壱岐旅行記(ブログ) 一覧に戻る
懐具合にも依りますが(って常に話は金銭絡み)、此処数年2月、6月、11月は何れかで、もしくは全てで海外に出てました。が、今年は未だ国内待機。どうにもストレス溜まります。<br />だってね、「あっ、このツアー激安じゃん!けど8日間なんて無理。休めてたら絶対行ったなぁ」ってmixiで呟いたら(紹介したら)、それ読んでそのツアーに参加した方から御礼言われちゃったりして、何処か行かなきゃ熱はかなり上がっていたのです。<br />で、あちこちのサイトやらパンフやらでツアーを探した訳ですよ、最大2泊3日程度で今まで行った事無い所へ格安に行けちゃうヤツを。<br /><br /> 往復の飛行機代に2名1室2泊3日のホテル代、フェリー代金を含めた観光と5回の食事付きで39990円という格安なツアーを見つけ、前回同様mixiで紹介したところ、行っても良いよって奇特なマイミク(S)さんが現れ、ご一緒する事になりました。<br /> 「PHOさんに任せとけば面白そうな旅先見つけてくれそうだと思った」って。そう、8日間の海外ツアーに出かけたのもその方でした。<br /><br /> 梅雨の最中、お天気を心配しながら、心待ちにした久々の団体ツアー。申し込んだのはこれです。<br />http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=78111&amp;p_hei=10<br /><br />初日は午後出発の移動日のようなモノでしたから、観光第一日目と言えるのがこの日。<br /><br />壱岐島は佐賀県北端部の東松浦半島から北北西に約20kmの玄界灘上に位置しています。<br />詳しくはhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%B1%E5%B2%90%E5%B3%B6

九州島めぐり 壱岐島・平戸島・九十九島3日間 <壱岐島観光part2>

47いいね!

2015/06/20 - 2015/06/22

12位(同エリア179件中)

0

49

PHOPHOCHANG

PHOPHOCHANGさん

懐具合にも依りますが(って常に話は金銭絡み)、此処数年2月、6月、11月は何れかで、もしくは全てで海外に出てました。が、今年は未だ国内待機。どうにもストレス溜まります。
だってね、「あっ、このツアー激安じゃん!けど8日間なんて無理。休めてたら絶対行ったなぁ」ってmixiで呟いたら(紹介したら)、それ読んでそのツアーに参加した方から御礼言われちゃったりして、何処か行かなきゃ熱はかなり上がっていたのです。
で、あちこちのサイトやらパンフやらでツアーを探した訳ですよ、最大2泊3日程度で今まで行った事無い所へ格安に行けちゃうヤツを。

往復の飛行機代に2名1室2泊3日のホテル代、フェリー代金を含めた観光と5回の食事付きで39990円という格安なツアーを見つけ、前回同様mixiで紹介したところ、行っても良いよって奇特なマイミク(S)さんが現れ、ご一緒する事になりました。
「PHOさんに任せとけば面白そうな旅先見つけてくれそうだと思った」って。そう、8日間の海外ツアーに出かけたのもその方でした。

梅雨の最中、お天気を心配しながら、心待ちにした久々の団体ツアー。申し込んだのはこれです。
http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_course_id=78111&p_hei=10

初日は午後出発の移動日のようなモノでしたから、観光第一日目と言えるのがこの日。

壱岐島は佐賀県北端部の東松浦半島から北北西に約20kmの玄界灘上に位置しています。
詳しくはhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%B1%E5%B2%90%E5%B3%B6

旅行の満足度
3.5
同行者
友人
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 続いては同じ八幡半島の反対側に鎮座する、はらほげ地蔵です。時間が許せば徒歩でグルッと八幡半島を廻ってみたいところです、1時間もかからないので。 <br /><br />で、はらほげ地蔵とは何ぞや?<br />はらほげとは当地の方言で、腹がほげている=お腹に穴があいていると言う意味です。 <br />港の端、海の中に立つ六地蔵で、満潮時にはお地蔵様の腰までが潮に浸かるそうです。 <br /><br />さて、今の時間はどうでしょう?

    続いては同じ八幡半島の反対側に鎮座する、はらほげ地蔵です。時間が許せば徒歩でグルッと八幡半島を廻ってみたいところです、1時間もかからないので。

    で、はらほげ地蔵とは何ぞや?
    はらほげとは当地の方言で、腹がほげている=お腹に穴があいていると言う意味です。
    港の端、海の中に立つ六地蔵で、満潮時にはお地蔵様の腰までが潮に浸かるそうです。

    さて、今の時間はどうでしょう?

