南紀白浜旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本の動物園は世界でも圧倒的にレッサーパンダの飼育が多いです。<br />その中でもとりわけ南紀白浜アドベンチャーワールドに行きたいと思ったのは、jilllucaさんの旅行記を通じて私もファンになった后ちゃんと、「レッサーパンダとKOOL」というブログですっかり気に入ったライラちゃんの移動先だったためです。<br />去年2013年に一度、フライト往復&南紀白浜・宿泊3泊2日プランを立てたことがありましたが、実現には至りませんでした。<br />なので今度こそ行くぞ!<br />と、約2ヶ月前にフライトと宿泊の予約をすませ、楽しみにやって来ました!<br />そして、暑すぎず寒くもなく天気に恵まれ、空いていて見学しやすく、でも寂しくない程度に人出があったアドベンチャーワールドを2日間じっくり味わっただけでなく、ついでにオーシャンビューの温泉ホテル滞在やショッピングも満喫できました!<br /><br /><念願叶ったアドベンチャーワールド行きのための3泊2日の南紀白浜の旅行記のシリーズ構成><br />■(1)アクセス編&宿泊編:羽田空港から南紀白浜空港へ&コガノイベイホテルと姉妹ホテルの古賀の井<br />□(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ<br />□(3)平日狙いで2日通った初アドベンチャーワールドいろいろ&エントランスドームの動物たちやシロクマの子とさまざまなペンギンたち<br />□(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ついに会えたライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん<br />□(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー<br />□(6)ジャイアントパンダ特集:永明パパ・良浜ママ・双子の海浜と陽浜・今は末っ子の優浜<br />□(7)動物たちの可愛いアトラクション:思わず笑いがこみ上がるアニマルアクション・迫力のマリンライブ・よちよちペンギンパレード・くるくる楽しいラッコのフィーディング<br />□(8)ケニア号とウォーキングによるサファリワールドめぐり<br /><br />アクセスは、不慣れな関西で陸上交通機関をとるより、分かりやすくて時間も節約できる羽田空港からのフライトにしました。<br />せっかくなので、アドベンチャーワールドで丸々2日過ごすことにしましたが、その前後で慌ただしい思いをしたくなかったので、前日のうちに白浜入りして1泊し、そして2日間、動物園を見学し終えたら、すぐに羽田空港に飛ぶのでははなく、翌朝のフライトにしました。<br /><br />というわけで、アドベンチャーワールドでたっぷり2日過ごすために、白浜に3泊しました。<br /><br />ホテル探しは、値段とアドベンチャーワールドとの距離に重点をおいて検索し、コガノイベイホテルの朝食のみ付きのプランとしました。<br />奇しくも……というか、南紀白浜で宿泊するならたいていそうなると思いますが、ホテルは温泉ホテルでした。<br />3年ほど前から腰痛対策で週末に近所の温泉によく行くようになった今の私は、昔の私からは信じられないほど温泉が好きになりました。<br />なので白浜3泊では滞在ホテルの温泉もしっかり味わってきました。<br /><br />また、コガノイベイホテルの宿泊客は姉妹ホテルの古賀の井の温泉も利用できるので、2泊目は古賀の井ホテルの温泉に入りました。<br />古賀の井ホテルの温泉に入るためには、裏からアクセスしても正面入口に回らなければならなかったので、ついでにロビーから温泉に至るまでのエリアも見学することができました。<br />見学イコール写真ぱちぱちです。<br />こういうときのために(!?)、ちゃんとコンデジも持参してきました@<br /><br />両方のホテルを比べると、コガノイベイホテルの方が新しいのですが、古賀の井の方が古めかしいけれど、格式のありそうな内装でした。<br />ホテル検索をしたとき古賀の井ホテルの方が合計で3,000円高かったのです(1泊当たり1,000円)。<br />でも、オーシャンビューを楽しめるのはコガノイベイホテルの方でしょう。<br />ただし私の部屋は2階のシングルルームだったので、テラスがなく、オーシャンビューはちょっと見づらかったですけどネ。<br /><br />というわけで、3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧旅行ですが、ホテル滞在そのものも、私なりに満喫してきました。<br />ただ、温泉施設についていえば、近所の温泉だけがうりの日帰りのところに比べると、ずいぶんシンプルでした。そういうものかな。<br /><br />現地での移動は、時間の節約と便利さを優先して、全てタクシーにしてしまいました。<br />空港からホテルくらいは急ぐ必要もないのでバスを使いたかったのですが、南紀白浜空港のサイトからチェックしてみたら、羽田空港から夕方到着する便だと、路線バスはもうありませんでした。<br />出発日、ホテルから空港に向かう路線バスはありましたが、3日間の滞在中の移動をみんなタクシーですませてしまったので、買い物をたくさんして荷物がぐっと増えた最後の最後に今さらがんばってバスに乗る気にならず、ホテルで時間までまったり過ごしてラクする方を選んでしまいました。<br /><br />というわけで、フライト&宿泊は早割を利用できたけれど、現地での交通費はけっこうなお値段になってしまいました(苦笑)。<br /><br />和歌山市公式サイト─南紀白浜空港<br />(結局移動はタクシーに頼ったがアクセス方法などをチェック)<br />http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/080500/shirap/<br />南紀白浜空港周辺タクシーマップ・料金表<br />http://www.aikis.or.jp/~airport/access_taxi.html<br />アドベンチャーワールド公式サイト<br />http://aws-s.com/<br />南紀白浜とれとれ亭 海鮮バイキング&温泉<br />http://www.toretore.com/toretoretei/<br /><br /><タイムメモ(全行程表)><br />2014年9月17日(水)<br />JAL1385便 羽田空港16:25発 南紀白浜空港 17:40着<br />(離陸16:45頃 到着5分遅れ)<br />18:00 タクシーでホテルに向かいチェックイン<br />18:45 タクシーでとれとれ亭へ<br />18:50〜20:20 とれとれ亭の海鮮夕食バイキング<br />21:20〜22:00頃 ホテルの温泉<br /><br />2014年9月18日(木)<br />08:15〜09:00 ホテルの朝食バイキング<br />09:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ<br />09:35〜17:00すぎ アドベンチャーワールド1日目<br />(15:05〜15:40 ランチ兼夕食休憩)<br />18:00〜19:30 姉妹ホテル「古賀の井」散策&温泉<br /><br />2014年9月19日(金)<br />07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング<br />08:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ<br />(入園前1時間待ちで1日15人限定のパンダラブツアー参加権獲得)<br />09:30〜17:00すぎ アドベンチャーワールド2日目<br />(14:20〜14:50 ランチ兼夕食休憩)<br />19:20〜20:20 ホテルの温泉&おみやげショッピング<br />21:00〜22:54 部屋でテレビ「猿の惑星創世記(ジェネシス)」鑑賞<br /><br />2014年9月20日(土)<br />07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング<br />08:30頃 チェックアウト&タクシーで空港へ<br />JAL1382 便 南紀白浜空港 09:50発 羽田空港11:00着<br /><br /><タクシー代メモ><br />空港・コガノイベイホテル間 往復とも1,320円<br />コガノイベイホテル・とれとれ亭間 往復とも1,050円<br />コガノイベイホテル・アドベンチャーワールド間<br /> 日によって値段が変わり1,500〜1,690円<br />

優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(1)アクセス編&宿泊編:羽田空港から南紀白浜空港へ&コガノイベイホテルと姉妹ホテルの古賀の井

16いいね!

