国分寺・小金井旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東京巡り17回目で日野(新選組ゆかりの宿場町 日野宿本陣跡) 府中(大國魂神社) 国分寺(武蔵国分寺跡 薬師堂  真姿の湧水群 お鷹の道 都立殿ヶ谷戸公園)を妻と回りました。(写真)国分寺の武蔵国分寺跡碑です。<br />(日野)甲州街道の宿場町で新選組のゆかりの場所が多く、土方歳三や井上源次郎は共に日野出身で近藤勇や沖田総司が彼らとここで出合、剣術に励み、天然理心流を習った。後に浪士組から新選組となる。<br />(大國魂神社)日本武尊の父の時代 第12代景行天皇41(111)年に創建された古刹。一之宮から六之宮までの六祭神を祀っているので六所宮とも呼ばれた。現在の本殿は1667年に再建された。夜の闇の中を神輿が行列する「くらやみ祭」が有名です。<br />(武蔵国分寺跡)奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。<br />①2022年11月2日(水)<br />自宅(JR)8:48西国分寺8:50(中央線-多摩川を渡り)9:00日野に着きます。<br />日野観光(新選組ユカリの場所で宿場町です。)<br />1)八坂神社(日野の総鎮守 1800年再建の総ケヤキ造りの本殿 剣術額 「千貫ミコシ」) を参拝します。<br />井上源三郎資料館(生家)14代将軍家茂ト上洛し、浪士組(新選組前身)ノ書簡)日ノミ開館)を見て、トンガラシ地蔵 問屋場跡・高札場跡を通り、<br />2)日野宿本陣(1864年再建佐藤彦五郎ガ剣術の道場を開き、近藤勇 沖田総司 土方歳三ノ交流が始まる。)を見学。  日野交流館で資料を戴き、佐藤彦五郎新選組資料館(志士達が浪士組(後の新選組)ヲ結成する。書簡・短銃・刀等の展示)(日ノミ開館) 山下神明社を通り、<br />3)新選組フルサト歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料の展示)を見学し、御駒止ノ松 宝泉寺(臨済宗 1330年創建 井上源三郎の墓) 坂下地蔵(地蔵菩薩 不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天 石の地蔵菩薩)を見て、<br />日野12:13(JR)12:27西国分寺12:28(JR-黒鐘公園 国分尼寺跡 金堂跡を車窓より見る。)12:32府中本町駅に着きます。<br />4)大國魂神社(東照宮 住吉神社 大鷲神社 神楽殿 宝物殿 シダレ桜 中雀門 木造狛犬 拝殿 本殿 廻廊 水神社 松尾神社 巽神社 鼓楼 随神門(鶴石 亀石) 忠魂碑 相撲場 稲荷神社 天神社 大鳥居  神社の周囲の武蔵国国府跡 御旅社 府中高礼場跡 馬場大門ケヤキ並木を見ます。) 参拝の間に昼食を戴きます。<br />5)(昼食)R「WineTerraceYu-me」パスタランチ1500円 ワンプレート(ミラノ風カツレツ)1980円(13:15-14:00)      <br />府中(京王バス4国03 02府21-府中刑務所(昔の3億円強奪犯行現場を見ます。)西元町2丁目で降ります。<br />6)国分寺(竪穴住居跡 力石 元町八幡宮 薬師堂 鐘楼 仁王門 武蔵国分寺跡(講堂跡) 地蔵堂 国分寺楼門 万葉植物園 武蔵国分寺 湧水園 旧本多家住宅長屋門 資料館 七重塔復元模型 湧水真姿の池 稲荷社 お鷹ノ道)を歩き、<br />7)都立殿ヶ谷庭園(岩崎家ノ別荘 回遊式林泉遊園 本館 鹿オドシ 紅葉亭 次郎弁天池 馬頭観音 竹ノ小径 花木園 藤棚 萩ノトンネル)を見学します。<br />国分寺16:57(JR)17:00西国分寺17:08(JR)関東<br />8)(夕食)R「SPICA」(2800円コース)を戴き、帰ります。<br />{旅程}<br />①11/2(水)<br />自宅ー日野(宿本陣跡 新選組)ー府中本町(大國魂神社)ー国分寺(武蔵国分寺跡 お鷹ノ道 湧水 殿ヶ谷庭園)ー自宅

2022年11月東京(17)日野(宿本陣跡 新選組) 府中(大国魂神社) 国分寺(本堂 薬師寺 お鷹の道 真姿の湧水群 都立殿ヶ谷戸公園)

42いいね!

2022/11/02 - 2022/11/02

41位(同エリア469件中)

旅行記グループ 東京・千葉巡り(2)

0

193

愛猫シロネコ

愛猫シロネコさん

東京巡り17回目で日野(新選組ゆかりの宿場町 日野宿本陣跡) 府中(大國魂神社) 国分寺(武蔵国分寺跡 薬師堂 真姿の湧水群 お鷹の道 都立殿ヶ谷戸公園)を妻と回りました。(写真)国分寺の武蔵国分寺跡碑です。
(日野)甲州街道の宿場町で新選組のゆかりの場所が多く、土方歳三や井上源次郎は共に日野出身で近藤勇や沖田総司が彼らとここで出合、剣術に励み、天然理心流を習った。後に浪士組から新選組となる。
(大國魂神社)日本武尊の父の時代 第12代景行天皇41(111)年に創建された古刹。一之宮から六之宮までの六祭神を祀っているので六所宮とも呼ばれた。現在の本殿は1667年に再建された。夜の闇の中を神輿が行列する「くらやみ祭」が有名です。
(武蔵国分寺跡)奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。
①2022年11月2日(水)
自宅(JR)8:48西国分寺8:50(中央線-多摩川を渡り)9:00日野に着きます。
日野観光(新選組ユカリの場所で宿場町です。)
1)八坂神社(日野の総鎮守 1800年再建の総ケヤキ造りの本殿 剣術額 「千貫ミコシ」) を参拝します。
井上源三郎資料館(生家)14代将軍家茂ト上洛し、浪士組(新選組前身)ノ書簡)日ノミ開館)を見て、トンガラシ地蔵 問屋場跡・高札場跡を通り、
2)日野宿本陣(1864年再建佐藤彦五郎ガ剣術の道場を開き、近藤勇 沖田総司 土方歳三ノ交流が始まる。)を見学。 日野交流館で資料を戴き、佐藤彦五郎新選組資料館(志士達が浪士組(後の新選組)ヲ結成する。書簡・短銃・刀等の展示)(日ノミ開館) 山下神明社を通り、
3)新選組フルサト歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料の展示)を見学し、御駒止ノ松 宝泉寺(臨済宗 1330年創建 井上源三郎の墓) 坂下地蔵(地蔵菩薩 不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天 石の地蔵菩薩)を見て、
日野12:13(JR)12:27西国分寺12:28(JR-黒鐘公園 国分尼寺跡 金堂跡を車窓より見る。)12:32府中本町駅に着きます。
4)大國魂神社(東照宮 住吉神社 大鷲神社 神楽殿 宝物殿 シダレ桜 中雀門 木造狛犬 拝殿 本殿 廻廊 水神社 松尾神社 巽神社 鼓楼 随神門(鶴石 亀石) 忠魂碑 相撲場 稲荷神社 天神社 大鳥居 神社の周囲の武蔵国国府跡 御旅社 府中高礼場跡 馬場大門ケヤキ並木を見ます。) 参拝の間に昼食を戴きます。
5)(昼食)R「WineTerraceYu-me」パスタランチ1500円 ワンプレート(ミラノ風カツレツ)1980円(13:15-14:00)
府中(京王バス4国03 02府21-府中刑務所(昔の3億円強奪犯行現場を見ます。)西元町2丁目で降ります。
6)国分寺(竪穴住居跡 力石 元町八幡宮 薬師堂 鐘楼 仁王門 武蔵国分寺跡(講堂跡) 地蔵堂 国分寺楼門 万葉植物園 武蔵国分寺 湧水園 旧本多家住宅長屋門 資料館 七重塔復元模型 湧水真姿の池 稲荷社 お鷹ノ道)を歩き、
7)都立殿ヶ谷庭園(岩崎家ノ別荘 回遊式林泉遊園 本館 鹿オドシ 紅葉亭 次郎弁天池 馬頭観音 竹ノ小径 花木園 藤棚 萩ノトンネル)を見学します。
国分寺16:57(JR)17:00西国分寺17:08(JR)関東
8)(夕食)R「SPICA」(2800円コース)を戴き、帰ります。
{旅程}
①11/2(水)
自宅ー日野(宿本陣跡 新選組)ー府中本町(大國魂神社)ー国分寺(武蔵国分寺跡 お鷹ノ道 湧水 殿ヶ谷庭園)ー自宅

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 西国分寺駅で武蔵野線より中央線に乗り換えます。

    西国分寺駅で武蔵野線より中央線に乗り換えます。

    西国分寺駅

  • 日野駅で降ります。

    日野駅で降ります。

    日野駅

  • 日野宿の地図

    日野宿の地図

  • 八坂神社(日野の総鎮守。1800年に再建された総けやき造りの本殿が保存されています。)

    八坂神社(日野の総鎮守。1800年に再建された総けやき造りの本殿が保存されています。)

  • 八坂神社(日野の総鎮守。1800年に再建された総けやき造りの本殿が保存されています。)

    八坂神社(日野の総鎮守。1800年に再建された総けやき造りの本殿が保存されています。)

  • 八坂神社(天然理心流奉納額)近藤勇や沖田総司の名前があり、5月に新選組祭りの時に見られます。

    八坂神社(天然理心流奉納額)近藤勇や沖田総司の名前があり、5月に新選組祭りの時に見られます。

  • 八坂神社(鳥居)

    八坂神社(鳥居)

  • 八坂神社(鉄筋コンクリートの建物で覆われた本殿)(日野の総鎮守。1800年に再建された総けやき造りの本殿が保存されています。)

    八坂神社(鉄筋コンクリートの建物で覆われた本殿)(日野の総鎮守。1800年に再建された総けやき造りの本殿が保存されています。)

    日野八坂神社例大祭 祭り・イベント

  • 八坂神社(内部の本殿)

    八坂神社(内部の本殿)