  • あらっ?かなり引いてますね。<br />どなたか先客が既に涎掛けをめくってくれています(って駄目でしょ、そのままじゃ!)。<br />ほげてるの見えるかな?

    あらっ?かなり引いてますね。
    どなたか先客が既に涎掛けをめくってくれています(って駄目でしょ、そのままじゃ!)。
    ほげてるの見えるかな?

  • 穴とは言っても貫通してる訳ではなく、お賽銭をあげられる程度、10円玉が何枚か重ねられるくらいの小さな窪みでした。 <br />が、小さな窪みだけではお賽銭が入りきらないので、肩からズタ袋を下げているのです

    穴とは言っても貫通してる訳ではなく、お賽銭をあげられる程度、10円玉が何枚か重ねられるくらいの小さな窪みでした。
    が、小さな窪みだけではお賽銭が入りきらないので、肩からズタ袋を下げているのです

  • 足元にひたひた程度まで潮が引いていたので近くに寄って見る事が出来ました。<br />が、PHOは腰まで浸かっているお地蔵様を見たかったのでした

    足元にひたひた程度まで潮が引いていたので近くに寄って見る事が出来ました。
    が、PHOは腰まで浸かっているお地蔵様を見たかったのでした

  • PHOのイメージしていたお地蔵様の在り方と全然違ったのです。<br />こんなに綺麗な石畳だったりせず、そんなにシッカリした階段など設置されてはおらず、あんなに次から次へと団体バスが押し寄せたりせず、もっとずっと鄙びた感じの六地蔵だと思ってたのですよ。まぁ、お地蔵様自体はそうですけどね。<br />漁港整備で移動させられちゃったから今の状態になったのです

    PHOのイメージしていたお地蔵様の在り方と全然違ったのです。
    こんなに綺麗な石畳だったりせず、そんなにシッカリした階段など設置されてはおらず、あんなに次から次へと団体バスが押し寄せたりせず、もっとずっと鄙びた感じの六地蔵だと思ってたのですよ。まぁ、お地蔵様自体はそうですけどね。
    漁港整備で移動させられちゃったから今の状態になったのです

  • 六地蔵なのに大きさバラバラ。味わい有り☆<br />こうして人の居ない写真を撮るには、やっぱタイミングをズラさなくちゃならないのです。<br />が、毎回毎回最後にバスへ戻って来るのが同じ顔だと、他のツアー客が不機嫌になるのは経験上判っています。<br />次は早めにバスに帰ってなくてはと意識するPHOでした<br /><br />

    六地蔵なのに大きさバラバラ。味わい有り☆
    こうして人の居ない写真を撮るには、やっぱタイミングをズラさなくちゃならないのです。
    が、毎回毎回最後にバスへ戻って来るのが同じ顔だと、他のツアー客が不機嫌になるのは経験上判っています。
    次は早めにバスに帰ってなくてはと意識するPHOでした

  • 敢えてお地蔵様の裏側に廻って足を濡らしたPHOでしたが、こういう時の為に(?)濡れてもOKな安いサンダル履いてます。<br /><br />バイバイ、お地蔵様♪<br /><br />

