プラハ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「市民会館」見学の後編です。<br />圧巻の「市長ホール」をはじめとし、まだまだ見どころ満載ですが<br />夕刻であった所以か、はたまたカメラの性能かカメラ技術か・・・<br />あまりきれいな写真が残っていないのが残念ですが、実物はとても<br />美しい館内でした。<br />ではまずは「市長ホール」から。<br /><br />以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記です。)<br /> 4月22日(土) 福岡~関空~フランクフルト<br /> 4月23日(日) フランクフルト~ワイマール~デッサウ<br /> 4月24日(月) デッサウ~ベルリン<br /> 4月25日(火) 終日ベルリン<br /> 4月26日(水) ベルリン~ポツダム~ベルリン<br /> 4月27日(木) 終日ベルリン<br /> 4月28日(金) ベルリン~マイセン~ドレスデン<br /> 4月29日(土) 終日ドレスデン<br />☆4月30日(日) ドレスデン~プラハ<br /> 5月 1日(月) 終日プラハ<br /> 5月 2日(火) プラハ~ニュルンベルク~ヴュルツブルク<br />            ~フランクフルト<br /> 5月 3日(水) フランクフルト~フロイデンベルク~ジーゲン<br />            ~マインツ~フランクフルト<br /> 5月 4日(木) フランクフルト~ブーツバッハ~フランクフルト<br />            ~夜便でフランクフルト空港より帰国<br /> 5月 5日(金) 羽田~福岡

2017GW 初の東ドイツ~プラハ 【76】 プラハ初日 市民会館その2

15いいね!

2017/04/30 - 2017/04/30

1243位(同エリア4110件中)

ハッピーねこ

ハッピーねこさん

「市民会館」見学の後編です。
圧巻の「市長ホール」をはじめとし、まだまだ見どころ満載ですが
夕刻であった所以か、はたまたカメラの性能かカメラ技術か・・・
あまりきれいな写真が残っていないのが残念ですが、実物はとても
美しい館内でした。
ではまずは「市長ホール」から。

以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記です。)
 4月22日(土) 福岡~関空~フランクフルト
 4月23日(日) フランクフルト~ワイマール~デッサウ
 4月24日(月) デッサウ~ベルリン
 4月25日(火) 終日ベルリン
 4月26日(水) ベルリン~ポツダム~ベルリン
 4月27日(木) 終日ベルリン
 4月28日(金) ベルリン~マイセン~ドレスデン
 4月29日(土) 終日ドレスデン
☆4月30日(日) ドレスデン~プラハ
 5月 1日(月) 終日プラハ
 5月 2日(火) プラハ~ニュルンベルク~ヴュルツブルク
            ~フランクフルト
 5月 3日(水) フランクフルト~フロイデンベルク~ジーゲン
            ~マインツ~フランクフルト
 5月 4日(木) フランクフルト~ブーツバッハ~フランクフルト
            ~夜便でフランクフルト空港より帰国
 5月 5日(金) 羽田~福岡

同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ガイドツアーは「市長ホール」へやって来ました。

    ガイドツアーは「市長ホール」へやって来ました。

  • この部屋の目玉は何といってもこの天井。

    この部屋の目玉は何といってもこの天井。

  • 天井画「スラヴの団結」と柱の人物画。

    天井画「スラヴの団結」と柱の人物画。

  • 天井にはスラヴ民族の営みが描かれ、その中央には翼を盾にして人々を守る鷲の姿。

    天井にはスラヴ民族の営みが描かれ、その中央には翼を盾にして人々を守る鷲の姿。

  • それを支え取り囲む柱には8人のチェコの歴史上の重要人物が描かれているのだそう。

    それを支え取り囲む柱には8人のチェコの歴史上の重要人物が描かれているのだそう。

  • このように精巧に描かれております。

    このように精巧に描かれております。

  • 壁には過去・現在・未来を表す絵。<br />チェコ人が歩んできたくらい歴史と、これから訪れる明るい未来への想いが込められているそう。

    壁には過去・現在・未来を表す絵。
    チェコ人が歩んできたくらい歴史と、これから訪れる明るい未来への想いが込められているそう。

  • これらの絵を描いたのが、チェコを代表する芸術家、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)。<br />

