ジャイプール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日並びがよい2019年~2020年の年末年始の休暇に選んだのは、初めてのインド。<br /><br />初インドの身では詰め込みすぎると体調を崩しそう&いろいろトラブルに巻き込まれそうな気配がしたので、日本から直行便があって再訪しやすいデリーはスキップ。見どころの多いジャイプールとカオスなバラナシの滞在を長めにして、途中タージマハルのアグラを経由するプランにした。最後はバラナシから航空券の安いクアラルンプールに抜けるルートで帰国することにしたら、国際線の航空券を除くと8日間で40000円ほどの安上りな旅に仕上がった。<br /><br />&lt;参考>インド滞在8日間の費用(国際線航空券除く)<br />合計で約41,000円(1ルピー=1.54円換算)。内訳は以下の通り。<br />飲食費:2525ルピー※朝食3回分はホテル代に含む。また日本から持ち込んだ2食分は除く。<br />交通費:8196ルピー※鉄道(Day4,5)、国内線航空券(Day1)含む<br />入場料:3350ルピー(Day2,3,4,5)<br />土産代:815ルピー※ラクダ革のスリッパ(Day3)、石鹸(Day8)<br />雑費:360ルピー※有料トイレ代(Day4)、ガンガーのボート代(Day7)<br />ホテル(6泊):17610円※寝台列車の1泊分は交通費に含む<br /><br /><旅程>インド7泊+クアラルンプール2泊<br />●Day1●12月28日(土)@成田&デリー&ジャイプール<br />飛んでジャイプール(11:00成田発⇒17:55デリー⇒22:00ジャイプール着) <br />https://4travel.jp/travelogue/11591039<br /><br />●Day2●12月29日(日)@ジャイプール<br />歩いてジャイプール(旧市街⇒風の宮殿⇒シティパレス)<br />&lt;前編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11593328<br />&lt;後編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11593415<br /><br />●Day3●12月30日(月)@ジャイプール<br />バスでジャイプール(アンベール城⇒ジャイガル要塞⇒水の宮殿⇒ジョーハリーバザール)<br />&lt;前編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11595507<br />&lt;後編&gt;https://4travel.jp/travelogue/11595705<br /><br />●Day4●12月31日(火)@ジャイプール&アグラ<br />鉄道でアグラ(08:00ジャイプール駅⇒12:20アグラフォート駅)<br />https://4travel.jp/travelogue/11597801<br /><br />●Day5●01月01日(水)@アグラ&バラナシ<br />お正月のタージマハル&アグラ城観光と1等寝台列車Proova Express(20:15ツンドラ駅⇒04:28Dd Upadhyaya Jn駅)<br />https://4travel.jp/travelogue/11613433<br /><br />●Day6●01月02日(木)@バラナシ<br />カオスなバラナシの迷宮観光<br />https://4travel.jp/travelogue/11613639<br /><br />●Day7●01月03日(金)@バラナシ<br />朝のガンガーボートトリップとB級グルメ三昧<br />https://4travel.jp/travelogue/11613666<br /><br />●Day8●01月04日(土)@バラナシ&クアラルンプール<br />絶品ラッシーとオレンジジュースで締めて、クアラルンプールに移動<br />https://4travel.jp/travelogue/11614999<br /><br />●DAY9●01月05日(日)@クアラルンプール<br />セントラルマーケット⇒ブキッビンタン⇒ペトロナスツインタワーをぶらぶら歩く<br />https://4travel.jp/travelogue/11615887<br /><br />●DAY10●01月06日(月)@クアラルンプール<br />バドゥ洞窟⇒チャイナタウン⇒22:50発成田行(JAL0724便)で帰国。<br />https://4travel.jp/travelogue/11616111

年末年始の初インド一人旅★DAY1 飛んでジャイプール(JAL749&indiGo搭乗記)

7いいね!

