ブエノスアイレス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
前から行ってみたかったマチュピチュ。<br />ただ日本から見ると気候も時差も真反対。<br />行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港<br />4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光<br />4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動<br />4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学<br />4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動<br />4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動<br />4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動<br />4月28日:マチュピチュ遺跡観光<br />4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動<br />4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る<br />5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動<br />5月2日:ロサンゼルスより羽田空港<br />5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。<br />今回は旅行6日目(4月26日)のブエノスアイレス市内観光後、リマへの移動までを紹介します。<br />ブエノスアイレスの市内観光は、コロン劇場、レコーダ墓地、エピーダ博物館とボカ地区です。<br />ブエノスアイレスはとても治安が悪いとのことでしたが、トラブルもなく楽しく観光ができました。<br />住んでる人は税金が高くて大変だけど、見た目はとてもきれいな町でした。

南米の13日間世界遺産巡り(その6)ブエノスアイレス観光編

8いいね!

2016/04/21 - 2016/05/03

274位(同エリア645件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

前から行ってみたかったマチュピチュ。
ただ日本から見ると気候も時差も真反対。
行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。
今回の旅程は、
4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港
4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光
4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動
4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学
4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動
4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動
4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動
4月28日:マチュピチュ遺跡観光
4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動
4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る
5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動
5月2日:ロサンゼルスより羽田空港
5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。
今回は旅行6日目(4月26日)のブエノスアイレス市内観光後、リマへの移動までを紹介します。
ブエノスアイレスの市内観光は、コロン劇場、レコーダ墓地、エピーダ博物館とボカ地区です。
ブエノスアイレスはとても治安が悪いとのことでしたが、トラブルもなく楽しく観光ができました。
住んでる人は税金が高くて大変だけど、見た目はとてもきれいな町でした。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
観光バス 飛行機
航空会社
ラタム チリ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 4月26日。旅行6日目。<br />本日の予定は、ブエノスアイレス市内観光後、リマへの移動。<br />昨晩はタンゴショーで遅かったので本日のホテル出発は10時15分。<br />そのため、まずは食事前にホテル周辺を散策します。<br />ブエノスアイレスは、イグアスと異なり緯度が南側ですのでこの日の朝の気温は5℃以下。とても寒かったです。<br />

    4月26日。旅行6日目。
    本日の予定は、ブエノスアイレス市内観光後、リマへの移動。
    昨晩はタンゴショーで遅かったので本日のホテル出発は10時15分。
    そのため、まずは食事前にホテル周辺を散策します。
    ブエノスアイレスは、イグアスと異なり緯度が南側ですのでこの日の朝の気温は5℃以下。とても寒かったです。

  • 宿泊したブリストルホテルは7月9日通りに面しており、ホテルを出るとこのオベリスクが見られます。<br />ちなみにこの7月9日通りを横断するには距離が流すぎて一度の青信号で渡りきることができません。

    宿泊したブリストルホテルは7月9日通りに面しており、ホテルを出るとこのオベリスクが見られます。
    ちなみにこの7月9日通りを横断するには距離が流すぎて一度の青信号で渡りきることができません。

  • 周辺にはこのようなオブジェもあります。<br />通勤されている市民の方の服装は皆さんコートを着て寒そうに会社に向かっていました。

    周辺にはこのようなオブジェもあります。
    通勤されている市民の方の服装は皆さんコートを着て寒そうに会社に向かっていました。

  • そしてここはホテルから歩いて5分少しのところにあるナマゼ広場です。

    そしてここはホテルから歩いて5分少しのところにあるナマゼ広場です。

  • この広場の周辺にはコロン劇場など素敵な建物が多くあります。

    この広場の周辺にはコロン劇場など素敵な建物が多くあります。

  • これがコロン劇場です。

    これがコロン劇場です。

  • そしてこちらが最高裁判所。

    そしてこちらが最高裁判所。

  • まだ朝早いので交通量はまばらです。

    まだ朝早いので交通量はまばらです。

  • こちらがスーパーで、いろいろな果物や日常生活品が売られています。<br />ホテルのそばにあるのでとても便利です。<br />ただここではドルが使えなかったそうです。

