青森市内旅行記(ブログ) 一覧に戻る
★旅のアーカイブから★<br />去年に続いて今年もまた。ステイホームを求められているゴールデンウィーク。<br />嘆いてばかりもいられないので旅の備忘録を淡々と続けます。<br />東北デスティネーションキャンペーンがJRと東北6県一体となって行われているのにコロナ禍でイベント等が中止になって心から気の毒に思っています。<br />今は訪れることを自粛中ですが、せめて過去の旅行記で(勝手に)心ばかりの応援をさせていただきます。<br /><br />2015年5月北海道・青森旅行の記録。<br /><br /><第11編><br />新青森駅からは東北新幹線はやぶさ号グランクラスに乗って東京へ戻ります。<br />1車両にたったの18席しかないゆとりの座席。<br />アテンダントさんによる軽食やドリンクのサービスを受けてゆったりと。<br />途中盛岡駅でははやぶさ号とこまち号の連結風景もしっかりと見たりして。<br />「シンカンセンスゴイカタイアイス」もまだ健在でした。<br /><br />**********<br />旅行時期2015年5月<br />投稿日2021年5月5日

好きです東北(11終)東北新幹線はやぶさ号グランクラスのおもてなし

68いいね!

2015/05/28 - 2015/05/30

71位(同エリア1125件中)

旅行記グループ 北海道と青森へ2015

2

48

HAPPIN

HAPPINさん

この旅行記スケジュールを元に

★旅のアーカイブから★
去年に続いて今年もまた。ステイホームを求められているゴールデンウィーク。
嘆いてばかりもいられないので旅の備忘録を淡々と続けます。
東北デスティネーションキャンペーンがJRと東北6県一体となって行われているのにコロナ禍でイベント等が中止になって心から気の毒に思っています。
今は訪れることを自粛中ですが、せめて過去の旅行記で(勝手に)心ばかりの応援をさせていただきます。

2015年5月北海道・青森旅行の記録。

<第11編>
新青森駅からは東北新幹線はやぶさ号グランクラスに乗って東京へ戻ります。
1車両にたったの18席しかないゆとりの座席。
アテンダントさんによる軽食やドリンクのサービスを受けてゆったりと。
途中盛岡駅でははやぶさ号とこまち号の連結風景もしっかりと見たりして。
「シンカンセンスゴイカタイアイス」もまだ健在でした。

**********
旅行時期2015年5月
投稿日2021年5月5日

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
交通手段
新幹線
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5月30日お昼前の新青森駅

    5月30日お昼前の新青森駅

    新青森駅

  • これから乗車するはやぶさ20号まではまだだいぶ時間があります。

    これから乗車するはやぶさ20号まではまだだいぶ時間があります。

  • 改札内にあったそば処 ブナの森で軽いお昼ご飯を

    改札内にあったそば処 ブナの森で軽いお昼ご飯を

    そば処 ブナの森 グルメ・レストラン

  • 天麩羅そば(だったかな?)<br />ごちそうさまでした。

    天麩羅そば(だったかな?)
    ごちそうさまでした。

  • 駅構内にはねぶたの展示

    駅構内にはねぶたの展示

  • まだ北海道新幹線開業前で終点だった新青森駅<br />ホームには折り返しの新幹線電車がたくさんいました。

    まだ北海道新幹線開業前で終点だった新青森駅
    ホームには折り返しの新幹線電車がたくさんいました。

    東北新幹線 乗り物

  • はやぶさ20号<br />10号車グランクラスに乗り込みます。

    はやぶさ20号
    10号車グランクラスに乗り込みます。

  • ロゴが誇らしげ

    ロゴが誇らしげ

  • 車内へ

    車内へ

  • 全部で18席しかないグランクラス<br />贅沢な配置です。

    全部で18席しかないグランクラス
    贅沢な配置です。

  • 座席も広々

    座席も広々

  • 高級感あふれるシート

    高級感あふれるシート

  • こちらは一人用

    こちらは一人用

  • バックシェルなのでシートをリクライニングしても後ろの人に迷惑がかかりません。

    バックシェルなのでシートをリクライニングしても後ろの人に迷惑がかかりません。

  • シートのスイッチ

    シートのスイッチ

  • リクライニングした状態。<br />ゆっくり眠って帰れる。。。<br />けど、せっかくのグランクラスですから、そんなもったいないことはせずしっかり目を開けていないと♪

    リクライニングした状態。
    ゆっくり眠って帰れる。。。
    けど、せっかくのグランクラスですから、そんなもったいないことはせずしっかり目を開けていないと♪