2019/12/28 - 2020/01/07

326位(同エリア591件中)

kentripperさん

日並びがよい2019年~2020年の年末年始の休暇に選んだのは、初めてのインド。

初インドの身では詰め込みすぎると体調を崩しそう&いろいろトラブルに巻き込まれそうな気配がしたので、日本から直行便があって再訪しやすいデリーはスキップ。見どころの多いジャイプールとカオスなバラナシの滞在を長めにして、途中タージマハルのアグラを経由するプランにした。最後はバラナシから航空券の安いクアラルンプールに抜けるルートで帰国することにしたら、国際線の航空券を除くと8日間で40000円ほどの安上りな旅に仕上がった。

<参考>インド滞在8日間の費用(国際線航空券除く)
合計で約41,000円(1ルピー=1.54円換算)。内訳は以下の通り。
飲食費:2525ルピー※朝食3回分はホテル代に含む。また日本から持ち込んだ2食分は除く。
交通費:8196ルピー※鉄道(Day4,5)、国内線航空券(Day1)含む
入場料:3350ルピー(Day2,3,4,5)
土産代:815ルピー※ラクダ革のスリッパ(Day3)、石鹸(Day8)
雑費:360ルピー※有料トイレ代(Day4)、ガンガーのボート代(Day7)
ホテル(6泊):17610円※寝台列車の1泊分は交通費に含む

<旅程>インド7泊+クアラルンプール2泊
●Day1●12月28日(土)@成田&デリー&ジャイプール
飛んでジャイプール(11:00成田発⇒17:55デリー⇒22:00ジャイプール着)
https://4travel.jp/travelogue/11591039

●Day2●12月29日(日)@ジャイプール
歩いてジャイプール(旧市街⇒風の宮殿⇒シティパレス)
<前編>https://4travel.jp/travelogue/11593328
<後編>https://4travel.jp/travelogue/11593415

●Day3●12月30日(月)@ジャイプール
バスでジャイプール(アンベール城⇒ジャイガル要塞⇒水の宮殿⇒ジョーハリーバザール)
<前編>https://4travel.jp/travelogue/11595507
<後編>https://4travel.jp/travelogue/11595705

●Day4●12月31日(火)@ジャイプール&アグラ
鉄道でアグラ(08:00ジャイプール駅⇒12:20アグラフォート駅)
https://4travel.jp/travelogue/11597801

●Day5●01月01日(水)@アグラ&バラナシ
お正月のタージマハル&アグラ城観光と1等寝台列車Proova Express(20:15ツンドラ駅⇒04:28Dd Upadhyaya Jn駅)
https://4travel.jp/travelogue/11613433

●Day6●01月02日(木)@バラナシ
カオスなバラナシの迷宮観光
https://4travel.jp/travelogue/11613639

●Day7●01月03日(金)@バラナシ
朝のガンガーボートトリップとB級グルメ三昧
https://4travel.jp/travelogue/11613666

●Day8●01月04日(土)@バラナシ&クアラルンプール
絶品ラッシーとオレンジジュースで締めて、クアラルンプールに移動
https://4travel.jp/travelogue/11614999

●DAY9●01月05日(日)@クアラルンプール
セントラルマーケット⇒ブキッビンタン⇒ペトロナスツインタワーをぶらぶら歩く
https://4travel.jp/travelogue/11615887

●DAY10●01月06日(月)@クアラルンプール
バドゥ洞窟⇒チャイナタウン⇒22:50発成田行(JAL0724便)で帰国。
https://4travel.jp/travelogue/11616111

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
タクシー 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 初日からインドの洗礼!?<br /><br />成田空港に向かうバスの中で、インドの鉄道に乗るならixigoというアプリが便利、ということでインストールした後、予約した鉄道の予約番号を入れてみると、「TRAIN IS CANCELLED」の文字が。。。<br />キャンセルされたのは、元旦にタージマハルがあるアグラからヒンズー教の聖地バラナシにむかう寝台列車。<br /><br />これに乗れないとなると、アグラからいったんデリーに戻って、デリーから鉄道か飛行機でバラナシにむかうことになるのか。<br /><br />とりあえず空港に着いたら、飛行機に乗り込む前に代替ルートを探して予約してしまおう。

    初日からインドの洗礼!?