    これらの絵を描いたのが、チェコを代表する芸術家、アルフォンス・ムハ(ミュシャ)。

  • 祖国を離れ暮らした時期もあるムハですが、チェコへの愛国心はひときわ強く、このホールのデザイン・制作は無償で引き受けたのだそうです。

    祖国を離れ暮らした時期もあるムハですが、チェコへの愛国心はひときわ強く、このホールのデザイン・制作は無償で引き受けたのだそうです。

  • いかにもムハ!という一品。

    いかにもムハ!という一品。

  • こちらも。

    こちらも。

  • ツアーの皆さん、特に熱心に見入っていた様子でした。

    ツアーの皆さん、特に熱心に見入っていた様子でした。

  • 続いて「リーグル・ホール」。<br />政治家であり新聞記者であったフランチシェク・ラヂスラフ・リーグル(1818年ー1903年)の名の付いたホール。

    続いて「リーグル・ホール」。
    政治家であり新聞記者であったフランチシェク・ラヂスラフ・リーグル(1818年ー1903年)の名の付いたホール。

  • 代表的装飾は壁の2つの絵画。<br />「チェコの春」と名付けられたそれらには、左にはチェコの作家、右には画家と作曲家が描かれているそうです。

    代表的装飾は壁の2つの絵画。
    「チェコの春」と名付けられたそれらには、左にはチェコの作家、右には画家と作曲家が描かれているそうです。

  • 実はそれぞれの人物画生きた時代はバラバラで、ひとつの芸術作品に収まるのはおかしなこととのこと。<br />しかし、このような描かれ方は世界でも非常にめずらしいらしく、興味深く価値のある作品と捉えられているそうです。

    実はそれぞれの人物画生きた時代はバラバラで、ひとつの芸術作品に収まるのはおかしなこととのこと。
    しかし、このような描かれ方は世界でも非常にめずらしいらしく、興味深く価値のある作品と捉えられているそうです。

  • 天井にも美しい絵画と照明。

    天井にも美しい絵画と照明。

  • アイボリーと黒というシンプルでシックな雰囲気のお部屋でした。

    アイボリーと黒というシンプルでシックな雰囲気のお部屋でした。

  • チェアーには民族模様があしらわれていました。

    チェアーには民族模様があしらわれていました。

  • リーグルさんの胸像もありました。

    リーグルさんの胸像もありました。

  • 最後はこちら。

    最後はこちら。

  • 19世紀の新聞記者、カレル・スラトコフスキー(1823年ー1880年)の名を冠した「スラトコフスキー・ホール」。<br />奥のスペースはステージとしても使用され、現在ではコンサートの舞台にもなるそう。

    19世紀の新聞記者、カレル・スラトコフスキー(1823年ー1880年)の名を冠した「スラトコフスキー・ホール」。
    奥のスペースはステージとしても使用され、現在ではコンサートの舞台にもなるそう。

  • ほかの部屋に比べ装飾や絵画はありませんが、シンプルな美しさが香ります。

    ほかの部屋に比べ装飾や絵画はありませんが、シンプルな美しさが香ります。

  • 演説や講義が行われるスペースらしい簡素さ。

    演説や講義が行われるスペースらしい簡素さ。

  • 時計もシンプルでクラシック。<br />時刻は実際の時間を指していました。<br />16:00スタートしたツアーも1時間と少し経過してそろそろおしまい。

    時計もシンプルでクラシック。
    時刻は実際の時間を指していました。
    16:00スタートしたツアーも1時間と少し経過してそろそろおしまい。

  • このホールを以って終了しました。

    このホールを以って終了しました。

  • 階段を下りて階下へ。

    階段を下りて階下へ。

  • 美しい館内を見納めながらゆっくり下ります。

    美しい館内を見納めながらゆっくり下ります。

  • ここを訪ねてよかったです。

    ここを訪ねてよかったです。

  • HPからの予約で290チェココルナ。(=約1,300円)<br />1時間強、たっぷりと満喫しました。

    HPからの予約で290チェココルナ。(=約1,300円)
    1時間強、たっぷりと満喫しました。

  • 柔らかい光が照らす美しい館内。

    柔らかい光が照らす美しい館内。

  • また訪ねることがあったら、次はもっとこの美しさが伝えられる撮影ができればと思います。

    また訪ねることがあったら、次はもっとこの美しさが伝えられる撮影ができればと思います。

  • 素敵なひと時をありがとう。

    素敵なひと時をありがとう。

  • 今一度、エントランスの階段を。

    今一度、エントランスの階段を。

  • こちらは1階のカフェ。

    こちらは1階のカフェ。

  • ちょっと後ろ髪を引かれましたが、先へ参りましょう。

    ちょっと後ろ髪を引かれましたが、先へ参りましょう。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

チェコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チェコ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チェコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集