クスコ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
前から行ってみたかったマチュピチュ。<br />ただ日本から見ると季節も時差も真反対。<br />行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港<br />4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光<br />4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動<br />4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学<br />4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動<br />4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動<br />4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動<br />4月28日:マチュピチュ遺跡観光<br />4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動<br />4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る<br />5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動<br />5月2日:ロサンゼルスより羽田空港<br />5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。<br />今回は、旅行9日目(4月29日)のマチュピチュからマラスの塩田観光後、クスコからリマへの移動について紹介します。<br />ただ残念だったのは、この日は快晴だったため予定を変更して再度マチュピチュ観光に行けなかったことです。<br />団体ツアーだから仕方なかったけれど、後ろ髪惹かれる一日でした。<br />とはいうものの天候にも恵まれ、快適な旅行となりました。

南米の13日間世界遺産巡り(その9)マラスの塩田観光とリマへの移動編

7いいね!

2016/04/21 - 2016/05/03

303位(同エリア735件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

前から行ってみたかったマチュピチュ。
ただ日本から見ると季節も時差も真反対。
行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。
今回の旅程は、
4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港
4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光
4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動
4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学
4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動
4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動
4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動
4月28日:マチュピチュ遺跡観光
4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動
4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る
5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動
5月2日:ロサンゼルスより羽田空港
5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。
今回は、旅行9日目(4月29日)のマチュピチュからマラスの塩田観光後、クスコからリマへの移動について紹介します。
ただ残念だったのは、この日は快晴だったため予定を変更して再度マチュピチュ観光に行けなかったことです。
団体ツアーだから仕方なかったけれど、後ろ髪惹かれる一日でした。
とはいうものの天候にも恵まれ、快適な旅行となりました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 4月29日。早くも旅行9日目。<br />目を覚ますと今日は天気がよさそう。<br />今日のホテル出発は8時過ぎのため、朝食前に村を散策します。

    4月29日。早くも旅行9日目。
    目を覚ますと今日は天気がよさそう。
    今日のホテル出発は8時過ぎのため、朝食前に村を散策します。

  • アルマス広場も人影がありません。<br />マチュピチュ村は小さな村ですので30分もあれば1周できます。

    アルマス広場も人影がありません。
    マチュピチュ村は小さな村ですので30分もあれば1周できます。

  • アルマス広場にいた犬です。

    アルマス広場にいた犬です。

  • 今日は今まで行っていなかった村の北側に行きます。

    今日は今まで行っていなかった村の北側に行きます。

  • 7時前ですがもうマチュピチュ遺跡行きのバスが出ています。

    7時前ですがもうマチュピチュ遺跡行きのバスが出ています。

  • この川はウルバンバ川です。<br />結構水量があります。

    この川はウルバンバ川です。
    結構水量があります。

  • ポインセチアのような花も咲いていました。

    ポインセチアのような花も咲いていました。

  • ここは昨晩夕食をいただいたレストランです。<br />昨日は暗くてわかりませんでしたが、ホテルもやっているようです。

    ここは昨晩夕食をいただいたレストランです。
    昨日は暗くてわかりませんでしたが、ホテルもやっているようです。

  • これはインカマッサージの看板です。<br />インカマッサージは、温めた石を体のツボにあてるようです。<br />値段は1時間3000円くらいでしたので結構安いです。

    これはインカマッサージの看板です。
    インカマッサージは、温めた石を体のツボにあてるようです。
    値段は1時間3000円くらいでしたので結構安いです。

  • 散策後ホテルに戻り朝食をいただきます。<br />この日はあまり食欲もなく、少な目の食事です。

    散策後ホテルに戻り朝食をいただきます。
    この日はあまり食欲もなく、少な目の食事です。

  • 外を見ると青空が広がっています。

    外を見ると青空が広がっています。

  • リマに帰るため駅に向かいます。

    リマに帰るため駅に向かいます。

  • 駅の待合所には観光客があまりいません。

    駅の待合所には観光客があまりいません。

  • 外は青空が広がり絶好の観光日和。<br />できるものならもう一日ここに残ってマチュピチュ遺跡観光に行きたい!<br />でも団体ツアーだからそれもできないか。<br />とても残念です。

    外は青空が広がり絶好の観光日和。
    できるものならもう一日ここに残ってマチュピチュ遺跡観光に行きたい!
    でも団体ツアーだからそれもできないか。
    とても残念です。

