美瑛(びえい)旅行記(ブログ) 一覧に戻る
数年来ずっと行きたいと願っていた北海道へ、やっと旅することができた。<br />構想5ヶ月、齢50にして初の北海道旅!<br /><br />試される大地北海道の3日めは、朝から美瑛の大地を縦横無尽にドライブ。<br />極力、混雑する場所や時間帯を避けつつも、目の前に繰り広げられる色彩あふれる美瑛の風景に魅了される一日。<br />どの瞬間を切り取っても、そうした風景を実際に目の当たりにすると感動を覚えずにいられませんでした!

感動の美瑛・光彩のシンフォニー(2018夏・北海道の旅⑥)

18いいね!

2018/07/24 - 2018/07/28

498位(同エリア1092件中)

旅行記グループ 2018夏・北海道の旅

0

55

群青

群青さん

数年来ずっと行きたいと願っていた北海道へ、やっと旅することができた。
構想5ヶ月、齢50にして初の北海道旅!

試される大地北海道の3日めは、朝から美瑛の大地を縦横無尽にドライブ。
極力、混雑する場所や時間帯を避けつつも、目の前に繰り広げられる色彩あふれる美瑛の風景に魅了される一日。
どの瞬間を切り取っても、そうした風景を実際に目の当たりにすると感動を覚えずにいられませんでした!

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
家族旅行
交通手段
レンタカー 新幹線
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2日目の宿をチェックアウトしたのは8:30。<br />3日目のドライブは美瑛の各地を回る予定。<br />最初に向かったのは、白金青い池。<br />ここ数年で一躍、人気の観光スポットとなった先で、早めに行かないと渋滞に巻き込まれる?という情報を知り、この日は青い池からスタート。

    2日目の宿をチェックアウトしたのは8:30。
    3日目のドライブは美瑛の各地を回る予定。
    最初に向かったのは、白金青い池。
    ここ数年で一躍、人気の観光スポットとなった先で、早めに行かないと渋滞に巻き込まれる?という情報を知り、この日は青い池からスタート。

    美瑛(白金) 青い池 自然・景勝地

  • 駐車場は9時前だというのに、やはり結構の賑わい。<br />でも入れ替わり立ち代り状態ゆえか、この時間帯なら駐車スペースはまだ十分にあったので一安心!<br />青い池の方向に向かって歩き始めると、早速、下に降りていく遊歩道ハッケン!

    駐車場は9時前だというのに、やはり結構の賑わい。
    でも入れ替わり立ち代り状態ゆえか、この時間帯なら駐車スペースはまだ十分にあったので一安心!
    青い池の方向に向かって歩き始めると、早速、下に降りていく遊歩道ハッケン!

  • 階段を降り切ると目の前には魅惑的な青さが広がる!!

    階段を降り切ると目の前には魅惑的な青さが広がる!!

  • うわぁぁぁぁぁぁぁ!

    うわぁぁぁぁぁぁぁ!

  • うわぁぁぁぁぁぁぁX2!

    うわぁぁぁぁぁぁぁX2!

  • 何という色なのだろうネ!<br />この日、この時間帯は空はまだ白っぽかったので、明らかに水自体がこのような色を帯びているんだろうね・・・

    何という色なのだろうネ!
    この日、この時間帯は空はまだ白っぽかったので、明らかに水自体がこのような色を帯びているんだろうね・・・

  • 立ち枯れた木々が、また不思議さを醸し出しています。

    立ち枯れた木々が、また不思議さを醸し出しています。

  • ご存知の通り、この池の誕生は偶然の産物!<br />十勝岳の噴火に伴う泥流被害が美瑛の街中に至らないようにと、美瑛川に沿って防災用の堰堤を構築したところ、そこに水が溜まり、木が立ち枯れ、こうした不可思議な風景画出来上がったという。

    ご存知の通り、この池の誕生は偶然の産物!
    十勝岳の噴火に伴う泥流被害が美瑛の街中に至らないようにと、美瑛川に沿って防災用の堰堤を構築したところ、そこに水が溜まり、木が立ち枯れ、こうした不可思議な風景画出来上がったという。

  • 青い池の端っこはこういう風になっていたんですねぇ~!<br />美瑛川の水自体も青味を帯びています。

    青い池の端っこはこういう風になっていたんですねぇ~!
    美瑛川の水自体も青味を帯びています。

  • 次に向かったのは白ひげの滝。<br />車を白金観光センターの駐車場に停め、歩くことに。

    次に向かったのは白ひげの滝。
    車を白金観光センターの駐車場に停め、歩くことに。

  • 白ひげの滝案内板

    白ひげの滝案内板

  • 白ひげの滝を一望できる橋に到着しました。<br />外国からの観光客多し!<br />静寂にこだまする中国語の輪唱(苦笑)<br />自撮り棒で撮影していたり、もっと過激な人は橋の欄干から身を乗り出さんばかりの勢いで滝を背景に記念撮影しようとしている。<br />ビミョーな高さの欄干なので、ちょっと見ていて怖いッス!その光景。

    白ひげの滝を一望できる橋に到着しました。
    外国からの観光客多し!
    静寂にこだまする中国語の輪唱(苦笑)
    自撮り棒で撮影していたり、もっと過激な人は橋の欄干から身を乗り出さんばかりの勢いで滝を背景に記念撮影しようとしている。
    ビミョーな高さの欄干なので、ちょっと見ていて怖いッス!その光景。

  • 約30万年前の地層と、約17万年前の地層の割れ目から水が噴き出し、滝となって流れ落ちているそう。

    約30万年前の地層と、約17万年前の地層の割れ目から水が噴き出し、滝となって流れ落ちているそう。

    白ひげの滝 自然・景勝地

  • 確かに地層の違いがハッキリ見て取れますね。<br />それにしてもこの景色にはビックリしました。<br />まさか滝の上には白金の温泉街なんですもの・・・

    確かに地層の違いがハッキリ見て取れますね。
    それにしてもこの景色にはビックリしました。
    まさか滝の上には白金の温泉街なんですもの・・・

  • ずっと眺めていたい・・・

    ずっと眺めていたい・・・

  • 元来た道を引き返し、美瑛の街中方向に向かって北進。<br />先程立ち寄った白金青い池はやはり噂通り、見物渋滞が始まっておりました。<br />たった数十分の違いで、この混雑度合いとは!<br />恐るべし!夏の美瑛。<br /><br />次に向かったのは四季彩の丘。<br />10時をちょっと回っただけの頃合いなのに、既に恐ろしい混雑度合いになっております。

    元来た道を引き返し、美瑛の街中方向に向かって北進。
    先程立ち寄った白金青い池はやはり噂通り、見物渋滞が始まっておりました。
    たった数十分の違いで、この混雑度合いとは!
    恐るべし!夏の美瑛。

    次に向かったのは四季彩の丘。
    10時をちょっと回っただけの頃合いなのに、既に恐ろしい混雑度合いになっております。

    四季彩の丘 公園・植物園

  • ロール君がお出迎え。<br />入り口付近はかなりごった返していて圧倒される。<br />滞りそうな人の流れをほぐそうと、職員の方たちが必死に案内しております。<br />ちょっと”おらおら”系で、怖いような・・・

    ロール君がお出迎え。
    入り口付近はかなりごった返していて圧倒される。
    滞りそうな人の流れをほぐそうと、職員の方たちが必死に案内しております。
    ちょっと”おらおら”系で、怖いような・・・

  • 園内はかなり起伏が激しいようなので、歩いて回るよりはトラクターバスを利用した方が楽で効率的!<br />早速乗ることにします。

    園内はかなり起伏が激しいようなので、歩いて回るよりはトラクターバスを利用した方が楽で効率的!
    早速乗ることにします。

  • トラクターバスからの風景

    トラクターバスからの風景

  • そこそこスピードが出ているので、花を取るのも難しい!

    そこそこスピードが出ているので、花を取るのも難しい!

  • うわぁぁぁぁぁぁぁ!<br />ここがかの有名な場所なのですね!!

    うわぁぁぁぁぁぁぁ!
    ここがかの有名な場所なのですね!!