2014/09/17 - 2014/09/20

455位(同エリア1463件中)

まみ

まみさん

日本の動物園は世界でも圧倒的にレッサーパンダの飼育が多いです。
その中でもとりわけ南紀白浜アドベンチャーワールドに行きたいと思ったのは、jilllucaさんの旅行記を通じて私もファンになった后ちゃんと、「レッサーパンダとKOOL」というブログですっかり気に入ったライラちゃんの移動先だったためです。
去年2013年に一度、フライト往復&南紀白浜・宿泊3泊2日プランを立てたことがありましたが、実現には至りませんでした。
なので今度こそ行くぞ!
と、約2ヶ月前にフライトと宿泊の予約をすませ、楽しみにやって来ました!
そして、暑すぎず寒くもなく天気に恵まれ、空いていて見学しやすく、でも寂しくない程度に人出があったアドベンチャーワールドを2日間じっくり味わっただけでなく、ついでにオーシャンビューの温泉ホテル滞在やショッピングも満喫できました!

<念願叶ったアドベンチャーワールド行きのための3泊2日の南紀白浜の旅行記のシリーズ構成>
■(1)アクセス編&宿泊編:羽田空港から南紀白浜空港へ&コガノイベイホテルと姉妹ホテルの古賀の井
□(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ
□(3)平日狙いで2日通った初アドベンチャーワールドいろいろ&エントランスドームの動物たちやシロクマの子とさまざまなペンギンたち
□(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ついに会えたライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん
□(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー
□(6)ジャイアントパンダ特集:永明パパ・良浜ママ・双子の海浜と陽浜・今は末っ子の優浜
□(7)動物たちの可愛いアトラクション:思わず笑いがこみ上がるアニマルアクション・迫力のマリンライブ・よちよちペンギンパレード・くるくる楽しいラッコのフィーディング
□(8)ケニア号とウォーキングによるサファリワールドめぐり

アクセスは、不慣れな関西で陸上交通機関をとるより、分かりやすくて時間も節約できる羽田空港からのフライトにしました。
せっかくなので、アドベンチャーワールドで丸々2日過ごすことにしましたが、その前後で慌ただしい思いをしたくなかったので、前日のうちに白浜入りして1泊し、そして2日間、動物園を見学し終えたら、すぐに羽田空港に飛ぶのでははなく、翌朝のフライトにしました。

というわけで、アドベンチャーワールドでたっぷり2日過ごすために、白浜に3泊しました。

ホテル探しは、値段とアドベンチャーワールドとの距離に重点をおいて検索し、コガノイベイホテルの朝食のみ付きのプランとしました。
奇しくも……というか、南紀白浜で宿泊するならたいていそうなると思いますが、ホテルは温泉ホテルでした。
3年ほど前から腰痛対策で週末に近所の温泉によく行くようになった今の私は、昔の私からは信じられないほど温泉が好きになりました。
なので白浜3泊では滞在ホテルの温泉もしっかり味わってきました。

また、コガノイベイホテルの宿泊客は姉妹ホテルの古賀の井の温泉も利用できるので、2泊目は古賀の井ホテルの温泉に入りました。
古賀の井ホテルの温泉に入るためには、裏からアクセスしても正面入口に回らなければならなかったので、ついでにロビーから温泉に至るまでのエリアも見学することができました。
見学イコール写真ぱちぱちです。
こういうときのために(!?)、ちゃんとコンデジも持参してきました@

両方のホテルを比べると、コガノイベイホテルの方が新しいのですが、古賀の井の方が古めかしいけれど、格式のありそうな内装でした。
ホテル検索をしたとき古賀の井ホテルの方が合計で3,000円高かったのです(1泊当たり1,000円)。
でも、オーシャンビューを楽しめるのはコガノイベイホテルの方でしょう。
ただし私の部屋は2階のシングルルームだったので、テラスがなく、オーシャンビューはちょっと見づらかったですけどネ。

というわけで、3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧旅行ですが、ホテル滞在そのものも、私なりに満喫してきました。
ただ、温泉施設についていえば、近所の温泉だけがうりの日帰りのところに比べると、ずいぶんシンプルでした。そういうものかな。

現地での移動は、時間の節約と便利さを優先して、全てタクシーにしてしまいました。
空港からホテルくらいは急ぐ必要もないのでバスを使いたかったのですが、南紀白浜空港のサイトからチェックしてみたら、羽田空港から夕方到着する便だと、路線バスはもうありませんでした。
出発日、ホテルから空港に向かう路線バスはありましたが、3日間の滞在中の移動をみんなタクシーですませてしまったので、買い物をたくさんして荷物がぐっと増えた最後の最後に今さらがんばってバスに乗る気にならず、ホテルで時間までまったり過ごしてラクする方を選んでしまいました。

というわけで、フライト&宿泊は早割を利用できたけれど、現地での交通費はけっこうなお値段になってしまいました(苦笑)。

和歌山市公式サイト─南紀白浜空港
(結局移動はタクシーに頼ったがアクセス方法などをチェック)
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/080500/shirap/
南紀白浜空港周辺タクシーマップ・料金表
http://www.aikis.or.jp/~airport/access_taxi.html
アドベンチャーワールド公式サイト
http://aws-s.com/
南紀白浜とれとれ亭 海鮮バイキング&温泉
http://www.toretore.com/toretoretei/

<タイムメモ(全行程表)>
2014年9月17日(水)
JAL1385便 羽田空港16:25発 南紀白浜空港 17:40着
(離陸16:45頃 到着5分遅れ)
18:00 タクシーでホテルに向かいチェックイン
18:45 タクシーでとれとれ亭へ
18:50〜20:20 とれとれ亭の海鮮夕食バイキング
21:20〜22:00頃 ホテルの温泉

2014年9月18日(木)
08:15〜09:00 ホテルの朝食バイキング
09:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ
09:35〜17:00すぎ アドベンチャーワールド1日目
(15:05〜15:40 ランチ兼夕食休憩)
18:00〜19:30 姉妹ホテル「古賀の井」散策&温泉

2014年9月19日(金)
07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング
08:30 タクシーでアドベンチャーワールドへ
(入園前1時間待ちで1日15人限定のパンダラブツアー参加権獲得)
09:30〜17:00すぎ アドベンチャーワールド2日目
(14:20〜14:50 ランチ兼夕食休憩)
19:20〜20:20 ホテルの温泉&おみやげショッピング
21:00〜22:54 部屋でテレビ「猿の惑星創世記(ジェネシス)」鑑賞

2014年9月20日(土)
07:10〜08:00 ホテルの朝食バイキング
08:30頃 チェックアウト&タクシーで空港へ
JAL1382 便 南紀白浜空港 09:50発 羽田空港11:00着

<タクシー代メモ>
空港・コガノイベイホテル間 往復とも1,320円
コガノイベイホテル・とれとれ亭間 往復とも1,050円
コガノイベイホテル・アドベンチャーワールド間
 日によって値段が変わり1,500〜1,690円

同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
タクシー JALグループ JRローカル 私鉄
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 9月17日(水)、羽田空港へ<br /><br />午後2時までお仕事をした後、職場から直接、羽田空港に向かいました。<br />ほとんど利用したことのない羽田空港は、国内便ターミナルであっても、年1回利用する成田空港よりも新鮮でした。<br />

    9月17日(水)、羽田空港へ

    午後2時までお仕事をした後、職場から直接、羽田空港に向かいました。
    ほとんど利用したことのない羽田空港は、国内便ターミナルであっても、年1回利用する成田空港よりも新鮮でした。

  • 南紀白浜行きのフライトが出る24番ゲートへ<br /><br />QRチケットを持っていて、予約時に座席も指定済み。<br />荷物はすべて機内持ち込み。<br />平日午後5時はセキュリティチェックも空いていて(保安検査という呼び方はなんか新鮮!)、国内移動なので出国手続きもなく、空港での手続きはあっけないほどすぐに終わりました。<br />それでも早めにすませておかないと落ち着かない私は、基本的にフライトに慣れていないのです。<br />

    南紀白浜行きのフライトが出る24番ゲートへ

    QRチケットを持っていて、予約時に座席も指定済み。
    荷物はすべて機内持ち込み。
    平日午後5時はセキュリティチェックも空いていて(保安検査という呼び方はなんか新鮮!)、国内移動なので出国手続きもなく、空港での手続きはあっけないほどすぐに終わりました。
    それでも早めにすませておかないと落ち着かない私は、基本的にフライトに慣れていないのです。

  • 待合室はがらがら<br /><br />だからか、なぁんにもなし。<br />

    待合室はがらがら

    だからか、なぁんにもなし。

  • JAL1385便 羽田空港16:25発 南紀白浜空港到着17時40分の予定が5分遅れ<br /><br />羽田空港で滑走時間がえらく長かったので、ひょっとしたら飛ばないんじゃないかと心配しちゃいましたが、飛んでしまえば早いです。<br />無事、南紀白浜空港に到着。<br /><br />日没時間はどんどん早くなり、空港を出ようとした18時近くでは、もうあたりは真っ暗で信じられないくらいでした。<br />人が少ない寂しい空港で、ちょっぴり心細くなったものです。<br />

    JAL1385便 羽田空港16:25発 南紀白浜空港到着17時40分の予定が5分遅れ

    羽田空港で滑走時間がえらく長かったので、ひょっとしたら飛ばないんじゃないかと心配しちゃいましたが、飛んでしまえば早いです。
    無事、南紀白浜空港に到着。

    日没時間はどんどん早くなり、空港を出ようとした18時近くでは、もうあたりは真っ暗で信じられないくらいでした。
    人が少ない寂しい空港で、ちょっぴり心細くなったものです。

  • 南紀白浜空港1階フロアの到着ロビー<br /><br />これは3日後の出発日の20日の朝に撮った写真です。<br />観光名所の写真が飾られていました。<br />

    南紀白浜空港1階フロアの到着ロビー

    これは3日後の出発日の20日の朝に撮った写真です。
    観光名所の写真が飾られていました。

  • 到着ロビーの様子<br /><br />これも出発日の9月20日の朝に撮った写真です。<br />9月17日の到着時はすでに外はかなり暗く、ロビーもなんとなく薄暗く、はやくホテルに向かおうと気がせいていたので、写真を撮り損ねたわけです。<br />

    到着ロビーの様子

    これも出発日の9月20日の朝に撮った写真です。
    9月17日の到着時はすでに外はかなり暗く、ロビーもなんとなく薄暗く、はやくホテルに向かおうと気がせいていたので、写真を撮り損ねたわけです。

  • アドベンチャーワールドのポスターにわくわく!<br /><br />このために来たんですから。<br />明日と明後日、丸一日、アドベンチャーワールド三昧、するぞ〜!!<br />

    アドベンチャーワールドのポスターにわくわく!

    このために来たんですから。
    明日と明後日、丸一日、アドベンチャーワールド三昧、するぞ〜!!

  • 温泉とパンダの町の可愛いポスター<br /><br />第一目的はレッサーパンダなんですけど、南紀白浜は、ジャイアントパンダだらけ(!?)でした@<br />

    温泉とパンダの町の可愛いポスター

    第一目的はレッサーパンダなんですけど、南紀白浜は、ジャイアントパンダだらけ(!?)でした@

  • 港の高台にあったコガノイベイホテル<br /><br />これは2泊目の夕方、徒歩で姉妹ホテルの古賀の井に向かったときに撮った写真です。<br />

    港の高台にあったコガノイベイホテル

    これは2泊目の夕方、徒歩で姉妹ホテルの古賀の井に向かったときに撮った写真です。

  • コガノイベイホテルではさまざまなパンダがお出迎え<br /><br />売店のショーウィンドウのパンダたちでした。<br />

    コガノイベイホテルではさまざまなパンダがお出迎え

    売店のショーウィンドウのパンダたちでした。

  • 旧式な鍵の部屋<br /><br />とはいえ、オートロックでした。<br />私が予約したのは約2ヶ月前なので、客室番号の1番若い部屋となりました。<br />とはいえ、シングルルームは5室しかなかったし、ホテルは空いていて、ほかにシングルルームの宿泊客がいた様子はなかったですけどネ。<br />

    旧式な鍵の部屋

    とはいえ、オートロックでした。
    私が予約したのは約2ヶ月前なので、客室番号の1番若い部屋となりました。
    とはいえ、シングルルームは5室しかなかったし、ホテルは空いていて、ほかにシングルルームの宿泊客がいた様子はなかったですけどネ。

  • 部屋の内側<br /><br />向かって左がバスルームで、右がワードローブ。<br />

    部屋の内側

    向かって左がバスルームで、右がワードローブ。

  • ワードローブの中に金庫や非常灯あり<br /><br />スリッパと浴衣があって、館内ではOKでした。<br />ならサンダルを持参する必要はなかったか〜と思ったのですが、2晩目に姉妹ホテルの古賀の井の温泉に入りに行ったとき、サンダルは役に立ちました。<br />(古賀の井ホテルまでの道も館内の一部、という拡大解釈する勇気はさすがになくて(笑)。)<br />

    ワードローブの中に金庫や非常灯あり

    スリッパと浴衣があって、館内ではOKでした。
    ならサンダルを持参する必要はなかったか〜と思ったのですが、2晩目に姉妹ホテルの古賀の井の温泉に入りに行ったとき、サンダルは役に立ちました。
    (古賀の井ホテルまでの道も館内の一部、という拡大解釈する勇気はさすがになくて(笑)。)

  • シングルルームの様子<br /><br />荷物を解く前に、荷物一式と一緒にぱちり。<br />すべて機内持ち込みできました。<br />手前のキャリーバッグの中にはノートパソコンが入っています。<br />でも帰りはおみやげで一杯になり、ノートパソコンは入らなくなりました。<br /><br />小さめなバッグ2つは、どちらもカメラバッグです。<br />今回、一眼レフ2台(EOS Kiss X5とX7i)、レンズは2本(18-270mmの広角ズームレンズと70-300mmの望遠レンズ)、コンデジ1台(PowerShot SX 210 IS)持参しました。<br />小さい方のカメラバッグはウェストポーチタイプで、望遠レンズを装着した一眼レフを収納。<br />大きい方はカメラはA4サイズのものを折りたたまなくても収納できる大きさがあり、広角ズームレンズを装着した一眼レフを入れても半分スペースがあるので、財布などをの貴重品を入れることができました。<br />この他、滞在中の持ち歩きやアドベンチャーワールド見学中のためにタウン・リュックを持参。<br />

    シングルルームの様子

    荷物を解く前に、荷物一式と一緒にぱちり。
    すべて機内持ち込みできました。
    手前のキャリーバッグの中にはノートパソコンが入っています。
    でも帰りはおみやげで一杯になり、ノートパソコンは入らなくなりました。

    小さめなバッグ2つは、どちらもカメラバッグです。
    今回、一眼レフ2台(EOS Kiss X5とX7i)、レンズは2本(18-270mmの広角ズームレンズと70-300mmの望遠レンズ)、コンデジ1台(PowerShot SX 210 IS)持参しました。
    小さい方のカメラバッグはウェストポーチタイプで、望遠レンズを装着した一眼レフを収納。
    大きい方はカメラはA4サイズのものを折りたたまなくても収納できる大きさがあり、広角ズームレンズを装着した一眼レフを入れても半分スペースがあるので、財布などをの貴重品を入れることができました。
    この他、滞在中の持ち歩きやアドベンチャーワールド見学中のためにタウン・リュックを持参。

  • ポットのお湯はセット済みで、お茶とお茶菓子あり@<br /><br />さすが日本のホテルですねぇ。<br />宿泊をともなう旅行をめったにしたことがなく、海外のホテルではよほどグレードが高いホテルでないとこういうサービスはないので、なかなか新鮮でした。<br />1晩目のお茶菓子は、南紀白浜銘菓・福菱「かげろう」でした。<br />

    ポットのお湯はセット済みで、お茶とお茶菓子あり@

    さすが日本のホテルですねぇ。
    宿泊をともなう旅行をめったにしたことがなく、海外のホテルではよほどグレードが高いホテルでないとこういうサービスはないので、なかなか新鮮でした。
    1晩目のお茶菓子は、南紀白浜銘菓・福菱「かげろう」でした。

  • 2泊目のお茶請けのお菓子はコガノイホテルオリジナルのビスケット<br /><br />たしかラングドシャみたいな味わいのビスケットでした。<br />

    2泊目のお茶請けのお菓子はコガノイホテルオリジナルのビスケット

    たしかラングドシャみたいな味わいのビスケットでした。

  • 3泊目のお茶請けのお菓子は柚子もなか

    3泊目のお茶請けのお菓子は柚子もなか

  • バスルームの様子<br /><br />私の影が写っていますが、あしからず。<br />このバスタブは一度も使いませんでした。<br />3泊とも足を伸ばして悠々と浸かれる大浴場の温泉に行きましたから。<br /><br />アメニティは、ひととおりありました。<br />自分で持参する必要があるのは、化粧水やクリーム、それから垢すりタオルぐらいですむのはいいですね。<br />

    バスルームの様子

    私の影が写っていますが、あしからず。
    このバスタブは一度も使いませんでした。
    3泊とも足を伸ばして悠々と浸かれる大浴場の温泉に行きましたから。

    アメニティは、ひととおりありました。
    自分で持参する必要があるのは、化粧水やクリーム、それから垢すりタオルぐらいですむのはいいですね。

  • 窓からの景色<br /><br />2階なので残念ながらテラスはなく、かろうじて海が見えるくらいでした。<br />安いシングルルームだから仕方がありませんが、これだけでも十分@<br />

    窓からの景色

    2階なので残念ながらテラスはなく、かろうじて海が見えるくらいでした。
    安いシングルルームだから仕方がありませんが、これだけでも十分@

  • 一応これもオーシャンビュー@<br /><br />3階からはテラスがあるんですねぇ。<br />

    一応これもオーシャンビュー@

    3階からはテラスがあるんですねぇ。

  • 山並みと港のあるたそがれ時の景色

    山並みと港のあるたそがれ時の景色

  • ホテルの中庭の様子<br /><br />地下の大浴場の温泉に向かうときに撮ったので、すでに真っ暗でした。<br />翌朝また撮影しました。<br />

    ホテルの中庭の様子

    地下の大浴場の温泉に向かうときに撮ったので、すでに真っ暗でした。
    翌朝また撮影しました。

  • 1階のエレベーターロビー<br /><br />2機ありました。<br />空いていたので、ほとんど待つことはありませんでした。<br />ただ、ロの字の建物のホテルでエレベーターは受付の向かい側にあったので、ちょっと遠く感じました。<br />

    1階のエレベーターロビー

    2機ありました。
    空いていたので、ほとんど待つことはありませんでした。
    ただ、ロの字の建物のホテルでエレベーターは受付の向かい側にあったので、ちょっと遠く感じました。

  • 中庭が見えるロビーの様子

    中庭が見えるロビーの様子

  • フランス懐石レストラン「カ・ドーロ」<br /><br />ホテルにはレストランが2店ありましたが、どちらも高級懐石料理の店で、夕食の予算はせいぜい2,000〜3,000円くらいがいいと思っていた私にとって、べらぼうに高かったです。<br />じゃらんでホテルを検索したとき、同じホテルで夕食付きのプランだと、1泊1万5,000円も差額がありました。<br /><br />ちなみにここは朝食時はバイキングの場所になりました。<br />朝食バイキングの様子は次の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」にて。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933634<br />

    フランス懐石レストラン「カ・ドーロ」

    ホテルにはレストランが2店ありましたが、どちらも高級懐石料理の店で、夕食の予算はせいぜい2,000〜3,000円くらいがいいと思っていた私にとって、べらぼうに高かったです。
    じゃらんでホテルを検索したとき、同じホテルで夕食付きのプランだと、1泊1万5,000円も差額がありました。

    ちなみにここは朝食時はバイキングの場所になりました。
    朝食バイキングの様子は次の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」にて。
    http://4travel.jp/travelogue/10933634

  • なかなか豪華でクラシカルなソファもあったロビー

    なかなか豪華でクラシカルなソファもあったロビー

  • ロビーフロアのティーラウンジ「カリメーラ」<br /><br />営業時間は9時から17時だったので、残念ながら私が滞在していた時間帯はずっとクローズでした。<br />

    ロビーフロアのティーラウンジ「カリメーラ」

    営業時間は9時から17時だったので、残念ながら私が滞在していた時間帯はずっとクローズでした。

  • クラシカルなソファが並ぶティーラウンジ

    クラシカルなソファが並ぶティーラウンジ

  • ロビーフロアのギフトショップ<br /><br />品揃え豊富で、南紀白浜みやげをたくさん買ってしまいました。<br />買ったおみやげの写真は次の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」にて。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933634<br />

    ロビーフロアのギフトショップ

    品揃え豊富で、南紀白浜みやげをたくさん買ってしまいました。
    買ったおみやげの写真は次の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」にて。
    http://4travel.jp/travelogue/10933634

