アブダビ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「2019年 エミレーツ航空ファーストクラスで行く☆夢のアラビア半島の旅」本編です♪<br /><br />昨年のJGC修行の甲斐あって、JALのマイルが11万マイル貯まりました~\(^o^)/<br /><br />お目当てはエミレーツのファーストクラス☆<br />JALのHPから提携航空会社の特典航空券も予約が出来るので、マイルでエミレーツもOK!<br />憧れのエミレーツ航空ファーストクラスも110,000マイルで取れるのです!<br /><br />今回の目的は、バーレーンに住む友達に会いに行く事(^o^)<br /><br />こんなきっかけでもなければバーレーンになんて行く機会もないし、行く時にはエミレーツのファーストクラスに乗ろうと決めていたのであります。<br /><br />せっかく行くならと、アブダビとドバイの観光も絡めてみました。<br /><br />2月2日(後半)<br />ルーブルアブダビを見たら、シェイク・ザイード・グランド・モスクワへ移動します。<br />白亜のモスクはそれは美しかった!<br />夕方になってしまったので、陽が落ちてからマジックアワー、漆黒に浮かび上がるモスクまで堪能出来ました。<br />夜はホテルのレストランで。<br />予想外の物が出てきてびっくり!<br /><br /><br />【旅行日程】<br />1/29 22:00 成田空港発 EK319便<br />     ↓<br />1/30 05:00 ドバイ国際空港着<br />  08:20 ドバイ国際空港発 EK837便<br />    ↓<br />08:40 バーレーン国際空港着<br /><br />2/1 09:40 バーレーン国際空港発 GF542便<br />     ↓<br />    11:45 アブダビ国際空港着<br /><br />2/4  午前 アブダビからドバイへバス移動<br /><br />2/6  02:55 ドバイ国際空港発 EK318便<br />     ↓<br />    17:20 成田空港着<br /><br />【航空券】<br />東京⇒ドバイ⇒バーレーン  特典航空券<br />ドバイ⇒東京        特典航空券<br />燃料サーチャージ       22500円<br />Tax他              9160円   合計31660円 <br /><br />バーレーン⇒ドバイ      BHD47<br />燃料サーチャージ       BHD21.8 合計BHD68.8(約20000円)<br /><br />【ホテル代】<br />2/1~4 Royal Rose Hotel<br />デラックスツインルーム(朝食付き) 3泊 AED1089(約31700円)<br />2/4~5 Royal Rose Hotel<br />     デラックスツインルーム (朝食なし) 1泊 AED435.6 (約12500円)<br />     <br />2/5~6 Arabia Courtyard Hotel&amp;Spa<br />クラシックルーム (朝食なし) 1泊 AED342(約10200円)<br /><br />1月29日<br />エミレーツ航空のファーストクラスに乗ってドバイへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11568770 <br /><br />1月30日<br />ドバイで乗り継ぎ、友達の住むバーレーンへ。<br />ムハラク地区散策とお洒落カフェ&初めてのアラブ料理<br />https://4travel.jp/travelogue/11571975<br /><br />1月31日<br />初めてのアバヤを着てグランモスクへ。<br />イタリアンでランチ&フォート(要塞)<br />https://4travel.jp/travelogue/11571975<br /><br />2月1日<br />友達と一緒にバーレーンからアブダビへ。<br />アジアカップ決勝!日本VSカタールのサッカー観戦☆<br />https://4travel.jp/travelogue/11576266<br /><br />2月2日<br />ルーブルアブダビとシェイク・ザイード・グランモスク<br />https://4travel.jp/travelogue/11577702(ルーブル編)<br />https://4travel.jp/travelogue/11597417(グランモスク編)←今、ここ<br /><br />2月3日<br />エミレーツ・パレスのティータイムと美味しいチャイニーズディナー<br />砂漠地帯で雨に降られた...。<br />友達はバーレーンのお家へ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11599301<br /><br />2月4日<br />アブダビからバスでドバイへ。<br />アル・ファヒーディ歴史地区とドバイモール<br />https://4travel.jp/travelogue/11603700(アル・ファヒディ編)<br />https://4travel.jp/travelogue/11606869(ドバイモール編)<br /><br /><br />2月5日<br />アル・ファヒーディ朝のお散歩・イブンバトゥータモール・マリーナ地区・ジュメイラビーチ<br />https://4travel.jp/travelogue/11608377<br /><br />2月6日<br />深夜便のエミレーツ航空ファーストクラスで帰国<br />https://4travel.jp/travelogue/11610162<br /><br /><br /><br />ダイジェスト版はこちら<br />https://4travel.jp/travelogue/11551159

2019年 エミレーツ航空ファーストクラスで行く☆夢のアラビア半島の旅【6】美しきシェイク・ザイード・グランドモスク&残念なホテルの夕食

55いいね!

2019/01/29 - 2019/02/06

84位(同エリア682件中)

milk

milkさん

この旅行記のスケジュール

2019/02/02

この旅行記スケジュールを元に

「2019年 エミレーツ航空ファーストクラスで行く☆夢のアラビア半島の旅」本編です♪

昨年のJGC修行の甲斐あって、JALのマイルが11万マイル貯まりました~\(^o^)/

お目当てはエミレーツのファーストクラス☆
JALのHPから提携航空会社の特典航空券も予約が出来るので、マイルでエミレーツもOK!
憧れのエミレーツ航空ファーストクラスも110,000マイルで取れるのです!

今回の目的は、バーレーンに住む友達に会いに行く事(^o^)

こんなきっかけでもなければバーレーンになんて行く機会もないし、行く時にはエミレーツのファーストクラスに乗ろうと決めていたのであります。

せっかく行くならと、アブダビとドバイの観光も絡めてみました。

2月2日(後半)
ルーブルアブダビを見たら、シェイク・ザイード・グランド・モスクワへ移動します。
白亜のモスクはそれは美しかった!
夕方になってしまったので、陽が落ちてからマジックアワー、漆黒に浮かび上がるモスクまで堪能出来ました。
夜はホテルのレストランで。
予想外の物が出てきてびっくり!


【旅行日程】
1/29 22:00 成田空港発 EK319便
     ↓
1/30 05:00 ドバイ国際空港着
  08:20 ドバイ国際空港発 EK837便
    ↓
08:40 バーレーン国際空港着

2/1 09:40 バーレーン国際空港発 GF542便
     ↓
    11:45 アブダビ国際空港着

2/4  午前 アブダビからドバイへバス移動

2/6  02:55 ドバイ国際空港発 EK318便
     ↓
    17:20 成田空港着

【航空券】
東京⇒ドバイ⇒バーレーン  特典航空券
ドバイ⇒東京        特典航空券
燃料サーチャージ       22500円
Tax他              9160円   合計31660円 

バーレーン⇒ドバイ      BHD47
燃料サーチャージ       BHD21.8 合計BHD68.8(約20000円)

【ホテル代】
2/1~4 Royal Rose Hotel
デラックスツインルーム(朝食付き) 3泊 AED1089(約31700円)
2/4~5 Royal Rose Hotel
     デラックスツインルーム (朝食なし) 1泊 AED435.6 (約12500円)
     
2/5~6 Arabia Courtyard Hotel&Spa
クラシックルーム (朝食なし) 1泊 AED342(約10200円)

1月29日
エミレーツ航空のファーストクラスに乗ってドバイへ
https://4travel.jp/travelogue/11568770

1月30日
ドバイで乗り継ぎ、友達の住むバーレーンへ。
ムハラク地区散策とお洒落カフェ&初めてのアラブ料理
https://4travel.jp/travelogue/11571975

1月31日
初めてのアバヤを着てグランモスクへ。
イタリアンでランチ&フォート(要塞)
https://4travel.jp/travelogue/11571975

2月1日
友達と一緒にバーレーンからアブダビへ。
アジアカップ決勝!日本VSカタールのサッカー観戦☆
https://4travel.jp/travelogue/11576266

2月2日
ルーブルアブダビとシェイク・ザイード・グランモスク
https://4travel.jp/travelogue/11577702(ルーブル編)
https://4travel.jp/travelogue/11597417(グランモスク編)←今、ここ

2月3日
エミレーツ・パレスのティータイムと美味しいチャイニーズディナー
砂漠地帯で雨に降られた...。
友達はバーレーンのお家へ。
https://4travel.jp/travelogue/11599301

2月4日
アブダビからバスでドバイへ。
アル・ファヒーディ歴史地区とドバイモール
https://4travel.jp/travelogue/11603700(アル・ファヒディ編)
https://4travel.jp/travelogue/11606869(ドバイモール編)


2月5日
アル・ファヒーディ朝のお散歩・イブンバトゥータモール・マリーナ地区・ジュメイラビーチ
https://4travel.jp/travelogue/11608377

2月6日
深夜便のエミレーツ航空ファーストクラスで帰国
https://4travel.jp/travelogue/11610162



ダイジェスト版はこちら
https://4travel.jp/travelogue/11551159

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
2.0
交通
5.0
同行者
友人
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • お待たせしました(^^;)<br /><br />一旦、中断していた昨年のアラビア旅行の続きです。<br /><br />ルーブルアブダビを堪能したら、タクシーでシェイク・ザイード・グランド・モスクに向かいました。<br /><br /><br />空港から市内に向かう途中で見えた、パイナップルみたいなビルが見えました~♪

    お待たせしました(^^;)

    一旦、中断していた昨年のアラビア旅行の続きです。

    ルーブルアブダビを堪能したら、タクシーでシェイク・ザイード・グランド・モスクに向かいました。


    空港から市内に向かう途中で見えた、パイナップルみたいなビルが見えました~♪

  • モスクが見えて来ましたよ!<br /><br />もう少し明るい時間に来るつもりだったのに、ルーブル・アブダビで思いの外時間を使ってしまったのでもう陽が傾いてきちゃった...。<br />

    モスクが見えて来ましたよ!

    もう少し明るい時間に来るつもりだったのに、ルーブル・アブダビで思いの外時間を使ってしまったのでもう陽が傾いてきちゃった...。

  • シェイク・ザイード・グランド・モスクに到着です!<br /><br />モスクの前でタクシーを降ります。<br />ルーブル・アブダビから60ディルハム(約1800円)<br />結構離れていたので、日本よりは安いですね。<br /><br />営業時間 は9:00~22:00(金曜は16:30~)ラマダン期間中は9:00~14:00<br />変更があるかもしれませんので、HPで確認することをお勧めします。<br /><br />先ほど、HPにアクセスしたら、事前予約が出来るようなことが書かれていました。<br />そうするとファストトラックから入れるようですよ。<br /><br />★シェイク・ザイード・グランド・モスク<br />https://www.szgmc.gov.ae/en/Home (日本語あり)

    シェイク・ザイード・グランド・モスクに到着です!

    モスクの前でタクシーを降ります。
    ルーブル・アブダビから60ディルハム(約1800円)
    結構離れていたので、日本よりは安いですね。

    営業時間 は9:00~22:00(金曜は16:30~)ラマダン期間中は9:00~14:00
    変更があるかもしれませんので、HPで確認することをお勧めします。

    先ほど、HPにアクセスしたら、事前予約が出来るようなことが書かれていました。
    そうするとファストトラックから入れるようですよ。

    ★シェイク・ザイード・グランド・モスク
    https://www.szgmc.gov.ae/en/Home (日本語あり)

  • タクシーの運転手さんには「この右側が入り口だよ」と教えてもらっていたのに、美しいモスクを目の前にしたらそっちに向かって歩いてた(^^;)<br /><br />

    タクシーの運転手さんには「この右側が入り口だよ」と教えてもらっていたのに、美しいモスクを目の前にしたらそっちに向かって歩いてた(^^;)

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 美しい~☆<br />目の前まで来ると迫力がまた違います。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    美しい~☆
    目の前まで来ると迫力がまた違います。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 大きすぎて全体が入らない...。

    大きすぎて全体が入らない...。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 回廊の部分をアップ。<br /><br />望遠レンズ持っていなかったので、これが限界...。

    回廊の部分をアップ。

    望遠レンズ持っていなかったので、これが限界...。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 早く中に入ってみたいな。<br />でも、柵があって、この先には進めません。<br /><br />あれ?<br />入り口はどこだ??<br /><br />あ、そういえばタクシーの運転手さんは降りた時に「ここを右側に行くと入り口があるよ」って教えてくれたけど、もしかしてそこからでないと入れなかった??<br /><br />

    早く中に入ってみたいな。
    でも、柵があって、この先には進めません。

    あれ?
    入り口はどこだ??

    あ、そういえばタクシーの運転手さんは降りた時に「ここを右側に行くと入り口があるよ」って教えてくれたけど、もしかしてそこからでないと入れなかった??

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • もう一度、タクシーを降りた場所まで戻ります(^^;)<br /><br />振り返ってカメラを向けると、モスクの全体がカメラに収まりました♪<br /><br />

    もう一度、タクシーを降りた場所まで戻ります(^^;)

    振り返ってカメラを向けると、モスクの全体がカメラに収まりました♪

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 入り口はこの丸いドームでした。<br /><br />ガラスのドームはフランス・ルーブル美術館のピラミッドのまんまるバージョンみたいみたい(笑)

    入り口はこの丸いドームでした。

    ガラスのドームはフランス・ルーブル美術館のピラミッドのまんまるバージョンみたいみたい(笑)

  • 入り口にはドレスコードが書かれた看板がありました。<br />イラストで描かれていると言葉の壁はなくてわかりやすいですね。<br /><br />女性は肌と髪を見せてはいけないので、肌を隠すアバヤという洋服と髪を隠すヒジャブという布を着用しなければなりません。<br /><br />こちらのモスクは観光客用に無料で貸し出ししてくれるので、持っていなくても大丈夫(^_-)<br />

    入り口にはドレスコードが書かれた看板がありました。
    イラストで描かれていると言葉の壁はなくてわかりやすいですね。

    女性は肌と髪を見せてはいけないので、肌を隠すアバヤという洋服と髪を隠すヒジャブという布を着用しなければなりません。

    こちらのモスクは観光客用に無料で貸し出ししてくれるので、持っていなくても大丈夫(^_-)

  • ガラスのドームはよく見ると模様が入っていました。<br /><br />ガラス越しに見るグランド・モスク。<br /><br />

    ガラスのドームはよく見ると模様が入っていました。

    ガラス越しに見るグランド・モスク。

  • ドームの内側も素敵ですよ~。<br /><br />エスカレーターで地下階に降りていきます。

    ドームの内側も素敵ですよ~。

    エスカレーターで地下階に降りていきます。

  • 入り口にタブレットのような機械が並んでいて、そこに自分の情報を記入するようになっていました。<br /><br />入場は無料なのですが、このようなチケットが発券されます。<br />

    入り口にタブレットのような機械が並んでいて、そこに自分の情報を記入するようになっていました。

    入場は無料なのですが、このようなチケットが発券されます。

  • チケットを購入したら、次はアバヤを借りて着替えます。<br /><br />先日、バーレーンでも来たので2回目です♪<br /><br />物凄い人数の観光客が訪れているのに、アバヤはちゃんと足りているのだからすごい。<br />しかも無料よ?<br /><br />そして、長~い地下通路を通ってモスクへと向かいます。<br /><br />この間の写真は撮っていなかったみたい。<br /><br />地下通路を出ると、目の前にグランド・モスクが現れます!<br />

    チケットを購入したら、次はアバヤを借りて着替えます。

    先日、バーレーンでも来たので2回目です♪

    物凄い人数の観光客が訪れているのに、アバヤはちゃんと足りているのだからすごい。
    しかも無料よ?

    そして、長~い地下通路を通ってモスクへと向かいます。

    この間の写真は撮っていなかったみたい。

    地下通路を出ると、目の前にグランド・モスクが現れます!

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • あこがれていたこの回廊!!<br /><br />素敵~☆<br /><br />やはり陽はもう沈みかけていますね。<br /><br />予定ではもう少し明るい時間に来て、まずは青い空の下でこの真っ白なモスクの姿を眺めようと思っていたの。<br /><br />で、改めて夕方から夜にかけてもう一度来ようと思っていたんだけど...。<br />中途半端になっちゃった??<br />

    イチオシ

    地図を見る

    あこがれていたこの回廊!!