    敢えてお地蔵様の裏側に廻って足を濡らしたPHOでしたが、こういう時の為に(?)濡れてもOKな安いサンダル履いてます。

    バイバイ、お地蔵様♪

  • 車窓から見える海は清石浜です。<br />玄界灘とは思いもよらない綺麗な海☆シャワーのみ完備。泳げます

    車窓から見える海は清石浜です。
    玄界灘とは思いもよらない綺麗な海☆シャワーのみ完備。泳げます

  • 通路側の席から撮影してるので、と言う理由で(?)ブレまくり。<br /><br />そう言えば、この壱岐島内では壱岐交通の観光バスに乗りました。<br />当然バスガイドさんが居ます。多分20代だったでしょう。決して未熟ではなかったのですが、ゴメンね、そのバスガイドさんの口癖がかなり気になっちゃうPHOでした(帰りのフェリー乗り場で、PHO以外にもそう感じた方が居たのを知りました)。 <br />「〜〜ですので。」って言うんですよ。だから、「ので、何?」って次の言葉を待つと、それで終わりなんです。 <br />「ので」って接続詞と言うか、活用語の連体形に付いて、後ろの叙述の原因・理由・根拠・動機などを表す言葉ですよね。「暑かったーー、喉が渇いた」とか、「朝早く起きたーー、眠い」とか、後ろに続く言葉が有って然るべきなのですが、其処で終わっちゃうんですよ。<br />「こちらでバスを降ります。」って言えば済む事を、「こちらでバスを降りますので。」って言うので、その後に「お支度してお待ちください。」とかって続くのかと思うでしょ、続かないの。それが毎度毎度だからイラッとさせられました。 <br />細かい事ですが、1回しか来ない所だったりすると、そのガイドさんで旅先の印象大きく変わりますからね <br /><br />で、<br />どんなのかと言うと、全ての語尾に「ですので」って付くのです。<br />例えば「次の下車観光地は○○ですので」などと言う訳です。<br />「次の下車観光地は○○ですので」なら、「到着まで約20分ほどかかります」なり何なり、次の言葉を予想して待ってるとはぐらかされた感が・・<br />大した事では有りません。が、何度も何度も繰り返されると、「頼む!言い切ってくれ」と思うのです、ストレスになります(笑)

    通路側の席から撮影してるので、と言う理由で(?)ブレまくり。

    そう言えば、この壱岐島内では壱岐交通の観光バスに乗りました。
    当然バスガイドさんが居ます。多分20代だったでしょう。決して未熟ではなかったのですが、ゴメンね、そのバスガイドさんの口癖がかなり気になっちゃうPHOでした(帰りのフェリー乗り場で、PHO以外にもそう感じた方が居たのを知りました)。
    「〜〜ですので。」って言うんですよ。だから、「ので、何?」って次の言葉を待つと、それで終わりなんです。
    「ので」って接続詞と言うか、活用語の連体形に付いて、後ろの叙述の原因・理由・根拠・動機などを表す言葉ですよね。「暑かったーー、喉が渇いた」とか、「朝早く起きたーー、眠い」とか、後ろに続く言葉が有って然るべきなのですが、其処で終わっちゃうんですよ。
    「こちらでバスを降ります。」って言えば済む事を、「こちらでバスを降りますので。」って言うので、その後に「お支度してお待ちください。」とかって続くのかと思うでしょ、続かないの。それが毎度毎度だからイラッとさせられました。
    細かい事ですが、1回しか来ない所だったりすると、そのガイドさんで旅先の印象大きく変わりますからね

    で、
    どんなのかと言うと、全ての語尾に「ですので」って付くのです。
    例えば「次の下車観光地は○○ですので」などと言う訳です。
    「次の下車観光地は○○ですので」なら、「到着まで約20分ほどかかります」なり何なり、次の言葉を予想して待ってるとはぐらかされた感が・・
    大した事では有りません。が、何度も何度も繰り返されると、「頼む!言い切ってくれ」と思うのです、ストレスになります(笑)

  • 海沿いを離れて、島の中心部辺りを横断します。その中心に近い葦辺町国分東触に在る月読神社というパワースポットにも立ち寄りました。<br />60数段の石段を上がった先に神社が在ります。<br />PHOはパワースポットとかおまじないとかお祈りとかに全く興味が無いので、此処はサックリ切り上げる事が出来るでしょう。目論見通りですね。<br />つか、此処でも最後尾。<br />鳥居を潜ろうとしている後姿は、このツアー唯一親子連れで参加されてるお2人です

    海沿いを離れて、島の中心部辺りを横断します。その中心に近い葦辺町国分東触に在る月読神社というパワースポットにも立ち寄りました。
    60数段の石段を上がった先に神社が在ります。
    PHOはパワースポットとかおまじないとかお祈りとかに全く興味が無いので、此処はサックリ切り上げる事が出来るでしょう。目論見通りですね。
    つか、此処でも最後尾。
    鳥居を潜ろうとしている後姿は、このツアー唯一親子連れで参加されてるお2人です

  • ご夫婦でご参加の方。<br />勝手な事言って、大変申し訳無いのですが、Sさんとも共通した感想だったので敢えて書きます。<br /><br />人それぞれだと言う事は百も承知ですが、何故か男性客の服装が全員ダサいのです。SさんもPHOも独身ですが、「『ツレにあんな格好して欲しい』って思えるようなコーディネイトした人誰も居ないよね」って意見が一致したのです。<br />特にご夫婦で参加なさっていらっしゃるなら、当然奥様としては旦那様の格好は気にならないはずは無いと思います。奥様方はそれぞれそこそこお洒落してご参加です、にもかかわらず・・それとも、PHOが現実を見ていないのでしょうか?