  • ホテルのロビーとレセプション<br /><br />現地移動はタクシーに頼ったので、出かけるたびにタクシーを呼んでもらいました。<br />

    ホテルのロビーとレセプション

    現地移動はタクシーに頼ったので、出かけるたびにタクシーを呼んでもらいました。

  • レセプションのパンダぬいぐるみ@

    レセプションのパンダぬいぐるみ@

  • 地下1階のゲームセンター<br /><br />温泉に向かう途中。<br />

    地下1階のゲームセンター

    温泉に向かう途中。

  • ゲームセンターの向かいにあったクラブ・ディスコ「テータ」<br /><br />ディスコにもカラオケラウンジにもなるスペースだそうです。<br />全面ガラス張りだったので、はじめ通りかかったとき、クローズしているのかと思ってしまいました。<br />帰りにすき間からバーカウンターの様子がちらっと見えました。<br />

    ゲームセンターの向かいにあったクラブ・ディスコ「テータ」

    ディスコにもカラオケラウンジにもなるスペースだそうです。
    全面ガラス張りだったので、はじめ通りかかったとき、クローズしているのかと思ってしまいました。
    帰りにすき間からバーカウンターの様子がちらっと見えました。

  • 大浴場へ向かう

    大浴場へ向かう

  • この通路からさらに地下2階へ<br /><br />エスカレーターもありました。<br />

    この通路からさらに地下2階へ

    エスカレーターもありました。

  • 階段を下りて

    階段を下りて

  • 途中、足ツボマッサージ機のあるスペースあり<br /><br />3晩目に利用しようかと思ったのですが、小銭がなかったのであきらめました。<br />浴場入口前の売店はすでに営業が終了していて、両替してくれそうなところといったら1階ロビーの売店かレセプションあたりしかなかったので、そこまで往復するのがめんどくさくなったのです。<br />両替機をそばに置いておくべきですね。<br />

    途中、足ツボマッサージ機のあるスペースあり

    3晩目に利用しようかと思ったのですが、小銭がなかったのであきらめました。
    浴場入口前の売店はすでに営業が終了していて、両替してくれそうなところといったら1階ロビーの売店かレセプションあたりしかなかったので、そこまで往復するのがめんどくさくなったのです。
    両替機をそばに置いておくべきですね。

  • 大浴場入口<br /><br />バスタオルとフェイスタオルが用意さているので、部屋からは基本、手ぶらで温泉に行くことができました。<br />

    大浴場入口

    バスタオルとフェイスタオルが用意さているので、部屋からは基本、手ぶらで温泉に行くことができました。

  • さまざまなシャンプー・リンスが試せるけれど<br /><br />かごに入った小さな紙コップに入れて各自で持参するというのが、なんともレトロでした。<br />

    さまざまなシャンプー・リンスが試せるけれど

    かごに入った小さな紙コップに入れて各自で持参するというのが、なんともレトロでした。

  • 女湯入口<br /><br />このあとは、写真を自粛。<br /><br />大浴場は3つ。<br />温泉なのは内風呂だけだったというのは拍子抜けでした。<br />外風呂は、大浴場と一段高いところに檜風呂がありました。<br />昼間だったら景色も楽しめたでしょう。いや、ド近眼の私には、昼間でも周りの景色はよく見えなかったかな。<br />サウナもありましたが、そのあとに入る水風呂は浸かるのではなく、水を掛ける方式でした。<br />あとは洗い場があるだけで、近所の日帰り温泉に比べるとシンプルで、拍子抜けしました。<br /><br />まあでも、温泉ホテルといったらふつうはこんなかんじなのかな。<br />部屋の風呂よりはゆったりと浸かれましたし、部屋の風呂だと洗い場がないので窮屈です。<br />それに宿泊客が少なかったので、大浴場をほとんど一人で独占状態でした。<br /><br />ジャグジーはプール側にありました。<br />プールに入るつもりはないと思って水着を持参していなかったのは失敗でした。<br />

    女湯入口

    このあとは、写真を自粛。

    大浴場は3つ。
    温泉なのは内風呂だけだったというのは拍子抜けでした。
    外風呂は、大浴場と一段高いところに檜風呂がありました。
    昼間だったら景色も楽しめたでしょう。いや、ド近眼の私には、昼間でも周りの景色はよく見えなかったかな。
    サウナもありましたが、そのあとに入る水風呂は浸かるのではなく、水を掛ける方式でした。
    あとは洗い場があるだけで、近所の日帰り温泉に比べるとシンプルで、拍子抜けしました。

    まあでも、温泉ホテルといったらふつうはこんなかんじなのかな。
    部屋の風呂よりはゆったりと浸かれましたし、部屋の風呂だと洗い場がないので窮屈です。
    それに宿泊客が少なかったので、大浴場をほとんど一人で独占状態でした。

    ジャグジーはプール側にありました。
    プールに入るつもりはないと思って水着を持参していなかったのは失敗でした。

  • 南紀白浜の朝焼け<br /><br />1晩目は予定より早く寝てしまったので、朝は夜明け頃に目を覚ましました。<br />でも、美しい夜明けが見られてラッキーでした。<br />

    イチオシ

    南紀白浜の朝焼け

    1晩目は予定より早く寝てしまったので、朝は夜明け頃に目を覚ましました。
    でも、美しい夜明けが見られてラッキーでした。

  • 夜明けの南紀白浜・その1

    イチオシ

    夜明けの南紀白浜・その1

  • 夜明けの南紀白浜・その2

    イチオシ

    夜明けの南紀白浜・その2

  • 朝日が差し込んできた海岸の景色

    イチオシ

    朝日が差し込んできた海岸の景色

  • 美しい夜明けの空<br /><br />アドベンチャーワールド三昧の1日目の9月18日(金)は、良い天気に恵まれました。<br />午前中は少し暑くて、最高気温は27度くらいで、暑さに弱いレッサーパンダ向けにミストが噴射されていましたが、午後から風も出て涼しくなりました。<br />9月19日(土)は、終日ほぼ曇天でした。暑すぎず寒すぎず、明るい曇りなので、日向と日影のコントラストは和らぎ、レッサーパンダたちも日射しがまぶしくて目を細めることなく、つぶらな瞳をぱっちり開けていたので、写真撮影がしやすかったです。<br />

    美しい夜明けの空

    アドベンチャーワールド三昧の1日目の9月18日(金)は、良い天気に恵まれました。
    午前中は少し暑くて、最高気温は27度くらいで、暑さに弱いレッサーパンダ向けにミストが噴射されていましたが、午後から風も出て涼しくなりました。
    9月19日(土)は、終日ほぼ曇天でした。暑すぎず寒すぎず、明るい曇りなので、日向と日影のコントラストは和らぎ、レッサーパンダたちも日射しがまぶしくて目を細めることなく、つぶらな瞳をぱっちり開けていたので、写真撮影がしやすかったです。

  • シングルームのベッドサイドの様子<br /><br />2日目にアドベンチャーワールドから戻って来たときに撮影しました。<br />浴衣は毎晩利用しました。<br />部屋に備え付けてあったものではサイズが少々小さく、足元はつんつるてんだったのですが、構わずにそれを身につけました。<br />

    シングルームのベッドサイドの様子

    2日目にアドベンチャーワールドから戻って来たときに撮影しました。
    浴衣は毎晩利用しました。
    部屋に備え付けてあったものではサイズが少々小さく、足元はつんつるてんだったのですが、構わずにそれを身につけました。

  • シングルルームのデスク側<br /><br />イスの背もたれにかけてあるのは浴衣の上に着た法被。<br />

    シングルルームのデスク側

    イスの背もたれにかけてあるのは浴衣の上に着た法被。

  • 2階フロアの廊下<br /><br />朝食を食べに行くときに撮りました。<br />2階に客室はシングルルームが5室しかなく、残りは結婚式場や宴会スペースでした。神官控え室などもあったりしました。<br />

    2階フロアの廊下

    朝食を食べに行くときに撮りました。
    2階に客室はシングルルームが5室しかなく、残りは結婚式場や宴会スペースでした。神官控え室などもあったりしました。

  • 中庭の様子<br /><br />ティーラウンジで注文したものを、中庭でいただくこともできるそうです。<br />朝食のコーヒーはテイクアウトできたので、それを中庭で飲むのもありでしょう。<br />

    中庭の様子

    ティーラウンジで注文したものを、中庭でいただくこともできるそうです。
    朝食のコーヒーはテイクアウトできたので、それを中庭で飲むのもありでしょう。

  • お部屋から見える庭園って?<br /><br />3階以上の客室のテラスからは見えたろうと思いますが、シングルルームの私にとっては、なんのこっちゃ?<br />

    お部屋から見える庭園って?