  • 花々のグラデーション

    花々のグラデーション

  • 綺麗に手入れされた花々。<br />色合いの美しさ、バラエティーに富む品種の多さ。<br />ただ、若干、日照り続きで雨が少ないのか?大地は乾ききっていて、トラクターバスやバギー、カートが巻き起こす土煙が花にかかって可哀想・・・

    綺麗に手入れされた花々。
    色合いの美しさ、バラエティーに富む品種の多さ。
    ただ、若干、日照り続きで雨が少ないのか?大地は乾ききっていて、トラクターバスやバギー、カートが巻き起こす土煙が花にかかって可哀想・・・

  • 波打つような美瑛の大地を一望できる園内一の絶景スポットでトラクターバスは停車。<br />数分の撮影タイムなのだとか!

    波打つような美瑛の大地を一望できる園内一の絶景スポットでトラクターバスは停車。
    数分の撮影タイムなのだとか!

  • 四季彩の丘の園外はこうした緑の大地が広がってます。

    四季彩の丘の園外はこうした緑の大地が広がってます。

  • 再びトラクターバスは出発地に向かって走り出します。

    再びトラクターバスは出発地に向かって走り出します。

  • ラベンダーも。

    ラベンダーも。

  • 他のトラクターバスが走る風景をパシャリ!<br />15分ほどの移動は十分に楽しめました。

    他のトラクターバスが走る風景をパシャリ!
    15分ほどの移動は十分に楽しめました。

  • 続いてやってきたのはアルパカ牧場。

    続いてやってきたのはアルパカ牧場。

  • 顔の部分はもふもふ!(笑)

    顔の部分はもふもふ!(笑)

  • 暑さのせいか、観光客の多さに辟易しているのか?<br />気だるそうなアルパカばかりだったのですが、愛嬌を振りまいていたのはこの3頭!

    暑さのせいか、観光客の多さに辟易しているのか?
    気だるそうなアルパカばかりだったのですが、愛嬌を振りまいていたのはこの3頭!

  • この時間帯なのに30℃超えしていて暑い。<br />冷たいものを求め、ソフトクリームを食することに。<br />ふらのメロンソフトクリーム。

    この時間帯なのに30℃超えしていて暑い。
    冷たいものを求め、ソフトクリームを食することに。
    ふらのメロンソフトクリーム。

  • ラベンダーソフトクリームのミックス。<br />味的にはふらのメロンソフトクリームの方が美味しかったかも!<br />この店のラベンダーソフトは色だけだよねー。<br />ま、某場所のラベンダーソフトクリームみたく「石鹸の味がする!」なんてのよりは良いのかもしれんが・・・<br /><br /><br />土産物屋を見てから外に出ると、既に駐車場の空くのを待つ渋滞が発生していて・・・<br />とりあえず今のところ、上手に渋滞回避しながら観光できているようです(笑)

    ラベンダーソフトクリームのミックス。
    味的にはふらのメロンソフトクリームの方が美味しかったかも!
    この店のラベンダーソフトは色だけだよねー。
    ま、某場所のラベンダーソフトクリームみたく「石鹸の味がする!」なんてのよりは良いのかもしれんが・・・


    土産物屋を見てから外に出ると、既に駐車場の空くのを待つ渋滞が発生していて・・・
    とりあえず今のところ、上手に渋滞回避しながら観光できているようです(笑)

  • 次に向かったのは新栄の丘展望公園。<br />まさに美瑛のうねるような大地が全方向に広がってます。

    次に向かったのは新栄の丘展望公園。
    まさに美瑛のうねるような大地が全方向に広がってます。

    新栄の丘展望公園 公園・植物園

  • 空も青さを増してきて、陽射しも徐々に厳しくなっているのですが・・・<br />それでも関東と異なるのは湿度のせいかもしれない。<br />いい具合にカラッとしていて、時折吹き渡る風がとても素肌に心地よい!

    空も青さを増してきて、陽射しも徐々に厳しくなっているのですが・・・
    それでも関東と異なるのは湿度のせいかもしれない。
    いい具合にカラッとしていて、時折吹き渡る風がとても素肌に心地よい!

