クスコ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
前から行ってみたかったマチュピチュ。<br />ただ日本から見ると気候も時差も真反対。<br />行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港<br />4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光<br />4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動<br />4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学<br />4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動<br />4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動<br />4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動<br />4月28日:マチュピチュ遺跡観光<br />4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動<br />4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る<br />5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動<br />5月2日:ロサンゼルスより羽田空港<br />5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。<br />今回は観光7日目(4月27日)クスコ観光を紹介します。<br />クスコ観光は高地だけど、何とか高山病にならずにマチュピチュ村まで移動できました。<br />でも富士山とほぼ同等の3000m級の高地なのに、人が住めるなんて驚きです。

南米の13日間世界遺産巡り(その7)クスコ観光編

9いいね!

2016/04/21 - 2016/05/03

253位(同エリア735件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

前から行ってみたかったマチュピチュ。
ただ日本から見ると気候も時差も真反対。
行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。
今回の旅程は、
4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港
4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光
4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動
4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学
4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動
4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動
4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動
4月28日:マチュピチュ遺跡観光
4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動
4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る
5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動
5月2日:ロサンゼルスより羽田空港
5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。
今回は観光7日目(4月27日)クスコ観光を紹介します。
クスコ観光は高地だけど、何とか高山病にならずにマチュピチュ村まで移動できました。
でも富士山とほぼ同等の3000m級の高地なのに、人が住めるなんて驚きです。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
鉄道 観光バス 飛行機
航空会社
ラタム チリ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 4月27日(水)。早くも旅行7日目。<br />本日の予定は、リマよりクスコへ飛行機で移動し、クスコ市内観光後いよいよマチュピチュ遺跡のあるマチュピチュ村への移動です。<br />リマ発9時の飛行機に乗らなければならないため、ホテルを6時に出発。<br />何度も利用したリマ空港に到着して、搭乗手続きを行い出発まで免税店などを散策します。

    4月27日(水)。早くも旅行7日目。
    本日の予定は、リマよりクスコへ飛行機で移動し、クスコ市内観光後いよいよマチュピチュ遺跡のあるマチュピチュ村への移動です。
    リマ発9時の飛行機に乗らなければならないため、ホテルを6時に出発。
    何度も利用したリマ空港に到着して、搭乗手続きを行い出発まで免税店などを散策します。

  • これを見るとはるばるペルーまで来たという感じがします。

    これを見るとはるばるペルーまで来たという感じがします。

  • 今回は国内線ですので、セキュリティーチェックも緩く、日本と同様に水なども持ち込みできます。

    今回は国内線ですので、セキュリティーチェックも緩く、日本と同様に水なども持ち込みできます。

  • この飛行機でクスコまでひとっ飛びします。<br />飛行機はいつものラン航空LA−2123便。<br />リマを9時5分出発し、クスコには10時35分到着予定の1時間30分のフライトです。

    この飛行機でクスコまでひとっ飛びします。
    飛行機はいつものラン航空LA−2123便。
    リマを9時5分出発し、クスコには10時35分到着予定の1時間30分のフライトです。

  • 定刻に出発し、アンデスの山々を越えて行きます。<br />高度1万mを飛んでいるのですが、アンデスの山々が高いので地面が近くに見えます。

    定刻に出発し、アンデスの山々を越えて行きます。
    高度1万mを飛んでいるのですが、アンデスの山々が高いので地面が近くに見えます。

  • 1時間30分のフライトですがお菓子と飲み物のサービスがあります。<br />青色の袋に入っているのがジャイアントコーンを揚げて塩をまぶしたもので、日本のソラマメを煎ったような味です。<br />それにしてもジャイアントコーンの粒はとても大きかったです。<br />ビールのあてには最高です。

    1時間30分のフライトですがお菓子と飲み物のサービスがあります。
    青色の袋に入っているのがジャイアントコーンを揚げて塩をまぶしたもので、日本のソラマメを煎ったような味です。
    それにしてもジャイアントコーンの粒はとても大きかったです。
    ビールのあてには最高です。

