1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 九州地方
  4. 長崎県
  5. 壱岐
  6. 壱岐 観光
  7. はらほげ地蔵
壱岐×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
航空券
旅行記
Q&A

はらほげ地蔵

名所・史跡

壱岐

このスポットの情報をシェアする

はらほげ地蔵 https://4travel.jp/dm_shisetsu/10006334

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

6地蔵は六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天)において衆生の苦患を救うという六種の地蔵である。海女で有名な八幡の海中に祀られている。自然石の頭部で、腹が丸くえぐられているので、はらほげ地蔵と呼ばれている。何時、誰が、何のために祀ったかははっきりとしたことは分からないが、遭難した海女の冥福のため、鯨の供養慰霊のためなどと伝えられている。胸の穴は、満潮になって地蔵が水没して供え物が流れないように、船から供え物ができるように、あるいは流行の疫痢退散祈願のためなどと言われている。

施設名
はらほげ地蔵
住所
  • 長崎県壱岐市芦辺町八幡浦
アクセス
芦辺港から車で10分
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 名所・史跡

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(23件)

壱岐 観光 満足度ランキング 3位
3.34
アクセス:
3.16
目の前に停められます by 暮らし旅行社さん
人混みの少なさ:
3.95
団体さんがいなければすいてます by 暮らし旅行社さん
バリアフリー:
2.29
行きやすい by 暮らし旅行社さん
見ごたえ:
3.24
干満のちがいで見え方違います by 暮らし旅行社さん
  • 満足度の高いクチコミ(8件)

    海に突き出たところに立っている夕日をバックが美しい

    4.0

    • 旅行時期:2019/08
    • 投稿日:2020/05/12

    はらほげ地蔵は海に突き出た小さな観光所 満潮時はほぼ沈んでしまうということなので 次回は満潮時にも行ってみたい はらほ...  続きを読むげというのは腹に穴が開いてるということでしたが 前掛けめくってみましたがみえませんでした。 六地蔵は六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)において衆生の苦患を救うという 六種の地蔵だそう  閉じる

    honey

    by honeyさん(女性)

    壱岐 クチコミ:13件

  • 満潮時に水没の立地

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/02(約5ヶ月前)
    • 0

    ツアーで行きました。八幡浦港近くにあり、 満潮になると胸まで海に浸かるお地蔵様だそうです。6体あり六道(地獄・餓鬼・畜生・...  続きを読む修羅・人間・天)において衆生の苦患を救うといわれてるそうです。腹が丸くえぐられているので「はらほげ地蔵「」と呼ばれているそうですがわからなかったです。  閉じる

    投稿日:2020/03/22

  • はらほげ地蔵は海に突き出た小さな観光所
    満潮時はほぼ沈んでしまうということなので 次回は満潮時にも行ってみたい
    はらほ...  続きを読むげというのは腹に穴が開いてるということでしたが
    前掛けめくってみましたがみえませんでした。

    六地蔵は六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)において衆生の苦患を救うという
    六種の地蔵だそう  閉じる

    投稿日:2019/09/25

  • いろいろいわくがあるみたい

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/08(約11ヶ月前)
    • 0

    壱岐の海で活躍する、海女さんたちの安全豊漁を祈願するためのはらほげ地蔵さん。何度も場所を変えているみたいです。海から離すと...  続きを読む、良くないことが起こるとかで、今の市に落ち着いたみたいです。潮が引いているときには完全に姿を現し、満ちるとおなかの穴のところまで水につかります。そのために穴の上からきつめに涎掛けがつけられていてぷかぷかと供え物が出て行かないようになっています。  閉じる

    投稿日:2019/08/30

  • 苦患を救う地蔵さん

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/06(約1年前)
    • 0

    八幡漁港にある地蔵さんです。橋の切れたようなところに6体の地蔵が海に向かって並んでいました。干潮時だったので、浜におりて拝...  続きを読むむことができました。苦患を救う地蔵さんらしいです。車を停めるスペースもありました。  閉じる

    投稿日:2019/07/01

  • 現存する海女の作業場として有名な八幡浦海中に祀られる六地蔵です。この六地蔵、案内板には、「遭難した海女の冥福のため」と書か...  続きを読むれていましたが、何故か、海女の作業場である海の方ではなく、陸の方を向いていました。  閉じる

    投稿日:2019/06/29

  • はらほげ地蔵 胴体に小さいくり抜き穴

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/06(約2年前)
    • 0

    漁港の一角、海に背を向けて並んでいるお地蔵さんです。訪問時は水に浸かることなく、海辺に佇むお地蔵さんといったところ。満潮時...  続きを読むに頭まで浸かってしまうのは見た目にもかわいそうな気もします。胴体部分の穴を覆うために前掛けをしています。
    いつ、なんの目的で作られたのかははっきりしないようですが、海女の冥福を祈るため、鯨を供養するため、など考えられているようです。  閉じる

