プラハ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2016年9月30日-10月6日までぬいぐるみ「クマクマウーとチビチビフー」を連れ、プラハを一人旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは10月1日(後半)の様子をまとめました。<br /><br />9月30日 ウィーンから列車でチェコのプラハへ<br />10月1日 プラハ散策(レトナー公園、ミュシャ「スラヴ叙事詩展」、ラピダリウムなどを見学)<br />10月2日 プラハ散策(Hanavsky Pavilon、王宮庭園などを観光後、夜はヒベルニア劇場でバレエ鑑賞)<br />10月3日 プラハ散策(黒い聖母の家、ヴァーツラフ広場、ダンシングビル、射撃島などを観光)<br />10月4日 プラハ散策(インドジシュスカー塔、植物園、イラーセク橋、ペトシーン公園などを観光)<br />10月5日 プラハからエアフラ便で成田へ帰国

3度目のプラハをひとり旅(3) 彫刻好きにはたまらない「ラピダリウム(Lapidarium)」

45いいね!

2016/10/01 - 2016/10/01

112位(同エリア3307件中)

    41

    2016年9月30日-10月6日までぬいぐるみ「クマクマウーとチビチビフー」を連れ、プラハを一人旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは10月1日(後半)の様子をまとめました。

    9月30日 ウィーンから列車でチェコのプラハへ
    10月1日 プラハ散策(レトナー公園、ミュシャ「スラヴ叙事詩展」、ラピダリウムなどを見学)
    10月2日 プラハ散策(Hanavsky Pavilon、王宮庭園などを観光後、夜はヒベルニア劇場でバレエ鑑賞)
    10月3日 プラハ散策(黒い聖母の家、ヴァーツラフ広場、ダンシングビル、射撃島などを観光)
    10月4日 プラハ散策(インドジシュスカー塔、植物園、イラーセク橋、ペトシーン公園などを観光)
    10月5日 プラハからエアフラ便で成田へ帰国

    同行者
    一人旅
    交通手段
    徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5

    PR

    • ムハのスラブ叙事詩展。<br />作品数はたった20点ですが、あっという間に2時間が過ぎていました。<br /><br />ああ、疲れた(´Д` ;)<br />まだ15時だけれど、ホテルへ戻って休もうか。<br /><br />そう考えながら、外へ出ると、目の前のドゥケルスキーフ・フルディヌー(Dukelskych Hrdinu)通りの左方向に気になる建物を発見。

      ムハのスラブ叙事詩展。
      作品数はたった20点ですが、あっという間に2時間が過ぎていました。

      ああ、疲れた(´Д` ;)
      まだ15時だけれど、ホテルへ戻って休もうか。

      そう考えながら、外へ出ると、目の前のドゥケルスキーフ・フルディヌー(Dukelskych Hrdinu)通りの左方向に気になる建物を発見。

      ヴェレトゥルジュニー宮殿 (国立美術館) 城・宮殿

      建物が古いのでby kiyoさん
    • その建物が、これ。<br />Ystaviste - Prague Exhibition Grounds (Vystaviste Praha Holesovice)というエキシビション センターです。<br /><br />19世紀に建てられたアールヌーヴォー様式の建物で、現在はイベントやコンサートが行われているそうです。

      その建物が、これ。
      Ystaviste - Prague Exhibition Grounds (Vystaviste Praha Holesovice)というエキシビション センターです。

      19世紀に建てられたアールヌーヴォー様式の建物で、現在はイベントやコンサートが行われているそうです。

    • 案内図に「4」と番号がふってあるのが、このエキシビション センター。

      案内図に「4」と番号がふってあるのが、このエキシビション センター。

    • そして、「17番」とあるのが、石造建築物の博物館「ラピダリウム(Lapidarium)」。<br />ボヘミア地方で11世紀から19世紀に作られた415点の彫像や記念建築物が所蔵されています。<br />

