プラハ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2016年9月30日-10月6日までぬいぐるみ「クマクマウーとチビチビフー」を連れ、プラハを一人旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは10月1日(前半)の様子をまとめました。<br /><br />9月30日 ウィーンから列車でチェコのプラハへ<br />10月1日 プラハ散策(レトナー公園、ミュシャ「スラヴ叙事詩展」、ラピダリウムなどを見学)<br />10月2日 プラハ散策(Hanavsky Pavilon、王宮庭園などを観光後、夜はヒベルニア劇場でバレエ鑑賞)<br />10月3日 プラハ散策(黒い聖母の家、ヴァーツラフ広場、ダンシングビル、射撃島などを観光)<br />10月4日 プラハ散策(インドジシュスカー塔、植物園、イラーセク橋、ペトシーン公園などを観光)<br />10月5日 プラハからエアフラ便で成田へ帰国

3度目のプラハをひとり旅(2)「スラブ叙事詩」展にリベンジ

41いいね!

2016/10/01 - 2016/10/01

140位(同エリア3307件中)

    25

    2016年9月30日-10月6日までぬいぐるみ「クマクマウーとチビチビフー」を連れ、プラハを一人旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは10月1日(前半)の様子をまとめました。

    9月30日 ウィーンから列車でチェコのプラハへ
    10月1日 プラハ散策(レトナー公園、ミュシャ「スラヴ叙事詩展」、ラピダリウムなどを見学)
    10月2日 プラハ散策(Hanavsky Pavilon、王宮庭園などを観光後、夜はヒベルニア劇場でバレエ鑑賞)
    10月3日 プラハ散策(黒い聖母の家、ヴァーツラフ広場、ダンシングビル、射撃島などを観光)
    10月4日 プラハ散策(インドジシュスカー塔、植物園、イラーセク橋、ペトシーン公園などを観光)
    10月5日 プラハからエアフラ便で成田へ帰国

    同行者
    一人旅
    交通手段
    徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    5.0
    ホテル
    4.5

    PR

    • プラハ二日目。<br />この日はアルフォンス・ムハ(ミュシャ)の「スラヴ叙事詩」展を見るため、プラハ国立美術館 (Narodni Galerie v Praze) のヴェレトゥルジュニー宮殿(Veletrzni palac, Trade Fair Palace)へ向かいました<br /><br />写真は、ホテル近くの聖ジェームス教会〔Basilica of St James〕です。

      プラハ二日目。
      この日はアルフォンス・ムハ(ミュシャ)の「スラヴ叙事詩」展を見るため、プラハ国立美術館 (Narodni Galerie v Praze) のヴェレトゥルジュニー宮殿(Veletrzni palac, Trade Fair Palace)へ向かいました

      写真は、ホテル近くの聖ジェームス教会〔Basilica of St James〕です。

      聖ジェームス教会 寺院・教会

      閉まっていることが多いですがby kiyoさん
    • ヴェレトゥルジュニー宮殿へはトラムでも行けますが、散策がてら歩いていきました。

      ヴェレトゥルジュニー宮殿へはトラムでも行けますが、散策がてら歩いていきました。

    • その途中、見えてきたのが、この歴史を感じさせるたたずまいの建物。<br /><br />通商産業省(Ministry of Industry and Trade of the Czech Republic, Ministerstvo prumyslu a obchodu)だそうです。<br /><br />共和国広場のレヴォルチュニー通り(Revolucni)からシュテファニク橋(Stefanikuv most)へ歩いていくと、見えてきます。

      その途中、見えてきたのが、この歴史を感じさせるたたずまいの建物。

      通商産業省(Ministry of Industry and Trade of the Czech Republic, Ministerstvo prumyslu a obchodu)だそうです。