  • ちょうどボランティアガイドとして地元の方がいらっしゃいまして、気さくに話しかけてきた。<br />目の前に広がる畑の作物の話。<br />小麦の収穫の話や、ちょっと前に終わったアスパラガスの収穫の話。<br />早撒きの小麦の収穫期を迎えていて、ドンドン刈り取った小麦をJAの集積所に運び込む時期に差し掛かっていることや、この地域で収穫された小麦粉が、例えば丸亀製麺などの国内大手の外食産業で消費されていることなどなど。<br />かつてはオーストラリアから調達していた小麦も、今は内外の価格差が縮まったこともあり、また食の安全を求めるニーズも増したこともあり、美瑛産小麦の需要は伸びているのだとか。<br /><br />単なる観光だけでは伺いすることのできない、地元の方たちとのふれあいが、旅に花を添えてくれる嬉しさ。

    ちょうどボランティアガイドとして地元の方がいらっしゃいまして、気さくに話しかけてきた。
    目の前に広がる畑の作物の話。
    小麦の収穫の話や、ちょっと前に終わったアスパラガスの収穫の話。
    早撒きの小麦の収穫期を迎えていて、ドンドン刈り取った小麦をJAの集積所に運び込む時期に差し掛かっていることや、この地域で収穫された小麦粉が、例えば丸亀製麺などの国内大手の外食産業で消費されていることなどなど。
    かつてはオーストラリアから調達していた小麦も、今は内外の価格差が縮まったこともあり、また食の安全を求めるニーズも増したこともあり、美瑛産小麦の需要は伸びているのだとか。

    単なる観光だけでは伺いすることのできない、地元の方たちとのふれあいが、旅に花を添えてくれる嬉しさ。

  • 白だと雪ダルマみたい(苦笑)

    白だと雪ダルマみたい(苦笑)

  • 緑のパッチワークだぁ!

    緑のパッチワークだぁ!

  • 畑の中には程よく樹木も残っていて、景色にアクセントを添えているよう。

    畑の中には程よく樹木も残っていて、景色にアクセントを添えているよう。

  • 何の変哲もないこの大地のうねりや、畑の作物の色彩の豊かさ。<br />どこをどう走っても美瑛は絵になる場所に溢れている。

    何の変哲もないこの大地のうねりや、畑の作物の色彩の豊かさ。
    どこをどう走っても美瑛は絵になる場所に溢れている。

  • 時間の余裕がまだ若干あったので、もう少し北まで足を延ばしてみた。<br />ケンとメリーの木。

    時間の余裕がまだ若干あったので、もう少し北まで足を延ばしてみた。
    ケンとメリーの木。

    ケンとメリーの木 自然・景勝地

  • ここはちょっと様相が異なっていた。<br />観光バスが停まっていて中国人の団体が大声出して騒がしかったり、道路いっぱいに広がって我が物顔で振る舞っている。<br />イチバン見たくなかった光景。<br /><br />っていうか、中国人観光客にとって、なんでそこまでケンとメリーの木に執着するのか意味が解らない。

    ここはちょっと様相が異なっていた。
    観光バスが停まっていて中国人の団体が大声出して騒がしかったり、道路いっぱいに広がって我が物顔で振る舞っている。
    イチバン見たくなかった光景。

    っていうか、中国人観光客にとって、なんでそこまでケンとメリーの木に執着するのか意味が解らない。

  • 極力彼らを視界に入れないように工夫しながらの撮影。<br />美瑛の大地にマナーの悪い観光客は似合わない・・・

    極力彼らを視界に入れないように工夫しながらの撮影。
    美瑛の大地にマナーの悪い観光客は似合わない・・・

  • 次に訪れたのはマイルドセブンの丘。<br />レンタカーのナビがヘンな場所に誘導しやがって、結局丘の反対側の普通の畑の傍らに車を停めて撮影した次第。

    次に訪れたのはマイルドセブンの丘。
    レンタカーのナビがヘンな場所に誘導しやがって、結局丘の反対側の普通の畑の傍らに車を停めて撮影した次第。

    マイルドセブンの丘 自然・景勝地

  • でもいい加減なナビのおかげで、こういう面白い場面に遭遇できたから、まぁ良しとしよう!(笑)<br /><br />かなり急峻な小麦畑に点在するロール。<br />丘を転げ落ちていかないのが不思議だわ。

    でもいい加減なナビのおかげで、こういう面白い場面に遭遇できたから、まぁ良しとしよう!(笑)

    かなり急峻な小麦畑に点在するロール。
    丘を転げ落ちていかないのが不思議だわ。

  • いったん国道237号線まで戻って富良野方面へ南下しながら、右折する場所を慎重に見極めてやって来たのは「ジェットコースターの路」。<br /><br />あのダイナミックな光景に突入する前の丘の風景。<br />さほど混んでおらず良かったよ!