  • 八坂神社(内部の本殿)色彩をしない彫刻が見事です。

    八坂神社(内部の本殿)色彩をしない彫刻が見事です。

  • 八坂神社(内部の本殿)色彩をしない彫刻が見事です。

    八坂神社(内部の本殿)色彩をしない彫刻が見事です。

  • 八幡社(青面金剛像を安置しています。)

    八幡社(青面金剛像を安置しています。)

  • 神輿舎(「千貫みこし」と言われる祭りが9月に行われる。)

    神輿舎(「千貫みこし」と言われる祭りが9月に行われる。)

  • 八坂神社(筆塚)

    八坂神社(筆塚)

  • とんがらし地蔵

    とんがらし地蔵

  • とんがらし地蔵そばの庚申塚

    とんがらし地蔵そばの庚申塚

  • 井上源三郎資料館(井上源三郎の生家で1863年、第14代将軍家茂を警護して上洛した。その際の京都の様子や浪士組の資料があり、2Fでは現在も天然理心流の道場になっています。八王子千人同心の兄の子孫が剣術を教えています。)

    井上源三郎資料館(井上源三郎の生家で1863年、第14代将軍家茂を警護して上洛した。その際の京都の様子や浪士組の資料があり、2Fでは現在も天然理心流の道場になっています。八王子千人同心の兄の子孫が剣術を教えています。)

  • 井上源三郎資料館(井上源三郎の生家で1863年、第14代将軍家茂を警護して上洛した。その際の京都の様子や浪士組の資料があり、2Fでは現在も天然理心流の道場になっています。八王子千人同心の兄の子孫が剣術を教えています。)

    井上源三郎資料館(井上源三郎の生家で1863年、第14代将軍家茂を警護して上洛した。その際の京都の様子や浪士組の資料があり、2Fでは現在も天然理心流の道場になっています。八王子千人同心の兄の子孫が剣術を教えています。)

  • 井上源三郎資料館(井上源三郎の生家で1863年、第14代将軍家茂を警護して上洛した。その際の京都の様子や浪士組の資料があり、2Fでは現在も天然理心流の道場になっています。八王子千人同心の兄の子孫が剣術を教えています。)

    井上源三郎資料館(井上源三郎の生家で1863年、第14代将軍家茂を警護して上洛した。その際の京都の様子や浪士組の資料があり、2Fでは現在も天然理心流の道場になっています。八王子千人同心の兄の子孫が剣術を教えています。)

  • 甲州街道日野宿問屋場高札場跡

    甲州街道日野宿問屋場高札場跡

  • 日野宿本陣(大名や旗本の宿泊施設の屋敷で都内に残る唯一の本陣建築です。大火で1849年、焼失し、1864年に佐藤彦五郎(土方歳三の義兄)が再建した。佐藤彦次郎はここで剣術の道場を開き、市ヶ谷から指導にやって来た近藤勇・沖田総司と地元の土方歳三らとの交流が始まった。)

    日野宿本陣(大名や旗本の宿泊施設の屋敷で都内に残る唯一の本陣建築です。大火で1849年、焼失し、1864年に佐藤彦五郎(土方歳三の義兄)が再建した。佐藤彦次郎はここで剣術の道場を開き、市ヶ谷から指導にやって来た近藤勇・沖田総司と地元の土方歳三らとの交流が始まった。)

  • 日野宿本陣(大名や旗本の宿泊施設の屋敷で都内に残る唯一の本陣建築です。大火で1849年、焼失し、1864年に佐藤彦女郎が再建した。佐藤彦次郎はここで剣術の道場を開き、指導にやって来た近藤勇・沖田総司と地元の土方歳三らとの交流が始まった。)

    日野宿本陣(大名や旗本の宿泊施設の屋敷で都内に残る唯一の本陣建築です。大火で1849年、焼失し、1864年に佐藤彦女郎が再建した。佐藤彦次郎はここで剣術の道場を開き、指導にやって来た近藤勇・沖田総司と地元の土方歳三らとの交流が始まった。)

    日野宿本陣 名所・史跡

  • 日野宿本陣(正面)式台より玄関に至る。

    日野宿本陣(正面)式台より玄関に至る。

  • 日野宿本陣(式台から大広間 その次が玄関の間 一番奥に控えの間)

    日野宿本陣(式台から大広間 その次が玄関の間 一番奥に控えの間)

  • 日野宿本陣(控えの間で市川鉄之助が2年間、匿われた。)

    日野宿本陣(控えの間で市川鉄之助が2年間、匿われた。)

  • 日野宿本陣(上段の間)

    日野宿本陣(上段の間)

  • 日野宿本陣(上段の間)

    日野宿本陣(上段の間)

  • 日野宿本陣(上段の間)部屋の柱の滝登りをする鯉

    日野宿本陣(上段の間)部屋の柱の滝登りをする鯉

  • 上段の間よりの庭園

    上段の間よりの庭園

  • 佐藤彦次郎の居間

    佐藤彦次郎の居間

  • 日野宿本陣(展示)

    日野宿本陣(展示)

  • 日野交流館

    日野交流館

  • 日野交流館(展示)

    日野交流館(展示)

  • 佐藤彦五郎新選組資料館(浪士組(後の新選組)を物心両面より支えたのが佐藤彦次郎です。近藤勇の書簡や短銃、土方歳三の刀などの展示があります。)

