その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
11月中旬、夫のベトナム出張に便乗して(夫の航空券代が浮くという算段)、バンコクを起点終点にカンボジア(プノンペン、バッタバン、シェムリアップ)、ラオス南部を2週間ちょっとかけて旅してきました。この旅の終了後はすぐに在住国フランスには戻らず、バンコク発券のANA羽田便でひとり日本里帰りを追加。合計約1か月の旅となりました。<br /><br />今回は、11年前(2008年2月)のカンボジア(シェムリアップ)、7年前(2012年5月)のラオスを含む東南アジア周遊の旅からのリベンジ旅行!当時の政治的情勢、あるいは私の体調具合等の理由によって行くことができず、ずっと心残りとなっていた場所を中心に周ってきました。<br /><br />ベトナム(ホーチミン)を起点終点にしなかった理由は、行きたかった中部地方が台風時期であったことと、ベトナムは大使館等でのビザ申請なしで再入国する場合には前回の入国から1か月待たないとならなかったから。というわけで、夫のベトナム出張終了翌日、カンボジアはプノンペンの空港で夫と合流しました。<br /><br />全日程<br />11月17日 パリ発ーバンコク着(+1日) バンコク乗り継ぎのみ <br />11月18日 バンコク発ープノンペン着 プノンペン2泊 <br />11月20日 プノンペン発ーシェムリアップ着 (+1日 / 夜行バスで1泊) シェムリアップ2泊 <br />11月23日 シェムリアップ発ーバッタンボン着 バッタンボン1泊   ←今ここ&<br />11月24日   バッタンボン発ーシェムリアップ着 シェムリアップ3泊  ←今ここ<br />11月27日 シェムリアップ発ーパクセー着 パクセー1泊<br />11月28日 パクセー発ーコーン島着 コーン島2泊<br />11月30日 コーン島発ーチャンパサック着 チャンパサック1泊<br />12月1日 チャンパサック発ーパクセー着 パクセー1泊<br />12月2日 パクセー発ーウボンラーチャターニ(タイ)着<br />12月2日 ウボンラーチャターニ(タイ)発ーバンコク着 バンコク2泊<br />12月4日 バンコク発ー羽田着 日本8泊<br />12月14日 羽田発ーバンコク着 バンコク乗り継ぎのみ <br />12月14日 バンコク発ーパリ着<br /><br />通貨<br />カンボジア<br />4,000リエル = 約100円 = 1米ドル

カンボジア&ラオス&タイ旅行⑥ バッタンバン編 市内散策

6いいね!

2019/12/23 - 2019/12/24

174位(同エリア280件中)

旅行記グループ 東南アジア3カ国周遊

0

50

bettyko

bettykoさん

11月中旬、夫のベトナム出張に便乗して(夫の航空券代が浮くという算段)、バンコクを起点終点にカンボジア(プノンペン、バッタバン、シェムリアップ)、ラオス南部を2週間ちょっとかけて旅してきました。この旅の終了後はすぐに在住国フランスには戻らず、バンコク発券のANA羽田便でひとり日本里帰りを追加。合計約1か月の旅となりました。

今回は、11年前(2008年2月)のカンボジア(シェムリアップ)、7年前(2012年5月)のラオスを含む東南アジア周遊の旅からのリベンジ旅行!当時の政治的情勢、あるいは私の体調具合等の理由によって行くことができず、ずっと心残りとなっていた場所を中心に周ってきました。

ベトナム(ホーチミン)を起点終点にしなかった理由は、行きたかった中部地方が台風時期であったことと、ベトナムは大使館等でのビザ申請なしで再入国する場合には前回の入国から1か月待たないとならなかったから。というわけで、夫のベトナム出張終了翌日、カンボジアはプノンペンの空港で夫と合流しました。

