南紀白浜旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本の動物園は世界でも圧倒的にレッサーパンダの飼育が多いです(※)。<br />その中でもとりわけ南紀白浜アドベンチャーワールドに行きたいと思ったのは、jilllucaさんの旅行記を通じて私もファンになった后ちゃんと、「レッサーパンダとKOOL」というブログですっかり気に入ったライラちゃんの移動先だったためです。<br />去年2013年に一度、フライト往復&南紀白浜・宿泊3泊2日プランを立てたことがありましたが、実現には至りませんでした。<br />なので今度こそ行くぞ!<br />と、約2ヶ月前にフライトと宿泊の予約をすませ、楽しみにやって来ました!<br />そして、暑すぎず寒くもなく天気に恵まれ、空いていて見学しやすく、でも寂しくない程度に人出があったアドベンチャーワールドを2日間じっくり味わっただけでなく、ついでにオーシャンビューの温泉ホテル滞在やショッピングも満喫できました。<br /><br />※jilllucaさんの旅行記経由で知った市川市動植物園での掲示によると、シセンレッサーパンダは世界で約300頭飼育されていますが、そのうち約270頭は日本の動物園で飼育されているそうです。jillucaさんは約300頭よりももう少し多い気がするとコメントしていますが、それでも世界(主に日本・中国・北米)で飼育されているシセンレッサーパンダの約90パーセントは日本の動物園で飼育されているに違いないでしょう。<br />ちなみに中国以外のアジア・ヨーロッパの動物園で飼育されているのはニシ(ネパール)レッサーパンダが多いのですが、それでも日本で唯一ニシレッサーパンダを飼育している熱川バニナナワニ園の2014年現在24頭が世界一の飼育数だそうです。<br /><br /><念願叶ったアドベンチャーワールド行きのための3泊2日の南紀白浜の旅行記のシリーズ構成><br />□(1)アクセス編&宿泊編:羽田空港から南紀白浜空港へ&コガノイベイホテルと姉妹ホテルの古賀の井<br />□(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ<br />■(3)平日狙いで2日通った初アドベンチャーワールドいろいろ&エントランスドームの動物たちやシロクマの子とさまざまなペンギンたち<br />□(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ついに会えたライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん<br />□(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー<br />□(6)ジャイアントパンダ特集:永明パパ・良浜ママ・双子の海浜と陽浜・今は末っ子の優浜<br />□(7)動物たちの可愛いアトラクション:思わず笑いがこみ上がるアニマルアクション・迫力のマリンライブ・よちよちペンギンパレード・くるくる楽しいラッコのフィーディング<br />□(8)ケニア号とウォーキングによるサファリワールドめぐり<br /><br />アドベンチャーワールドでは、魅力的なレッサーパンダの后ちゃん・ライラちゃん・シンシンくん、そしてライラちゃん&シンシンくんの双子の赤ちゃんに会うのをとても楽しみにしていました(埼玉こども動物自然公園のレッサーパンダの母であるポリンちゃんにも会いたかったけれどほぼ引退で公開の可能性は低め)。<br />人工哺育の男の子がすでに公開されていることは知っていましたが、自然哺育の女の子も、私が訪れる前の週あたりからライラちゃんと共に公開が開始されました、バンザーイ!!<br /><br />なので、下手するとレッサーパンダだけでアドベンチャーワールドの1日が終わってしまうかもしれない、と思いました。<br />でも、夏休みが終わった、連休でもない9月の平日、朝から晩までアドベンチャーワールドにいて、園内はとても空いていて見学しやすく、その上、天気にも恵まれたので屋外にいた動物たちは写真が撮りやすかったおかげで、思った以上にあれこれと回ることができました。<br /><br />せっかくなのでアドベンチャーワールドは2日間、訪れることにしたのですが(2日入園券を買うと若干安い)、1日目だけでも、レッサーパンダのほか、ジャイアントパンダ全員、シロクマの子供やペンギン、そしてアニマルアクションやjilllucaさん絶賛のイルカのショーのマリンライブ、ペンギンパレードを見学し、サファリワールドもケニア号とウォーキングで回ることができました。<br />もっとも、1日目はウォーキングサファリは時間切れで途中で引き返しましたが、2日目にリベンジできました。<br /><br />遅めのランチもレストランを選び放題でしたし、ショッピングもしっかり楽しんできて、1日でもけっこう効率よく回れたのではないかと思いながら、ホテルに戻って持参したパソコンに写真を読み込ませて確認していたら、た〜いへん!<br />エントランスドームのウェルカムルームにいたはずのレッサーパンダの后ちゃんをスルーしてしまったことに気付きました。<br />なんたること!<br />私がアドベンチャーワールドに行きたいと思ったきっかけは后ちゃんなのに、私ったらライラちゃんの赤ちゃんたちのことですっかり頭がいっぱいになってしまったようです。<br /><br />しかし、その后ちゃんも、2日目にしっかり会ってくることができました。<br />エントランスドームという場所柄と、后ちゃんが午前中、起きている時間が短かったので、会えたのは短い時間になってしまいましたが。<br /><br />そんな風に2日目は、1日目に見損ねたものや、もう1度見たいと思ったものをじっくり見て回ることができました。<br />それだけでなく、1日15人限定という貴重なパンダラブツアー(ジャイアントパンダのバックヤードツアー)に、開園1時間前に並んで参加権を勝ち取ることができました!<br />1時間前くらいですんだのは、9月の平日だったおかげでしょう。<br />有料のツアーで1人5,000円もしますけど、こんなチャンスはめったにあるものではないから、私みたいに5,000円払ってもぜひ参加したいと思う人はたくさんいるはずです。<br />実際、1日目も、私が参加できた2日目も、開園後1分とたたずに、定員で受付終了となっていましたし、開園1時間前に到着した2日目も、ゲート前にはお子様を含めてすでに20人近く待っていました。<br />もしかしたらダメかもしれない、ダメだったら別のツアーに参加しよう、とやきもきしながら開園を待った1時間。<br />開園と同時にパンダラブツアー受付に1番近いゲートから流れるように進んで先着15人の中に入れたときには、体がふるえました。<br /><br />というわけですが、まずこの旅行記はアドベンチャーワールド・プロローグ編とし、さまざまなシーンや、エントランスドームの動物たち(レッサーパンダの后ちゃん以外)、海獣館の白クマの子供やペンギンたちの写真でまとめました。<br /><br />南紀白浜空港周辺タクシーマップ・料金表<br />http://www.aikis.or.jp/~airport/access_taxi.html<br />アドベンチャーワールド公式サイト<br />http://aws-s.com/<br />園内マップ<br />http://aws-s.com/info/map/index.html<br /><br /><タイムメモ(全行程表)><br />2014年9月17日(水)<br />JAL1385便 羽田空港16:25発 南紀白浜空港 17:40着<br />(離陸16:45頃 到着5分遅れ)<br />18:00 タクシーでホテルに向かいチェックイン<br />18:45 タクシーでとれとれ亭へ<br />18:50〜20:20 とれとれ亭の海鮮夕食バイキング<br />21:20〜22:00頃 ホテルの温泉<br /><br />2014年9月18日(木)<br />08:15〜09:00 ホテルの朝食バイキング<br />09:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ<br />09:35〜17:00すぎ アドベンチャーワールド1日目<br />(15:05〜15:40 ランチ兼夕食休憩)<br />18:00〜19:30 姉妹ホテル「古賀の井」散策&温泉<br /><br />2014年9月19日(金)<br />07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング<br />08:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ<br />(入園前1時間待ちで1日15人限定のパンダラブツアー参加権獲得)<br />09:30〜17:00すぎ アドベンチャーワールド2日目<br />(14:20〜14:50 ランチ兼夕食休憩)<br />19:20〜20:20 ホテルの温泉&おみやげショッピング<br />21:00〜22:54 部屋でテレビ「猿の惑星創世記(ジェネシス)」鑑賞<br /><br />2014年9月20日(土)<br />07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング<br />08:30頃 チェックアウト&タクシーで空港へ<br />JAL1382便 南紀白浜空港 09:50発 羽田空港11:00着<br />

優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(3)平日狙いで2日通った初アドベンチャーワールドいろいろ&エントランスドームの動物たちやシロクマの子とさまざまなペンギンたち

12いいね!

2014/09/17 - 2014/09/20

598位(同エリア1463件中)

まみ

まみさん

日本の動物園は世界でも圧倒的にレッサーパンダの飼育が多いです(※)。
その中でもとりわけ南紀白浜アドベンチャーワールドに行きたいと思ったのは、jilllucaさんの旅行記を通じて私もファンになった后ちゃんと、「レッサーパンダとKOOL」というブログですっかり気に入ったライラちゃんの移動先だったためです。
去年2013年に一度、フライト往復&南紀白浜・宿泊3泊2日プランを立てたことがありましたが、実現には至りませんでした。
なので今度こそ行くぞ!
と、約2ヶ月前にフライトと宿泊の予約をすませ、楽しみにやって来ました!
そして、暑すぎず寒くもなく天気に恵まれ、空いていて見学しやすく、でも寂しくない程度に人出があったアドベンチャーワールドを2日間じっくり味わっただけでなく、ついでにオーシャンビューの温泉ホテル滞在やショッピングも満喫できました。

※jilllucaさんの旅行記経由で知った市川市動植物園での掲示によると、シセンレッサーパンダは世界で約300頭飼育されていますが、そのうち約270頭は日本の動物園で飼育されているそうです。jillucaさんは約300頭よりももう少し多い気がするとコメントしていますが、それでも世界(主に日本・中国・北米)で飼育されているシセンレッサーパンダの約90パーセントは日本の動物園で飼育されているに違いないでしょう。
ちなみに中国以外のアジア・ヨーロッパの動物園で飼育されているのはニシ(ネパール)レッサーパンダが多いのですが、それでも日本で唯一ニシレッサーパンダを飼育している熱川バニナナワニ園の2014年現在24頭が世界一の飼育数だそうです。

<念願叶ったアドベンチャーワールド行きのための3泊2日の南紀白浜の旅行記のシリーズ構成>
□(1)アクセス編&宿泊編:羽田空港から南紀白浜空港へ&コガノイベイホテルと姉妹ホテルの古賀の井
□(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ
■(3)平日狙いで2日通った初アドベンチャーワールドいろいろ&エントランスドームの動物たちやシロクマの子とさまざまなペンギンたち
□(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ついに会えたライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん
□(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー
□(6)ジャイアントパンダ特集:永明パパ・良浜ママ・双子の海浜と陽浜・今は末っ子の優浜
□(7)動物たちの可愛いアトラクション:思わず笑いがこみ上がるアニマルアクション・迫力のマリンライブ・よちよちペンギンパレード・くるくる楽しいラッコのフィーディング
□(8)ケニア号とウォーキングによるサファリワールドめぐり

アドベンチャーワールドでは、魅力的なレッサーパンダの后ちゃん・ライラちゃん・シンシンくん、そしてライラちゃん&シンシンくんの双子の赤ちゃんに会うのをとても楽しみにしていました(埼玉こども動物自然公園のレッサーパンダの母であるポリンちゃんにも会いたかったけれどほぼ引退で公開の可能性は低め)。
人工哺育の男の子がすでに公開されていることは知っていましたが、自然哺育の女の子も、私が訪れる前の週あたりからライラちゃんと共に公開が開始されました、バンザーイ!!

なので、下手するとレッサーパンダだけでアドベンチャーワールドの1日が終わってしまうかもしれない、と思いました。
でも、夏休みが終わった、連休でもない9月の平日、朝から晩までアドベンチャーワールドにいて、園内はとても空いていて見学しやすく、その上、天気にも恵まれたので屋外にいた動物たちは写真が撮りやすかったおかげで、思った以上にあれこれと回ることができました。

せっかくなのでアドベンチャーワールドは2日間、訪れることにしたのですが(2日入園券を買うと若干安い)、1日目だけでも、レッサーパンダのほか、ジャイアントパンダ全員、シロクマの子供やペンギン、そしてアニマルアクションやjilllucaさん絶賛のイルカのショーのマリンライブ、ペンギンパレードを見学し、サファリワールドもケニア号とウォーキングで回ることができました。
もっとも、1日目はウォーキングサファリは時間切れで途中で引き返しましたが、2日目にリベンジできました。

遅めのランチもレストランを選び放題でしたし、ショッピングもしっかり楽しんできて、1日でもけっこう効率よく回れたのではないかと思いながら、ホテルに戻って持参したパソコンに写真を読み込ませて確認していたら、た〜いへん!
エントランスドームのウェルカムルームにいたはずのレッサーパンダの后ちゃんをスルーしてしまったことに気付きました。
なんたること!
私がアドベンチャーワールドに行きたいと思ったきっかけは后ちゃんなのに、私ったらライラちゃんの赤ちゃんたちのことですっかり頭がいっぱいになってしまったようです。

しかし、その后ちゃんも、2日目にしっかり会ってくることができました。
エントランスドームという場所柄と、后ちゃんが午前中、起きている時間が短かったので、会えたのは短い時間になってしまいましたが。

そんな風に2日目は、1日目に見損ねたものや、もう1度見たいと思ったものをじっくり見て回ることができました。
それだけでなく、1日15人限定という貴重なパンダラブツアー(ジャイアントパンダのバックヤードツアー)に、開園1時間前に並んで参加権を勝ち取ることができました!
1時間前くらいですんだのは、9月の平日だったおかげでしょう。
有料のツアーで1人5,000円もしますけど、こんなチャンスはめったにあるものではないから、私みたいに5,000円払ってもぜひ参加したいと思う人はたくさんいるはずです。
実際、1日目も、私が参加できた2日目も、開園後1分とたたずに、定員で受付終了となっていましたし、開園1時間前に到着した2日目も、ゲート前にはお子様を含めてすでに20人近く待っていました。
もしかしたらダメかもしれない、ダメだったら別のツアーに参加しよう、とやきもきしながら開園を待った1時間。
開園と同時にパンダラブツアー受付に1番近いゲートから流れるように進んで先着15人の中に入れたときには、体がふるえました。

というわけですが、まずこの旅行記はアドベンチャーワールド・プロローグ編とし、さまざまなシーンや、エントランスドームの動物たち(レッサーパンダの后ちゃん以外)、海獣館の白クマの子供やペンギンたちの写真でまとめました。

南紀白浜空港周辺タクシーマップ・料金表
http://www.aikis.or.jp/~airport/access_taxi.html
アドベンチャーワールド公式サイト
http://aws-s.com/
園内マップ
http://aws-s.com/info/map/index.html

<タイムメモ(全行程表)>
2014年9月17日(水)
JAL1385便 羽田空港16:25発 南紀白浜空港 17:40着
(離陸16:45頃 到着5分遅れ)
18:00 タクシーでホテルに向かいチェックイン
18:45 タクシーでとれとれ亭へ
18:50〜20:20 とれとれ亭の海鮮夕食バイキング
21:20〜22:00頃 ホテルの温泉

2014年9月18日(木)
08:15〜09:00 ホテルの朝食バイキング
09:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ
09:35〜17:00すぎ アドベンチャーワールド1日目
(15:05〜15:40 ランチ兼夕食休憩)
18:00〜19:30 姉妹ホテル「古賀の井」散策&温泉

2014年9月19日(金)
07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング
08:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ
(入園前1時間待ちで1日15人限定のパンダラブツアー参加権獲得)
09:30〜17:00すぎ アドベンチャーワールド2日目
(14:20〜14:50 ランチ兼夕食休憩)
19:20〜20:20 ホテルの温泉&おみやげショッピング
21:00〜22:54 部屋でテレビ「猿の惑星創世記(ジェネシス)」鑑賞

2014年9月20日(土)
07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング
08:30頃 チェックアウト&タクシーで空港へ
JAL1382便 南紀白浜空港 09:50発 羽田空港11:00着

同行者
一人旅
交通手段
タクシー JALグループ JRローカル 私鉄
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ついに、ついにやってきました、天下のアドベンチャーワールド!<br /><br />ホテルの近くのバス停「古賀浦」からアクセスすることも考えたのですが、結局、タクシーでラクして往復してしまいました。<br />タクシー代は一定していなくて、コガノイベイホテルから、1日目は往路1,500円、復路1,590円、2日目は往路1,600円、復路1,690円でした。<br />ホテルではふつうにレセプションでタクシーを呼んでもらいましたが、アドベンチャーワールドでは、夕方、タクシーが常駐していました。<br />アドベンチャーワールドのゲート前からは和歌山市行きの高速バスも出ていました。<br />

    ついに、ついにやってきました、天下のアドベンチャーワールド!

    ホテルの近くのバス停「古賀浦」からアクセスすることも考えたのですが、結局、タクシーでラクして往復してしまいました。
    タクシー代は一定していなくて、コガノイベイホテルから、1日目は往路1,500円、復路1,590円、2日目は往路1,600円、復路1,690円でした。
    ホテルではふつうにレセプションでタクシーを呼んでもらいましたが、アドベンチャーワールドでは、夕方、タクシーが常駐していました。
    アドベンチャーワールドのゲート前からは和歌山市行きの高速バスも出ていました。

  • アドベンチャーワールドのゲート<br /><br />開園前はここに行列が並んでいたと思いますが(2日目がそうでした)、1日目は開園5分後にやって来たので、ゲートまわりはすでに空いていました。<br />

    アドベンチャーワールドのゲート

    開園前はここに行列が並んでいたと思いますが(2日目がそうでした)、1日目は開園5分後にやって来たので、ゲートまわりはすでに空いていました。

  • チケット売り場で2日間入園券をゲット<br /><br />2014年9月現在、大人1日4,100円でしたが、3日間のうち2日入園できる2日間入園券は7,200円で、1,000円お得でした。<br />オンラインで入園券を購入することも考えたのですが、オンライン購入できる中に2日間入園券は含まれていなかったし、3営業日前までに購入しなければならなかったので、直接チケット売り場で買うことにしました。<br />1日券を購入し、中で差額を払って2日券にグレードアップしてもらうことは可能なようでした。年間パスポートへのグレードアップもOKのようでした。<br />

    チケット売り場で2日間入園券をゲット

    2014年9月現在、大人1日4,100円でしたが、3日間のうち2日入園できる2日間入園券は7,200円で、1,000円お得でした。
    オンラインで入園券を購入することも考えたのですが、オンライン購入できる中に2日間入園券は含まれていなかったし、3営業日前までに購入しなければならなかったので、直接チケット売り場で買うことにしました。
    1日券を購入し、中で差額を払って2日券にグレードアップしてもらうことは可能なようでした。年間パスポートへのグレードアップもOKのようでした。

