旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ウィーン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ウィーン人気旅行記ランキング62位(4555件中)

3度目のプラハをひとり旅(1)ウィーンからプラハへ列車移動、そしてカレル橋の夕景に感動

関連タグ

    旅行時期 2016/09/30 - 2016/09/30 (2017/04/21投稿

    2016年9月30日-10月6日まで3度目の訪問となるプラハを一人旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは9月30日の様子をまとめました。

    9月30日 ウィーンから列車でチェコのプラハへ
    10月1日 プラハ散策(レトナー公園、ミュシャ「スラヴ叙事詩展」、ラピダリウムなどを見学)
    10月2日 プラハ散策(Hanavsky Pavilon、王宮庭園などを観光後、夜はヒベルニア劇場でバレエ鑑賞)
    10月3日 プラハ散策(黒い聖母の家、ヴァーツラフ広場、ダンシングビル、射撃島などを観光)
    10月4日 プラハ散策(インドジシュスカー塔、植物園、イラーセク橋、ペトシーン公園などを観光)
    10月5日 プラハからエアフラ便で成田へ帰国

    尚、時折、登場するクマのぬいぐるみはクマクマウー。腕に抱いているのはチビチビフー。私の旅の相棒で、旅行歴16年となるベテランのクマです(^^)。

    写真 45枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  鉄道 / 徒歩
    エリア:
    オーストリア > ウィーン
    エリアの満足度:
    4.5
    • 撮影場所の地図

      朝6時半、ウィーンのホテル ポストで朝食です。
      ビュッフェ形式で、数種類のパン、ハム、スクランブルエッグ、ベーコン、シリアルにフルーツはリンゴやみかんにプラムなど。

    • トマト、キュウリ、ゆで卵に、ヨーグルトは二種類。

    • シンプルな内容ですが、ウィーンとしてはすごく安い宿泊代なのに、これだけの朝食がついているのはありがたいです。

    • 撮影場所の地図

      そして、友達は一足先に日本へ戻るためウィーン空港へ。
      私はチェコのプラハへ向かうためウィーン中央駅へとやって来ました。

    • 11時9分ウィーン発プラハ行き列車の切符は、オーストリア国鉄のサイトでネット予約し、ウィーンに着いてから発券しました。
      ウィーンからプラハは通常、二等車の片道運賃が60ユーロ以上。
      それが一ヶ月以上前の購入で「29ユーロ」に大幅割引!

      ところが、値段を確認しただけで購入せずにのろのろしていたら、買った時には一ヶ月をきってしまっていたので、34ユーロになっていました…。
      さらに、指定席を取ったのでプラス3ユーロかかりました。

    • ホームには、次に来る列車の車両案内が掲示されています。
      黄色く塗られている前方の3両は、一等車。赤が食堂車で、黄緑色の後ろ4両が二等車です。これで自分の乗る車両を確認し、長いホームのどこで待つかあたりをつけておくと、慌てずに乗り込めます。

    • ところが、せっかく追加代金を払って座席指定したのに間違えて、私の大嫌いな「後ろ向き」の席を取ってしまっていました…。

      ヨーロッパの鉄道では、ひとつの車両に進行方向前向きの座席と後ろ向きの座席があり、向きが固定されているので予約する際には気をつけていたのに大失敗(=_=)

    • このままでは酔ってしまうので、進行方向前向きの席を探して車両を移動しました。
      予約済みの席は、座席の窓の上に予約されている区間が表示されています。こうした座席を避けて、3つほど車両を移動。ようやく席を見つけることができました。
      こんなことなら指定席なんて取らなければ良かった…。

    • 撮影場所の地図

      そして、予定より7分遅れの15時15分、プラハに到着。

    • プラハ本駅からは、旧市街にあるこの日の宿まで歩きます。
      プラハに来るのはこれで3度目ですが、毎回、思うのは、中央駅から旧市街広場まで地下鉄で一本で行ければいいのにという事です。

      旧市街に一番近いムステーク駅ですら、旧市街広場へはけっこう歩かないといけません。地下鉄駅構内も歩くことを考えると、中央駅から旧市街広場まで歩いたほうが早いと感じてしまいます。

    • 波打つような石畳に四苦八苦しながらスーツケースをひきずっていくと、Nekazanka通りに出ました。ここで見かけた美しい渡り廊下の建物。「Palac Zivnostenske banky」という銀行らしいです。

    • これがもっと治安の悪い場所だったら、スーツケースから手を離して撮影なんて「どうぞ盗ってください」と言っているようなものです。

    • そう考えつつも、シャッターを押す手が止まりません(^^;)。

    • 外壁には、彫刻とフレスコ画が描かれていました。

    • 撮影場所の地図

      いつまでも撮影していたかったけれど、さすがに疲れたので、いったん中断。
      16時になり、ホテル ツェルニー スロン(Hotel cerny slon)に到着しました。

