アグラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日並びがよい2019年~2020年の年末年始の休暇に選んだのは、初めてのインド。<br /><br />初インドの身では詰め込みすぎると体調を崩しそう&いろいろトラブルに巻き込まれそうな気配がしたので、日本から直行便があって再訪しやすいデリーはスキップ。見どころの多いジャイプールとカオスなバラナシの滞在を長めにして、途中タージマハルのアグラを経由するプランにした。最後はバラナシから航空券の安いクアラルンプールに抜けるルートで帰国することにしたら、国際線の航空券を除くと8日間で40000円ほどの安上りな旅に仕上がった。<br /><br />&lt;参考>インド滞在8日間の費用(国際線航空券除く)<br />合計で約41,000円(1ルピー=1.54円換算)。内訳は以下の通り。<br />飲食費:2525ルピー※朝食3回分はホテル代に含む。また日本から持ち込んだ2食分は除く。<br />交通費:8196ルピー※鉄道(Day4,5)、国内線航空券(Day1)含む<br />入場料:3350ルピー(Day2,3,4,5)<br />土産代:815ルピー※ラクダ革のスリッパ(Day3)、石鹸(Day8)<br />雑費:360ルピー※有料トイレ代(Day4)、ガンガーのボート代(Day7)<br />ホテル(6泊):17610円※寝台列車の1泊分は交通費に含む<br /><br /><旅程>インド7泊+クアラルンプール2泊<br />●Day1●12月28日(土)@成田&デリー&ジャイプール<br />飛んでジャイプール(11:00成田発⇒17:55デリー⇒22:00ジャイプール着) <br /><br />●Day2●12月29日(日)@ジャイプール<br />歩いてジャイプール(旧市街⇒風の宮殿⇒シティパレス)<br />&lt;前編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11593328<br />&lt;後編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11593415<br /><br />●Day3●12月30日(月)@ジャイプール<br />バスでジャイプール(アンベール城⇒ジャイガル要塞⇒水の宮殿⇒ジョーハリーバザール)<br />&lt;前編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11595507<br />&lt;後編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11595705<br /><br />●Day4●12月31日(火)@ジャイプール&アグラ<br />08:00ジャイプール駅⇒12:20アグラフォート駅へ鉄道(22987 Aii AF Superfast/AC Chair Car)で移動<br />https://4travel.jp/travelogue/11597801<br /><br />●Day5●01月01日(水)@アグラ&バラナシ<br />お正月のタージマハル&アグラ城観光と1等寝台列車Proova Express(20:15ツンドラ駅⇒04:28Dd Upadhyaya Jn駅)<br />https://4travel.jp/travelogue/11613433<br /><br />●Day6●01月02日(木)@バラナシ<br />カオスなバラナシの迷宮観光<br />https://4travel.jp/travelogue/11613639<br /><br />●Day7●01月03日(金)@バラナシ<br />朝のガンガーボートトリップとB級グルメ三昧<br />https://4travel.jp/travelogue/11613666<br /><br />●Day8●01月04日(土)@バラナシ&クアラルンプール<br />絶品ラッシーとオレンジジュースで締めて、クアラルンプールに移動<br />https://4travel.jp/travelogue/11614999<br /><br />●DAY9●01月05日(日)@クアラルンプール<br />セントラルマーケット⇒ブキッビンタン⇒ペトロナスツインタワーをぶらぶら歩く<br />https://4travel.jp/travelogue/11615887<br /><br />●DAY10●01月06日(月)@クアラルンプール<br />バドゥ洞窟⇒チャイナタウン⇒22:50発成田行(JAL0724便)で帰国。<br />https://4travel.jp/travelogue/11616111

年末年始の初インド一人旅★DAY4【ジャイプール⇒アグラ】Aii AF Superfast号でアグラへ移動

8いいね!

2019/12/28 - 2020/01/07

507位(同エリア951件中)

kentripperさん

日並びがよい2019年~2020年の年末年始の休暇に選んだのは、初めてのインド。

初インドの身では詰め込みすぎると体調を崩しそう&いろいろトラブルに巻き込まれそうな気配がしたので、日本から直行便があって再訪しやすいデリーはスキップ。見どころの多いジャイプールとカオスなバラナシの滞在を長めにして、途中タージマハルのアグラを経由するプランにした。最後はバラナシから航空券の安いクアラルンプールに抜けるルートで帰国することにしたら、国際線の航空券を除くと8日間で40000円ほどの安上りな旅に仕上がった。

<参考>インド滞在8日間の費用(国際線航空券除く)
合計で約41,000円(1ルピー=1.54円換算)。内訳は以下の通り。
飲食費:2525ルピー※朝食3回分はホテル代に含む。また日本から持ち込んだ2食分は除く。
交通費:8196ルピー※鉄道(Day4,5)、国内線航空券(Day1)含む
入場料:3350ルピー(Day2,3,4,5)
土産代:815ルピー※ラクダ革のスリッパ(Day3)、石鹸(Day8)
雑費:360ルピー※有料トイレ代(Day4)、ガンガーのボート代(Day7)
ホテル(6泊):17610円※寝台列車の1泊分は交通費に含む

<旅程>インド7泊+クアラルンプール2泊
●Day1●12月28日(土)@成田&デリー&ジャイプール
飛んでジャイプール(11:00成田発⇒17:55デリー⇒22:00ジャイプール着)

●Day2●12月29日(日)@ジャイプール
歩いてジャイプール(旧市街⇒風の宮殿⇒シティパレス)
<前編>https://4travel.jp/travelogue/11593328
<後編>https://4travel.jp/travelogue/11593415

●Day3●12月30日(月)@ジャイプール
バスでジャイプール(アンベール城⇒ジャイガル要塞⇒水の宮殿⇒ジョーハリーバザール)
<前編>https://4travel.jp/travelogue/11595507
<後編>https://4travel.jp/travelogue/11595705

●Day4●12月31日(火)@ジャイプール&アグラ
08:00ジャイプール駅⇒12:20アグラフォート駅へ鉄道(22987 Aii AF Superfast/AC Chair Car)で移動
https://4travel.jp/travelogue/11597801

●Day5●01月01日(水)@アグラ&バラナシ
お正月のタージマハル&アグラ城観光と1等寝台列車Proova Express(20:15ツンドラ駅⇒04:28Dd Upadhyaya Jn駅)
https://4travel.jp/travelogue/11613433

●Day6●01月02日(木)@バラナシ
カオスなバラナシの迷宮観光
https://4travel.jp/travelogue/11613639

●Day7●01月03日(金)@バラナシ
朝のガンガーボートトリップとB級グルメ三昧
https://4travel.jp/travelogue/11613666

●Day8●01月04日(土)@バラナシ&クアラルンプール
絶品ラッシーとオレンジジュースで締めて、クアラルンプールに移動
https://4travel.jp/travelogue/11614999

●DAY9●01月05日(日)@クアラルンプール
セントラルマーケット⇒ブキッビンタン⇒ペトロナスツインタワーをぶらぶら歩く
https://4travel.jp/travelogue/11615887

●DAY10●01月06日(月)@クアラルンプール
バドゥ洞窟⇒チャイナタウン⇒22:50発成田行(JAL0724便)で帰国。
https://4travel.jp/travelogue/11616111

旅行の満足度
4.0
ホテル
3.0
グルメ
3.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 タクシー 徒歩

PR

  • 本日はアグラへ鉄道で移動する。<br />ジャイプール駅8時発で、ホテルの朝食は7時からだったので朝食を食べていると間に合わないかなと思いつつ、駅までは2kmほどの距離なので、軽く食べてオートリクシャーに飛び乗れば間に合うだろうということで急いで食べた。ゆで卵とバナナは電車の中で食べることにした。

    本日はアグラへ鉄道で移動する。
    ジャイプール駅8時発で、ホテルの朝食は7時からだったので朝食を食べていると間に合わないかなと思いつつ、駅までは2kmほどの距離なので、軽く食べてオートリクシャーに飛び乗れば間に合うだろうということで急いで食べた。ゆで卵とバナナは電車の中で食べることにした。

    ホテル アーヤ ニワス ホテル

    初めてのインド旅行におすすめな快適な宿@ジャイプール by kentripperさん
  • 7:10ジャイプール駅までは初めてのオートリクシャーをホテルの前で拾った。<br />ガイドブックではオートリクシャーと記載されているが、こちらではどこに行ってもタイ同様トゥクトゥクと呼ばれている。<br />

    7:10ジャイプール駅までは初めてのオートリクシャーをホテルの前で拾った。
    ガイドブックではオートリクシャーと記載されているが、こちらではどこに行ってもタイ同様トゥクトゥクと呼ばれている。

  • 7時17分、混雑もなくジャイプール駅に到着。<br />ホテルから駅まで70ルピー。<br />

    7時17分、混雑もなくジャイプール駅に到着。
    ホテルから駅まで70ルピー。

  • 7:55A(=Arrive)のAll-AF SF EXPがアグラ行の列車。1番線に入線。<br />早く着きすぎてしまったので、駅構内をぶらぶらとして時間をつぶす。

    7:55A(=Arrive)のAll-AF SF EXPがアグラ行の列車。1番線に入線。
    早く着きすぎてしまったので、駅構内をぶらぶらとして時間をつぶす。

  • 8時5分列車が若干遅れて到着。<br />ジャイプール駅は何号車がプラットフォームのどこに停まるか表示されているので、乗り場がわかりやすい。

    8時5分列車が若干遅れて到着。
    ジャイプール駅は何号車がプラットフォームのどこに停まるか表示されているので、乗り場がわかりやすい。

  • 車窓が楽しめるようにと窓側を予約したが、すでに白人の女性が座っていた。<br />「その座席はあなたの席ですか?」と聞いてみると、そうだという。<br />確かに壁に貼ってある座席番号を見ると、私の座席は通路側ということになる。<br />なんと予約した座席と実際の座席配置があっておらず、あちこちで混乱が起きていた。<br />幸い女性の連れの方が反対側の窓際の席になっており座席が分かれてしまっていたため、私の席と交換したので、窓際の席はキープできた。

    車窓が楽しめるようにと窓側を予約したが、すでに白人の女性が座っていた。
    「その座席はあなたの席ですか?」と聞いてみると、そうだという。
    確かに壁に貼ってある座席番号を見ると、私の座席は通路側ということになる。
    なんと予約した座席と実際の座席配置があっておらず、あちこちで混乱が起きていた。
    幸い女性の連れの方が反対側の窓際の席になっており座席が分かれてしまっていたため、私の席と交換したので、窓際の席はキープできた。

  • 天候は曇り。<br />車窓から見える、菜の花のような黄色い景色を記念に撮影。

    天候は曇り。
    車窓から見える、菜の花のような黄色い景色を記念に撮影。

  • そして、12時10分アグラフォート駅に到着。

    そして、12時10分アグラフォート駅に到着。

    アグラ フォート駅

  • 駅の外には巨大なアグラ城(アグラフォート)が見えている。<br />重厚感や堅牢感が伝わってくる。

    駅の外には巨大なアグラ城(アグラフォート)が見えている。
    重厚感や堅牢感が伝わってくる。

    アグラ フォート駅

  • ちなみに駅のトイレは有料(10ルピー)だった。

    ちなみに駅のトイレは有料(10ルピー)だった。

    アグラ フォート駅

  • 駅の外に出るとリクシャワーラーがさっそく寄ってきた。<br />本日の宿は「Madpackers Hostel Agra」。<br />宿の名前を伝えても連れて行ってもらえそうもないので、宿の近くにあるシルグラーム(タージマハルの東門から1.2kmほど東にある電動カート乗り場)の駐車場までお願いして値段交渉。<br />1人目との交渉が難航しているときに割り込んできた2人目のおやじと50ルピーで妥結。<br />

    駅の外に出るとリクシャワーラーがさっそく寄ってきた。
    本日の宿は「Madpackers Hostel Agra」。
    宿の名前を伝えても連れて行ってもらえそうもないので、宿の近くにあるシルグラーム(タージマハルの東門から1.2kmほど東にある電動カート乗り場)の駐車場までお願いして値段交渉。
    1人目との交渉が難航しているときに割り込んできた2人目のおやじと50ルピーで妥結。

  • で、下ろされた場所はタージマハルの南門付近。<br />こちらが指定したのは東門から東に1.2kmほど離れた場所にあるシルプグラムだから、全然違う。<br />おやじにスマホの地図を見せて、ここじゃないと抗議するも、おやじは聞く耳を持たない。これもインドの洗礼なのか、それとも50ルピーで4km近く乗ろうとした自分が甘かったのか定かではないが、下ろされた場所から宿までは1kmちょっとなので、歩いて移動することにした。<br />ちなみに南門の近くに東門があり、そこから無料の電動カートでシルプグラムに移動することもできる。