全日程
11月17日 パリ発ーバンコク着(+1日) バンコク乗り継ぎのみ 
11月18日 バンコク発ープノンペン着 プノンペン2泊 
11月20日 プノンペン発ーシェムリアップ着 (+1日 / 夜行バスで1泊) シェムリアップ2泊 
11月23日 シェムリアップ発ーバッタンボン着 バッタンボン1泊   ←今ここ&
11月24日 バッタンボン発ーシェムリアップ着 シェムリアップ3泊  ←今ここ
11月27日 シェムリアップ発ーパクセー着 パクセー1泊
11月28日 パクセー発ーコーン島着 コーン島2泊
11月30日 コーン島発ーチャンパサック着 チャンパサック1泊
12月1日 チャンパサック発ーパクセー着 パクセー1泊
12月2日 パクセー発ーウボンラーチャターニ(タイ)着
12月2日 ウボンラーチャターニ(タイ)発ーバンコク着 バンコク2泊
12月4日 バンコク発ー羽田着 日本8泊
12月14日 羽田発ーバンコク着 バンコク乗り継ぎのみ 
12月14日 バンコク発ーパリ着

通貨
カンボジア
4,000リエル = 約100円 = 1米ドル

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
3.5
グルメ
4.5
ショッピング
3.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
高速・路線バス
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 翌朝、ゆっくりめに起きてチェックアウト。<br />部屋の窓から見た朝の風景。昨晩の賑やかさからは打って変わって静か。<br /><br />この日はバスの出発時間まで、ロンリープラネットに載っているフランス統治時代の建物を見てまわるコースを辿りながら街散策をする予定。<br /><br />ちなみにバッタンバンの観光といえば、ワット・プノン・サンポー以外にも10、11世紀に建てられたヒンドゥー寺院ワット・エク・プノンやワット・バナン、バンブートレインがあり、昨日トゥクトゥクをお願いしたところでこれらに行くツアーもあったのだけれど、寺院系はこれからシェムリアップ戻ればいやというほど見る予定だし、バンブートレインは興味ないのでパス。<br /><br /><br />

    翌朝、ゆっくりめに起きてチェックアウト。
    部屋の窓から見た朝の風景。昨晩の賑やかさからは打って変わって静か。

    この日はバスの出発時間まで、ロンリープラネットに載っているフランス統治時代の建物を見てまわるコースを辿りながら街散策をする予定。

    ちなみにバッタンバンの観光といえば、ワット・プノン・サンポー以外にも10、11世紀に建てられたヒンドゥー寺院ワット・エク・プノンやワット・バナン、バンブートレインがあり、昨日トゥクトゥクをお願いしたところでこれらに行くツアーもあったのだけれど、寺院系はこれからシェムリアップ戻ればいやというほど見る予定だし、バンブートレインは興味ないのでパス。


  • ホテル近くのサンカー川沿いにバッタンバン州博物館が!<br />プノンペンとシェムリアップで博物館行ったからここはもうパス。

    ホテル近くのサンカー川沿いにバッタンバン州博物館が!
    プノンペンとシェムリアップで博物館行ったからここはもうパス。

  • にゃんこ先生、おはようございます!

    にゃんこ先生、おはようございます!

  • バッタンバンの街はストリートアートがいっぱい!<br />

    バッタンバンの街はストリートアートがいっぱい!

  • ここにも!3猿~!!!

    ここにも!3猿~!!!

  • 前日立ち寄ったホテル併設のバーカフェ&雑貨屋「ブリック・ア・ブラック Bric à Brac」(112 Street 2, corner of 119 Street)。ヨーロピアンなものからアジアンなものまでなかなか素敵なものが売っていてお土産探しにもいい感じのお店でした。クロマーも手頃な値段でいろいろな柄が売ってました。夜も素敵な雰囲気でした。<br />

    前日立ち寄ったホテル併設のバーカフェ&雑貨屋「ブリック・ア・ブラック Bric à Brac」(112 Street 2, corner of 119 Street)。ヨーロピアンなものからアジアンなものまでなかなか素敵なものが売っていてお土産探しにもいい感じのお店でした。クロマーも手頃な値段でいろいろな柄が売ってました。夜も素敵な雰囲気でした。

  • 托鉢帰りのお坊さん

    托鉢帰りのお坊さん

  • 写真館!

