エルサレム旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1ヶ月の有休でひとり旅。<br />行き先も決まらずに準備期間5日、準備期間がなくてもとっても楽しかったよ~という旅行記です。<br />自分用の記録と同じ地域にいく人への参考になれば幸いです。<br />旅行中とにかくお天気に恵まれず、写真がグレーがかっていますが、肉眼では曇り空でもとっても美しかったですよ!<br /><br />ウクライナを出発、8年くらい行きたくて行けなかったイスラエル、パレスチナです。<br />やっと天気も晴れました!<br /><br />まずはイスラエルのテルアビブ空港へ。<br />飛行機ではイスラエル人?がほとんどの様子。遅れてきたユダヤ人(格好で判断)の数名(何組かの家族っぽい)は、遅れて乗船したのに荷物を出したり入れたり、場所を入れ換えたり、別のグループは高校生くらいかな、20人くらいの女子グループは機内で大騒ぎ、ん、なんか思ってた感じと違う。。たまたまこの人たちだけ?<br /><br />パレスチナに関連する仕事をしていたとき、その玄関となるテルアビブの入国/出国審査は大変、特に20~30代のひとりの人は別室で2時間、スーツケースにパレスチナに行った形跡があったりすると大変。。。と聞いていたのですが、それももう昔の話のようです。<br /><br />入国審査でどこに行くのか聞かれた際は「テルアビブ&エルサレム」と答え、もうびっくりするくらいするっと入国できました。話には聞いていましたが、本当、ヨーロッパの空港みたい。<br />テルアビブは「都会」で他の国の大都市とあまり変わらなさそうと勝手に判断し、出国日の前の日だけ滞在することにして、他はすべて聖地エルサレムで過ごすことにしました。<br /><br />全く現金を持っていなかったので、ATMで下ろしたかったのですが、数台トライしても下ろせない。<br />諦めて持っていたユーロを換金しました。<br /><br />テルアビブからエルサレムは、乗り合いバス(シャトルバス)で移動です。空港を出たところで客引きをしていて(カオス感はありません)、人数が集まったら出発するタイプです。運転手のおじさんにホテルの住所も見せて、それぞれのホテルまで送ってくれます。<br /><br />料金は先払い、ん?お釣りがあるはずなのにくれないぞ?、バルト3国とウクライナでチップを要求されない/ベッド際に置いておいても部屋は綺麗になっていてもチップは残っているという日々だったので、チップの感覚がなくなっていました。<br />スーツケースも預けているし、その分と考えればおかしくない金額だったので、まぁ良しとします。<br /><br />シャトルバスでは子供ちゃんが気持ち悪くなってしまうというハプニングもありつつ、とりあえずホテル付近で降ろされる。ホテルの前ではなかったので、ホテルを探すのに少し迷う。。<br /><br />ホテル選びは結構難航しました。<br />まず、観光客が行く場所は旧市街です。旧市街はスークのような場所でお店や教会などの宗教施設がぎゅうぎゅうに詰まっています。観光には便利ですが、区域によっては治安に不安があったり、旧市街なのでトイレなどの排水施設が古い等のネット情報があったので、新市街に泊まることにしました。<br /><br />旧市街から新市街には路面電車が走っており、綺麗だし観光客も使いやすいです。<br />PASMOのようなICカードを皆使用していますが、私は何回も乗る予定はないので1回ずつ駅の券売機でチケットを購入していました。<br /><br />結局、エルサレムは新市街のBen Hilled Boutique Hotelにしました。<br />Booking.comで、約44,220円(4泊5日)。ダブルベッド、朝食なし。<br /><br />路面電車のYafo Center駅から徒歩5分ほど。夜(と言っても私が出歩いたのは20:30くらいまで)も不安は感じませんでした。<br />これまでホテル代は5,000円以下で結構素敵な場所ばかりだったので、このホテルはその倍の料金ですが、おしゃれからとても遠い感じ。虫とかはいないので我慢はできますが、アメリカの大学の寮を思い出しました。でも、相部屋やバスルームの共用を避けて予算は1泊10,000円くらいにしたかったし、仕方がないですね。<br /><br />ホテルと言ってもこぢんまりしていて、部屋は7部屋くらいかな、全て同じ階です。ドライヤーは廊下に2台置いてあって、お客さんで共用。一度お風呂タイムが重なったようで、ドライヤーが見当たらず、フロントに声をかけたら各部屋を回って探してくれました。<br /><br />フロントは24時間有人ではないですが、英語も通じるし親切な人だったと思います。夜~朝にかけて帰ってしまうのですが、無人の間はエントランスの鍵がかかります。エントランス外にタッチパネルが設置してあり、対応は可能なようです。エントランスの中にもタッチパネルはあり、何かあれば呼びだせるようです。<br /><br />ホテルはウクライナについてから決めたし、探せるなかではベストだったと思っています。<br /><br />ホテルを見てもイスラエルの物価の高さを感じていただけると思いますが、食事も!<br />私も社会人長いので、サービスが良かったり味が美味しければそれに見合う料金を支払う心は持っているんです(毎日じゃないし)。値段と質が釣り合わず、且つ日本と同じかそれ以上の金額を要求されるので、うーむとなってしまう。<br />これは割りきるしかないですね。<br /><br />美味しかったものの方が少ないので、挙げておくと、<br /><br />■菓子パン<br />街中に結構パンやさんがあります。特別美味しいわけではなかったけれど、レストランの食事より美味しかったです。クリームチーズの入ったパンとか。朝食用に買っていました。これはたぶん安かったはず。<br />エルサレム~テルアビブまでバス移動した時のバスターミナルにもパン屋はありました。ここも美味しかったです。<br /><br />■New Deli<br />サブウェイ的なサンドイッチ屋さんで、エルサレム、テルアビブどちらでも多く見かけました。ここ、おいしい!<br />イスラエル滞在中全てここにすればよかったと思うくらい。写真ものせておきますが、特大サンドイッチ(イスラエルっぽいメニューもある)が、1,000円以内で食べれる。<br />ホテルの近くにもありました。<br />

★個人手配★ バルト3国~ウクライナ~イスラエル~パレスチナ 10.イスラエル入国編

11いいね!

2019/11/07 - 2019/11/23

226位(同エリア530件中)

Alexさん

1ヶ月の有休でひとり旅。
行き先も決まらずに準備期間5日、準備期間がなくてもとっても楽しかったよ~という旅行記です。
自分用の記録と同じ地域にいく人への参考になれば幸いです。
旅行中とにかくお天気に恵まれず、写真がグレーがかっていますが、肉眼では曇り空でもとっても美しかったですよ!

ウクライナを出発、8年くらい行きたくて行けなかったイスラエル、パレスチナです。
やっと天気も晴れました!

まずはイスラエルのテルアビブ空港へ。
飛行機ではイスラエル人?がほとんどの様子。遅れてきたユダヤ人(格好で判断)の数名(何組かの家族っぽい)は、遅れて乗船したのに荷物を出したり入れたり、場所を入れ換えたり、別のグループは高校生くらいかな、20人くらいの女子グループは機内で大騒ぎ、ん、なんか思ってた感じと違う。。たまたまこの人たちだけ?

パレスチナに関連する仕事をしていたとき、その玄関となるテルアビブの入国/出国審査は大変、特に20~30代のひとりの人は別室で2時間、スーツケースにパレスチナに行った形跡があったりすると大変。。。と聞いていたのですが、それももう昔の話のようです。

入国審査でどこに行くのか聞かれた際は「テルアビブ&エルサレム」と答え、もうびっくりするくらいするっと入国できました。話には聞いていましたが、本当、ヨーロッパの空港みたい。
テルアビブは「都会」で他の国の大都市とあまり変わらなさそうと勝手に判断し、出国日の前の日だけ滞在することにして、他はすべて聖地エルサレムで過ごすことにしました。

全く現金を持っていなかったので、ATMで下ろしたかったのですが、数台トライしても下ろせない。
諦めて持っていたユーロを換金しました。

テルアビブからエルサレムは、乗り合いバス(シャトルバス)で移動です。空港を出たところで客引きをしていて(カオス感はありません)、人数が集まったら出発するタイプです。運転手のおじさんにホテルの住所も見せて、それぞれのホテルまで送ってくれます。

料金は先払い、ん?お釣りがあるはずなのにくれないぞ?、バルト3国とウクライナでチップを要求されない/ベッド際に置いておいても部屋は綺麗になっていてもチップは残っているという日々だったので、チップの感覚がなくなっていました。
スーツケースも預けているし、その分と考えればおかしくない金額だったので、まぁ良しとします。

シャトルバスでは子供ちゃんが気持ち悪くなってしまうというハプニングもありつつ、とりあえずホテル付近で降ろされる。ホテルの前ではなかったので、ホテルを探すのに少し迷う。。

ホテル選びは結構難航しました。
まず、観光客が行く場所は旧市街です。旧市街はスークのような場所でお店や教会などの宗教施設がぎゅうぎゅうに詰まっています。観光には便利ですが、区域によっては治安に不安があったり、旧市街なのでトイレなどの排水施設が古い等のネット情報があったので、新市街に泊まることにしました。

旧市街から新市街には路面電車が走っており、綺麗だし観光客も使いやすいです。
PASMOのようなICカードを皆使用していますが、私は何回も乗る予定はないので1回ずつ駅の券売機でチケットを購入していました。

結局、エルサレムは新市街のBen Hilled Boutique Hotelにしました。
Booking.comで、約44,220円(4泊5日)。ダブルベッド、朝食なし。

路面電車のYafo Center駅から徒歩5分ほど。夜(と言っても私が出歩いたのは20:30くらいまで)も不安は感じませんでした。
これまでホテル代は5,000円以下で結構素敵な場所ばかりだったので、このホテルはその倍の料金ですが、おしゃれからとても遠い感じ。虫とかはいないので我慢はできますが、アメリカの大学の寮を思い出しました。でも、相部屋やバスルームの共用を避けて予算は1泊10,000円くらいにしたかったし、仕方がないですね。

ホテルと言ってもこぢんまりしていて、部屋は7部屋くらいかな、全て同じ階です。ドライヤーは廊下に2台置いてあって、お客さんで共用。一度お風呂タイムが重なったようで、ドライヤーが見当たらず、フロントに声をかけたら各部屋を回って探してくれました。

フロントは24時間有人ではないですが、英語も通じるし親切な人だったと思います。夜~朝にかけて帰ってしまうのですが、無人の間はエントランスの鍵がかかります。エントランス外にタッチパネルが設置してあり、対応は可能なようです。エントランスの中にもタッチパネルはあり、何かあれば呼びだせるようです。

ホテルはウクライナについてから決めたし、探せるなかではベストだったと思っています。

ホテルを見てもイスラエルの物価の高さを感じていただけると思いますが、食事も!
私も社会人長いので、サービスが良かったり味が美味しければそれに見合う料金を支払う心は持っているんです(毎日じゃないし)。値段と質が釣り合わず、且つ日本と同じかそれ以上の金額を要求されるので、うーむとなってしまう。
これは割りきるしかないですね。

美味しかったものの方が少ないので、挙げておくと、

■菓子パン
街中に結構パンやさんがあります。特別美味しいわけではなかったけれど、レストランの食事より美味しかったです。クリームチーズの入ったパンとか。朝食用に買っていました。これはたぶん安かったはず。
エルサレム~テルアビブまでバス移動した時のバスターミナルにもパン屋はありました。ここも美味しかったです。

■New Deli
サブウェイ的なサンドイッチ屋さんで、エルサレム、テルアビブどちらでも多く見かけました。ここ、おいしい!
イスラエル滞在中全てここにすればよかったと思うくらい。写真ものせておきますが、特大サンドイッチ(イスラエルっぽいメニューもある)が、1,000円以内で食べれる。
ホテルの近くにもありました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.0
グルメ
1.0
ショッピング
2.5
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • JLM エルサレムですね

    JLM エルサレムですね

  • 新市街 今気付いたけどごみもないですね

    新市街 今気付いたけどごみもないですね

  • 新市街の裏路地。。。だと思う<br />写真を撮るときは人がいないときを狙ってしまうのですが、人通りは多いです

    新市街の裏路地。。。だと思う
    写真を撮るときは人がいないときを狙ってしまうのですが、人通りは多いです

  • 新市街、ホテル付近 朝でも夜でももうちょっと人がいます

    新市街、ホテル付近 朝でも夜でももうちょっと人がいます

  • Ben Hilled Boutique Hotel この写真、間違いはないんだけど、盛れていると思います<br />スタッフはいい人でした<br />フロントにコーヒーとコーラが置いてあって自由に飲んでOKです

    Ben Hilled Boutique Hotel この写真、間違いはないんだけど、盛れていると思います
    スタッフはいい人でした
    フロントにコーヒーとコーラが置いてあって自由に飲んでOKです

  • バスルーム シャワーブースの入口が狭いので外国人の身体の大きい人は入れないと思う。。<br />アメリカの大学の寮に住んでいたことがあるのですが、そのバスルームを思い出しました。。<br />ドライヤーは部屋にはなく、6部屋くらいで共同です。時間が重なると待つことも。。

    バスルーム シャワーブースの入口が狭いので外国人の身体の大きい人は入れないと思う。。
    アメリカの大学の寮に住んでいたことがあるのですが、そのバスルームを思い出しました。。
    ドライヤーは部屋にはなく、6部屋くらいで共同です。時間が重なると待つことも。。

  • 旧市街に入るための門がいくつかあります これは、、、どれかな?

    旧市街に入るための門がいくつかあります これは、、、どれかな?

  • 旧市街の朝 場所によっては混雑するらしいと気合いをいれて早起きしたら拍子抜け でも、ここが混んでいないだけで、混んでいるところは朝から混んでいます

    旧市街の朝 場所によっては混雑するらしいと気合いをいれて早起きしたら拍子抜け でも、ここが混んでいないだけで、混んでいるところは朝から混んでいます

  • 旧市街の街並み こういう道がくねくねと続いているので、やっぱりスーツケース引いてうろうろするのはできなかったと思う 私はホテルは新市街にして正解だったと思います

    旧市街の街並み こういう道がくねくねと続いているので、やっぱりスーツケース引いてうろうろするのはできなかったと思う 私はホテルは新市街にして正解だったと思います

  • これも朝ですね 昼間はもっと人がいます 朝も皆さん商売の準備に忙しい人ばかりで治安の悪さは感じませんでした

    これも朝ですね 昼間はもっと人がいます 朝も皆さん商売の準備に忙しい人ばかりで治安の悪さは感じませんでした

  • そこそこ人がいますが、もっと混雑します

    そこそこ人がいますが、もっと混雑します

  • 奥にトラム(路面電車)も写っていますね

    奥にトラム(路面電車)も写っていますね

  • 旧市街からちょっと遠出してスーパーへ info centerで聞きました

    旧市街からちょっと遠出してスーパーへ info centerで聞きました

  • 教えてもらった旧市街のファラフェル 私は好きではないことがわかったけど、それがわかったのも食べてみたから!

    教えてもらった旧市街のファラフェル 私は好きではないことがわかったけど、それがわかったのも食べてみたから!

  • ファラフェルがあまり好きではないということがわかったので、イタリアンに逃げる でも、この値段ならグラスとか、カトラリーとかもうちょっと綺麗にしようよ。。。このレベルでチップ払う気になれないんだよなぁ。。

    ファラフェルがあまり好きではないということがわかったので、イタリアンに逃げる でも、この値段ならグラスとか、カトラリーとかもうちょっと綺麗にしようよ。。。このレベルでチップ払う気になれないんだよなぁ。。

  • 町のパン屋さんで こういうのは普通に美味しかったです でも、毎食という気分にはならなくてまたついレストランに望みをかけちゃうんですよね

    町のパン屋さんで こういうのは普通に美味しかったです でも、毎食という気分にはならなくてまたついレストランに望みをかけちゃうんですよね

  • そして、失敗する これはパッタイ(タイ料理) めちゃめちゃ量がありますが、残ったらテイクアウトできました

    そして、失敗する これはパッタイ(タイ料理) めちゃめちゃ量がありますが、残ったらテイクアウトできました

  • ここから先の写真は全てNer Deli 1回しか行っていないけど、それだけ美味しかったということで<br />完全サブウェイスタイルです

    ここから先の写真は全てNer Deli 1回しか行っていないけど、それだけ美味しかったということで
    完全サブウェイスタイルです

  • まずは、メインを選んで、そこから先はメイン以外の具材を選ぶ 指差しもできて便利ですね

    まずは、メインを選んで、そこから先はメイン以外の具材を選ぶ 指差しもできて便利ですね

  • ソースも多い! 何がなんだかわからないので、お勧めにしました

    ソースも多い! 何がなんだかわからないので、お勧めにしました

  • このボリューム

    このボリューム

  • ソースもたっぷり 頭からお尻まで美味しくいただきました

    ソースもたっぷり 頭からお尻まで美味しくいただきました

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イスラエルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イスラエル最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イスラエルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集