その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
11月中旬、夫のベトナム出張に便乗して(夫の航空券代が浮くという算段)、バンコクを起点終点にカンボジア(プノンペン、バッタバン、シェムリアップ)、ラオス南部を2週間ちょっとかけて旅してきました。この旅の終了後はすぐに在住国フランスには戻らず、バンコク発券のANA羽田便でひとり日本里帰りを追加。合計約1か月の旅となりました。<br /><br />今回は、11年前(2008年2月)のカンボジア(シェムリアップ)、7年前(2012年5月)のラオスを含む東南アジア周遊の旅からのリベンジ旅行!当時の政治的情勢、あるいは私の体調具合等の理由によって行くことができず、ずっと心残りとなっていた場所を中心に周ってきました。<br /><br />ベトナム(ホーチミン)を起点終点にしなかった理由は、行きたかった中部地方が台風時期であったことと、ベトナムは大使館等でのビザ申請なしで再入国する場合には前回の入国から1か月待たないとならなかったから。というわけで、夫のベトナム出張終了翌日、カンボジアはプノンペンの空港で夫と合流しました。<br /><br />全日程<br />11月17日 パリ発ーバンコク着(+1日) バンコク乗り継ぎのみ <br />11月18日 バンコク発ープノンペン着 プノンペン2泊 <br />11月20日 プノンペン発ーシェムリアップ着 (+1日 / 夜行バスで1泊) シェムリアップ2泊 <br />11月23日 シェムリアップ発ーバッタンボン着 バッタンボン1泊<br />11月24日   バッタンボン発ーシェムリアップ着 シェムリアップ3泊<br />11月27日 シェムリアップ発ーパクセー着 パクセー1泊<br />11月28日 パクセー発ーコーン島着 コーン島2泊      ←今ここ<br />11月30日 コーン島発ーチャンパサック着 チャンパサック1泊<br />12月1日 チャンパサック発ーパクセー着 パクセー1泊<br />12月2日 パクセー発ーウボンラーチャターニ(タイ)着<br />12月2日 ウボンラーチャターニ(タイ)発ーバンコク着 バンコク2泊<br />12月4日 バンコク発ー羽田着 日本8泊<br />12月14日 羽田発ーバンコク着 バンコク乗り継ぎのみ <br />12月14日 バンコク発ーパリ着<br /><br />通貨<br />ラオス<br />10,000キップ = 約120円 = 1米ドル<br />

カンボジア&ラオス&タイ旅行10 ラオス南部編 コーン&デッド島 川イルカウォッチング

4いいね!

2019/11/27 - 2019/12/30

351位(同エリア458件中)

旅行記グループ 東南アジア3カ国周遊

0

46

bettyko

bettykoさん

11月中旬、夫のベトナム出張に便乗して(夫の航空券代が浮くという算段)、バンコクを起点終点にカンボジア(プノンペン、バッタバン、シェムリアップ)、ラオス南部を2週間ちょっとかけて旅してきました。この旅の終了後はすぐに在住国フランスには戻らず、バンコク発券のANA羽田便でひとり日本里帰りを追加。合計約1か月の旅となりました。

今回は、11年前(2008年2月)のカンボジア(シェムリアップ)、7年前(2012年5月)のラオスを含む東南アジア周遊の旅からのリベンジ旅行!当時の政治的情勢、あるいは私の体調具合等の理由によって行くことができず、ずっと心残りとなっていた場所を中心に周ってきました。

ベトナム(ホーチミン)を起点終点にしなかった理由は、行きたかった中部地方が台風時期であったことと、ベトナムは大使館等でのビザ申請なしで再入国する場合には前回の入国から1か月待たないとならなかったから。というわけで、夫のベトナム出張終了翌日、カンボジアはプノンペンの空港で夫と合流しました。