    ご夫婦でご参加の方。
    勝手な事言って、大変申し訳無いのですが、Sさんとも共通した感想だったので敢えて書きます。

    人それぞれだと言う事は百も承知ですが、何故か男性客の服装が全員ダサいのです。SさんもPHOも独身ですが、「『ツレにあんな格好して欲しい』って思えるようなコーディネイトした人誰も居ないよね」って意見が一致したのです。
    特にご夫婦で参加なさっていらっしゃるなら、当然奥様としては旦那様の格好は気にならないはずは無いと思います。奥様方はそれぞれそこそこお洒落してご参加です、にもかかわらず・・それとも、PHOが現実を見ていないのでしょうか?

  • お社はあまりに小さくて「えっ?」って感じ。お社と言うよりお御籤売り場窓口みたい

    お社はあまりに小さくて「えっ?」って感じ。お社と言うよりお御籤売り場窓口みたい

  • PHOはお社の後ろの廻ってみました。そしたらこんなのが・・

    PHOはお社の後ろの廻ってみました。そしたらこんなのが・・

  • 更に皆が上り下りしていた階段から離れて右へ下ると、こんな所も・・

    更に皆が上り下りしていた階段から離れて右へ下ると、こんな所も・・

  • そのまま下ったら、こんな十字路に行き当たりました。何だかのんびりした感じ

    そのまま下ったら、こんな十字路に行き当たりました。何だかのんびりした感じ

  • お約束通り、早めにバスに戻りますが、その前に月読神社の由来などをご覧ください。<br />ザッと述べておきますね。<br />月読神社は伊邪那岐命、伊邪那美命の御親神が天照大御神の次にお生みになった月読尊を祀っています。<br />此処、壱岐島の月読神社が全国の月読神社の元宮で、日本最古の神社とも言われています

    お約束通り、早めにバスに戻りますが、その前に月読神社の由来などをご覧ください。
    ザッと述べておきますね。
    月読神社は伊邪那岐命、伊邪那美命の御親神が天照大御神の次にお生みになった月読尊を祀っています。
    此処、壱岐島の月読神社が全国の月読神社の元宮で、日本最古の神社とも言われています

  • はい、誰も居ません。って事は、またもバスへ戻るのは遅いって??<br /><br />いえいえ、バスへは一番乗りしましたよ。皆さん下りて来ていないタイミングだったのです。<br /><br />もう間もなく12時半になろうとしています。当然次は食事だろうと思っていたら、「船の時間が動かせないので、先に観光を済ませてからのお食事となります。お食事が済んだら、港へご案内」なのだそうです。 <br />つまり、お昼に有りつけるのは1時半頃になるとの事でした。 <br />朝ガッツリ食べて来て良かったですが、それならそうと、夕べにうちにひと言そう言っておいてくれれば良かったのに(お菓子を持って来るなり手が打てた)と思ったのはPHOだけなのか、誰からも文句どころか声ひとつ上がりませんでした

    はい、誰も居ません。って事は、またもバスへ戻るのは遅いって??

    いえいえ、バスへは一番乗りしましたよ。皆さん下りて来ていないタイミングだったのです。

    もう間もなく12時半になろうとしています。当然次は食事だろうと思っていたら、「船の時間が動かせないので、先に観光を済ませてからのお食事となります。お食事が済んだら、港へご案内」なのだそうです。
    つまり、お昼に有りつけるのは1時半頃になるとの事でした。
    朝ガッツリ食べて来て良かったですが、それならそうと、夕べにうちにひと言そう言っておいてくれれば良かったのに(お菓子を持って来るなり手が打てた)と思ったのはPHOだけなのか、誰からも文句どころか声ひとつ上がりませんでした

  • 再び海側へ出て来ました。湯の本湾です。<br />途中、鬼の岩窟、風土記の丘と言った古墳関連の観光スポットが集中している島の中央部(国道382号亀石交差点付近)を通過しましたが、残念ながら立ち寄りは無し。<br />島内に宿泊して、朝から観光する場合にはそれらも周遊コースに含まれるようですが、PHOらは日帰りなので、島の北端のイルカパークにも足を運ばず、島の中央付近の東西両端をベルト状に観光した形でした