    成田空港に向かうバスの中で、インドの鉄道に乗るならixigoというアプリが便利、ということでインストールした後、予約した鉄道の予約番号を入れてみると、「TRAIN IS CANCELLED」の文字が。。。
    キャンセルされたのは、元旦にタージマハルがあるアグラからヒンズー教の聖地バラナシにむかう寝台列車。

    これに乗れないとなると、アグラからいったんデリーに戻って、デリーから鉄道か飛行機でバラナシにむかうことになるのか。

    とりあえず空港に着いたら、飛行機に乗り込む前に代替ルートを探して予約してしまおう。

  • 8時30分ごろ、成田空港に到着後さっそくチェックイン、と思ったら珍しくJAL GLOBAL CLUBのチェックインカウンターにも行列ができていて、チェックインに時間がかかった。早くラウンジに移動して、キャンセルされた鉄道の代替ルートを予約したいのに。

    8時30分ごろ、成田空港に到着後さっそくチェックイン、と思ったら珍しくJAL GLOBAL CLUBのチェックインカウンターにも行列ができていて、チェックインに時間がかかった。早くラウンジに移動して、キャンセルされた鉄道の代替ルートを予約したいのに。

    成田国際空港 空港

  • ラウンジのダイニングエリアはまだ空席があったが、食べ終わるころには入場待ちの行列ができていた。<br />これからインドに向かうのにカレーもどうかと思いつつ、旅の出発前のルーティーンと化しているラウンジカレーをいただいた。<br /><br />食後は急いで、鉄道の手配。<br />滞在している街の駅からバラナシに向かう鉄道はなさそうなので、ixigoが教えてくれたTUNDLA駅発の電車の1等車を予約した。TUNDLA駅への行き方は調べきれなかったので、現地で考えることにする。

    ラウンジのダイニングエリアはまだ空席があったが、食べ終わるころには入場待ちの行列ができていた。
    これからインドに向かうのにカレーもどうかと思いつつ、旅の出発前のルーティーンと化しているラウンジカレーをいただいた。

    食後は急いで、鉄道の手配。
    滞在している街の駅からバラナシに向かう鉄道はなさそうなので、ixigoが教えてくれたTUNDLA駅発の電車の1等車を予約した。TUNDLA駅への行き方は調べきれなかったので、現地で考えることにする。

    成田空港国内線 JALサクララウンジ 空港ラウンジ

  • 10:45 デリー行きのJL0749に搭乗。11:00成田発→17:55デリー着、10時間半の空の旅。<br />今回は半年前に特典航空券を片道発券した。ANAと違って、JALは片道発券できるのが◎。さらに、2020年3月に成田・ベンガルール線が開設されることになったので、インド旅の選択肢が増えたのはうれしいところ。

    10:45 デリー行きのJL0749に搭乗。11:00成田発→17:55デリー着、10時間半の空の旅。
    今回は半年前に特典航空券を片道発券した。ANAと違って、JALは片道発券できるのが◎。さらに、2020年3月に成田・ベンガルール線が開設されることになったので、インド旅の選択肢が増えたのはうれしいところ。

    成田空港第2ターミナル 空港

  • 長旅かつ片道のみなので、奮発してプレミアムエコノミー(25000マイル+9910円)にした。ちなみにエコノミーは17500マイル+9910円。ビジネスは40000マイル+9910円。<br />

    長旅かつ片道のみなので、奮発してプレミアムエコノミー(25000マイル+9910円)にした。ちなみにエコノミーは17500マイル+9910円。ビジネスは40000マイル+9910円。

  • RED U-35という若手料理家の料理コンペティションの上位入賞者6名による、若さ溢れる自由な発想のメニューが季節ごとに登場するという触れ込みです。<br />今回は「牛肉と野菜の旨煮ご飯添え」「イエローチキンカレーアジアンスタイル」から選択。

    RED U-35という若手料理家の料理コンペティションの上位入賞者6名による、若さ溢れる自由な発想のメニューが季節ごとに登場するという触れ込みです。
    今回は「牛肉と野菜の旨煮ご飯添え」「イエローチキンカレーアジアンスタイル」から選択。

  • さすがに今回はカレーを外して「牛肉と野菜の旨煮ご飯添え」に。<br />

    さすがに今回はカレーを外して「牛肉と野菜の旨煮ご飯添え」に。

  • 夕方には2度目の機内食。<br />デリーの乗り継ぎ時に晩御飯を食べる予定だが、時間がないかもしれないのでここで腹ごしらえができるのはありがたい。

    夕方には2度目の機内食。
    デリーの乗り継ぎ時に晩御飯を食べる予定だが、時間がないかもしれないのでここで腹ごしらえができるのはありがたい。

  • 2度の目の機内食を食べた後、機内アナウンスで進行方向右側にエベレストが見えるとのこと。<br />写真の窓の向こうにはエベレストが拝めるはず。<br />次回の訪印時は進行方向右側の窓側席を狙ってみよう。

    2度の目の機内食を食べた後、機内アナウンスで進行方向右側にエベレストが見えるとのこと。
    写真の窓の向こうにはエベレストが拝めるはず。
    次回の訪印時は進行方向右側の窓側席を狙ってみよう。

    インディラ ガンディー国際空港 (DEL) 空港

  • ほぼ定刻にインディラ・ガンディー国際空港に到着。<br /><br />長時間のフライトで少し頭が痛くなっていた。<br />本日の宿はジャイプールなので、このあと入国審査→ターミナル移動→国内線搭乗→ジャイプール空港からはタクシーで、ホテルのチェックインまであと5時間くらいかかりそうで気が重い。<br /><br />e-Visaの案内に従って入国審査の行列に並ぶ。<br />韓国からの団体客で混んでいたが、彼らは入国審査で次々と跳ね返されていたので、時間がかかった。自分の番まで30分はかかっており、空港で晩御飯を食べる時間はないかもしれない。<br />入国審査が終わったら、まずは両替。<br />ひとまずトーマスクックのカウンターで1000円程度を両替して小銭を作ろうと思ったが、10000円からと言われて拒否された。<br />レートが良くないので結局、ATMで9500ルピーほど両替。2000ルピー+1000ルピー+500ルピーの組み合わせ出てて来た。金額が大きな紙幣で使いにくそうだ。<br /><br />建物の外に出ると、もやがかかっているのと意外と肌寒いのが気になった。

    ほぼ定刻にインディラ・ガンディー国際空港に到着。

    長時間のフライトで少し頭が痛くなっていた。
    本日の宿はジャイプールなので、このあと入国審査→ターミナル移動→国内線搭乗→ジャイプール空港からはタクシーで、ホテルのチェックインまであと5時間くらいかかりそうで気が重い。

    e-Visaの案内に従って入国審査の行列に並ぶ。
    韓国からの団体客で混んでいたが、彼らは入国審査で次々と跳ね返されていたので、時間がかかった。自分の番まで30分はかかっており、空港で晩御飯を食べる時間はないかもしれない。
    入国審査が終わったら、まずは両替。
    ひとまずトーマスクックのカウンターで1000円程度を両替して小銭を作ろうと思ったが、10000円からと言われて拒否された。
    レートが良くないので結局、ATMで9500ルピーほど両替。2000ルピー+1000ルピー+500ルピーの組み合わせ出てて来た。金額が大きな紙幣で使いにくそうだ。

    建物の外に出ると、もやがかかっているのと意外と肌寒いのが気になった。

    インディラ ガンディー国際空港 (DEL) 空港

  • さっそくタクシーのタクシーが客引きが寄ってきたが、思ったほど強引ではなかったし、数も少ない。想像ではうじゃうじゃと寄ってくると思っていただけに少々拍子抜けだ。<br />国際線ターミナルT3から、国内線ターミナルT1へのシャトルバスを探すと10番の柱の辺りが発着する場所になっていた。<br /><br />カウンターでデリーまでのチケット半券とこれから搭乗する便のチケットを提示するとバス代は無料になるので、半券を捨てなくてよかった。<br /><br />すでに時間は19時10分を回っていた。<br />シャトルバスのカウンターに並んでいるときも客引きが寄ってきて「何時のフライトに乗るの?」「21時」「次に来るバスは20時40分だから、間に合わないな。自分のミニバスに乗りなよ」というやりとりを、バスは10分ごとに発車すると書いてある柱の前で堂々と仕掛けてきたので、なんだかほほえましかった。ガイドブックで見かける、平気でうそをつくインド人の話は本当だった。<br /><br />いよいよインドの洗練が始まった気がした。

    さっそくタクシーのタクシーが客引きが寄ってきたが、思ったほど強引ではなかったし、数も少ない。想像ではうじゃうじゃと寄ってくると思っていただけに少々拍子抜けだ。
    国際線ターミナルT3から、国内線ターミナルT1へのシャトルバスを探すと10番の柱の辺りが発着する場所になっていた。