      そして、「17番」とあるのが、石造建築物の博物館「ラピダリウム(Lapidarium)」。
      ボヘミア地方で11世紀から19世紀に作られた415点の彫像や記念建築物が所蔵されています。

      ラピダリウム 博物館・美術館・ギャラリー

      それ自体が作品のようでしたby kiyoさん
    • 入場料は、たったの50コルナ(約250円)。<br />最近、料金変更があったのか、値段が手書きで書き換えられていました(^。^)

      入場料は、たったの50コルナ(約250円)。
      最近、料金変更があったのか、値段が手書きで書き換えられていました(^。^)

    • 入館時、各部屋の作品に関する説明書きを借りられます。<br />このプリントがよれよれで、手作り感いっぱい。<br />さきほどのチケットといい、きりつめられた予算で運営しているのかも。<br />このプリントも大事に扱わないと悪いなという気になりました(^^;)。

      入館時、各部屋の作品に関する説明書きを借りられます。
      このプリントがよれよれで、手作り感いっぱい。
      さきほどのチケットといい、きりつめられた予算で運営しているのかも。
      このプリントも大事に扱わないと悪いなという気になりました(^^;)。

    • 入口を入ってすぐ右手の部屋には、ロマネスクとゴシック初期の作品が展示されています。<br />ここで最も古いものは、かつてプラハ城の聖ヴィート大聖堂(the former Basilica of St.Vitus)のクリプトを飾っていた柱です。

      入口を入ってすぐ右手の部屋には、ロマネスクとゴシック初期の作品が展示されています。
      ここで最も古いものは、かつてプラハ城の聖ヴィート大聖堂(the former Basilica of St.Vitus)のクリプトを飾っていた柱です。

    • また、中世に描かれた天井画も見所のひとつです。

      また、中世に描かれた天井画も見所のひとつです。

    • 作品ひとつひとつだけでなく、展示室自体が美術品のようでした。

      作品ひとつひとつだけでなく、展示室自体が美術品のようでした。

    • 順路にそって進んでいくと、3番目の部屋にはルネッサンス時代の作品が展示されています。

      順路にそって進んでいくと、3番目の部屋にはルネッサンス時代の作品が展示されています。

    • 1591年から96年にかけて作られた「Krocin Fountain」というこの噴水は、旧市街広場にあったもの。<br />柱には、大地(ローマ神話の果物の女神ポモナ)、水(ネプチューン)、空気(おそらくヘラ)、火(鍛冶の神ウルカヌス)の姿も見えます。

      1591年から96年にかけて作られた「Krocin Fountain」というこの噴水は、旧市街広場にあったもの。
      柱には、大地(ローマ神話の果物の女神ポモナ)、水(ネプチューン)、空気(おそらくヘラ)、火(鍛冶の神ウルカヌス)の姿も見えます。

    • 近づいて見ると、かなりユニークな顔。

      近づいて見ると、かなりユニークな顔。

    • この大きな門は「熊の門(Bear gate)」と呼ばれ、プラハのスミチョフ地区にあったそうです。<br /><br />大きすぎて、広角を使っても入りきりません…。

      この大きな門は「熊の門(Bear gate)」と呼ばれ、プラハのスミチョフ地区にあったそうです。

      大きすぎて、広角を使っても入りきりません…。

    • また、バロック様式の作品が並ぶ4番目の部屋には、カレル橋の欄干に置かれていた聖人像のオリジナルも4体、展示されていました。

      また、バロック様式の作品が並ぶ4番目の部屋には、カレル橋の欄干に置かれていた聖人像のオリジナルも4体、展示されていました。

    • それから、7番目の部屋。<br />18世紀から19世紀の記念建造物が展示されています。<br /><br />正面奥のグリフィンを中心に並ぶ彫像は、ヴァーツラフ広場にある国立博物館のキューポラの四隅を飾っていたそうです。<br /><br />他にも、ひとつひとつ説明を見ながら、あの場所にあったのかと自分が訪ねた場所に重ね合わせながら見ていくと、時間がいくらあっても足りなそうな感じでした。

