ナスカ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
前から行ってみたかったマチュピチュ。<br />ただ日本から見ると気候も時差も真反対。<br />行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港<br />4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光<br />4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動<br />4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学<br />4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動<br />4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動<br />4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動<br />4月28日:マチュピチュ遺跡観光<br />4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動<br />4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る<br />5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動<br />5月2日:ロサンゼルスより羽田空港<br />5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。<br />今回は旅行10日目(4月30日)のナスカの地上絵観光です。<br />酔い止めを飲んでセスナに搭乗しましたが、12人乗りの比較的大型のセスナ機だったため、酔うことなく観光できました。<br />ただ地上絵を探すのが大変で、道路の線と間違えたり、キョロキョロしどうしでした。<br />それでも何とか主だった地上絵は確認することができました。

南米の13日間世界遺産巡り(その10)ナスカの地上絵観光編

10いいね!

2016/04/21 - 2016/05/03

85位(同エリア333件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

前から行ってみたかったマチュピチュ。
ただ日本から見ると気候も時差も真反対。
行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。
今回の旅程は、
4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港
4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光
4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動
4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学
4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動
4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動
4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動
4月28日:マチュピチュ遺跡観光
4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動
4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る
5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動
5月2日:ロサンゼルスより羽田空港
5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。
今回は旅行10日目(4月30日)のナスカの地上絵観光です。
酔い止めを飲んでセスナに搭乗しましたが、12人乗りの比較的大型のセスナ機だったため、酔うことなく観光できました。
ただ地上絵を探すのが大変で、道路の線と間違えたり、キョロキョロしどうしでした。
それでも何とか主だった地上絵は確認することができました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
観光バス 飛行機
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 4月30日(土)。旅行10日目。<br />今日は今回のツアーの観光最終日。<br />ナスカの地上絵の見学。<br />ナスカにはリマから遊覧飛行機が出るピスコまでバスで約4時間もかかるため、ホテルを5時45分に出発しなければなりません。<br />そのため4時に起きてホテルの朝食をいただきます。<br />時間が早いせいか料理の種類も少なく、質素な朝食になりました。

    4月30日(土)。旅行10日目。
    今日は今回のツアーの観光最終日。
    ナスカの地上絵の見学。
    ナスカにはリマから遊覧飛行機が出るピスコまでバスで約4時間もかかるため、ホテルを5時45分に出発しなければなりません。
    そのため4時に起きてホテルの朝食をいただきます。
    時間が早いせいか料理の種類も少なく、質素な朝食になりました。

  • ピスコにはパンアメリカンハイウェイで向かいます。<br />このハイウェイは、北米のアラスカから南米の最南端のティエラ・デル・フエゴまでつながっている高速道路です。<br />ものすごくスケールの大きな高速道路です。

    ピスコにはパンアメリカンハイウェイで向かいます。
    このハイウェイは、北米のアラスカから南米の最南端のティエラ・デル・フエゴまでつながっている高速道路です。
    ものすごくスケールの大きな高速道路です。

  • 途中、6月に行われる大統領選挙の看板が多く見られます。<br />これは前フジモリ大統領の娘さん、大統領候補のケイコさんです。

    途中、6月に行われる大統領選挙の看板が多く見られます。
    これは前フジモリ大統領の娘さん、大統領候補のケイコさんです。

  • ピスコまでは海岸線の砂漠地帯に沿って南下していきます。<br />ペルーでは土地所有者のいない国有地がたくさんあり、自分たちが空いた土地に家を建て、何年かすんだり事業を行うと自分の土地になるそうです。<br />日本では信じられない制度です。

    ピスコまでは海岸線の砂漠地帯に沿って南下していきます。
    ペルーでは土地所有者のいない国有地がたくさんあり、自分たちが空いた土地に家を建て、何年かすんだり事業を行うと自分の土地になるそうです。
    日本では信じられない制度です。

  • ピスコに近づいてくると田舎町でよく走っている三輪車が増えてきます。<br />日本の軽自動車の感覚で乗っているようで、インドや中国製の車だそうです。

    ピスコに近づいてくると田舎町でよく走っている三輪車が増えてきます。
    日本の軽自動車の感覚で乗っているようで、インドや中国製の車だそうです。

  • 田舎町の風景です。<br />とてものどかな雰囲気です。

    田舎町の風景です。
    とてものどかな雰囲気です。

  • 家の造りはエジプトと同様に日干し煉瓦で建設されています。

    家の造りはエジプトと同様に日干し煉瓦で建設されています。

  • これがナスカの地上絵の遊覧飛行機が発着するピスコ空港です。<br />遊覧飛行機に搭乗するので、空港税として4ドルが必要です。<br />空港とはいっても遊覧飛行のみで他の航空路線はないようです。

    これがナスカの地上絵の遊覧飛行機が発着するピスコ空港です。
    遊覧飛行機に搭乗するので、空港税として4ドルが必要です。
    空港とはいっても遊覧飛行のみで他の航空路線はないようです。

  • ここが受付カウンターで、ここで一人づつ女性陣には恐怖の体重測定を行います。<br />体重に合わせて座席が決まるようですが、実際はカップルどうし隣の席になりました。(もちろん体重に合わせて運賃も差がありません)<br />日本人の場合は、そんなに太った人がいないので、体重測定は意味がないようです。

    ここが受付カウンターで、ここで一人づつ女性陣には恐怖の体重測定を行います。
    体重に合わせて座席が決まるようですが、実際はカップルどうし隣の席になりました。(もちろん体重に合わせて運賃も差がありません)
    日本人の場合は、そんなに太った人がいないので、体重測定は意味がないようです。

  • 受付が終わると遊覧飛行でも一応手荷物検査とセキュリティーチェックが行われます。

    受付が終わると遊覧飛行でも一応手荷物検査とセキュリティーチェックが行われます。

  • ここが遊覧飛行の待合室です。<br />この日はあまり観光客もいなかったです。

    ここが遊覧飛行の待合室です。
    この日はあまり観光客もいなかったです。

  • こちらが遊覧飛行機で観光客の人数に合わせて機体が変わるようです。<br />ちなみに小型機ほど旋回性能が良いので飛行機酔いしやすいようです。<br />私たちはこの待合時間中に酔い止めの薬を飲みます。

    こちらが遊覧飛行機で観光客の人数に合わせて機体が変わるようです。
    ちなみに小型機ほど旋回性能が良いので飛行機酔いしやすいようです。
    私たちはこの待合時間中に酔い止めの薬を飲みます。