    佐藤彦五郎新選組資料館(浪士組(後の新選組)を物心両面より支えたのが佐藤彦次郎です。近藤勇の書簡や短銃、土方歳三の刀などの展示があります。)

  • 山下神明社

    山下神明社

  • 山下神明社

    山下神明社

  • 山下神明社の急な坂(後ろに都心が望めます。)

    山下神明社の急な坂(後ろに都心が望めます。)

  • 新選組のふるさと歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料があります。)

    新選組のふるさと歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料があります。)

    新選組のふるさと歴史館 美術館・博物館

  • 新選組のふるさと歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料があります。)

    新選組のふるさと歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料があります。)

  • 新選組のふるさと歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料があります。)内部は撮影禁止です。

    新選組のふるさと歴史館(新選組・日野宿・戊辰戦争等の日野の幕末の資料があります。)内部は撮影禁止です。

  • 新選組のふるさと歴史館(特別展の「七生丘陵いま・むかしを歩く。」)

    新選組のふるさと歴史館(特別展の「七生丘陵いま・むかしを歩く。」)

  • 御駒止めの松

    御駒止めの松

  • 宝泉寺(本堂)1330年創建の臨済宗

    宝泉寺(本堂)1330年創建の臨済宗

  • 宝泉寺(山門)1330年創建の臨済宗

    宝泉寺(山門)1330年創建の臨済宗

  • 宝泉寺(本堂)1330年創建の臨済宗

    宝泉寺(本堂)1330年創建の臨済宗

  • 鐘楼

    鐘楼

  • 宝泉寺(井上源三郎の墓)

    宝泉寺(井上源三郎の墓)

    井上源三郎の墓 名所・史跡

  • 宝泉寺(井上源三郎の碑)

    宝泉寺(井上源三郎の碑)

  • 飯綱権現社

    飯綱権現社

  • 坂下地蔵堂(西の地蔵)大きな地蔵菩薩や不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天が鎮座します。)

    坂下地蔵堂(西の地蔵)大きな地蔵菩薩や不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天が鎮座します。)

  • 坂下地蔵堂(西の地蔵)大きな地蔵菩薩や不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天が鎮座します。)

    坂下地蔵堂(西の地蔵)大きな地蔵菩薩や不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天が鎮座します。)

  • 坂下地蔵堂(西の地蔵)中央に大きな地蔵菩薩や不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天が鎮座します。)

    坂下地蔵堂(西の地蔵)中央に大きな地蔵菩薩や不動明王 阿弥陀様 薬師如来 毘沙門天が鎮座します。)

  • 左は石の地蔵菩薩2体と六地蔵

    左は石の地蔵菩薩2体と六地蔵

  • 日野駅より府中本町駅に向かいます。

    日野駅より府中本町駅に向かいます。

  • 日野駅より中央線に乗ります。

    日野駅より中央線に乗ります。

  • (車窓風景)多摩川よりの奥多摩の山々

    (車窓風景)多摩川よりの奥多摩の山々

  • 西国分寺駅で武蔵野線に乗り換えます。

    西国分寺駅で武蔵野線に乗り換えます。

    西国分寺駅

  • (車窓風景)黒鐘公園

    (車窓風景)黒鐘公園

  • (車窓風景)武蔵国分尼寺跡(尼坊跡)

    (車窓風景)武蔵国分尼寺跡(尼坊跡)

  • (車窓風景)武蔵国分尼寺跡(金堂跡)

    (車窓風景)武蔵国分尼寺跡(金堂跡)

  • 府中本町駅で降ります。

    府中本町駅で降ります。

    府中本町駅

  • 大國魂神社境内図

    大國魂神社境内図

  • 大國魂神社(日本武尊の父の時代 第12代景行天皇41(111)年に創建された古刹。一之宮から六之宮までの六祭神を祀っているので六所宮とも呼ばれた。現在の本殿は1667年に再建された。夜の闇の中を神輿が行列する「くらやみ祭」が有名です。)

    大國魂神社(日本武尊の父の時代 第12代景行天皇41(111)年に創建された古刹。一之宮から六之宮までの六祭神を祀っているので六所宮とも呼ばれた。現在の本殿は1667年に再建された。夜の闇の中を神輿が行列する「くらやみ祭」が有名です。)

  • 大國魂神社(随神門)

    大國魂神社(随神門)

  • 大國魂神社(随神門)豊磐間戸命

    大國魂神社(随神門)豊磐間戸命

  • 随神門(内側)

    随神門(内側)

  • 鶴石

    鶴石

  • 鐘楼

    鐘楼

  • しだれ桜

    しだれ桜

  • 宝物殿

    宝物殿

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 中雀門

    中雀門

  • 大國魂神社本殿(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

    大國魂神社本殿(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

  • 大國魂神社(拝殿)明治18年、再建された。

    大國魂神社(拝殿)明治18年、再建された。

    大國魂神社 寺・神社・教会

  • 大國魂神社本殿(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

    大國魂神社本殿(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

  • 本殿(後ろ側)(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

    本殿(後ろ側)(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

  • 大國魂神社本殿(側面)(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

    大國魂神社本殿(側面)(三殿一棟の特異な構造形式で、左に一~三の宮 右に四~六の宮が合祀され、中央に大國魂大神を祀っています。)