      それから、7番目の部屋。
      18世紀から19世紀の記念建造物が展示されています。

      正面奥のグリフィンを中心に並ぶ彫像は、ヴァーツラフ広場にある国立博物館のキューポラの四隅を飾っていたそうです。

      他にも、ひとつひとつ説明を見ながら、あの場所にあったのかと自分が訪ねた場所に重ね合わせながら見ていくと、時間がいくらあっても足りなそうな感じでした。

    • ラピダリウムの見学後は、スラヴ叙事詩展が開催されていたヴェレトゥルジュニー宮殿の前を通って旧市街へ戻りました。<br />その途中、ドゥケルスキーフ・フルディヌー(Dukelskych Hrdinu)通りとヘルシマノヴァ(Hermanova)通りの角で素敵な建物を発見。

      ラピダリウムの見学後は、スラヴ叙事詩展が開催されていたヴェレトゥルジュニー宮殿の前を通って旧市街へ戻りました。
      その途中、ドゥケルスキーフ・フルディヌー(Dukelskych Hrdinu)通りとヘルシマノヴァ(Hermanova)通りの角で素敵な建物を発見。

    • 「Potrefena husa」という名のレストランです。

      「Potrefena husa」という名のレストランです。

    • ドゥケルスキーフ・フルディヌー通りには、他にも中世を感じさせる建物が目白押し。

      ドゥケルスキーフ・フルディヌー通りには、他にも中世を感じさせる建物が目白押し。

    • そこからほど近いパン屋さん「Liberske Lahudky」にも立ち寄りました。<br />プラハに10軒以上、支店があるそうです。

      そこからほど近いパン屋さん「Liberske Lahudky」にも立ち寄りました。
      プラハに10軒以上、支店があるそうです。

    • 店内には、イートイン スペースもあります。

      店内には、イートイン スペースもあります。

    1件目~20件目を表示(全41件中)

    この旅行記のタグ

      45いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (8)

      開く

      閉じる

      • by mikimiki さん 2017/05/08 23:25:26
        おいしそうなパン屋さん!
        kiyoさん、こんばんは。

        プラハ(3)の旅行記もとても楽しく拝見しました。

        パン屋さん、とてもおしゃれですね。
        サンドイッチは、オープンサンドのようにパンの上にのせてあるタイプみたいですね。
        とても色鮮やかに作られていてキレイです。

        それに、ケーキも!!
        最初に召し上がったケーキ、とても手がこんでいて
        まさか中がこんなに複雑になっているなんて想像もつかないですね。
        二つ目のケーキは、パリブレストの小さい版みたいで
        おいしそうです。

        その場で食べられるのが良いですよね。
        おいしかったら、もう一つ・・・と追加できるし。

        連休も終わってしまいましたが、
        明日も良い一日でありますように!!

        mikimiki

        kiyo

        by kiyo さん 2017/05/09 11:08:42
        RE: おいしそうなパン屋さん!
        mikimikiさん、こんにちは。

        プラハの旅行記を見に来ていただき、
        投票と書き込みまでしていただいてありがとうございます。

        この日は歩きつかれて、すっかり空腹。
        それでも、時間がもったいなくて、先を急いでいたところ、
        このパン屋さんを見つけました。

        貧乏性なので、高級なカフェなどは空腹でも素通りしてしまうのですが、
        ここは激安なのに、おいしくて、一気に元気になりました(*^^*)
        kiyo
      • by わんぱく大将 さん 2017/05/08 05:23:28
        名前が思いだせず
        kiyoさん

        私もプラハでケーキを食べましたが、結構おいしかったですが、名前が思いだせず。
        どうもチェコのケーキだそうです。

         大将

        kiyo

        by kiyo さん 2017/05/08 11:41:31
        RE: 名前が思いだせず
        わんぱく大将さま、こんにちは。

        プラハは物価が安いので、イギリスやフランスに比べると、
        心おきなく(?)2個でも3個でも食べれるので、すごく嬉しかったです。
        いえ、一度に、3個は食べませんが…。