  • 遠くの山々には万年雪がかかっています。<br />この便は、マチュピチュ観光の乗客が多く、ほぼ満席状態でした。<br />これに乗ると私達と同様に、その日のうちにクスコ観光後マチュピチュ村に行けるので利用客が多いようです。

    遠くの山々には万年雪がかかっています。
    この便は、マチュピチュ観光の乗客が多く、ほぼ満席状態でした。
    これに乗ると私達と同様に、その日のうちにクスコ観光後マチュピチュ村に行けるので利用客が多いようです。

  • ほぼ定刻通り10時30分にクスコに到着。<br />眼下には日干し煉瓦の赤い建物が多く見られます。

    ほぼ定刻通り10時30分にクスコに到着。
    眼下には日干し煉瓦の赤い建物が多く見られます。

  • 地方空港とはいうもののマチュピチュの玄関口の空港ですので飛行機はターミナルに直結されます。

    地方空港とはいうもののマチュピチュの玄関口の空港ですので飛行機はターミナルに直結されます。

  • これはペルー警察の飛行機のようです。

    これはペルー警察の飛行機のようです。

  • マチュピチュには大きな荷物が持ち込めないので、私たちの大きなトランクはリマのホテルに預け、リュックのような小さな荷物のみを機内持ち込みとして持ってきたので、到着後すぐに観光に行けました。

    マチュピチュには大きな荷物が持ち込めないので、私たちの大きなトランクはリマのホテルに預け、リュックのような小さな荷物のみを機内持ち込みとして持ってきたので、到着後すぐに観光に行けました。

  • さっそく観光バスへ移動します。<br />ただ高度が3500mもあるのでちょっと息苦しい感じです。<br />添乗員さんに言われたのは、走らない、大きな声を出さない、怒らないです。

    さっそく観光バスへ移動します。
    ただ高度が3500mもあるのでちょっと息苦しい感じです。
    添乗員さんに言われたのは、走らない、大きな声を出さない、怒らないです。

  • 空港前のモニュメントです。<br />この日もとてもいい天気です。<br />それにしても息苦しい。

    空港前のモニュメントです。
    この日もとてもいい天気です。
    それにしても息苦しい。

  • これが空港ターミナルです。<br />シンプルな空港です。

    これが空港ターミナルです。
    シンプルな空港です。

  • 空港駐車場にマチュピチュのポスター発見。<br />明日行くから待っててね。<br />何となくテンションが上がります。

    空港駐車場にマチュピチュのポスター発見。
    明日行くから待っててね。
    何となくテンションが上がります。

  • 山には何かの絵があります。<br />これはペルーの国章だそうです。

    山には何かの絵があります。
    これはペルーの国章だそうです。

  • ここはサント・ドミンゴ教会の前の通りです。<br />道路はきれいに整備されています。

    ここはサント・ドミンゴ教会の前の通りです。
    道路はきれいに整備されています。

  • この通りの向こう側にサント・ドミンゴ教会があります。

    この通りの向こう側にサント・ドミンゴ教会があります。

  • その前の広場には何かのイベント用の椅子がきれいに並べられていました。<br />行ったとき、花火が上げられていましたので何かのイベントがあるようです。

    その前の広場には何かのイベント用の椅子がきれいに並べられていました。
    行ったとき、花火が上げられていましたので何かのイベントがあるようです。

  • そばにはきれいな花が咲いています。

    そばにはきれいな花が咲いています。

  • まずはサント・ドミンゴ教会を見学します。<br />この教会はスペインが造ったものですが、元はインカ時代のコリカンチャ=太陽神殿でした。<br />スペイン人はインカ人が造ったコリカンチャの土台の石組を利用し、その上に教会を建てました。<br />インカ帝国の公用語であったケチュア語で「コリ」とは「黄金」、「カンチャ」とは「部屋」とか「囲い場」を意味します。<br />コリカンチャは黄金の太陽の神を祭ったインカ帝国最高の神殿でした。<br />1533年フランシスコ・ピサロがクスコに入城し、壁などに敷き詰められていた黄金をすべて奪い去ったそうです。<br />たぶん莫大な金銀・宝石などの財宝が盗み取られたのだと思います。<br />

    まずはサント・ドミンゴ教会を見学します。
    この教会はスペインが造ったものですが、元はインカ時代のコリカンチャ=太陽神殿でした。
    スペイン人はインカ人が造ったコリカンチャの土台の石組を利用し、その上に教会を建てました。
    インカ帝国の公用語であったケチュア語で「コリ」とは「黄金」、「カンチャ」とは「部屋」とか「囲い場」を意味します。
    コリカンチャは黄金の太陽の神を祭ったインカ帝国最高の神殿でした。
    1533年フランシスコ・ピサロがクスコに入城し、壁などに敷き詰められていた黄金をすべて奪い去ったそうです。
    たぶん莫大な金銀・宝石などの財宝が盗み取られたのだと思います。

  • サント・ドミンゴ教会から眺めた市街です。<br />空から眺めた景色と同様に日干し煉瓦の家が多くあります。

    サント・ドミンゴ教会から眺めた市街です。
    空から眺めた景色と同様に日干し煉瓦の家が多くあります。

  • 観光地のため、現地の娘さんが民族衣装を来て写真のモデルになっています。<br />もちろん一緒に写真を撮るとチップ代わりの御礼が必要です。

    観光地のため、現地の娘さんが民族衣装を来て写真のモデルになっています。
    もちろん一緒に写真を撮るとチップ代わりの御礼が必要です。

  • これがサント・ドミンゴ教会の中庭です。<br />これらの建物はスペイン人によって建てられたものです。

    これがサント・ドミンゴ教会の中庭です。
    これらの建物はスペイン人によって建てられたものです。

  • これはコリカンチャ(太陽神殿)のケルカでインカの世界観が描かれた金の板(レプリカ)です。

    これはコリカンチャ(太陽神殿)のケルカでインカの世界観が描かれた金の板(レプリカ)です。

  • これがその説明板です。<br />インカの世界観では世界は三層に分かれています。<br />コンドルが守る天上の世界、ピューマが守る地上の世界、蛇が守る地下の世界だそうです。<br />マチュピチュ遺跡でもこれらの世界観が残っています。

    これがその説明板です。
    インカの世界観では世界は三層に分かれています。
    コンドルが守る天上の世界、ピューマが守る地上の世界、蛇が守る地下の世界だそうです。
    マチュピチュ遺跡でもこれらの世界観が残っています。

  • それにしてもとても天気が良く、高地のせいか空気も澄み切っています。<br />少ない空気だけど、とてもおいしい気がします。

    それにしてもとても天気が良く、高地のせいか空気も澄み切っています。
    少ない空気だけど、とてもおいしい気がします。

  • これは教会の土台になっています、インカ時代の石組です。<br />とても精密に組み上げられています。<br />スペイン人はこの強固な石組を利用してその上に教会を建てています。

    これは教会の土台になっています、インカ時代の石組です。
    とても精密に組み上げられています。
    スペイン人はこの強固な石組を利用してその上に教会を建てています。

  • アップするとこんな感じです。クスコでは12角の石が有名ですが、これも周りの石と隙間なくピッタリ結合しています。

    アップするとこんな感じです。クスコでは12角の石が有名ですが、これも周りの石と隙間なくピッタリ結合しています。

  • これもインカの宇宙観を描いた絵です。<br />ガイドさんに説明してもらったのですが、すっかり忘れてしまいました。

    これもインカの宇宙観を描いた絵です。
    ガイドさんに説明してもらったのですが、すっかり忘れてしまいました。

  • これはインカの石組の上に描かれた絵です。<br />スペイン人は、インカを征服したのち、コリカンチャと呼ばれる太陽の神殿を壊し、その上部にこの教会を建てたものです。<br />これは流用したインカ時代の石組の上に漆喰を塗り、絵を描いたものです。

    これはインカの石組の上に描かれた絵です。
    スペイン人は、インカを征服したのち、コリカンチャと呼ばれる太陽の神殿を壊し、その上部にこの教会を建てたものです。
    これは流用したインカ時代の石組の上に漆喰を塗り、絵を描いたものです。

  • これがインカ時代の石組用の石です。<br />石には接合用の溝が彫られ、石どうしの隙間がなくなるよう加工されていたそうです。

    これがインカ時代の石組用の石です。
    石には接合用の溝が彫られ、石どうしの隙間がなくなるよう加工されていたそうです。

  • これはインカ時代貴重だった貝殻です。<br />ここは山の中だったため海の貝殻はとても貴重だったようです。<br />海に行くにはアンデスの山々を何日もかけて越えなければなりません。<br />ひょっとすると当時は、金より価値があったのかもしれません。

    これはインカ時代貴重だった貝殻です。
    ここは山の中だったため海の貝殻はとても貴重だったようです。
    海に行くにはアンデスの山々を何日もかけて越えなければなりません。
    ひょっとすると当時は、金より価値があったのかもしれません。

  • この日は天気も良く、現地の女の子も暑そうで、日陰に入っています。

    この日は天気も良く、現地の女の子も暑そうで、日陰に入っています。

  • サント・ドミンゴ教会観光後、徒歩でアルマス広場に向かいます。<br />両側には歩道があり、そこをゆっくりと進みます。<br />(走ってはいけません。即息切れを起こします)

    サント・ドミンゴ教会観光後、徒歩でアルマス広場に向かいます。
    両側には歩道があり、そこをゆっくりと進みます。
    (走ってはいけません。即息切れを起こします)

  • この日はやはり何かのイベントがあるようで、民族衣装を着飾った子がたくさんいました。

    この日はやはり何かのイベントがあるようで、民族衣装を着飾った子がたくさんいました。

  • この通りの向こうがアルマス広場です。

    この通りの向こうがアルマス広場です。

  • 通りの両側にはお土産屋さんが並んでいます。<br />それらを見ながらアルマス広場を目指します。

    通りの両側にはお土産屋さんが並んでいます。
    それらを見ながらアルマス広場を目指します。

  • アルマス広場ではパレードが行われていました。

    アルマス広場ではパレードが行われていました。

  • 民族衣装を着た多くの人がパレードしています。<br />何のパレードかは不明です。

    民族衣装を着た多くの人がパレードしています。
    何のパレードかは不明です。

  • 車も登場します。<br />この日はあまり観光客がいませんでしたが、地元の人たちを含めて結構盛り上がっていました。

    車も登場します。
    この日はあまり観光客がいませんでしたが、地元の人たちを含めて結構盛り上がっていました。

  • これはアルマス広場の中央にあるクスコ国の9代皇帝のパチャクティの噴水です。<br />この皇帝は、小さな王国を巨大な帝国タワンティンスウユへと成長させた人です。

    これはアルマス広場の中央にあるクスコ国の9代皇帝のパチャクティの噴水です。
    この皇帝は、小さな王国を巨大な帝国タワンティンスウユへと成長させた人です。

  • これは、ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会です。<br />正面の二つの大きな塔は鐘楼で、背後のドーム状の建物は礼拝堂です。<br />いかにもスペイン風の建物です。

    これは、ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会です。
    正面の二つの大きな塔は鐘楼で、背後のドーム状の建物は礼拝堂です。
    いかにもスペイン風の建物です。

  • アルマス広場ではまだいろいろなパレードが続いています。

    アルマス広場ではまだいろいろなパレードが続いています。

  • 向こうに見えるのも何かの教会のようです。

    向こうに見えるのも何かの教会のようです。

  • ここは、ハトゥンルミヨク通りでこの向こうに有名な12角の石があります。

    ここは、ハトゥンルミヨク通りでこの向こうに有名な12角の石があります。

  • ここがそれで、ガイドさんがこれらの石について説明しているところです。<br />残念ながら私は、イヤホンガイドをバス内に忘れていたので説明を聞くことができませんでした。

