっても似ています(*_*)<br /><br />語源が近代日出処語由来なのか、プーさん語由来なのか、<br />勉強不足で、謎です。。。<br /><br />

    もう一つ名物があります。

    c?nh sát カイン サット = ケイサツ 警察です。



    今一つ、
    công an コンアン = コウアン 公安
    との、ベトベト国での住み分けがわからないです。
    日本で公安と言えば、対極左右、対テロ、対スパイ対策の警察の一部の組織ですが、ベトベト国ではどうなんでしょう(+_+)!?


    兎に角、警察です。

    カインサットもコンアンのどちらも、日本の警察、公安に発音がとっても似ています(*_*)

    語源が近代日出処語由来なのか、プーさん語由来なのか、
    勉強不足で、謎です。。。

  • 2016年頃だったか、<br />政府は、街の浄化作戦を始めました。<br /><br />浄化とは、<br />歩道、道路をふさぐ、バイクや車の駐車<br />歩道を勝手に使った、不法建築<br />歩道を占拠する、屋台<br />の撤去などなど<br /><br />ハノイ、サイゴンで一斉に始まりました。<br /><br /><br />でもほとんどのベトベト庶民は、警察が見回りに来ない限り、守らないんですよねぇ。。。<br /><br /><br />毎日、ベトベト庶民と警察のいたちごっこが繰り広げられています。

    2016年頃だったか、
    政府は、街の浄化作戦を始めました。

    浄化とは、
    歩道、道路をふさぐ、バイクや車の駐車
    歩道を勝手に使った、不法建築
    歩道を占拠する、屋台
    の撤去などなど

    ハノイ、サイゴンで一斉に始まりました。


    でもほとんどのベトベト庶民は、警察が見回りに来ない限り、守らないんですよねぇ。。。


    毎日、ベトベト庶民と警察のいたちごっこが繰り広げられています。

  • 歩道をふさぐ椅子やテーブルはご法度なのですが、<br /><br />庶民はそんなこと守りません。<br /><br />そんなことをしたら、商売あがったりです。

    歩道をふさぐ椅子やテーブルはご法度なのですが、

    庶民はそんなこと守りません。

    そんなことをしたら、商売あがったりです。

  • 時々、警察が現れます。<br /><br />みんなわらわら。。。<br /><br />お店の人たちが、立って立ってと、椅子やらテーブルをかたずけ始めます。<br /><br />知らない人は、全く訳が分かりません。<br /><br />ビールだけの人は、ビール瓶を持ったまま立たされ、<br />お食事中の人は、店内のテーブルに移されます。。。<br />

    時々、警察が現れます。

    みんなわらわら。。。

    お店の人たちが、立って立ってと、椅子やらテーブルをかたずけ始めます。

    知らない人は、全く訳が分かりません。

    ビールだけの人は、ビール瓶を持ったまま立たされ、
    お食事中の人は、店内のテーブルに移されます。。。

  •  おらおら、警察じゃぁ !!!<br /> ポリスの文字が、目に入らぬかぁ !!!<br /><br />

     おらおら、警察じゃぁ !!!
     ポリスの文字が、目に入らぬかぁ !!!

  •  全く毎晩楽しそうで羨ましい。<br /> 本当は俺たちも、飲んで食って騒ぎたいのじゃ !!!

     全く毎晩楽しそうで羨ましい。
     本当は俺たちも、飲んで食って騒ぎたいのじゃ !!!

  •  ひかえおろう !!!<br /><br /> ベトベト警察である。<br />  ベトベト国のポリスである。<br /><br /> 警察様の、お通りであるぞ !!!<br /><br /> 道を、開けい !!!<br /><br />

     ひかえおろう !!!

     ベトベト警察である。
     ベトベト国のポリスである。

     警察様の、お通りであるぞ !!!

     道を、開けい !!!