    投稿日:2020/01/20

  • 壱岐を代表する観光地のひとつ

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/12(約3年前)
    • 3

    ツアーに組み込まれていた、壱岐を代表する観光地のひとつ。
    潮の満ち引きで隠れたり現れたりする六地蔵。
    満潮の時は、向か...  続きを読むって右端のお地蔵さまは完全に水没するそうだ。
    波に洗われてお顔がないそうで、「帽子をめくらないように」との注意をガイドさんから受けた。
    それぞれのお地蔵さんは、首から賽銭袋を下げていた。

    お地蔵さまはかなり古そうだが、土台は最近作られたもののようで、ちょっとちぐはぐな感じがした。

    夕暮れ時に行ったらお地蔵さまの背に陽が沈む。
    後光のようで、ちょっといい感じ。

    我々の他に見学する人もなく、地元の人もいなかった。
    売店などもなく、海沿いの道のそばに静かに並んでいた。
      閉じる

    投稿日:2018/01/21

  • 満潮時には海に沈んでしまう「はらほげ地蔵」

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/11(約3年前)
    • 0

    行った時はお地蔵様はしっかり姿を現し私達を迎えてくれました。
    説明看板には「はらほげ」とは「腹がほげる」という意味なんだ...  続きを読むと書かれていました。
    海に沈んでしまってもお供物が大丈夫なように(流れ去ってしまわないように?)胸の部分に穴が空いているからなんだそうです。
    岸から直ぐの処に在ります。
    2017/11/3(金)
      閉じる

    投稿日:2017/12/22

  • 満潮時は海中に沈む六体の地蔵様

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/04(約3年前)
    • 0

    八幡漁港の堤防の一角に海岸に下りる階段があり、その先に六体の地蔵様が祀られている。満潮時は海中に沈むそうだが、大潮の干潮時...  続きを読むなので、台座まで完全に陸上に出ていた。いつ誰が何のために祀ったのかはっきりしたことは分からないそうだが、何やら神秘的である。  閉じる

    投稿日:2017/05/20

  • おなかを見てみよう

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/11(約4年前)
    • 0

    「はらほげ」とはおなかに穴が開いているということだそうで、その名の通りおなかに穴の開いたお地蔵さん。満潮時には海水につかる...  続きを読むため、水の抵抗を減らすためおなかに穴が空いているとか、供物を入れる穴だとか諸説あるそうです。手を合わせた後、前掛けをぴらっとめくらせてもらっては。  閉じる

    投稿日:2017/01/31

  • 整備されすぎ

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/09(約4年前)
    • 0

    満潮時には海に浸かってしまうというお地蔵さん。1体のみならずグループで列になって並んでいる姿は愛らしくもあります。有名な観...  続きを読む光地となっているためかお地蔵さんの土台部分は整備されていて雰囲気は今ひとつです。周囲も港湾地区で殺風景なのが残念。  閉じる

    投稿日:2016/10/04

  • 立地が面白い。

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/08(約4年前)
    • 0

    干潮時は陸に出ていますが、満潮時は頭まで海水に浸るようです。
    10年前にも一度来ましたが、前回に引き続き陸に出ている時で...  続きを読むした。
    午後は逆光になるので、順光が良ければ午前中ですが、干満の時刻を考えると一概に言えないので難しいですね。

    こちらのお地蔵さんは、お腹の部分に穴が空いていることから「はらほげ」と言われているようです。
    赤いよだれかけの下に穴はあります。
    穴の中に供え物をして、海の安全などを祈願するようです。
    お地蔵さんを拝見していたら、突然、どこからか5円玉が私の足元に転がってきたので心底驚きました。
    それは穴に供えられたお金だったのでしょう。たぶん。  閉じる

    投稿日:2017/03/18

  • 何でもない漁港にある

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/05(約4年前)
    • 0

    左京鼻から近い漁港の片隅にある六地蔵。ガイドさんによると地蔵さんの腹に穴が空いており、この地ではえぐられることをほげるとい...  続きを読むい、そこから名前がついている。潮が満ちると海中に半ば沈むらしい。お賽銭は袋が一体ずつかけてあるのでその中に入れる。  閉じる

    投稿日:2016/06/08

  • はらほげ地蔵

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/10(約5年前)
    • 0

    壱岐へ観光旅行に行ってきました。
    島内ではレンタサイクルで移動していてここへも自転車で行ってきました。
    小さな漁港の一...  続きを読む角にあり、他に観光客がおらず静かな場所でした。
    潮の満ち引きに寄ってお地蔵様の見える姿が変わるそうですが自分が行った時はちょうど全体が見えました。
    海の中にお地蔵様がいる姿を見たのは初めてだったので印象に残る風景でした。  閉じる