    で、下ろされた場所はタージマハルの南門付近。
    こちらが指定したのは東門から東に1.2kmほど離れた場所にあるシルプグラムだから、全然違う。
    おやじにスマホの地図を見せて、ここじゃないと抗議するも、おやじは聞く耳を持たない。これもインドの洗礼なのか、それとも50ルピーで4km近く乗ろうとした自分が甘かったのか定かではないが、下ろされた場所から宿までは1kmちょっとなので、歩いて移動することにした。
    ちなみに南門の近くに東門があり、そこから無料の電動カートでシルプグラムに移動することもできる。

  • 地図アプリのmaps.meの案内に従って、住宅街を抜けていく。<br />外国人が珍しい土地柄ではないはずだが、子供たちからよく英語であいさつされる。<br />

    地図アプリのmaps.meの案内に従って、住宅街を抜けていく。
    外国人が珍しい土地柄ではないはずだが、子供たちからよく英語であいさつされる。

  • 子供のおでこの辺りにあるロゴマークが、とってもナイス(笑)<br />

    子供のおでこの辺りにあるロゴマークが、とってもナイス(笑)

  • 野良豚ものっそのっそと歩き回って、ごみをあさっているし、道路脇の側溝で子供にうん〇させている親がいたりと、カオスな雰囲気は想像していた通りのインド。<br />治安の不安を感じることもなく、宿までディープな散歩となった。

    野良豚ものっそのっそと歩き回って、ごみをあさっているし、道路脇の側溝で子供にうん〇させている親がいたりと、カオスな雰囲気は想像していた通りのインド。
    治安の不安を感じることもなく、宿までディープな散歩となった。

  • 13時に本日の宿、Madpackers Hostel Agraに到着。<br />目立たない看板だったので、気が付かずに通り過ぎてしまったほど。<br />宿の付近は安宿街になっていて、外国人むけの飲食店も多く食べるところに困らない。タージマハルまで歩いても15分程度だし、無料の電動カート乗り場も近くになるので、液からは遠いものの意外と便利な場所だった。

    13時に本日の宿、Madpackers Hostel Agraに到着。
    目立たない看板だったので、気が付かずに通り過ぎてしまったほど。
    宿の付近は安宿街になっていて、外国人むけの飲食店も多く食べるところに困らない。タージマハルまで歩いても15分程度だし、無料の電動カート乗り場も近くになるので、液からは遠いものの意外と便利な場所だった。

  • 荷物を置いたら、昼食タイム。<br /><br />trip advisorのランキングでも評価の高かった、Good Vibes Cafeが宿の隣にあったので行ってみた。<br />ほかにも評価の高い「Bob Marley Cafe &amp; Restaurant」「Bamboo Cafe」も至近にあった。<br />ノーマルターリー(200ルピー)とチョコレートラッシー(80ルピー)をチョイス。<br />ラッシーは水っぽくておいしくなかったのは残念。この旅行のワーストラッシーだった。

    荷物を置いたら、昼食タイム。

    trip advisorのランキングでも評価の高かった、Good Vibes Cafeが宿の隣にあったので行ってみた。
    ほかにも評価の高い「Bob Marley Cafe & Restaurant」「Bamboo Cafe」も至近にあった。
    ノーマルターリー(200ルピー)とチョコレートラッシー(80ルピー)をチョイス。
    ラッシーは水っぽくておいしくなかったのは残念。この旅行のワーストラッシーだった。

  • この後の計画を練った結果、タージマハルは翌朝の日の出の時間にアタックすることにして、今日は歩いてタージマハルに下見に向かった。<br />途中に霞の向こうにタージマハルのたまねぎ頭が顔を出している。<br />幻想的な雰囲気がいいね。

    この後の計画を練った結果、タージマハルは翌朝の日の出の時間にアタックすることにして、今日は歩いてタージマハルに下見に向かった。
    途中に霞の向こうにタージマハルのたまねぎ頭が顔を出している。
    幻想的な雰囲気がいいね。

    タージ マハル 史跡・遺跡

  • タージマハルに向かう道の途中には「タージネイチャーウォーク」という丘の上に向かう道がある。<br />丘の上からタージマハルが一望できるとのことだったので、入ってみたら16時30分で営業終了とのことで、上がることができなかった。うーん、残念。<br />地球の歩き方には記載されていないようなので、日本人にはなじみがないスポットだが、Trip Adivisorには掲載されており結構穴場のようだ。ちなみに入場料は100ルピーくらいだったと記憶。

    タージマハルに向かう道の途中には「タージネイチャーウォーク」という丘の上に向かう道がある。
    丘の上からタージマハルが一望できるとのことだったので、入ってみたら16時30分で営業終了とのことで、上がることができなかった。うーん、残念。
    地球の歩き方には記載されていないようなので、日本人にはなじみがないスポットだが、Trip Adivisorには掲載されており結構穴場のようだ。ちなみに入場料は100ルピーくらいだったと記憶。

    タージ・ネイチャー・ウォーク 自然・景勝地

  • 東門に到着後、道なりに進んで南門へ移動。<br />南門前の商店街。門前仲町。

    東門に到着後、道なりに進んで南門へ移動。
    南門前の商店街。門前仲町。

  • チャイが良かったのだが、コーヒーしかなかったのでビッグサイズ(50ルピー)で体を温めた。50ルピーは今にして思うとちょっと高いかもしれない。

    チャイが良かったのだが、コーヒーしかなかったのでビッグサイズ(50ルピー)で体を温めた。50ルピーは今にして思うとちょっと高いかもしれない。

  • インドの街中が動物園、あるいは都市型サファリパークの様相を呈している。

    インドの街中が動物園、あるいは都市型サファリパークの様相を呈している。

  • 再び南門付近から適当に歩き出す。<br />そのうち、お昼に通った道に出たので、記憶を頼りに宿に向かう。

    再び南門付近から適当に歩き出す。
    そのうち、お昼に通った道に出たので、記憶を頼りに宿に向かう。

  • 服を着たヤギ。<br />野良ヤギではない模様。

    服を着たヤギ。
    野良ヤギではない模様。

  • 中学の地理の教科書でインドの街を歩く牛の写真を見たが、こんな風にやせ細っていた記憶がある。

    中学の地理の教科書でインドの街を歩く牛の写真を見たが、こんな風にやせ細っていた記憶がある。

  • 日も沈むころの、宿の前の道。<br />今日は雲の多い一日だった。

    日も沈むころの、宿の前の道。
    今日は雲の多い一日だった。

  • いったん宿に戻ったが、そういえば今日は元旦だった。<br />日本にいると街を歩けば元旦気分を味わえるが、インドでは元旦感は皆無。<br />

    いったん宿に戻ったが、そういえば今日は元旦だった。
    日本にいると街を歩けば元旦気分を味わえるが、インドでは元旦感は皆無。

  • ディナーは宿の前のみちにあるレストランにて。<br />Green Vegという看板にひかれて入ってみた。

    ディナーは宿の前のみちにあるレストランにて。
    Green Vegという看板にひかれて入ってみた。

  • お昼に続いて、ターリーとラッシー。<br />真ん中のホウレンソウのカレーがおいしかった。<br /><br />計180ルピーで、500ルピーを渡したら320ルピーのお釣り、とおもったら220ルピーしかなかった。受け取った紙幣を見て、色の異なるお札があったので100ルピー札と200ルピー札があるなと思ってよく確認しなかったのだが、レストランの外でどちらも100ルピー札だったことに気が付いた時には後の祭り。<br />店員さん(といっても中学生くらいの子供)がうっかり間違えたわけではなく、おそらく意図的だったのだろう。100ルピーぼられるのは、ジャイプールの風の宮殿の入場料に続いて通算2回目。<br /><br />今日はインドのプチ洗礼が多い一日で、ほぼ移動しかしていないが十分楽しめた。<br /><br />明日は日の出前に起床して、日の出のタージマハルにアタックする。<br /><br />(つづく)<br /><br />●本日の出費:740ルピー●<br />飲食費 610ルピー<br />交通費 120ルピー<br />雑費10ルピー

    お昼に続いて、ターリーとラッシー。
    真ん中のホウレンソウのカレーがおいしかった。

    計180ルピーで、500ルピーを渡したら320ルピーのお釣り、とおもったら220ルピーしかなかった。受け取った紙幣を見て、色の異なるお札があったので100ルピー札と200ルピー札があるなと思ってよく確認しなかったのだが、レストランの外でどちらも100ルピー札だったことに気が付いた時には後の祭り。
    店員さん(といっても中学生くらいの子供)がうっかり間違えたわけではなく、おそらく意図的だったのだろう。100ルピーぼられるのは、ジャイプールの風の宮殿の入場料に続いて通算2回目。

    今日はインドのプチ洗礼が多い一日で、ほぼ移動しかしていないが十分楽しめた。

    明日は日の出前に起床して、日の出のタージマハルにアタックする。

    (つづく)

    ●本日の出費:740ルピー●
    飲食費 610ルピー
    交通費 120ルピー
    雑費10ルピー

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集