    いったん国道237号線まで戻って富良野方面へ南下しながら、右折する場所を慎重に見極めてやって来たのは「ジェットコースターの路」。

    あのダイナミックな光景に突入する前の丘の風景。
    さほど混んでおらず良かったよ!

    ジェットコースターの路 自然・景勝地

  • ここがかの有名なジェットコースターの路の頂点。<br />写真で写しても結構な角度を感じますが、実際はもっと過激なアップダウンに見えましたね~。

    ここがかの有名なジェットコースターの路の頂点。
    写真で写しても結構な角度を感じますが、実際はもっと過激なアップダウンに見えましたね~。

  • 風に揺れる小麦畑。<br />

    風に揺れる小麦畑。

  • ジェットコースターの路の反対側から撮った1枚がこれ。<br />やはり国道237号側からの方が急峻な坂道に見えますね。

    ジェットコースターの路の反対側から撮った1枚がこれ。
    やはり国道237号側からの方が急峻な坂道に見えますね。

  • こうした畑の光景を眺めながら、美瑛のドライブともお別れの時間。<br />さっき、新栄の丘展望公園で逢ったガイドのおじさんは言ってました。<br /><br />「美瑛は夏も素晴らしいのですが、秋はもっと素晴らしいです。<br />9月中頃から山々の紅葉が始まり、美瑛まで降りてくる11月初旬までの時期は、見頃が幾つもありますので、是非今度は秋に訪れてみてください」と。<br /><br />ハイ、また美瑛に越させていただきますね。<br />ホントこれほどまでに素晴らしい場所だったなんてね。<br /><br />富良野市方向に南下します。<br />途中、国道沿いから見える上富良野や中富良野のラベンダー園の賑わいを横目で見つつ・・・<br /><br />ガソリンを給油してから富良野市街へ。

    こうした畑の光景を眺めながら、美瑛のドライブともお別れの時間。
    さっき、新栄の丘展望公園で逢ったガイドのおじさんは言ってました。

    「美瑛は夏も素晴らしいのですが、秋はもっと素晴らしいです。
    9月中頃から山々の紅葉が始まり、美瑛まで降りてくる11月初旬までの時期は、見頃が幾つもありますので、是非今度は秋に訪れてみてください」と。

    ハイ、また美瑛に越させていただきますね。
    ホントこれほどまでに素晴らしい場所だったなんてね。

    富良野市方向に南下します。
    途中、国道沿いから見える上富良野や中富良野のラベンダー園の賑わいを横目で見つつ・・・

    ガソリンを給油してから富良野市街へ。

  • 到着したのはフラノマルシェ。<br />タイミングよく出る車がいて、スムーズに駐車できてラッキー!

    到着したのはフラノマルシェ。
    タイミングよく出る車がいて、スムーズに駐車できてラッキー!

    フラノマルシェ グルメ・レストラン

  • フラノマルシェ案内図

    フラノマルシェ案内図

  • まずは腹ごしらえでフラノマルシェ2へ。

    まずは腹ごしらえでフラノマルシェ2へ。

  • 肉まんまというものを食してみた!<br />簡単に言うと、おにぎりをハンバーグ生地のような肉で包んで焼いたもの。<br />食べたのはレギュラー味のほう。

    肉まんまというものを食してみた!
    簡単に言うと、おにぎりをハンバーグ生地のような肉で包んで焼いたもの。
    食べたのはレギュラー味のほう。

  • お土産選びに興じる。<br />富良野メロンや菓子類、それにふらの雪どけチーズケーキもここで調達できたので、すべて荷物を自宅に発送する手続きを取って・・・<br />これでおきなく3日目の観光は終了!<br /><br />ここから3日目の宿へと向かうドライブは続きます。

    お土産選びに興じる。
    富良野メロンや菓子類、それにふらの雪どけチーズケーキもここで調達できたので、すべて荷物を自宅に発送する手続きを取って・・・
    これでおきなく3日目の観光は終了!

    ここから3日目の宿へと向かうドライブは続きます。

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

美瑛(びえい)の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集