    ここがそれで、ガイドさんがこれらの石について説明しているところです。
    残念ながら私は、イヤホンガイドをバス内に忘れていたので説明を聞くことができませんでした。

  • これが12角の石です。<br />確かに隙間は全くありませんでした。<br />でもどうやってこんなに精密に組み上げることができたのか不思議です。

    これが12角の石です。
    確かに隙間は全くありませんでした。
    でもどうやってこんなに精密に組み上げることができたのか不思議です。

  • 12角の石を見学したのち、アルマス広場に戻ります。

    12角の石を見学したのち、アルマス広場に戻ります。

  • ここは州立博物館のようです。

    ここは州立博物館のようです。

  • これは観光用オープンバスのようです。<br />ここは雨が少ないのでオープンバスでもいいのかも。

    これは観光用オープンバスのようです。
    ここは雨が少ないのでオープンバスでもいいのかも。

  • クスコ市内観光後、マチュピチュ村行の列車がでるオリャンタイタンポ駅にバスで向かいます。

    クスコ市内観光後、マチュピチュ村行の列車がでるオリャンタイタンポ駅にバスで向かいます。

  • 途中このような遺跡のそばも通ります。<br />クスコには、インカ時代の多くの遺跡があります。

    途中このような遺跡のそばも通ります。
    クスコには、インカ時代の多くの遺跡があります。

  • これも何かの遺跡のようです。

    これも何かの遺跡のようです。

  • 本日の昼食はボックス弁当。<br />弁当というものの、パスタのサラダとおやつのようなものです。<br />バスの中で食べたのであまり味は覚えていません。<br />ただオレンジは日本のミカンのようでした。

    本日の昼食はボックス弁当。
    弁当というものの、パスタのサラダとおやつのようなものです。
    バスの中で食べたのであまり味は覚えていません。
    ただオレンジは日本のミカンのようでした。

  • クスコからオリャンタイタンポ駅まではバスで約3時間。<br />アンデスの山々を越えて走ります。<br />列車の時間が決まっているので、運転手さんも結構それに間に合うよう飛ばします。<br />途中このような小さな村を何度も抜けて行きます。

    クスコからオリャンタイタンポ駅まではバスで約3時間。
    アンデスの山々を越えて走ります。
    列車の時間が決まっているので、運転手さんも結構それに間に合うよう飛ばします。
    途中このような小さな村を何度も抜けて行きます。

  • この屋根の上の人形は、沖縄のシーサーのように家の守り神です。<br />多くの家の屋根にのっていました。

    この屋根の上の人形は、沖縄のシーサーのように家の守り神です。
    多くの家の屋根にのっていました。

  • そしてやっとオリャンタイタンポ駅に到着。<br />

    そしてやっとオリャンタイタンポ駅に到着。

  • 駅の周辺には観光客用のお店が多く並んでいます。

    駅の周辺には観光客用のお店が多く並んでいます。

  • このお店なんかは今にも倒壊しそうな建物です。<br />ここオリャンタイタンポは、スペイン軍への抗戦するため、インカ軍が拠点としたたところで、聖なる谷と呼ばれているところです。

    このお店なんかは今にも倒壊しそうな建物です。
    ここオリャンタイタンポは、スペイン軍への抗戦するため、インカ軍が拠点としたたところで、聖なる谷と呼ばれているところです。

  • これが私たちが乗車するペルーレイルのビスタドームです。<br />もうたくさんの観光客が並んでいます。<br />この駅はマチュピチュの玄関口ですのでたくさんの観光客がここに集まってきます。

    これが私たちが乗車するペルーレイルのビスタドームです。
    もうたくさんの観光客が並んでいます。
    この駅はマチュピチュの玄関口ですのでたくさんの観光客がここに集まってきます。

