旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

a340loverさんのトラベラーページ

a340loverさんのQ&A

  • 回答(3件)
  • 質問(0件)
条件をクリア
エリア
並び順

  • おすすめアクティビティーついて(ワイナリー巡り)

    12月末にクイーンズタウンに行きます(4日間)。その後マウントクックに移動し、クライストチャーチからOUTです。

    航空券と宿だけでとっているので、何をしようか考え中です。
    おすすめのアクティビ...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2019/09/29 19:11:33
    • 回答者: a340loverさん
    • 経験:あり

    ワインラヴァ―とのご回答をいただきましたので、再度失礼します^^;

    私もワイン好きです。ワイン歴はまだ浅いほうですが、8月のNZ渡航では、Central Otagoのみならず、WairarapaのMartinborough(Ata RangiやDry River、Kusuda Winesが有名。実際、Ata Rangiを訪問してきまして、畑も見せていただき大変有意義でしたよ)も訪れてまいりました。

    Roaring Wine Toursですが、ほかのQueenstown発のツアーには参加していないので比較はできませんが、小規模かつ高品質なワイナリーを5か所も訪れることができましたし、道中もワインの会話で盛り上がり、ワインラヴァ-には最高のツアーだと思います。

    https://www.roaringtours.co.nz/central-otago-wine-tours-1
    これのLion Tour (FULL DAY WINE TOUR)でQueenstown発のものに参加しました。


    ただし、先に回答させていただきました通り、基本的に2名以上でしか予約を受け付けていないので、個別に連絡するなどして交渉することが必要なのと、ワナカ発でない限り、ワナカのワイナリーには(おそらく)行けなさそうだということがあります。
    私は1名参加で、しかも当日はたまたまガイドさんと私のみの完全プライベートツアーでした。本当はダニーデンから別の客がいたそうなのですが、雪で飛行機が飛ばなくなり、私のみになったものの、ワイン好きである気持ちが前面に出たメールをやりとりしていたからか、特別にツアー催行していただきました。
    私はNatalieさん(ガイドさん)という方とやりとりしました。前日に、Milfordのツアーに寝坊して、しょんぼりしながらQueenstown市内を歩いていた時に、明日のワイナリーツアー催行するよ、という連絡をいただいて、一気に元気になったのを覚えています(笑)

    日本語のあのツアーもまだ催行未定とのことですが、私の行った閑散期8月ではなく、繁忙期の12月とのことですので、おそらく催行になるのではないかと思います。

    ちなみにMilfordのツアーを寝坊するくらい、深夜にすばらしい星空・オーロラの撮影に連れて行ってくださった、Queenstown在住・米戸さんの「サザンクロス☆スターウォッチングツアー」も言うまでもなくおすすめでございます!

    また、先のご回答で、以下の誤記がありましたので、訂正させていただきます。
    ・asato wines → sato wines(日本人醸造家佐藤さんのワイナリー)
    ・Reamrkable → Remarkable(バノックバーンの個人経営ワイナリー、販売開始の年のPinot Noirで、ロンドンで賞を取ったとか)

    もし、Queenstown発でWanaka Ripponも行けるようなツアーに出会えましたら、私にも教えていただけますと幸いです(笑)

  • おすすめアクティビティーついて(ワイナリー巡り)

    12月末にクイーンズタウンに行きます(4日間)。その後マウントクックに移動し、クライストチャーチからOUTです。

    航空券と宿だけでとっているので、何をしようか考え中です。
    おすすめのアクティビ...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2019/09/29 14:14:50
    • 回答者: a340loverさん
    • 経験:なし

    セントラルオタゴのワイナリー巡り、楽しいですよ。ツアーもたくさんあるので、迷ってしまいますよね。
    ですが、一人参加ですと、なぜだかそもそも受け付けてくれないところが多いです。8月に私が参加したのはRoaring Wine Toursでした。一人参加受け付けてないという連絡があったのですが、どうしてもと要望したところ奇跡的に受け付けていただきました。こちらは、ちゃんとソムリエの方が案内してくれて、小規模なワイナリーにも連れて行ってくれます。

    ワナカのRipponをご指名されていることから、ワインラバーとお見受けします。Ripponが必須であれば、ワナカ泊が理想的ですが、私が検討していた下記のツアーもあります。
    https://www.yumelandnz.com/wine/

    クイーンズタウン市内であれば、The wineryというお店が有名ですのでぜひ訪問されてくださいませ。

    Roaring toursのガイドさん曰く、アメリカ資本の低クオリティで大箱なワイナリー見学しか行かないのもあるので要注意とのことでした。
    予算が許すのでしたら、専用車でのプライベートツアーでしたらお一人参加でもご希望のワイナリーに連れて行ってくれることでしょう。ぜひ、asato wines, Felton Road, その向かいのTerra Sancta、同じくバノクックバーンのReamrkable、クロムウェルのMisha’sなど、あとはAmithfieldあたりでしょうかをご訪問されると楽しいとおもいます。

    あまり役に立たないかもしれませんが、私の旅行記もお役に立てますと光栄です。

  • マルペンサエクスプレス チケットオンライン購入eチケット届かない

    マルペンサエクスプレス のチケットをオンラインで購入しましたが
    eチケットがメールで届きません

    カード支払いのためカードによる支払いが完了したことはメールで送られてきました

    ただ、購入時...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2018/03/15 22:48:25
    • 回答者: a340loverさん
    • 経験:あり

    マルペンサエクスプレスのチケットをオンライン購入されたとのことですが、ミラノカードとのセット販売だったりしますでしょうか。
    違ったとしてもTRENORDのe-storeからの購入のようですので、ご参考になれば。

    カード支払い時に別のアドレスを記入されたとありますが、このアドレスに届いているメールはPagOnlineというところでしょうか。だとしたら注文自体は通っていると思います。それで、その後TRENORDから2通メールが届くと思うのですが、TRENORDのe-storeで入力されたgmailのアドレスが間違っているとするとそれが届いていないのだと思います。

    2通届くメールのうち2通目にチケットが添付されてきました。(もう1通はレシート)
    今思えば、2通目の添付ファイルに「Ticket」と書かれているのですが、どう見てもこれもレシートみたいに見えるのでわかりにくいです。私は印刷して持っていきましたが、現地で回収されましたので印刷必須のようです。

    まずは、上記確認されてみてはいかがでしょうか。それで、gmailのほうにメールが来ていないとなると入力ミスの疑いが高いと思われます。電話はハードル高いですし、文字に起こして証跡にするという意味でもTRENORDの問い合わせ(http://store.trenord.it/contactus)に聞いてみるほうが良いと思います。 マルペンサエクスプレス

a340loverさん

a340loverさん 写真

12国・地域渡航

0都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

a340loverさんにとって旅行とは

自分という車を走らせるためのガソリンみたいなもの。遠くに目標となるランドマークが見えていれば走り続けることができるように、次の旅行が決まっているとなんとか頑張っていこうと思えます。

自分を客観的にみた第一印象

落ち着いている、とか〇年目とは思えない落ち着き、とか日本人にはよく言われます。たまに怖いと言われます。自分の価値観や主張がはっきりしている(と思う)ので、わがままだと思います。外国人には高校生くらいに見えるといわれます。いつも酒を出してもらうのにIDを見せないといけないのが悩みです。もう少しいい意味で老けて見られたいと思います。でも、本当は寂しがりやさんなので、だれか素敵なパートナーと一緒に旅に行けたらいいなと思います。

大好きな場所

イタリア・フラスカティの街は忘れられません。いつかまた行ってみたいと思っています。でも、最近行ったイングランド・コーンウォール地方の温かさと素晴らしさにすっかり惚れてしまいました。

大好きな理由

フラスカティは、私にとって初めて海外に訪れることになった街のため。

行ってみたい場所

ロシア・サンクトペテルブルク。高校生の時に読んだドストエフスキーの作品の多くの物語の舞台でもあるため。

現在12の国と地域に訪問しています

現在0都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)