    再び海側へ出て来ました。湯の本湾です。
    途中、鬼の岩窟、風土記の丘と言った古墳関連の観光スポットが集中している島の中央部(国道382号亀石交差点付近)を通過しましたが、残念ながら立ち寄りは無し。
    島内に宿泊して、朝から観光する場合にはそれらも周遊コースに含まれるようですが、PHOらは日帰りなので、島の北端のイルカパークにも足を運ばず、島の中央付近の東西両端をベルト状に観光した形でした

  • 湯の本には温泉が在るのですよ。<br />壱岐島唯一の温泉場(街と言うほどでは無いそうな)湯の本温泉では7ヶ所の温泉施設巡りの出来る湯巡り手形「島の温泉 湯めぐり夢気分」1500円が有ります

    湯の本には温泉が在るのですよ。
    壱岐島唯一の温泉場(街と言うほどでは無いそうな)湯の本温泉では7ヶ所の温泉施設巡りの出来る湯巡り手形「島の温泉 湯めぐり夢気分」1500円が有ります

  • 黒崎砲台路入り口です。<br />砲台跡への入り口だった所です。が、此処では下車しません、と言うか、内部で崩落が起こって危険なので、砲台の下からの見学は出来なくなっています。完全に閉鎖したようには見えないですから、自己責任で入るのは可能なのかな?

    黒崎砲台路入り口です。
    砲台跡への入り口だった所です。が、此処では下車しません、と言うか、内部で崩落が起こって危険なので、砲台の下からの見学は出来なくなっています。完全に閉鎖したようには見えないですから、自己責任で入るのは可能なのかな?

  • 何だかんだで最後の観光立ち寄り場所、東洋一の砲台跡&猿岩です。此処は郷ノ浦町新田触で、島の西側、黒崎半島の外れです。 <br /><br />で、バスは更に丘を上って、下車後この通路を歩き、砲台跡は上から見下ろします

    何だかんだで最後の観光立ち寄り場所、東洋一の砲台跡&猿岩です。此処は郷ノ浦町新田触で、島の西側、黒崎半島の外れです。

    で、バスは更に丘を上って、下車後この通路を歩き、砲台跡は上から見下ろします

  • 東洋一とは言っても、砲台「跡」です、台すら在りません。此処に砲台が置かれていましたって穴が在るだけ。そして演習以外では一度もその東洋一の砲台は使われなかったという冗談のような本当の話も聞きました。 何故なら、こんなに巨大な軍事施設が海に向かって剥き出しで配置されたら敵は気付きますよね。<br />つか、解説を聞くまで、PHOはずっと昔のモノだと思ってたのですよ。たった1台ポツンと砲台造ったって、つまり、空からの攻撃は想定してない時代なのだろうと勘違いしてました。<br />が、実際は対馬海峡を航行する敵の艦船を攻撃する目的で、太平洋戦争の時に造られました。口径41cmのカノン砲二門の要塞砲で、1tの弾丸を35Kmも飛ばす威力があり、玄界灘をすべて射程内にしていたとの事ですが、造った方が大いなる勘違いしてたのですね

    東洋一とは言っても、砲台「跡」です、台すら在りません。此処に砲台が置かれていましたって穴が在るだけ。そして演習以外では一度もその東洋一の砲台は使われなかったという冗談のような本当の話も聞きました。 何故なら、こんなに巨大な軍事施設が海に向かって剥き出しで配置されたら敵は気付きますよね。
    つか、解説を聞くまで、PHOはずっと昔のモノだと思ってたのですよ。たった1台ポツンと砲台造ったって、つまり、空からの攻撃は想定してない時代なのだろうと勘違いしてました。
    が、実際は対馬海峡を航行する敵の艦船を攻撃する目的で、太平洋戦争の時に造られました。口径41cmのカノン砲二門の要塞砲で、1tの弾丸を35Kmも飛ばす威力があり、玄界灘をすべて射程内にしていたとの事ですが、造った方が大いなる勘違いしてたのですね

  • 巨大だって事はお判りいただけたかと

    巨大だって事はお判りいただけたかと

  • さて、さっきとは別の階段を下りて来たところに猿岩が在ります。海蝕崖の玄武岩で高さは50mも在りますが、猿に見えますか?

