モレ=シュル=ロワン×
旅行ガイド
観光
交通
旅行記
Wi-Fi

モレ=シュル=ロワン 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

モレ=シュル=ロワン旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり247円~

ツアー検索

観光 クチコミ人気ランキング 3 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 0 件

フランスでおすすめのテーマ

海外のテーマをすべて見る

旅行記 7 件

  • 2011春【モレ・シュル・ロワン】ロワン川のほとり城壁のあるかわいい町

    • 同行者:カップル・夫婦
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2011/05/05 -  2011/05/05 (約9年前)

      <2011.05.05木曜日(PM)>パリから電車で1時間印象派の画家シスレーが愛した風光明媚なかわいい町モレ・シュル・ロワン春の日差しがまばゆい午後のひとときを過ごしました もっと見る(写真63枚)

    • 6/13(火)、20日目。昨日ブルゴーニュから帰ってきて今日はパリから日帰りでモレ・シュル・ロワンへ、さらにパリに戻りマルモッタン・モネ美術館へ行きました。パリの南東80キロ、フォンテーヌブローの森の尽きる辺りにたたずむ中世の城塞都市モレ・シュル・ロワンは印象派の画家アルフレッド・シスレーが愛しその最期を迎えた地です。シスレーが描いた風景、とくにロワン川の岸辺の景色をこの目で見たいと思いました。写真はロワン川の風景。 もっと見る(写真125枚)

    • 2016師走 静かで小さな可愛らしい村 モレ・シュル・ロワン♪

      • 同行者:カップル・夫婦
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2016/12/05 -  2016/12/05 (約4年前)

        11月から毎月マイルが失効するので何とか消化しようと空席のある便を探したところ、パリー羽田間のビジネスをみつけ、嬉しい訪パリとなりました。この日はトラベラーのwizさんの旅行記を拝見してから、ずっと憧れていた、モレ・シュル・ロワン(Moret-sur-Loing)へ行きました。パリの南東64kmに位置するモレ・シュル・ロワン(Moret-sur-Loing)は、パリのリヨン駅から電車で約50分のセーヌ川に流れ込むロワン川のほとりにある、現在も中世の面影を残す静かで小さな町です。印象派の画家アルフレッド・シスレーが晩年を過ごして、美しい自然と素朴な村の風景画をたくさん描きました。wizさんの素敵... もっと見る(写真50枚)

      • フランス パリ郊外 モレ=シュル=ロワン の初夏

        • 同行者:一人旅
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2009/06/01 -  2009/06/01 (約11年前)

          先日、アルジョントン=シュール=クルーズを紹介しましたが、今回は雰囲気がよく似たモレ=シュル=ロワン moret-sur-loing を紹介します。約2年前に行って来たのですが、記憶をたどりながら振り返ってみます。モレはパリから70キロ程南に下ったところに位置して、フォンテンヌブローの近くです。フランス画家、シスレーが住んでいた村として有名なところです。以前にも3回程訪ねていますが、6月のよく晴れた朝、リヨン駅から電車に乗って行ってきました。 もっと見る(写真27枚)

        • シスレーの風景に逢いたくて・・ モレ・シュル・ロワン Moret-sur-Loing, France

          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2008/12/03 -  2008/12/03 (約12年前)

            「画家が描いた絵の、その場所に行ってみたい!」 と思わせてくれる印象派の風景画って多いですよね。その中でも、私は、以前から、ブーダン、シスレー、ピサロの描いた風景に興味がありました。今回の旅は、冬シーズンで季節はあまりよくないけれど、今度いつフランスに行けるか分からないので計画を立てました。□Paris Day2 ブーダンの「トゥルーヴィルの浜」を見にトゥルーヴィル http://4travel.jp/travelogue/10296471■Paris Day3  シスレーが生涯を終えた地、モレ・シュル・ロワン http://4travel.jp/travelogue/10296654□Par... もっと見る(写真83枚)

          旅行記を投稿してみよう!

          旅行記を投稿する

          • 工事中でした。

            3.0 旅行時期:2017/09 (1ヶ月以内)

            やしろさん

            やしろさんさん(女性)

            ノートルダム教会 (モレ シュル ロワン)のクチコミ

             印象派の画家、シスレーの住んだ街の教会です。  シスレーの家もこの近くにありました。     教会は工事中、それもかなり大がかりな改装でしたが、中には入れました。  シスレーの描いた外観は見られませんでしたが、内には「ふいご」で鳴るオルガンがあり、ちょっとした発見でした。 ロワン川に降りると、今でも、シスレーの描いたのどかな風景がみられました。 

          • シスレーの風景画

            3.0 旅行時期:2016/05 (1ヶ月以内)

            Molly

            Mollyさん(男性)

            ノートルダム教会 (モレ シュル ロワン)のクチコミ

            印象派の風景画家シスレーが活動の拠点にしていた街、モレ・シュル・ロワンの中世に造られた教会です。シスレーはこの教会を主題にして絵を何点も描いていますが川の対岸からの教会、街並み、川を入れた風景も描いています。思わずシャッターを押してしまう風景です。

          • イルドフランスの美しい村

            5.0 旅行時期:2010/11 (1ヶ月以内)

            つばき

            つばきさん(非公開)

            ノートルダム教会 (モレ シュル ロワン)のクチコミ

            今回はどうしてもモレシュルロワンに行きたくてパリに行きました。リヨン駅からSNCFで1時間ほどなのに、パリとは全くの別世界でした。観光案内所近くの城門を抜けるとアルフレッド・シスレーの絵画の世界がそのまま広がっていました。シスレーはこの教会の絵を8枚も書いています。わたしが行った日は中には入れませんでしたが、外観とその周辺の風景だけでも行ってよかったと思いました。ぼーっと水辺の風景を見ていると時を忘れてしまいます。行ったのは月曜日でしたが、教会だけでなく観光案内所も閉まっていました。(レストランやお菓子屋さんは開いてました。)

          • モレ・シュル・ロワン Moret-sur-Loing は、  パリの南方角フォンテーヌブローの森のはずれ、セーヌ川に流れ込むロワン川のほとりにあります。中世に遡る街を取り囲む橋と城塞の建造物等が残り、また、印象派の画家シスレーが暮らし描いた土地。彼の ” 終の住処 ” となった邸宅は、今もモレのモンマルトル通りにあります。   このシスレー邸のすぐ近くに彼が四季折々に何度も描いた” モレの教会 ”=ノートルダム教会 があります。パリ・リヨン駅 Paris Gare de Lyon から  モレ・ヴニュ・レ・サブロン駅 Gare de Moret Veneux-les Sablonsまでは、SNCF近郊線で約50分。 (ZONE5)http://www.transilien.com/http://www.ratp.fr/plan-interactif/モレ・シュル・ロワンは、パリから気軽にアクセスできアルフレッド・シスレーの絵の世界を堪能できる場所です!セーヌ・エ・マルヌの観光オフィシャル・サイト(日本語)http://www.jp.tourisme77.com/heritage-cul...

          モレ=シュル=ロワン のクチコミ一覧(4)

          基本情報


          PAGE TOP