    カウンターでデリーまでのチケット半券とこれから搭乗する便のチケットを提示するとバス代は無料になるので、半券を捨てなくてよかった。

    すでに時間は19時10分を回っていた。
    シャトルバスのカウンターに並んでいるときも客引きが寄ってきて「何時のフライトに乗るの?」「21時」「次に来るバスは20時40分だから、間に合わないな。自分のミニバスに乗りなよ」というやりとりを、バスは10分ごとに発車すると書いてある柱の前で堂々と仕掛けてきたので、なんだかほほえましかった。ガイドブックで見かける、平気でうそをつくインド人の話は本当だった。

    いよいよインドの洗練が始まった気がした。

    インディラ ガンディー国際空港 (DEL) 空港

  • すぐにシャトルバスがやってきたので乗り込んだ。写真は明るく加工されているが、実際は結構暗い。<br />車掌さんが集金にやってくる。チケットカウンターに寄り損ねると運賃25ルピー(40円くらい)が必要になるので、初インドでATMでキャッシングしている場合、そんな小銭はないので苦労しそうだ。売店やカフェでドリンクの一杯でも買って、お釣りの小銭を確保したほうが良いだろう。

    すぐにシャトルバスがやってきたので乗り込んだ。写真は明るく加工されているが、実際は結構暗い。
    車掌さんが集金にやってくる。チケットカウンターに寄り損ねると運賃25ルピー(40円くらい)が必要になるので、初インドでATMでキャッシングしている場合、そんな小銭はないので苦労しそうだ。売店やカフェでドリンクの一杯でも買って、お釣りの小銭を確保したほうが良いだろう。

    インディラ ガンディー国際空港 (DEL) 空港

  • 20分ほどで国内線ターミナルT1に到着。ターミナルのビルに入るときに航空券の提示が必要になるが、印刷していなくてもスマホ画面を見せれば中に入れる。<br /><br />indigoのカウンターも長蛇の列。荷物を預けるつもりはなかったので自動チェックイン機を使ったが、カウンターに行けとの指示で長蛇の列に並ぶ。後でわかったことだが、インド国外のクレジットカードで発見すると自動チェックインはできないらしい。<br />ちなみにチェックイン時にクレジットカードの提示を求められたので提示したのだが、今思えばここでクレジットカードの番号が流出した気がする。(更新したばかりのクレジットカードだったので、後日不正利用されるまでに他人に提示したのは、このチェックインカウンターのみだった)<br />セキュリティチェックにも時間ととられ、結局晩御飯を食べる時間は取れなかったので、日本から持ち込んだお菓子をかじりながら、両替を兼ねて、2000ルピー札でマサラチャイ(100ルピー)を頼んでみた。これで100ルピー札を手に入れた。

    20分ほどで国内線ターミナルT1に到着。ターミナルのビルに入るときに航空券の提示が必要になるが、印刷していなくてもスマホ画面を見せれば中に入れる。

    indigoのカウンターも長蛇の列。荷物を預けるつもりはなかったので自動チェックイン機を使ったが、カウンターに行けとの指示で長蛇の列に並ぶ。後でわかったことだが、インド国外のクレジットカードで発見すると自動チェックインはできないらしい。
    ちなみにチェックイン時にクレジットカードの提示を求められたので提示したのだが、今思えばここでクレジットカードの番号が流出した気がする。(更新したばかりのクレジットカードだったので、後日不正利用されるまでに他人に提示したのは、このチェックインカウンターのみだった)
    セキュリティチェックにも時間ととられ、結局晩御飯を食べる時間は取れなかったので、日本から持ち込んだお菓子をかじりながら、両替を兼ねて、2000ルピー札でマサラチャイ(100ルピー)を頼んでみた。これで100ルピー札を手に入れた。

    インディラ ガンディー国際空港 (DEL) 空港

  • この旅行初めてのマサラチャイ。<br />スパイシーな紅茶だった。<br />この旅では、ほぼ毎日チャイとラッシーをいただいた。<br /><br />

    この旅行初めてのマサラチャイ。
    スパイシーな紅茶だった。
    この旅では、ほぼ毎日チャイとラッシーをいただいた。

  • 20時50分、インドのLCC IndiGOに搭乗。初めて見るタイプの階段で機内に乗り込む。

    20時50分、インドのLCC IndiGOに搭乗。初めて見るタイプの階段で機内に乗り込む。

    インディラ ガンディー国際空港 (DEL) 空港

  • 機内に着席。<br />ちなみにこのフライトは6E736便は、1か月前に購入して、3,641ルピーだった。<br />定刻よりも早く出発してくれたので、頭が痛くなっている身にはありがたい。<br />

