リマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
前から行ってみたかったマチュピチュ。<br />ただ日本から見ると気候も時差も真反対。<br />行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。<br />今回の旅程は、<br />4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港<br />4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光<br />4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動<br />4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学<br />4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動<br />4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動<br />4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動<br />4月28日:マチュピチュ遺跡観光<br />4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動<br />4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る<br />5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動<br />5月2日:ロサンゼルスより羽田空港<br />5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。<br />今回は旅行2日目(4月22日)のリマ市内観光を紹介します。<br />観光したところは、大聖堂、サンフランシスコ教会、マヨール広場、ラルコ博物館と恋人たちの公園です。<br />リマの町並みはスペインの植民地時代の建物が多く残る、ヨーロッパ風の街でした。

南米の13日間世界遺産巡り(その2)リマ市内観光編

7いいね!

2016/04/21 - 2016/05/03

224位(同エリア639件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

前から行ってみたかったマチュピチュ。
ただ日本から見ると気候も時差も真反対。
行くには体力もお金もかかるけど、行くのは今しかないと思い、4月21日より13日間の阪急旅行社のツアーで出かけてきました。
今回の旅程は、
4月21日:大阪空港より羽田空港へ行き、深夜便でロサンゼンルス空港
4月22日:ロサンゼルスよりペルーのリマに移動し、リマ市内観光
4月23日:リマからブラジルのイグナスへ移動
4月24日:イグナスの滝をアルゼンチン側とブラジル側から見学
4月25日:アルゼンチンの三国国境地帯を見学後ブエノスアイレスに移動
4月26日:ブエノスアイレス市内観光後、リマに移動
4月27日:リマからクスコ市内観光後、マチュピチュに移動
4月28日:マチュピチュ遺跡観光
4月29日:マチュピチュよりマラスの塩田見学後クスコ経由リマに移動
4月30日:ピスコに行きナスカの地上絵見学後リマに戻る
5月1日:リマよりロサンゼルスへ移動
5月2日:ロサンゼルスより羽田空港
5月3日:早朝に羽田空港着後大阪空港に移動し、帰宅。
今回は旅行2日目(4月22日)のリマ市内観光を紹介します。
観光したところは、大聖堂、サンフランシスコ教会、マヨール広場、ラルコ博物館と恋人たちの公園です。
リマの町並みはスペインの植民地時代の建物が多く残る、ヨーロッパ風の街でした。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
3.5
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
観光バス
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 4月22日(旅行2日目)<br />大移動後のいよいよ観光の始まりです。<br />本日の観光はリマ市内観光。<br />荷物をバスに積み込み、現地添乗員さんといざ出発。

    4月22日(旅行2日目)
    大移動後のいよいよ観光の始まりです。
    本日の観光はリマ市内観光。
    荷物をバスに積み込み、現地添乗員さんといざ出発。

  • リマ市内の様子です。<br />リマは交通インフラが発達しておらず、車社会で慢性渋滞が多いとのこと。<br />そのため交通マナーも極めて悪いです。<br />昔の中国のようにクラクションがついていない車は運転できないとのこと。

    リマ市内の様子です。
    リマは交通インフラが発達しておらず、車社会で慢性渋滞が多いとのこと。
    そのため交通マナーも極めて悪いです。
    昔の中国のようにクラクションがついていない車は運転できないとのこと。

  • この日は昼間のため渋滞もなく、始めの観光地のサンフランシスコ教会目指していきます。

    この日は昼間のため渋滞もなく、始めの観光地のサンフランシスコ教会目指していきます。

  • 旧市街は、信号も少なく公園の中央を回って放射線状に広がる道へ進路変更するようになっています。

    旧市街は、信号も少なく公園の中央を回って放射線状に広がる道へ進路変更するようになっています。

  • これがその公園の中央の銅像で、銅像を修理中のようです。

    これがその公園の中央の銅像で、銅像を修理中のようです。

  • 道路は片側4車線の比較的大きな道路です。<br />交差点では信号はあるものの、車優先ですので歩行者は車の合間を縫って横断します。

    道路は片側4車線の比較的大きな道路です。
    交差点では信号はあるものの、車優先ですので歩行者は車の合間を縫って横断します。

  • ここが始めの観光地のサンフランシスコ教会です。<br />リマは、フンボルト海流の影響で、湿度の高い大気の塊が冷やされ、年中曇りの日が多いそうですが、この日はとてもいい天気。<br />添乗員も久し振りにリマの青空を見たとのことです。