    こちらがスーパーで、いろいろな果物や日常生活品が売られています。
    ホテルのそばにあるのでとても便利です。
    ただここではドルが使えなかったそうです。

  • これがホテルの朝食です。<br />ビュッフェスタイルでしたが食べるものが少なかったです。<br />とても質素な朝食になりました。

    これがホテルの朝食です。
    ビュッフェスタイルでしたが食べるものが少なかったです。
    とても質素な朝食になりました。

  • そしていよいよバスによる観光の始まりです。<br />この日もとてもいい天気です。

    そしていよいよバスによる観光の始まりです。
    この日もとてもいい天気です。

  • これは今朝行ったコロン劇場。(7月9日通り側から見たもの)

    これは今朝行ったコロン劇場。(7月9日通り側から見たもの)

  • そしてこちらが今朝行ったナマゼ広場。<br />広場の中央にはマヌエル・ベルグラーノ将軍の像が建っています。

    イチオシ

    そしてこちらが今朝行ったナマゼ広場。
    広場の中央にはマヌエル・ベルグラーノ将軍の像が建っています。

  • 素敵な建物です。

    素敵な建物です。

  • こちらはコロン劇場。

    こちらはコロン劇場。

  • 次に向かったのがレコレータ墓地。<br />この教会の横にあります。

    次に向かったのがレコレータ墓地。
    この教会の横にあります。

  • この建物を抜けると墓地になります。<br />墓地というとイメージが悪いですが、ブエノスアイレスの人にとってはここに墓地を持つということは大きなステータスになるそうです。

    この建物を抜けると墓地になります。
    墓地というとイメージが悪いですが、ブエノスアイレスの人にとってはここに墓地を持つということは大きなステータスになるそうです。

  • 墓地に入ると大理石の立派なお墓が並んでいます。<br />ここには歴代大統領をはじめ、富裕層の中でも選ばれた上流階級の人が埋葬されています。<br />ここは1882年に造られ、6400もの納骨堂が並び、70の墓は国の文化財に指定されています。

    墓地に入ると大理石の立派なお墓が並んでいます。
    ここには歴代大統領をはじめ、富裕層の中でも選ばれた上流階級の人が埋葬されています。
    ここは1882年に造られ、6400もの納骨堂が並び、70の墓は国の文化財に指定されています。

  • ここに墓地を持つには多額のお金が必要で、固定資産税もとても高く、場所によっては数億円のものもあるそうです。<br />またここには、診断ミスで生きたまま埋葬された少女ルフィアナが夜中に墓地をさまようとの伝説があるそうです。

    ここに墓地を持つには多額のお金が必要で、固定資産税もとても高く、場所によっては数億円のものもあるそうです。
    またここには、診断ミスで生きたまま埋葬された少女ルフィアナが夜中に墓地をさまようとの伝説があるそうです。

  • それにしてもとても立派なお墓です。<br />お墓というよりは芸術品かな。

    それにしてもとても立派なお墓です。
    お墓というよりは芸術品かな。

  • そしてこの先にエビータのお墓があります。

    そしてこの先にエビータのお墓があります。

  • これがそれで、今でも多数の市民がお花を供えに来ているそうです。<br />エビータは今でも多くの国民に愛されています。

    これがそれで、今でも多数の市民がお花を供えに来ているそうです。
    エビータは今でも多くの国民に愛されています。

  • ほかにもユニークなお墓がたくさんあります。

    ほかにもユニークなお墓がたくさんあります。

  • アルゼンチンの税金はとても高く、所得税が最大、所得の35%、消費税が約20%。<br />そのため収入の約半分が税金で持っていかれるそうです。<br />その反面社会福祉はそれほど充実していないそうです。<br />そのためこれらのお墓を維持するのも大変なようです。

    アルゼンチンの税金はとても高く、所得税が最大、所得の35%、消費税が約20%。
    そのため収入の約半分が税金で持っていかれるそうです。
    その反面社会福祉はそれほど充実していないそうです。
    そのためこれらのお墓を維持するのも大変なようです。

  • 次はエビータ博物館に向かいます。その途中にあるのが公園の巨大な花のオブジェ。<br />この花は朝には花びらが開き、夕方には太陽電池の力で閉じるそうですが、この時は故障していて開いていませんでした。

    次はエビータ博物館に向かいます。その途中にあるのが公園の巨大な花のオブジェ。
    この花は朝には花びらが開き、夕方には太陽電池の力で閉じるそうですが、この時は故障していて開いていませんでした。

  • 道路は比較的整備されています。<br />真昼に近いためそれほど渋滞していません。

    道路は比較的整備されています。
    真昼に近いためそれほど渋滞していません。

  • そしてここがエビータ博物館の受付です。<br />中は撮影禁止で、エビータさんの服や靴などや国民とともに闘ってきた歴史にまつわるものが展示されています。<br />エビータさんは大統領夫人としてブルジョア階級からお金を集め、貧しい国民にそのお金を回していたため、一般国民にはとても人気があったそうです。<br />その反面、ブルジョア階級の人からはかなり恨まれていたようです。

    そしてここがエビータ博物館の受付です。
    中は撮影禁止で、エビータさんの服や靴などや国民とともに闘ってきた歴史にまつわるものが展示されています。
    エビータさんは大統領夫人としてブルジョア階級からお金を集め、貧しい国民にそのお金を回していたため、一般国民にはとても人気があったそうです。
    その反面、ブルジョア階級の人からはかなり恨まれていたようです。

  • そしてこちらが博物館の入口です。

    そしてこちらが博物館の入口です。

  • エビータ博物館見学後、レストランで昼食です。<br />この日は寒かったものの、やはりまずはビール。<br />ペルーは330mlのビールでしたが、アルゼンチンのビールは日本の大瓶サイズですので飲み応えがあります。

    エビータ博物館見学後、レストランで昼食です。
    この日は寒かったものの、やはりまずはビール。
    ペルーは330mlのビールでしたが、アルゼンチンのビールは日本の大瓶サイズですので飲み応えがあります。

  • これは前菜。<br />どんな味だったかは忘れました。

    これは前菜。
    どんな味だったかは忘れました。

  • それにウインナー。<br />黒いウインナーは、内臓系のウインナーで残してしまいました。

    それにウインナー。
    黒いウインナーは、内臓系のウインナーで残してしまいました。

  • そしてフライドポテト。<br />これで4人分ですが、とても大量です。<br />

    そしてフライドポテト。
    これで4人分ですが、とても大量です。

  • そしてこちらがメインディッシュのステーキです。<br />アルゼンチンの食事のボリュームは生半可ではありません。<br />ほとんどのツアー客の人は残していました。<br />アルゼンチン人は太るはずです。

    そしてこちらがメインディッシュのステーキです。
    アルゼンチンの食事のボリュームは生半可ではありません。
    ほとんどのツアー客の人は残していました。
    アルゼンチン人は太るはずです。

