シュヴェービッシュ・ハル×
旅行ガイド
観光
ホテル
旅行記
Wi-Fi

シュヴェービッシュ・ハル 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

シュヴェービッシュ・ハル旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり247円~

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング 11 件

観光 クチコミ人気ランキング 7 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 0 件

ドイツでおすすめのテーマ

海外のテーマをすべて見る

旅行記 27 件

  • 夕刻のシュヴェービッシュ・ハルの町をひと回りして、ホテルのレストランでディナーをいただきました。初めていただくお料理(正確には何度も食べたことのある食材での初めてのアレンジレシピ)に感動した、いいお夕食でした。以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。) 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り 5月 2日(木) ゲンゲンバッハ~ドナウエッシンゲン           ~コンスタンツ~メーアスブルク 5月 3日(金) メーアスブルク~ユーバーリンゲン~リンダウ           ~メーアスブルク☆5月 4日... もっと見る(写真33枚)

  • シュヴェービッシュ・ハルの夜が明け、5月5日。朝食の前に少し町歩きを。わずか1泊でこの町を去るのは至極残念でしたが、またいつか、できれば晴天の下、訪ねられることを祈っての朝でした。以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。) 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り 5月 2日(木) ゲンゲンバッハ~ドナウエッシンゲン           ~コンスタンツ~メーアスブルク 5月 3日(金) メーアスブルク~ユーバーリンゲン~リンダウ           ~メーアスブルク 5月 4日(土) メーアスブルク~シュト... もっと見る(写真69枚)

  • マルクト広場から南へ歩きコッヒャー川の中州へ出て、町を半周した辺りです。ここから町のメインストリート”ノイエ通り”や、途中のガッセも覗きながらマルクト広場まで戻ります。何年も訪問を楽しみにしていたその期待を裏切らない、素敵な町でした、やはり。以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。) 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り 5月 2日(木) ゲンゲンバッハ~ドナウエッシンゲン           ~コンスタンツ~メーアスブルク 5月 3日(金) メーアスブルク~ユーバーリンゲン~リンダウ         ... もっと見る(写真68枚)

  • シュヴェービッシュ・ハル駅から苦労してホテルへ行き着き、ひと休みしたのち夕刻の町歩きに出ます。この町はドイツの先住民族ケルト人の時代から、塩の産地として発達。”Hall”とはケルト語で食塩または食塩の産地を意味するそうで、南ドイツからオーストリアにかけては”Hall”と名の付く塩の産地の町がたくさんありますよね。お互いに区別するためにこの町は正式名称をシュヴェービッシュ・ハル、つまり”シュヴァーベン地方のハル”と名乗っているそうで、土地の人は単に”ハル”と呼ぶそうです。以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。) 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ 5月 1日... もっと見る(写真64枚)

  • シュトュットガルトでの最高に楽しいジョイントを終え、この日の宿泊地シュヴェービッシュ・ハルへ移動します。水辺の町シュヴェービッシュ・ハルは以前から訪ねたかった場所で、2015年に実現しかけたのですが、ドイツ鉄道のストが勃発しシュヴェービッシュ・ハルへの鉄道が断たれてしまい泣く泣く断念した悲しい思い出があります。この度、4年越しにやっと訪ねることができました。まずは、シュトュットガルトから宿泊するホテルまで。以下、今回の旅程です。(☆印がこの旅行記の日です。) 4月30日(火) 福岡~羽田~フランクフルト~ゲンゲンバッハ 5月 1日(水) ゲンゲンバッハから黒い森の小さな村巡り 5月 2日(木)... もっと見る(写真46枚)

旅行記を投稿してみよう!

旅行記を投稿する

  • 朝食が美味しかった

    4.5 旅行時期:2018/11 (1ヶ月以内)

    てかぽ

    てかぽさん(非公開)

    ホテル クロンプリンツのクチコミ

    駅に近くて、スーツケースが機内持ち込みくらいなら、階段利用で5分ほどでホテル到着できます。私は、それより大きなスーツケースで、高齢で腕の力も無いので、自動車道路を通ってホテルに浮きました。暗い夜道だったので、昼間到着でなかったら、タクシー手配した方が良かったと感じています。

  • 上品な町

    4.0 旅行時期:2016/08 (1ヶ月以内)

    masa

    masaさん(男性)

    聖ミヒャエル教会のクチコミ

    聖ミヒャエル教会前の扇型に拡がる階段と広場、および広場を取り囲む歴史的建造物の雰囲気が本当に美しい素敵な町である。町中を通り過ぎるとコッハー川の中州が公園となっている。ここから見る木組の家が並ぶウンターレヘレンガッセの眺望も素晴らしい。町全体が綺麗で上品な雰囲気を漂わせている。

  • マルクト広場の 上り坂に つながるように 54段の 階段が 美しいファサードを構成しています。正面 柱の上で 聖ミカエルが 出迎えてくれます。教会へは 向かって右側の 扉から 入れます。塔は ロマネスク様式。 内部は どっしりとした ゴシック様式です。 とても見ごたえがあります。

  •  シュヴェービッシュ・ハル旧市街だけの観光ではもったいない、コンブルク修道院にも寄るべきですよ。コンブルクの書き込み情報がないので、情報提供します。コンブルクには旧市外から歩くと30分(南東へ3kmほど)かかりますが、Schwabisch Hall駅前のバス停から4番バス(Hessental駅行き、平日30分に1本、1.85ユーロ)を利用して、バス停Steinbach Comburgまで4分、逆にHessental駅前からの利用ならSteinbach Comburgまで3分、そのあと、道の北側の丘を3分歩けば到着です。(もともと古城だった)城塞のような修道院の規模の大きさにびっくりします。 教会内部以外は散策自由、城壁からの眺めもすばらしい。修道院の聖ニコラウス教会はガイド付きの見学(所要45分、5ユーロ、平日11,13,14,15,16時,土日14,15,16時スタート)ですが、見る価値あり。華麗な祭壇だけでなく、装飾豊かなリング型燭台は必見。ドイツにはリング型燭台は3つしかなく、世界遺産のアーヘンとヒルデスハイムを見た人は多いと思いますが、あとひとつはここですよ。シュヴェービッシュ...

  • 塩とワイン、そして音楽

    5.0 旅行時期:2011/11 (1ヶ月以内)

    お散歩おじ

    お散歩おじさん(非公開)

    観光案内所(シュヴェービッシュ・ハル)のクチコミ

    車で移動がおすすめ。街までの車窓からの風景(田園地帯と山並みの移り変わり)を見てると、ここに住みたくなる。この街はもともと塩が取れ精製してた城として「シュヴェービッッシュ・ハル」となずけられたそう。街の真ん中にある聖ミヒャエル教会は大階段があって威風堂々な構えで見もの。夏(と聞いた気がする?)には大階段で野外劇をするらしい。観光客もそんなには多くなくて、ゆったりと街を回ることができます。ここで作ってる(らしい)白と赤のワインも見た限り美味しそうだった。(帰りに空港で没収されたから飲んでない)昔の塩の精製ちなんで塩を買ったんだけど、プリントした布の袋に入ってて可愛く、これが友達に喜ばれた。ロマンチック街道も素敵だと思うけど、時間がある方は「街ごとに統治したドイツの歴史」も面白いよ~

シュヴェービッシュ・ハル のクチコミ一覧(6)

基本情報


PAGE TOP