  • シートの説明パンフ

    シートの説明パンフ

  • 専用のスリッパもあります。

    専用のスリッパもあります。

  • ひじ掛けにはコンセント

    ひじ掛けにはコンセント

  • すぐにアテンダントさんがおしぼりを持ってきてくれました。

    すぐにアテンダントさんがおしぼりを持ってきてくれました。

  • ドリンクと軽食のメニュー<br />和軽食か洋軽食のどちらかを選ぶことができました。

    ドリンクと軽食のメニュー
    和軽食か洋軽食のどちらかを選ぶことができました。

  • 七戸十和田駅

    七戸十和田駅

    七戸十和田駅

  • 軽食と共に青森シードルを持ってきてもらいました。

    軽食と共に青森シードルを持ってきてもらいました。

  • 量は控えめだけど、内容の濃いおいしいお弁当

    量は控えめだけど、内容の濃いおいしいお弁当

  • 田園風景

    田園風景

  • 八戸駅

    八戸駅

    八戸駅

  • 食後にアイスコーヒーを持ってきてもらいました。<br />グラスにもグランクラスのロゴ♪

    食後にアイスコーヒーを持ってきてもらいました。
    グラスにもグランクラスのロゴ♪

  • アテンダントさんがこまめに車内を巡回しておもてなし。

    アテンダントさんがこまめに車内を巡回しておもてなし。

  • 二戸駅

    二戸駅

    二戸駅

  • いわて沼宮内駅<br />この列車は盛岡までは各駅に停まっていきます。

    いわて沼宮内駅
    この列車は盛岡までは各駅に停まっていきます。

    いわて沼宮内駅

  • 盛岡駅

    盛岡駅

    盛岡駅

  • 乗っていたのが最後尾10号車だったので秋田駅から来るこまち号との連結風景を見に行って見ます。

    乗っていたのが最後尾10号車だったので秋田駅から来るこまち号との連結風景を見に行って見ます。

  • 秋田方からこまち20号が入って来ました。

    秋田方からこまち20号が入って来ました。

  • すぐに連結

    すぐに連結

  • ここからは17両の長い編成になって東京駅をめざします。

    ここからは17両の長い編成になって東京駅をめざします。

  • 盛岡―新花巻 間

    盛岡―新花巻 間

  • 盛岡―新花巻 間

    盛岡―新花巻 間

  • 盛岡―新花巻 間

    盛岡―新花巻 間

  • グランクラスには車販ワゴンは周ってきませんがアテンダントさんにお願いしてアイスを買いました。<br />今は東北新幹線車内では買えなくなっちゃった「シンカンセンスゴイカタイアイス」も、まだ健在でした。<br />特急に乗ってアイスを食べるのがけっこうな楽しみだったので。

    グランクラスには車販ワゴンは周ってきませんがアテンダントさんにお願いしてアイスを買いました。
    今は東北新幹線車内では買えなくなっちゃった「シンカンセンスゴイカタイアイス」も、まだ健在でした。
    特急に乗ってアイスを食べるのがけっこうな楽しみだったので。

  • 田園

    田園

  • 仙台駅

    仙台駅

    仙台駅 (JR)

  • 仙台からは多くの乗客がありました。

    仙台からは多くの乗客がありました。

  • 在来線の線路をみおろしながら

    在来線の線路をみおろしながら

  • 広瀬川かな?

    広瀬川かな?

  • 大宮を過ぎると埼京線電車と併走

    大宮を過ぎると埼京線電車と併走

  • 京浜東北線電車を見ながら東京駅に入ります。

    京浜東北線電車を見ながら東京駅に入ります。

  • 終点東京駅に着きました。<br />およそ3時間20分の快適な新幹線旅でした。

    終点東京駅に着きました。
    およそ3時間20分の快適な新幹線旅でした。

    東京駅

  • 乗り換えた東海道線のホームから新幹線ホームを眺めます。<br />少し高い場所にある新幹線ホーム。ホーム下のバックヤードも見えるんです。<br />北海道~東北の8日間の素敵な旅でした。<br /><br />【好きです北海道&好きです東北】おわり<br />長い連載にお付き合いいただき、たくさんのいいね!やコメントをありがとうございました。

    乗り換えた東海道線のホームから新幹線ホームを眺めます。
    少し高い場所にある新幹線ホーム。ホーム下のバックヤードも見えるんです。
    北海道~東北の8日間の素敵な旅でした。

    【好きです北海道&好きです東北】おわり
    長い連載にお付き合いいただき、たくさんのいいね!やコメントをありがとうございました。

68いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

北海道と青森へ2015

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • nikさん 2021/05/05 13:02:03
    マイスプーン
    いつもいいねをありがとうございます。
    乗り物で車窓を見ながら食べるアイスは至福の時間ですね。
    ただガチガチになったアイス…
    貰ったプラスチックのヘラで食べるのは至難の技ですね。
    沖縄便の機内の話ですがマイスプーンで食べてるツワモノを見た事があります。
    僕は食事の時に出るコーヒースプーンで対応します。
    食器返却時には一応ことわっておくんですけどね。
    でもここまでガチガチにしなくてもと思うのは僕だけでしょうか。

    HAPPIN

    HAPPINさん からの返信 2021/05/05 17:15:28
    RE: マイスプーン
    nikさん、こんにちは♪
    こちらこそいつもありがとうございます。

    「シンカンセンスゴイカタイアイス」
    あんなに固いのは車内販売での保存上の理由がある、とWebのどっかで見たような記憶があります。
    でも、食べられるくらいまでやわらかくなるのにけっこう時間がかることもあったりして。

    一度、特急踊り子号で。熱海で降りるのに小田原の手前で買って、溶けないもんだから慌ててカップを手で温めるように持って急いで食べた記憶があります(笑)

    今では東海道新幹線等一部の車内販売を除いて相次いで撤退してしまって残念です。
    一方でカタイアイス用の熱伝導を利用したアルミスプーンなども発売されていると聞くと欲しくなっちゃいます。

    ありがとうございました。

    Happin

HAPPINさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

青森市内の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集