  • そしてデザートのケーキ。<br />これで終わりです。<br />あとで写真整理するだけで、胸やけします。

    そしてデザートのケーキ。
    これで終わりです。
    あとで写真整理するだけで、胸やけします。

  • 食事後向かったのが、サンマルティンの廟がある大聖堂。

    食事後向かったのが、サンマルティンの廟がある大聖堂。

  • 1827年に建てられたこの教会は、イタリア装飾の影響を受けたドーム条の天井がとてもきれいです。

    1827年に建てられたこの教会は、イタリア装飾の影響を受けたドーム条の天井がとてもきれいです。

  • 教会に入ると真っ正面に礼拝堂があります。

    教会に入ると真っ正面に礼拝堂があります。

  • バチカンには及びませんが、とても立派です。

    バチカンには及びませんが、とても立派です。

  • そしてこちらがアルゼンチン独立の父、サン・マルティンの廟で衛兵が守っています。

    そしてこちらがアルゼンチン独立の父、サン・マルティンの廟で衛兵が守っています。

  • この廟の天井がとてもきれいです。

    イチオシ

    この廟の天井がとてもきれいです。

  • すごい精細な造りです。

    すごい精細な造りです。

  • ほかにも不謹慎ですが、とても素敵なステンドグラスや装飾が施されています。

    ほかにも不謹慎ですが、とても素敵なステンドグラスや装飾が施されています。

  • 大聖堂の前は5月広場。<br />中央の建物は、5月革命の舞台となったカビルドで、市内でも最も古い建物です。<br />市議会として使われていたそうです。

    大聖堂の前は5月広場。
    中央の建物は、5月革命の舞台となったカビルドで、市内でも最も古い建物です。
    市議会として使われていたそうです。

  • 正面のピンク色の建物は、大統領府で、今でも大統領が毎日ヘリコプターで大統領官邸よりここに来て執務をされるそうです。<br />大統領府の建物の上に国旗が掲揚されているので、現在執務中です。

    正面のピンク色の建物は、大統領府で、今でも大統領が毎日ヘリコプターで大統領官邸よりここに来て執務をされるそうです。
    大統領府の建物の上に国旗が掲揚されているので、現在執務中です。

  • ブエノスアイレスには地下鉄があり、ここが地下鉄乗り場への入口です。

    ブエノスアイレスには地下鉄があり、ここが地下鉄乗り場への入口です。

  • そしてこの花はアルゼンチンの国花のセイボです。

    そしてこの花はアルゼンチンの国花のセイボです。

  • 次に向かったのが、色とりどりの家が立ち並ぶボカ地区。<br />ボカといえばサッカーのボカ・ジュニアーズが有名で、ここにそのスタジアムがあります。

    次に向かったのが、色とりどりの家が立ち並ぶボカ地区。
    ボカといえばサッカーのボカ・ジュニアーズが有名で、ここにそのスタジアムがあります。

  • ここがボカ地区の一角にあるカミニートです。

    ここがボカ地区の一角にあるカミニートです。

  • 色とりどりの建物もそうですが、いろいろな人形も楽しませてくれます。

    色とりどりの建物もそうですが、いろいろな人形も楽しませてくれます。

  • これら色とりどりの建物は、ここは港町で船の塗装用塗料の残りを使って家を塗装したため、このような色とりどりの町並みになったそうです。<br />でもこの配色は誰が決めたんだろう?<br />南米人らしく、とても明るく陽気な感じです。

    これら色とりどりの建物は、ここは港町で船の塗装用塗料の残りを使って家を塗装したため、このような色とりどりの町並みになったそうです。
    でもこの配色は誰が決めたんだろう?
    南米人らしく、とても明るく陽気な感じです。

  • ただもう秋がだいぶ進んで紅葉もかなり進んで落ち葉が多くなっています。<br />ちなみにこの日の気温は、最低気温が4℃、昼間の最高気温が15℃でした。

    イチオシ

    ただもう秋がだいぶ進んで紅葉もかなり進んで落ち葉が多くなっています。
    ちなみにこの日の気温は、最低気温が4℃、昼間の最高気温が15℃でした。

  • それにしてもとても奇抜な色使いです。

    それにしてもとても奇抜な色使いです。

  • ここがその港で、今はとても整備されて当時の面影が残っていません。<br />ちなみに、このボカの港は『母を訪ねて3千里』でマルコが上陸したところです。

    ここがその港で、今はとても整備されて当時の面影が残っていません。
    ちなみに、このボカの港は『母を訪ねて3千里』でマルコが上陸したところです。

  • 造船所も見当たらず、船着き場がある程度でした。

    造船所も見当たらず、船着き場がある程度でした。

  • 窓枠のみを塗っているのもとてもユニークです。<br />この通りには大型バスやトレーラがひっきりなしに走っていました。

    窓枠のみを塗っているのもとてもユニークです。
    この通りには大型バスやトレーラがひっきりなしに走っていました。

  • この一角は常時観光警察官がいて治安はまずまずのようです。<br />ブエノスアイレスは違法移民が増えたせいで市内の治安は極めて悪く、現地ガイドの人からは市内を個人で散策するのはなるべく避け、荷物は必ず前に持つようにと口を酸っぱく言われました。