    ここが始めの観光地のサンフランシスコ教会です。
    リマは、フンボルト海流の影響で、湿度の高い大気の塊が冷やされ、年中曇りの日が多いそうですが、この日はとてもいい天気。
    添乗員も久し振りにリマの青空を見たとのことです。

  • これは教会の前の建物です。

    これは教会の前の建物です。

  • サンフランシスコ教会の建物で、中央の扉の上にはマリア様がいます。

    サンフランシスコ教会の建物で、中央の扉の上にはマリア様がいます。

  • それをアップしたのがこれです。

    それをアップしたのがこれです。

  • そしてこちらが教会の正面です。<br />幾度もの改築を経て1672年に完成したもので、バロック様式の正面装飾がとても素敵です。

    そしてこちらが教会の正面です。
    幾度もの改築を経て1672年に完成したもので、バロック様式の正面装飾がとても素敵です。

  • それをアップしたのがこの写真です。

    それをアップしたのがこの写真です。

  • さらにアップするとこんな感じで、精密な彫刻で素敵です。<br />教会内は写真撮影禁止で、教会の地下には人骨のある墓場もあります。

    さらにアップするとこんな感じで、精密な彫刻で素敵です。
    教会内は写真撮影禁止で、教会の地下には人骨のある墓場もあります。

  • サンフランシスコ教会見学後、徒歩でアルマス広場に向かいます。<br />この左右の建物も昔ながらの建物です。

    サンフランシスコ教会見学後、徒歩でアルマス広場に向かいます。
    この左右の建物も昔ながらの建物です。

  • この2階のバルコニーを見てください。<br />思い思いの趣向を凝らしたとても立派な造りになっています。<br />日本の昔のウダツのように、このバルコニーはお金持ちのステイタスになっていたようです。

    この2階のバルコニーを見てください。
    思い思いの趣向を凝らしたとても立派な造りになっています。
    日本の昔のウダツのように、このバルコニーはお金持ちのステイタスになっていたようです。

  • この通りの正面がアルマス広場で、この旧市街にはたくさんの昔ながらの建物が続いています。<br />この街灯も素敵です。

    この通りの正面がアルマス広場で、この旧市街にはたくさんの昔ながらの建物が続いています。
    この街灯も素敵です。

  • この建物は、デサンパラドス駅で、イエズス会の教会があったところにコロニアル様式で建てられたものです。<br />ちなみに駅名は、『捨てられた』という意味だそうです。<br />

    この建物は、デサンパラドス駅で、イエズス会の教会があったところにコロニアル様式で建てられたものです。
    ちなみに駅名は、『捨てられた』という意味だそうです。

  • 先ほどの通りを抜けて行くと、遠くにアルマス広場にあるカテドラルが見えてきます。

    先ほどの通りを抜けて行くと、遠くにアルマス広場にあるカテドラルが見えてきます。

  • それにしてもこの街灯はとても素敵です。<br />日本のように電線がないのが一番です。<br />日本の観光地も早く電線の埋設化を進めてほしいものです。

    イチオシ

    それにしてもこの街灯はとても素敵です。
    日本のように電線がないのが一番です。
    日本の観光地も早く電線の埋設化を進めてほしいものです。

  • この周辺の建物もとても素敵です。

    この周辺の建物もとても素敵です。

  • カテドラルを横から眺めるとこんな感じです。<br />インカ帝国を滅ぼしたスペイン軍は、1535年にリマの建設に着手し、他の植民地と同様に町の中心にアルマス広場と大聖堂を配し、その周りを碁盤の目状に街を作っていったそうです。

    カテドラルを横から眺めるとこんな感じです。
    インカ帝国を滅ぼしたスペイン軍は、1535年にリマの建設に着手し、他の植民地と同様に町の中心にアルマス広場と大聖堂を配し、その周りを碁盤の目状に街を作っていったそうです。