    素敵~☆

    やはり陽はもう沈みかけていますね。

    予定ではもう少し明るい時間に来て、まずは青い空の下でこの真っ白なモスクの姿を眺めようと思っていたの。

    で、改めて夕方から夜にかけてもう一度来ようと思っていたんだけど...。
    中途半端になっちゃった??

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 時間と共に写り方も変わっていくので、まずはこの時間の姿を撮っておこう。

    時間と共に写り方も変わっていくので、まずはこの時間の姿を撮っておこう。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 夕陽が回廊の間を抜けて水面に移りこんでいます。

    夕陽が回廊の間を抜けて水面に移りこんでいます。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • きらきら~☆

    きらきら~☆

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • こちらがモスクの入り口です。<br /><br />真っ白な壁には、よく見ると植物柄の装飾が施されていました。<br /><br />さて、入っていきますよ~。<br /><br />

    こちらがモスクの入り口です。

    真っ白な壁には、よく見ると植物柄の装飾が施されていました。

    さて、入っていきますよ~。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 入り口を全体的に写したかったのだけど、記念写真を撮る人が絶えないのでモデルになって頂きました(^^;)<br /><br />

    入り口を全体的に写したかったのだけど、記念写真を撮る人が絶えないのでモデルになって頂きました(^^;)

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • ドームもシンプルなのにレースのような装飾が素敵~☆<br /><br />

    ドームもシンプルなのにレースのような装飾が素敵~☆

  • 可愛いタイル画もありました。<br />

    可愛いタイル画もありました。

  • そして、目の前には礼拝堂!<br /><br />あぁ~、もう陽がだいぶ落ちちゃった...。<br />太陽は礼拝堂の後ろに隠れています。<br /><br />これはもっと陽の高いうちに来ないと、青空に真っ白なモスクの姿は見られないのね。<br /><br />

    イチオシ

    地図を見る

    そして、目の前には礼拝堂!

    あぁ~、もう陽がだいぶ落ちちゃった...。
    太陽は礼拝堂の後ろに隠れています。

    これはもっと陽の高いうちに来ないと、青空に真っ白なモスクの姿は見られないのね。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • でも、この逆光がまた神秘的な姿を見せてくれていました。<br /><br />

    でも、この逆光がまた神秘的な姿を見せてくれていました。

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 違う場所から角度を変えて...。<br /><br />礼拝堂の真ん中にあるドームが一番大きいそうです。<br /><br />お花が描かれた床は大理石だそうですよ!

    違う場所から角度を変えて...。

    礼拝堂の真ん中にあるドームが一番大きいそうです。

    お花が描かれた床は大理石だそうですよ!

    シェイク ザィード グランド モスク 寺院・教会

  • 百合の花ですね。<br /><br />

    イチオシ

    百合の花ですね。

  • せっかくなのでここで記念撮影♪<br /><br />レンタルのアバヤは簡易的なものなので、るなさんも言っていたけどねずみ小僧みたい(^▽^;)<br /><br />友達は自分のアバヤを持参。<br />可愛くていいな~。

    せっかくなのでここで記念撮影♪

    レンタルのアバヤは簡易的なものなので、るなさんも言っていたけどねずみ小僧みたい(^▽^;)

    友達は自分のアバヤを持参。
    可愛くていいな~。

  • 回廊を歩いて礼拝堂へ向かいますよ~。<br />本当はガイドツアーに参加しようと思っていたのですが、ちょうど出てしまったばかりなのでオーディオガイドを借りて見学開始!<br /><br />この回廊を歩きたかったの~☆<br /><br />この列柱はアラビアの貴重な木、ナツメヤシがモチーフ。<br /><br />

    回廊を歩いて礼拝堂へ向かいますよ~。
    本当はガイドツアーに参加しようと思っていたのですが、ちょうど出てしまったばかりなのでオーディオガイドを借りて見学開始!

    この回廊を歩きたかったの~☆

    この列柱はアラビアの貴重な木、ナツメヤシがモチーフ。

  • 礼拝堂向かって左側(南側)の回廊。<br /><br />夕陽が差し込んで幻想的な空間を生み出していますよ。<br /><br />この柱、アーケードの周りに1096個もあるそうです!<br /><br />ちなみに、オーディオガイドを借りていたけど、その時の説明はほとんど記憶にない...。<br /><br />記載されている情報はシェイク・ザイード・グランド・モスクの公式HPから引用させていただいたものがほとんどです(^-^;<br /><br />

    礼拝堂向かって左側(南側)の回廊。

    夕陽が差し込んで幻想的な空間を生み出していますよ。

    この柱、アーケードの周りに1096個もあるそうです!

    ちなみに、オーディオガイドを借りていたけど、その時の説明はほとんど記憶にない...。

    記載されている情報はシェイク・ザイード・グランド・モスクの公式HPから引用させていただいたものがほとんどです(^-^;

  • 縦にも1枚。<br /><br />カメラが違うので、光の色合いが変わっています。<br />ちなみに上がiPhoneでこちらがミラーレス...。<br /><br />iPhone、なかなかやるね~(笑)

    縦にも1枚。

    カメラが違うので、光の色合いが変わっています。
    ちなみに上がiPhoneでこちらがミラーレス...。

    iPhone、なかなかやるね~(笑)

  • 柱にも美しいお花があしらわれています。<br />なんと手彫りだそうですよ!<br />この手彫りの手法は16世紀のイタリアのものだそうです。<br /><br />ラピスラズリ、アメジスト、アワビの貝殻、真珠などの半貴石をはめ込んで作られているんですって。<br />

    柱にも美しいお花があしらわれています。
    なんと手彫りだそうですよ!
    この手彫りの手法は16世紀のイタリアのものだそうです。

    ラピスラズリ、アメジスト、アワビの貝殻、真珠などの半貴石をはめ込んで作られているんですって。

  • この綺麗な青はラピスラズリかな?

    この綺麗な青はラピスラズリかな?

  • 回廊から、先ほど入ってきた門のほうを撮ってみました。<br /><br />東の空にはまだ青空が広がっていますね。

    回廊から、先ほど入ってきた門のほうを撮ってみました。

    東の空にはまだ青空が広がっていますね。

  • 縦にも1枚。<br /><br />ここには薔薇のモザイク画<br /><br />いろんなお花が書かれているのですね。

    縦にも1枚。

    ここには薔薇のモザイク画

    いろんなお花が書かれているのですね。

  • 礼拝堂が近付いて来ました。<br /><br />真っ白なモスクは純粋さと信心深さを表しているんですって。<br />しかも全てが大理石!<br />ドームの上に飾られている三日月は金ガラスのモザイクだそうです。<br /><br /><br />シェイク・ザイード・グランド・モスクはアラブ首長国連邦の最初の大統領ザーイド・ビン・スルターン・アール・ナヒヤーンの命によって建築が始まりました。<br />ところが、モスクの完成を待たずに2004年に亡くなってしまいます。<br /><br />モスクが完成したのは2007年。<br />このモスクで最初に執り行われた儀式が、シェイク・ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン氏の葬儀だったそうです。<br /><br /><br />シェイク・ザイード・グランド・モスクの名前はこの型の名前からきていることはもうお分かりですね。<br /><br />

    礼拝堂が近付いて来ました。

    真っ白なモスクは純粋さと信心深さを表しているんですって。
    しかも全てが大理石!
    ドームの上に飾られている三日月は金ガラスのモザイクだそうです。


    シェイク・ザイード・グランド・モスクはアラブ首長国連邦の最初の大統領ザーイド・ビン・スルターン・アール・ナヒヤーンの命によって建築が始まりました。
    ところが、モスクの完成を待たずに2004年に亡くなってしまいます。

    モスクが完成したのは2007年。
    このモスクで最初に執り行われた儀式が、シェイク・ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤーン氏の葬儀だったそうです。


    シェイク・ザイード・グランド・モスクの名前はこの型の名前からきていることはもうお分かりですね。

  • どんどん陽は沈んでいき、回廊は茜色に染まって行きます。

    どんどん陽は沈んでいき、回廊は茜色に染まって行きます。

  • ちょっと場所が変わるだけで見え方が違うから、つい写真を撮ってしまう。<br /><br />同じような写真が沢山出てきますが、私の写真の保存も兼ねていますのでお許しくださいm(__)m<br />

    ちょっと場所が変わるだけで見え方が違うから、つい写真を撮ってしまう。

    同じような写真が沢山出てきますが、私の写真の保存も兼ねていますのでお許しくださいm(__)m

  • 礼拝堂側から見た門。<br /><br />

    礼拝堂側から見た門。

  • 南側の回廊。<br />まんまるドームが並んでいるのが可愛い♪<br /><br />このドームは大小合わせて全部で82個あるんですって。

    イチオシ

    南側の回廊。
    まんまるドームが並んでいるのが可愛い♪

    このドームは大小合わせて全部で82個あるんですって。

  • 回廊の角には美しく聳えるミナレット。

    回廊の角には美しく聳えるミナレット。

  • ミナレットはアザーンと言うお祈りの時間を呼びかけるためのもの。<br /><br />今ではここにスピーカーが取り付けられていて、そこから大きな音量で呼びかけられるようになっていますが、昔はこの塔から町の人々に向かって大きな声で呼びかけていたそうです。<br /><br />このミナレットは四角く囲われた回廊の4隅に合計4つあります。<br /><br />各ミナレットは3つの異なる幾何学的形状で構成されているんですって。<br />1つ目は、アラビア語のモロッコ様式の建築様式、アンダルシア様式およびマムルーク様式に従って建てられたミナレットの基部を形成する広場です。<br />第二は、マムルーク朝時代にまでさかのぼる設計である八角形の形状を有します。第三は、オスマン時代に現れた円筒形状を保持します。金ガラスのモザイクで覆われたcrown冠式ランタンは、ファティミッド時代に遡ります。<br /><br />※公式HPより

    ミナレットはアザーンと言うお祈りの時間を呼びかけるためのもの。

    今ではここにスピーカーが取り付けられていて、そこから大きな音量で呼びかけられるようになっていますが、昔はこの塔から町の人々に向かって大きな声で呼びかけていたそうです。

    このミナレットは四角く囲われた回廊の4隅に合計4つあります。

    各ミナレットは3つの異なる幾何学的形状で構成されているんですって。
    1つ目は、アラビア語のモロッコ様式の建築様式、アンダルシア様式およびマムルーク様式に従って建てられたミナレットの基部を形成する広場です。
    第二は、マムルーク朝時代にまでさかのぼる設計である八角形の形状を有します。第三は、オスマン時代に現れた円筒形状を保持します。金ガラスのモザイクで覆われたcrown冠式ランタンは、ファティミッド時代に遡ります。

    ※公式HPより

  • さあ、礼拝堂に入りましょう!<br /><br />お部屋に入ると美しい装飾にうっとり...。<br />皆さんの旅行記で拝見していたけど、自分の目で見ると感動が違う☆<br />

    さあ、礼拝堂に入りましょう!

    お部屋に入ると美しい装飾にうっとり...。
    皆さんの旅行記で拝見していたけど、自分の目で見ると感動が違う☆

  • ドームからシャンデリアが吊るされています。<br />

    ドームからシャンデリアが吊るされています。

  • モードを変えたら暖色系になった。<br /><br />どちらも捨てがたくて両方残す(笑)

    モードを変えたら暖色系になった。

    どちらも捨てがたくて両方残す(笑)

  • このシャンデリア、素敵☆

    このシャンデリア、素敵☆

  • ステンドグラスが施されたガラス窓とシャンデリア。<br /><br />

    ステンドグラスが施されたガラス窓とシャンデリア。

  • ロビーを抜けると礼拝堂がありました!<br /><br />でも、ここにはロープが張られていて、中に入ることが出来ない...。<br />しかも、人がわんさかいて、落ち着いて写真も撮れな~い(T_T)

    イチオシ

    ロビーを抜けると礼拝堂がありました!

    でも、ここにはロープが張られていて、中に入ることが出来ない...。
    しかも、人がわんさかいて、落ち着いて写真も撮れな~い(T_T)

  • 礼拝堂の真ん中にあるこのシャンデリアはモスクで世界最大のものの1つと考えられていて、重量は約12トン。<br />これが見たかったの~♪<br /><br />ドイツはミュンヘンで作られたクリスタルのシャンデリアです。<br /><br />金メッキされたステンレス鋼と金メッキされた真鍮で作られていて、スワロフスキークリスタルがちりばめられているんですって☆<br />

    礼拝堂の真ん中にあるこのシャンデリアはモスクで世界最大のものの1つと考えられていて、重量は約12トン。
    これが見たかったの~♪

    ドイツはミュンヘンで作られたクリスタルのシャンデリアです。

    金メッキされたステンレス鋼と金メッキされた真鍮で作られていて、スワロフスキークリスタルがちりばめられているんですって☆

  • シャンデリアが吊るされているドームにも草花のような美しい装飾が施されています。<br /><br />でも、この12トンものシャンデリアの重さに耐えられるドームもまたすごいと思う...。<br />ヨーロッパの教会を見ても良く思うけど、この建築技術って過ぎすぎる!

    シャンデリアが吊るされているドームにも草花のような美しい装飾が施されています。

    でも、この12トンものシャンデリアの重さに耐えられるドームもまたすごいと思う...。
    ヨーロッパの教会を見ても良く思うけど、この建築技術って過ぎすぎる!

  • 広い礼拝堂。<br /><br />確か、この中を歩けるんじゃなかったかな~。<br /><br />

    広い礼拝堂。

    確か、この中を歩けるんじゃなかったかな~。

  • このモスクで最も貴重なのがこの礼拝堂一面に敷かれた大きなペルシャ絨毯!<br /><br />これは世界最大の手織りの絨毯で、複雑なイスラムのメダリオンデザイン。<br />第3世代のカーペットメーカーでアーティストのアリハリキ博士によって作られたそうです。<br /><br />この場でつなぎ合わされていったそうですよ!<br />そうして作られた1枚のカーペットの大きさは5,700平方メートルで、約70%がウール、残りの30%がコットン。<br />お値段にすると9億円だとか!!<br /><br />このカーペットの上を歩きたい( *´艸`)<br /><br />と思ったら、中を歩いている人もいたのですよ。<br />そういえば、ツアーに参加すれば入れるんじゃなかった??<br />これはやっぱりツアーにも参加したい!<br /><br />

    このモスクで最も貴重なのがこの礼拝堂一面に敷かれた大きなペルシャ絨毯!

    これは世界最大の手織りの絨毯で、複雑なイスラムのメダリオンデザイン。
    第3世代のカーペットメーカーでアーティストのアリハリキ博士によって作られたそうです。

    この場でつなぎ合わされていったそうですよ!
    そうして作られた1枚のカーペットの大きさは5,700平方メートルで、約70%がウール、残りの30%がコットン。
    お値段にすると9億円だとか!!

    このカーペットの上を歩きたい( *´艸`)

    と思ったら、中を歩いている人もいたのですよ。
    そういえば、ツアーに参加すれば入れるんじゃなかった??
    これはやっぱりツアーにも参加したい!