      共和国広場のレヴォルチュニー通り(Revolucni)からシュテファニク橋(Stefanikuv most)へ歩いていくと、見えてきます。

    • フォトジェニックな建物に足を止めつつ、その先にあるシュテファニク橋を渡ります。

      フォトジェニックな建物に足を止めつつ、その先にあるシュテファニク橋を渡ります。

    • 橋を渡りきったら、正面つきあたりの左手に見える坂道を登ってレトナー公園へ。

      橋を渡りきったら、正面つきあたりの左手に見える坂道を登ってレトナー公園へ。

    • 19世紀後半に作られたプロムナード スタイルの公園で、広さは46.5ヘクタールもあります。

      19世紀後半に作られたプロムナード スタイルの公園で、広さは46.5ヘクタールもあります。

    • ちょこっと飛び出ているのは、旧市街広場のティーン教会。<br /><br />ここは、とても眺めの良い場所です。<br />夕方になると、ビールガーデンのような賑わいを見せていました。

      ちょこっと飛び出ているのは、旧市街広場のティーン教会。

      ここは、とても眺めの良い場所です。
      夕方になると、ビールガーデンのような賑わいを見せていました。

    • 子供向けには、こんな遊具も。

      子供向けには、こんな遊具も。

    • それから、公園内には栗の木がたくさんあります。

      それから、公園内には栗の木がたくさんあります。

    • 足元にゴロゴロ落ちている栗。<br />それを拾い集めている親子がいたので、真似して拾っちゃいました。

      足元にゴロゴロ落ちている栗。
      それを拾い集めている親子がいたので、真似して拾っちゃいました。

    • つい夢中になって、気づけば、こんな量に…(^^;)。

      つい夢中になって、気づけば、こんな量に…(^^;)。

    • 栗をその場に残し、先へ歩いていくと、奇妙な建物が見えてきました。<br /><br />なんと、これ、Materska skola Kostelniという幼稚園だそうです。

      栗をその場に残し、先へ歩いていくと、奇妙な建物が見えてきました。

      なんと、これ、Materska skola Kostelniという幼稚園だそうです。

    • そうして、11時30分、ようやくヴェレトゥルジュニー宮殿へ到着。<br />ホテルから歩いて30分のはずが、あちこち寄り道したので2時間もかかってしまいました…。

      そうして、11時30分、ようやくヴェレトゥルジュニー宮殿へ到着。
      ホテルから歩いて30分のはずが、あちこち寄り道したので2時間もかかってしまいました…。

      ヴェレトゥルジュニー宮殿 (国立美術館) 城・宮殿

      建物が古いのでby kiyoさん
    • 実は今回、プラハに来た目的が、この「スラヴ叙事詩」展です。<br /><br />2015年にもプラハを旅したのですが、その際、開催中だったこの展覧会。<br />私がプラハに着く数日前に、会場の壁が崩落(@@) <br />展覧会は数ヶ月間に渡って休止されたのです…。<br /><br />そうして、今回、あきらめきれずに再訪したのですが、入口を入ろうとした瞬間、自動ドアが故障!! ありえない…。

      実は今回、プラハに来た目的が、この「スラヴ叙事詩」展です。

      2015年にもプラハを旅したのですが、その際、開催中だったこの展覧会。
      私がプラハに着く数日前に、会場の壁が崩落(@@) 
      展覧会は数ヶ月間に渡って休止されたのです…。

      そうして、今回、あきらめきれずに再訪したのですが、入口を入ろうとした瞬間、自動ドアが故障!! ありえない…。

    • 幸い数分間、足止めされただけで、中に入れました。<br /><br />ここは1925~29年に建てられた当時としては最大級の鉄筋コンクリートの建物だそうですが、相当、ガタがきているのではないでしょうか。