    3階以上の客室のテラスからは見えたろうと思いますが、シングルルームの私にとっては、なんのこっちゃ?

  • 屋外のガーデンプール前<br /><br />海岸の景色もよく見えて、なかなかステキでした。<br />

    屋外のガーデンプール前

    海岸の景色もよく見えて、なかなかステキでした。

  • 屋外のガーデンプール<br /><br />地中海のリゾート地をイメージしたプールのようです。<br />コラムが立ってたりもしました。<br />

    屋外のガーデンプール

    地中海のリゾート地をイメージしたプールのようです。
    コラムが立ってたりもしました。

  • ガーデンプール前の休憩所の窓から<br /><br />ほかに地下1階に室内プールもあったわけです。<br />ジャグジーはそこにありました。<br />

    ガーデンプール前の休憩所の窓から

    ほかに地下1階に室内プールもあったわけです。
    ジャグジーはそこにありました。

  • 中庭の様子を垣間見る<br /><br />花壇もあって綺麗に整えられた、なかなかステキなスペースでした。<br />

    中庭の様子を垣間見る

    花壇もあって綺麗に整えられた、なかなかステキなスペースでした。

  • 中庭とコガノイべイホテルの建物<br /><br />そしてこのあと朝食バイキングを頂いたのですが、その写真は次の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」にて。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933634<br />

    中庭とコガノイべイホテルの建物

    そしてこのあと朝食バイキングを頂いたのですが、その写真は次の旅行記「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」にて。
    http://4travel.jp/travelogue/10933634

  • 2晩目に姉妹ホテルの古賀の井へ向かう<br /><br />コガノイベイホテルの宿泊客は古賀の井ホテルの温泉も利用できます。<br />逆もしかり。<br />歩いて行くことになるので、アドベンチャーワールドから戻ってきて、なるべく早く明るいうちに向かいました。<br />

    2晩目に姉妹ホテルの古賀の井へ向かう

    コガノイベイホテルの宿泊客は古賀の井ホテルの温泉も利用できます。
    逆もしかり。
    歩いて行くことになるので、アドベンチャーワールドから戻ってきて、なるべく早く明るいうちに向かいました。

  • 古賀の井ホテルの裏手に出る連絡通路の階段<br /><br />コガノイベイホテルからバス通りのある港に出るには、ぐるっと迂回しなけばならないと思ったのですが、この連絡通路を使って古賀の井ホテルの正面に出れば、バス通りまで5分とかからないことにこのとき気付きました。<br />でも、1日目、タクシーで往復したし、バスの本数は1時間に1本程度で、温泉街や空港を迂回するため、2日目もアドベンチャーワールドまで、結局、タクシーを利用しました。<br />

    古賀の井ホテルの裏手に出る連絡通路の階段

    コガノイベイホテルからバス通りのある港に出るには、ぐるっと迂回しなけばならないと思ったのですが、この連絡通路を使って古賀の井ホテルの正面に出れば、バス通りまで5分とかからないことにこのとき気付きました。
    でも、1日目、タクシーで往復したし、バスの本数は1時間に1本程度で、温泉街や空港を迂回するため、2日目もアドベンチャーワールドまで、結局、タクシーを利用しました。

  • 古賀の井ホテルの温泉のある裏手<br /><br />温泉利用者は正面玄関に出てください、と案内があったので、正面に向かいます。<br />

    古賀の井ホテルの温泉のある裏手

    温泉利用者は正面玄関に出てください、と案内があったので、正面に向かいます。

  • 港に面した古賀の井ホテルの正面玄関<br /><br />このホテルは港沿いにありました。<br />

    港に面した古賀の井ホテルの正面玄関

    このホテルは港沿いにありました。

  • 古賀の井ホテルの正面玄関から入って、中から外の方を振り返ったところ

    古賀の井ホテルの正面玄関から入って、中から外の方を振り返ったところ

  • 豪華だけどとってもクラシカルなロビーとレセプション<br /><br />コガノイベイホテルの宿泊客であることを、レセプションで口頭で申告すれば、そのまま問題なく中に入れました。<br />

    豪華だけどとってもクラシカルなロビーとレセプション

    コガノイベイホテルの宿泊客であることを、レセプションで口頭で申告すれば、そのまま問題なく中に入れました。

  • 玄関の上の絵にズーム

    玄関の上の絵にズーム

  • レセプションの飾り付け<br /><br />もうすぐハロウィーンでしたっけ?<br />

    レセプションの飾り付け

    もうすぐハロウィーンでしたっけ?

  • 豪華だけどクラシカルなロビー<br /><br />ソファはコガノイベイホテルのティーラウンジにあるのと同じでしたが、テーブルは……。<br />

    豪華だけどクラシカルなロビー

    ソファはコガノイベイホテルのティーラウンジにあるのと同じでしたが、テーブルは……。

  • この嵌めガラスのテーブルはすばらしい@

    この嵌めガラスのテーブルはすばらしい@

  • 玄関ロビーの展示スペースの絵の1つ

    玄関ロビーの展示スペースの絵の1つ

  • ロビーに人力車の展示があり<br /><br />こんな昔からこのホテルはあったのでしょうか。<br />それともイメージ演出かな。<br />

    ロビーに人力車の展示があり

    こんな昔からこのホテルはあったのでしょうか。
    それともイメージ演出かな。

  • 売店前のハロウィーンの飾り付け<br /><br />ちなみに併設のレストランのディナーバイキングでは9〜10月はハロウィーン企画があったようです。<br />

    売店前のハロウィーンの飾り付け

    ちなみに併設のレストランのディナーバイキングでは9〜10月はハロウィーン企画があったようです。

  • 古めかしいけれど格式のあったロビーを見学した後、大浴場へ向かう

    古めかしいけれど格式のあったロビーを見学した後、大浴場へ向かう

  • 階段の絵

    階段の絵

  • 大浴場のある別棟への和風な廊下

    大浴場のある別棟への和風な廊下

  • 3つの浴場があった「四季の花」の方へ<br /><br />というか、導かれるままに進むと「四季の花」に入ることになります。<br />古道の湯への行き方は分からなかったです。<br />