  • えっと、一度外に出たんだったかな(^^;)

    えっと、一度外に出たんだったかな(^^;)

  • 確か別のホール。<br /><br />ほんと、どこも美しい。

    確か別のホール。

    ほんと、どこも美しい。

  • お花の形をした時計が可愛い。<br /><br />この時計は中心のマリの部分が現在の時刻、まわりのデジタル数字部分はその日の礼拝の時間を示しています。<br /><br />これはアラビア文字なので、なんだかさっぱり分かりません(^^;)

    お花の形をした時計が可愛い。

    この時計は中心のマリの部分が現在の時刻、まわりのデジタル数字部分はその日の礼拝の時間を示しています。

    これはアラビア文字なので、なんだかさっぱり分かりません(^^;)

  • こちら側からはメインの礼拝堂を横から眺めることが出来ました。<br /><br />シャンデリアが3つ並んでいますよ~☆<br />

    こちら側からはメインの礼拝堂を横から眺めることが出来ました。

    シャンデリアが3つ並んでいますよ~☆

  • 縦にも一枚♪<br /><br />このシャンデリアだけでいくらするんだろう...。<br />

    イチオシ

    縦にも一枚♪

    このシャンデリアだけでいくらするんだろう...。

  • シャンデリアの上の部分。<br /><br />薄いクリスタルのようなものが何枚も丁寧に折り重なっていました。<br /><br />

    シャンデリアの上の部分。

    薄いクリスタルのようなものが何枚も丁寧に折り重なっていました。

  • 壁にも美しい模様が描かれていますよ。<br /><br />黄色いお花が可愛い♪<br />

    壁にも美しい模様が描かれていますよ。

    黄色いお花が可愛い♪

  • さて、そろそろ出ましょう。<br /><br />可愛いガラス窓越しに見た回廊が素敵だった☆

    さて、そろそろ出ましょう。

    可愛いガラス窓越しに見た回廊が素敵だった☆

  • またこの美しい回廊を歩いて戻るのもいいけど、せっかくなので外側を歩いてみようと思います。<br />

    またこの美しい回廊を歩いて戻るのもいいけど、せっかくなので外側を歩いてみようと思います。

  • 礼拝堂側の出口。<br /><br />植物の装飾がここにも!<br />緑やお花が少ない国だから、せめて装飾だけでも華やかにしているのかな。<br /><br />

    礼拝堂側の出口。

    植物の装飾がここにも!
    緑やお花が少ない国だから、せめて装飾だけでも華やかにしているのかな。

  • 回廊の外側を歩きたかったのは...。<br /><br /><br />水面に移る回廊を見たかったから~(^o^)<br /><br />ちょうどライトアップが始まりましたよ!

    回廊の外側を歩きたかったのは...。


    水面に移る回廊を見たかったから~(^o^)

    ちょうどライトアップが始まりましたよ!

  • これこれ~!<br /><br />これも見たかったの~☆<br /><br />反射プールという、回廊に沿って水を張ったプール。<br />ここに回廊が映り込むようになっているんです!<br />

    これこれ~!

    これも見たかったの~☆

    反射プールという、回廊に沿って水を張ったプール。
    ここに回廊が映り込むようになっているんです!

  • まるで鏡のように映り込んで幻想的。<br /><br />プールには水色のタイルが敷かれているので、明るい時に見たらまた違う印象になるようです。

    イチオシ

    まるで鏡のように映り込んで幻想的。

    プールには水色のタイルが敷かれているので、明るい時に見たらまた違う印象になるようです。

  • 写真を撮っているうちにマジックアワー♪<br /><br />移り変わる空の色によって見え方も変わっていきます。

    写真を撮っているうちにマジックアワー♪

    移り変わる空の色によって見え方も変わっていきます。

  • 刻々と変わる空の色。<br /><br />モスクのブルーのライトアップと重なり、幻想的な姿に変っていきます。<br /><br />「空が青から闇に変る時」<br />お祈りの時間ですね。<br /><br />

    刻々と変わる空の色。

    モスクのブルーのライトアップと重なり、幻想的な姿に変っていきます。

    「空が青から闇に変る時」
    お祈りの時間ですね。

  • マジックアワーはわずかな時間。<br />

    マジックアワーはわずかな時間。

  • この大好きな、美しい時間を堪能しないとね。

    この大好きな、美しい時間を堪能しないとね。

  • ため息をつく美しさ...。<br /><br />モスクについた時は「出遅れた?」と思ったけど、この時間にいられた事はラッキーだったかも?

    ため息をつく美しさ...。

    モスクについた時は「出遅れた?」と思ったけど、この時間にいられた事はラッキーだったかも?

  • そうだ!、正面のモスクも見に行こう!!<br /><br />

    そうだ!、正面のモスクも見に行こう!!

  • うゎ~!!<br /><br />なんて素敵なのでしょう!<br />これぞまさしくアラビアンナイトの世界☆<br />

    イチオシ

    うゎ~!!

    なんて素敵なのでしょう!
    これぞまさしくアラビアンナイトの世界☆

  • ライトアップされた回廊が大理石に反射して映り込んでいますよ。

    ライトアップされた回廊が大理石に反射して映り込んでいますよ。

  • 反対側も1枚。<br /><br />この時間のモスクが見られて良かった~☆

    反対側も1枚。

    この時間のモスクが見られて良かった~☆

  • 太陽の明かりが最後に放たれたのか、一瞬だけオレンジ色になりました。

    太陽の明かりが最後に放たれたのか、一瞬だけオレンジ色になりました。

  • マジックアワーを堪能したら、ガイドツアーの申し込みに行きました。<br /><br />次は18:30から。<br /><br />正面入り口の入って右側に申込書があり、そこで受付をしたらイヤホンガイドを受け取ります。<br /><br />ガイドは英語のみですが、参加は無料です♪<br />私は写真を撮るのが目的なので、英語はあまり分からないけどいいかな(^^;)<br /><br />ちなみに、ツアーガイドの時間は公式HPで確認できます。<br /><br /><br /><br />

    マジックアワーを堪能したら、ガイドツアーの申し込みに行きました。

    次は18:30から。

    正面入り口の入って右側に申込書があり、そこで受付をしたらイヤホンガイドを受け取ります。

    ガイドは英語のみですが、参加は無料です♪
    私は写真を撮るのが目的なので、英語はあまり分からないけどいいかな(^^;)

    ちなみに、ツアーガイドの時間は公式HPで確認できます。



  • まだ時間があったので、もう少し礼拝堂を眺めていましょう。<br />この建物の姿は、インドのタージ・マハルがモデルになっているとか。<br />

    まだ時間があったので、もう少し礼拝堂を眺めていましょう。
    この建物の姿は、インドのタージ・マハルがモデルになっているとか。

  • ツアーは礼拝堂向かって右側(北側)の回廊から始まります。<br /><br />ツアーが始まる18:30には濃紺の夜空になっていました。<br /><br />

    ツアーは礼拝堂向かって右側(北側)の回廊から始まります。

    ツアーが始まる18:30には濃紺の夜空になっていました。

  • 更にキラキラの回廊☆<br />

    更にキラキラの回廊☆

  • 英語のガイドを聞きながら進んでいきます。<br /><br />移り変わる空の色と、ともに変化するモスクの姿を少しでも残しておきたいと思い、写真撮りまくりの私(^^;)<br /><br />

    英語のガイドを聞きながら進んでいきます。

    移り変わる空の色と、ともに変化するモスクの姿を少しでも残しておきたいと思い、写真撮りまくりの私(^^;)

  • 夜の回廊はアラジンの世界に迷い込んだようです。<br />

    夜の回廊はアラジンの世界に迷い込んだようです。

  • まだ明るかった時とは雰囲気が違うので、同じような場所だけど何枚も写真を撮ってしまうよ。<br /><br />

    イチオシ

    まだ明るかった時とは雰囲気が違うので、同じような場所だけど何枚も写真を撮ってしまうよ。

  • 柱の説明はオーディオガイドで聞いたのと一緒でした。<br /><br />

    柱の説明はオーディオガイドで聞いたのと一緒でした。

  • 本当に美しい装飾...。

    本当に美しい装飾...。

  • なんと!!<br /><br />普通では足を踏み入れてはいけない大理石の中庭に入ることが出来ました!!<br /><br />

    なんと!!

    普通では足を踏み入れてはいけない大理石の中庭に入ることが出来ました!!

  • 大理石の中庭から見た回廊。<br /><br />ピカピカの大理石は水面みたい。<br />ライトアップされた回廊を見事に映し出しています。<br />

    大理石の中庭から見た回廊。

    ピカピカの大理石は水面みたい。
    ライトアップされた回廊を見事に映し出しています。

  • 入り口の門の方向。<br /><br />沢山の人が礼拝堂の正面の姿を見ようと集まっています。

    入り口の門の方向。

    沢山の人が礼拝堂の正面の姿を見ようと集まっています。

  • 礼拝堂。<br /><br />美しすぎる~☆<br />回廊の明かりは黄金の光を放っています。<br /><br />一回でこの夜の姿まで見られたのは良かったかも!

    礼拝堂。

    美しすぎる~☆
    回廊の明かりは黄金の光を放っています。

    一回でこの夜の姿まで見られたのは良かったかも!

  • 回廊のところどころにあるドームにはそれぞれ違った装飾が施されていました。<br /><br />なんだか吸い込まれそう。

    回廊のところどころにあるドームにはそれぞれ違った装飾が施されていました。

    なんだか吸い込まれそう。

  • うわ~!<br />このタイル画も素敵☆<br /><br />

    うわ~!
    このタイル画も素敵☆

  • お待ちかねの礼拝堂です。<br /><br />まずはホールへ。<br /><br />先ほどと入り口は違いますが、同じシャンデリアが飾られていますね。<br />壁の装飾はちょっと違うようです。<br />

    お待ちかねの礼拝堂です。

    まずはホールへ。

    先ほどと入り口は違いますが、同じシャンデリアが飾られていますね。
    壁の装飾はちょっと違うようです。

  • 夜のシャンデリアはまた感じが違って見えるのは気のせい?<br /><br />クリスタルの装飾がさらに綺麗に見える気がする。

    夜のシャンデリアはまた感じが違って見えるのは気のせい?

    クリスタルの装飾がさらに綺麗に見える気がする。

  • 良く見ると、花びらはクリスタルカットになっているのね。<br /><br />ひとつひとつ、丁寧に作られたのでしょうね。

    良く見ると、花びらはクリスタルカットになっているのね。

    ひとつひとつ、丁寧に作られたのでしょうね。

  • 床の大理石の薔薇。<br /><br />

    床の大理石の薔薇。

  • さて、いよいよ礼拝堂の中に入っていきますよ~!<br /><br />礼拝堂の中は土足厳禁。<br />入り口で靴を脱いで入ります。

    さて、いよいよ礼拝堂の中に入っていきますよ~!

    礼拝堂の中は土足厳禁。
    入り口で靴を脱いで入ります。

  • きゃ~っ♪<br /><br />9億円の絨毯の上を歩いてる~( *´艸`)

    きゃ~っ♪

    9億円の絨毯の上を歩いてる~( *´艸`)

  • お気に入りの柄を見つけてズームアップ♪<br /><br />とっても綺麗な1枚の絨毯に仕上がっていますが、つなぎ合わせる作業は相当大変だったでしょうね。<br /><br />全くつなぎ目が分からないのですから、高度な技術が必要になるはずです。<br />織るだけでも大変なのに、本当にすごい...。<br />

    お気に入りの柄を見つけてズームアップ♪

    とっても綺麗な1枚の絨毯に仕上がっていますが、つなぎ合わせる作業は相当大変だったでしょうね。

    全くつなぎ目が分からないのですから、高度な技術が必要になるはずです。
    織るだけでも大変なのに、本当にすごい...。

  • このイエローの絨毯も素敵です。<br /><br />

    このイエローの絨毯も素敵です。

  • シャンデリアもこんなに近くで見られるんですよ~☆<br />

    シャンデリアもこんなに近くで見られるんですよ~☆

  • このツアーは無料なので、「英語は分からない!」と敬遠しないで参加することをお勧めします(^_-)<br /><br />みんなロープの前で眺めているのに、礼拝堂の中を歩き回っているこの優越感!<br /><br />是非、味わってみてください♪

    このツアーは無料なので、「英語は分からない!」と敬遠しないで参加することをお勧めします(^_-)

    みんなロープの前で眺めているのに、礼拝堂の中を歩き回っているこの優越感!

    是非、味わってみてください♪

  • モスクには祭壇はなく、メッカの方向にお祈りを捧げます。<br />メッカの方向にある壁が「キブラの壁」と呼ばれ、その真ん中にあるこのくぼみはミフラーブ。<br /><br />ムスリムは1日5回、この方向に向かってお祈りを捧げます。<br />現在のイスラム教では、メッカのマスジド・ハラームにあるカアバの方向だそう。<br /><br />

    モスクには祭壇はなく、メッカの方向にお祈りを捧げます。
    メッカの方向にある壁が「キブラの壁」と呼ばれ、その真ん中にあるこのくぼみはミフラーブ。

    ムスリムは1日5回、この方向に向かってお祈りを捧げます。
    現在のイスラム教では、メッカのマスジド・ハラームにあるカアバの方向だそう。

  • こちらは説教壇(ミンバル)<br />礼拝の先達をする導師(イマーム)が座るそうです。<br /><br />マザーオブパール、ガラスモザイク、ホワイトゴールドをはめ込んだ彫刻が施された杉の木で作られた花とシェルのデザインが特徴。<br /><br />ドームの上には三日月形のフィニアル(飾り)も見られますね。

    こちらは説教壇(ミンバル)
    礼拝の先達をする導師(イマーム)が座るそうです。

    マザーオブパール、ガラスモザイク、ホワイトゴールドをはめ込んだ彫刻が施された杉の木で作られた花とシェルのデザインが特徴。

    ドームの上には三日月形のフィニアル(飾り)も見られますね。

  • ここにもお花の時計がありました。<br /><br />こちらは普通に数字なので分かりやすいですね。<br />

    ここにもお花の時計がありました。

    こちらは普通に数字なので分かりやすいですね。

  • 礼拝堂内の装飾をもう少し見てみましょう。<br /><br />こちらの柱にも美しい螺鈿装飾。<br />

    礼拝堂内の装飾をもう少し見てみましょう。

    こちらの柱にも美しい螺鈿装飾。

  • 柱の間にあったプルメリアのようなお花が可愛い☆

    柱の間にあったプルメリアのようなお花が可愛い☆

  • ふかふかの絨毯も、煌びやかなシャンデリアも十分い堪能し、礼拝堂を後にします...。

    ふかふかの絨毯も、煌びやかなシャンデリアも十分い堪能し、礼拝堂を後にします...。

  • 外に出ると、すっかり真っ暗になっていました。<br /><br />また違った姿を見せてくれたモスク。<br /><br />漆黒の夜空に浮かび上がるブルーのモスクはなんて幻想的なのでしょう!

    外に出ると、すっかり真っ暗になっていました。

    また違った姿を見せてくれたモスク。

    漆黒の夜空に浮かび上がるブルーのモスクはなんて幻想的なのでしょう!

  • また、写真撮影タイム再開です(^^;)<br /><br />

    また、写真撮影タイム再開です(^^;)

  • 入り口の門から。<br /><br />ここは昼間に撮ったほうがきれいだったかな(^^;)<br /><br />

    入り口の門から。

    ここは昼間に撮ったほうがきれいだったかな(^^;)

  • 最後に外側から回廊を眺めて帰りましょう。<br /><br />

    最後に外側から回廊を眺めて帰りましょう。

  • はぁ~、綺麗...。

    はぁ~、綺麗...。

  • 付いたのが予定より遅かったので失敗したかな?と思ったけど、おかげで夕方から刻々と移り変わるモスクの姿を一度に見られたからかえって良かったかな。<br /><br />泊まっているホテルからモスクはちょっと離れていたので、もう一度来るのは大変だったかも。<br /><br />おかげで明日の夜の時間も空いたしね。

    付いたのが予定より遅かったので失敗したかな?と思ったけど、おかげで夕方から刻々と移り変わるモスクの姿を一度に見られたからかえって良かったかな。

    泊まっているホテルからモスクはちょっと離れていたので、もう一度来るのは大変だったかも。

    おかげで明日の夜の時間も空いたしね。

  • 同じ場所なのに、気付いたらものすごい量の写真になってしまった(^^;)<br /><br />みんな残しておきたい姿だったからお許しくださいm(__)m

    同じ場所なのに、気付いたらものすごい量の写真になってしまった(^^;)

    みんな残しておきたい姿だったからお許しくださいm(__)m

  • さて、そろそろ帰りましょうかね。<br />

    さて、そろそろ帰りましょうかね。

  • 機会があったらまた来てみたい。<br /><br />今度はもっと早い時間に来て、青空の下の真っ白なモスクが見たいな~。<br /><br />その時もまたエミレーツのファーストクラスで来たい(笑)

    機会があったらまた来てみたい。

    今度はもっと早い時間に来て、青空の下の真っ白なモスクが見たいな~。

    その時もまたエミレーツのファーストクラスで来たい(笑)

  • また長~い地下通路を通って出口へと向かいます。<br /><br />最後にアバヤを返却。<br /><br />出入り口のドームもブルーにライトアップされていました♪<br /><br />バスで帰るという選択もあるけど、バスて今ではちょっと歩くそう。<br />もう暗いのでタクシーで帰ろうと思うけど、さて、どこで捕まえよう?<br /><br />と思ったら、ちょうどお客を乗せたタクシーが来て、その方と入れ替わりで乗ることが出来ました(^o^)<br /><br /><br />

    また長~い地下通路を通って出口へと向かいます。

    最後にアバヤを返却。

    出入り口のドームもブルーにライトアップされていました♪

    バスで帰るという選択もあるけど、バスて今ではちょっと歩くそう。
    もう暗いのでタクシーで帰ろうと思うけど、さて、どこで捕まえよう?