  • これが私たちが搭乗したセスナ機で、12人が乗れます。

    これが私たちが搭乗したセスナ機で、12人が乗れます。

  • 機内はこんな感じで、左右どちらかの窓から地上絵が見られるようになっています。

    機内はこんな感じで、左右どちらかの窓から地上絵が見られるようになっています。

  • このイラストが地上絵の配置図で、これらの上空を順番に飛んでいきます。

    このイラストが地上絵の配置図で、これらの上空を順番に飛んでいきます。

  • ピスコの空港を離陸してナスカに向かいます。<br />ピスコの天気は曇りでナスカの地上絵が見られるか不安です。

    ピスコの空港を離陸してナスカに向かいます。
    ピスコの天気は曇りでナスカの地上絵が見られるか不安です。

  • ピスコの上空には厚い雲があり、地上が見渡せません。

    ピスコの上空には厚い雲があり、地上が見渡せません。

  • さらに進んでいくと雲がどんどん薄くなってきます。<br />何とか地上絵が見られそうです。

    さらに進んでいくと雲がどんどん薄くなってきます。
    何とか地上絵が見られそうです。

  • きれいに水平線も見えます。<br />周辺は砂漠が続いています。

    きれいに水平線も見えます。
    周辺は砂漠が続いています。

  • これは砂漠の中のパンアメリカンハイウェイです。<br />ただこの道を走っていて車が故障するとどうなるんだろう?<br />砂漠の中で死んでしまうかも。

    これは砂漠の中のパンアメリカンハイウェイです。
    ただこの道を走っていて車が故障するとどうなるんだろう?
    砂漠の中で死んでしまうかも。

  • しばらくすると地上絵が見えてきます。<br />搭乗時、パイロットに一人1ドルづつ集めたチップを渡したのでとても機嫌よく地上絵を紹介してくれます。

    しばらくすると地上絵が見えてきます。
    搭乗時、パイロットに一人1ドルづつ集めたチップを渡したのでとても機嫌よく地上絵を紹介してくれます。

  • これはクジラです。<br />クジラの胴体部を道路が通っているので見落としてしまいそうです。<br />ちなみにペルーにはクジラはいません。

    これはクジラです。
    クジラの胴体部を道路が通っているので見落としてしまいそうです。
    ちなみにペルーにはクジラはいません。

  • そしてこちらが不等辺四辺形。<br />この地上絵はすぐわかります。<br />似たような地上絵はたくさんありました。

    そしてこちらが不等辺四辺形。
    この地上絵はすぐわかります。
    似たような地上絵はたくさんありました。

  • これもそうです。

    これもそうです。

  • これは宇宙飛行士<br />山の斜面に描かれています。<br />小さく見えますがこれでも全長32mもあります。<br />でもこれって子供の絵のようです。

    これは宇宙飛行士
    山の斜面に描かれています。
    小さく見えますがこれでも全長32mもあります。
    でもこれって子供の絵のようです。

  • これはわかりにくいですが、サルです。<br />地上絵は太陽の光の関係で見やすい角度と見にくい角度があり、よく見ないと見失ってしまいます。

    これはわかりにくいですが、サルです。
    地上絵は太陽の光の関係で見やすい角度と見にくい角度があり、よく見ないと見失ってしまいます。

  • そしてこれはハチドリです。<br />全長96mもあり、とてもわかりやすい地上絵です。

    そしてこれはハチドリです。
    全長96mもあり、とてもわかりやすい地上絵です。

  • これはコンドルの絵です。<br />道路などが走っているためわかりにくいです。<br />よく見てください。

    これはコンドルの絵です。
    道路などが走っているためわかりにくいです。
    よく見てください。

  • これは手と木の地上絵で、地上の展望台の上側が手で、下側に木の地上絵があります。

    これは手と木の地上絵で、地上の展望台の上側が手で、下側に木の地上絵があります。

  • これは手の地上絵で、右手には指が4本しかありません。

    これは手の地上絵で、右手には指が4本しかありません。

  • こちらは木の地上絵のアップです。<br />これは全長70mもあります。

    こちらは木の地上絵のアップです。
    これは全長70mもあります。

  • これオウムの絵です。<br />セスナのパイロットから右下、左下と言われ地上絵を探すのに一生懸命になり、飛行機酔いもしませんでした。<br />ただカメラのファインダーをズ〜と眺めていると酔いますので注意が必要です。

    これオウムの絵です。
    セスナのパイロットから右下、左下と言われ地上絵を探すのに一生懸命になり、飛行機酔いもしませんでした。
    ただカメラのファインダーをズ〜と眺めていると酔いますので注意が必要です。

  • 地上絵上空の飛行は約30分程度。<br />地上絵を探すのに一生懸命になり、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

    地上絵上空の飛行は約30分程度。
    地上絵を探すのに一生懸命になり、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

  • セスナの遊覧飛行は揺れもなく快適でした。<br />今回は少し大型のセスナだったため酔わなかったのかもしれません。<br />それにしても絶景です。

    セスナの遊覧飛行は揺れもなく快適でした。
    今回は少し大型のセスナだったため酔わなかったのかもしれません。
    それにしても絶景です。

  • 太平洋が見えてきてもう少しでピスコ空港です。<br />約2時間のフライトの終了です。

    太平洋が見えてきてもう少しでピスコ空港です。
    約2時間のフライトの終了です。

  • 空港に着陸し、パイロットと記念撮影して終了です。<br />それにしても誰が何の目的で地上絵を描いたのか不思議です。<br />それと誰がこの絵を発見したのかな?

    空港に着陸し、パイロットと記念撮影して終了です。
    それにしても誰が何の目的で地上絵を描いたのか不思議です。
    それと誰がこの絵を発見したのかな?