    この一角は常時観光警察官がいて治安はまずまずのようです。
    ブエノスアイレスは違法移民が増えたせいで市内の治安は極めて悪く、現地ガイドの人からは市内を個人で散策するのはなるべく避け、荷物は必ず前に持つようにと口を酸っぱく言われました。

  • 色とりどりの街並みが続きます。

    色とりどりの街並みが続きます。

  • それ以外にもたくさんの人形が出迎えてくれます。

    それ以外にもたくさんの人形が出迎えてくれます。

  • 色とりどりの建物の1階は土産物屋さんになっています。

    色とりどりの建物の1階は土産物屋さんになっています。

  • 路上はオープンカフェにもなっているようですが、寒くなってきているのでお客は少なかったです。

    路上はオープンカフェにもなっているようですが、寒くなってきているのでお客は少なかったです。

  • 4月中旬ですが、南半球のブエノスアイレスは晩秋の景色です。

    4月中旬ですが、南半球のブエノスアイレスは晩秋の景色です。

  • それにしてもこの配色は誰が決めるのかな?

    それにしてもこの配色は誰が決めるのかな?

  • 2階のテラスからはボカゆかりのサッカー選手のマラドーナやエピーダなどの著名人が手を振って出迎えてくれます。<br />これでブエノスアイレスの観光は終了し、空港に向かいます。

    2階のテラスからはボカゆかりのサッカー選手のマラドーナやエピーダなどの著名人が手を振って出迎えてくれます。
    これでブエノスアイレスの観光は終了し、空港に向かいます。

  • この空港は、ブエノスアイレスの郊外にあるエセイサ国際空港です。

    この空港は、ブエノスアイレスの郊外にあるエセイサ国際空港です。

  • これが空港ターミナルで1階のラン航空のカウンターでチェックインします。

    これが空港ターミナルで1階のラン航空のカウンターでチェックインします。

  • チェックイン後、出国手続きを行い免税店巡りをします。<br />出国手続きやセキュリティーチェックはそれほど厳しくはなかったです。

    チェックイン後、出国手続きを行い免税店巡りをします。
    出国手続きやセキュリティーチェックはそれほど厳しくはなかったです。

  • 免税店はそれほど大きくはなかったです。<br />そのため時間つぶしが大変でした。

    免税店はそれほど大きくはなかったです。
    そのため時間つぶしが大変でした。

  • ペルーのリマには、19時20分発、現地時間の22時20分着のラン航空のLA−4600便。<br />2時間の時差を引くと、約5時間のフライトです。

    ペルーのリマには、19時20分発、現地時間の22時20分着のラン航空のLA−4600便。
    2時間の時差を引くと、約5時間のフライトです。

  • 定刻に出発し、出てきた機内食がこれです。<br />見た目の通りあまりおいしくはなかったです。<br />特にデザートのケーキはあまりにも甘すぎて食べられませんでした。

    定刻に出発し、出てきた機内食がこれです。
    見た目の通りあまりおいしくはなかったです。
    特にデザートのケーキはあまりにも甘すぎて食べられませんでした。

  • リマには定刻に到着し、入国手続き後ホテルにチェックインしたのが24時30分。<br />ホテルは、ツアー初日に宿泊したサン アグスティン エクスクルーシブ。<br />今回はツインルームのため少し狭めの部屋でした。

    リマには定刻に到着し、入国手続き後ホテルにチェックインしたのが24時30分。
    ホテルは、ツアー初日に宿泊したサン アグスティン エクスクルーシブ。
    今回はツインルームのため少し狭めの部屋でした。

  • 浴室とバスルームは前回と全く同様。<br />明日はマチュピチュの玄関口のクスコに向かうため、チェックアウトが6時と早く、お風呂にさっさと入って寝ました。<br />いよいよマチュピチュへの道のスタートです。<br />とても楽しみです。<br />それではおやすみなさい。

    浴室とバスルームは前回と全く同様。
    明日はマチュピチュの玄関口のクスコに向かうため、チェックアウトが6時と早く、お風呂にさっさと入って寝ました。
    いよいよマチュピチュへの道のスタートです。
    とても楽しみです。
    それではおやすみなさい。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アルゼンチンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アルゼンチン最安 760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アルゼンチンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集