    さて、さっきとは別の階段を下りて来たところに猿岩が在ります。海蝕崖の玄武岩で高さは50mも在りますが、猿に見えますか?

  • アップにしてみます

    アップにしてみます

  • 砲台跡へはガイドさんに連れられての行動でしたが、猿岩では展望台の上で15分のフリータイムが設けられました。 <br />郷ノ浦町のアンテナショップ「お猿のかご屋」と言う名の売店も在り、ところてんやアイスクリームが売られています。それらも魅力では有りましたが、PHOは猿岩の猿(斜め後ろから見てそう見える)が猿に見えないと言われている方角の草地へと走りました。<br />何回も走ってますが、決して走るの好きじゃないですよ。単に欲が深いだけです

    砲台跡へはガイドさんに連れられての行動でしたが、猿岩では展望台の上で15分のフリータイムが設けられました。
    郷ノ浦町のアンテナショップ「お猿のかご屋」と言う名の売店も在り、ところてんやアイスクリームが売られています。それらも魅力では有りましたが、PHOは猿岩の猿(斜め後ろから見てそう見える)が猿に見えないと言われている方角の草地へと走りました。
    何回も走ってますが、決して走るの好きじゃないですよ。単に欲が深いだけです

  • 草原と書かれた辺りへ行こうとしているのです

    草原と書かれた辺りへ行こうとしているのです

  • 汗だくになりながらも、不気味に崩れた猿の顔(見なきゃ良かったレベル)を見る事が出来ました。勿論そんなトコまで足を延ばしたのは43人中PHO1人でした

    汗だくになりながらも、不気味に崩れた猿の顔(見なきゃ良かったレベル)を見る事が出来ました。勿論そんなトコまで足を延ばしたのは43人中PHO1人でした

  • 今はもう見慣れたので、「変な顔」程度としか思いませんが、最初にこの顔(?)に出くわした時は、呪われてる!とさえ思った程のインパクトでした<br />

    今はもう見慣れたので、「変な顔」程度としか思いませんが、最初にこの顔(?)に出くわした時は、呪われてる!とさえ思った程のインパクトでした

  • ゆっくり眺めていたい景色でした、暑かったですが

    ゆっくり眺めていたい景色でした、暑かったですが

  • 意外と斜めってますね。行った時は急いでたのであまり気にしませんでした(って逆だろ、上りなんだから)

    意外と斜めってますね。行った時は急いでたのであまり気にしませんでした(って逆だろ、上りなんだから)

  • そうそう、この吼えてるような顔が怖かったのです。<br />ほぼ全身が見える所まで行くと、其処から先はさっきの左京鼻のような断崖でしたから、近付かずに引き返しました

    そうそう、この吼えてるような顔が怖かったのです。
    ほぼ全身が見える所まで行くと、其処から先はさっきの左京鼻のような断崖でしたから、近付かずに引き返しました

  • 今思うと犬とかライオンとか別の動物に見えなくもないですね、顔は無視して

    今思うと犬とかライオンとか別の動物に見えなくもないですね、顔は無視して

  • 薊の棘に引っかかりながら戻って来ました

    薊の棘に引っかかりながら戻って来ました

  • そしたらバスでも通過してくれたのです

    そしたらバスでも通過してくれたのです

  • 漸く食事に有り付けます。<br />正に予告通り、ピッタリ1時半に国道382号線沿い、郷ノ浦町東に在る昼食場所の「うにの専門店あまごころ本舗」へと到着しました。 <br />工場見学も兼ねているとの事でしたが、うにの種類を説明してもらった程度で、作業場などは見られず、2階の食堂へと案内されました。それがエスカレーターなのです。物凄い違和感ヒシヒシと感じましたね。団体集めて儲かってんなぁ、みたいな

    漸く食事に有り付けます。
    正に予告通り、ピッタリ1時半に国道382号線沿い、郷ノ浦町東に在る昼食場所の「うにの専門店あまごころ本舗」へと到着しました。
    工場見学も兼ねているとの事でしたが、うにの種類を説明してもらった程度で、作業場などは見られず、2階の食堂へと案内されました。それがエスカレーターなのです。物凄い違和感ヒシヒシと感じましたね。団体集めて儲かってんなぁ、みたいな