      幸い数分間、足止めされただけで、中に入れました。

      ここは1925~29年に建てられた当時としては最大級の鉄筋コンクリートの建物だそうですが、相当、ガタがきているのではないでしょうか。

    • この「スラヴ叙事詩」展では、アルフォンス・ムハが描いた祖国の歴史を題材とした20枚の連作を見ることができます。<br /><br />日本でも、今年3月から国立新美術館でこの展覧会が開催されています。<br /><br />昔、1995年に渋谷のザ・ミュージアム Bunkamuraで開催されたミュシャ展で、この「聖アトス山(Mount Athos)」という絵を見た時、ムハのイメージが一変しました。<br /><br />

      この「スラヴ叙事詩」展では、アルフォンス・ムハが描いた祖国の歴史を題材とした20枚の連作を見ることができます。

      日本でも、今年3月から国立新美術館でこの展覧会が開催されています。

      昔、1995年に渋谷のザ・ミュージアム Bunkamuraで開催されたミュシャ展で、この「聖アトス山(Mount Athos)」という絵を見た時、ムハのイメージが一変しました。

    • スラブ民族の歴史を題材として描かれた20点の作品。<br />それらをより理解するために、会場内では英語をはじめ各国語で書かれた各作品の解説が10コルナ(約50円)で販売されていました。

      スラブ民族の歴史を題材として描かれた20点の作品。
      それらをより理解するために、会場内では英語をはじめ各国語で書かれた各作品の解説が10コルナ(約50円)で販売されていました。

    • 各作品は縦6m、横8mという巨大さ。<br />そこに人物ひとりひとりが丁寧に描写されています。

      各作品は縦6m、横8mという巨大さ。
      そこに人物ひとりひとりが丁寧に描写されています。

    • また、右手にある「プジェミスル朝のオタカル2世(King Otakar Ⅱ of Bohemia)」の絵。

      また、右手にある「プジェミスル朝のオタカル2世(King Otakar Ⅱ of Bohemia)」の絵。

    • 国同士の結びつきを強めるための結婚式で、スラヴ各国の王たちを迎えるボヘミアのオタカル2世の姿が描かれています。

      国同士の結びつきを強めるための結婚式で、スラヴ各国の王たちを迎えるボヘミアのオタカル2世の姿が描かれています。

    1件目~20件目を表示(全25件中)

    この旅行記のタグ

      41いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • by mikimiki さん 2017/05/05 21:32:02
        スラブ叙事詩
        kiyoさん、こんばんは。

        プラハの旅行記を楽しく拝見しました。

        とてもステキな公園を通り抜けて着いた美術館。
        大きな絵に圧倒されてしまいそうです。

        恥ずかしい事に、スラブ叙事詩を知らなかったので
        検索して解説を読みました。
        そこに

        〈画家はその時代のために作品を制作します。しかし優れた芸術は時代を超越してメッセージを語り続けます。〉

        と書いてありました。

        まさに、スラブ叙事詩はこの優れた芸術なんだなと思いながら
        旅行記をまた拝見しました。
        とても勉強になりました。ありがとうございます!

        明日も良い一日をお過ごしください。

        mikimiki

        kiyo

        by kiyo さん 2017/05/06 11:26:59
        RE: スラブ叙事詩
        mikimikiさん、こんばんは。

        プラハの旅行記を見に来ていただき、ありがとうございます<(_ _)>。
        スラブ叙事詩は、日本ではあまり知られてないと思いますが、
        ちょうど今、東京でこの展覧会が開催されています。
        そのおかげで、テレビなどで取り上げられることもありますが、
        大々的には宣伝されていないような気がします。
        こんなに巨大な絵をチェコからはるばる持ってきたというのに、もったいない…。

        〈画家はその時代のために作品を制作します。
         しかし優れた芸術は時代を超越してメッセージを語り続けます。〉

        ↑この文章を読んだ時、鳥肌が立ちました。
         
        こうした芸術にできるだけ触れて、
        そして、そのメッセージを感じられる感性を持ち続けられたらいいなと思います。

        GWも残りわずかですが、どうぞ楽しい時間をお過ごしください。

        kiyo

      ピックアップ特集

      プラハ(チェコ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集