  • 住吉神社・大鷲神社

    住吉神社・大鷲神社

  • 住吉神社・大鷲神社

    住吉神社・大鷲神社

  • 東照宮(家康公を祀る。この近くで徳川家は鷹狩をしていた。)

    東照宮(家康公を祀る。この近くで徳川家は鷹狩をしていた。)

  • 御神木(大イチョウ)

    御神木(大イチョウ)

  • 巽神社

    巽神社

  • 松尾神社

    松尾神社

  • さざれ石

    さざれ石

  • 水神社

    水神社

  • 大ケヤキ

    大ケヤキ

  • 武蔵国府跡(奈良時代初めごろから平安時代の中頃(今から1300年~1000年前)のかけて武蔵国を治めた役所が置かれた。古代武蔵国の首都として栄えた。

    武蔵国府跡(奈良時代初めごろから平安時代の中頃(今から1300年~1000年前)のかけて武蔵国を治めた役所が置かれた。古代武蔵国の首都として栄えた。

  • 武蔵国府跡(国衙地区)奈良時代初めごろから平安時代の中頃(今から1300年~1000年前)のかけて武蔵国を治めた役所が置かれた。古代武蔵国の首都として栄えた。

    武蔵国府跡(国衙地区)奈良時代初めごろから平安時代の中頃(今から1300年~1000年前)のかけて武蔵国を治めた役所が置かれた。古代武蔵国の首都として栄えた。

    武蔵国府跡 名所・史跡

  • 武蔵国府跡(全景)

    武蔵国府跡(全景)

  • 武蔵国府跡(国衙地区)奈良時代初めごろから平安時代の中頃(今から1300年~1000年前)のかけて武蔵国を治めた役所が置かれた。古代武蔵国の首都として栄えた。

    武蔵国府跡(国衙地区)奈良時代初めごろから平安時代の中頃(今から1300年~1000年前)のかけて武蔵国を治めた役所が置かれた。古代武蔵国の首都として栄えた。

  • 昼食を戴いたR「Wine Terrace  Yu-me」

    昼食を戴いたR「Wine Terrace Yu-me」

    Wine Terrace Yu-me グルメ・レストラン

  • R「Wine Terrace  Yu-me」(店内)

    R「Wine Terrace Yu-me」(店内)

  • R「Wine Terrace  Yu-me」(メニュー)パスタセット(1500円) ワン・プレートランチ(ミラノ風カツレツ)1980円

    R「Wine Terrace Yu-me」(メニュー)パスタセット(1500円) ワン・プレートランチ(ミラノ風カツレツ)1980円

  • オレンジジュースとカボチャスープ

    オレンジジュースとカボチャスープ

  • 左はポテトサラダ(いぶがっこ ハム とろろ) 右はベルスケッタ(シラス 九条ネギ)サラダ

    左はポテトサラダ(いぶがっこ ハム とろろ) 右はベルスケッタ(シラス 九条ネギ)サラダ

  • パスタ(梅 シラス ミソ等)

    パスタ(梅 シラス ミソ等)

  • ミラノ風カツレツ

    ミラノ風カツレツ

  • 大國魂神社(入口の大ケヤキ)

    大國魂神社(入口の大ケヤキ)

  • 大國魂神社(表参道)

    大國魂神社(表参道)

  • 宮乃咩神社(演芸の神 安産の神)

    宮乃咩神社(演芸の神 安産の神)

  • 宮乃咩神社(演芸の神 安産の神)

    宮乃咩神社(演芸の神 安産の神)

  • 相撲場

    相撲場

  • 軍艦多摩戦没者慰霊碑と忠魂碑

    軍艦多摩戦没者慰霊碑と忠魂碑

  • ふるさと歴史館

    ふるさと歴史館

  • 府中高札場(政府広報の提示版です。幕府からの掟書き、禁止令、罪人の罪状などを書いた札を掲げて庶民に知らせた。旧甲州街道と府中街道の交わる所に立つ。江戸時代後期のものとされる。)

    府中高札場(政府広報の提示版です。幕府からの掟書き、禁止令、罪人の罪状などを書いた札を掲げて庶民に知らせた。旧甲州街道と府中街道の交わる所に立つ。江戸時代後期のものとされる。)

  • 府中高札場(政府広報の提示版です。幕府からの掟書き、禁止令、罪人の罪状などを書いた札を掲げて庶民に知らせた。旧甲州街道と府中街道の交わる所に立つ。江戸時代後期のものとされる。)

    府中高札場(政府広報の提示版です。幕府からの掟書き、禁止令、罪人の罪状などを書いた札を掲げて庶民に知らせた。旧甲州街道と府中街道の交わる所に立つ。江戸時代後期のものとされる。)

  • 府中高札場(政府広報の提示版です。幕府からの掟書き、禁止令、罪人の罪状などを書いた札を掲げて庶民に知らせた。旧甲州街道と府中街道の交わる所に立つ。江戸時代後期のものとされる。)

    府中高札場(政府広報の提示版です。幕府からの掟書き、禁止令、罪人の罪状などを書いた札を掲げて庶民に知らせた。旧甲州街道と府中街道の交わる所に立つ。江戸時代後期のものとされる。)