    投稿日:2017/04/14

  • 6体のお地蔵さま

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/10(約5年前)
    • 0

    壱岐市芦部町の漁港にあります。
    海に向かって6体のお地蔵様が立っています。
    海の中にお地蔵様が立っている風景は初めて見...  続きを読むました。
    私が行った時はほぼ全体が海面から出ていましたが、満潮時になると水没することもあるそうです。
    お腹の部分がえぐられているので「はらほげ」地蔵と呼ばれているそうです。
    誰が何のためにお地蔵様を立てたのか、謎だそうです。

      閉じる

    投稿日:2015/10/13

  • ツアーバスが次々と

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/06(約5年前)
    • 2

    自分もツアーで訪れました。島の東側、八幡半島の港の端に鎮座しています。
    周辺はとても素朴な雰囲気で、ウニ丼の食べられる食...  続きを読む堂も在りますが、お地蔵様の一帯だけは団体客が次々押し寄せ、落ちつかない雰囲気です。
    6体のお地蔵様はそれぞれ大きさが異なり、かなり朽ちた感が有りますが、土台と言うか、礎石は港の整備で移築されて来たせいで新しく、ちょっとちぐはぐな感じがします。
    出来れば礎石の見えない潮の満ちた時間に訪れる事をお勧めします。
    はらほげ(お腹がほげている=穴が開いている)と言っても、穴は貫通しておらず、お賽銭をあげられる凹みに過ぎません。
    それでも帽子や涎掛けが年中新しい物に取り替えられていたり、地元の方が手をかけてお世話している事が良く判りました。  閉じる

    投稿日:2015/08/08

  • かなりの定番スポット

    • 3.0
    • 旅行時期:2014/07(約6年前)
    • 0

    お腹が開いているお地蔵様。壱岐島でウニ丼食べたお店の横にあります。多分定番スポットなんでしょう。写真だとなんかすごそうに見...  続きを読むえますが、小さいお地蔵様が海のそばにあり本当は観光というより祈りのための場所だとおもいます。  閉じる

    投稿日:2014/12/24

  • 壱岐随一のスポット

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/04(約6年前)
    • 0

    猿岩と並び壱岐の有名観光スポットです。干満によって水に埋まったり出てきたりします。時間をわけて2度見に行くのもよいでしょう...  続きを読む。赤い服がかけてあり地元の人が手入れされているようです。正面から写真を撮るには逆光になってしまいます。  閉じる

    投稿日:2015/12/09

  • なんとなく“ほっこり”した気分になりました

    • 3.5
    • 旅行時期:2012/10(約8年前)
    • 0

    印通寺港から車で約20分、芦辺町の八幡浦の内海(うちめ)湾に面した海の中に「はらほげ地蔵」は赤い胸掛けをして立っています。...  続きを読むお供え物をお腹の穴に供えるために穴があり、そこからはらほげ地蔵となったそうです。海水に浸かったお地蔵さんを見たくて満潮時に再訪したのですが、“大潮”の時期でなかったので、残念ながらそれほど水はきてませんでした。
    お地蔵さんがおられる場所は港から少し離れており、海沿いの民家近くで専用駐車場もなく観光地って感じではないですが、周囲に車を停める広い場所はあります。



      閉じる

    投稿日:2012/11/28

  • 5体のお地蔵さんです。

    • 3.0
    • 旅行時期:2012/08(約8年前)
    • 0

    はらほげ地蔵といって、壱岐のガイド本などには必ず載っているお地蔵さんです。
    海沿いにあり、海の満潮時はお地蔵さんは体半分...  続きを読むまで浸かってしまうらしく、お供え物をお腹の穴に供えるために穴があり、そこからはらほげ地蔵となったそうです。

    場所は港からも少し離れており、海沿いの民家沿いにあり、観光地って感じではないですが、近くにはこのお地蔵さんから名前をとったうにめしが有名な食堂もあるので、食事ついでに行くのがよいのではないでしょうか。  閉じる

    投稿日:2012/08/14

1件目~20件目を表示(全23件中)

  1. 1
  2. 2

このスポットに関するQ&A(0件)

はらほげ地蔵について質問してみよう!

壱岐に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • pisiriさん

    pisiriさん

  • ぴっころさん

    ぴっころさん

  • honeyさん

    honeyさん

  • 暮らし旅行社さん

    暮らし旅行社さん

  • Papaさん

    Papaさん

  • trip232015さん

    trip232015さん

  • …他

周辺のおすすめホテル

壱岐 ホテルランキングを見る

長崎県 ホテルランキングを見る

長崎県の人気ホテルランキング

PAGE TOP