  • ビスタドーム号を前から見たところです。<br />ペルーレイルには、3クラスの汽車が走っていて、最高クラスがハイラム・ビンガム、次がビスタドームにバックパッカーになります。<br />私たちは2番目のビスタドームに乗車します。

    ビスタドーム号を前から見たところです。
    ペルーレイルには、3クラスの汽車が走っていて、最高クラスがハイラム・ビンガム、次がビスタドームにバックパッカーになります。
    私たちは2番目のビスタドームに乗車します。

  • これがビスタドームの車内です。<br />観光列車なので窓が天井まで続いています。<br />車内には大きな荷物が積めないので、我々は手荷物のみでマチュピチュに向かいます。<br />マチュピチュ村には、オリャンタイタンポ駅を15時37分に出発し、17時2分に到着の予定。<br />約1時間30分の乗車です。

    これがビスタドームの車内です。
    観光列車なので窓が天井まで続いています。
    車内には大きな荷物が積めないので、我々は手荷物のみでマチュピチュに向かいます。
    マチュピチュ村には、オリャンタイタンポ駅を15時37分に出発し、17時2分に到着の予定。
    約1時間30分の乗車です。

  • 車窓に万年雪をいただいた山々を見ながら進んでいきます。<br />車窓の景色は、マチュピチュに向かって左側の席のほうが景色がきれいなので、そちらに座ることをお勧めします。<br />ちなみに車両は全席、座席指定です。

    車窓に万年雪をいただいた山々を見ながら進んでいきます。
    車窓の景色は、マチュピチュに向かって左側の席のほうが景色がきれいなので、そちらに座ることをお勧めします。
    ちなみに車両は全席、座席指定です。

  • とてものどかな景色が続きます。<br />ここに生まれると一生、海を見ることなく終わるのかも・・・。

    とてものどかな景色が続きます。
    ここに生まれると一生、海を見ることなく終わるのかも・・・。

  • この路線は、単線ですのですれ違いのため何度も途中で停止します。

    この路線は、単線ですのですれ違いのため何度も途中で停止します。

  • 途中このようなティーとおやつが出てきます。<br />お茶はコカ茶で、高山病に効くそうです。<br />このコカは麻薬の一種で、アメリカや日本では違法ですので、このコカ茶やコカキャンディーなどをお土産として持って帰ることができません。<br />特にアメリカでは要注意です。<br />このコカ茶の味は、そんなに美味しいものではありません。

    途中このようなティーとおやつが出てきます。
    お茶はコカ茶で、高山病に効くそうです。
    このコカは麻薬の一種で、アメリカや日本では違法ですので、このコカ茶やコカキャンディーなどをお土産として持って帰ることができません。
    特にアメリカでは要注意です。
    このコカ茶の味は、そんなに美味しいものではありません。

  • 先ほどのテイータイムが終わると乗務員さんが車内販売を行います。<br />この日は帽子やベスト、アルパカのマフラーなどの販売がありました。

    先ほどのテイータイムが終わると乗務員さんが車内販売を行います。
    この日は帽子やベスト、アルパカのマフラーなどの販売がありました。

  • マチュピチュ村には定刻の17時2分に到着。<br />ホームに降りると、最高級列車のハイラム・ビンガムが停車していました。<br />とてもきれいな車両です。

    マチュピチュ村には定刻の17時2分に到着。
    ホームに降りると、最高級列車のハイラム・ビンガムが停車していました。
    とてもきれいな車両です。

  • 客室もとても優雅で、高級レストランのような感じです。<br />専門のコックさんも乗車しています。<br />そのため料金は、4万円以上するようです。<br />私たちが乗車したビスタドームは、52ドルでしたのでだいぶレベルが違います。

    客室もとても優雅で、高級レストランのような感じです。
    専門のコックさんも乗車しています。
    そのため料金は、4万円以上するようです。
    私たちが乗車したビスタドームは、52ドルでしたのでだいぶレベルが違います。

