ワイマール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
■語学研修期間:2018/4/2‐5/3(1カ月)<br /><br />ドイツのデュッセルドルフに1カ月間、語学研修に行ってきました。<br />約4週間(週5/全80時間)みっちり語学学校に通い、残りの数日はジャーマンレールパスを使ってドイツを周遊(バッハゆかりの地を巡る旅)してきました。<br /><br /><ドイツ周遊プラン><br />□4/27 デュッセルドルフ ‐ アイゼナハ<br /> Eisenach泊「City Hotel」:EUR 65.00<br /><br />■4/28 ヴァイマール ‐ エアフルト ‐ ライプツィヒ<br /> Leipzig泊「Seaside Park Hotel Leipzig」:EUR 80.00<br /><br />□4/29 ケーテン - ハレ<br /> Leipzig泊「Seaside Park Hotel Leipzig」:EUR 80.00<br /><br />□4/30 ハンブルク - リューベック<br /> Hamburg泊「Europäischer Hof Hamburg」:EUR 104.00<br /><br />□5/1  ブレーメン - リューネブルク - デュッセルドルフ<br /><br />---------------------------------------------------<br />航空券(NH NRT-DUS 往復):JPY 110,650<br />German Rail Pass(FLEXI 7days/1month):EUR 280.00<br />

ドイツ 鉄道・音楽家ゆかりの地を巡る旅【2】(ヴァイマール)

69いいね!

2018/04/28 - 2018/04/28

1位(同エリア94件中)

beach

beachさん

■語学研修期間:2018/4/2‐5/3(1カ月)

ドイツのデュッセルドルフに1カ月間、語学研修に行ってきました。
約4週間(週5/全80時間)みっちり語学学校に通い、残りの数日はジャーマンレールパスを使ってドイツを周遊(バッハゆかりの地を巡る旅)してきました。

<ドイツ周遊プラン>
□4/27 デュッセルドルフ ‐ アイゼナハ
 Eisenach泊「City Hotel」:EUR 65.00

■4/28 ヴァイマール ‐ エアフルト ‐ ライプツィヒ
 Leipzig泊「Seaside Park Hotel Leipzig」:EUR 80.00

□4/29 ケーテン - ハレ
 Leipzig泊「Seaside Park Hotel Leipzig」:EUR 80.00

□4/30 ハンブルク - リューベック
 Hamburg泊「Europäischer Hof Hamburg」:EUR 104.00

□5/1  ブレーメン - リューネブルク - デュッセルドルフ

---------------------------------------------------
航空券(NH NRT-DUS 往復):JPY 110,650
German Rail Pass(FLEXI 7days/1month):EUR 280.00

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 徒歩
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ◇◆ジャーマンレイルパスの旅2日目◆◇<br /><br />今日はアイゼナハから最終的にライプツィヒまで向かいます。<br />せっかくなので途中エアフルトとヴァイマールにも寄ることにしました。

    ◇◆ジャーマンレイルパスの旅2日目◆◇

    今日はアイゼナハから最終的にライプツィヒまで向かいます。
    せっかくなので途中エアフルトとヴァイマールにも寄ることにしました。

  • 5日間で周ったルート。<br />(HARIBOのキャラクターがいる場所が現在地:Weimar)<br /><br /><ジャーマンレイルパス><br />購入額 EUR 280.00/使用概算 EUR 532.70

    5日間で周ったルート。
    (HARIBOのキャラクターがいる場所が現在地:Weimar)

    <ジャーマンレイルパス>
    購入額 EUR 280.00/使用概算 EUR 532.70

  • ■Samstag, 28. April 2018<br /><br />アイゼナハからヴァイマールまではICEとREで約45分。

    ■Samstag, 28. April 2018

    アイゼナハからヴァイマールまではICEとREで約45分。

  • 08:51 Weimar(ヴァイマール)到着!<br /><br />アイゼナハからだとエアフルトの方が近いのですが、ヴァイマールからはICEが出ていないので、先にヴァイマールまで行き、一旦エアフルトに戻り、一気にライプツィヒまでICEで行く予定です。<br /><br />※ヴァイマールで予定以上に時間を取ったら、エアフルトを飛ばす想定も

    08:51 Weimar(ヴァイマール)到着!

    アイゼナハからだとエアフルトの方が近いのですが、ヴァイマールからはICEが出ていないので、先にヴァイマールまで行き、一旦エアフルトに戻り、一気にライプツィヒまでICEで行く予定です。

    ※ヴァイマールで予定以上に時間を取ったら、エアフルトを飛ばす想定も

  • Bahnhof Weimar(ヴァイマール駅)。<br /><br />ヴァイマールと聞いて先ず思いつくのは、ヴァイマール憲法でしょうか。<br /><br />バッハの年譜でいうと、1708年(23歳)から1717年(32歳)までバッハは、ここヴァイマールで、ヴィルヘルム・エルンストの宮廷礼拝堂オルガニスト兼宮廷楽師に就任します。

    Bahnhof Weimar(ヴァイマール駅)。

    ヴァイマールと聞いて先ず思いつくのは、ヴァイマール憲法でしょうか。

    バッハの年譜でいうと、1708年(23歳)から1717年(32歳)までバッハは、ここヴァイマールで、ヴィルヘルム・エルンストの宮廷礼拝堂オルガニスト兼宮廷楽師に就任します。

    ワイマール駅

  • ここでの観光目的は、下記2つ。<br />・バッハの住居跡<br />・国民劇場前のゲーテとシラー像<br /><br />駅から中心部までは徒歩で20分程度ということで並木道を歩くことにしました。