  • 大國魂神社御旅所

    大國魂神社御旅所

  • 源義家公とけやき並木(1062年、源頼義・義家父子が奥州の安倍氏の平定の為に、大國魂神社で戦勝祈願し、帰途、御礼にケヤキの苗を寄進したのが始まりという。)

    源義家公とけやき並木(1062年、源頼義・義家父子が奥州の安倍氏の平定の為に、大國魂神社で戦勝祈願し、帰途、御礼にケヤキの苗を寄進したのが始まりという。)

  • 馬場大門のケヤキ並木(大國魂神社の参道で左右が馬場になっていた。)

    馬場大門のケヤキ並木(大國魂神社の参道で左右が馬場になっていた。)

  • 馬場大門のケヤキ並木(大國魂神社の参道で左右が馬場になっていた。)1062年、源頼義・義家父子が奥州の安倍氏の平定の為に、大國魂神社で戦勝祈願し、帰途、御礼にケヤキの苗を寄進したのが始まりという。

    馬場大門のケヤキ並木(大國魂神社の参道で左右が馬場になっていた。)1062年、源頼義・義家父子が奥州の安倍氏の平定の為に、大國魂神社で戦勝祈願し、帰途、御礼にケヤキの苗を寄進したのが始まりという。

  • 府中駅より国分寺に向かいます。

    府中駅より国分寺に向かいます。

  • (車窓風景)府中刑務所

    (車窓風景)府中刑務所

  • (車窓風景)府中刑務所の塀ですが、この先で昔、3億円強奪事件がありました。(未解決で終わりました。)

    (車窓風景)府中刑務所の塀ですが、この先で昔、3億円強奪事件がありました。(未解決で終わりました。)

  • 土師竪穴住居跡

    土師竪穴住居跡

  • 土師竪穴住居跡

    土師竪穴住居跡

  • 元町八幡宮

    元町八幡宮

  • 元町八幡宮(力石)

    元町八幡宮(力石)

  • 武蔵国分寺跡(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を<br />建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

    武蔵国分寺跡(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を
    建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

  • 武蔵国分寺跡(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を<br />建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

    武蔵国分寺跡(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を
    建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

  • 武蔵国分寺(案内図)

    武蔵国分寺(案内図)

  • 国分寺薬師堂(1335年、建立。宝暦年間に現在地へ移転。本尊は木造薬師如来坐像)

    国分寺薬師堂(1335年、建立。宝暦年間に現在地へ移転。本尊は木造薬師如来坐像)

  • 国分寺薬師堂(1335年、建立。宝暦年間に現在地へ移転。本尊は木造薬師如来坐像)

    国分寺薬師堂(1335年、建立。宝暦年間に現在地へ移転。本尊は木造薬師如来坐像)

    国分寺薬師堂 寺・神社・教会

  • 国分寺薬師堂前の庭が趣があります。

    国分寺薬師堂前の庭が趣があります。

  • 鐘楼

    鐘楼

  • 国分寺仁王門(宝暦年間に建立)

    国分寺仁王門(宝暦年間に建立)

  • 国分寺仁王門(宝暦年間に建立)

    国分寺仁王門(宝暦年間に建立)

  • 国分寺仁王門(吽像)

    国分寺仁王門(吽像)

  • 国分寺仁王門(阿像)

    国分寺仁王門(阿像)

  • 武蔵国分寺跡(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を<br />建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

    武蔵国分寺跡(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を
    建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

    武蔵国分寺跡 名所・史跡

  • 武蔵国分寺跡(講堂跡)(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を<br />建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

    武蔵国分寺跡(講堂跡)(奈良時代(8C中頃)、飢饉や干害、地震による災害、疫病が流行した。741年、聖武天皇は仏教の力で国を安定する為に、諸国に国分寺を
    建立した。武蔵野国ではここに国分寺が建立。僧寺・尼寺・住居跡を含めると東西1.5km 南北1.0kmと広大な範囲であった。)

  • 国分寺楼門(江戸時代の建築様式を残しています。2Fには16羅漢像があり、現存は13体です。)

    国分寺楼門(江戸時代の建築様式を残しています。2Fには16羅漢像があり、現存は13体です。)

  • 国分寺楼門(江戸時代の建築様式を残しています。2Fには16羅漢像があり、現存は13体です。)

    国分寺楼門(江戸時代の建築様式を残しています。2Fには16羅漢像があり、現存は13体です。)

  • 地蔵堂

    地蔵堂

  • 武蔵国分寺(本堂)(奈良時代(約1200年前)に聖武天皇の詔により創建された寺で本堂は1725年の再建で本尊阿弥陀如来)

    武蔵国分寺(本堂)(奈良時代(約1200年前)に聖武天皇の詔により創建された寺で本堂は1725年の再建で本尊阿弥陀如来)

    武蔵国分寺 寺・神社・教会

  • 武蔵国分寺(万葉植物園)昭和25~38年にかけて先代住職が独力で採取した。

    武蔵国分寺(万葉植物園)昭和25~38年にかけて先代住職が独力で採取した。

  • 国分寺(万葉植物園)昭和25~38年にかけて先代住職が独力で採取した。

    国分寺(万葉植物園)昭和25~38年にかけて先代住職が独力で採取した。

  • お鷹の道(案内図)

    お鷹の道(案内図)