全日程
11月17日 パリ発ーバンコク着(+1日) バンコク乗り継ぎのみ 
11月18日 バンコク発ープノンペン着 プノンペン2泊 
11月20日 プノンペン発ーシェムリアップ着 (+1日 / 夜行バスで1泊) シェムリアップ2泊 
11月23日 シェムリアップ発ーバッタンボン着 バッタンボン1泊
11月24日 バッタンボン発ーシェムリアップ着 シェムリアップ3泊
11月27日 シェムリアップ発ーパクセー着 パクセー1泊
11月28日 パクセー発ーコーン島着 コーン島2泊 ←今ここ
11月30日 コーン島発ーチャンパサック着 チャンパサック1泊
12月1日 チャンパサック発ーパクセー着 パクセー1泊
12月2日 パクセー発ーウボンラーチャターニ(タイ)着
12月2日 ウボンラーチャターニ(タイ)発ーバンコク着 バンコク2泊
12月4日 バンコク発ー羽田着 日本8泊
12月14日 羽田発ーバンコク着 バンコク乗り継ぎのみ 
12月14日 バンコク発ーパリ着

通貨
ラオス
10,000キップ = 約120円 = 1米ドル

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
高速・路線バス 自転車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝6時、朝焼け。<br />

    朝6時、朝焼け。

  • 朝食は「Chez Fred et Les restaurant」で。<br />オーナーはラオス人と結婚したフランス人だった。おかげで色々情報が得られた。特に川イルカ情報。<br />カンボジアでもそうだったけど、ラオスもフランス人観光客がいっぱい。<br /><br />

    朝食は「Chez Fred et Les restaurant」で。
    オーナーはラオス人と結婚したフランス人だった。おかげで色々情報が得られた。特に川イルカ情報。
    カンボジアでもそうだったけど、ラオスもフランス人観光客がいっぱい。

  • フルーツ盛り合わせ、イングリッシュブレックファースト、ラオス風バナナのクレープ、コーヒー、ライムジュース。113,000キップ(1,370円)。ここでもカード払いができた。よかった。<br /><br />どれもおいしかった。久しぶりにまともなヨーロピアンごはんを食べた感じ。<br /><br /><br /><br />

    フルーツ盛り合わせ、イングリッシュブレックファースト、ラオス風バナナのクレープ、コーヒー、ライムジュース。113,000キップ(1,370円)。ここでもカード払いができた。よかった。

    どれもおいしかった。久しぶりにまともなヨーロピアンごはんを食べた感じ。



  • 前日と同じところで自転車レンタル。バイクレンタルもあるけれど、自転車のほうが静かにのんびりまわれておすすめ。環境にもいいしね。島の人はバイクを使っているけれど。道は凸凹だけれどしっかりしたマウンテンバイク用っぽいタイヤなので問題なし。<br /><br />

    前日と同じところで自転車レンタル。バイクレンタルもあるけれど、自転車のほうが静かにのんびりまわれておすすめ。環境にもいいしね。島の人はバイクを使っているけれど。道は凸凹だけれどしっかりしたマウンテンバイク用っぽいタイヤなので問題なし。

  • 宿で洗濯をお願いする。1キロ10,000キップ。朝出せば夜受け取れる。コーン島ではどこも一律この値段。デッド島はどこも1キロ8,000キップだった。自転車レンタル代もそうだけれど、デッド島のほうが全体的にコーン島よりも多少(ほんとに多少.<br />10円とか20円とか)値段が安いっぽい。<br /><br /><br /><br />

    宿で洗濯をお願いする。1キロ10,000キップ。朝出せば夜受け取れる。コーン島ではどこも一律この値段。デッド島はどこも1キロ8,000キップだった。自転車レンタル代もそうだけれど、デッド島のほうが全体的にコーン島よりも多少(ほんとに多少.
    10円とか20円とか)値段が安いっぽい。