    • ホテルのすぐ隣りは、ティーン教会。
      旧市街広場まで徒歩一分もかからないという最高の立地です。

    • 部屋は一階(日本式の二階)の角部屋。狭いけれど、天井が高いせいか窮屈さは感じません。

    • 改装されたバスルームは、きれいで広々。

    • 窓からは、正面にウンゲルトの入口。右手には、ティーン教会が見えています。
      ただ、場所柄、人通りが多く、部屋の窓は二重になっていますが、通りを行く人の声や車の音は夜11時まで聞こえてきました。

      こんな時に備えて旅行には必ず耳栓を持参しますが、今回も大いに役立ちました。

    • 撮影場所の地図

      さて、ホテルで一息ついた後は、17時半、カレル橋のひとつ北側にあるマーネスーフ橋(Manesuv most)にやって来ました。

    • イチオシ

      マーネスーフ橋を渡って左折し、フランツ・カフカ博物館へと歩いていくと、遠くカレル橋が見える眺めの良い場所があります。

      ここはお気に入りの場所のひとつで、以前、来た時はこの近くのホテルに泊まり、早朝散歩を楽しみました。この日は夕方だったため、大勢の観光客がいましたが、ここから見る夕景は素敵です。

    • そこからルジツケーホ・セミナージェ通り(Luzickeho seminare)へ戻り、ミーシェニスカー通り(Misenska)を通ってカレル橋へ。

    • 撮影場所の地図

      カレル橋の上から見ると写真左手、先ほどまでいたマーネフース橋(Manesuv most)の河岸へと白鳥が群れをなして移動していました。あそこが彼らの寝床なのでしょうか。こんなにたくさんの白鳥が移動していくのを初めて見ました。

    • やがて、18時半。空が夕日に染まっていきます。

    • イチオシ

      カレル橋の欄干に並ぶ聖人像。

    • この橋の上は、かつては処刑場でした。そう考えると、ぞっとするような、物悲しいような気持ちになりました。

    • 撮影場所の地図

      それからカレル橋を渡り、旧市街広場を通りかかると、何やらあやしげな雰囲気の写真が撮れてしまいました。まるで逢魔が刻が迫っているような雰囲気です。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      19時になり、日もどっぷりと暮れた中、火薬塔へ向かいます。

    • 撮影場所の地図

      そこを通り過ぎるとアールヌーヴォー様式の瀟洒な建物、「市民会館」があります。

    • プラハの春の音楽祭の会場となるスメタナホールも、この中にあります。春の音楽祭以外にもコンサートが開催されていて、入口近くではチケットも販売されていました。

      また、この先の共和国広場(Namesti republiky)には、ショッピングモール「パラディウム(Palladium)」があります。

    • 地階には、朝7時から夜10時まで営業しているスーパー「アルバート(Albert)」。

    • チェコの水道水は飲用向きではないので、ミネラルウォーターを購入。
      炭酸ありとなしがあるので、買う時に注意が必要。キャップの色が「赤」だと炭酸水。「水色」はガス無しで、「緑」は微炭酸です。

    • そして、これもスーパーで買いました。何だかわかりますか?

    • なんと、お豆腐です(@@)!
      ひまわり油や醤油などで味付けされ、ツナペーストみたいな味でした。

    • それから、スーパーのPBブランドのチョコクッキーを買いました。値段は8.9コルナ(約40円)。ウーはすごく嬉しそうな顔をしていますが、まあ、値段相応の味でした(・_・)…。

    • そこでリベンジとばかりにネットでおいしいと紹介されていた「mila ウェハース(7.9コルナ)」を購入。

    • これはウェハース好きではない私でも、サクサクと香ばしくおいしいと思える味でした(^^)。

    • さて、ホテルで一息ついた後、20時過ぎに再び旧市街広場へと繰り出しました。

    • 人通りが多いので、女一人でも危ない感じはありません。

    • それでも念のため、持ち物はカメラだけ。貴重品は全部、ホテルに置いていきました。

    • ヤン・フス像と、その奥にティーン教会。

    • イチオシ

      ティーン教会は、まるで魔法使いの館みたいに見えました。

    • キンスキー宮殿 (Palac Kinskych) も、どこか怪しい雰囲気を放っています。

    • この広場の夜景を旧市庁舎の塔から眺めたかったけれど、さすがに体力が尽きました…。

    • 21時過ぎても静まることのない旧市街広場。まだまだ遊びたかったけれど、翌日に備えてホテルに戻りました。

    ウィーン人気旅行記ランキング62位(4555件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    ウィーン ホテル

    この旅行で行った観光スポット

    ウィーン 観光スポットランキング

    この旅行で利用した交通施設

    ウィーン 交通施設ランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    オーストリア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    ウィーン ホテル一覧へ

    kiyoさん

    kiyoさん 写真

    海外21カ国渡航

    国内13都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる