門司・関門海峡旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅行最終日(実質4日目)はホテルをチェックアウト後、門司港へ。<br />レトロ建築目白押しの門司港は広々とした整備された港町。<br />開港当時の門司港の様子を思い浮かべながらの散策は、<br />好奇心を満たされ楽しかった~。<br />その後、<br />同じレトロでもちょっと怪しげな昭和レトロの商店街をブラブラし、<br />昔の花街であった清滝では路地裏散策。<br />最後は門司港名物焼カレーで締め、福岡旅を終えました。<br /><br />3/22(月) 大阪なんば21:20発---(夜行バス)<br />3/23(火) ---博多6:00着---相島---博多(博多泊)<br />3/24(水) 博多---糸島---大宰府---博多(博多泊)<br />3/25(木) 博多---小倉---藍島---小倉(小倉泊)<br />3/26(金) 小倉---門司港---小倉---新大阪21:10着

二つのあいのしま(相島と藍島)へ…ネコ時々観光の福岡旅【4】歴史散策!門司港レトロ編

120いいね!

2021/03/26 - 2021/03/26

26位(同エリア1048件中)

旅行記グループ ネコ時々観光の福岡旅

18

61

kayo

kayoさん

この旅行記スケジュールを元に

旅行最終日(実質4日目)はホテルをチェックアウト後、門司港へ。
レトロ建築目白押しの門司港は広々とした整備された港町。
開港当時の門司港の様子を思い浮かべながらの散策は、
好奇心を満たされ楽しかった~。
その後、
同じレトロでもちょっと怪しげな昭和レトロの商店街をブラブラし、
昔の花街であった清滝では路地裏散策。
最後は門司港名物焼カレーで締め、福岡旅を終えました。

3/22(月) 大阪なんば21:20発---(夜行バス)
3/23(火) ---博多6:00着---相島---博多(博多泊)
3/24(水) 博多---糸島---大宰府---博多(博多泊)
3/25(木) 博多---小倉---藍島---小倉(小倉泊)
3/26(金) 小倉---門司港---小倉---新大阪21:10着

旅行の満足度
4.0
同行者
一人旅
交通手段
新幹線 JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
近畿日本ツーリスト

PR

  • 小倉9:47発の電車で10:01門司港駅着。<br />鹿児島本線で事故があり10分以上遅れましたが、<br />本日は15:00まで門司港フリープランなので、あまり気にせず。<br /><br />駅のホームへ降りたっだ時点で<br />門司港へは来た事がないのですが、既に懐かしさが。<br />柱や屋根の内側は木製で、<br />屋根を支える梁には線路のレール材が使われているそうです。<br />日本の駅でよくあるベンチも見当たらず、スッキリして見えます。

    小倉9:47発の電車で10:01門司港駅着。
    鹿児島本線で事故があり10分以上遅れましたが、
    本日は15:00まで門司港フリープランなので、あまり気にせず。

    駅のホームへ降りたっだ時点で
    門司港へは来た事がないのですが、既に懐かしさが。
    柱や屋根の内側は木製で、
    屋根を支える梁には線路のレール材が使われているそうです。
    日本の駅でよくあるベンチも見当たらず、スッキリして見えます。

    門司港駅

  • ホームの駅舎近くにはチューリップの花壇。<br />生き生き咲いています。

    ホームの駅舎近くにはチューリップの花壇。
    生き生き咲いています。

    門司港駅

  • 駅舎1階にあったスターバックス門司港店。<br />天井が高いクラシックな店内ですが内装はシンプルモダン。

    駅舎1階にあったスターバックス門司港店。
    天井が高いクラシックな店内ですが内装はシンプルモダン。

    スターバックス・コーヒー 門司港駅店 グルメ・レストラン

  • 切符売場もレトロ~!切符売場に暖炉もあったり。<br />改札近くにはもちろん普通の券売機もありました。<br /><br />写真には撮りませんでしたが門司港駅構内は観光スポット盛り沢山。<br />それぞれのスポットには歴史的な説明もあり、見ごたえ十分。

    切符売場もレトロ~!切符売場に暖炉もあったり。
    改札近くにはもちろん普通の券売機もありました。

    写真には撮りませんでしたが門司港駅構内は観光スポット盛り沢山。
    それぞれのスポットには歴史的な説明もあり、見ごたえ十分。

    門司港駅

  • 駅としては日本で初めて国の重要文化財に指定された門司港駅。<br />2019年に修復工事が完了し、大正時代の創建時の姿が甦ったとか。<br /><br />現役の駅舎で国の重要文化財に指定されているのは、<br />現在、門司港駅と東京駅の2つだけだそうです。<br />代々、後世に受け継がれていくことかと思います。

    駅としては日本で初めて国の重要文化財に指定された門司港駅。
    2019年に修復工事が完了し、大正時代の創建時の姿が甦ったとか。

    現役の駅舎で国の重要文化財に指定されているのは、
    現在、門司港駅と東京駅の2つだけだそうです。
    代々、後世に受け継がれていくことかと思います。

    門司港駅

  • 門司港駅を出てすぐ右手にはこんな石碑。<br />バナナの叩き売り発祥の地なんだとか。<br />パネルの写真から当時の活気が伝わってきます。<br />

    門司港駅を出てすぐ右手にはこんな石碑。
    バナナの叩き売り発祥の地なんだとか。
    パネルの写真から当時の活気が伝わってきます。

    バナナの叩き売り発祥の地 名所・史跡

  • 門司港駅前に建っているのは門司郵船ビル。<br />昭和2年(1927)に建設された鉄筋コンクリート造4階建の建物。<br /><br />左右対称のがっしりした建物ですが1階部分の曲線のアーチと<br />ファサードのデザインがアールデコ調。<br /><br />

    門司港駅前に建っているのは門司郵船ビル。
    昭和2年(1927)に建設された鉄筋コンクリート造4階建の建物。

    左右対称のがっしりした建物ですが1階部分の曲線のアーチと
    ファサードのデザインがアールデコ調。

    門司郵船ビル (旧日本郵船門司支店) 名所・史跡

  • 門司港へ出てきました。今日もお天気は快晴!<br />この福岡旅、海が凄く身近に感じました。<br /><br />1889年11月に門司港が国の特別輸出港<br />(米・麦・麦粉・石炭・硫黄に限定)に指定されて以降、<br />金融機関や商社・海運会社の支店が相次いで進出し、<br />外国航路の拠点および貿易港として発展したとか。

    門司港へ出てきました。今日もお天気は快晴!
    この福岡旅、海が凄く身近に感じました。

    1889年11月に門司港が国の特別輸出港
    (米・麦・麦粉・石炭・硫黄に限定)に指定されて以降、
    金融機関や商社・海運会社の支店が相次いで進出し、
    外国航路の拠点および貿易港として発展したとか。

    門司港レトロ地区 名所・史跡

  • 開店前のカフェのシャッター。猫ちゃんがいたのでつい一枚。<br />開放的な門司港にはピッタリ!

    開店前のカフェのシャッター。猫ちゃんがいたのでつい一枚。
    開放的な門司港にはピッタリ!

  • 海沿いに建っていたレンガ造りの建物。<br />ここまでで既に何軒も目にした焼カレー屋さん。<br />この建物の一階にも焼カレーが食べれるレストランが。<br />焼カレーは門司港の名物で食べてみたいとは思っていましたが、<br />これだけ沢山お店があるとどこへ入ったらいいのか迷っちゃう。

    海沿いに建っていたレンガ造りの建物。
    ここまでで既に何軒も目にした焼カレー屋さん。
    この建物の一階にも焼カレーが食べれるレストランが。
    焼カレーは門司港の名物で食べてみたいとは思っていましたが、
    これだけ沢山お店があるとどこへ入ったらいいのか迷っちゃう。

  • カフェも何気にレトロ。特にタイルが昭和風。

    カフェも何気にレトロ。特にタイルが昭和風。

    門司港茶寮 グルメ・レストラン

  • 旧大阪商船の建物。<br />大正6(1917)年に竣工した建物は角にある八角形の塔が特徴的。<br />

    旧大阪商船の建物。
    大正6(1917)年に竣工した建物は角にある八角形の塔が特徴的。

    北九州市旧大阪商船 美術館・博物館

  • 1階はギャラリーとカフェ、<br />2階は貸ホールとして使用されています。    

    1階はギャラリーとカフェ、
    2階は貸ホールとして使用されています。    

    北九州市旧大阪商船 美術館・博物館

  • 旧大阪商船の斜め向かいにあったホームリンガー商会。<br />この建物は昭和37(1962)年に建てられ比較的新しい建物。<br />実際に見た目は淡いピンク色だったような記憶ですが、<br />写真では白っぽく映っています。<br />

    旧大阪商船の斜め向かいにあったホームリンガー商会。
    この建物は昭和37(1962)年に建てられ比較的新しい建物。
    実際に見た目は淡いピンク色だったような記憶ですが、
    写真では白っぽく映っています。

  • すぐ近くにあった旧門司三井倶楽部の建物。<br />欧州の田舎にありそうなハーフティンバーの建物です。<br /><br />門司港の歴史的建造物はどこも歩いて直ぐ。<br />時間が余りそうなので中も見学することに。

    すぐ近くにあった旧門司三井倶楽部の建物。
    欧州の田舎にありそうなハーフティンバーの建物です。

    門司港の歴史的建造物はどこも歩いて直ぐ。
    時間が余りそうなので中も見学することに。

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • 旧門司三井倶楽部は、<br />大正10(1921)年に三井物産株式会社門司支店が<br />山手の新興住宅地、谷町に建設した接客施設で、<br />その後北九州市が建物を譲り受け<br />平成2年にこの地に移築されたそうです。

    旧門司三井倶楽部は、
    大正10(1921)年に三井物産株式会社門司支店が
    山手の新興住宅地、谷町に建設した接客施設で、
    その後北九州市が建物を譲り受け
    平成2年にこの地に移築されたそうです。

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • 1階だけであれば無料、<br />2階の「アインシュタインメモリアルルーム」、<br />門司出身の女流作家「林芙美子記念室」は有料で150円也。

    1階だけであれば無料、
    2階の「アインシュタインメモリアルルーム」、
    門司出身の女流作家「林芙美子記念室」は有料で150円也。

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • 1階のレストランとイベントホール。<br />内装も昔のままだと思います。門司港ならではの<br />帆船と海がイメージされたステンドグラスも可愛い!

    1階のレストランとイベントホール。
    内装も昔のままだと思います。門司港ならではの
    帆船と海がイメージされたステンドグラスも可愛い!

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • 暖炉の横にあったこの家具。聞いてみたら昔のオルゴールだとか。<br />今の住宅事情からは考えられない立派なオルゴールですね。

    暖炉の横にあったこの家具。聞いてみたら昔のオルゴールだとか。
    今の住宅事情からは考えられない立派なオルゴールですね。

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • 2階は有料エリア。靴を脱いで上がります。<br />階段の装飾がアールデコですね。<br />レッドカーペットではなくグリーンカーペットも良い感じ。

    2階は有料エリア。靴を脱いで上がります。
    階段の装飾がアールデコですね。
    レッドカーペットではなくグリーンカーペットも良い感じ。

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • まずは「アインシュタイン・メモリアルルーム」へ。<br />アインシュタインが全国を講演する為に来日した際に、<br />三井倶楽部に宿泊、その時に博士が宿泊した部屋をそのまんま再現。<br /><br />アインシュタインが日本へ来たことも知らなかった私。<br />旅行って本当に勉強になります。

    まずは「アインシュタイン・メモリアルルーム」へ。
    アインシュタインが全国を講演する為に来日した際に、
    三井倶楽部に宿泊、その時に博士が宿泊した部屋をそのまんま再現。

    アインシュタインが日本へ来たことも知らなかった私。
    旅行って本当に勉強になります。

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • アインシュタイン夫妻は当時このお部屋で、<br />どんな会話をされていたのかな?

    アインシュタイン夫妻は当時このお部屋で、
    どんな会話をされていたのかな?

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • 広々としたバスルームまで再現。<br /><br />移築後内装の再現、<br />北九州市の観光にかける熱意を感じられました。<br /><br />この後「林芙美子記念室」のお部屋は<br />撮影禁止で写真はありませんが、<br />昨年訪れた広島の尾道でも出会った林芙美子。<br />ゆかりの地を偶然立て続けに訪問。何かご縁を感じます。

    広々としたバスルームまで再現。

    移築後内装の再現、
    北九州市の観光にかける熱意を感じられました。

    この後「林芙美子記念室」のお部屋は
    撮影禁止で写真はありませんが、
    昨年訪れた広島の尾道でも出会った林芙美子。
    ゆかりの地を偶然立て続けに訪問。何かご縁を感じます。

    旧門司三井倶楽部 名所・史跡

  • ブルーウィングもじ。恋人の聖地。<br /><br />日本国内で最大級の歩行者専用のはね橋。<br />日本国内でこんなはね橋があるとは知りませんでした。<br />オランダのは知ってるけど。<br />この時点では橋がはねていて渡れませんでした。<br />

    ブルーウィングもじ。恋人の聖地。

    日本国内で最大級の歩行者専用のはね橋。
    日本国内でこんなはね橋があるとは知りませんでした。
    オランダのは知ってるけど。
    この時点では橋がはねていて渡れませんでした。

    ブルーウィングもじ 名所・史跡

  • 旧門司税関の建物。<br />旧門司税関は、明治45(1912)年に建設された税関庁舎です。<br /><br />昭和20(1945)年の門司空襲によって屋根がなくなり、<br />戦後は窓を塞いで倉庫に転用。<br />その際、建築当初の面影もないほどに荒廃したとか。<br /><br />その後、門司港湾地域の観光復興と活性化のため、<br />平成3年から4年の歳月をかけて建物の復元作業が実施され、<br />往時の美しい姿を取り戻したそうです。<br />

    旧門司税関の建物。
    旧門司税関は、明治45(1912)年に建設された税関庁舎です。

    昭和20(1945)年の門司空襲によって屋根がなくなり、
    戦後は窓を塞いで倉庫に転用。
    その際、建築当初の面影もないほどに荒廃したとか。

    その後、門司港湾地域の観光復興と活性化のため、
    平成3年から4年の歳月をかけて建物の復元作業が実施され、
    往時の美しい姿を取り戻したそうです。

    北九州市旧門司税関 名所・史跡

  • 橋がつながったので恋人の聖地を一人で渡ります。<br />

    橋がつながったので恋人の聖地を一人で渡ります。

    ブルーウィングもじ 名所・史跡

  • 左の高層ビルが門司港レトロ展望室、右が旧門司税関。<br />時間があるので展望室も後で昇ることに。

    左の高層ビルが門司港レトロ展望室、右が旧門司税関。
    時間があるので展望室も後で昇ることに。

    門司港レトロ展望室 名所・史跡

  • 旧門司税関の正面は見事に逆光。<br />中はギャラリーになっていて、この時はリトグラフの展示販売。<br />お金を持ってなさそうに見える私には説明スタッフも寄りつかず。<br />こっちの方がありがたいような。<br />中は撮影禁止でした。

    旧門司税関の正面は見事に逆光。
    中はギャラリーになっていて、この時はリトグラフの展示販売。
    お金を持ってなさそうに見える私には説明スタッフも寄りつかず。
    こっちの方がありがたいような。
    中は撮影禁止でした。

    北九州市旧門司税関 名所・史跡

  • 旧税関からすぐにあるのは北九州市大連友好記念館の建物。<br /><br />門司港が中国・大連市と国際航路を結び、<br />1979年には北九州市と大連市が友好都市を提携…。<br />

    旧税関からすぐにあるのは北九州市大連友好記念館の建物。

    門司港が中国・大連市と国際航路を結び、
    1979年には北九州市と大連市が友好都市を提携…。

    北九州市大連友好記念館 美術館・博物館

  • 友好都市締結15周年を記念し、<br />ロシア帝国が1902年に大連市に建築した鉄道汽船会社の建物を、<br />そっくり複製し建築されたものがこの大連友好記念館。

    友好都市締結15周年を記念し、
    ロシア帝国が1902年に大連市に建築した鉄道汽船会社の建物を、
    そっくり複製し建築されたものがこの大連友好記念館。

    北九州市大連友好記念館 美術館・博物館

  • 中へ入ってみますが、エントランス・ホールだけの見学。<br />入口すぐの床のタイルが可愛い。

    中へ入ってみますが、エントランス・ホールだけの見学。
    入口すぐの床のタイルが可愛い。

    北九州市大連友好記念館 美術館・博物館

  • 大連友好記念館から門司港レトロ展望室へ。<br /><br />門司港レトロ展望室は、建築家・黒川紀章氏が設計した<br />高層マンション『レトロハイマート』の31階。<br />このマンションの住人は<br />毎日この景色を楽しんでおられるんだろうな~。<br /><br />関門橋の対岸は本州、山口県下関市。<br />ガラス越しでの展望なのでガラスの反射が気になりますが。

    大連友好記念館から門司港レトロ展望室へ。

    門司港レトロ展望室は、建築家・黒川紀章氏が設計した
    高層マンション『レトロハイマート』の31階。
    このマンションの住人は
    毎日この景色を楽しんでおられるんだろうな~。

    関門橋の対岸は本州、山口県下関市。
    ガラス越しでの展望なのでガラスの反射が気になりますが。

    門司港レトロ展望室 名所・史跡

  • 絶景絶景!<br /><br />関門トンネルを歩いて渡って<br />船で帰って来るツアーもありました。<br />

    絶景絶景!

    関門トンネルを歩いて渡って
    船で帰って来るツアーもありました。

    門司港レトロ展望室 名所・史跡

  • こちらは反対側。前日に訪れた藍島もうっすら見えます。

    こちらは反対側。前日に訪れた藍島もうっすら見えます。

    門司港レトロ展望室 名所・史跡

  • 展望室にはカフェもあり、<br />門司港オリジナル・サイダーをゲット!<br /><br />子供の頃に飲んだ三ツ矢サイダーに近い感じで、<br />懐かしいレトロなお味でした。

    展望室にはカフェもあり、
    門司港オリジナル・サイダーをゲット!

    子供の頃に飲んだ三ツ矢サイダーに近い感じで、
    懐かしいレトロなお味でした。

    門司港レトロ展望室 名所・史跡

  • その後少し離れた門司電気通信レトロ館へやって来ました。<br />門司港って何でも名前にレトロが付いていますね。<br /><br />1924年に通信省門司郵便局電話課庁舎として建設。<br />門司最初の鉄筋コンクリートの建物だそうです。

    その後少し離れた門司電気通信レトロ館へやって来ました。
    門司港って何でも名前にレトロが付いていますね。

    1924年に通信省門司郵便局電話課庁舎として建設。
    門司最初の鉄筋コンクリートの建物だそうです。

    門司電気通信レトロ館 名所・史跡

  • 昔の公衆電話ボックスでしょうね。<br /><br />門司電気通信レトロ館は<br />大正から昭和にかけての懐かしい電信・電話機の博物館です。<br />入ろうか迷いましたがここはパス。

    昔の公衆電話ボックスでしょうね。

    門司電気通信レトロ館は
    大正から昭和にかけての懐かしい電信・電話機の博物館です。
    入ろうか迷いましたがここはパス。

    門司電気通信レトロ館 名所・史跡

  • 門司港レトロ展望室のカフェのお姉さんに伺った<br />怪しいスポットへ移動中に見つけた猫ちゃん。

    門司港レトロ展望室のカフェのお姉さんに伺った
    怪しいスポットへ移動中に見つけた猫ちゃん。

  • 先ほどまでは門司港の定番観光スポットでしたが、<br />ちょっと横道にそれる事に。<br />老松公園という公園に出てきました。<br />松というよりヤシの木がいっぱいなんですが。<br /><br /><br />

    先ほどまでは門司港の定番観光スポットでしたが、
    ちょっと横道にそれる事に。
    老松公園という公園に出てきました。
    松というよりヤシの木がいっぱいなんですが。


    老松公園 公園・植物園

  • ここが展望室のお姉さんに勧められた中央市場。<br />昭和レトロ~!右側のカフェはこじゃれていますが。

    ここが展望室のお姉さんに勧められた中央市場。
    昭和レトロ~!右側のカフェはこじゃれていますが。

  • でもシャッター街と化していました。<br />コロナ禍なのか本当のシャッター街なのかは分かりませんが、<br />今まで門司港レトロの観光スポットを散策してきた分、<br />「これぞレトロっち感じやろ」って心の叫びが響きます。<br />

    でもシャッター街と化していました。
    コロナ禍なのか本当のシャッター街なのかは分かりませんが、
    今まで門司港レトロの観光スポットを散策してきた分、
    「これぞレトロっち感じやろ」って心の叫びが響きます。

  • 中央市場から別の銀天街という商店街へ。<br />こちらも寂れている商店街ですが、なんとなく面白い。<br />時間が止まったお店が多いですね。

    中央市場から別の銀天街という商店街へ。
    こちらも寂れている商店街ですが、なんとなく面白い。
    時間が止まったお店が多いですね。

  • 栄町銀天街から山側にある清滝地区へやって来ました。<br />明治大正期に官庁街として賑わい、接待用の料亭が<br />軒を連ねたエリアですが、今は昔の面影を残す住宅街といった感じ。

    栄町銀天街から山側にある清滝地区へやって来ました。
    明治大正期に官庁街として賑わい、接待用の料亭が
    軒を連ねたエリアですが、今は昔の面影を残す住宅街といった感じ。

  • 細い路地があちこちに伸びていてワクワク。<br />特に何があるわけでもありませんが、何気に楽しい路地歩き。

    細い路地があちこちに伸びていてワクワク。
    特に何があるわけでもありませんが、何気に楽しい路地歩き。

  • 立派な桜の木に引き寄せられ、どんどん上ってきました。<br />石垣が続く路地に歴史を感じます。

    立派な桜の木に引き寄せられ、どんどん上ってきました。
    石垣が続く路地に歴史を感じます。

  • 地元の人に不審者と間違われ、お声がかかります。<br />猫ちゃんがいると情報を仕入れましたが、一匹とも遭遇せず。<br />木造家屋が続くノスタルジックな路地裏です。

    地元の人に不審者と間違われ、お声がかかります。
    猫ちゃんがいると情報を仕入れましたが、一匹とも遭遇せず。
    木造家屋が続くノスタルジックな路地裏です。

  • 途中で階段となり、この辺で下へ下ることに。<br />階段上の路地は尾道を思い出します。

    途中で階段となり、この辺で下へ下ることに。
    階段上の路地は尾道を思い出します。

  • 民家の庭先で咲いてて椿。艶やかです。<br />まるで昔の清滝を物語っているような。

    民家の庭先で咲いてて椿。艶やかです。
    まるで昔の清滝を物語っているような。

  • 戦後、清滝地区からは料亭や置き屋、社宅が次々と姿を消し、<br />住宅街へと様変わりしたそうです。

    戦後、清滝地区からは料亭や置き屋、社宅が次々と姿を消し、
    住宅街へと様変わりしたそうです。

  • 路地に佇むお地蔵さん。

    路地に佇むお地蔵さん。

  • 探していた建物を見つけました「三宜楼」<br />木造3階建てで現存する九州最大級の建屋。<br />今は三宜楼茶寮としてフグ料理と季節料理を提供されています。

    探していた建物を見つけました「三宜楼」
    木造3階建てで現存する九州最大級の建屋。
    今は三宜楼茶寮としてフグ料理と季節料理を提供されています。

    三宜楼 名所・史跡

  • あちゃ~、メッチャ逆光、下から撮ると三階建てには見えず。<br /><br />かつて踊りや能が披露されていた「百畳間」と呼ばれる広間は<br />見学できると後から知りました。もう遅い…。<br /><br />

    あちゃ~、メッチャ逆光、下から撮ると三階建てには見えず。

    かつて踊りや能が披露されていた「百畳間」と呼ばれる広間は
    見学できると後から知りました。もう遅い…。

    三宜楼 名所・史跡

  • 何気に昭和レトロな中華料理店。営業はされてなさそう。

    何気に昭和レトロな中華料理店。営業はされてなさそう。

  • 清滝地区から門司港レトロへ戻ります。<br /><br />北九州銀行、門司支店の建物(旧横浜正金銀行/門司支店)<br />重厚な銀行独特な建築です。上部に装飾が少し見受けられます。

    清滝地区から門司港レトロへ戻ります。

    北九州銀行、門司支店の建物(旧横浜正金銀行/門司支店)
    重厚な銀行独特な建築です。上部に装飾が少し見受けられます。

    北九州銀行門司支店(旧横浜正金銀行門司支店) 名所・史跡

  • 駅近くまで戻ってきたら九州鉄道記念館がありました。<br />あまり鉄道の車体本体には興味がなく、SLの写真だけ一枚撮っとく!

    駅近くまで戻ってきたら九州鉄道記念館がありました。
    あまり鉄道の車体本体には興味がなく、SLの写真だけ一枚撮っとく!

    九州鉄道記念館 美術館・博物館

  • ちょっと遅めのランチ。<br />門司港レトロ展望室のお姉さんに焼カレーおすすめのお店を聞き、<br />やって来たのは上戸彩さんも絶賛の『BEAR FRUITS』<br />普段は行列らしいのですが、<br />中途半端な時間だったので直ぐに入店でできました。<br /><br />先ずは地ビール、ヴァイツェンで喉を潤します。

    ちょっと遅めのランチ。
    門司港レトロ展望室のお姉さんに焼カレーおすすめのお店を聞き、
    やって来たのは上戸彩さんも絶賛の『BEAR FRUITS』
    普段は行列らしいのですが、
    中途半端な時間だったので直ぐに入店でできました。

    先ずは地ビール、ヴァイツェンで喉を潤します。

    ベアーフルーツ グルメ・レストラン

  • 最初「焼カレーって何?」っと思いましたが、<br />要するにスパイスカレー・ドリア的なメニューです。<br />スパイス大好きな私にとれば大満足で、<br />門司港のいい思い出となりました。

    最初「焼カレーって何?」っと思いましたが、
    要するにスパイスカレー・ドリア的なメニューです。
    スパイス大好きな私にとれば大満足で、
    門司港のいい思い出となりました。

    ベアーフルーツ グルメ・レストラン

  • お腹が一杯になり、そろそろ門司港ともお別れ。<br />再びやって来た旧大阪商船の建物。

    お腹が一杯になり、そろそろ門司港ともお別れ。
    再びやって来た旧大阪商船の建物。

    北九州市旧大阪商船 美術館・博物館

  • 門司港駅に帰ってきました。<br />小倉でお土産を買う時間なども考慮して、<br />15:02発の電車で小倉へ戻ることに。<br /><br />バイバイ、門司港!

    門司港駅に帰ってきました。
    小倉でお土産を買う時間なども考慮して、
    15:02発の電車で小倉へ戻ることに。

    バイバイ、門司港!

    門司港駅

  • 小倉に15:15、到着!<br />駅前の歩道橋で保護ネコ活動されているボランティアさんと遭遇。<br />私には何もできないけど、出来る事といえば募金だけ。<br />猫ちゃんの餌の足しにでもなればと思いました。

    小倉に15:15、到着!
    駅前の歩道橋で保護ネコ活動されているボランティアさんと遭遇。
    私には何もできないけど、出来る事といえば募金だけ。
    猫ちゃんの餌の足しにでもなればと思いました。

    小倉駅 (福岡県)

  • 実は帰りも高速バスで帰るつもりでしたが、<br />小倉からの3列シートは6000円。偶然ネットで見つけた<br />「めっちゃ得プラン」の新幹線、小倉→新大阪が6500円だったので、<br />帰りは新幹線で帰ることに。<br /><br />こだまなので各駅停車でしたが、<br />途中の停車駅で新尾道、福山、新倉敷と<br />昨年の瀬戸内旅で訪れた駅に止まるたびに、<br />思い出に浸りながら新大阪へ帰りました。<br /><br />猫ちゃんに美しい玄界灘、太宰府天満宮をはじめとした寺社巡り、<br />小倉城の桜、門司港のレトロ建築と路地歩き、<br />おひとり様でもメッチャ楽しめた福岡県。ありがとう!

    実は帰りも高速バスで帰るつもりでしたが、
    小倉からの3列シートは6000円。偶然ネットで見つけた
    「めっちゃ得プラン」の新幹線、小倉→新大阪が6500円だったので、
    帰りは新幹線で帰ることに。

    こだまなので各駅停車でしたが、
    途中の停車駅で新尾道、福山、新倉敷と
    昨年の瀬戸内旅で訪れた駅に止まるたびに、
    思い出に浸りながら新大阪へ帰りました。

    猫ちゃんに美しい玄界灘、太宰府天満宮をはじめとした寺社巡り、
    小倉城の桜、門司港のレトロ建築と路地歩き、
    おひとり様でもメッチャ楽しめた福岡県。ありがとう!

    小倉駅 (福岡県)

120いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (18)

開く

閉じる

  • durianさん 2021/05/19 19:12:31
    北九州行ってみたくなります
    kayoさん

    こんばんは
    北九州こんなに沢山のレトロ感たっぷりの建造物があるんですね行ってみたくなります。昭和の香りが漂う中央市場も超面白そうシャッターが閉まっていたのは残念でしたが面白そうなものが発見できそうです。

    そうそう今、流行りはイギリス型でしたね。インドに行きたいが先に立ってインド熱が冷めないので困ります。

    durian

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/20 00:15:42
    Re: 北九州行ってみたくなります
    durianさん、今晩は~☆

    門司港のレトロ建築エリアは私からするとキレイ過ぎの観光地でした。
    生活臭が一切しない整備された公園の中にポツポツと美しい建築が点在、
    やっぱりここだけだと物足りないと思い、裏門司港も散策しました。
    ゴチャゴチャした大阪に慣れ親しんでいるので、
    こういうディープな商店街や路地裏の飾りのなさに何故か落ち着きます。

    durianさん、またインド病を発病しているのではないでしょうか?
    私も20代の頃ですが何度も発病し、インドが恋しくって恋しくって。
    今は当時に比べてインドから離れているので発病しないのですが、
    コロナ蔓延中のインドのカオスな医療現場を見て、
    コロナが終息後には久しぶりに訪れたくなりました。
    まだインドに対しての免疫が残っているのか不安ですが…。
    早く自由に世界を歩きたいですね!

    kayo
  • ちゅう。さん 2021/05/16 16:50:42
    憧れのレトロ建築と猫島の旅
    Kayoさん、こんにちにゃ~

    北九州の旅もついに完結、レトロ建築に猫三昧の島旅、
    どの旅行記も楽しく拝見しました。
    前半のおしゃれなレトロ建築と後半の昭和レトロの味のある商店街、
    どちらも行ってみたく思いました。

    海外ばかりに目を向けてきたので、九州も未踏です。
    飛行機のマイルも期限延長繰り返したり、ポイントに変わったりと
    いい加減使わないとなかったことになっちゃうかもと心配なので、
    第四波を乗り越えたら、福岡便使って、九州旅もいいなあと。。
    その際は、ぜひ、Kayoさんの旅行記を参考にさせていただきたいと思います。

    今年は、どうも記録的に早い梅雨がやってくるかも?との情報あり。
    城ネコさんには、雨をしのぐ試練が待っていて心配ですね。
    猫さんたちも頑張ってるので、コロナ禍の中、なんとかやり過ごさないとですね。

    ちゅう。

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/17 00:27:15
    RE: 憧れのレトロ建築と猫島の旅
    ちゅうさん、今晩ニャ〜(=^・^=)

    今回小倉の旦過市場(たんがいちば)だけ行けなく心残りでしたが、
    その分門司港の昭和レトロへ。おしゃれレトロから昭和レトロへと
    ギャップが面白かったです。
    猫ちゃんに癒され自然いっぱいの藍島と門司港は是非是非セットで。
    福岡空港は博多からも近く、アクセス良好です。
    九州にはまだまだ未踏の猫島が沢山あるので、
    コロナ禍に狙っています。海外解禁となれば私も海外派なので、
    どうしても海外優先になってしまうかと。
    でも猫島には日本古来の風土を感じ、唯一無二なのかも?
    インバウンド解禁になったら海外からまたワンサカ来るかと思い、
    静かな猫島を味わうのは今のコロナ禍しかないかも?

    関西も東海も梅雨入りしましたね。3週間も早いとか?
    3週間早めに梅雨明けしてくれたらいいんですが、
    このまま例年のように7月中旬まで梅雨だったら気が滅入ります。
    明日は大阪城へ行く日ですが一日雨の予報です。
    小雨になったタイミングで出かける予定ですが、
    名前を呼んだら茂みから出て来てくれる姿に癒され、
    ついつい通ってしまいます。一種の病気ですな。
    愛知県も感染者が増えているようなので、
    お互い頑張って乗り越えましょうね!

    kayo
  • sanaboさん 2021/05/14 02:24:02
    明治&大正ロマンの薫り溢れる街並み
    kayoさん、こんばんニャ

    門司ってこんなにもレトロ建築の宝庫だったんですね~
    かつては外国航路の拠点、貿易港として栄えたそうですけど
    風格ある旧大阪商船の建物や旧門司税関の建物からも
    そんな様子が窺えました。
    現役の駅舎として国の重要文化財に指定されてるのは東京駅と
    この門司港駅だけだそうで、凄く納得!
    大正ロマンな外観はもちろんのこと、天井が高くて雰囲気あるスタバに
    思わず旅情を誘われてしまいました♪
    旧門司三井倶楽部にアインシュタイン夫妻が泊まられたという
    エピソードは、海外へ行けない今、ちょっとした楽しいサプライズ!
    再現されたお部屋を拝見しながら、100年ほど前の門司の繁栄ぶりが
    どんなだったのだろうかと思いを馳せました。
    この日も好天に恵まれ、門司港レトロ展望室からは素晴らしい絶景☆彡
    レトロな建物はオフィスビルかと思ったら高層マンションなのですね~
    最後に門司の名物、焼きカレーと地ビールで〆られ、帰りは新幹線で
    お腹も心も満たされてのご帰宅で、大満足なご旅行でしたニャ(=^・^=)
    良いタイミングで出かけられ、kayoさんがリフレッシュされた
    ご様子を嬉しく思いながら旅行記を楽しませていただきました♪
    引き続き、お元気でお過ごし下さいね!

    sanabo



    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/14 20:39:13
    Re: 明治&大正ロマンの薫り溢れる街並み
    sanaboさん、今晩ニャ~(=^・^=)

    帰ってきてから一カ月半経ちますが、
    もうどこかへ行きたくてウズウズ。
    緊急事態宣言下はおとなしくしておりますが、
    こんなんで本当にオリンピック開催するの?っと思っちゃいます。

    移築されたものもありますが、オリジナルを修復されて
    当時の姿を復元された建物まで、
    共通点は門司港の当時の繁栄が背景にあり、
    初めて門司港の歴史と触れることが出来ました。
    北九州のイメージって今まで工業地帯のイメージしかなくって、
    観光に舵を切られた北九州市のご努力にもあっぱれでした。

    入ってはいませんが大宰府にもお洒落なスタバがあり、門司港にも。
    最近スタバはコンセプトを持ったお店作りをされているっぽいですね。
    ご当地B級グルメが大好きなので
    門司港でしか食べられない焼カレーは良い思い出となりました。
     
    コロナの第三波と第四波の間を縫ってサクッと行ってきましたが、
    いつ感染爆発が始まるか読めない今、先の予定は全くありません。
    梅雨も今年は早く始まるようで良い気候の時期を逃しそうで残念。
    また暫くは自宅で妄想ごっこして、
    全国の感染者が下がることを祈るのみです。
    sanaboさんも気を付けて、日々お過ごしくださいね!

    kayo
  • るなさん 2021/05/13 22:03:08
    観光目線の福岡
    kayoちん、まいど~

    いやぁ懐かしい門司の街歩き♪
    雨女のkayoちんもこのところ晴れに恵まれてるじゃん(笑)
    私が門司に行った時は雨女通り越して悪天候女の娘とだったので、見事に雨でした(爆)
    そうそう、バナナの叩き売りの発祥の地なんだよね。こんなん発祥の地とかあるんかい?って思ったっけ。

    クラシカルな洋館が立ち並んでいていい雰囲気だよね。
    福岡も色んな顔があるんだなぁなんて思ったっけ。ってまぁろくに福岡観光したことないねんけど(;^ω^)
    kayoちんの福岡旅で楽しませてもらったよ~♪
    この前も話したけど、大都市は飛行機も安くてばんばん飛んでるから、今度は観光目線で福岡行ってみるかな?って思ってみたりしてます。

    イタリアが日本からの観光客も受け入れるとあったけど、安心して行けるにはまだまだ時間がかかるよね。はぁ...

    るな

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/14 01:06:43
    Re: 観光目線の福岡
    るなちん、毎度~☆

    るなちんの時の門司港は雨だったっけ?
    素敵な街並みの印象と娘同伴旅だったのは記憶にあるけど、
    お嬢さん、私以上の雨女って笑っちゃう。
    この旅、実は1週間前に予約して週間天気予報で大きな崩れがない事を
    確認してたからちょっとズルやねん。
    バナナの叩き売りって言葉は知ってたけど、
    当時の門司港ではよほど早く台湾バナナを売りさばきたかったのかも?
    未だに海外でもバナナの叩き売りは見たことないな。

    関東からだったらやっぱり飛行機なんやろね。私が東北へ行く感覚?
    ちょっと前までは海外一人旅はOK、
    でも国内一人旅って寂しい~っと思ってたけど、
    段々板について来て一人旅でも十分楽しめるやんって。
    自分の好きな時に好きな所へ行ける自由さ。
    コロナ禍で友達と先の予定を立てても、
    結局感染者が増えてキャンセルになっちゃうんで、
    暫くは一人旅で感染者が減ったらGO!になりそう。

    観光で成り立っているようなイタリアだから経済的に大変さが分かる~。
    ワクチン接種証明とかいるんとちゃうの?
    海外へ行けても日本へ帰ってからの2週間自宅隔離政策を撤廃しない限り、
    やっぱり海外へは行けないな~。
    欧米でのアジア人に対してのヘイトクライムが恐ろしいから、
    行けても先ずはアジアがスタートになりそう。
    本当は相棒のいるイスラエルへ一番先に行きたかったけど、
    パレスチナとのドンパチが始まったから暫くは無理そう。
    国内旅行をちょこちょこ楽しみながら、海外への夢を見続けることに…。

    kayo
  • 川岸 町子さん 2021/05/13 14:01:36
    旅の終わりに
    kayoさん、こんにちは(*^^*)

    こんなにも様々な西洋建築やれ撮る建築があるのですね。
    かつては小学校の社会で習った北九州工業地帯で栄え、海運業で開けた歴史がありありと伝わってきます!
    立派な建築物の連続にビックリ~(@_@)
    税関や郵便通信など、官公庁の建物が堂々としてますね。
    それほど需要があり、街の勢いがあり、にぎやかだったのでしょうね。
    しかも内部までしっかり残されていて、特に大連好記念館のエントランスの床のタイルが可愛いです。
    小樽も海運業で栄えレトロ建築が残っているけど、これほど堂々としていなくて、こじんまりなので、雰囲気が異なります。
    門司と小樽、いい意味で違いが面白いなと感じます。

    その後の「こちらこそ本物のレトロ感いっぱいの商店街」、仰るように時間が止まったかのよう。
    これからどうやって残っていくのか、気になります。

    昨年の旅の思い出に浸りながらの帰途、そんな旅もいいですね(*^^)v
    そして最後に、ありがとうってメッセージを伝えておられ、素敵です。
    海外では帰国時に「ありがとう」ってよく思うのに、国内では、そこまで思えないものです。
    心もお腹も膨れ、沢山歩かれましたね。
    旅がくれるエネルギーは大きいと改めて思います!

    インド、ネパール方面からの入国制限がようやく始まり、現地でチャイを飲めるのはいつになるのやら(涙)
    日々の生活、どうぞお気をつけ下さい!
    そしてまたのお出かけを楽しみにしています(*^▽^*)
                町子

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/13 22:04:28
    Re: 旅の終わりに
    町子さん、今晩は~☆

    小樽へは行った事がないので私には比較が出来ないのですが、
    運河沿いにレンガ造りの倉庫街がある街ですよね。
    4トラでは何度も目にしていますが、いつか行ってみたい街です。
    大阪も実は沢山のレトロ建築が残っていて、今も現役で商業ビルとして
    利用されています。ただ門司港のレトロ建築より見劣りしますし、
    街中にポツポツ建っていて、門司港の解放感とは大きな違いです。
    こんな立派な建物群を建てられた当時の門司港、
    当時の賑わいが想像できますよね。
    バナナの叩き売りなんかもあったりして。

    あの昭和レトロの商店街、中にはこじゃれたお店もありましたが、
    営業されているお店はどこも高齢者経営で後継ぎ問題もありそうですね。
    暫くはどこへも行く予定がないので
    大阪の昭和レトロの商店街歩きでもしようかな~なんて。

    即席で作った今回の福岡旅、
    猫島メインで癒しの旅をしたくって決行しましたが、
    思っていた以上に癒されて帰ってきました。スッキリしたってな感じ。
    福岡は以前素通りして悪いことしたなっと罪悪感を感じ、
    今回お天気にも恵まれ楽しい旅行が出来て、福岡様々に。
    これでまた暫く自粛生活が出来そうだと思えました。

    インドやネパール、えらい事になってますね。
    相棒がいるイスラエルもドンパチが始まって、
    コロナがあちらは終息に近づいていたのに、今度は戦争?
    コロナが終わって海外へ行けるようになったら、
    まずはイスラエルへ相棒に会いに行こうっと思っていましたが、
    この先どうなることやら?

    大阪は感染者がピークアウトしたようで、
    会社の感染者も7日以降出ていないので、とりあえずホッと。
    町子さんもくれぐれも気を付けて、日々お過ごしくださいね!
    kayo
  • ネコパンチさん 2021/05/12 22:24:18
    ホンモノのレトロ♪
    kayoさん、こんばんニャ~

    門司港!
    私、3回も行ってるのに、今まで何を見ていたんだろう!?
    それぞれ、人に案内されての見学だったり
    時間不足だったりでしたが
    勿体ない見方だったことがよくわかりました。
    藍島とセットで必ず行かなくちゃ~!

    日本には数少ない、終着駅型の門司港駅。
    当時の面影を甦らせてくれたことに感謝しかないです。
    ここだけで1時間は撮影できそうだわ♪
    港周りのレトロ建築だけでも充分楽しめますね。

    でも観光スポットではない
    本物の昭和レトロな商店街や
    花街の面影を宿す清滝地区の方が
    より魅力的に見えるから不思議なものだわ~、と。
    不審者と間違われるってわかる気が(^◇^;)
    地元の人からしたら、見慣れない人が
    写真撮ってるだけで理解不能なんでしょうね。

    仕事をしながらの旅は、限られた時間を
    お金で買うことになるのは仕方ないこと。
    でも各駅停車の旅がもたらしてくれる旅情もまた
    抗しがたい魅力がありますね。
    帰りのこだまで、それまでの旅に想いを馳せていた心情、
    胸に迫るものがありました。
    次の旅はいつ実現できるかわかりませんが
    お互い希望だけは持ち続けていたいですニャ(=^・^=)

    ネコパンチ

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/13 21:28:33
    Re: ホンモノのレトロ♪
    ネコパンチさん、今晩ニャ~(=^・^=)

    ネコさん、門司港へは3度も行ってらっしゃったんですね。
    確かご親戚が福岡にいらっしゃったとか。
    今回の旅、一週間前に決めたので全く予習する時間がなく、
    駅でゲットしたウォーキングマップを見ながら歩きました。
    いつものことなんですが…(汗)
    小倉で一泊したら余裕で藍島と門司港はセットで周れますよ~。

    ネコさんのカメラワークだと
    きっともっと素敵に撮れるんだろうな~。
    ネコさんの写真には全然近づけませんが、
    美しい写真を見ては勉強させてもらっています。

    清滝の辺は映画かドラマのロケ地になったそうで、
    時折ファンが聖地を拝みに来られるらしいのですが、
    芸能音痴の私には何のロケ地になったのかさっぱり。
    不審者に声を掛ける!防犯意識高いですね~。
    私なんてどう見ても観光客にしか見えないのに…。
    門司港レトロといえばハイカラなレトロ建物をイメージしますが、
    すたれた昭和の商店街も中々いい味を出していました。

    大阪の感染者はピークを越えたようでこのまま収まって欲しいのですが、
    今回訪れた福岡、昨年行った広島や岡山も
    感染者がメチャクチャ増えていて、気になります。
    とりあえず今は月末で緊急事態宣言が終わってくれる事を望むだけ。
    また遊びに行きたいんですが、梅雨に入りそうだし、
    夏の暑いのは苦手なので暫くは大阪からは出る予定なしです(泣)

    コロナから脱却できた相棒がいるイスラエルが今度は戦争?
    相棒のいるテル・アヴィヴにもロケット砲が撃ち込まれているようで、
    ちょっと心配です。
    kayo
  • バモスさん 2021/05/12 16:50:23
    門司港☆
    kayoさんへ

    こんばんニャ~☆
    門司港駅は重要文化財だったんですね。
    私が訪れた際は改修中で足場上から駅構内を眺めてました。
    図書館も行きました~
    またロバート秋山さんのお父様の飲食店や焼きカレー屋へ行こかと迷いましたが
    結局ラーメン屋さんへ(*^_^*)
    レトロ館の猫ちゃん可愛らしいです(=^・^=)
    ありがとうございました。
                        バモス

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/13 02:07:42
    Re: 門司港☆
    バモスさん、今晩ニャ~(=^・^=)

    門司港駅は2019年に修復工事が完了と知ったので、つい最近ですよね。
    私も海外の教会で足場の修復中には何度も出くわしましたので、
    いざ完成となった教会を見てもあまりピンとこなかったのですが、
    海外の教会よりは足場の期間が短いようですね。

    芸能人に疎い私ですが上戸彩ぐらいは知っていました。
    でも「ロバート秋山?」ってと検索したらテレビでおなじみの芸人。
    もう名前と顔が一致せず、やば過ぎ~。
    会社で「三浦春馬が自殺!」って話題になった時、
    「誰それ?」っと反応してメッチャ引かれたほど芸能音痴です。
    私もこの旅ラーメンで締めかな?っと思いましたが、
    初日に昼夜とラーメンを立て続けに食べてしまい、
    最後の福岡飯は焼カレーとなりました。

    kayo
  • cheriko330さん 2021/05/12 10:15:59
    素敵なレトロ街歩き*:..。o♬*゚
    kayoさん、おはよ~(^^♪

    門司港レトロ編は、同じ日に行っていて楽しみにしていました。私の分は、
    別の日に行った門司港レトロ編ですが、今日、明日にもアップしようと
    思っていました。こんなに素敵な旅行記を見せられたら、お蔵入りを(笑)
    以前から写真がお上手で、今回も素敵でとってもきれい✨なかなか行か
    ない場所も網羅されていますね。
    殆ど同じところに行っていますが、知らないところも、色々ありました。
    門司電気通信レトロ館まで行かれてビックリ。さすがkayoさんだと、
    感心しきりです。
    この日は、お天気に恵まれて、人もそんなに混んでいなくて良かったです
    よね。日曜日は、やはり混みます。
    バラのような椿がとってもきれい☆°。ディープな街歩き、門司も坂道が
    多いようです。門司港っていえば焼きカレーですね。上戸彩さん、お気に
    入りのお店は、先日テレビでも見ましたよ。

    「こだま」って流線形で、こんなにカッコいいのですね。この値段なら
    のぞみ、みずほの早割の半額で私も乗っちゃいます。バスより楽ですね。

    ちょうど良い時期に福岡を楽しめていただけて、本当に良かった。
    来て下さって、ありがとうございました。

     cheriko330

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/13 01:36:07
    Re: 素敵なレトロ街歩き*:..。o♬*゚
    cheriko330さん、今晩は~☆

    私からすると地元の人が見る門司港も興味があるので、
    是非是非cheriko330さんが見た門司港も見てみたいです。
    この日は平日でどこも空いていて良かったです。
    やっぱりコロナ禍では人の多さが気がかりでしたが、
    この福岡旅、太宰府以外はどこも空いていました。
    お天気も快晴過ぎて
    私のようなスマホ撮りの人には向きによっては逆光で暗い写真に。
    時間を変えて門司港駅などへ再度撮影を試みましたが、
    時間帯を変えてもやっぱり暗かった~(汗)
    それでも雨よりはずっと気分的にスカ~っとして、
    いつもの雨の中を歩く私にとれば気分爽快の福岡旅でした。
    後半の商店街や清滝エリアは時間が余っちゃって、
    でも関門トンネルへ行くほどの時間はなかったので、
    近場でブラブラしました。おしゃれスポット以外の
    ディープな門司も見れてこれはこれで収穫ありでした。
    上戸彩さんおすすめの焼カレー屋さんは有名店だったんですね。
    私はこういうお店情報には疎い人間でいつも現地の人に尋ねる事に…。

    新幹線の切符はJRからではなく旅行代理店(近畿日本ツーリスト)の
    サイトで見つけました。飛行機でいう格安航空券のばら売りでしょうか?
    切符を自宅へ郵送して頂けるので便利だと普通は思うのですが、
    私がこの旅を決めたのは一週間前で、
    切符が自宅へ届いたのは出発の前日でちょっと焦りましたが、
    無事手元に届き、帰りは楽々新幹線で帰宅できました。
    JRもお客さんが減って悪戦苦闘されているのが手に取って分かりました。

    国内で同じ県で4日も遊ぶことって
    今まで北海道のスキー合宿以外なかったのですが、
    この福岡旅、猫ちゃんを始めあっちこっちで癒されっぱなしで、
    メチャクチャ満喫できました。
    緊急事態宣言の合間を見はからって行ってしまった福岡ですが、
    その後福岡も大阪と同じように宣言下に入り悲しいです。
    この旅行記中、大阪の感染者が急激に増えだした頃だったので、
    大阪へ帰るのが怖かったぐらいでしたが、
    今は慣れちゃって至って普通の自粛生活です。
    来年の今頃は普通の生活に戻っていたらいいのにニャ~(=^・^=)

    kayo
  • ドロミティさん 2021/05/12 10:10:35
    ノスタルジックな門司港♪ .
    kayoさん、おはようニャー(=^・^=)

    好天に恵まれてコロナ禍のタイミング的にもラッキーな旅でしたね。
    やはり好機逸すべからずだわぁ☆彡

    大正ロマンを感じる門司港駅の佇まい素敵です!
    天井が高くて懐かしい雰囲気のするスターバックスで熱々のコーヒーを
    ゆっくり味わいたくなりました。

    門司港って船や鉄道の九州の玄関口かと思っていたら、レトロ建築の建物
    が溢れる大人な魅力たっぷりの街なのですね~(@_@)!
    重厚でお洒落なレンガ造りの建物などからは明治、大正、昭和と賑わった
    様子が想像できました。
    門司港を見下ろす景色も素晴らしかった。ホントに絶景(^_-)-☆

    kayoさんの最後のコメントにすべてまとめられているけど、コロナ禍中に
    メッチャ楽しんだ旅、私も猫ちゃんに癒されて九州のお花見もできて
    家に居ながらにして旅の雰囲気を味わわせていただきましたヽ(^o^)丿

                            ドロミティ

    kayo

    kayoさん からの返信 2021/05/13 00:00:46
    Re: ノスタルジックな門司港♪ .
    ドロミティさん、今晩ニャ~☆

    本当に今から思えばこの時に遊びに行けて良かった~っと
    思っています。今は徒歩圏2キロ以内の行動範囲です(泣)
    緊急事態宣言中はおとなしくしています。
    福岡も緊急事態宣言の仲間入りとなり、ちょっと悲しいです。

    海外へ行けない分、
    欧風建築、日本では大正ロマンなレトロ建築で我慢我慢。
    日本の場合建築だけが残っていて、バックは高層ビルなんて所が
    なんちゃって~なんですが、これはこれで新発見でした。
    私の勤務先近くの大阪でもレトロ建築はてんこ盛りありますが、
    海に面した門司港はゴミゴミしておらず、
    開放的で旅行へ来た~って気分を盛り上げてくれました。

    最後のコメントがこの旅のまとめ。本当に色んなシーンに出会えて、
    コロナ禍で少しでもハッピーな気分を味わせてもらえて、
    福岡県には感謝感謝です!以前は素通りだった福岡県でしたが、
    ごめんなさい!っと思いました。
    大阪の感染者がピークを越えたようなのですが、まだまだ安心できず。
    緊急事態宣言が明けたら
    また近場でもいいから遊びに行きたいな~っと思っています。

    kayo

kayoさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

門司・関門海峡の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集