  • メインストリートにあるヘリテージハウス。中は見れず。残念。<br /><br />

    メインストリートにあるヘリテージハウス。中は見れず。残念。

  • この日はデッド島探索。<br /><br />デッド島側からの旧鉄道橋。<br /><br /><br />

    この日はデッド島探索。

    デッド島側からの旧鉄道橋。


  • コーン島にある学校から家路につく女の子。島の子達はサバーイーと声をかけるとみんなにっこり笑って挨拶を返してくれる。<br /><br /><br /><br /><br />

    コーン島にある学校から家路につく女の子。島の子達はサバーイーと声をかけるとみんなにっこり笑って挨拶を返してくれる。




  • デッド島。島の南のほうはコーン島同様静かでのーんびり。<br /><br />

    デッド島。島の南のほうはコーン島同様静かでのーんびり。

  • お昼寝中の豚<br /><br /><br />

    お昼寝中の豚


  • デッド島西側。新しめのや建設中のゲストハウス多し。昼間から音楽ガンガンかけてるバー併設のゲストハウスもあり。泊まっているのは欧米系の若いバックパッカーっぽい人たち。<br /><br />

    デッド島西側。新しめのや建設中のゲストハウス多し。昼間から音楽ガンガンかけてるバー併設のゲストハウスもあり。泊まっているのは欧米系の若いバックパッカーっぽい人たち。

  • レストランにいたハチワレ~。ピンとズレた・・・<br /><br />

    レストランにいたハチワレ~。ピンとズレた・・・

  • デッド島東側はゲストハウスや店、レストランがぎっしり並んでいる。昼間なので静かだったけれど、これが夜、特にになると、特に欧米のバカンス期になるとものすごい賑やかになるのかな。ここでもすれ違う観光客はコーン島とは逆に若い欧米人ばかり。<br /><br />この島、猫がいっぱい。たまらない~<br />

    デッド島東側はゲストハウスや店、レストランがぎっしり並んでいる。昼間なので静かだったけれど、これが夜、特にになると、特に欧米のバカンス期になるとものすごい賑やかになるのかな。ここでもすれ違う観光客はコーン島とは逆に若い欧米人ばかり。

    この島、猫がいっぱい。たまらない~

  • でもゲストハウスが立ち並ぶエリアを離れればこちらも長閑。<br /><br /><br />

    でもゲストハウスが立ち並ぶエリアを離れればこちらも長閑。


  • ランチは「Mama Leuah」。だんな同僚のおすすめの店。ドイツ人とラオス人カップル経営で、ゲストハウスもやっている。デッド島とはいえ、ゲストハウス密集地からはだいぶ離れているので静か。<br />

    ランチは「Mama Leuah」。だんな同僚のおすすめの店。ドイツ人とラオス人カップル経営で、ゲストハウスもやっている。デッド島とはいえ、ゲストハウス密集地からはだいぶ離れているので静か。

  • レストランはオープンエアでメコン川に面している。<br /><br />

    レストランはオープンエアでメコン川に面している。

  • ベジタブルボール、パパイヤサラダ、モヒートカクテル、ピニャコラーダ。750,000キップ。サラダ、辛くしてってお願いしたらめっちゃくちゃ辛かった。<br /><br /><br /><br />

    ベジタブルボール、パパイヤサラダ、モヒートカクテル、ピニャコラーダ。750,000キップ。サラダ、辛くしてってお願いしたらめっちゃくちゃ辛かった。



  • だんな同僚おすすめの、ラオス酒でつくったピナコラーダが美味しかった~。<br /><br />ここでしばしまったり。この島は本当にまったりがぴったりな場所。<br /><br />

    だんな同僚おすすめの、ラオス酒でつくったピナコラーダが美味しかった~。

    ここでしばしまったり。この島は本当にまったりがぴったりな場所。

  • 眺めも雰囲気もいいレストランだった。<br /><br />

    眺めも雰囲気もいいレストランだった。

  • ターカムパン(埠頭跡)<br /><br /><br />

    ターカムパン(埠頭跡)


  • コーン島に戻り、川イルカを見に島の南にあるバーン・ハーンコーン船着場へ。<br /><br />ひたすら自転車を漕ぐ。結構遠かった。片道40-50分。途中、闘鶏で盛り上がる地元民達を目撃。<br />

    コーン島に戻り、川イルカを見に島の南にあるバーン・ハーンコーン船着場へ。

    ひたすら自転車を漕ぐ。結構遠かった。片道40-50分。途中、闘鶏で盛り上がる地元民達を目撃。

  • 船着場周辺ではお祭りが開かれていて、地元の人たちが男性も女性もお酒を飲みながらガンガンの音楽に合わせて踊っていた。翌日にボートレースがあるのでおそらくその前夜祭。<br /><br />

    船着場周辺ではお祭りが開かれていて、地元の人たちが男性も女性もお酒を飲みながらガンガンの音楽に合わせて踊っていた。翌日にボートレースがあるのでおそらくその前夜祭。

  • 子供達の遊び場と化していた蒸気機関車<br /><br /><br /><br />

    子供達の遊び場と化していた蒸気機関車



  • ボートを川から引き上げ、列車に載せるためにかつてフランス人がつくったシステム。<br /><br />ここを降りるとイルカウォッチングのボート乗り場。1艇90,000キップ。ちょうど居合わせた仏人とシェアしたので一人30,000キップ。人数が多いほうがそれだけ安くなる。所要1時間半。<br /><br /><br />

    ボートを川から引き上げ、列車に載せるためにかつてフランス人がつくったシステム。

    ここを降りるとイルカウォッチングのボート乗り場。1艇90,000キップ。ちょうど居合わせた仏人とシェアしたので一人30,000キップ。人数が多いほうがそれだけ安くなる。所要1時間半。


  • バーン・ハーンコーン船着場からでるボートは大きめで屋根付き。<br /><br />ちなみにターコーンニャイ船着場から出るボートは地元民が使っている小さなものらしい。しかもこの小さいもののほうが面白いし、今はターコーンニャイからのほうが川イルカを見える確率が高い、と朝ごはん食べたレストランの仏人オーナーが言っていた。イルカ見れる確率は80-90パーセントと結構高く、時間は午後遅くから夕方にかけてがベストとのこと。<br /><br />なのにバーン・ハーンコーンに来てしまった私達。ってかそもそも私はターコーンニャイに向かっているものとばかり思ってダンナについて行ったんですけどね。人任せにした私がバカだった。<br />

    バーン・ハーンコーン船着場からでるボートは大きめで屋根付き。

    ちなみにターコーンニャイ船着場から出るボートは地元民が使っている小さなものらしい。しかもこの小さいもののほうが面白いし、今はターコーンニャイからのほうが川イルカを見える確率が高い、と朝ごはん食べたレストランの仏人オーナーが言っていた。イルカ見れる確率は80-90パーセントと結構高く、時間は午後遅くから夕方にかけてがベストとのこと。

    なのにバーン・ハーンコーンに来てしまった私達。ってかそもそも私はターコーンニャイに向かっているものとばかり思ってダンナについて行ったんですけどね。人任せにした私がバカだった。

  • 船着場にはUNDPによるイラワジイルカの保護プロジェクトの看板。

    船着場にはUNDPによるイラワジイルカの保護プロジェクトの看板。

  • ガイドブックに書いてあったカンボジア領の村へは行くことなく2ヶ所ポイントをまわった。最近イルカがいるポイントが変わった、とレストランの仏人オーナーが言っていたからそのせいか?!<br /><br />結論。ターコーンニャイから出る小さなボートにすればよかった。なぜならイルカを探すのに屋根が何気にすごい邪魔。屋根月ボートはめちゃくちゃ古いので、船頭に移動したらボートに開いてた穴から水がドンドン入り、それをボートを運転していた男の子がバケツで川に捨てるというはハプニングあり・苦笑。<br /><br />

    ガイドブックに書いてあったカンボジア領の村へは行くことなく2ヶ所ポイントをまわった。最近イルカがいるポイントが変わった、とレストランの仏人オーナーが言っていたからそのせいか?!