  • お鷹の道(1748年より国分寺は尾張徳川家の鷹狩の狩場であった。それで「お鷹の道」と言います。)

    お鷹の道(1748年より国分寺は尾張徳川家の鷹狩の狩場であった。それで「お鷹の道」と言います。)

  • 史跡の駅おたカフェ(カレーなどの軽食があります。)

    史跡の駅おたカフェ(カレーなどの軽食があります。)

  • 旧本多家住宅長屋門(江戸時代末期の建設。2Fが展示室)代々国分寺村の名主であった本多家の屋敷の入口に表門と先代当主の隠居所を兼ねて造られた。)

    旧本多家住宅長屋門(江戸時代末期の建設。2Fが展示室)代々国分寺村の名主であった本多家の屋敷の入口に表門と先代当主の隠居所を兼ねて造られた。)

  • 旧本多家住宅長屋門(江戸時代末期の建設。2Fが展示室)代々国分寺村の名主であった本多家の屋敷の入口に表門と先代当主の隠居所を兼ねて造られた。)

    旧本多家住宅長屋門(江戸時代末期の建設。2Fが展示室)代々国分寺村の名主であった本多家の屋敷の入口に表門と先代当主の隠居所を兼ねて造られた。)

  • 七重塔推定復元模型

    七重塔推定復元模型

  • 七重塔推定復元模型

    七重塔推定復元模型

  • 武蔵国分寺跡資料館

    武蔵国分寺跡資料館

    武蔵国分寺跡資料館 美術館・博物館

  • 武蔵国分寺より出土した瓦と奥は全国の国分寺

    武蔵国分寺より出土した瓦と奥は全国の国分寺

  • 武蔵国分寺よりの出土品

    武蔵国分寺よりの出土品

  • 国分寺復元全景

    国分寺復元全景

  • 武蔵国分寺跡資料館の湧水地

    武蔵国分寺跡資料館の湧水地

  • 武蔵国分寺跡周辺案内図

    武蔵国分寺跡周辺案内図

  • 真姿の池湧水群(武蔵野の雑木林にある湧水の池で、多摩川の支流、野川の支流の一つです。平安時代、玉造小町という絶世の美女が皮膚病の治療を願って国分寺に日参していた。21日目に現れた童子に言われるままに、この池の水で身を清めると元の美しい姿に戻ったという言い伝えがあります。)

    真姿の池湧水群(武蔵野の雑木林にある湧水の池で、多摩川の支流、野川の支流の一つです。平安時代、玉造小町という絶世の美女が皮膚病の治療を願って国分寺に日参していた。21日目に現れた童子に言われるままに、この池の水で身を清めると元の美しい姿に戻ったという言い伝えがあります。)

  • 真姿の池湧水群(名水100選の一つ)武蔵野の雑木林にある湧水の池で、多摩川の支流、野川の支流の一つです。平安時代、玉造小町という絶世の美女が皮膚病の治療を願って国分寺に日参していた。21日目に現れた童子に言われるままに、この池の水で身を清めると元の美しい姿に戻ったという言い伝えがあります。

    真姿の池湧水群(名水100選の一つ)武蔵野の雑木林にある湧水の池で、多摩川の支流、野川の支流の一つです。平安時代、玉造小町という絶世の美女が皮膚病の治療を願って国分寺に日参していた。21日目に現れた童子に言われるままに、この池の水で身を清めると元の美しい姿に戻ったという言い伝えがあります。

  • 真姿の池湧水群(真姿弁財天)

    真姿の池湧水群(真姿弁財天)

    お鷹の道・真姿の池湧水群 名所・史跡

  • 真姿の池湧水群(真姿弁財天)

    真姿の池湧水群(真姿弁財天)

  • 真姿の池湧水群を上から見ます。

    真姿の池湧水群を上から見ます。

  • 真姿の池湧水群(名水100選の一つ)武蔵野の雑木林にある湧水の池で、多摩川の支流、野川の支流の一つです。平安時代、玉造小町という絶世の美女が皮膚病の治療を願って国分寺に日参していた。21日目に現れた童子に言われるままに、この池の水で身を清めると元の美しい姿に戻ったという言い伝えがあります。

    真姿の池湧水群(名水100選の一つ)武蔵野の雑木林にある湧水の池で、多摩川の支流、野川の支流の一つです。平安時代、玉造小町という絶世の美女が皮膚病の治療を願って国分寺に日参していた。21日目に現れた童子に言われるままに、この池の水で身を清めると元の美しい姿に戻ったという言い伝えがあります。

  • 武蔵国分寺周辺の地図

    武蔵国分寺周辺の地図

  • お鷹の道(1748年より国分寺は尾張徳川家の鷹狩の狩場であった。それで「お鷹の道」と呼ぶ。)

    お鷹の道(1748年より国分寺は尾張徳川家の鷹狩の狩場であった。それで「お鷹の道」と呼ぶ。)

  • お鷹の道

    お鷹の道

  • お鷹の道のホタルが住む川

    お鷹の道のホタルが住む川

  • 不動橋

    不動橋

  • 都立殿ヶ谷庭園(随宜園)武蔵野段丘の南縁から浸出する湧水を利用して作られた別荘庭園です。三菱合資会社の社員の江口定條が1913~15年に別荘を作り、岩崎彦彌太が1929年に買い取った。回遊式庭園を完成させた。昭和49年に都が買収し、開園した。

    都立殿ヶ谷庭園(随宜園)武蔵野段丘の南縁から浸出する湧水を利用して作られた別荘庭園です。三菱合資会社の社員の江口定條が1913~15年に別荘を作り、岩崎彦彌太が1929年に買い取った。回遊式庭園を完成させた。昭和49年に都が買収し、開園した。

  • 都立殿ヶ谷庭園(随宜園)武蔵野段丘の南縁から浸出する湧水を利用して作られた別荘庭園です。三菱合資会社の社員の江口定條が1913~15年に別荘を作り、岩崎彦彌太が1929年に買い取った。回遊式庭園を完成させた。昭和49年に都が買収し、開園した。

    都立殿ヶ谷庭園(随宜園)武蔵野段丘の南縁から浸出する湧水を利用して作られた別荘庭園です。三菱合資会社の社員の江口定條が1913~15年に別荘を作り、岩崎彦彌太が1929年に買い取った。回遊式庭園を完成させた。昭和49年に都が買収し、開園した。

  • 都立殿ヶ谷庭園(随宜園)武蔵野段丘の南縁から浸出する湧水を利用して作られた別荘庭園です。三菱合資会社の社員の江口定條が1913~15年に別荘を作り、岩崎彦彌太が1929年に買い取った。回遊式庭園を完成させた。昭和49年に都が買収し、開園した。

    都立殿ヶ谷庭園(随宜園)武蔵野段丘の南縁から浸出する湧水を利用して作られた別荘庭園です。三菱合資会社の社員の江口定條が1913~15年に別荘を作り、岩崎彦彌太が1929年に買い取った。回遊式庭園を完成させた。昭和49年に都が買収し、開園した。

    都立殿ヶ谷戸庭園 公園・植物園

  • 萩のトンネル

    萩のトンネル

  • 崖線と湧水(武蔵野台地には武蔵野段丘と立川段丘の2つの河岸段丘があります。段丘面は地下水面が浅く、段丘崖の下には湧水が見られます。本庭園にはハケ(崖線)があり、至る所より、湧水が見られます。)

    崖線と湧水(武蔵野台地には武蔵野段丘と立川段丘の2つの河岸段丘があります。段丘面は地下水面が浅く、段丘崖の下には湧水が見られます。本庭園にはハケ(崖線)があり、至る所より、湧水が見られます。)

  • 藤棚

    藤棚

  • キチジョウソウ

    キチジョウソウ

  • ツジバカマ

    ツジバカマ

  • ツボクサ

    ツボクサ

  • 竹の小径

    竹の小径

  • 次郎弁天池

    次郎弁天池

  • 馬頭観音

    馬頭観音

  • 馬頭観音

    馬頭観音

  • 次郎弁天池を見ます。

    次郎弁天池を見ます。

  • 次郎弁天池の湧水地

    次郎弁天池の湧水地

  • 次郎弁天池のお花

    次郎弁天池のお花

  • 紅葉亭(数寄屋造りの茶室)と湧水

    紅葉亭(数寄屋造りの茶室)と湧水

  • 次郎弁天池(湧水が集まった「次郎弁天池」)

    次郎弁天池(湧水が集まった「次郎弁天池」)

  • 紅葉亭(数寄屋造りの茶室)内部

    紅葉亭(数寄屋造りの茶室)内部

  • 紅葉亭よりの次郎弁天池(紅葉が始まっています。)

    紅葉亭よりの次郎弁天池(紅葉が始まっています。)

  • 鹿おどし

    鹿おどし

  • 鹿威し

    鹿威し

  • 本館(岩崎彦彌太の別邸として昭和9年に建てられた洋館。内部は日本間と洋間が融和した和洋折衷の形式です。)

    本館(岩崎彦彌太の別邸として昭和9年に建てられた洋館。内部は日本間と洋間が融和した和洋折衷の形式です。)

  • 本館(岩崎彦彌太の別邸として昭和9年に建てられた洋館。内部は日本間と洋間が融和した和洋折衷の形式です。)

    本館(岩崎彦彌太の別邸として昭和9年に建てられた洋館。内部は日本間と洋間が融和した和洋折衷の形式です。)

  • 国分寺駅より西国分寺駅で乗り換えます。

    国分寺駅より西国分寺駅で乗り換えます。

    国分寺駅

  • R「SPICA」(入口)夕食を戴きます。

    R「SPICA」(入口)夕食を戴きます。

  • R「SPICA」メニュー(2800円コースを注文)

    R「SPICA」メニュー(2800円コースを注文)

  • 赤ワイン(デカンタで注文)2700円

    赤ワイン(デカンタで注文)2700円

  • 赤ワイン(デカンタで注文)

    赤ワイン(デカンタで注文)

  • シェフからのアミューズ(ナス キャロット) 

    シェフからのアミューズ(ナス キャロット) 

  • 前菜(ジャガイモのスープとパテ)

    前菜(ジャガイモのスープとパテ)

  • メイン(シャケのソテーと牛ハラミのステーキ)

    メイン(シャケのソテーと牛ハラミのステーキ)

42いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

東京・千葉巡り(2)

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP