テルアビブ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1ヶ月の有休でひとり旅。<br />行き先も決まらずに準備期間5日、準備期間がなくてもとっても楽しかったよ~という旅行記です。<br />自分用の記録と同じ地域にいく人への参考になれば幸いです。<br /><br />旅も残すところテルアビブだけとなりました。<br />テルアビブはビーチやアーバンライフを楽しむような場所なのかなと思ったので、日本への帰国日の前日にエルサレムから移動、余った時間で大きめのモールにでも行って、都市で買うことが適していそうなお土産(サボンやラリンといったイスラエルコスメグッズや大型スーパーで買えそうなもの)を買って、早めにホテルに戻って、翌日の帰国に備えるつもりでした。<br /><br />そのつもりで目をつけていたのが、鉄道のハ・シャロームすぐのアズエリセンターです。<br />ここは地球の歩き方には載っていませんでしたが、トラベロコのロコの方に情報を頂きました。<br />ハ・シャローム駅付近に素敵且つ手頃なアパートメントを見つけていたし、エルサレムから鉄道で移動すれば大きな荷物を持っていても歩いてアパート、モールに行ける、最終も空港まで鉄道で行けば完璧!と思っていました。<br /><br />が、エルサレム観光最終日、電車の時刻表を調べておこうと思ったら、、、<br />金曜の夕方から安息日が始まるので、帰国便は金曜の日のあるうちにしていたのに、鉄道は金曜は終日運休らしい。。<br />まぁ、当日に知るよりははるかによかったのですが、明日テルアビブに行くのにホテルも決めていない、移動方法も決めていない、明後日は鉄道運休でシャトルバスも見込めないとなると、一気に負担が。。。<br /><br />考えた結果、エルサレム~テルアビブはバスで移動することにしました。<br />エルサレムのバスターミナルまでは路面電車で、テルアビブの宿泊地はウクライナでアパートにした結果不具合が起きてもすぐに部屋を変えられない不便さが忘れられず、ホテルに泊まることにしました。<br /><br />個室で便利そうなダブルベッドがあるところで、リーズナブルなところ、と探して、バスターミナルから徒歩圏内のResidence 26というホテルです。バスターミナルの近くということで旅行客が多そう=治安もそこそこなのでは?と選びました。<br /><br />そして、移動当日。<br />エルサレムのバスターミナルまでは問題なし。バスターミナルでパンとジュースといった軽食も購入でき、バスの当日券も簡単に買えます。1時間に1本くらいの頻度でテルアビブ便も出ています。時間通りに出発、社内には電源もあるし、到着も時間通り。<br /><br />バスターミナルからホテルへの移動。荷物は重いものの、徒歩で移動、Google Mapがあればwifiがなくても迷いません。<br />が、<br />あれれ?<br />イスラエルに入ってから観光客以外の黒人の人ってほとんど見た記憶がないのに、バスターミナルを出てから黒人の人しか見ないな...しかも、皆旅行客ではなさそう...格好もそんなに裕福な感じはしないぞ...?<br />昼間だけどちょっと違和感。。<br /><br />ほどなく、ホテルへ到着。<br />部屋の準備がまだだったので、荷物だけ預けてアズエリセンターへ向かいます。<br />お土産を買う時間もこの数時間しかないですからね。ホテルの人に聞いてバスで向かいました。<br />テルアビブの市バスは、USBコンセントもあって、何とも進んでいる感じ!ひとつ困ったのは、日本でいうパスモ(ラヴ・カヴカード)でないと乗車できないと言うのです。数回しか使用しないだろうとエルサレムでも買わなかったのに、ここで運転手から買う羽目に。。本当にこの1回しか使わなかった。。。<br /><br />アズエリセンターは、商業ビルが3つくらい繋がった感じのモールです。<br />スーパー薬局、ラリン、サボン、AHAVAなど女子の喜びそうなものを買い込んで、荷物が大変な重さになりつつも最終日のただのショッピングを楽しみます。<br /><br />食事はこのモール内のフードコートでNew Deli。別の旅行記で記載しましたが、イスラエル版サブウェイ、イスラエルの食事で一番美味しかった!<br />と、モール内でfree wifiに繋ぐとエルサレムでのガイドさんから翌日の空港までの移動に関するメッセージが。<br />とても親切な方でした。<br /><br />ガイドさんとはテルアビブではアズエリセンター付近のホテルに泊まろうと思っているというような話を事前にしていたので、返信ついでに「結局バスターミナルの近くにしました」と伝えると、「アフリカ系の移民が多い地区で少し前まで危険な地域でした。最近は取り締まりを強化しているので少しましになっているはずですが、夜の一人歩きはしないでください」とのこと。一気にびびりました。そして、いろいろ納得。<br />午後の早いうちに買い物も目処がついたし、日のあるうちにホテルに戻ることを誓いました。<br /><br />とはいえ、まだ午後の早い時間。<br />荷物は重いけど、もう一生来ないかもしれないイスラエルの最終日、もうちょっと何か見たいな。<br />ガイドさんが近くのサローナマーケットを教えてくれたので、徒歩で行くことにしました。<br /><br />このサローナマーケット、東京でいうと外苑前や青山のような地区。<br />新しく整備された感があって、緑も多い。おしゃれなカフェやお店が並びます。レストランがたくさん入った建物もあって、見た感じはとっても美味しそうでした。(私はNew Deliのサンドイッチでもう食べれない状態)<br />日本で一時話題だったマックスブレナー(チョコレート)もありました。<br /><br />でも、ネットでちょっと気になっていたジェラート屋さん「アニータ」に立ち寄ります。<br />ここ、すっごく美味しかったです。バナナ、デーツ&ピスタチオを頂きましたが、最高でした。店員さんも感じよくて、おすすめです!<br /><br />荷物が重くてパンパン、お腹も一杯なので、結構早い時間ですが、ホテルに戻ることにしました。<br />バス停まで歩くのもホテルまで徒歩で帰るのも対して変わらなそうだったので、徒歩で帰りました。若干迷ったので、結構歩く羽目になりましたが、これも旅っぽいということで。<br /><br />そんなわけでさんざん歩き倒した今日ですが、ホテルでの夜が長かった。<br />チェックインすると、決しておしゃれではないですが、そこそこ広い半地下の部屋です。窓があるのですが、地上に近い高さに窓があるので、158cmの私は窓に手が届きません。<br />これが空いている。<br />つまり自分で閉められない。<br />ので、ホテルの人に閉めてもらう。<br />しかし、ホテルの人も窓の鍵には手が届かないから、鍵を閉めない。<br />でも、窓の高さは地上の高さ、外から簡単に窓に近づける、カーテンの隙間から部屋に電気がついているかは外から一目瞭然、除こうとすれば部屋の中を除ける環境。ガイドさんの治安の言葉が頭をよぎる。<br />でも、ホテルの人も閉めてくれないし、セキュリティーカメラがあるか大丈夫とか言う。<br /><br />これは、今日眠れないです。メンタル的に。<br />Amazon Primeでできる限り頑張りましたけど、旅行最終日、どうにも眠い。<br /><br />仕方がないので、フォークを握って眠ることに。でも、フォークを持っていることを自分で忘れて自分に指しそうだったので、フォークを持った手を枕の下に。。<br />やっぱり寝れない。<br /><br />目覚ましがなる3時間くらい前、外から侵入可能な窓は1つだったので、そこにガラスのコップを仕掛けて窓が開いたら落ちて割れるようにしました。うまく伝わんないかもしれませんが、この後眠ったので、私的には信用できる仕掛けをしたと言うことで、ご理解ください。。。<br /><br />翌日金曜です。ついにイスラエルを去ります。<br />ホテルの人に金曜の空港への移動方法を相談しましたが、おすすめされたバスはバスターミナルへの移動や時間の不確かさや体力的な問題から断念しました。<br />イスラエル版UberのGettのアプリをダウンロードしていたので、こちらで空港まで行くことに。使い心地はUberと一緒で快適でしたよ。<br /><br />後は日本に帰るだけなのですが、この旅行記を続けて読んでくださった方...最後にモスクワ乗り換えが待っているんです。<br />しかも、アイテナリ上帰国の方が乗り換え時間が短いんです。1時間20分!<br /><br />トランジットが厳しいことをわかっていながら前日のチェックインでは後ろの方の席を選択(隣が空いている可能性が高い席)、<br />飛行機がモスクワに着陸したらフライング気味に降りる、<br />飛行機を降りた瞬間から一切気を抜かずに走り続ける、<br />セキュリティーチェックは係員、他のお客さん含め回りにボーディングタイムが近いアピール<br />(この時は係りの人の方から東京便乗り換えの人を探していました)、<br />チェック後も更に走り続ける<br /><br />これで間に合いました。ここまでがんばってオンタイムです。<br />乗船して緊張の糸が切れ、深い眠りに落ちたのでした。<br /><br />長らくお読みいただきありがとうございました。<br />私の失敗と成功を踏み台に、新しい旅人が旅を続けてくれたら嬉しいです。<br />

★個人手配★ バルト3国~ウクライナ~イスラエル~パレスチナ 13.テルアビブ~帰国編

6いいね!

2019/11/07 - 2019/11/23

62位(同エリア104件中)

Alexさん

1ヶ月の有休でひとり旅。
行き先も決まらずに準備期間5日、準備期間がなくてもとっても楽しかったよ~という旅行記です。
自分用の記録と同じ地域にいく人への参考になれば幸いです。

旅も残すところテルアビブだけとなりました。
テルアビブはビーチやアーバンライフを楽しむような場所なのかなと思ったので、日本への帰国日の前日にエルサレムから移動、余った時間で大きめのモールにでも行って、都市で買うことが適していそうなお土産(サボンやラリンといったイスラエルコスメグッズや大型スーパーで買えそうなもの)を買って、早めにホテルに戻って、翌日の帰国に備えるつもりでした。

そのつもりで目をつけていたのが、鉄道のハ・シャロームすぐのアズエリセンターです。
ここは地球の歩き方には載っていませんでしたが、トラベロコのロコの方に情報を頂きました。
ハ・シャローム駅付近に素敵且つ手頃なアパートメントを見つけていたし、エルサレムから鉄道で移動すれば大きな荷物を持っていても歩いてアパート、モールに行ける、最終も空港まで鉄道で行けば完璧!と思っていました。

が、エルサレム観光最終日、電車の時刻表を調べておこうと思ったら、、、
金曜の夕方から安息日が始まるので、帰国便は金曜の日のあるうちにしていたのに、鉄道は金曜は終日運休らしい。。
まぁ、当日に知るよりははるかによかったのですが、明日テルアビブに行くのにホテルも決めていない、移動方法も決めていない、明後日は鉄道運休でシャトルバスも見込めないとなると、一気に負担が。。。

考えた結果、エルサレム~テルアビブはバスで移動することにしました。
エルサレムのバスターミナルまでは路面電車で、テルアビブの宿泊地はウクライナでアパートにした結果不具合が起きてもすぐに部屋を変えられない不便さが忘れられず、ホテルに泊まることにしました。

個室で便利そうなダブルベッドがあるところで、リーズナブルなところ、と探して、バスターミナルから徒歩圏内のResidence 26というホテルです。バスターミナルの近くということで旅行客が多そう=治安もそこそこなのでは?と選びました。

そして、移動当日。
エルサレムのバスターミナルまでは問題なし。バスターミナルでパンとジュースといった軽食も購入でき、バスの当日券も簡単に買えます。1時間に1本くらいの頻度でテルアビブ便も出ています。時間通りに出発、社内には電源もあるし、到着も時間通り。

バスターミナルからホテルへの移動。荷物は重いものの、徒歩で移動、Google Mapがあればwifiがなくても迷いません。
が、
あれれ?
イスラエルに入ってから観光客以外の黒人の人ってほとんど見た記憶がないのに、バスターミナルを出てから黒人の人しか見ないな...しかも、皆旅行客ではなさそう...格好もそんなに裕福な感じはしないぞ...?
昼間だけどちょっと違和感。。

ほどなく、ホテルへ到着。
部屋の準備がまだだったので、荷物だけ預けてアズエリセンターへ向かいます。
お土産を買う時間もこの数時間しかないですからね。ホテルの人に聞いてバスで向かいました。
テルアビブの市バスは、USBコンセントもあって、何とも進んでいる感じ!ひとつ困ったのは、日本でいうパスモ(ラヴ・カヴカード)でないと乗車できないと言うのです。数回しか使用しないだろうとエルサレムでも買わなかったのに、ここで運転手から買う羽目に。。本当にこの1回しか使わなかった。。。

アズエリセンターは、商業ビルが3つくらい繋がった感じのモールです。
スーパー薬局、ラリン、サボン、AHAVAなど女子の喜びそうなものを買い込んで、荷物が大変な重さになりつつも最終日のただのショッピングを楽しみます。

食事はこのモール内のフードコートでNew Deli。別の旅行記で記載しましたが、イスラエル版サブウェイ、イスラエルの食事で一番美味しかった!
と、モール内でfree wifiに繋ぐとエルサレムでのガイドさんから翌日の空港までの移動に関するメッセージが。
とても親切な方でした。

ガイドさんとはテルアビブではアズエリセンター付近のホテルに泊まろうと思っているというような話を事前にしていたので、返信ついでに「結局バスターミナルの近くにしました」と伝えると、「アフリカ系の移民が多い地区で少し前まで危険な地域でした。最近は取り締まりを強化しているので少しましになっているはずですが、夜の一人歩きはしないでください」とのこと。一気にびびりました。そして、いろいろ納得。
午後の早いうちに買い物も目処がついたし、日のあるうちにホテルに戻ることを誓いました。

とはいえ、まだ午後の早い時間。
荷物は重いけど、もう一生来ないかもしれないイスラエルの最終日、もうちょっと何か見たいな。
ガイドさんが近くのサローナマーケットを教えてくれたので、徒歩で行くことにしました。

このサローナマーケット、東京でいうと外苑前や青山のような地区。
新しく整備された感があって、緑も多い。おしゃれなカフェやお店が並びます。レストランがたくさん入った建物もあって、見た感じはとっても美味しそうでした。(私はNew Deliのサンドイッチでもう食べれない状態)
日本で一時話題だったマックスブレナー(チョコレート)もありました。

でも、ネットでちょっと気になっていたジェラート屋さん「アニータ」に立ち寄ります。
ここ、すっごく美味しかったです。バナナ、デーツ&ピスタチオを頂きましたが、最高でした。店員さんも感じよくて、おすすめです!

荷物が重くてパンパン、お腹も一杯なので、結構早い時間ですが、ホテルに戻ることにしました。
バス停まで歩くのもホテルまで徒歩で帰るのも対して変わらなそうだったので、徒歩で帰りました。若干迷ったので、結構歩く羽目になりましたが、これも旅っぽいということで。

そんなわけでさんざん歩き倒した今日ですが、ホテルでの夜が長かった。
チェックインすると、決しておしゃれではないですが、そこそこ広い半地下の部屋です。窓があるのですが、地上に近い高さに窓があるので、158cmの私は窓に手が届きません。
これが空いている。
つまり自分で閉められない。
ので、ホテルの人に閉めてもらう。
しかし、ホテルの人も窓の鍵には手が届かないから、鍵を閉めない。
でも、窓の高さは地上の高さ、外から簡単に窓に近づける、カーテンの隙間から部屋に電気がついているかは外から一目瞭然、除こうとすれば部屋の中を除ける環境。ガイドさんの治安の言葉が頭をよぎる。
でも、ホテルの人も閉めてくれないし、セキュリティーカメラがあるか大丈夫とか言う。

これは、今日眠れないです。メンタル的に。
Amazon Primeでできる限り頑張りましたけど、旅行最終日、どうにも眠い。

仕方がないので、フォークを握って眠ることに。でも、フォークを持っていることを自分で忘れて自分に指しそうだったので、フォークを持った手を枕の下に。。
やっぱり寝れない。

目覚ましがなる3時間くらい前、外から侵入可能な窓は1つだったので、そこにガラスのコップを仕掛けて窓が開いたら落ちて割れるようにしました。うまく伝わんないかもしれませんが、この後眠ったので、私的には信用できる仕掛けをしたと言うことで、ご理解ください。。。

翌日金曜です。ついにイスラエルを去ります。
ホテルの人に金曜の空港への移動方法を相談しましたが、おすすめされたバスはバスターミナルへの移動や時間の不確かさや体力的な問題から断念しました。
イスラエル版UberのGettのアプリをダウンロードしていたので、こちらで空港まで行くことに。使い心地はUberと一緒で快適でしたよ。

後は日本に帰るだけなのですが、この旅行記を続けて読んでくださった方...最後にモスクワ乗り換えが待っているんです。
しかも、アイテナリ上帰国の方が乗り換え時間が短いんです。1時間20分!

トランジットが厳しいことをわかっていながら前日のチェックインでは後ろの方の席を選択(隣が空いている可能性が高い席)、
飛行機がモスクワに着陸したらフライング気味に降りる、
飛行機を降りた瞬間から一切気を抜かずに走り続ける、
セキュリティーチェックは係員、他のお客さん含め回りにボーディングタイムが近いアピール
(この時は係りの人の方から東京便乗り換えの人を探していました)、
チェック後も更に走り続ける

これで間に合いました。ここまでがんばってオンタイムです。
乗船して緊張の糸が切れ、深い眠りに落ちたのでした。

長らくお読みいただきありがとうございました。
私の失敗と成功を踏み台に、新しい旅人が旅を続けてくれたら嬉しいです。

旅行の満足度
4.0
ホテル
1.0
グルメ
3.0
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
アエロフロート・ロシア航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • エルサレム~テルアビブの高速バスの中

    エルサレム~テルアビブの高速バスの中

  • 上にUSBケーブルのコンセントが

    上にUSBケーブルのコンセントが

  • エルサレムのバスターミナルで買ったシナモンロールとクリームチーズのパン おいしい

    エルサレムのバスターミナルで買ったシナモンロールとクリームチーズのパン おいしい

  • テルアビブ市内の市バス アズエリセンター行き

    テルアビブ市内の市バス アズエリセンター行き

  • 市バスにもUSBケーブルのコンセントが

    市バスにもUSBケーブルのコンセントが

  • アズエリセンターだと思う…

    アズエリセンターだと思う…

  • サローナ地区は緑が多くて犬の散歩とかとにかく平和

    サローナ地区は緑が多くて犬の散歩とかとにかく平和

  • アニータのジェラートは是非行ってほしい

    アニータのジェラートは是非行ってほしい

  • テルアビブのバスターミナルの近くのホテル Residence26

    テルアビブのバスターミナルの近くのホテル Residence26

  • 簡易キッチンつき

    簡易キッチンつき

  • シャワーブース

    シャワーブース

  • 洗面所

    洗面所

  • 無事日本へ

    無事日本へ

  • とにかくちゃんと帰りたい

    とにかくちゃんと帰りたい

  • と思いながらしっかりご飯は食べる

    と思いながらしっかりご飯は食べる

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イスラエルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イスラエル最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イスラエルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP

ピックアップ特集