  • ナスカの地上絵を見学後、昼食レストランに向かいます。<br />ここがそのレストランで、本日のメニューはシーフードライスです。

    ナスカの地上絵を見学後、昼食レストランに向かいます。
    ここがそのレストランで、本日のメニューはシーフードライスです。

  • これが前菜。<br />初めてジャイアントコーンをいただきました。<br />味は普通のトウモロコシです。

    これが前菜。
    初めてジャイアントコーンをいただきました。
    味は普通のトウモロコシです。

  • これがメインのシーフードライスで、エビやイカなどのシーフードが沢山入ってとてもおいしかったです。

    これがメインのシーフードライスで、エビやイカなどのシーフードが沢山入ってとてもおいしかったです。

  • その後、リマに4時間かけて戻ります。

    その後、リマに4時間かけて戻ります。

  • 途中、トイレ休憩を兼ねて寄った土産物屋さん。<br />朝にもここに立ち寄り、土産品の下見をしたので、帰りに土産物を買います。<br />ここは日系の方が経営している店で、日本語も通じます。<br />この辺りは治安が悪いのか、高い塀に囲まれ、観光バスが来ると大きなドアが開いて駐車場に入るようになっています。

    途中、トイレ休憩を兼ねて寄った土産物屋さん。
    朝にもここに立ち寄り、土産品の下見をしたので、帰りに土産物を買います。
    ここは日系の方が経営している店で、日本語も通じます。
    この辺りは治安が悪いのか、高い塀に囲まれ、観光バスが来ると大きなドアが開いて駐車場に入るようになっています。

  • 中に入るとマチュピチュの大きなパネルがあり、ここで記念撮影できるようになっています。<br />マチュピチュに行った気になります。<br />こんな天気だったら最高だと思います。

    中に入るとマチュピチュの大きなパネルがあり、ここで記念撮影できるようになっています。
    マチュピチュに行った気になります。
    こんな天気だったら最高だと思います。

  • 土産物屋さんの中はこんな感じでペルーのいろいろなお土産が並んでいます。

    土産物屋さんの中はこんな感じでペルーのいろいろなお土産が並んでいます。

  • 私が買ったのがこのエケコ人形。<br />商売繁盛、家庭円満の守り神です。<br />エケコ神に好物のタバコをくわえさせ金運をあげて、また旅行に出かけたいと思います。

    私が買ったのがこのエケコ人形。
    商売繁盛、家庭円満の守り神です。
    エケコ神に好物のタバコをくわえさせ金運をあげて、また旅行に出かけたいと思います。

  • 朝6時前にリマを出発し、ピスコをに行き、引き返すともう夕暮れになってしまいます。<br />高速道を走るといっても片道250Km以上もあるので結構時間がかかります。

    朝6時前にリマを出発し、ピスコをに行き、引き返すともう夕暮れになってしまいます。
    高速道を走るといっても片道250Km以上もあるので結構時間がかかります。

  • 結局リマには夜の7時30分に帰ってきました。<br />本日の夕食は日本食レストラン。

    結局リマには夜の7時30分に帰ってきました。
    本日の夕食は日本食レストラン。

  • リマでは有名な日本食レストランで、幕の内弁当の夕食。<br />味はまずまずでした。<br />(気分的にはクスコに戻る途中に食べたおにぎり弁当のほうがおいしかったです)<br />このお店にはリマに駐在する日本のビジネスマンが多く来ていました。<br />このあと、シェラトンホテルに戻り明日から帰国しますので荷造りなどをして休みました。<br />長かった南米旅行の観光も今日で終了。<br />明日からまた帰国までの大移動が始まります。

    リマでは有名な日本食レストランで、幕の内弁当の夕食。
    味はまずまずでした。
    (気分的にはクスコに戻る途中に食べたおにぎり弁当のほうがおいしかったです)
    このお店にはリマに駐在する日本のビジネスマンが多く来ていました。
    このあと、シェラトンホテルに戻り明日から帰国しますので荷造りなどをして休みました。
    長かった南米旅行の観光も今日で終了。
    明日からまた帰国までの大移動が始まります。

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ペルーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ペルー最安 560円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ペルーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集