  • チケット売り場の近くにロッカーと郵便ポストあり<br /><br />アドベンチャーワールドは南紀白浜空港に近いので、羽田空港からアクセスする場合、その気になれば、朝到着する便でやってきて、タクシーで駆けつけ、荷物をロッカーに預け、そして夕方出発する便で帰宅する、という日帰りコースや、まずは空港からアドベンチャーワールドに直行して、夕方、ホテルに向かう、というコースも考えられるかもしれません。<br />

    チケット売り場の近くにロッカーと郵便ポストあり

    アドベンチャーワールドは南紀白浜空港に近いので、羽田空港からアクセスする場合、その気になれば、朝到着する便でやってきて、タクシーで駆けつけ、荷物をロッカーに預け、そして夕方出発する便で帰宅する、という日帰りコースや、まずは空港からアドベンチャーワールドに直行して、夕方、ホテルに向かう、というコースも考えられるかもしれません。

  • さあっ、チケットを持ってゲートへ!<br /><br />2日間入園券は、記念撮影をしておくのを忘れました。<br />2日目に回収されてしまうとは知らなかったので。<br />

    さあっ、チケットを持ってゲートへ!

    2日間入園券は、記念撮影をしておくのを忘れました。
    2日目に回収されてしまうとは知らなかったので。

  • 開園後5分でパンダラブツアーとエレファントライドは受付終了<br /><br />なにしろパンダラブツアーは1日15人限定、エレファントライドは曜日によって定員10組から20組限定なのです。<br />有料ツアーアトラクションの一部もオンラインで予約できますが(ただし申込みは7日前締切)、これら人気のアトラクションは、この受付でしか予約できません。<br />

    開園後5分でパンダラブツアーとエレファントライドは受付終了

    なにしろパンダラブツアーは1日15人限定、エレファントライドは曜日によって定員10組から20組限定なのです。
    有料ツアーアトラクションの一部もオンラインで予約できますが(ただし申込みは7日前締切)、これら人気のアトラクションは、この受付でしか予約できません。

  • テーマパークみたいに可愛らしくて広々としたエントランスドーム<br /><br />広々としているように感じられたのは、空いていたおかげでもあります。<br />

    テーマパークみたいに可愛らしくて広々としたエントランスドーム

    広々としているように感じられたのは、空いていたおかげでもあります。

  • エントランスドームのウェルカムルーム<br /><br />ここにはレッサーパンダの后ちゃんがいます。<br />ところが1日目は、早くライラちゃんの赤ちゃんに会いたい、と気がせいてしまい、后ちゃんに会うのをすっかり忘れてしまいました。<br />こちらのウェルカムルームに目をくれもせずに、真っ先にレッサーパンダ屋外放飼場に向かってしまったのです。<br /><br />この写真は2日目に撮りました。<br />后ちゃんの写真はこちらの旅行記にまとめました。<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933636<br />

    エントランスドームのウェルカムルーム

    ここにはレッサーパンダの后ちゃんがいます。
    ところが1日目は、早くライラちゃんの赤ちゃんに会いたい、と気がせいてしまい、后ちゃんに会うのをすっかり忘れてしまいました。
    こちらのウェルカムルームに目をくれもせずに、真っ先にレッサーパンダ屋外放飼場に向かってしまったのです。

    この写真は2日目に撮りました。
    后ちゃんの写真はこちらの旅行記にまとめました。
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」
    http://4travel.jp/travelogue/10933636

  • しゃれたファサードの店が並ぶエントランスドーム

    しゃれたファサードの店が並ぶエントランスドーム

  • 噴水を見たら、なんとペンギンが!!

    噴水を見たら、なんとペンギンが!!

  • この子はフンボルトペンギンかな<br /><br />たしか3羽くらいいました。<br />こんなところに無造作に放飼されていて、逃げないのかな、と不思議に思ってしまいました。<br />

    この子はフンボルトペンギンかな

    たしか3羽くらいいました。
    こんなところに無造作に放飼されていて、逃げないのかな、と不思議に思ってしまいました。

  • 可愛らしいファサードのカフェの前には

    可愛らしいファサードのカフェの前には

  • ブルーとイエローの羽色が鮮やかなルリコンゴウインコ(瑠璃金剛インコ)のペア

    ブルーとイエローの羽色が鮮やかなルリコンゴウインコ(瑠璃金剛インコ)のペア

  • 後ろ向きで顔だけこっち向けてあくびする子と、前向きでおすましさん<br /><br />ルリコンゴウインコの鮮やかな正面とバックが一度にわかります@<br />

    後ろ向きで顔だけこっち向けてあくびする子と、前向きでおすましさん

    ルリコンゴウインコの鮮やかな正面とバックが一度にわかります@

  • おねむだったオオキボウシモドキインコ(大黄帽子もどきインコ)

    おねむだったオオキボウシモドキインコ(大黄帽子もどきインコ)

  • じゃれじゃれなルリコンゴウインコ

    じゃれじゃれなルリコンゴウインコ

  • そしてインコたちの隣のショーウィンドウにはオニオオハシ<br /><br />何度見てもまるでおもちゃみたいな鳥です。<br />エサを食べていました。<br />

    イチオシ

    そしてインコたちの隣のショーウィンドウにはオニオオハシ

    何度見てもまるでおもちゃみたいな鳥です。
    エサを食べていました。

  • 独特なサイドビュー

    独特なサイドビュー

  • ちょんちょんとエサの前にやって来て

    ちょんちょんとエサの前にやって来て

  • パクッ!

    イチオシ

    パクッ!

  • いろんなジャイアントパンダのぬいぐるみが並んで壮観!<br /><br />エントランスドームのギフトショップのショーウィンドウにて。<br />

    いろんなジャイアントパンダのぬいぐるみが並んで壮観!

    エントランスドームのギフトショップのショーウィンドウにて。

  • まるで壁一面パンダもよう@

    イチオシ

    まるで壁一面パンダもよう@

  • エントランスドームからフラミンゴ広場へ至るスロープ<br /><br />1日目の9月18日(木)は天候もよく、午前中はちょっと暑いくらいでしたが、さわやかな青空が広がり、午後からは風も出てきて涼しくなりました。<br /><br />パンダ・ベビーカーのみなさんが向かう先には、レッサーパンダ屋外放飼場があります。<br />

    エントランスドームからフラミンゴ広場へ至るスロープ

    1日目の9月18日(木)は天候もよく、午前中はちょっと暑いくらいでしたが、さわやかな青空が広がり、午後からは風も出てきて涼しくなりました。

    パンダ・ベビーカーのみなさんが向かう先には、レッサーパンダ屋外放飼場があります。

  • フラミンゴ広場の撮影スポット

    フラミンゴ広場の撮影スポット

  • レッサーパンダ屋外放飼場の赤ちゃん紹介看板<br /><br />ライラちゃんとシンシンくんの間に生まれた双子のうち、自然哺育の女の子はライラちゃんと一緒に開園から10時半までレッサーパンダ屋外展示場で公開されます@<br />私は2日間、できるだけ入園後にすぐに駆けつけて、10時半まで、ライラちゃん母子に張り付つきました。<br /><br />でも、人工哺育の男の子がメディカルセンターで終日展示されていることや、レッサーパンダレクチャーが13時15分からあることは、知らない人が多いようでした。<br />人の集まりが少なかった2日目の9月19日は、レクチャータイムのお知らせの放送が園内に流れました。<br />

    レッサーパンダ屋外放飼場の赤ちゃん紹介看板

    ライラちゃんとシンシンくんの間に生まれた双子のうち、自然哺育の女の子はライラちゃんと一緒に開園から10時半までレッサーパンダ屋外展示場で公開されます@
    私は2日間、できるだけ入園後にすぐに駆けつけて、10時半まで、ライラちゃん母子に張り付つきました。

    でも、人工哺育の男の子がメディカルセンターで終日展示されていることや、レッサーパンダレクチャーが13時15分からあることは、知らない人が多いようでした。
    人の集まりが少なかった2日目の9月19日は、レクチャータイムのお知らせの放送が園内に流れました。

  • レッサーパンダ屋外展示場に掲示されていた赤ちゃんすくすく成長記録<br /><br />ライラちゃんの子供たちはそっくりかと思ったのですが、この写真で見ると、毛色の濃さだけでなく、顔形に少し違いがあるようです。<br />ライラちゃんに似ているのは、強いて言うと女の子の方かな。<br /><br />実物のライラちゃんの子供たちの写真は、以下の旅行記にて!<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933636<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933638<br />

    レッサーパンダ屋外展示場に掲示されていた赤ちゃんすくすく成長記録

    ライラちゃんの子供たちはそっくりかと思ったのですが、この写真で見ると、毛色の濃さだけでなく、顔形に少し違いがあるようです。
    ライラちゃんに似ているのは、強いて言うと女の子の方かな。

    実物のライラちゃんの子供たちの写真は、以下の旅行記にて!
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」
    http://4travel.jp/travelogue/10933636
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー」
    http://4travel.jp/travelogue/10933638

  • ジャイアントパンダのブリーディングセンターに展示されていたパンダ成長記録<br /><br />2才になった優浜ちゃんは、単体で見ると、大人と変わらないように見えました。<br />でも、まだ大人の体重まであと一回りあるので、すこーし小さいようです。<br />

    ジャイアントパンダのブリーディングセンターに展示されていたパンダ成長記録

    2才になった優浜ちゃんは、単体で見ると、大人と変わらないように見えました。
    でも、まだ大人の体重まであと一回りあるので、すこーし小さいようです。

  • 意外に少なかった、ジャイアントパンダがいる世界の動物園<br /><br />2012年まで、この中に西ベルリンの動物園が含まれていたはずなのに。<br />今年2014年7月に西ベルリンTiergartenでジャイアントパンダに会うのも楽しみにしていましたが、もういないことに気付いたのはドイツに向かう機上でした。<br />でも、初めての海外の動物園は、すごく面白く楽しくて、また、動物園のあり方について、なるほどと思ったり、ちょこっと考えさせられることもありました。<br /><br />関連の旅行記<br />「2014年ドイツ旅行〜12年ぶりの再訪〜【第2日目:ベルリン観光1日目】(3)西ベルリン動物園Tiergarten(前編)海外で初めて訪れる動物園は珍しい動物がたくさん!〜でもジャイアントパンダのバオバオくんは去年天国に召されていたなんて残念」<br />http://4travel.jp/travelogue/10920362<br />「2014年ドイツ旅行〜12年ぶりの再訪〜【第2日目:ベルリン観光1日目】(4)西ベルリン動物園Tiergarten(後編)白オオカミの子どもたちとアジアゾウの子どもに釘付け@」<br />http://4travel.jp/travelogue/10920363<br />

    意外に少なかった、ジャイアントパンダがいる世界の動物園

    2012年まで、この中に西ベルリンの動物園が含まれていたはずなのに。
    今年2014年7月に西ベルリンTiergartenでジャイアントパンダに会うのも楽しみにしていましたが、もういないことに気付いたのはドイツに向かう機上でした。
    でも、初めての海外の動物園は、すごく面白く楽しくて、また、動物園のあり方について、なるほどと思ったり、ちょこっと考えさせられることもありました。

    関連の旅行記
    「2014年ドイツ旅行〜12年ぶりの再訪〜【第2日目:ベルリン観光1日目】(3)西ベルリン動物園Tiergarten(前編)海外で初めて訪れる動物園は珍しい動物がたくさん!〜でもジャイアントパンダのバオバオくんは去年天国に召されていたなんて残念」
    http://4travel.jp/travelogue/10920362
    「2014年ドイツ旅行〜12年ぶりの再訪〜【第2日目:ベルリン観光1日目】(4)西ベルリン動物園Tiergarten(後編)白オオカミの子どもたちとアジアゾウの子どもに釘付け@」
    http://4travel.jp/travelogue/10920363

  • アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ家系図<br /><br />アドベンチャーワールドでは、1994年に当時3才だった永明くんと蓉浜ちゃんのペアがやって来ましたが、蓉浜ちゃんは残念ながら1997年に5才で亡くなってしまいました。<br />なので2000年に、出産経験がある年下のお嫁さんの梅梅ちゃんがやって来ました。<br />その年に中国で妊娠した良浜ちゃんが生まれ、その後は永明くんと無事に交尾をすませ(経験豊富(?)な梅梅ちゃんがリードしたみたいです@)、永明くんをパパとして、現在に至るまでなんと11頭(梅梅ちゃんと永明くんの子供はうち6頭)も誕生しています。<br />すばらしいです!<br />中国ですら人工交配がふつうなのに、永明くんは自然交配ができるスーパーパパだということを知ったら、なおさら!<br /><br />以上はアドベンチャーワールドで買った本「パンダのひみつ」の受け売りですが、アドベンチャーワールドで生まれた子供たちに「浜」がつくのは、夭逝した蓉浜ちゃんを偲んでのことだったんですね。<br /><br />梅梅ちゃんは残念ながら2008年に天国に行ってしまったので、梅梅ちゃんの娘の良浜ちゃんが永明くんとペアを組み、さらに5頭生まれました。<br />永明くんは偉大なパパでした。<br /><br />子供たちは次々と中国に旅立ち、お嫁さん・お婿さんをもらって幸せに暮らしているようです。日本にいるとペアを組む相手がいないので、旅立ちは仕方がないのです。<br />というわけで、現在アドベンチャーワールドにいるのは、永明パパと良浜ママ、そして海浜くん・陽浜ちゃんの双子と現在末っ子の優浜ちゃんでした。<br /><br />その実物のジャイアントパンダの写真は、今回の南紀白浜旅行記のシリーズ6本目「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(6)ジャイアントパンダ特集:永明パパ・良浜ママ・双子の海浜と陽浜・今は末っ子の優浜」にて。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933640<br />バックヤードツアーの写真はシリーズ5本目の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー」の後半にて。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933638<br />

    アドベンチャーワールドのジャイアントパンダ家系図

    アドベンチャーワールドでは、1994年に当時3才だった永明くんと蓉浜ちゃんのペアがやって来ましたが、蓉浜ちゃんは残念ながら1997年に5才で亡くなってしまいました。
    なので2000年に、出産経験がある年下のお嫁さんの梅梅ちゃんがやって来ました。
    その年に中国で妊娠した良浜ちゃんが生まれ、その後は永明くんと無事に交尾をすませ(経験豊富(?)な梅梅ちゃんがリードしたみたいです@)、永明くんをパパとして、現在に至るまでなんと11頭(梅梅ちゃんと永明くんの子供はうち6頭)も誕生しています。
    すばらしいです!
    中国ですら人工交配がふつうなのに、永明くんは自然交配ができるスーパーパパだということを知ったら、なおさら!

    以上はアドベンチャーワールドで買った本「パンダのひみつ」の受け売りですが、アドベンチャーワールドで生まれた子供たちに「浜」がつくのは、夭逝した蓉浜ちゃんを偲んでのことだったんですね。

    梅梅ちゃんは残念ながら2008年に天国に行ってしまったので、梅梅ちゃんの娘の良浜ちゃんが永明くんとペアを組み、さらに5頭生まれました。
    永明くんは偉大なパパでした。

    子供たちは次々と中国に旅立ち、お嫁さん・お婿さんをもらって幸せに暮らしているようです。日本にいるとペアを組む相手がいないので、旅立ちは仕方がないのです。
    というわけで、現在アドベンチャーワールドにいるのは、永明パパと良浜ママ、そして海浜くん・陽浜ちゃんの双子と現在末っ子の優浜ちゃんでした。

    その実物のジャイアントパンダの写真は、今回の南紀白浜旅行記のシリーズ6本目「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(6)ジャイアントパンダ特集:永明パパ・良浜ママ・双子の海浜と陽浜・今は末っ子の優浜」にて。
    http://4travel.jp/travelogue/10933640
    バックヤードツアーの写真はシリーズ5本目の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー」の後半にて。
    http://4travel.jp/travelogue/10933638

  • そして嬉しいニュースの予感<br /><br />飼育員さんは当然にしても、アドベンチャーワールドの往復に利用したタクシーの運転手さんも、このことを知っていて、うまくすれば今年も赤ちゃんが生まれるのではないか、と話してくれました。<br />ジャイアントパンダの発情期はとても短いけれど、だからといってふだんからパパとママを一緒にしているとケンカしてしまうので、2頭を一緒にさせるタイミングはとても難しいそうです。<br />パンダの鳴き声は5種類ほどあって、発情しているときの鳴き声もあるため、飼育員さんはそれを聞いて、一緒にする時期を計るそうです。<br /><br />そして今年、永明パパと良浜ママが3回交尾するところを確認できたので、赤ちゃんができている可能性が高いとのことでした。<br />ただ、赤ちゃんはお母さんの1000分の1の大きさの、非常に未熟な状態で生まれてくるので、妊娠しているかどうかの兆候を見分けるのも難しいとのことでした。<br />

    そして嬉しいニュースの予感

    飼育員さんは当然にしても、アドベンチャーワールドの往復に利用したタクシーの運転手さんも、このことを知っていて、うまくすれば今年も赤ちゃんが生まれるのではないか、と話してくれました。
    ジャイアントパンダの発情期はとても短いけれど、だからといってふだんからパパとママを一緒にしているとケンカしてしまうので、2頭を一緒にさせるタイミングはとても難しいそうです。
    パンダの鳴き声は5種類ほどあって、発情しているときの鳴き声もあるため、飼育員さんはそれを聞いて、一緒にする時期を計るそうです。

    そして今年、永明パパと良浜ママが3回交尾するところを確認できたので、赤ちゃんができている可能性が高いとのことでした。
    ただ、赤ちゃんはお母さんの1000分の1の大きさの、非常に未熟な状態で生まれてくるので、妊娠しているかどうかの兆候を見分けるのも難しいとのことでした。

  • フラワー通りのフラワーペンギン<br /><br />このペンギンの後ろのゆるやかなスロープのフラワー通りでは、14時15分からケープペンギンの可愛いパレードが行われました。<br />1日目に見に行きました。<br /><br />ペンギンパレードを含め、アニマルアクションやマリンライブなどのアトラクションの写真は、南紀白浜3泊2日アドベンチャーワールド三昧の旅行記のシリーズ7本目「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(7)動物たちの可愛いアトラクション:思わず笑いがこみ上がるアニマルアクション・迫力のマリンライブ・よちよちペンギンパレード・くるくる楽しいラッコのフィーディング」にまとめました。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933645<br />