  • アルマス広場には観光用の馬車も走っています。<br />何か昔にタイムスリップしたような気分になれます。

    アルマス広場には観光用の馬車も走っています。
    何か昔にタイムスリップしたような気分になれます。

  • アルマス広場の中心には噴水があり、その周囲に大聖堂や大統領府、市庁舎が並んでいます。

    アルマス広場の中心には噴水があり、その周囲に大聖堂や大統領府、市庁舎が並んでいます。

  • これがカテドラルで、建設当時は藁葺屋根とレンガ作りの建物でしたが、改築を重ねて高さ17mもの巨大な聖堂になったそうです。<br />現在の姿は19世紀初めに建築されたものです。

    イチオシ

    これがカテドラルで、建設当時は藁葺屋根とレンガ作りの建物でしたが、改築を重ねて高さ17mもの巨大な聖堂になったそうです。
    現在の姿は19世紀初めに建築されたものです。

  • そしてこちらはカテドラルに続いている、リマ大司教博物館です。<br />こちらもとても立派な建物です。

    そしてこちらはカテドラルに続いている、リマ大司教博物館です。
    こちらもとても立派な建物です。

  • こちらは、大統領府で、ペルーを征服したピサロの邸宅跡に建てられたものです。<br />1600年の完成後も改築が繰り返され、1938年にポーランド人建築家によって現在のデザインになったそうです。

    こちらは、大統領府で、ペルーを征服したピサロの邸宅跡に建てられたものです。
    1600年の完成後も改築が繰り返され、1938年にポーランド人建築家によって現在のデザインになったそうです。

  • 良く見るとちょうど大統領府の衛兵の交代式が行われていました。

    良く見るとちょうど大統領府の衛兵の交代式が行われていました。

  • そしてこちらがリマ市庁舎で、1944年に建てられたものだそうです。<br />そのため他の建物より比較的新しく、ネオバロック様式の外観とルネッサンス様式を汲んだデザインの内装が特徴だそうです。<br />今回は観光ですので、内部には入りません。

    そしてこちらがリマ市庁舎で、1944年に建てられたものだそうです。
    そのため他の建物より比較的新しく、ネオバロック様式の外観とルネッサンス様式を汲んだデザインの内装が特徴だそうです。
    今回は観光ですので、内部には入りません。