  • 駅の構内には何とハイビスカスの花が咲いています。<br />こんな高地でしかも気温も低いのにハイビスカスが咲いているなんて不思議です。

    駅の構内には何とハイビスカスの花が咲いています。
    こんな高地でしかも気温も低いのにハイビスカスが咲いているなんて不思議です。

  • これも

    これも

  • こんな花も咲いています。

    こんな花も咲いています。

  • ホームにはいろいろな汽車が停車しています。

    ホームにはいろいろな汽車が停車しています。

  • 時間になったので乗車します。<br />私たちが乗車するのは8時53分発オリャンタイタンポ駅に10時52分着のエクスペディション号です。<br />料金は44ドルでした。

    時間になったので乗車します。
    私たちが乗車するのは8時53分発オリャンタイタンポ駅に10時52分着のエクスペディション号です。
    料金は44ドルでした。

  • これが乗車したエクスペディション号です。

    これが乗車したエクスペディション号です。

  • 車内はこんな感じで、来るときに乗ったビスタドーム号より車内はきれいです。

    車内はこんな感じで、来るときに乗ったビスタドーム号より車内はきれいです。

  • マチュピチュ駅からオリャンタイタンポ駅までの約2時間の汽車の旅が始まります。

    マチュピチュ駅からオリャンタイタンポ駅までの約2時間の汽車の旅が始まります。

  • この汽車でもティーサービスがあります。<br />飲み物は今回、インカコーラをいただきました。<br />コーラとはいうものの、黄色のサイダーのような感じです。<br />コカ・コーラ社がペルーに進出してコーラを販売したのですが、どうしてもインカコーラより販売量が増えなかったので、なんとインカコーラ社を買収したらしいです。<br />それ程ペルーの人にとってはインカコーラが好きなようです。

    この汽車でもティーサービスがあります。
    飲み物は今回、インカコーラをいただきました。
    コーラとはいうものの、黄色のサイダーのような感じです。
    コカ・コーラ社がペルーに進出してコーラを販売したのですが、どうしてもインカコーラより販売量が増えなかったので、なんとインカコーラ社を買収したらしいです。
    それ程ペルーの人にとってはインカコーラが好きなようです。

  • 車窓ではのどかな景色が続きます。この路線はインカ道に沿って走っているので、インカ道を歩いている観光客を多く見かけました。<br />好きな人はこのインカ道を何日も歩いて、マチュピチュ遺跡まで行く人がいるそうです。

    車窓ではのどかな景色が続きます。この路線はインカ道に沿って走っているので、インカ道を歩いている観光客を多く見かけました。
    好きな人はこのインカ道を何日も歩いて、マチュピチュ遺跡まで行く人がいるそうです。

  • 定刻にオリャンタイタンポ駅に到着。<br />駅にはホームがなく、出口におかれた階段で線路上におります。

    定刻にオリャンタイタンポ駅に到着。
    駅にはホームがなく、出口におかれた階段で線路上におります。

  • もちろん駅の改札もありません。

    もちろん駅の改札もありません。

  • 駅にはブーゲンビリアの花が咲いていました。

    駅にはブーゲンビリアの花が咲いていました。

  • 駅前のお土産屋さんのお店の前を通って、バスの駐車場に向かいます。

    駅前のお土産屋さんのお店の前を通って、バスの駐車場に向かいます。

  • これがジャイアントコーンです。<br />とても粒の大きなトウモロコシです。<br />粒が大きいので食べ応えがあると思います。

    これがジャイアントコーンです。
    とても粒の大きなトウモロコシです。
    粒が大きいので食べ応えがあると思います。

  • 街には東南アジアのトゥクトゥクのような三輪車が走っています。

    街には東南アジアのトゥクトゥクのような三輪車が走っています。

  • オリャンタイタンポは、聖なる谷ですのでインカ時代の遺跡もあります。<br />またこのそばに現在国際空港を建設中のようで将来はクスコではなく、ここがマチュピチュ観光の窓口になると思われます。

    オリャンタイタンポは、聖なる谷ですのでインカ時代の遺跡もあります。
    またこのそばに現在国際空港を建設中のようで将来はクスコではなく、ここがマチュピチュ観光の窓口になると思われます。