    と思ったら、ちょうどお客を乗せたタクシーが来て、その方と入れ替わりで乗ることが出来ました(^o^)


  • 最後にタクシーの中から1枚。<br /><br />名残惜しいけど、ホテルに戻ります。

    最後にタクシーの中から1枚。

    名残惜しいけど、ホテルに戻ります。

  • ホテルに戻ってきました~。<br /><br />もう、今日は遅くなってしまったので、ホテルのレストランで夕食を食べることにしました。<br /><br />

    ホテルに戻ってきました~。

    もう、今日は遅くなってしまったので、ホテルのレストランで夕食を食べることにしました。

    ロイヤル ローズ ホテル ホテル

  • 素敵な階段を上って中2階にある「ブラッスリー・カフェ」<br /><br />

    素敵な階段を上って中2階にある「ブラッスリー・カフェ」

    ロイヤル ローズ ホテル ホテル

  • ちょっと優雅な夕食になりそうな予感♪

    ちょっと優雅な夕食になりそうな予感♪

    ロイヤル ローズ ホテル ホテル

  • こんな雰囲気のレストラン、大好き☆

    こんな雰囲気のレストラン、大好き☆

    ロイヤル ローズ ホテル ホテル

  • アラブというより、ヨーロッパの邸宅って感じ?<br /><br />カーテンだけアラビック。

    アラブというより、ヨーロッパの邸宅って感じ?

    カーテンだけアラビック。

    ロイヤル ローズ ホテル ホテル

  • 映画のパンフレットのような、おしゃれなメニュー。<br />

    映画のパンフレットのような、おしゃれなメニュー。

    ロイヤル ローズ ホテル ホテル

  • メニューを開いても、やっぱりパンフレットみたい!<br /><br />こんなに素敵なお店なら期待しちゃいますね(^o^)<br /><br />

    メニューを開いても、やっぱりパンフレットみたい!

    こんなに素敵なお店なら期待しちゃいますね(^o^)

  • パンが運ばれてきました。<br /><br />美味しそうに包まれているけど...。<br /><br />あれ?美味しくない(-_-;)<br /><br /><br />そっか、同じホテルだもん、朝食べたパンと一緒だよね。<br />朝も味しくないって思ったんだっけ。<br />

    パンが運ばれてきました。

    美味しそうに包まれているけど...。

    あれ?美味しくない(-_-;)


    そっか、同じホテルだもん、朝食べたパンと一緒だよね。
    朝も味しくないって思ったんだっけ。

  • そこまでお腹が空いていたわけではないので、二人ともオニオングラタンスープにしてみました♪<br /><br />こんなヨーロピアンなレストランですから、きっと美味しいはず。<br /><br /><br />ところが、運ばれてきたのは想像していたオニオングラタンスープとちょっと違った...。<br /><br />一口飲んでみると、玉ねぎはとろとろに煮込まれていてとってもいい感じなのに、なんだか変なスパイスの味が((+_+))<br /><br />これなら飛行機の中で食べたオニオングラタンスープのほうが美味しいよ?<br /><br />お互い箸改めスプーンが進まない...。<br /><br />あまりにもかけ離れた味の違いに耐え切れず、友達が「これはオニオングラタンスープじゃない。」とウエイターさんにクレーム。<br />「何が違うのか?」と聞かれたので、普通はこんなスパイスを使わないと抗議。<br />相当ご自慢のスープだったようで、なかなか引き下がらなかったけど、最終的には「前にも言われたことがある。」だって(-_-;)<br /><br />そりゃ、この味じゃクレーム来るでしょう。<br />これは「アラビア風オニオングラタンスープ」と書くべきでしたね。<br />ちなみに、これは「アラビア料理」のカテゴリーには入っていませんでした。<br /><br />もう、食べる気が失せたので返品させて頂きました。<br /><br />っていうか、そこまで交渉する友達がすごい!<br />私ももっと英語が堪能になりたい...。<br /><br />「せめてパンだけでもどうぞ」と言われたけど、こても美味しくないから下げてもらったよ。<br /><br />でもね、玉ねぎの煮込み具合が本当に良かったから、普通の味付けで食べたかった...。<br /><br />

    そこまでお腹が空いていたわけではないので、二人ともオニオングラタンスープにしてみました♪

    こんなヨーロピアンなレストランですから、きっと美味しいはず。


    ところが、運ばれてきたのは想像していたオニオングラタンスープとちょっと違った...。

    一口飲んでみると、玉ねぎはとろとろに煮込まれていてとってもいい感じなのに、なんだか変なスパイスの味が((+_+))

    これなら飛行機の中で食べたオニオングラタンスープのほうが美味しいよ?

    お互い箸改めスプーンが進まない...。

    あまりにもかけ離れた味の違いに耐え切れず、友達が「これはオニオングラタンスープじゃない。」とウエイターさんにクレーム。
    「何が違うのか?」と聞かれたので、普通はこんなスパイスを使わないと抗議。
    相当ご自慢のスープだったようで、なかなか引き下がらなかったけど、最終的には「前にも言われたことがある。」だって(-_-;)

    そりゃ、この味じゃクレーム来るでしょう。
    これは「アラビア風オニオングラタンスープ」と書くべきでしたね。
    ちなみに、これは「アラビア料理」のカテゴリーには入っていませんでした。

    もう、食べる気が失せたので返品させて頂きました。

    っていうか、そこまで交渉する友達がすごい!
    私ももっと英語が堪能になりたい...。

    「せめてパンだけでもどうぞ」と言われたけど、こても美味しくないから下げてもらったよ。

    でもね、玉ねぎの煮込み具合が本当に良かったから、普通の味付けで食べたかった...。

  • 何も頼まずに出るのはさすがに申し訳ないので、お茶だけ頂きました。<br />カフェラテは普通に美味しかった(笑)<br /><br />

    何も頼まずに出るのはさすがに申し訳ないので、お茶だけ頂きました。
    カフェラテは普通に美味しかった(笑)

  • しかも、お詫びにとフルーツの盛り合わせまで頂いちゃった♪<br /><br />恐らく、宿泊者だと分かったから?<br /><br />せっかくなので、遠慮なく頂きました。<br />これも普通に美味しかった。<br /><br />今日は美しいものをたくさん見たのに、最後にちょっと嫌な気分になってしまったけど、ウエイターさんが一生懸命対応してくれたから良しとしましょう。<br /><br />

    しかも、お詫びにとフルーツの盛り合わせまで頂いちゃった♪

    恐らく、宿泊者だと分かったから?

    せっかくなので、遠慮なく頂きました。
    これも普通に美味しかった。

    今日は美しいものをたくさん見たのに、最後にちょっと嫌な気分になってしまったけど、ウエイターさんが一生懸命対応してくれたから良しとしましょう。

55いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • まほうのべるさん 2020/02/13 20:44:29
    一日中いたい!
    こんばんは。milkさん。

    昼夜のグランドモスクをため息をついて見ていました。
    是非、言ってみたい場所の一つなんです。

    るなさんの旅行記を見たときから憧れていて、ドバイはパスしてもいいからアブダビに行きたいって思っています。鶴ちゃんがドバイに就航していれば、すぐにでも飛んでいくんだけどな。

    ガイドツアーに参加すれば素敵な絨毯やステンドグラスなどが近くで見られるなんていいですね。

    でも入場料もガイドツアーも無料だなんて、スゴイですよね。
    入場料がどんなに高くてもたくさんの人が訪れるでしょうね。

    まほうのべる

    milk

    milkさん からの返信 2020/02/13 21:47:05
    RE: 一日中いたい!
    べるちゃん、こんばんは☆
    いつもご覧頂き、ありがとうございます(^o^)

    シェイク・ザイード・グランド・モスクはとても素敵でしたので、是非行ってみて下さい!
    わたしもるなさんの旅行記を見て憧れていました♪

    ドバイから日帰りで訪れる人も多いのですが、夜のモスクも堪能するならやっぱりアブダビに泊まったほうがいいかな〜?
    ドバイ&アブダビなら短期でも楽しめると思います。
    ドバイはパスしてもいいかもしれないけど、この後に紹介する歴史地区はお勧めです。

    ガイドツアーのは是非、参加してみて下さい!
    絨毯の上を歩けるのは感動ですよ〜。
    さすがお金持ちの国、入場料は無料です(^_-)

    でも、こんなに素敵だったら入場料払ってでもみんな行きますよね。

    私は明日から母とハワイに行ってきます。
    こうしてまた旅行記のアップが遅くなる(^^;)


    milk



  • チェブコさん 2020/02/12 17:02:43
    ライトアップ素敵です
    milkさん初めまして

    旅行記、楽しく拝見させていただきました。
    このモスクに2020/2/9に訪れました。昼間に見学したので、
    頭に巻いたスカーフが暑くてヘトヘトでした。
    写真は青い空と白いモスクが撮ることが出来ましたが、
    現地ツアーには参加しなかったので、シャンデリアやじゅうたんを近くで見ることが
    出来なったので、milkさんの写真で堪能することが出来ました。
    他の旅行記も拝見させていただきます。

    milk

    milkさん からの返信 2020/02/13 21:40:13
    RE: ライトアップ素敵です
    チェブコさん、初めまして。
    私の旅行記をご覧頂き、ありがとうございます。

    つい最近、アブダビに行かれていたのですね!
    お天気の良い昼間だと、あの格好では暑いのですね...。
    ムスリムの女性は常にあの服装なのですから、本当に大変ですよね。

    青い空に白いモスクが見られたのは羨ましいです。
    でも、見られたなったシャンデリアや絨毯、堪能していただけたのは嬉しいです。

    私は旅行記のアップが遅くて、いまだに昨年の旅行記を作っていますが、よろしかったらまたご覧下さいね。

    milk
  • るなさん 2020/02/11 22:39:38
    昼も夜も美しい
    milkちゃん、こんばんは☆

    ネズミ小僧~(笑)出たな!!やっぱりそう感じたでしょ?(;^ω^)
    ここでの撮影目的の女性たちは(もちろん異国からの)自前のアバヤやヒジャブを持参しててすごかったよぉ。それを必死で撮影しているのはたいていフィアンセっぽい男性だったのが笑えた。女性の言うがままって感じだった(爆)

    それにしてもグランドモスク、やっぱり美しい♪ホントにどの方向から見ても美しい!シャンデリアもふかふかの億単位の絨毯も宝石のような壁も、ホントにどこを見ても美しい!!!!私はシャンデリアの内装も可愛くて好きだけど、ユリの花が描かれている中庭の床のところが一番好き。ってあそこに入れたんだぁ?すごい。

    昼も夜も美しいよねぇ~
    もう一度見たいなって思わせてくれるグランドモスクだわ♪あのドームのところ見てないんだよね。
    あの砂漠ホテルにも行きたいけど高過ぎる...(爆)
    私は今度アブダビ行くならルーブルとカールスアルワタンに行きたいわ。

    お食事は残念だったね。そもそもアラビアン風味ってのが苦手だわ私"(-""-)"コーヒーもアラビアンはダメだぁ。
    来週は美味しいといいね♪
    またいっぱいお話しましょ。

    るな

    milk

    milkさん からの返信 2020/02/11 23:22:47
    Re: 昼も夜も美しい
    るなさん、こんばんは☆
    いつもご覧頂き、ありがとうございます(^o^)
    ペースアップして旅行記頑張っています(笑)

    いやいや、ほんとこれはねずみ小僧でした(^▽^;)
    確かに、このレンタルアバヤでは映えないですね(苦笑)
    バーレーンで借りたアバヤは可愛かったのにな~。
    でも、ほんとどこでもインスタ映え狙っての写真撮影がひどいですよね...。
    でもって、大体相方がカメラマン!
    よくまあ、言いなりになって撮ってあげられるものだな~って思います。
    K国って、女性のほうが強いんでしたっけ?

    グランドモスクの美しさは溜息ものですよね☆
    どこを見てもうっとり...。
    そうそう、ツアーに参加するとあの中庭の大理石の上も歩けたんですよ!
    お花のモザイク画は本当に綺麗でした。
    あと、私は柱の装飾が好きです♪

    あのドームの入り口は最近できたのでしょうね。
    るなさんは違う場所から入っていましたよね?
    砂漠ホテルは私も泊まりた~い!!
    そして、ラクダに乗って砂漠をお散歩したい♪
    でも、高い...。
    あ、ルーブルはお勧めですよ(^_-)
    是非、カフェにも寄ってみて欲しいです。
    カールスアルワタンは私も行きたいんです!
    このときはまだオープンしていなかったんですよね。
    その後に行った友達がFBにアップしていましたが、とっても素敵でした☆
    行くとしたら、ドバイ経由のヨーロッパで絡めるとかですかね?

    アラビックコーヒーもスパイスの味が強いので、るなさんは苦手でしょうね...。
    私、逆に意外と飲めたんですよね~。
    でも!!
    このオニオングラタンスープの味付けはなしでした...。
    日本で言うなら、オニオングラタンスープに味噌を入れる発想なのかしら(-_-;)

    来週は美味しいイタリアンが食べられるといいですね♪
    楽しみ~(^o^)
    その前に、ハワイに行ってきま~す☆

    milk






  • kiyoさん 2020/02/11 17:03:00
    ライトアップにうっとり
    milkさん、こんにちは。
    ルーブル アブダビ。
    私は時間がなくて行けなかったので、
    どんな所なのか、すごく参考になりました。
    想像していたより展示数が多いので驚きました。

    それから、モスク。
    18時30分からもツアー催行されていたのですか?
    私が行った時は、18時で窓口もクローズ。
    ツアーも行われていませんでした。
    ツアーに参加すると、あの絨毯の感触を、この足で確かめられるのですね。
    いいなぁ(*^^*)

    回廊のライトアップ。
    私は池の近くで斜めの角度からしか見なかったのですが、
    正面というアングルがあったのですね!
    くぅ~、見損ねました(><)
    中庭の床の花の絵が、百合だという事にも
    milkさんのお写真を見て初めて気が付きました。

    それにしても、オニオングラタンスープ。
    どんな味だったのでしょう。
    文句を言ってしまうほど、ひどかったんですね。
    お友達、強し!
    さすがアラブで生活されているだけあるなと感心してしまいました。
    kiyo

    milk

    milkさん からの返信 2020/02/11 23:01:14
    Re: ライトアップにうっとり
    kiyoさん、こんばんは☆
    いつもご覧頂き、ありがとうございます(^o^)

    ルーヴルアブダビにはいっていなかったのですね。
    正直、こんなにすごい内容とは思っていなかったので、びっくりしました!
    行かれる際には是非、ミュージアムカフェにも行ってみて下さい(^_-)

    モスクのツアーはガイドブックなどには18時としか書いていないんですよね。
    その時によって開催時間が違うのかしら?
    私は逆に何も調べずに行ったので、運が良かっただけかもしれません。
    あの絨毯の上は歩きたいですよね~♪
    回廊は外側からの眺めも素敵でした☆
    これは再訪しないとですね。
    私もまた行きたい...。

    オニオングラタンスープはですね...。
    カレーと同じようなスパイスを入れちゃった感じ?
    あれはなかったです(-_-;)
    多分、日本人だったら我慢して少し頂いて、残して終わりだったと思いますが、「不味いものは不味い!」とちゃんと言えるようになっていた友達がすごいと思いました。
    日本人は我慢しすぎですよね。
    私も見習おう(笑)

    milk

milkさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アラブ首長国連邦で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アラブ首長国連邦最安 760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アラブ首長国連邦の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集