    写真館!

  • ブランチはここ「Kinyei Cafe」(Rd No 1.5, Krong)。観光客あるいは在カンボジアらしき欧米人でいっぱい。<br />

    ブランチはここ「Kinyei Cafe」(Rd No 1.5, Krong)。観光客あるいは在カンボジアらしき欧米人でいっぱい。

  • バナナ粉で作ったパンケーキにメロンソースのパンケーキがおいしかった。マンゴーとココナッツ添え。4ドル。なかなかにクオリティー高し。こういうのが食べれるお店ってカンボジアでは貴重な気がする。<br /><br />

    バナナ粉で作ったパンケーキにメロンソースのパンケーキがおいしかった。マンゴーとココナッツ添え。4ドル。なかなかにクオリティー高し。こういうのが食べれるお店ってカンボジアでは貴重な気がする。

  • フレンチトーストはバターの代わりに油で焼いてあったのが残念。パンもまあまあ。ここはカンボジア、贅沢言っちゃいけないね。4ドル+カリカリベーコン1,5ドル。紅茶2ドル。コーヒー2ドル。ここのコーヒーはちゃんとしたものでおいしかった。二人で合計12,25ドル。

    フレンチトーストはバターの代わりに油で焼いてあったのが残念。パンもまあまあ。ここはカンボジア、贅沢言っちゃいけないね。4ドル+カリカリベーコン1,5ドル。紅茶2ドル。コーヒー2ドル。ここのコーヒーはちゃんとしたものでおいしかった。二人で合計12,25ドル。

  • インスタ映えしそうな雰囲気のカフェですごく気に入ってしまった。お店のスタッフもとても感じいいです。英語通じます。<br /><br />居心地いいのでここで1時間半くらいのーんびり。

    インスタ映えしそうな雰囲気のカフェですごく気に入ってしまった。お店のスタッフもとても感じいいです。英語通じます。

    居心地いいのでここで1時間半くらいのーんびり。

  • 街の中心にあるナッ・マーケット

    街の中心にあるナッ・マーケット

  • マーケットを通り過ぎ北へ向かう。<br />植民地時代の建物。だいぶ傷んでしまってるけれど。<br />

    マーケットを通り過ぎ北へ向かう。
    植民地時代の建物。だいぶ傷んでしまってるけれど。

  • 「Seng Hout Hotel」の前を通り過ぎ、ってあれ?ここホテル探してる時に候補に入れてたところだ。なんでここ選ばなかったんだろう?地理的に超便利なのに。ロンリープラネット掲載ホテル。<br /><br />

    「Seng Hout Hotel」の前を通り過ぎ、ってあれ?ここホテル探してる時に候補に入れてたところだ。なんでここ選ばなかったんだろう?地理的に超便利なのに。ロンリープラネット掲載ホテル。

  • Wat Phiphétaram (ワット・ピペタラム?)<br />境内のみ見学、寺院は扉が閉まっていて入れず

    Wat Phiphétaram (ワット・ピペタラム?)
    境内のみ見学、寺院は扉が閉まっていて入れず

  • 寺院のまわりはローカル屋台でいっぱい。地元民もいーっぱい。おいしそうだけどお腹いっぱい。

    寺院のまわりはローカル屋台でいっぱい。地元民もいーっぱい。おいしそうだけどお腹いっぱい。

  • 再びナッ・マーケット

    再びナッ・マーケット

  • 内部もローカル感満載

    内部もローカル感満載

  • 焼き魚おいしそう~。でもやっぱりお腹いっぱい。

    焼き魚おいしそう~。でもやっぱりお腹いっぱい。

  • サンカー沿いは緑溢れてます。<br />川沿いに木を植えて遊歩道をつくるのはまさにフランススタイルね。

    サンカー沿いは緑溢れてます。
    川沿いに木を植えて遊歩道をつくるのはまさにフランススタイルね。

  • 植民地時代の名残。元銀行。<br />

    植民地時代の名残。元銀行。

  • 写真撮ってたら、撮って~と息子にピースさせようと一生懸命だったお父さん。このあと息子くんもスマイルくれました!

    写真撮ってたら、撮って~と息子にピースさせようと一生懸命だったお父さん。このあと息子くんもスマイルくれました!

  • 街の様子。

    街の様子。

  • 通りは番号が振られています。写真はストリート2,5。ストリート2~2,5周辺はお店やレストランがたくさん立ち並んでいるので便利で賑やか。

    通りは番号が振られています。写真はストリート2,5。ストリート2~2,5周辺はお店やレストランがたくさん立ち並んでいるので便利で賑やか。

  • 週末のせいなのか人通りが少ない<br />

    週末のせいなのか人通りが少ない

  • ここにもストリートアート!<br />

    ここにもストリートアート!

  • 戦利品をゲットしたにゃんこ先生2。たぶん鶏の炭火焼<br />

    戦利品をゲットしたにゃんこ先生2。たぶん鶏の炭火焼

  • トイレに行きたかったので、クーラーの効いたカフェでちょっと休憩「Town Coffee」。レストラン「ホワイトローズ」と同じ通り( Road No2)。すぐ近く。<br /><br />あ~生き返る。<br />

    トイレに行きたかったので、クーラーの効いたカフェでちょっと休憩「Town Coffee」。レストラン「ホワイトローズ」と同じ通り( Road No2)。すぐ近く。

    あ~生き返る。

  • ここのパッションフルーツソーダがすんごく美味しかった! 1つ1,5ドル(12,000リエル)。炭酸入りのフルーツジュースが飲めたのは後にも先にもここだけ。また飲みたい。<br /><br />

    ここのパッションフルーツソーダがすんごく美味しかった! 1つ1,5ドル(12,000リエル)。炭酸入りのフルーツジュースが飲めたのは後にも先にもここだけ。また飲みたい。

  • 昨日ここでお昼を食べた時から気になっていた「Mi Keav Bei Lveng」の蒸したて肉まん~!店先の大きな蒸し器で蒸してるんですよ。まだお腹空いてなかったけど、ローカルの人が大量に買っていくのを見ててどーしても食べておきたかったのですよ。直径10cmくらいあってすごく大きい。中は半卵入り。3,000リエル。うーまーいー!私の目と勘に狂いはなかった。<br /><br />

    昨日ここでお昼を食べた時から気になっていた「Mi Keav Bei Lveng」の蒸したて肉まん~!店先の大きな蒸し器で蒸してるんですよ。まだお腹空いてなかったけど、ローカルの人が大量に買っていくのを見ててどーしても食べておきたかったのですよ。直径10cmくらいあってすごく大きい。中は半卵入り。3,000リエル。うーまーいー!私の目と勘に狂いはなかった。

    ミーキウ 地元の料理

  • さて、街歩き続行です。<br /><br />この一連の建物も植民地時代の名残。日本の町家のように間口が狭く、奥に長く坪庭のようなものまであるという造り。<br />この建物の1つに「ゲッコーGecko」というショップが入っていたので、建物内部の造りを見る目的もあって入ってみたけれど、今は当時の間取りはなくなってしまっている模様。<br /><br />

    さて、街歩き続行です。

    この一連の建物も植民地時代の名残。日本の町家のように間口が狭く、奥に長く坪庭のようなものまであるという造り。
    この建物の1つに「ゲッコーGecko」というショップが入っていたので、建物内部の造りを見る目的もあって入ってみたけれど、今は当時の間取りはなくなってしまっている模様。

  • ここで素敵なピアスをお買い上げ~!1つ3ドル、4つ買うと5つ目タダ。ここでもいろんな柄のクロマー売ってました。

    ここで素敵なピアスをお買い上げ~!1つ3ドル、4つ買うと5つ目タダ。ここでもいろんな柄のクロマー売ってました。

  • 懐保古廟。この周辺は中華系カンボジア人が住んでいるのかな。<br />

    懐保古廟。この周辺は中華系カンボジア人が住んでいるのかな。

  • 映画館!今でも営業中?!これもフランス植民地時代の建物。<br />

    映画館!今でも営業中?!これもフランス植民地時代の建物。

  • 地元の学校<br /><br />

    地元の学校

  • ワット・ダムライサー。この寺院、何気に私たちが泊まった「アンコールコンフォートホテル」のすぐ裏手だった。<br />

    ワット・ダムライサー。この寺院、何気に私たちが泊まった「アンコールコンフォートホテル」のすぐ裏手だった。

  • ホワイトエレファントが見所?!<br />欧米のツアー団体がガイド付きで見学してました。

    ホワイトエレファントが見所?!
    欧米のツアー団体がガイド付きで見学してました。

  • この寺院は仏教学校を併設<br />

    この寺院は仏教学校を併設

  • 僧衣を着たお坊さんがいっぱいいました。<br />

    僧衣を着たお坊さんがいっぱいいました。

  • ホテルに戻り、迎えのバスを待っていると、約束時間ぴったりの13時半にピックアップバス到着。やっぱりカンボジアすごい!その後、他のホテルへいくつか寄って観光客をピックアップ。この時、今回初めてサンカー川の東側の街の風景を目にする。大きな家が多く、裕福な人たちが住む閑静な住宅街といった雰囲気。実際ピックアップで寄ったホテルはみなヴィラ的な感じのところばかり。<br />ホテルで静かに過ごしたい人は川の東側、とにかく便利なのがいいという人はナッマーケットのある西側のエリアがおすすめ。<br /><br />写真はピックアップバス&シェムリアップ行きバス。事務所で乗り換えるのかと思ったら違った。<br /><br />

    ホテルに戻り、迎えのバスを待っていると、約束時間ぴったりの13時半にピックアップバス到着。やっぱりカンボジアすごい!その後、他のホテルへいくつか寄って観光客をピックアップ。この時、今回初めてサンカー川の東側の街の風景を目にする。大きな家が多く、裕福な人たちが住む閑静な住宅街といった雰囲気。実際ピックアップで寄ったホテルはみなヴィラ的な感じのところばかり。
    ホテルで静かに過ごしたい人は川の東側、とにかく便利なのがいいという人はナッマーケットのある西側のエリアがおすすめ。

    写真はピックアップバス&シェムリアップ行きバス。事務所で乗り換えるのかと思ったら違った。

  • 行きよりもだいぶ小さいバスなので、席も小さめ。<br />CHUO BUSと書かれたヘッドカバー。中央バス?!

    行きよりもだいぶ小さいバスなので、席も小さめ。
    CHUO BUSと書かれたヘッドカバー。中央バス?!

  • 一度メコン・エクスプレス事務所(323, street 3)に戻り、ここでまた数人をピックアップ。事務所はナッ・マーケットから徒歩1分くらいのところ。<br />14時にシャムリアップへ向けて出発。またも定刻!日本みたい~!

    一度メコン・エクスプレス事務所(323, street 3)に戻り、ここでまた数人をピックアップ。事務所はナッ・マーケットから徒歩1分くらいのところ。
    14時にシャムリアップへ向けて出発。またも定刻!日本みたい~!

  • 行きと同じところで休憩。<br />ここで食べてみたかったバナナをうすーく延ばしたおやつを発見!味はそのまんまバナナでしたよ笑。1枚2,000リエル。1枚は結構長い。40-50cmはあったかな。<br />

    行きと同じところで休憩。
    ここで食べてみたかったバナナをうすーく延ばしたおやつを発見!味はそのまんまバナナでしたよ笑。1枚2,000リエル。1枚は結構長い。40-50cmはあったかな。

  • サンセット~!国道6号線からの景色。<br />この美しいサンセットを見るためには進行方向右側の窓際がおすすめ。<br /><br />18時、行きに出発したところと同じメコンエクスプレス事務所到着。<br />

    サンセット~!国道6号線からの景色。
    この美しいサンセットを見るためには進行方向右側の窓際がおすすめ。

    18時、行きに出発したところと同じメコンエクスプレス事務所到着。

  • ホテル到着 by Grabトゥクトゥク。<br /><br />預かってもらっておいたバックパックを受け取りチェックイン手続き。ついでに約束時間までに届かなかった洗濯物も。が、私達の予約が画面上に見当たらないという。やれやれ。とにかくこちらははお金も払っているので、とりあえず部屋に案内してもらい、だんなはそのあと30分以上スタッフとなんやかんややっていた。<br /><br />案内された部屋は同じ1階プール側だけど前回よりも大きな部屋。値段は一緒なのにね。前回は隣が裏方スタッフの家族部屋だったのでそこよりはいい。<br /><br /><br />

    ホテル到着 by Grabトゥクトゥク。

    預かってもらっておいたバックパックを受け取りチェックイン手続き。ついでに約束時間までに届かなかった洗濯物も。が、私達の予約が画面上に見当たらないという。やれやれ。とにかくこちらははお金も払っているので、とりあえず部屋に案内してもらい、だんなはそのあと30分以上スタッフとなんやかんややっていた。

    案内された部屋は同じ1階プール側だけど前回よりも大きな部屋。値段は一緒なのにね。前回は隣が裏方スタッフの家族部屋だったのでそこよりはいい。


    ビラ ランカ ブティック ホテル ホテル

  • 前回なかった大きなソファもある。これは便利。<br />でも入り口のドアは半分しか開かないわ、電源も壊れかけてるし、水も相変わらず鉄臭く、色々とメンテナンスの古さが前回の部屋以上に際立つ。マネージャー始めスタッフの感じは相変わらずとてもいいのだけれどねえ。でもあと1日の我慢。実はバッタンバン出発前に今後のホテルをチェンジ。ただ荷物を預かってもらう関係でこの日だけは引き続きここに泊まることにしていたのでした。<br /><br />実は翌日知ったのだが、このホテル元フランス人オーナーでここ半年くらい閉まっていたのが最近再オープンしたんだそう。だんなの予想見事大当たり。道理で。現在はカンボジア人がオーナーだけれど、設備の古さのみならず、ホテルの基本システムが全く機能しておらずだからねえ。このホテルおすすめしません。<br /><br /><br />

    前回なかった大きなソファもある。これは便利。
    でも入り口のドアは半分しか開かないわ、電源も壊れかけてるし、水も相変わらず鉄臭く、色々とメンテナンスの古さが前回の部屋以上に際立つ。マネージャー始めスタッフの感じは相変わらずとてもいいのだけれどねえ。でもあと1日の我慢。実はバッタンバン出発前に今後のホテルをチェンジ。ただ荷物を預かってもらう関係でこの日だけは引き続きここに泊まることにしていたのでした。

    実は翌日知ったのだが、このホテル元フランス人オーナーでここ半年くらい閉まっていたのが最近再オープンしたんだそう。だんなの予想見事大当たり。道理で。現在はカンボジア人がオーナーだけれど、設備の古さのみならず、ホテルの基本システムが全く機能しておらずだからねえ。このホテルおすすめしません。


    ビラ ランカ ブティック ホテル ホテル

  • 夜は、ホテル近くの「クメールグリル」で。<br />

    夜は、ホテル近くの「クメールグリル」で。

  • IKTT女性スタッフおすすめのカンポットグリーンペッパーのステーキを。うん、おいしい。久しぶりにガツンとお肉食べたなあ。

    IKTT女性スタッフおすすめのカンポットグリーンペッパーのステーキを。うん、おいしい。久しぶりにガツンとお肉食べたなあ。

  • パッションフルーツジュースはふつうにおいしかった。バッタンバンで飲んだパッションソーダが忘れられない。<br /><br />徒歩でホテルへ。就寝。<br /><br />⑦につづく<br />https://4travel.jp/travelogue/11586274

    パッションフルーツジュースはふつうにおいしかった。バッタンバンで飲んだパッションソーダが忘れられない。

    徒歩でホテルへ。就寝。

    ⑦につづく
    https://4travel.jp/travelogue/11586274

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

東南アジア3カ国周遊

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集