  • ここからバスでマラスの塩田経由クスコに向かいます。<br />高度はオリャンタイタンポが2800m、マラスの塩田が3200mですので、バスで山を登っていくことになります。

    ここからバスでマラスの塩田経由クスコに向かいます。
    高度はオリャンタイタンポが2800m、マラスの塩田が3200mですので、バスで山を登っていくことになります。

  • 眼下にはオリャンタイタンポの町並みが見られます。<br />こうやって見ると盆地に広がる大きな街です。

    眼下にはオリャンタイタンポの町並みが見られます。
    こうやって見ると盆地に広がる大きな街です。

  • それにしても高度が高いので空の青さが目に沁みます。

    それにしても高度が高いので空の青さが目に沁みます。

  • この下がマラスの塩田です。<br />小さな塩田がたくさん見えます。

    この下がマラスの塩田です。
    小さな塩田がたくさん見えます。

  • 若者たちがバギー車でドライブしています。<br />このバギー車はレンタルのようです。

    若者たちがバギー車でドライブしています。
    このバギー車はレンタルのようです。

  • ここがマラスの塩田入口です。<br />ここも高所なのでゆっくりと歩きます。

    ここがマラスの塩田入口です。
    ここも高所なのでゆっくりと歩きます。

  • お土産品はやっぱりお塩や民芸品。

    お土産品はやっぱりお塩や民芸品。

  • お塩は100gの小さなものから1Kgの大きなものまで売っています。<br />またいろいろな色や味を付けた塩も売っています。<br />値段はお店によって違いますが、私は1ドルで100gのお塩を3個買いました。<br />このお塩はリマに行くと一つ1ドル以上で売っていました。<br />やはり現地で買うのがもっともお得です。

    お塩は100gの小さなものから1Kgの大きなものまで売っています。
    またいろいろな色や味を付けた塩も売っています。
    値段はお店によって違いますが、私は1ドルで100gのお塩を3個買いました。
    このお塩はリマに行くと一つ1ドル以上で売っていました。
    やはり現地で買うのがもっともお得です。

  • マラスの塩田はこの写真のように小さな塩田がたくさんあります。<br />ここには4000もの棚田があるようです。

    イチオシ

    マラスの塩田はこの写真のように小さな塩田がたくさんあります。
    ここには4000もの棚田があるようです。

  • 塩田の水をなめてみると当然のことながら塩辛かったです。<br />ちなみに塩が作られるのは4〜9月のみだそうです。

    塩田の水をなめてみると当然のことながら塩辛かったです。
    ちなみに塩が作られるのは4〜9月のみだそうです。

  • ここのトイレも有料で1ソル(約40円)必要です。<br />ソルへの両替えをしませんでしたが、ドル払いするとソルでおつりがくるのでそのおつりでトイレを利用します。

    ここのトイレも有料で1ソル(約40円)必要です。
    ソルへの両替えをしませんでしたが、ドル払いするとソルでおつりがくるのでそのおつりでトイレを利用します。

  • こんな高地にもきれいな花が咲いています。

    こんな高地にもきれいな花が咲いています。

  • このマラスの塩田はクスコとの中間点にありますので観光客がトイレ休憩を兼ねて寄るようで、私たち以外の日本人の団体ツアーが来ていました。

    このマラスの塩田はクスコとの中間点にありますので観光客がトイレ休憩を兼ねて寄るようで、私たち以外の日本人の団体ツアーが来ていました。

  • オリャンタイタンポからクスコまでバスで3時間30分かかりますので昼食はお弁当です。

    オリャンタイタンポからクスコまでバスで3時間30分かかりますので昼食はお弁当です。

  • お弁当の中身はおにぎり弁当になっています。<br />おにぎりは、梅干し、マス、鶏肉の炊き込みご飯の3個。<br />それと漬物に茹で卵にみかん。<br />おにぎりのノリは別についていて、自分でまくようになっています。<br />お米は日本のお米だったのでとてもおいしかったです。<br />ペルーでこんな弁当が食べられるとは思っていませんでした。

    お弁当の中身はおにぎり弁当になっています。
    おにぎりは、梅干し、マス、鶏肉の炊き込みご飯の3個。
    それと漬物に茹で卵にみかん。
    おにぎりのノリは別についていて、自分でまくようになっています。
    お米は日本のお米だったのでとてもおいしかったです。
    ペルーでこんな弁当が食べられるとは思っていませんでした。

  • 食事中もバスは一路クスコに向かっています。<br />車窓にはアンデスの山々が続いています。

    食事中もバスは一路クスコに向かっています。
    車窓にはアンデスの山々が続いています。

  • クスコに近づいてくると車の量も段々と増えてきます。<br />日本メーカの車も多く走っていました。

    クスコに近づいてくると車の量も段々と増えてきます。
    日本メーカの車も多く走っていました。

  • そして14時30分にクスコ空港に到着。

    そして14時30分にクスコ空港に到着。

  • クスコ空港のインカを彷彿させる素敵な展示物。

    クスコ空港のインカを彷彿させる素敵な展示物。

  • クスコは今日も良い天気です。

    クスコは今日も良い天気です。

  • 私たちが搭乗するのがラン航空LA−2034便<br />今回はタラップを利用して搭乗します。

    私たちが搭乗するのがラン航空LA−2034便
    今回はタラップを利用して搭乗します。

  • 機内はこんな感じで、3列−3列の座席です。<br />クスコを15時20分発、リマ16時50分の1時間30分のフライトです。

    機内はこんな感じで、3列−3列の座席です。
    クスコを15時20分発、リマ16時50分の1時間30分のフライトです。

  • クスコ空港を離陸します。

    クスコ空港を離陸します。

  • 今回も窓側に座れたので景色を楽しめます。<br />クスコ上空です。

    今回も窓側に座れたので景色を楽しめます。
    クスコ上空です。

  • アンデスの山を越えてリマに向かいます。

    アンデスの山を越えてリマに向かいます。

  • 遠くには万年雪をいただいた山が連なります。

    遠くには万年雪をいただいた山が連なります。

  • 雲海もきれいです。

    イチオシ

    雲海もきれいです。

  • 今回もお菓子と飲み物のサービスがあります。<br />今回は普通のコーラをいただきます。

    今回もお菓子と飲み物のサービスがあります。
    今回は普通のコーラをいただきます。

  • やっと太平洋が見えてきます。

    やっと太平洋が見えてきます。

  • リマの町並みも見えてきます。<br />天気はいいけど砂漠の砂が舞っているようで、あまり視界はよくありません。

    リマの町並みも見えてきます。
    天気はいいけど砂漠の砂が舞っているようで、あまり視界はよくありません。

  • リマには定刻の16時50分に到着。<br />到着後、宿泊ホテルに向かいます。

    リマには定刻の16時50分に到着。
    到着後、宿泊ホテルに向かいます。

  • 今回の宿泊ホテルはシェラトンホテル。<br />さすがシェラトンだけあって立派なエントランスです。

    今回の宿泊ホテルはシェラトンホテル。
    さすがシェラトンだけあって立派なエントランスです。

  • こちらがフロントです。<br />とても広々としたロビーです。

    こちらがフロントです。
    とても広々としたロビーです。

  • 客室は普通のツインルームです。<br />広さも大きなトランク二つが何とか広げられるスペースです。

    客室は普通のツインルームです。
    広さも大きなトランク二つが何とか広げられるスペースです。

  • こちらが洗面所で、バス・トイレとは分かれています。

    こちらが洗面所で、バス・トイレとは分かれています。

  • こちらがバス・トイレです。<br />マチュピチュではシャワーのみだったので、今日はバスタブに浸かって体を休められそうです。

    こちらがバス・トイレです。
    マチュピチュではシャワーのみだったので、今日はバスタブに浸かって体を休められそうです。

  • 本日の夕食はホテルのレストランでいただきます。<br />相変わらずポテトとトマトの料理が多かったです。<br />ここのホテルは地下道を使ってショッピングセンターに行けますので、食事後そこに行き会社のバラまき用のお土産を買いました。(結構安く買えました)<br />翌日は最後の観光のナスカの地上絵見学。<br />ホテルを朝5時45分に出発するので早めに休みました。

    本日の夕食はホテルのレストランでいただきます。
    相変わらずポテトとトマトの料理が多かったです。
    ここのホテルは地下道を使ってショッピングセンターに行けますので、食事後そこに行き会社のバラまき用のお土産を買いました。(結構安く買えました)
    翌日は最後の観光のナスカの地上絵見学。
    ホテルを朝5時45分に出発するので早めに休みました。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ペルーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ペルー最安 560円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ペルーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集