1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. オーストリア
  5. ウィーン
  6. ウィーン 観光
  7. アルベルティーナ
ウィーン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

アルベルティーナ Albertina

博物館・美術館・ギャラリー

ウィーン

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

アルベルティーナ https://4travel.jp/os_shisetsu/10382495

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
アルベルティーナ
英名
Albertina
住所
  • Albertinaplatz 1, 1010 Wien
営業時間
10:000-18:00(水は-21:00)
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(47件)

ウィーン 観光 満足度ランキング 28位
3.48
アクセス:
4.29
市街の中心地にあります by オカちゃんさん
コストパフォーマンス:
3.60
美術系が好きな方にはお得かも。 by Hisashiさん
人混みの少なさ:
3.26
質の高い展覧会は混んでいる by EuropeanTravelerさん
展示内容:
4.19
貴重な作品が目白押しです。 by Hisashiさん
  • 満足度の高いクチコミ(30件)

    近代の絵画があります!

    4.5

    • 旅行時期:2019/05
    • 投稿日:2021/06/14

    ホーフブルグ王宮続きの宮殿内にある美術館です。修復、改築で、建物その物は新しいです。 王宮や教会で中世の絵画ばかり見てき...  続きを読むたので、入ってすぐ印象派以降の絵画が並んでいて感動しました! ルノアール、ドガ、モネ、セザンヌ、マチス、ミロ、ピカソ、シャガール、、、でもやっぱり、ルーベンス専用の部屋もありました。撮影できるのが良かったです。 当時の家具を並べた宮殿内の部屋も再現されていますが、流石に椅子には座れません。😅  閉じる

    yuka

    by yukaさん(女性)

    ウィーン クチコミ:17件

  • 複製

    • 3.5
    • 旅行時期:2020/02(約1年前)
    • 1

    この美術館で見たかったのは、デューラーの「野兎」。革命家のような目をしたウサギです。
    展示室にあったのは複製画でした。オ...  続きを読むリジナルが観られるのは、特別な機会だけだそうです。その他の素描や水彩画も同様でした。作品の劣化を防ぐために仕方ないことですし、複製は精巧で本物さながらです。それを観られただけでも良かった…と思うことにしました。
    心残りを噛みしめて美術館を後にしました。いつか、本物の「野兎」に会いに来られるでしょうか。  閉じる

    投稿日:2020/05/27

  • デューラー展で混雑していました

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/11(約2年前)
    • 0

    アルベルティーナ宮殿の中にある絵画、版画、素描などの世界最大級のコレクション数を誇る美術館。デューラー展が行われていたので...  続きを読むチケットを購入するのにも行列が出来、入場制限をするほど混雑していました。美術史美術館のように特別展に別料金はかからず、時間による入場制限もないのでデューラー展は土曜日だったこともあって絵に近づけないほどの混雑でした。他の部屋もそこそこ混雑していました。デューラー、ルーベンス、セザンヌ、シャガール、ルノアールからシーレまで多彩な作品が多く見応えがありました。なるべく土日を避けて入館されることをおすすめします。  閉じる

    投稿日:2019/12/05

  • 約15年ぶりのデューラー展を堪能

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/10(約2年前)
    • 0

     今世紀初めに改装した後に開催したデューラー展から約15年ぶりのデューラー展を見るために訪問。
     会期前半でしたが人気の...  続きを読むある展覧会は混んでいるので予約して行きました。

     会場内の展示は圧倒的な質・量で構成されています。一部作品を除き撮影もできます。
     図録も非常に充実していました。(前回の充実した図録と読み比べする楽しさもあります。)
     自分の興味ある画家の回顧展が開催しているときは必見の美術館です。

       閉じる

    投稿日:2020/05/05

  • 2階の広場には無料で行けます。

    • 4.5
    • 旅行時期:2019/09(約2年前)
    • 0

    「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」という映画で、2階の広場が出てくるので行ってみました。
    2階へ上がる階段の模様が...  続きを読むとてもきれいでした。
    2階の広場へは無料で行け、座るところもあるので、観光の合間に休憩できて、とてもよかったです。

      閉じる

    投稿日:2019/12/05

  • ブルグ公園の隣です

    • 4.5
    • 旅行時期:2019/08(約2年前)
    • 0

    マリアテレジアの娘の夫の名前のアルベルト公から取ったものです。ルーベンスなど豊富な絵画があります。美術館巡りが好きな人には...  続きを読む必見の美術館です。1階から2階に上がる階段は装飾されていて、MONET、PICASSOなどとプリントされていました。真っ白な外観も素敵です  閉じる

    投稿日:2020/03/01

  • 階段の絵が良い

    • 4.5
    • 旅行時期:2019/06(約2年前)
    • 0

    アルベルティーナ宮殿内にあります。デューラー、ルーベンス、ミケランジェロ、ブリューゲル、レンブラント、シーレまで素描画約6...  続きを読む万点、版画約100万点を所蔵しています。。もちろん、全部が一度に展示しているわけではありません。階段に絵が描かれていました。  閉じる

    投稿日:2019/09/09

  • 近代の絵画があります!

    • 4.5
    • 旅行時期:2019/05(約2年前)
    • 1

    ホーフブルグ王宮続きの宮殿内にある美術館です。修復、改築で、建物その物は新しいです。
    王宮や教会で中世の絵画ばかり見てき...  続きを読むたので、入ってすぐ印象派以降の絵画が並んでいて感動しました!
    ルノアール、ドガ、モネ、セザンヌ、マチス、ミロ、ピカソ、シャガール、、、でもやっぱり、ルーベンス専用の部屋もありました。撮影できるのが良かったです。
    当時の家具を並べた宮殿内の部屋も再現されていますが、流石に椅子には座れません。😅  閉じる

    投稿日:2019/06/06

  • コレクション充実に驚き

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/03(約2年前)
    • 0

    2度目のウィーン訪問時に、見学しました。エスカレータを上がると、2階のテラス。ここからオペラ座、ホテルザッハーなどが見渡せ...  続きを読むる。
    館内は意外に広くて、特別展開催中:
    1)Monet to Picasso: The Batliner Collection
    2)Rubens to Makart: Liechtenstein. The Princely Collections
    など。
    注目作品は、
    クエンティン・マサイス(Quentin Massys)「Tax-Collectors」
    フリードリヒ・フォン・アマーリング(Friedrich von Amerling)「Elise Kreuzbergerの肖像」
    ルーベンス 「鏡のヴィーナス」 「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」
    シャガール「Sleeping Woman with Flowers」
    デルヴォー 「ランタンのある風景」
    前回(2005年)の訪問記を見ると、シーレ、クリムト、企画展「ルドルフ・フォン・アルト」しか記載がない。今回は、特別展のためかも知れないが、これほどの作品が見られるとは、驚き。帰国後に調べると、2007年にリヒテンシュタインのBatliner家から膨大なBatliner Collectionを借り受けたらしい。撮影可。シニア割引あり。水曜及び金曜は21時まで開館。所要時間:1時間10分。
      閉じる

    投稿日:2019/08/23

  • ちょうどモネ展やってました。

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/10(約3年前)
    • 0

    とってもきれいな美術館です。
    行ったときは、ちょうどモネの特別展をやってたので、入ってみましたが、
    水連の絵は少なくて...  続きを読む風景画が多く、風景画での、あの淡い色使いをたくさん見ることができ、楽しめました。(あと、少しですが、ピカソコーナーもありました)
    ウィーンパスで入れますので、ちょっと寄ってみる感じでも、いい場所ではないでしょうか。
      閉じる

    投稿日:2018/12/01

  • 戦後再建

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/10(約3年前)
    • 0

    ウィーンに戦災は無いと思っていましたが『第3の男』に見る重苦しい雰囲気には戦争に関わりがあったのでしょう。 戦後復興とあり...  続きを読むますが元々は宮殿で現在は美術館になっています。今、モネ展開催中で多くの人が訪れていました、私は2階広場にある騎馬像がお気にいり。(階段ちょっと面白いでしょ?)   閉じる

    投稿日:2018/11/04

  • アルベルティーナ

    • 4.5
    • 旅行時期:2018/09(約3年前)
    • 0

    現地の方に一番のオススメの場所と言われて行ってみた。
    丁度ピカソやモネ等の作品があった。
    かなり人がいてゆっくりは見れ...  続きを読むなかったが、沢山の芸術作品がありかなり楽しいかった。

    好みの絵画が沢山置いてあり素晴らしい時間を過ごせる。椅子も沢山ある。  閉じる

    投稿日:2019/08/26

  • モネ展

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/09(約3年前)
    • 0

    モネ展が開催中でした。建物へと続く階段にはモネの絵がディスプレイされていて、あっと驚くほど芸術的です。モネの睡蓮は、日本で...  続きを読むも鑑賞したことがありましたが、アルベルティーナで鑑賞すると、感激が一段と高まって、素敵でした。  閉じる