    フラワー通りのフラワーペンギン

    このペンギンの後ろのゆるやかなスロープのフラワー通りでは、14時15分からケープペンギンの可愛いパレードが行われました。
    1日目に見に行きました。

    ペンギンパレードを含め、アニマルアクションやマリンライブなどのアトラクションの写真は、南紀白浜3泊2日アドベンチャーワールド三昧の旅行記のシリーズ7本目「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(7)動物たちの可愛いアトラクション:思わず笑いがこみ上がるアニマルアクション・迫力のマリンライブ・よちよちペンギンパレード・くるくる楽しいラッコのフィーディング」にまとめました。
    http://4travel.jp/travelogue/10933645

  • パンダ帽子をかぶってパンダラブ(パンダ展示施設)に向かう男の子

    パンダ帽子をかぶってパンダラブ(パンダ展示施設)に向かう男の子

  • ケーキをひっくり返したみたいな天井のセンタードーム<br /><br />ここにはギフトショップやレストランがたくさん。<br />そしてシロクマの子供やペンギンたちがいる海獣館に隣接していました。<br />

    ケーキをひっくり返したみたいな天井のセンタードーム

    ここにはギフトショップやレストランがたくさん。
    そしてシロクマの子供やペンギンたちがいる海獣館に隣接していました。

  • センタードームから海獣館へ<br /><br />1階のシロクマのための展示室は現在空で残念でした。<br />jilllucaさんの情報によると、大人のシロクマが1頭はいたはずでしたが、ちゃんと探さなかったかも。<br />

    センタードームから海獣館へ

    1階のシロクマのための展示室は現在空で残念でした。
    jilllucaさんの情報によると、大人のシロクマが1頭はいたはずでしたが、ちゃんと探さなかったかも。

  • チャーミングなお尻を見せていた子ぐまくん<br /><br />子ぐまちゃんでしたっけ?<br />柵の奥に向かって、体を上下にゆらゆらさせていました。<br />おしりが上下するところは可愛らしかったですが、なかなかこっちを向いてくれませんでした。<br />

    チャーミングなお尻を見せていた子ぐまくん

    子ぐまちゃんでしたっけ?
    柵の奥に向かって、体を上下にゆらゆらさせていました。
    おしりが上下するところは可愛らしかったですが、なかなかこっちを向いてくれませんでした。

  • ちら見したところをなんとかパチリ<br /><br />シロクマとしては体もまだ小さくて、顔も幼くて、可愛らしかったです。<br />

    ちら見したところをなんとかパチリ

    シロクマとしては体もまだ小さくて、顔も幼くて、可愛らしかったです。

  • リアルぬいぐるみなシロクマの写真がある成長記録

    リアルぬいぐるみなシロクマの写真がある成長記録

  • さまざまなペンギンが同居していた海獣館の2階<br /><br />ペンギンたちはペンギン王国という建物にもいました。<br />手前にいる子はジェンツーペンギンです。<br />

    さまざまなペンギンが同居していた海獣館の2階

    ペンギンたちはペンギン王国という建物にもいました。
    手前にいる子はジェンツーペンギンです。

  • ジェンツーペンギンのおたけび<br /><br />本物だとわかっていても、なんだかおもちゃみたいに見えました。<br />ディズニーのペンギンを主人公にしたアニメを思い出したから……?<br />

    イチオシ

    ジェンツーペンギンのおたけび

    本物だとわかっていても、なんだかおもちゃみたいに見えました。
    ディズニーのペンギンを主人公にしたアニメを思い出したから……?

  • 下を向いたツーショットが可愛らしい@<br /><br />頭の模様はまるで白いサングラスをかけているようです。<br />

    下を向いたツーショットが可愛らしい@

    頭の模様はまるで白いサングラスをかけているようです。

  • むちむちちゃん

    イチオシ

    むちむちちゃん

  • 顔を水につけたまま浮かんでいたキングペンギン<br /><br />ふぐみたいにまん丸になっていました@<br />このまましばらく水に揺られるまま動かなかったので、まさか死んでいるんじゃないでしょうね、と、ドキッとしてしまいました(苦笑)。<br />

    顔を水につけたまま浮かんでいたキングペンギン

    ふぐみたいにまん丸になっていました@
    このまましばらく水に揺られるまま動かなかったので、まさか死んでいるんじゃないでしょうね、と、ドキッとしてしまいました(苦笑)。

  • 大小のペンギンたち<br /><br />アドベンチャーワールドには、皇帝ペンギン、キングペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、ケープペンギンがいるようです。<br />ペンギンパレードを披露してくれたペンギンは、ケープペンギンでした。<br />ケープペンギンは、海獣館にはいなかったようなので、ペンギン王国の方にいたのかも。<br />もしかしたらフンボルトペンギンもいたのかも。<br />

    大小のペンギンたち

    アドベンチャーワールドには、皇帝ペンギン、キングペンギン、アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、ケープペンギンがいるようです。
    ペンギンパレードを披露してくれたペンギンは、ケープペンギンでした。
    ケープペンギンは、海獣館にはいなかったようなので、ペンギン王国の方にいたのかも。
    もしかしたらフンボルトペンギンもいたのかも。

  • ガラスがあって、これ以上進めないのに、じたばた(苦笑)

    ガラスがあって、これ以上進めないのに、じたばた(苦笑)

  • 足首がほっそり<br /><br />目の周りに白いアイラインのような模様のあるアデリーペンギンがたくさん!<br />アデリーペンギンは初めて見ました。<br />

    足首がほっそり

    目の周りに白いアイラインのような模様のあるアデリーペンギンがたくさん!
    アデリーペンギンは初めて見ました。

  • 翼をピンと広げて、かっこいいぞ〜!<br /><br />アデリーペンギンです。<br />

    翼をピンと広げて、かっこいいぞ〜!

    アデリーペンギンです。

  • むっちり、むちむち〜!<br /><br />ペンギンの中では最大の大きさの皇帝ペンギンです。<br />

    むっちり、むちむち〜!

    ペンギンの中では最大の大きさの皇帝ペンギンです。

  • 仲良く2羽でたっちと腹ばい

    仲良く2羽でたっちと腹ばい

  • 真っ正面から見たヒゲペンギンさん、どこに目があるのやら(笑)<br /><br />ヒゲペンギンも初めて見ました。<br />アドベンチャーワールドには珍しいペンギンがたくさんいて、びっくりです。<br />

    真っ正面から見たヒゲペンギンさん、どこに目があるのやら(笑)

    ヒゲペンギンも初めて見ました。
    アドベンチャーワールドには珍しいペンギンがたくさんいて、びっくりです。

  • 見よ、この真っ白まん丸な私の腹を───!

    見よ、この真っ白まん丸な私の腹を───!

  • こちらのみなさんは、上から氷が降ってくるところで、おやすみ中

    こちらのみなさんは、上から氷が降ってくるところで、おやすみ中

  • 立って眠っていた器用な子!?

    立って眠っていた器用な子!?

  • 癒される寝姿@

    癒される寝姿@

  • ランチに入ろうと目をつけたセンタードームのレストラン<br /><br />実際にはエンジョイドームの方のレストランに入ったので、ここには入り損ねてしまいました。<br />ラストオーダーは16時くらい、と言っていました。<br />アドベンチャーワールドの閉園時間が17時であることを考えると、たぶん、どこのレストランもだいたいそんなものだろうと思います。<br />

    ランチに入ろうと目をつけたセンタードームのレストラン

    実際にはエンジョイドームの方のレストランに入ったので、ここには入り損ねてしまいました。
    ラストオーダーは16時くらい、と言っていました。
    アドベンチャーワールドの閉園時間が17時であることを考えると、たぶん、どこのレストランもだいたいそんなものだろうと思います。

  • あとでこれをランチにいただこうかと目をつけたサーモンイクラ丼

    あとでこれをランチにいただこうかと目をつけたサーモンイクラ丼

  • これもおいしそうと目をつけた海鮮丼<br /><br />結局、エンジョイドームのフードコーナーで、うにも含まれた6品目ある海鮮彩り丼の方を選んでしまったんですけどね。<br /><br />実際にアドベンチャーワールドで食べたランチの写真はこちらの旅行記にて。<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933634<br />

    これもおいしそうと目をつけた海鮮丼

    結局、エンジョイドームのフードコーナーで、うにも含まれた6品目ある海鮮彩り丼の方を選んでしまったんですけどね。

    実際にアドベンチャーワールドで食べたランチの写真はこちらの旅行記にて。
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」
    http://4travel.jp/travelogue/10933634

  • エンジョイドームのフードコーナーの入口<br /><br />1日目は遅めのランチ後にサファリワールドに行きたかったし、2日目はビッグオーシャンでマリンライブが見たかったので、センタードームよりもそれらに近いエンジョイドームでランチをいただきました。<br />

    エンジョイドームのフードコーナーの入口

    1日目は遅めのランチ後にサファリワールドに行きたかったし、2日目はビッグオーシャンでマリンライブが見たかったので、センタードームよりもそれらに近いエンジョイドームでランチをいただきました。

  • エンジョイドームのフードコーナーのレストラン・その1<br /><br />エンジョイドームにはレストランが4つくらいあったかな。<br />そのうちの洋食系の店。<br />

    エンジョイドームのフードコーナーのレストラン・その1

    エンジョイドームにはレストランが4つくらいあったかな。
    そのうちの洋食系の店。

  • エンジョイドームのフードコーナーのレストラン・その2<br /><br />和食系の店。<br />ここで海鮮彩り丼をいただきました。<br />

    エンジョイドームのフードコーナーのレストラン・その2

    和食系の店。
    ここで海鮮彩り丼をいただきました。

  • キッズでなくても欲しくなるパンダキッズ弁当

    キッズでなくても欲しくなるパンダキッズ弁当

  • パンダカレーも可愛い@

    パンダカレーも可愛い@

  • お子様向けのパンダカレー<br /><br />ポテトも可愛いです。<br />

    お子様向けのパンダカレー

    ポテトも可愛いです。

  • 3段の器の双子パンダ御膳<br /><br />これのどこが双子なのかな〜と思ったら。<br />

    3段の器の双子パンダ御膳

    これのどこが双子なのかな〜と思ったら。

  • 双子パンダ御膳のごはんがママと双子ちゃん@

    双子パンダ御膳のごはんがママと双子ちゃん@

  • そして実際に1日目にランチ兼夕食として食べた海鮮彩り丼のショーウインドウの模型<br /><br />うに、うに、うにーっ!<br /><br />実際にアドベンチャーワールドで食べたランチの写真はこちらの旅行記にまとめました。<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933634<br />

    そして実際に1日目にランチ兼夕食として食べた海鮮彩り丼のショーウインドウの模型

    うに、うに、うにーっ!

    実際にアドベンチャーワールドで食べたランチの写真はこちらの旅行記にまとめました。
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」
    http://4travel.jp/travelogue/10933634

  • ウォーキングサファリの入口から眺めた遊園地エリアの大観覧車<br /><br />手前のホームはウォーキングサファリを走る列車型バスのケニア号の乗り場です。<br /><br />ケニア号とウォーキングで回ったサファリワールドの写真は、この南紀白浜3泊2日旅行の旅行記のシリーズラストの旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(8)ケニア号とウォーキングによるサファリワールドめぐり」にて。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933649<br />

    ウォーキングサファリの入口から眺めた遊園地エリアの大観覧車

    手前のホームはウォーキングサファリを走る列車型バスのケニア号の乗り場です。

    ケニア号とウォーキングで回ったサファリワールドの写真は、この南紀白浜3泊2日旅行の旅行記のシリーズラストの旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(8)ケニア号とウォーキングによるサファリワールドめぐり」にて。
    http://4travel.jp/travelogue/10933649

  • きれいにはじけたゴンズイの実<br /><br />ウォーキングサファリのコースにて。<br />

    きれいにはじけたゴンズイの実

    ウォーキングサファリのコースにて。

  • ウォーキングサファリからも海が見えた@<br /><br />アドベンのいろいろなシーンの写真を集めたプロローグ旅行記は以上です。<br /><br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」へとつづく。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933636<br />

    ウォーキングサファリからも海が見えた@

    アドベンのいろいろなシーンの写真を集めたプロローグ旅行記は以上です。

    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」へとつづく。
    http://4travel.jp/travelogue/10933636

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

南紀白浜の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集