  • ほぼ同じ内容の食事が供されたと思える団体の立ち去った痕。と言うか、港からも観光地からも温泉からも離れた国道沿いですから、団体しか来ない模様

    ほぼ同じ内容の食事が供されたと思える団体の立ち去った痕。と言うか、港からも観光地からも温泉からも離れた国道沿いですから、団体しか来ない模様

  • ランチにしては豪華です。これにうに釜飯が付きます

    ランチにしては豪華です。これにうに釜飯が付きます

  • 此処での食事は予めうに釜飯定食と明記されていたので、うにの苦手なSさんの分は釜飯を白いご飯に替えておいてもらいました。テーブルの上はあくまで釜飯のお釜で外から見分けが付かない配慮になっていたのは良かったです。 <br />実は(既に皆さんご存知ですが)、Sさんよりもはるかに激しい偏食のPHOは、昨日から何度もサラダやフルーツをSさんに引き受けていただいてたのです

    此処での食事は予めうに釜飯定食と明記されていたので、うにの苦手なSさんの分は釜飯を白いご飯に替えておいてもらいました。テーブルの上はあくまで釜飯のお釜で外から見分けが付かない配慮になっていたのは良かったです。
    実は(既に皆さんご存知ですが)、Sさんよりもはるかに激しい偏食のPHOは、昨日から何度もサラダやフルーツをSさんに引き受けていただいてたのです

  • 壱岐牛です。昨日の佐賀牛は見事な霜降りでしたが、今日のは赤身です。勿論まずくは無いのですが、同じ陶板焼きだったし、比べちゃうんですよね、だいぶ噛み応えが有りました。<br />

    壱岐牛です。昨日の佐賀牛は見事な霜降りでしたが、今日のは赤身です。勿論まずくは無いのですが、同じ陶板焼きだったし、比べちゃうんですよね、だいぶ噛み応えが有りました。

  • 刺身にしても出された3種類は全て白身でとても淡白でした。何の魚か判りません。炙って胡麻で和えたのは目先も変わって美味しかったですよ。 <br /><br />そう言えば、昨日のおさかな村の醤油はたまりって言われる甘くて濃厚な物でした。小5の夏に人生初の遠出、能登半島へ出かけ、其処で目の前に新鮮な海の幸がふんだんに有るのに、醤油が甘くて泣いた経験は今でも忘れられませんが、九州の醤油もかなり独特ですね。 <br />此処あまごごろ本舗は昨日ほどでは無かったですが、関東とは明らかに違いました

    刺身にしても出された3種類は全て白身でとても淡白でした。何の魚か判りません。炙って胡麻で和えたのは目先も変わって美味しかったですよ。

    そう言えば、昨日のおさかな村の醤油はたまりって言われる甘くて濃厚な物でした。小5の夏に人生初の遠出、能登半島へ出かけ、其処で目の前に新鮮な海の幸がふんだんに有るのに、醤油が甘くて泣いた経験は今でも忘れられませんが、九州の醤油もかなり独特ですね。
    此処あまごごろ本舗は昨日ほどでは無かったですが、関東とは明らかに違いました

  • うに釜飯です。濃いめのオレンジ色は刻んだニンジンです<br />

    うに釜飯です。濃いめのオレンジ色は刻んだニンジンです

  • やっぱりうには生が良いです。5〜10月は解禁時期ですから、翌日の昼食OPを今日にして、うに丼食べたかったです。 <br />って事で、待ったわりには感激の少ない昼食となりました(豪華な食事に慣れてしまったのです、申し訳無い)

    やっぱりうには生が良いです。5〜10月は解禁時期ですから、翌日の昼食OPを今日にして、うに丼食べたかったです。
    って事で、待ったわりには感激の少ない昼食となりました(豪華な食事に慣れてしまったのです、申し訳無い)

  • 食後は1Fに下りてお土産タイムです。 <br />PHOらはあまごころ本舗とはレジを別にしてる(コーナーを借りているベーカリー的な)お店で生クリーム大福の個売りを見つけ、白、茶、ピンク、鶯色と味が異なるらしい4種のうちの茶色を買ってみましたが、クリームは何処?柔らかめの餡ってだけで洋風感ゼロ、ちょっと失敗でした。 <br />それでも人面石クッキーというムンクの叫びのような表情を模したデカいクッキーをお土産にしました。これは試食して、砕いたナッツが入ってるガリガリの食感とココア味が気に入りました。 <br />何故うに専門店に来てクッキー?? <br />

    食後は1Fに下りてお土産タイムです。
    PHOらはあまごころ本舗とはレジを別にしてる(コーナーを借りているベーカリー的な)お店で生クリーム大福の個売りを見つけ、白、茶、ピンク、鶯色と味が異なるらしい4種のうちの茶色を買ってみましたが、クリームは何処?柔らかめの餡ってだけで洋風感ゼロ、ちょっと失敗でした。
    それでも人面石クッキーというムンクの叫びのような表情を模したデカいクッキーをお土産にしました。これは試食して、砕いたナッツが入ってるガリガリの食感とココア味が気に入りました。
    何故うに専門店に来てクッキー??