    投稿日:2018/12/27

  • 楽しめました

    • 4.5
    • 旅行時期:2018/08(約3年前)
    • 0

    モネとピカソを特集していたので、アルベルティーナ美術館に見に行きました。

    入り口付近にレストランがあったのですが、音...  続きを読む楽をガンガン大きい音で流していて騒がしく、なかなか驚きました。

    美術館内に入る前にリュックを預けるのですが、適当なコインがなかったので受付で聞いたら、プラスチック製のコインを渡されました。
    こんな手段もあるのね~

    入場料は12.9ユーロ
    https://www.albertina.at/  閉じる

    投稿日:2020/01/13

  • また行ってみたい美術館でした

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/08(約3年前)
    • 0

    ピカソとモネを特集していたので、行ってみました
    写真撮影はOKでした

    ピカソの作品をこんなに一度に見たことがなかっ...  続きを読むたので満足しました。

    時期により、色々な画家さんの特集をやっている様で、また行ってみたいと思いました。

    目の前?併設?のレストランが、貸し切りでパーティーをやっていて、ロックが、がんがんに流れており、静かな美術館と対象的でした。

    リュックはコインロッカーに預けます。コインは返却されました。
    旅行記にも書きましたが、コインがない場合は、受付に言うとプラスチック製のコインを貸してくれました。

    中はとてもキレイで落ち着いてゆっくり見る事が出来ました。

    うさぎの絵が有名なようで、お土産コーナーにもグッズが沢山ありました。  閉じる

    投稿日:2018/08/23

  • 階段mユニークな美術館です。

    • 3.0
    • 旅行時期:2018/07(約3年前)
    • 0

    2018年7月に訪問しました。
    オペラ座にも近い中心部にある美術館です。
    知る人ぞ知る「うさぎ」の美術館です。美術館前...  続きを読むの道路向こうにはショッキングピンクの巨大うさぎが鎮座していますのですぐにわかります。また外観は階段がユニークな美術館です。内部もエントランスが明るく広い美術館なのが印象的です。
    開店時間前に並んだら、本当にゆっくり館内を見学できます  閉じる

    投稿日:2019/04/16

  • デッサンと版画のコレクションで有名です。

    • 3.0
    • 旅行時期:2018/06(約3年前)
    • 0

    デッサンと版画のコレクションで有名です。とくに版画は100万点以上のコレクションといわれています。また,最近では,印象派の...  続きを読む油絵に見るものがあります。名称はアルベルト公Albert Kasimir von Sachsen-Teschen(1738-1822)に由来する。  閉じる

    投稿日:2018/07/07

  • アルベルト公の収集品などを展示してある美術館です。
    オペラ座の北側にあり、わかりやすい場所にあります。
    建物の南側の壁...  続きを読む面には華麗な彫刻があり、目を引きます。
    建物の屋根は、すごく個性的で、奇抜な印象を受けました。
    屋上にある騎馬像は、やはりアルベルト公なのでしょうか?  閉じる

    投稿日:2018/06/15

  • ハプスブルク家の宮殿が美術館に

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/04(約3年前)
    • 0

    国立歌劇場の裏手にある建物です。もともとは近世に建てられたハプスブルク家の宮殿で、後に版画などを中心とした美術館として公開...  続きを読むされるようになりました。
    ブリューゲルの作品など、かなり多くの作品が展示されていました。そうした美術品、展示品が素晴らしいのはいうまでもなく、それ以前に建物自体が宮殿だったものなので見ごたえがありました。
    また、宮殿の前にあるソーセージの屋台もウィーンでは有名、人気があるのでおすすめです。  閉じる

    投稿日:2020/08/14

  •  リンクから見てオペラ座の背後にある素描コレクションを中心に所蔵する美術館です。20世紀には、その道の通しか来館しない感じ...  続きを読むだったが21世紀初頭の改装で広く一般の人向けになりました。

     素描は傷みやすいため近代絵画(油彩)の展示室以外は全て期間限定の展覧会で展示室を構成しています。
    再オープン以来、質の高い展覧会の度に通っています。

     複数の企画展を同時開催することが多く、両方を写真を撮りながら鑑賞すると半日かかります。

     繰り返しになりますが、ここは素描を軸にした美術館です。油彩画は素描の補助としての展示にすぎません。油彩画目当ての方は美術史美術館などに行きましょう。  閉じる

    投稿日:2018/01/16

  • 立地は抜群

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/09(約4年前)
    • 0

    オペラ座やブルク公園の近くで立地は抜群。ここに収蔵されている絵画のうさぎのモニュメントがオペラ座前などに展示されていてイン...  続きを読むパクトは抜群。美術史博物館やシェーンブルンのように混雑してなくて良かったです。   閉じる

    投稿日:2017/10/16

1件目~20件目を表示(全47件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3

このスポットに関するQ&A(0件)

アルベルティーナについて質問してみよう!

ウィーンに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • air24airさん

    air24airさん

  • ひよこ日和さん

    ひよこ日和さん

  • EuropeanTravelerさん

    EuropeanTravelerさん

  • momotaさん

    momotaさん

  • kunchanさん

    kunchanさん

  • HANAさん

    HANAさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP