ベローナ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7月 7日から 31日までユーレイル・パスで<br />一切予約なしの 3週間の鉄道旅行。<br />ブレゲンツで 「アンナ・ボレーナ」の1週間後のチケットを買い、<br />その間に北イタリアを1週間で回ろうと、<br />まずはヴェローナに行くことに。<br />写真は もちろん、その後に行ったヴェネツィアは<br />サン・マルコ広場にある時計塔の鐘つき男、実際は2人いる。<br />現在は予約がないと登れないようだが、当時は、<br />そんなものは不要で並ぶこともなく入れた<br />

1986年 初自由旅行でヨーロッパ周遊 3週間 6/10 :ヴェローナからヴェネツィア往復

9いいね!

1986/07/16 - 1986/07/18

234位(同エリア580件中)

旅行記グループ 1986年フランス・イタリア

0

60

milouchat

milouchatさん

7月 7日から 31日までユーレイル・パスで
一切予約なしの 3週間の鉄道旅行。
ブレゲンツで 「アンナ・ボレーナ」の1週間後のチケットを買い、
その間に北イタリアを1週間で回ろうと、
まずはヴェローナに行くことに。
写真は もちろん、その後に行ったヴェネツィアは
サン・マルコ広場にある時計塔の鐘つき男、実際は2人いる。
現在は予約がないと登れないようだが、当時は、
そんなものは不要で並ぶこともなく入れた

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス ヒッチハイク 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ヴェローナに着いたのは 16日の 20時過ぎだが<br />まだ明るい。 例によって荷物は駅に預け<br />ホテルを探すのだが、空腹だったので<br />ひとまず駅のセルフサービスの食堂でラザーニャや<br />ハンバーグなどを食べたが、セルフでも<br />結構高くつき 12,800リラ (約1,400円)だった。<br />まあビールも飲んだけど…<br />この銅像、どう見ても カヴール像に見えるが<br />写真では広場の真ん中にある。<br />しかし現在ある場所の SV では周りに<br />建物が迫っている…<br />記憶では駅に着いてすぐの広場だったはず。<br />そこで SV をよく見ると、駅前は整備され、<br />まったく昔と違うが、右奥の建物は<br />Parrocchia del Cuore Immacolato di Maria 教会で<br />その左の建物も一致していて、やはり駅前広場の<br /> Piazzale XXV Aprile だったと分かった。<br />銅像は消えているが、恐らく四角いモニュメントが<br />あった場所を示しているのだろう。<br />だから同じ像を移転させたか、<br />元々2つ (以上)あったのかもしれない

    ヴェローナに着いたのは 16日の 20時過ぎだが
    まだ明るい。 例によって荷物は駅に預け
    ホテルを探すのだが、空腹だったので
    ひとまず駅のセルフサービスの食堂でラザーニャや
    ハンバーグなどを食べたが、セルフでも
    結構高くつき 12,800リラ (約1,400円)だった。
    まあビールも飲んだけど…
    この銅像、どう見ても カヴール像に見えるが
    写真では広場の真ん中にある。
    しかし現在ある場所の SV では周りに
    建物が迫っている…
    記憶では駅に着いてすぐの広場だったはず。
    そこで SV をよく見ると、駅前は整備され、
    まったく昔と違うが、右奥の建物は
    Parrocchia del Cuore Immacolato di Maria 教会で
    その左の建物も一致していて、やはり駅前広場の
    Piazzale XXV Aprile だったと分かった。
    銅像は消えているが、恐らく四角いモニュメントが
    あった場所を示しているのだろう。
    だから同じ像を移転させたか、
    元々2つ (以上)あったのかもしれない

  • ホテル探しの1軒目は空きなしで2軒目の Hotel Cavour に。<br />屋根裏部屋 31号室でシャワー付き 38,000リラ (約4,000円)。<br />ちょっと高いと思ったが遅くなって 10時も過ぎたし決めた。<br />右に見えるのもベッドで、これでもツインです。<br />ベッドもエキストラ・ベッドのような(?)簡易ベッド。<br />最低とは言わないまでも、トイレット・ペーパーも<br />タオルもなかった。<br />(もちろん持参しているし、高級ホテルならいざしらず、<br />安宿では、よほどのことがない限り文句を言ったりせず<br />何でも自分で対処する)

    ホテル探しの1軒目は空きなしで2軒目の Hotel Cavour に。
    屋根裏部屋 31号室でシャワー付き 38,000リラ (約4,000円)。
    ちょっと高いと思ったが遅くなって 10時も過ぎたし決めた。
    右に見えるのもベッドで、これでもツインです。
    ベッドもエキストラ・ベッドのような(?)簡易ベッド。
    最低とは言わないまでも、トイレット・ペーパーも
    タオルもなかった。
    (もちろん持参しているし、高級ホテルならいざしらず、
    安宿では、よほどのことがない限り文句を言ったりせず
    何でも自分で対処する)

  • 部屋からの眺め。 窓の外からアリアが聞こえ、<br />ああイタリアに来たな、と感動。<br />イタリアは 74年以来2度目だが、考えてみれば<br />イタリアでホテルに泊まるのは初めてだと気づいた

    部屋からの眺め。 窓の外からアリアが聞こえ、
    ああイタリアに来たな、と感動。
    イタリアは 74年以来2度目だが、考えてみれば
    イタリアでホテルに泊まるのは初めてだと気づいた

  • ホテルのカードだが花文字で読みにくい。<br />Hotel Cavour は簡単に分かるが住所が変、<br />vic.chiodo 4 のようだが via なら分かるが…<br />ピリオドがあるから、何かの略かも、と検索して分かったが<br />正解は vicolo chiodo で、同じ場所に2つ星で現存する。<br />ところがチェックアウトするとき、なぜか 26,000 でいいと言う。<br />さらに 25,000 (約 2,600円) まで出したところで、<br />それでいいと…<br />何だか変だが、まあ安いに越したことはない

    ホテルのカードだが花文字で読みにくい。
    Hotel Cavour は簡単に分かるが住所が変、
    vic.chiodo 4 のようだが via なら分かるが…
    ピリオドがあるから、何かの略かも、と検索して分かったが
    正解は vicolo chiodo で、同じ場所に2つ星で現存する。
    ところがチェックアウトするとき、なぜか 26,000 でいいと言う。
    さらに 25,000 (約 2,600円) まで出したところで、
    それでいいと…
    何だか変だが、まあ安いに越したことはない

  • さっそく 「アイーダ」 のチケットを買いに<br />アレーナに行く

    さっそく 「アイーダ」 のチケットを買いに
    アレーナに行く

  • やはり人気の 「アイーダ」 は売り切れだった。<br />ところがダフ屋がいて翌々日のチケットがあり<br />値段を聞くと、倍の 30,000リラだった。<br />それでも 3,200円ほどと安いので買うことに。<br />ということは最低でもヴェローナに2泊することになるが、<br />実はヴェローナ観光中にドイツのフライブルクに<br />長期留学中の日本人カップルYさんとSさんに出会い、<br />ヴェネツィアまでのドライブに誘われた。<br />願ってもないことなのでOKし、ヴェローナは1泊で<br />翌朝 車でヴェネツィアまでドライブ、<br />ヴェネツィアも1泊だけし、夜行で<br />18日夜に再びヴェローナに戻って来た。<br />ということで、ブレゲンツと同じように<br />ヴェローナも2回分の写真を纏めることに

    やはり人気の 「アイーダ」 は売り切れだった。
    ところがダフ屋がいて翌々日のチケットがあり
    値段を聞くと、倍の 30,000リラだった。
    それでも 3,200円ほどと安いので買うことに。
    ということは最低でもヴェローナに2泊することになるが、
    実はヴェローナ観光中にドイツのフライブルクに
    長期留学中の日本人カップルYさんとSさんに出会い、
    ヴェネツィアまでのドライブに誘われた。
    願ってもないことなのでOKし、ヴェローナは1泊で
    翌朝 車でヴェネツィアまでドライブ、
    ヴェネツィアも1泊だけし、夜行で
    18日夜に再びヴェローナに戻って来た。
    ということで、ブレゲンツと同じように
    ヴェローナも2回分の写真を纏めることに

  • アレーナ前には騎馬警官が数名

    アレーナ前には騎馬警官が数名

  • アレーナのどこ??<br />実はSVでアレーナを一周しても<br />この場所が見つからない。<br />つまり、ほかのアーチより大きく<br />少し前にあるので南側の二重になった<br />4つのアーチの左端だと思われるが、<br />スフィンクスか人魚(?)のような銅像はない<br />

    アレーナのどこ??
    実はSVでアレーナを一周しても
    この場所が見つからない。
    つまり、ほかのアーチより大きく
    少し前にあるので南側の二重になった
    4つのアーチの左端だと思われるが、
    スフィンクスか人魚(?)のような銅像はない

  • 何のセットだろう、少なくとも見たアイーダではない。<br />ヴェローナの音楽祭では毎年 4,5本の演目をやるので<br />セットの組み替えが行われる

    何のセットだろう、少なくとも見たアイーダではない。
    ヴェローナの音楽祭では毎年 4,5本の演目をやるので
    セットの組み替えが行われる

  • セット(?)設置作業中。 公演ではなく昼間に<br />こんな場所まで来ているが、入場券が<br />必要だったのか分からない。<br />公演を見るのだから、わざわざ金を払って<br />アレーナだけの見学をしたとは思えないが<br />タダで入れたのだろうか…

    セット(?)設置作業中。 公演ではなく昼間に
    こんな場所まで来ているが、入場券が
    必要だったのか分からない。
    公演を見るのだから、わざわざ金を払って
    アレーナだけの見学をしたとは思えないが
    タダで入れたのだろうか…

  • さて、これは本番、つまり 18日の夜 9時前だが<br />まだ昼間のように明るい。<br />真ん中の値段が高い席が空席なのは<br />直前に衣装を見せびらかしに(?)来るから。<br />石の階段席は観光客中心だし夏祭りなので<br />安い席はTシャツ姿などが多い

    さて、これは本番、つまり 18日の夜 9時前だが
    まだ昼間のように明るい。
    真ん中の値段が高い席が空席なのは
    直前に衣装を見せびらかしに(?)来るから。
    石の階段席は観光客中心だし夏祭りなので
    安い席はTシャツ姿などが多い

  • アレーナ最後部から見た Piazza Brà<br />左の建物はPalazzo della Gran Guardia 。<br />自由席なので、敢えて階段の一番後ろに。<br />だって、安い席なら どこから見ても大差ないもの。<br />当然柵なんてないので前の広場が見渡せる。<br />セットの一部らしいものが置いてある

    アレーナ最後部から見た Piazza Brà
    左の建物はPalazzo della Gran Guardia 。
    自由席なので、敢えて階段の一番後ろに。
    だって、安い席なら どこから見ても大差ないもの。
    当然柵なんてないので前の広場が見渡せる。
    セットの一部らしいものが置いてある

  • 夜中の 12時を過ぎても<br />周りのレストランは営業中で人も多い。<br />恐らくオペラ終演後も客が来るだろうから<br />3時4時まで開いているのかも…

    夜中の 12時を過ぎても
    周りのレストランは営業中で人も多い。
    恐らくオペラ終演後も客が来るだろうから
    3時4時まで開いているのかも…

  • 上演中の舞台。<br />本物の馬や象が登場する (はずだが?)、<br />実は終演が遅くなるのは分かっていたから<br />当然 夕食を済ませアルコールが入っているので<br />心地よく寝た。 贅沢な至福のひとときです??<br />チケットでは夜8時開始になっているが、<br />実際に始まったのは9時過ぎで終わったのは2時前。<br />例によって荷物は駅のコインロッカーに預けてある。<br />駅に戻って次はボローニャに向かうので<br />ローマ行き夜行に乗ったつもりだったが…、<br />朝に検札がきて全然違う南仏方面行きだと<br />初めて気づきミラノで降りて乗り換えた<br /><br />

    上演中の舞台。
    本物の馬や象が登場する (はずだが?)、
    実は終演が遅くなるのは分かっていたから
    当然 夕食を済ませアルコールが入っているので
    心地よく寝た。 贅沢な至福のひとときです??
    チケットでは夜8時開始になっているが、
    実際に始まったのは9時過ぎで終わったのは2時前。
    例によって荷物は駅のコインロッカーに預けてある。
    駅に戻って次はボローニャに向かうので
    ローマ行き夜行に乗ったつもりだったが…、
    朝に検札がきて全然違う南仏方面行きだと
    初めて気づきミラノで降りて乗り換えた

  • さて時間を戻して1回目の(?) 16日、有名な<br />ジュリエット(ジウリエッタ)の家を見に行く。<br />料金は書いてないが 6,000リラだったようだ

    さて時間を戻して1回目の(?) 16日、有名な
    ジュリエット(ジウリエッタ)の家を見に行く。
    料金は書いてないが 6,000リラだったようだ

  • ジュリエットの家の有名なバルコニー。<br />見てのとおり、当時は観光客も極めて少ない

    ジュリエットの家の有名なバルコニー。
    見てのとおり、当時は観光客も極めて少ない

  • 下を見ると中庭の向こうに階段が

    下を見ると中庭の向こうに階段が

  • そのまた左にも階段がある。<br />調べると Teatro Nuovo らしい。<br />楽屋口だろうか…<br />しかしSVを見ても左奥に見える塔が見つからない。<br />角度的に Palazzo di Cansignorio だと思われるが<br />少なくともランベルティの塔ではない。<br />川からの画像では見事に2つの塔が見えるのだが…

    そのまた左にも階段がある。
    調べると Teatro Nuovo らしい。
    楽屋口だろうか…
    しかしSVを見ても左奥に見える塔が見つからない。
    角度的に Palazzo di Cansignorio だと思われるが
    少なくともランベルティの塔ではない。
    川からの画像では見事に2つの塔が見えるのだが…

  • こちらの、左の門のある家は<br />ジュリエットの家と違い、訪れる人も少ないロミオの家。<br />まあ、見学できるわけでもないし門だけ見てもね…<br />そもそも、シェイクスピアはイタリアもデンマークも<br />行ったことはなく、この家についても本当かどうか疑わしい。<br />(シェイクスピア別人説の1つの根拠)

    こちらの、左の門のある家は
    ジュリエットの家と違い、訪れる人も少ないロミオの家。
    まあ、見学できるわけでもないし門だけ見てもね…
    そもそも、シェイクスピアはイタリアもデンマークも
    行ったことはなく、この家についても本当かどうか疑わしい。
    (シェイクスピア別人説の1つの根拠)

  • おまけのバルコニーで、<br />猫のロミオとジュリエット?

    おまけのバルコニーで、
    猫のロミオとジュリエット?

  • 何となく入ったカステル・ヴェッキオ博物館の<br />バルコニーから見た Ponte Scaligero

    何となく入ったカステル・ヴェッキオ博物館の
    バルコニーから見た Ponte Scaligero

  • 博物館の内部

    博物館の内部

  • こういう宗教画は好きです

    こういう宗教画は好きです

  • なかなか面白い

    なかなか面白い

  • やはり有名な観光地の1つ Piazza dei Signori<br />『リトル・ロマンス』の自転車レース出発点です

    やはり有名な観光地の1つ Piazza dei Signori
    『リトル・ロマンス』の自転車レース出発点です

  • 同じく Piazza dei Signori

    同じく Piazza dei Signori

  • Piazza dei Signori に繋がっている広場。<br />左の建物は Cortie del Tribunale

    Piazza dei Signori に繋がっている広場。
    左の建物は Cortie del Tribunale

  • これはどこだったか…<br />向こうの塔はドゥオーモに似ているが<br />SVで探せない。<br />地下に何かの遺跡があるようだ

    これはどこだったか…
    向こうの塔はドゥオーモに似ているが
    SVで探せない。
    地下に何かの遺跡があるようだ

  • Corso Sant&#39;Anastasia の突き当たりに<br />教会が見える

    Corso Sant'Anastasia の突き当たりに
    教会が見える

  • それは Chiesa di Sant&#39;Anastasia 。 現在の教会は<br />1280年から 100年以上かかって建てられた

    それは Chiesa di Sant'Anastasia 。 現在の教会は
    1280年から 100年以上かかって建てられた

  • 同じく Chiesa di Sant&#39;Anastasia 内

    同じく Chiesa di Sant'Anastasia 内

  • 同じく教会内の壁画

    同じく教会内の壁画

  • これは Piazza delle Erbe<br />真ん中の塔は Colonna di San Marco 。<br />サン・マルコ繋がりで、次はヴェネツィアに

    これは Piazza delle Erbe
    真ん中の塔は Colonna di San Marco 。
    サン・マルコ繋がりで、次はヴェネツィアに

  • 『リトル・ロマンス』同様に?<br />(車でだけど) ヴェローナからヴェネツィアに移動。<br />車窓の景色は特に印象に残っていない。<br />車なので当然メストレに泊まることに。<br />ドロボーの多い(?)イタリアのこと、彼らが<br />カー・ステレオを外して降りたのには驚いた。<br />夕食 (奢って貰った) の約束をして僕は近くの安ホテルを探す。<br />泊まったホテルは Piccolo Hotel 2階 11号室 38,000リラ。<br />チェックイン時にテレビのリモコンと蚊取り線香を渡された。<br />部屋にエアコンはあるが故障していて扇風機が置いてある。<br />シャワーを浴びてバスで本島に向かう

    『リトル・ロマンス』同様に?
    (車でだけど) ヴェローナからヴェネツィアに移動。
    車窓の景色は特に印象に残っていない。
    車なので当然メストレに泊まることに。
    ドロボーの多い(?)イタリアのこと、彼らが
    カー・ステレオを外して降りたのには驚いた。
    夕食 (奢って貰った) の約束をして僕は近くの安ホテルを探す。
    泊まったホテルは Piccolo Hotel 2階 11号室 38,000リラ。
    チェックイン時にテレビのリモコンと蚊取り線香を渡された。
    部屋にエアコンはあるが故障していて扇風機が置いてある。
    シャワーを浴びてバスで本島に向かう

  • サンタ・ルチア駅。 当時は夜行で着くと<br />広場で大勢の人が寝ていたが<br />防犯上の理由から野宿禁止になったらしい

    サンタ・ルチア駅。 当時は夜行で着くと
    広場で大勢の人が寝ていたが
    防犯上の理由から野宿禁止になったらしい

  • ヴェネツィアはヴァポレットに乗っているだけで<br />観光ができる。 由緒のありそうな立派な建物が<br />たくさんある。右は Palazzo Salviati

    ヴェネツィアはヴァポレットに乗っているだけで
    観光ができる。 由緒のありそうな立派な建物が
    たくさんある。右は Palazzo Salviati

  • これは Palazzo Barbarigo<br />住人は富豪と結婚した日本人らしい

    これは Palazzo Barbarigo
    住人は富豪と結婚した日本人らしい

  • 楽団の入っているサン・マルコ広場の<br />カフェに入ったが、さすがに高かった

    楽団の入っているサン・マルコ広場の
    カフェに入ったが、さすがに高かった

  • 遠くにリアルト橋が見える

    遠くにリアルト橋が見える

  • リアルト橋の下を通る

    リアルト橋の下を通る

  • ヴェネツィアに、いくつもある斜塔の1つ。<br />Santo Stefano 教会の鐘楼、<br />Sant&#39;Anzolo 広場から南方向

    ヴェネツィアに、いくつもある斜塔の1つ。
    Santo Stefano 教会の鐘楼、
    Sant'Anzolo 広場から南方向

  • 教会に入ったようです

    教会に入ったようです

  • Manin 広場。 立っている銅像は広場の名前の<br />政治家 Daniele Manin 。その後ろの<br />建物は Cassa di Risparmio 銀行

    Manin 広場。 立っている銅像は広場の名前の
    政治家 Daniele Manin 。その後ろの
    建物は Cassa di Risparmio 銀行

  • 広場に少し水が溢れてきている<br />ドゥカーレ宮殿前

    広場に少し水が溢れてきている
    ドゥカーレ宮殿前

  • ヴァポレットから見慣れたサン・マルコ広場が見えるが<br />よく見ると右手のドゥカーレ宮殿真ん中に<br />見慣れない茶色の建物が見える。補修工事だろうか、<br />それにしては手前の茶色も含め<br />窓まで造った本格的な建物に見える…<br />

    ヴァポレットから見慣れたサン・マルコ広場が見えるが
    よく見ると右手のドゥカーレ宮殿真ん中に
    見慣れない茶色の建物が見える。補修工事だろうか、
    それにしては手前の茶色も含め
    窓まで造った本格的な建物に見える…

  • まるで宮殿を分割するかのような<br />茶色の建造物は何だろう…

    まるで宮殿を分割するかのような
    茶色の建造物は何だろう…

  • さて、ヴェネツィアに来た一番の目的は時計塔に登ること。<br />『大運河』のラスト近くの格闘でここから落ちる。<br />見てのとおり低い柵(?)しかないので十分あり得る

    さて、ヴェネツィアに来た一番の目的は時計塔に登ること。
    『大運河』のラスト近くの格闘でここから落ちる。
    見てのとおり低い柵(?)しかないので十分あり得る

  • 時計の駆動部分

    時計の駆動部分

  • 5つ書かれた1つの博物館など入れる切符。<br />時計塔に丸があるが、まるで自分で書いたみたい…<br />料金は 3,000リラ

    5つ書かれた1つの博物館など入れる切符。
    時計塔に丸があるが、まるで自分で書いたみたい…
    料金は 3,000リラ

  • これはサン・マルコ寺院、東側の後陣

    これはサン・マルコ寺院、東側の後陣

  • 真ん中は、外海に出るとき見える<br />Basilica di Santa Maria della Salute 。<br />その左は Punta della Dogana 現在は美術館だが、<br />元は 17世紀末に建てられた税関だった<br />

    真ん中は、外海に出るとき見える
    Basilica di Santa Maria della Salute 。
    その左は Punta della Dogana 現在は美術館だが、
    元は 17世紀末に建てられた税関だった

  • 『ベニスに死す』で有名な<br />リド島に泳ぎにやってきた

    『ベニスに死す』で有名な
    リド島に泳ぎにやってきた

  • ヨーロッパの海水浴場らしくキャビンが並ぶ。<br />遠くに見えるのは高級ホテルの Hôtel des Bains 。<br />もちろん椅子も何も借りないが<br />ビーチで2時間ほど寝ていたようだ…

    ヨーロッパの海水浴場らしくキャビンが並ぶ。
    遠くに見えるのは高級ホテルの Hôtel des Bains 。
    もちろん椅子も何も借りないが
    ビーチで2時間ほど寝ていたようだ…