  • 何気にいつも通りに写真に収めただけなのですが、実は国道382号線は、長崎県対馬市(対馬)から壱岐島を通って佐賀県唐津市に至る一般国道です。って、島と島の間も?<br />そうなんですよ、対馬 - 壱岐と壱岐 - 呼子の2つの海上区間を持つ海上国道なのです。しかも、対馬、壱岐の両島では島内唯一の国道でも在ります

    何気にいつも通りに写真に収めただけなのですが、実は国道382号線は、長崎県対馬市(対馬)から壱岐島を通って佐賀県唐津市に至る一般国道です。って、島と島の間も?
    そうなんですよ、対馬 - 壱岐と壱岐 - 呼子の2つの海上区間を持つ海上国道なのです。しかも、対馬、壱岐の両島では島内唯一の国道でも在ります

  • 唐津東港へ向かうフェリーは14時50分発です。<br />壱岐島観光を終えたPHOら一行は14時30分ちょっと前に乗り場到着。<br />しっかし忙しかったですね、次から次へと。<br />が、船の時間が動かせない以上、仕方の無い事なのでしょう。もう1本遅いのならとも思いましたが、それだと4時間後ですからね。<br />出来る事なら、島の北側へも廻り、夕飯をこっちで済ませて、その便に〜って思いましたけど。<br /><br />乗船を待つ間にご当地(じゃないけど、地域限定)牛乳を買いました。瓶入りじゃないのが残念ですけどね。<br />待合室(スペース)はお客さんで満員でした

    唐津東港へ向かうフェリーは14時50分発です。
    壱岐島観光を終えたPHOら一行は14時30分ちょっと前に乗り場到着。
    しっかし忙しかったですね、次から次へと。
    が、船の時間が動かせない以上、仕方の無い事なのでしょう。もう1本遅いのならとも思いましたが、それだと4時間後ですからね。
    出来る事なら、島の北側へも廻り、夕飯をこっちで済ませて、その便に〜って思いましたけど。

    乗船を待つ間にご当地(じゃないけど、地域限定)牛乳を買いました。瓶入りじゃないのが残念ですけどね。
    待合室(スペース)はお客さんで満員でした

  • が、フェリーの中はガラガラでした。皆何処へ行ってしまったのでしょう?<br />PHOらは足を前に伸ばせる最前列を確保。テレビを見ながら、牛乳堪能。その後はそれぞれ3人掛けの座席をフルに使って足を投げ出して寝てました。ツアーのバスは目一杯でしたが、オフシーズンってこういう所が良いですね。 <br />ホンット疲れて眠かったのですよ<br />

    が、フェリーの中はガラガラでした。皆何処へ行ってしまったのでしょう?
    PHOらは足を前に伸ばせる最前列を確保。テレビを見ながら、牛乳堪能。その後はそれぞれ3人掛けの座席をフルに使って足を投げ出して寝てました。ツアーのバスは目一杯でしたが、オフシーズンってこういう所が良いですね。
    ホンット疲れて眠かったのですよ

  • そうそう、フェリーに設置されていた自販機にはPHO好みの飲料がこれでもか!とばかりに並んでいます。<br />ホントは全種類制覇したかったのですが、帰れば夕飯は天ぷら食べ放題のはずだし、既に牛乳は1パック飲んじゃってるし、1つだけに絞って買う事にしました(泣)。<br />さて、どれでしょう?<br />正解は次の旅行記で♪

    そうそう、フェリーに設置されていた自販機にはPHO好みの飲料がこれでもか!とばかりに並んでいます。
    ホントは全種類制覇したかったのですが、帰れば夕飯は天ぷら食べ放題のはずだし、既に牛乳は1パック飲んじゃってるし、1つだけに絞って買う事にしました(泣)。
    さて、どれでしょう?
    正解は次の旅行記で♪

この旅行記のタグ

47いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

壱岐の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集