    結論。ターコーンニャイから出る小さなボートにすればよかった。なぜならイルカを探すのに屋根が何気にすごい邪魔。屋根月ボートはめちゃくちゃ古いので、船頭に移動したらボートに開いてた穴から水がドンドン入り、それをボートを運転していた男の子がバケツで川に捨てるというはハプニングあり・苦笑。

  • そして、、、、1ヶ所目は全く見れなかったけれど。2ヶ所目でついに!観察中は小さな岩場にボートを括り付けて停泊。<br /><br />少なくとも2頭はいた感じ。色の白いのとグレーのと。少し離れたところからでしたが、何度か姿を見せてくれたので大満足。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

    そして、、、、1ヶ所目は全く見れなかったけれど。2ヶ所目でついに!観察中は小さな岩場にボートを括り付けて停泊。

    少なくとも2頭はいた感じ。色の白いのとグレーのと。少し離れたところからでしたが、何度か姿を見せてくれたので大満足。





  • 16時過ぎ、サンセットを見るために急いで自転車を漕いで旧鉄道橋へ。同船した仏人はデッド島のサンセットポイントへ行くと言って猛ダッシュで去っていった。果たして間に合ったのだろうか?

    16時過ぎ、サンセットを見るために急いで自転車を漕いで旧鉄道橋へ。同船した仏人はデッド島のサンセットポイントへ行くと言って猛ダッシュで去っていった。果たして間に合ったのだろうか?

  • 旧鉄道橋からのサンセット

    旧鉄道橋からのサンセット

  • ほんっと綺麗だった

    ほんっと綺麗だった

  • 夜は夜祭へ。昨日の夕方見た出店はこれだったのね。

    夜は夜祭へ。昨日の夕方見た出店はこれだったのね。

  • 島の子供達がいーっぱい。大人も子供もみんな楽しそう<br />

    島の子供達がいーっぱい。大人も子供もみんな楽しそう

  • 宿のおっちゃんが夜祭ではBBQとかごはんも食べれるよって言ってたとおり、おいしそうなものが色々売っていたので今晩の夕食はここに決定。<br /><br />鳥の足~。食べなかったけど。<br /><br />

    宿のおっちゃんが夜祭ではBBQとかごはんも食べれるよって言ってたとおり、おいしそうなものが色々売っていたので今晩の夕食はここに決定。

    鳥の足~。食べなかったけど。

  • 日本のたこ焼きが売ってた!タコ入ってなさそうだけど。<br />

    日本のたこ焼きが売ってた!タコ入ってなさそうだけど。

  • 唯一外に席を設けていた出店で指差し注文。もち米だけ別の店で買って持ち込み。観光客でここで食べているのは私たちだけだった。<br />

    唯一外に席を設けていた出店で指差し注文。もち米だけ別の店で買って持ち込み。観光客でここで食べているのは私たちだけだった。

  • 人懐こく寄ってきた女の子。かわいかった~。<br />

    人懐こく寄ってきた女の子。かわいかった~。

  • 食後のデザート。蒸しパンみたいだった。<br /><br />

    食後のデザート。蒸しパンみたいだった。

  • テキ屋!ダーツ!<br />

    テキ屋!ダーツ!

  • 私たちもやってみた。5,000キップ。3本中3本全部当たるとぬいぐるみがもらえる。が、2発しか当たらなかった。無念。子供達の注目を浴びて超緊張しましたよ。<br /><br /><br />