  • ミニスカートの御み脚の美しいベトベトのキャンペーン娘たちも、苦々しく去っていきます。。。<br /><br /> まったく毎晩 バイトの邪魔よ !!!<br /> プンプン。

    ミニスカートの御み脚の美しいベトベトのキャンペーン娘たちも、苦々しく去っていきます。。。

     まったく毎晩 バイトの邪魔よ !!!
     プンプン。

  • 初めてこの通りを訪れた人たちは、<br /><br />あっけにとられて、ビール瓶を持って立ち尽くし、ちびちびあおって、<br /><br />ベトベト警察様の通り過ぎるのを待つしかないのです。。。

    初めてこの通りを訪れた人たちは、

    あっけにとられて、ビール瓶を持って立ち尽くし、ちびちびあおって、

    ベトベト警察様の通り過ぎるのを待つしかないのです。。。

  • 警察は、一晩に何度もやってきます。<br /><br />私が体験したのは、1晩に4度でした。。。

    警察は、一晩に何度もやってきます。

    私が体験したのは、1晩に4度でした。。。

  • ベトベト人は、警察の見回りを知っているので、何とも思っていません。<br />警察が立ち去るのを待つだけです。<br /><br />初めて来た旅行者は、びっくりして、状況がわかってきて、<br />ニタニタしているだけです。<br />

    ベトベト人は、警察の見回りを知っているので、何とも思っていません。
    警察が立ち去るのを待つだけです。

    初めて来た旅行者は、びっくりして、状況がわかってきて、
    ニタニタしているだけです。

  • そして、ソンテオ風の警察車両は、飲み屋街を通り過ぎていくのです。。。

    そして、ソンテオ風の警察車両は、飲み屋街を通り過ぎていくのです。。。

  • 警察が通り過ぎるやいなや、<br /><br />こんな風に、椅子もテーブルが、何もなかったようにセッティングされていきます。<br /><br />ベトベト庶民は、とってもふてぶてしくて強いのです。<br />侵入してきた数々の国、数々のプーさん王朝軍、フラフラ軍、日出処軍、コメコメ軍を、一丸となって、撃退して追い出してきた国の末裔なのです。<br /><br />日出処の国民のほとんどは、お上の言葉に仕方ないと従いますが、<br />ベトベト国民のほとんどは、お上の言葉が気に食わなれば、無視ですな(+_+)/<br />お上などより、不届きな警察などより、家族の平和な生活の方が大切なのです。<br /><br />プーさん帝国で、プーさんの逆鱗に触れたら、街ごとぶち壊されて、消去されているはずです(+_+)。<br /><br />でも、ベトベト政府は、庶民の言葉、反応に寛容で、風見鶏です。<br />朝令暮改もたびたび起こります。。。

    警察が通り過ぎるやいなや、

    こんな風に、椅子もテーブルが、何もなかったようにセッティングされていきます。

    ベトベト庶民は、とってもふてぶてしくて強いのです。
    侵入してきた数々の国、数々のプーさん王朝軍、フラフラ軍、日出処軍、コメコメ軍を、一丸となって、撃退して追い出してきた国の末裔なのです。

    日出処の国民のほとんどは、お上の言葉に仕方ないと従いますが、
    ベトベト国民のほとんどは、お上の言葉が気に食わなれば、無視ですな(+_+)/
    お上などより、不届きな警察などより、家族の平和な生活の方が大切なのです。

    プーさん帝国で、プーさんの逆鱗に触れたら、街ごとぶち壊されて、消去されているはずです(+_+)。

    でも、ベトベト政府は、庶民の言葉、反応に寛容で、風見鶏です。
    朝令暮改もたびたび起こります。。。

  • そして、元のにぎやかな飲み屋街の風景に戻るのです。<br /><br /><br />なぜこんなことが繰り広げられて、プーさん帝国のように、違反が一気に一掃されないかというと、<br /><br />警察もレストランも持ちつ持たれつなのです。<br /><br />警察官たちは、レストランなどに難癖をつけて、たびたびみかじめ料をせびっているのです。<br /><br />一気に一掃してしまったら、自分たちに入ってくるお金もが少なくなってしまいます。<br /><br />警察は、なあなあで、適当にグルグル回っているだけなのです。<br />持ちつもたれず、毎晩おバカな光景が繰り広げられます。<br /><br /><br />ハノイの旧市街の日常です。<br /><br />ははは(^_^)///