    機内に着席。
    ちなみにこのフライトは6E736便は、1か月前に購入して、3,641ルピーだった。
    定刻よりも早く出発してくれたので、頭が痛くなっている身にはありがたい。

  • 45分でジャイプールに到着。時間は21時55分。<br />バスでターミナルビルへ。外は相変わらず肌寒い。

    45分でジャイプールに到着。時間は21時55分。
    バスでターミナルビルへ。外は相変わらず肌寒い。

    ジャイプール国際空港 (JAI) 空港

  • 市内へはプリペイドタクシーが利用できるので、初の訪印が夜間到着でも、ぼったりくは心配無用。<br />市内までは450ルピーの前払い。<br />1000ルピー札などの大きな紙幣を崩すチャンスでもある。<br />

    市内へはプリペイドタクシーが利用できるので、初の訪印が夜間到着でも、ぼったりくは心配無用。
    市内までは450ルピーの前払い。
    1000ルピー札などの大きな紙幣を崩すチャンスでもある。

    ジャイプール国際空港 (JAI) 空港

  • ジャイプール滞在中の宿はArya Niwas。<br />こちらにした理由は、図書館で借りた「ガールズ・インディア!―女子のための極楽インド案内」という本で、おすすめのホテルとして紹介されていたから。<br />空港からタクシーで向かうことを考えても、知名度のあるホテルのほうが安心。<br /><br />エクスペディアでスタンダード シングルルーム3泊10700円(朝食込み)ほどだった。

    ジャイプール滞在中の宿はArya Niwas。
    こちらにした理由は、図書館で借りた「ガールズ・インディア!―女子のための極楽インド案内」という本で、おすすめのホテルとして紹介されていたから。
    空港からタクシーで向かうことを考えても、知名度のあるホテルのほうが安心。

    エクスペディアでスタンダード シングルルーム3泊10700円(朝食込み)ほどだった。

    ホテル アーヤ ニワス ホテル

    初めてのインド旅行におすすめな快適な宿@ジャイプール by kentripperさん
  • 寝る前にスマホやデジカメを充電しようとして、ちょっと困ったのが持ち込んだコンセントのアダプターが通電しなかったこと。<br />部屋にはコンセントがたくさんあるのだが、コンセント周辺にたくさんスイッチがあって使い方がいまいちわからない。<br />部屋に備え付けの電気器具は通電するので、アダプタの故障か接触不良のような気がした。<br />とりあえず、液晶テレビのUSBポートから充電して急場をしのぐことにしたが、充電するためにはテレビをつけっぱなしにしなければならなかった。<br /><br />頭も痛かったので、これ以上考える気力もなく、シャワーも浴びずにそのまま寝込んだ。<br />明日にでも現地のUSB充電器を調達しよう。<br /><br />(つづく)<br /><br />●本日の出費:550ルピー●<br />飲食費 100ルピー<br />交通費 450ルピー

    寝る前にスマホやデジカメを充電しようとして、ちょっと困ったのが持ち込んだコンセントのアダプターが通電しなかったこと。
    部屋にはコンセントがたくさんあるのだが、コンセント周辺にたくさんスイッチがあって使い方がいまいちわからない。
    部屋に備え付けの電気器具は通電するので、アダプタの故障か接触不良のような気がした。
    とりあえず、液晶テレビのUSBポートから充電して急場をしのぐことにしたが、充電するためにはテレビをつけっぱなしにしなければならなかった。

    頭も痛かったので、これ以上考える気力もなく、シャワーも浴びずにそのまま寝込んだ。
    明日にでも現地のUSB充電器を調達しよう。

    (つづく)

    ●本日の出費:550ルピー●
    飲食費 100ルピー
    交通費 450ルピー

    ホテル アーヤ ニワス ホテル

    初めてのインド旅行におすすめな快適な宿@ジャイプール by kentripperさん
7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集