  • 『ベニスに死す』や 『イングリッシュ・ペイシェント』に登場する、<br />その Hôtel Des Bains (当時は Des Bains Ciga Hôtel ) は<br />ホテルとしては 2010年に廃業、映画祭などでは使うようだが、<br />コンドミニアム Residenze Des Bains になったが<br /> Des Bains という名前は引き継ぎ残っている

    『ベニスに死す』や 『イングリッシュ・ペイシェント』に登場する、
    その Hôtel Des Bains (当時は Des Bains Ciga Hôtel ) は
    ホテルとしては 2010年に廃業、映画祭などでは使うようだが、
    コンドミニアム Residenze Des Bains になったが
    Des Bains という名前は引き継ぎ残っている

  • こちらは Hôtel Hungaria<br />(上には Ausonia Palace Hotel とあるが)<br />1905年開業で 2007年に改装されたようだ。<br />マルコヴィッチ主演の『HOTEL  ホテル』の舞台だった。<br />(映画は 2001年なので、もちろん知らなかったが)<br />実物はもっと鮮やかな水色で、とにかく目立った

    こちらは Hôtel Hungaria
    (上には Ausonia Palace Hotel とあるが)
    1905年開業で 2007年に改装されたようだ。
    マルコヴィッチ主演の『HOTEL ホテル』の舞台だった。
    (映画は 2001年なので、もちろん知らなかったが)
    実物はもっと鮮やかな水色で、とにかく目立った

  • こんなカタマランのようなボートが並んでいる

    こんなカタマランのようなボートが並んでいる

  • ちょうどビエンナーレの会期中で<br />アカデミア美術館など、いくつかの会場を回った。<br />これは Giardini Di Castello とあるが<br />何を見たか覚えていない、<br />日記には水族館にも行ったとあるが、<br />本島に(本当に?)そんなものが あったのか、<br />何も覚えていない…

    ちょうどビエンナーレの会期中で
    アカデミア美術館など、いくつかの会場を回った。
    これは Giardini Di Castello とあるが
    何を見たか覚えていない、
    日記には水族館にも行ったとあるが、
    本島に(本当に?)そんなものが あったのか、
    何も覚えていない…

  • 今のようなネット社会ではなく、ガイドブックを見ても<br />映画館の場所なんて載っていない。<br />ヴェネツィアは迷路の街だから、<br />歩いていても映画館も見つけられない。<br />どうせ吹き替えだし何も見なかったが、唯一見つけた<br />Cinema Rossini 。 SVを見ると、現在表の看板は<br />Supermercato Punto Simply というスーパーだが<br />廃館ではなく同じ場所の裏で Multisalla Rossini として<br />営業しているようだ。 『大運河』に左の橋が登場する<br />

    今のようなネット社会ではなく、ガイドブックを見ても
    映画館の場所なんて載っていない。
    ヴェネツィアは迷路の街だから、
    歩いていても映画館も見つけられない。
    どうせ吹き替えだし何も見なかったが、唯一見つけた
    Cinema Rossini 。 SVを見ると、現在表の看板は
    Supermercato Punto Simply というスーパーだが
    廃館ではなく同じ場所の裏で Multisalla Rossini として
    営業しているようだ。 『大運河』に左の橋が登場する

  • 最後は猫。ヴェネツィアは車がないから<br />猫は多い。でも最近は観光客が多すぎて<br />猫が迷惑している (らしい)

    最後は猫。ヴェネツィアは車がないから
    猫は多い。でも最近は観光客が多すぎて
    猫が迷惑している (らしい)

  • 良い悪いは別として<br />野良猫に餌を与える人も多いので<br />10数匹が集まっている

    良い悪いは別として
    野良猫に餌を与える人も多いので
    10数匹が集まっている

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

1986年フランス・イタリア

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集