    ここでの観光目的は、下記2つ。
    ・バッハの住居跡
    ・国民劇場前のゲーテとシラー像

    駅から中心部までは徒歩で20分程度ということで並木道を歩くことにしました。

  • Neues Museum Weimar(ヴァイマール新博物館)<br /><br />入口付近にいた金色のマシュマロマンみたいなのが気になりました。

    Neues Museum Weimar(ヴァイマール新博物館)

    入口付近にいた金色のマシュマロマンみたいなのが気になりました。

  • Gauforum Weimarという建物。

    Gauforum Weimarという建物。

  • 音楽学校。<br />私も大学まで一応ピアノをやっていたのですが…、努力、センス共に足りずといったところです。音楽鑑賞だけ健在です。

    音楽学校。
    私も大学まで一応ピアノをやっていたのですが…、努力、センス共に足りずといったところです。音楽鑑賞だけ健在です。

  • Goetheplatz(ゲーテ広場)に着くと、案内標識がありました。<br />観光の見所は中心地部に集中しています。

    Goetheplatz(ゲーテ広場)に着くと、案内標識がありました。
    観光の見所は中心地部に集中しています。

    ゲーテ広場 広場・公園

  • 天気が良く絶好の観光日和です。<br />ヴァイマール滞在は1時間の予定なので、手荷物はロッカーに預けず持って移動。

    天気が良く絶好の観光日和です。
    ヴァイマール滞在は1時間の予定なので、手荷物はロッカーに預けず持って移動。

  • Nationaltheater(国民劇場)<br /><br />そうそう、この像が見たかったのです。

    Nationaltheater(国民劇場)

    そうそう、この像が見たかったのです。

    国民劇場 劇場・ホール・ショー

  • Goethe - Schiller Denkemal(ゲーテとシラーの像)<br /><br />シラーの「ウィリアム・テル」やゲーテの「ファウスト」が初演されたことで有名です。また、社会の教科書で一度は耳にした事がある「ヴァイマール憲法」は、ここで採択されました。

    Goethe - Schiller Denkemal(ゲーテとシラーの像)

    シラーの「ウィリアム・テル」やゲーテの「ファウスト」が初演されたことで有名です。また、社会の教科書で一度は耳にした事がある「ヴァイマール憲法」は、ここで採択されました。

  • Weimarhaus(ヴァイマールハウス)<br /><br />ゲーテが指さしているので、誘導されるままに入ってみました。ヴァイマールに関する歴史資料館とお土産屋さんが入っていました。

    Weimarhaus(ヴァイマールハウス)

    ゲーテが指さしているので、誘導されるままに入ってみました。ヴァイマールに関する歴史資料館とお土産屋さんが入っていました。

  • 水鳥が美しい噴水。両脇に水鳥をかかえています。

    水鳥が美しい噴水。両脇に水鳥をかかえています。

  • Schiller Wohnhaus(シラーの家)<br /><br />シラーが、1802年から亡くなる1805年まで住んだ家。

    Schiller Wohnhaus(シラーの家)

    シラーが、1802年から亡くなる1805年まで住んだ家。

    シラーの住居 建造物

  • 現在は、シラー博物館になってます。時間が無いため外観のみ。

    現在は、シラー博物館になってます。時間が無いため外観のみ。

  • Rathaus(市庁舎)

    Rathaus(市庁舎)

    市庁舎 (ワイマール) 建造物

  • ネプチューンの噴水

    ネプチューンの噴水

  • Markt(マルクト広場)<br /><br />朝市が開かれていました。日常の光景が落ち着きます。<br />ヴァイマール城美術館の尖塔も遠目に見えています。

    Markt(マルクト広場)

    朝市が開かれていました。日常の光景が落ち着きます。
    ヴァイマール城美術館の尖塔も遠目に見えています。

    マルクト広場 (ワイマール) 広場・公園

  • インパクト大!テューリンガー・ソーセージの屋台。

    インパクト大!テューリンガー・ソーセージの屋台。

  • バッハの住居跡を示すプレート。<br />マルクト広場の近くにあります。バッハの長男と次男の生家でもあります。

    バッハの住居跡を示すプレート。
    マルクト広場の近くにあります。バッハの長男と次男の生家でもあります。

  • 素敵な噴水。後ろにある、蔦に覆われた家も雰囲気がありますね。

    素敵な噴水。後ろにある、蔦に覆われた家も雰囲気がありますね。

  • Herderkirche(ヘルダー教会)<br /><br />正式名は、St.Peter und Paulというそうですが、思想家で牧師でもあったヘルダーの名を取って通称ヘルダー教会と呼ばれているそうです。

    Herderkirche(ヘルダー教会)

    正式名は、St.Peter und Paulというそうですが、思想家で牧師でもあったヘルダーの名を取って通称ヘルダー教会と呼ばれているそうです。

    市教会 (ヘルダー教会) 寺院・教会

  • 教会の前にはヘルダー像がありました。

    教会の前にはヘルダー像がありました。

  • 街角の景色が素敵です。

    街角の景色が素敵です。

  • Köstritzer Schwarzbierhaus(ビアハウス)<br /><br />一際目立つ立派な木組みの家。<br />16世紀に造られた建物だそうです。現在はビアハウスになっています。

    Köstritzer Schwarzbierhaus(ビアハウス)

    一際目立つ立派な木組みの家。
    16世紀に造られた建物だそうです。現在はビアハウスになっています。

  • 立ち寄り程度の観光になりましたが、とても素敵な街並みを感じることが出来ました。ドイツ文学の知識はほぼ無いのですが、少し勉強したら再来したくなりそうな場所でした。

    立ち寄り程度の観光になりましたが、とても素敵な街並みを感じることが出来ました。ドイツ文学の知識はほぼ無いのですが、少し勉強したら再来したくなりそうな場所でした。

  • ヴァイマールを後にし、エアフルトに向かいます。

    ヴァイマールを後にし、エアフルトに向かいます。

69いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集