    私たちもやってみた。5,000キップ。3本中3本全部当たるとぬいぐるみがもらえる。が、2発しか当たらなかった。無念。子供達の注目を浴びて超緊張しましたよ。


  • 生バンド<br />

    生バンド

  • 私たちの泊まったゲストハウスは夜祭会場のすぐ近くだったので、ものすごい騒音。床のそこからドンドンと響く。<br />

    私たちの泊まったゲストハウスは夜祭会場のすぐ近くだったので、ものすごい騒音。床のそこからドンドンと響く。

  • 室内よりバルコニーのほうが断然マシだったので、ここでまったり?読書。結局宿のおっちゃんやレストランの仏人オーナーが言っていたとおり、夜中2時半すぎまでこの騒音は続いたのでした。すんごく疲れたから寝れたけどね・爆<br /><br />こうしてあっという間にコーン島最後の夜終了。<br /><br />

    室内よりバルコニーのほうが断然マシだったので、ここでまったり?読書。結局宿のおっちゃんやレストランの仏人オーナーが言っていたとおり、夜中2時半すぎまでこの騒音は続いたのでした。すんごく疲れたから寝れたけどね・爆

    こうしてあっという間にコーン島最後の夜終了。

  • 翌朝、バルコンからボートレースの練習?!風景は見れました。<br /><br />にしても、ここの島民を含め東南アジアの人々は通常4時5時には起き出して生活音が聞こえて来るのに、この日に限ってはめっちゃ静かだった。みんな昨日はよっぽどハメはずして夜更かしてしたんだろうなあ笑。夜中うるさかったけど、いい時に来れてよかった。<br /><br />

    翌朝、バルコンからボートレースの練習?!風景は見れました。

    にしても、ここの島民を含め東南アジアの人々は通常4時5時には起き出して生活音が聞こえて来るのに、この日に限ってはめっちゃ静かだった。みんな昨日はよっぽどハメはずして夜更かしてしたんだろうなあ笑。夜中うるさかったけど、いい時に来れてよかった。

  • 前日と同じFRED&amp;LEAで朝食。ここで行けないと思っていたボーラベン高原コーヒーも購入。249,260キップ(含コーヒー500g/1袋)。カード払い。カード払いができたおかげでなんとかキップ足りた。<br /><br />船の出発時間までバルコニーのハンモックでのんびり。あと1、2日この島でのんびり過ごしたかった。2泊じゃ物足りない。宿のおっちゃんも奥さんも終始親切だったし。<br /><br />11時半過ぎナーカサン行きボートのお迎え。ゲストハウス裏の船着場から乗船。操縦は宿のおっちゃんだった!バックパック背負ってコーン島船着場に行く必要なくてラッキーだった。<br /><br />

    前日と同じFRED&LEAで朝食。ここで行けないと思っていたボーラベン高原コーヒーも購入。249,260キップ(含コーヒー500g/1袋)。カード払い。カード払いができたおかげでなんとかキップ足りた。

    船の出発時間までバルコニーのハンモックでのんびり。あと1、2日この島でのんびり過ごしたかった。2泊じゃ物足りない。宿のおっちゃんも奥さんも終始親切だったし。

    11時半過ぎナーカサン行きボートのお迎え。ゲストハウス裏の船着場から乗船。操縦は宿のおっちゃんだった!バックパック背負ってコーン島船着場に行く必要なくてラッキーだった。

  • 次の目的地はチャンパサック。念のためナーカサンのATMでラオスキップ引き出し。<br /><br />再びグリーン・パラダイス・トラベルのおんぼろバスで。今回は背もたれは問題なかったけれど、なんとクーラーの水漏れ被害を被る・苦笑。前席の欧米人の女性が持っていたガムテープで応急処置。やれやれ。<br /><br />11に続く。<br />https://4travel.jp/travelogue/11592957<br />

    次の目的地はチャンパサック。念のためナーカサンのATMでラオスキップ引き出し。

    再びグリーン・パラダイス・トラベルのおんぼろバスで。今回は背もたれは問題なかったけれど、なんとクーラーの水漏れ被害を被る・苦笑。前席の欧米人の女性が持っていたガムテープで応急処置。やれやれ。

    11に続く。
    https://4travel.jp/travelogue/11592957

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

東南アジア3カ国周遊

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 480円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集