  • そのほかにもこのような素敵な建物があり、中にはスポーツジムやショップが入っているそうです。

    そのほかにもこのような素敵な建物があり、中にはスポーツジムやショップが入っているそうです。

  • それにしてもこのカテドラルはとても絵になります。<br />まさしく世界遺産です。

    イチオシ

    それにしてもこのカテドラルはとても絵になります。
    まさしく世界遺産です。

  • 旧市街の観光後昼食レストランに向かいます。<br />日本を出発して、この35時間に何回目の食事だろう?<br />体重計に乗るのが怖くなってしまいます。

    旧市街の観光後昼食レストランに向かいます。
    日本を出発して、この35時間に何回目の食事だろう?
    体重計に乗るのが怖くなってしまいます。

  • 昼食レストランは、ラファエル・ラルコ・エレーラ博物館の前にある、ブーゲンビリアの花に囲まれたところです。

    昼食レストランは、ラファエル・ラルコ・エレーラ博物館の前にある、ブーゲンビリアの花に囲まれたところです。

  • この日の気温は25度くらいでしたが、ブーゲンビリアが満開です。

    この日の気温は25度くらいでしたが、ブーゲンビリアが満開です。

  • いろいろな色のブーゲンビリアの花が咲き乱れていて圧倒されます。

    いろいろな色のブーゲンビリアの花が咲き乱れていて圧倒されます。

  • これもそうです。

    これもそうです。

  • そしてこちらがレストラン。<br />昼を回っていましたが先客の外人観光客が食事をとっていました。

    そしてこちらがレストラン。
    昼を回っていましたが先客の外人観光客が食事をとっていました。

  • レストランに庭にもブーゲンビリアの花があり、韓国の済州島にあるような石の人形もありました。

    レストランに庭にもブーゲンビリアの花があり、韓国の済州島にあるような石の人形もありました。

  • レストランの庭の向こうに見えるのが食事後に観光するラルコ博物館です。

    レストランの庭の向こうに見えるのが食事後に観光するラルコ博物館です。

  • そしてこちらが食事の前菜。<br />チーズが入った野菜サラダです。<br />ビールもクスコビール(330ml)で、ちょっと高目の1本5ドルでした。

    そしてこちらが食事の前菜。
    チーズが入った野菜サラダです。
    ビールもクスコビール(330ml)で、ちょっと高目の1本5ドルでした。

  • こちらがメインディッシュのペルー風リゾット。<br />味付けも良くおいしくいただきました。<br />ペルーの料理は日本人の口に合います。

    こちらがメインディッシュのペルー風リゾット。
    味付けも良くおいしくいただきました。
    ペルーの料理は日本人の口に合います。

  • 昼食後このラルク博物館を見学します。<br />ここの博物館は、フラッシュを使わなければ、撮影OKです。

    昼食後このラルク博物館を見学します。
    ここの博物館は、フラッシュを使わなければ、撮影OKです。

  • 博物館の中には発掘や収集された置物や飾り物などが数多く展示されています。

    博物館の中には発掘や収集された置物や飾り物などが数多く展示されています。

  • ここにはペルーの考古学者ラファエル・ラルコ・ホイレが、ペルー北海岸に栄えたモチェ文化の土器を中心に、アンデス文明に関する貴重な個人コレクション約4万5000点が展示されています。<br /><br />

    ここにはペルーの考古学者ラファエル・ラルコ・ホイレが、ペルー北海岸に栄えたモチェ文化の土器を中心に、アンデス文明に関する貴重な個人コレクション約4万5000点が展示されています。

  • とても素朴な男の子の土偶です。<br />ペルーのトイレ表示はこのような絵文字が多く、男女の区別はおちんちんのあるなしです。<br />慣れるまではどちらが男子用かわからず、うろうろしてしまいます。

    イチオシ

    とても素朴な男の子の土偶です。
    ペルーのトイレ表示はこのような絵文字が多く、男女の区別はおちんちんのあるなしです。
    慣れるまではどちらが男子用かわからず、うろうろしてしまいます。

  • とてもリアルな器です。<br />アメリカインディアンの流れを汲んでいるのかな?

    とてもリアルな器です。
    アメリカインディアンの流れを汲んでいるのかな?

  • これはキリスト教に関する布だったと思います。

    これはキリスト教に関する布だったと思います。

  • これも精緻な絵が施されています。<br />何か日本のアニメのような絵です。

    これも精緻な絵が施されています。
    何か日本のアニメのような絵です。

  • ここからが装飾物で、これは天然石の首飾りです。<br />この博物館には、日本語での解説もされているのでガイドさんの説明がなくても鑑賞できます。

    ここからが装飾物で、これは天然石の首飾りです。
    この博物館には、日本語での解説もされているのでガイドさんの説明がなくても鑑賞できます。

  • そしてこちらが黄金の頭飾りで、モチェ文化(紀元後1世紀〜8世紀)頃のものです。<br />これらの頭飾りは最重要人物らによって使用されたそうです。<br />でもこんなのかぶったら頭が重いよね。<br />

    そしてこちらが黄金の頭飾りで、モチェ文化(紀元後1世紀〜8世紀)頃のものです。
    これらの頭飾りは最重要人物らによって使用されたそうです。
    でもこんなのかぶったら頭が重いよね。

  • そしてやはりメインはこれ。<br />金の葬儀用具一式。<br />古代アンデスの冶金技術は、チムー文化において最盛期を迎え、この展示品は世界中の博物館の所蔵品の中で唯一存在するチムー文化の金装身具一式だそうです。<br />それにしてもまばゆい。<br />持って帰りたくなります。

    そしてやはりメインはこれ。
    金の葬儀用具一式。
    古代アンデスの冶金技術は、チムー文化において最盛期を迎え、この展示品は世界中の博物館の所蔵品の中で唯一存在するチムー文化の金装身具一式だそうです。
    それにしてもまばゆい。
    持って帰りたくなります。