    3つの浴場があった「四季の花」の方へ

    というか、導かれるままに進むと「四季の花」に入ることになります。
    古道の湯への行き方は分からなかったです。

  • 女の湯の案内に従って向かうと

    女の湯の案内に従って向かうと

  • 「四季の湯」の女の湯へ<br /><br />このあとは写真を自粛。<br /><br />「四季の湯」は、タイル張り風呂と檜風呂が内風呂で、露天風呂が1つ。<br />温泉表示によると、どれも温泉だったろうと思います。<br />檜風呂はコガノイベイホテルのよりもずっと大きかったですが、サウナはありませんでした。<br />そしてこちらも、ほとんど私1人独占状態でした。<br /><br />3晩目はふたたびコガノイベイホテルの温泉を利用しました。<br />姉妹ホテルですぐそばとはいえ、夜に徒歩で往復するのはちょっと億劫でしたしね。<br />

    「四季の湯」の女の湯へ

    このあとは写真を自粛。

    「四季の湯」は、タイル張り風呂と檜風呂が内風呂で、露天風呂が1つ。
    温泉表示によると、どれも温泉だったろうと思います。
    檜風呂はコガノイベイホテルのよりもずっと大きかったですが、サウナはありませんでした。
    そしてこちらも、ほとんど私1人独占状態でした。

    3晩目はふたたびコガノイベイホテルの温泉を利用しました。
    姉妹ホテルですぐそばとはいえ、夜に徒歩で往復するのはちょっと億劫でしたしね。

  • 出発の日の朝の部屋の窓からの景色<br /><br />景色をよく見たかったので、部屋のソファを利用して窓枠に乗ったら、ガーデンプールまでは見えるようになりました。<br />

    出発の日の朝の部屋の窓からの景色

    景色をよく見たかったので、部屋のソファを利用して窓枠に乗ったら、ガーデンプールまでは見えるようになりました。

  • 部屋の窓枠の高さに立って眺めた港の景色

    部屋の窓枠の高さに立って眺めた港の景色

  • 部屋の窓枠の高さに立って眺めた海岸の景色<br /><br />時間にゆとりがあったら、港沿いを散策して、写真を撮りたかったです。<br />でも、朝はなにかと慌ただしく、夕方は暗くなるのが早すぎたので、その余裕はありませんでした。<br />ホテルに早く戻れた分、アドベンチャーワールドで撮った写真をパソコンに読み込ませて、少しでも整頓を進めておきたかったですしネ。<br />

    部屋の窓枠の高さに立って眺めた海岸の景色

    時間にゆとりがあったら、港沿いを散策して、写真を撮りたかったです。
    でも、朝はなにかと慌ただしく、夕方は暗くなるのが早すぎたので、その余裕はありませんでした。
    ホテルに早く戻れた分、アドベンチャーワールドで撮った写真をパソコンに読み込ませて、少しでも整頓を進めておきたかったですしネ。

  • 南紀白浜空港の1階出発ロビーのチェックインカウンター前

    南紀白浜空港の1階出発ロビーのチェックインカウンター前

  • 南紀白浜空港のギフトショップ・その1<br /><br />すでにホテルとアドベンチャーワールドのギフトショップでおみやげはどっちゃり買ったので、空港では買い物はしませんでしたが、品揃えはなかなか豊富でした。<br />値段も、空港だから高いということもなく、ホテルと同じでした。<br />営業時間は8時30分から18時30分。<br />

    南紀白浜空港のギフトショップ・その1

    すでにホテルとアドベンチャーワールドのギフトショップでおみやげはどっちゃり買ったので、空港では買い物はしませんでしたが、品揃えはなかなか豊富でした。
    値段も、空港だから高いということもなく、ホテルと同じでした。
    営業時間は8時30分から18時30分。

  • 南紀白浜空港のギフトショップ・その2

    南紀白浜空港のギフトショップ・その2

  • 南紀白浜空港のレストラン「スカイアドベンチャー」<br /><br />レストランではアドベンチャーワールドのパンダグッズも一部販売されていました。<br /><br />ちなみに、到着時にここのレストランで食事をしようと思ったのですが、こちらも営業時間は8時30分から18時30分なので無理でした。<br />代わりに「とれとれ亭」に行けたからいいんですけどネ。<br /><br />とれとれ亭のグルメ・レポートは次の旅行記にて。<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933634<br />

    南紀白浜空港のレストラン「スカイアドベンチャー」

    レストランではアドベンチャーワールドのパンダグッズも一部販売されていました。

    ちなみに、到着時にここのレストランで食事をしようと思ったのですが、こちらも営業時間は8時30分から18時30分なので無理でした。
    代わりに「とれとれ亭」に行けたからいいんですけどネ。

    とれとれ亭のグルメ・レポートは次の旅行記にて。
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」
    http://4travel.jp/travelogue/10933634

  • 和歌山のキャラクター・きいちゃんによるわかやま国体ポスター

    和歌山のキャラクター・きいちゃんによるわかやま国体ポスター

  • 和歌山ポスターのうち動物バージョン<br /><br />アドベンチャーワールドの動物たちの他、たま駅長さんです。<br />たま駅長さんには、ずっと前に会ったことがあります。<br /><br />関連の旅行記(2007年10月6日)<br />「甥っ子・姪っ子とおもちゃ電車に乗りました@」<br />http://4travel.jp/travelogue/10188256<br /><br />このときに逆光撮りのときにフラッシュをたくという技を、ほかの見学者から教えてもらったのですが、よく考えたら動物に向かってフラッシュをたくのはNGだったのではないかしら(苦笑)。<br />

    和歌山ポスターのうち動物バージョン

    アドベンチャーワールドの動物たちの他、たま駅長さんです。
    たま駅長さんには、ずっと前に会ったことがあります。

    関連の旅行記(2007年10月6日)
    「甥っ子・姪っ子とおもちゃ電車に乗りました@」
    http://4travel.jp/travelogue/10188256

    このときに逆光撮りのときにフラッシュをたくという技を、ほかの見学者から教えてもらったのですが、よく考えたら動物に向かってフラッシュをたくのはNGだったのではないかしら(苦笑)。

  • 空港内散策をひととおりすませたので、早めにゲートに向かう

    空港内散策をひととおりすませたので、早めにゲートに向かう

  • ほんもののジャイアントパンダも可愛かったよ<br /><br />ほんもののジャイアントパンダの写真はこちらの旅行記にて。<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933638<br /><br />アドベンチャーワールドのレッサーパンダ旅行記はこちら。<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(3)平日狙いで2日通った初アドベンチャーワールドいろいろ&エントランスドームの動物たちやシロクマの子とさまざまなペンギンたち」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933635<br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」<br />http://4travel.jp/travelogue/10933636<br />

    ほんもののジャイアントパンダも可愛かったよ

    ほんもののジャイアントパンダの写真はこちらの旅行記にて。
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(5)パンダ特集:人工哺育のレッサーパンダの赤ちゃん一人遊びがちょっと切ない&入園前1時間待ちで勝ち取れた1日15人限定ジャイアントパンダ・バックヤードツアー」
    http://4travel.jp/travelogue/10933638