    そして、元のにぎやかな飲み屋街の風景に戻るのです。


    なぜこんなことが繰り広げられて、プーさん帝国のように、違反が一気に一掃されないかというと、

    警察もレストランも持ちつ持たれつなのです。

    警察官たちは、レストランなどに難癖をつけて、たびたびみかじめ料をせびっているのです。

    一気に一掃してしまったら、自分たちに入ってくるお金もが少なくなってしまいます。

    警察は、なあなあで、適当にグルグル回っているだけなのです。
    持ちつもたれず、毎晩おバカな光景が繰り広げられます。


    ハノイの旧市街の日常です。

    ははは(^_^)///

  • 毎日、可愛いベトベト警察の車両がこんな風に走り回っています(*_*)///<br /><br /><br />プーさん帝国でこんな風に写真をいっぱい撮っていたら、<br />たちまち、<br />帝国のコンアン 公安に連行されて、<br />スパイ容疑で逮捕で、ぶち込まれるかもしれません。<br /><br />連行されたら、<br /><br /> おまえ、間者か?忍者か?どこの者じゃ? <br /><br />と、取り調べを受けます。<br /><br />ベトベト国でも、軍人、軍の施設の写真は撮らないように、<br />注意して下さい。。。<br /><br />むやみに面と向かって景観を盗らない方がいいです。<br /><br />あっ、いえ、<br />警官を撮らない方がいいです。。。<br /><br />ここら辺、ハノイの旧市街は、外国人だらけなので、<br />まあ、おとがめなしですが。。。<br /><br />政府転覆疑惑、騒乱、狼藉や、酒乱でなければ、連行されることは無いと思います。。。<br /><br />

    毎日、可愛いベトベト警察の車両がこんな風に走り回っています(*_*)///


    プーさん帝国でこんな風に写真をいっぱい撮っていたら、
    たちまち、
    帝国のコンアン 公安に連行されて、
    スパイ容疑で逮捕で、ぶち込まれるかもしれません。

    連行されたら、

     おまえ、間者か?忍者か?どこの者じゃ? 

    と、取り調べを受けます。

    ベトベト国でも、軍人、軍の施設の写真は撮らないように、
    注意して下さい。。。

    むやみに面と向かって景観を盗らない方がいいです。

    あっ、いえ、
    警官を撮らない方がいいです。。。

    ここら辺、ハノイの旧市街は、外国人だらけなので、
    まあ、おとがめなしですが。。。

    政府転覆疑惑、騒乱、狼藉や、酒乱でなければ、連行されることは無いと思います。。。

  •  ひかえおろう !!!<br />  ベトベト警察であるぞ !!!<br /><br />庶民とお客さんは、わらわら。。。<br /><br />でもベトベト庶民は、決してひれ伏しません。<br /><br /><br />なあなあベトベト警察と、<br />ふてぶてしいベトベト庶民と、お金をせびる警察の攻防が続いています。<br /><br /><br />日本人には、理解不能の、摩訶不思議世界です。。。<br /><br />こんないたちごっこの攻防戦が、<br />毎日、毎晩のハノイ旧市街の風景なのです(+_+)。。。<br /><br /><br />ハノイ旧市街 ベトベト警察との攻防 https://4travel.jp/travelogue/11475628<br />ハノイ旧市街 ビアホイ談義 1 https://4travel.jp/travelogue/11477857<br />ハノイ旧市街 ビアホイ談義 2 https://4travel.jp/travelogue/11482564<br />ハノイ旧市街 ビアホイ談義 3 https://4travel.jp/travelogue/11482794<br />ハノイ旧市街 ビアホイ談義 4 https://4travel.jp/travelogue/11483112<br />

     ひかえおろう !!!
     ベトベト警察であるぞ !!!