  • ここがマチュピチュ駅の待合所です。<br />もう夕方ですので観光客もまばらです。

    ここがマチュピチュ駅の待合所です。
    もう夕方ですので観光客もまばらです。

  • この駅からホテルまでは歩いて移動します。<br />マチュピチュ村は高度が2000m程度ですので、走っても大丈夫です。

    この駅からホテルまでは歩いて移動します。
    マチュピチュ村は高度が2000m程度ですので、走っても大丈夫です。

  • 駅には私たちと一緒の汽車で来た観光客で一杯です。<br />皆さんマチュピチュに明日行くのだと思います。

    駅には私たちと一緒の汽車で来た観光客で一杯です。
    皆さんマチュピチュに明日行くのだと思います。

  • 駅を出るとたくさんのお土産屋さんがあります。<br />その中を抜けてホテルに向かいます。

    駅を出るとたくさんのお土産屋さんがあります。
    その中を抜けてホテルに向かいます。

  • この川は、アグアス・カリエンテス川で、村の真ん中を流れています。

    この川は、アグアス・カリエンテス川で、村の真ん中を流れています。

  • 先ほどの川を渡ってもお土産屋さんが続きます。

    先ほどの川を渡ってもお土産屋さんが続きます。

  • そしてこの右側の建物が宿泊するエル・マピホテルです。<br />よく日本の団体ツアーが利用するホテルです。

    そしてこの右側の建物が宿泊するエル・マピホテルです。
    よく日本の団体ツアーが利用するホテルです。

  • これがホテルのフロントです。<br />とてもシンプルな造りです。

    これがホテルのフロントです。
    とてもシンプルな造りです。

  • 客室はこのような棟が何棟もあります。<br />私たちはこの棟の最上階の3階に宿泊しました。

    客室はこのような棟が何棟もあります。
    私たちはこの棟の最上階の3階に宿泊しました。

  • これが客室です。<br />ちょっと狭いけど清潔感があります。

    これが客室です。
    ちょっと狭いけど清潔感があります。

  • そしてこちらが洗面所です。

    そしてこちらが洗面所です。

  • ここはバスタブがなく、シャワーのみです。

    ここはバスタブがなく、シャワーのみです。

  • その後夕食まで時間があるので村を散策。<br />マチュピチュ村は観光警察の方が多く、治安がいいので夜遅くまで外出しても問題なさそうです。<br />ちなみにこの缶ビールは、村のお店で買ったもので、1本2ドルでした。<br />(このホテルの夕食時のビールは6ドルだったので格安です)<br />ただ客室には冷蔵庫がなかったので、夕食前までに飲んでしまいました。

    その後夕食まで時間があるので村を散策。
    マチュピチュ村は観光警察の方が多く、治安がいいので夜遅くまで外出しても問題なさそうです。
    ちなみにこの缶ビールは、村のお店で買ったもので、1本2ドルでした。
    (このホテルの夕食時のビールは6ドルだったので格安です)
    ただ客室には冷蔵庫がなかったので、夕食前までに飲んでしまいました。

  • 本日の夕食はホテルのレストラン。<br />これはパンプキンスープだったかな?<br />ここではお茶(コカ茶)やコーヒーは無料でした。

    本日の夕食はホテルのレストラン。
    これはパンプキンスープだったかな?
    ここではお茶(コカ茶)やコーヒーは無料でした。

  • そしてメインのマスのグリル。<br />結構おいしかったです。<br />(お昼の食事が粗末だったせいかな)

    そしてメインのマスのグリル。
    結構おいしかったです。
    (お昼の食事が粗末だったせいかな)

  • そしてこれがデザートです。<br />デザートは相変わらず甘い。<br />この日は、明日の観光に備えて早くやすみました。<br />いよいよ明日はマチュピチュ。<br />とても楽しみです。

    そしてこれがデザートです。
    デザートは相変わらず甘い。
    この日は、明日の観光に備えて早くやすみました。
    いよいよ明日はマチュピチュ。
    とても楽しみです。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ペルーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ペルー最安 560円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ペルーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集