        プラハではハンガリーやポーランドと近いせいか似たようなケーキをよく目にしました。
        見た目は洗練されていないものもありますが、
        味はぴか一。

        そういえば、ロンドンの超有パティスリーでケーキを頼んだら
        薄くそいだチョコがぱっさぱさに乾燥していたり、
        とあるカフェでは、なんとケーキにカビが生えていたんです!!
        かなりの値段だったのに…。
        それ以来、ロンドンに行ってもケーキは食べていません。
        もっぱら中華街で中華菓子を買うことにしています。
        kiyo
      • by けろ子 さん 2017/05/07 19:14:18
        ウーとフーは
        お菓子とっても美味しそうですね。
        海外のお菓子って甘ったるい印象でしたけど、甘さ控えめだったんですね。
        ウーとフーはかばんの中ではクリアケースに入れているんですか。
        摩擦も少なく、負担もすくなくて少し場所を取っちゃうけどいいかもしれないですね。

        けろ子より。

        kiyo

        by kiyo さん 2017/05/08 11:30:15
        RE: ウーとフーは
        けろこさん、こんにちは。
        旅行記を見に来ていただき、ありがとうございます。

        私のカバンの中には
        ペットボトル、防寒用ウィンドブレーカー、ガイドブックのコピーに小物がいろいろ。
        さらに、一眼レフカメラとコンパクトカメラ2台などが入っていて、
        あっという間にカオスと化してしまうのです…。

        なので、以前、ケースに入れずにウーたちを持ち歩いていた時は、
        かなり悲惨な状況に陥ってしまったので、
        かさばるけれど、100均でケースを買いました。

        それでも、カバンの中でケースがひっくり返っていることもあります…。
        ああ、もっとカバンの中を整理できる人になりたいです。
        kiyo
      • by 森の番人 さん 2017/05/06 23:34:14
        電線に靴
        kiyoさん、こんにちは。

        プラハ、綺麗な町ですよね〜
        私も1度行ってみたいなぁと思ってますが、家族でヨーロッパ旅行はお金が掛かって仕方ないので、子ども達が1人立ちするのを心待ちにしてます。

        ところで、バンクーバーでも、電線に靴が掛かっているのを、たまに見かけます。
        投げている姿を見たことはないのですが、いつ、どうやって、あんなところに靴を引っ掛けたんだろう?と思うような交通量の多い通りの電線に靴がぶら下がっていたります。
        こちらでは、ドラッグの売買がある印だとか、マフィア関係の人が亡くなった印だとか、色々な説があるみたいですが、沢山の人達が靴を投げていたというのは、そういうのでもなさそうですよね?
        いつも、靴の真相が気になってました。

        kiyo

        by kiyo さん 2017/05/07 12:21:03
        RE: 電線に靴
        森の番人さん、こんにちは。

        ご家族でヨーロッパ旅行、たしかにお金がかかりますよね。
        昨年、私の姉が、子供たちが成人して手を離れたお祝いに
        私とふたりでハワイへ行ったのですが、
        もし、これが家族みんな一緒だったら、いくらかかったことかと思いました。

        電線に靴が掛かっているのは、ドラッグの売買や、マフィア関係!?
        そんな説があるのですか(@@)
        プラハでは、大道芸人っぽい人がいて、まわりにいる人をまきこんで
        楽しんでいる風でした。

        そういえば、リュブリャナでも建物の間にたくさんの靴が
        ぶらさがっていました。
        ブログに写真をアップしているのですが↓
        http://wofo.blog122.fc2.com/blog-entry-928.html
        靴を干しているというには多すぎる量で、謎のオブジェと化していました…。
        kiyo

      ピックアップ特集

      プラハ(チェコ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集