    庶民とお客さんは、わらわら。。。

    でもベトベト庶民は、決してひれ伏しません。


    なあなあベトベト警察と、
    ふてぶてしいベトベト庶民と、お金をせびる警察の攻防が続いています。


    日本人には、理解不能の、摩訶不思議世界です。。。

    こんないたちごっこの攻防戦が、
    毎日、毎晩のハノイ旧市街の風景なのです(+_+)。。。


    ハノイ旧市街 ベトベト警察との攻防 https://4travel.jp/travelogue/11475628
    ハノイ旧市街 ビアホイ談義 1 https://4travel.jp/travelogue/11477857
    ハノイ旧市街 ビアホイ談義 2 https://4travel.jp/travelogue/11482564
    ハノイ旧市街 ビアホイ談義 3 https://4travel.jp/travelogue/11482794
    ハノイ旧市街 ビアホイ談義 4 https://4travel.jp/travelogue/11483112

この旅行記のタグ

52いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (9)

開く

閉じる

  • nekochanさん 2019/04/03 05:20:11
    こんにちは palさん
    ベトナムって本当に北と南で雰囲気が違いますね。
    初めて行ったのは2010年で、そのときはハノイから入ってホーチミンまで南下、1週間フーコックっていうツアーだったのですが、ハノイはガイドさんも堅苦しいっていうか生真面目な感じでした。
    フエのガイドさんは英語勉強中のおかあさんで、がんばってますってかんじ。
    ホーチミンのガイドさんは、ゆるいかんじでした。
    人とか町の雰囲気とか全然違うねって外国人ながら夫と話してました。
    96年のハノイだったらもっと堅苦しかったんでしょうね。
    ベトナムはどんどん変わっているので、ハノイもいまだとかなりオープンなんでしょうけど、あの時以来ハノイは行ってないです。
    フーコックもいなかでしたね。赤土の舗装されていない道路。

    それではまた。旅行記楽しみにしています。

    pal

    palさん からの返信 2019/04/04 00:23:21
    Re: こんにちは palさん
    こんにちは。


    コメント、ありがとうございます (^_^)/

    ハノイは、政府のおひざ元なので、厳しいんですよ。。。
    それに比べるとサイゴンは緩いようです。


    ベトナムは、日本と同じように、南北に長い国です。
    気候も違います。
    歴史も違います。
    言葉やイントネーションも違います。

    私は旅行記で、テト(旧正月)の花を、桃の花と書きました。でもこれは北部です。
    南部は、ホアマイという黄色の花です。
    最近旅行記見かけたのですが、有部のフエでテトを過ごした人の旅行記によれば、黄色い菊だそうです。
    へーっとびっくりしました。

    言葉は、
    北部のハノイ言葉 6声調
    南部のサイゴン言葉  6声調
    に大別されますが、
    中部言葉もあるんです。これが一番難解だと言われています。
    北部の人にも、南部の人にも聞き取りがとっても難しいそうです。。。

    それぞれ気質も違うでしょうねぇ。。。



    フーコックにも行ったんですね (*_*)/

    私は、2011年と2016年、2度行きました。
    2011年には、まだ長い未舗装道路がありましたよ。
    2016年には、空港は引っ越ししていて、綺麗な新空港になっていました。
    立派な道もできていました。
    開発の速度は、とっても早いです。。。

    素朴な島であり続けてほしいですねぇ。


    pal



    おまけ

    これ面白いですよ。
    日本語勉強中の、北中南ベトナム人が、それぞれの方言を紹介してくれます。
    えーっと大笑いです(^_^)よ。
    https://www.youtube.com/watch?v=vqf98NKUjmA

    nekochan

    nekochanさん からの返信 2019/04/04 04:24:14
    Re: こんにちは palさん
    youtube 見ました。ものすごい違いますね。
    方言というより別の言語みたい。
    中部の ありえない みたいな発音の言葉、こんな感じだ がいいですねえ。
    今度中部に行ったとき使ってみたいです。

    はい とかこんなに違っててみんな話が通じてるんでしょうか。
    すごくおもしろかったです。

    pal

    palさん からの返信 2019/04/04 21:45:48
    Re: こんにちは palさん
    こんにちは。

    1つ書き間違えていたので、訂正します。

    北部のハノイ言葉   6声調
    南部のサイゴン言葉  5声調
    が正解です。
    中部は、わかりません (+_+)。。。


    日本語も、かなり複雑だと思います。
    地元の言葉でも、家族とか友達で使う内の言葉、外の人と話す言葉が違います。
    さらに、他の土地と話す言葉は標準語になるかもしれません。
    いろいろと使い分けていますよねぇ。

    日本人には普通ですが、
    外国人が聞いたら、別の言葉をしゃべっているようです。。。


    ベトナムの北中南を例えていうなら、
    北部言葉が、関東弁で、
    南部言葉が、大阪弁。
    そして、中部に、理解不能の東北弁とか琉球孤島の言葉が入っているような感じです。
    北部人も南部人も、中部人の言葉がわからなくてビックリするようです。。。

    でもテレビのおかげで、みんな標準の北と南の言葉を知っているようです。
    中部は標準ではありません。。。
    なので、北、南人は中部言葉がわかりません。。。

    はい、は、日本語でもいっぱいあると思いますよ。
    うん、お~、う~、へ~、、、、、、
    って言われても、わかりますよね。。。


    書き忘れました。

    面白いのは、料理の辛さの好み違いです。
    これは、外国人を当て込んだ店では、辛くないようにしているのでわかりません。
    ベトナム料理は辛くないと思っている日本人もたくさんいます。
    でも、辛い料理はいっぱいあるんです。
    北中南で味覚が違います

    北部 (T_T)(T_T)(T_T) まあまあ日本と同じぐらい。唐辛子トッピングは、自分でどうぞって感じです。

    南部 (T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T) 激辛です。タイのように、唐辛子をそのままばりぼりと食べる人もいます。。。

    中部 (T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)(T_T) 超ド級激辛です。普通の日本人は、たちまち撃沈です。。。
    みんな、カオラウとかホワイトローズとか辛くない、名物と言われているものを食べていますが、
    実は、中部ベトナム人は、超ド級激辛好きです。。。

    次回は、ぜひお試しください。。。
    中部の辛さは、普通の日本人は、即死です (-_-)/ 注意してください。


    中部方言を外国人が話したら、
    きっと大感激で、サービスサービスですよ。
    私も次回行く機会があったら、試してみたいと思います (^_^)///


    pal

    nekochan

    nekochanさん からの返信 2019/04/05 03:45:33
    Re: こんにちは palさん
    (T_T)(T_T)(T_T)  これ、辛さの度数ですね。ははは。

    そうだったんですね。わたしもベトナム料理ってそこまで辛くないと思っていました。中部はそこまで辛いものが好きなんだー。ありえない って中部で言ってみようっと。
    ベトナム料理ってやっぱり好きですね。

    ベトナム料理といえば、ですけど。
    フーコックで、こっちで食べていた、自分でライスペーパーで春巻きなどを巻いて食べる料理を注文したくて、いろいろなところで説明したけどわかってもらえず、あきらめていたら最後の日に注文した魚にそのセットが出てきて、なんだあって思ったことがあります。やっぱり、nemっていうんですかね。あれ。
    この前、友達を呼んだときに生春巻きのリクエストがあったので、作りました。
    作ったっていうか材料を用意しただけですけど。
    ライスペーパーをぬらすためのざるみたいなプラスチック製品、便利ですね。

    palさんの旅行記、おいしそうな食べ物とか興味深いけどちょっとなーな食べ物とかいっぱい出てきて楽しいです。

    六声ってどうやって覚えるのでしょう。ベトナム語は大変ですね。

    pal

    palさん からの返信 2019/04/05 21:11:26
    Re: こんにちは palさん
    こんにちは。

    Nemは、ライスペーパーの巻き料理ですね。

    でも、既に巻かれた状態で出てくるのか、自分で巻くのかは、写真付きメニューで見ないとわかりません

    nem cuốn ネムクオン 生春巻き 初めから巻かて出てきます。
    nem rán ネムザン 挙げ春巻き Chả giò チャーゾーとも言います。

    Nem Lụi ネムルイ 自分で巻くタイプです。メインの具材は、串がレモングラスのつくねです。私のお気に入りです (^_^)///
    自分で巻くのは、手巻きずしみたいで、楽しいですよね。


    6声については、面白いものがあるので、ご覧ください。
    大笑いです (^_^)/

    ベトナム語の単語は、たいて2音節です。2つの音節に、それぞれ声調があって とっても難解なのです (-\-)