    アドベンチャーワールドのレッサーパンダ旅行記はこちら。
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(3)平日狙いで2日通った初アドベンチャーワールドいろいろ&エントランスドームの動物たちやシロクマの子とさまざまなペンギンたち」
    http://4travel.jp/travelogue/10933635
    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(4)レッサーパンダ特集:自然哺育のレッサーパンダの赤ちゃん!〜ライラちゃん母子&シンシンくん&后ちゃん」
    http://4travel.jp/travelogue/10933636

  • 羽田空港行きのJALを待つゲート前<br /><br />ゲートは1つ。<br />一日に発着便が6便しかないんですものね。<br />羽田行きの便は、ジャンボに変更になりました。<br />それだけ、土曜の朝に関東に向かう人はけっこういたわけでした。<br />

    羽田空港行きのJALを待つゲート前

    ゲートは1つ。
    一日に発着便が6便しかないんですものね。
    羽田行きの便は、ジャンボに変更になりました。
    それだけ、土曜の朝に関東に向かう人はけっこういたわけでした。

  • 搭乗前<br /><br />彼方にアドベンチャーワールドの建物や観覧車が見えました。<br />ホテルより空港の方がアドベンチャーワールドに近くて、空港はアドベンチャーワールドのほとんど裏手にありました。<br /><br />アクセス編&ホテル編は以上です。<br /><br />「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」へとつづく。<br />http://4travel.jp/travelogue/10933634

    搭乗前

    彼方にアドベンチャーワールドの建物や観覧車が見えました。
    ホテルより空港の方がアドベンチャーワールドに近くて、空港はアドベンチャーワールドのほとんど裏手にありました。

    アクセス編&ホテル編は以上です。

    「優雅に3泊2日の南紀白浜アドベンチャーワールド三昧(2)ちょっぴりグルメ編&たっぷり買ったおみやげ編:とれとれ亭の海鮮夕食バイキングとホテルの朝食バイキング&南紀白浜・アドベンチャーワールドみやげ」へとつづく。
    http://4travel.jp/travelogue/10933634

この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • meyarvelkoさん 2016/03/05 21:05:49
    参考にさせてください。
    まみさん、初めまして。

    素晴らしい旅行記ですね。
    写真もどれもよく撮れてますし
    ガイドブックを見るより詳しい説明文で
    感動物です。
    私も来月、南紀白浜に行く予定ですので
    まみさんの旅行記をぜひ参考にさせてください。

    まみ

    まみさん からの返信 2016/03/07 12:41:14
    RE: 参考にさせてください。
    oyakotabiさん、はじめまして!
    南紀白浜編の旅行記、参考になりますでしょうか。嬉しいです!
    かなーりアドベンチャーワールド偏重なのですが、アクセス編やグルメ編やおみやげ編は参考になれば幸いです。
    4月の白浜はステキでしょうね!
    oyakotabiさんはフライトでしょうか。ひょっとして同じホテル?
    実はこのあとすでに3回出かけていて、いまは千畳の方のホテルに泊まったり、夜行バスを使ったりしています。
    アドベンチャーワールド以外も、すこーしばかり白浜観光をしていますが、そちらはタクシーを使ってしまったので、あまり参考にならないかもしれませんね。
    でもタクシーでまわるのも2〜3人で利用できれば、便利で十分もとがとれるかもしれません。
    あるいはバスで周遊されるとたら、明光バスのフリーパスをご利用になるといいかもしれませんね。
    このあいだ行ったとき、パスでバスで観光している方もいらっしゃいました。
    よい白浜旅行になるといいですね!

    > まみさん、初めまして。
    >
    > 素晴らしい旅行記ですね。
    > 写真もどれもよく撮れてますし
    > ガイドブックを見るより詳しい説明文で
    > 感動物です。
    > 私も来月、南紀白浜に行く予定ですので
    > まみさんの旅行記をぜひ参考にさせてください。

    meyarvelko

    meyarvelkoさん からの返信 2016/03/07 20:13:40
    RE: RE: 参考にさせてください。
    > oyakotabiさん、はじめまして!
    > 南紀白浜編の旅行記、参考になりますでしょうか。嬉しいです!
    > かなーりアドベンチャーワールド偏重なのですが、アクセス編やグルメ編やおみやげ編は参考になれば幸いです。
    > 4月の白浜はステキでしょうね!
    > oyakotabiさんはフライトでしょうか。ひょっとして同じホテル?
    > 実はこのあとすでに3回出かけていて、いまは千畳の方のホテルに泊まったり、夜行バスを使ったりしています。
    > アドベンチャーワールド以外も、すこーしばかり白浜観光をしていますが、そちらはタクシーを使ってしまったので、あまり参考にならないかもしれませんね。
    > でもタクシーでまわるのも2〜3人で利用できれば、便利で十分もとがとれるかもしれません。
    > あるいはバスで周遊されるとたら、明光バスのフリーパスをご利用になるといいかもしれませんね。
    > このあいだ行ったとき、パスでバスで観光している方もいらっしゃいました。
    > よい白浜旅行になるといいですね!
    >
    > > まみさん、初めまして。
    > >
    > > 素晴らしい旅行記ですね。
    > > 写真もどれもよく撮れてますし
    > > ガイドブックを見るより詳しい説明文で
    > > 感動物です。
    > > 私も来月、南紀白浜に行く予定ですので
    > > まみさんの旅行記をぜひ参考にさせてください。

    meyarvelko

    meyarvelkoさん からの返信 2016/03/07 20:22:34
    RE: RE: 参考にさせてください。
    まみさん、早速のお返事ありがとうございます。

    まみさんはアドベンチャーワールドに何回も行かれてるのですね。
    それだけ魅力があるのでしょうね。
    ますます楽しみになってきました。

    私たちは羽田からのフライトでホテルも同じですので
    まみさんの旅行記がとても参考になります。
    いろいろアドバイスありがとうございます。

    南紀白浜は今回が2度目ですが
    アドベンチャーワールドは初めてですので
    今からワクワクしてます。♪

    それにしてもまみさんの旅行記は素晴らしいです。(*^_^*)



    > oyakotabiさん、はじめまして!
    > 南紀白浜編の旅行記、参考になりますでしょうか。嬉しいです!
    > かなーりアドベンチャーワールド偏重なのですが、アクセス編やグルメ編やおみやげ編は参考になれば幸いです。
    > 4月の白浜はステキでしょうね!
    > oyakotabiさんはフライトでしょうか。ひょっとして同じホテル?
    > 実はこのあとすでに3回出かけていて、いまは千畳の方のホテルに泊まったり、夜行バスを使ったりしています。
    > アドベンチャーワールド以外も、すこーしばかり白浜観光をしていますが、そちらはタクシーを使ってしまったので、あまり参考にならないかもしれませんね。
    > でもタクシーでまわるのも2〜3人で利用できれば、便利で十分もとがとれるかもしれません。
    > あるいはバスで周遊されるとたら、明光バスのフリーパスをご利用になるといいかもしれませんね。
    > このあいだ行ったとき、パスでバスで観光している方もいらっしゃいました。
    > よい白浜旅行になるといいですね!
    >
    > > まみさん、初めまして。
    > >
    > > 素晴らしい旅行記ですね。
    > > 写真もどれもよく撮れてますし
    > > ガイドブックを見るより詳しい説明文で
    > > 感動物です。
    > > 私も来月、南紀白浜に行く予定ですので
    > > まみさんの旅行記をぜひ参考にさせてください。

まみさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

南紀白浜の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集