  • 次に向かったのがこの日最後の観光地の恋人たちの公園。<br />この名前通り、多くのカップルが来ていました。

    次に向かったのがこの日最後の観光地の恋人たちの公園。
    この名前通り、多くのカップルが来ていました。

  • ちょうど日暮れ前。<br />太平洋に沈む夕陽です。<br />この海の向こうに日本があります。<br />そのためペルーの人は、日系人も多いこともあり、日本を親近感を持って隣国だと言っています。<br />何せ日本はこの太平洋に隣接した国です。

    ちょうど日暮れ前。
    太平洋に沈む夕陽です。
    この海の向こうに日本があります。
    そのためペルーの人は、日系人も多いこともあり、日本を親近感を持って隣国だと言っています。
    何せ日本はこの太平洋に隣接した国です。

  • 恋人たちの公園の公園といえば、この像。<br />見ている私たちが恥ずかしくなります。<br />南米の人は情熱的です。

    恋人たちの公園の公園といえば、この像。
    見ている私たちが恥ずかしくなります。
    南米の人は情熱的です。

  • 観光後、やっと宿泊ホテルに到着。<br />今回の宿泊ホテルは、サン アグスティン エクスクルーシブ。<br />エキストラベッド付きの部屋でしたので、通常のツインより広い部屋でした。<br />そのため大きなトランクを二つ広げても十分な広さです。 

    観光後、やっと宿泊ホテルに到着。
    今回の宿泊ホテルは、サン アグスティン エクスクルーシブ。
    エキストラベッド付きの部屋でしたので、通常のツインより広い部屋でした。
    そのため大きなトランクを二つ広げても十分な広さです。 

  • そしてこちらが洗面・浴室です。<br />一応バスタブもついています。<br />ただ南米の国は、トイレに紙を流せないのでとても不便です。<br />この部屋のトイレは喚起が不十分で、臭いがこもって大変でした。<br />やはり日本のトイレは世界一です。<br />今回も携帯式のウォシュレットが大活躍でした。

    そしてこちらが洗面・浴室です。
    一応バスタブもついています。
    ただ南米の国は、トイレに紙を流せないのでとても不便です。
    この部屋のトイレは喚起が不十分で、臭いがこもって大変でした。
    やはり日本のトイレは世界一です。
    今回も携帯式のウォシュレットが大活躍でした。

  • 夕食はホテルのレストラン。<br />もちろんビールを注文。<br />2種類のビールをいただきましたが、左側のクリスタルビールは結構コクがありました。<br />ちなみに今回のビールは1本3ドルと安かったです。<br />今回は南米の3か国を回りましたが、結局現地通貨に両替せず、すべてドルで支払いました。

    夕食はホテルのレストラン。
    もちろんビールを注文。
    2種類のビールをいただきましたが、左側のクリスタルビールは結構コクがありました。
    ちなみに今回のビールは1本3ドルと安かったです。
    今回は南米の3か国を回りましたが、結局現地通貨に両替せず、すべてドルで支払いました。

  • これは前菜で、生春巻きかクレープのようなものの中に野菜やシーフードが入っており美味しかったです。

    これは前菜で、生春巻きかクレープのようなものの中に野菜やシーフードが入っており美味しかったです。

  • そしてこちらがメインディッシュのポークです。<br />結構ボリュームがあります。<br />ソースが少し甘かったですがおいしくいただきました。<br />その後甘いデザートが出てきました。<br />食事後、この日はさすがに部屋に戻り風呂に入って爆睡しました。<br />明日は、ブラジルのイグアスの滝までの移動。<br />早く時差ボケを直さなくては・・・。<br />翌日の様子は次の旅行記に記します。<br />ではおやすみなさい。

    そしてこちらがメインディッシュのポークです。
    結構ボリュームがあります。
    ソースが少し甘かったですがおいしくいただきました。
    その後甘いデザートが出てきました。
    食事後、この日はさすがに部屋に戻り風呂に入って爆睡しました。
    明日は、ブラジルのイグアスの滝までの移動。
    早く時差ボケを直さなくては・・・。
    翌日の様子は次の旅行記に記します。
    ではおやすみなさい。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ペルーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ペルー最安 560円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ペルーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集