    ホーチミンに留学中のユーチューバーの、あかりちゃんの、ベトナム語講座です。
    いろいろシリーズがあって、とっても面白いです。
    この作品では、水色のアオザイの女の子が、あかりちゃんです。

    大笑いしてください (^_^)

    https://www.youtube.com/watch?v=2bYkKJeLEVI&list=PLXAeepRX5-TRmFu8UUcvHQG5m4fYYJBd1&index=4&t=0s

    pal

    nekochan

    nekochanさん からの返信 2019/04/06 04:58:40
    Re: こんにちは palさん
    こんにちは palさん

    nem lui ですね!ありがとうございます。そのあとにメインの具材の名前が来るとかなんでしょうかね。
    写真つきのメニューで見ないとわからないというのが腑に落ちました。だからかー。揚げ春巻きを頼んでライスペーパーが出てきたり、出てこなかったり。なんだかわからなかったんですよね。バンセオもライスペーパーで巻くのかと思ってたらそうでもなかったり。地方によって違うとかもあるのかもしれないですね。ベトナムって奥が深ーい。
    レモングラスの串のつくね、おいしいですよね。あのレモングラスどう扱っていいのかなぞでした。

    あかりちゃんのビデオいろいろ見ました。笑う。
    単語は2音節で、体で覚えるのが一番って。
    簡単な組み合わせはいいけど、動きがすごいのもありましたね。
    二人ともすごくかわいい。あかりちゃんベトナム語じょうずですね。
    ベトナム語難しい。でも、今度行ったら少し使ってみたいです。

    それでは。また。

    nekochan

    pal

    palさん からの返信 2019/04/06 06:59:17
    Re: こんにちは palさん
    nekochanさん、こんにちは。

    ちょっと誤解があったので補足します。

    ライスペーパーで自分で巻く手巻き料理は、メインの具材によって料理名が違います。
    Nem Lụi が、広義の自分でライスペーパーを巻く料理だというわけではありません。

    Nem Lụi ネムルイ は、あくまでメインの具材が、串がレモングラスのつくねです。中部料理だと思います。
    メインが、ゆで豚、海の魚、雷魚、鯉とか、いろいろあるのですが、それぞれ何というのか、わかりません (-_-)。。。
    魚がメインだと、たしか、Cá cuốn カークオン だったと思います。。。Cá カーが、魚です。

    なかなか、前に食べた美味しい料理にありつけないのが、ベトナムです。。。


    あかりちゃん、かわいいですよねぇ。

    大爆笑なのがこれです。もう見ましたか?
    あかりちゃんの、Tokyo Bon 2020 のカバーバージョンです
    https://www.youtube.com/watch?v=b8dG3OXue4I

    こちらがオリジナルです。
    日本人の英語発音を、わかりやすく (=_=)!? 兎に角、コミカルに歌っている曲です。
    https://www.youtube.com/watch?v=zhGnuWwpNxI

    英語を話す外国人には、なにこれって、大うけですよ (^_^)///

    お楽しみください。

    それではまた。

    pal

    nekochan

    nekochanさん からの返信 2019/04/07 02:14:27
    Re: こんにちは palさん
    なかなか、前に食べた美味しい料理にありつけないのが、ベトナムです。。。

    これですね!笑いました。

    Nem lui 聞いたことがあったような気がしたので、これだ!って思ったんですが、きっとダナンかどこかで食べたんですね。
    一度おいしい料理に出会ったら、通い続けてそこで食べるしかないですね。

    ここに安くておいしいベトナム料理やさんがあって、よく行ってたのですが、2回引越しされてなくなってしまいました。しばらくして行くとなくなっているんですよ。で、たまたま見つける。ここで、手巻きライスペーパー(具は豚バラの焼いたのと、揚げ春巻き)をよく食べたんですけどね。

    あかりちゃんのビデオこれから見てみます。
    あかりちゃんのベトナム語はベトナム人のように聞こえますねえ。

    いっぱい教えていただいてありがとうございます。

    それでは。

palさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 340円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集