パクセ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
11月中旬、夫のベトナム出張に便乗して(夫の航空券代が浮くという算段)、バンコクを起点終点にカンボジア(プノンペン、バッタバン、シェムリアップ)、ラオス南部を2週間ちょっとかけて旅してきました。この旅の終了後はすぐに在住国フランスには戻らず、バンコク発券のANA羽田便でひとり日本里帰りを追加。合計約1か月の旅となりました。<br /><br />今回は、11年前(2008年2月)のカンボジア(シェムリアップ)、7年前(2012年5月)のラオスを含む東南アジア周遊の旅からのリベンジ旅行!当時の政治的情勢、あるいは私の体調具合等の理由によって行くことができず、ずっと心残りとなっていた場所を中心に周ってきました。<br /><br />ベトナム(ホーチミン)を起点終点にしなかった理由は、行きたかった中部地方が台風時期であったことと、ベトナムは大使館等でのビザ申請なしで再入国する場合には前回の入国から1か月待たないとならなかったから。というわけで、夫のベトナム出張終了翌日、カンボジアはプノンペンの空港で夫と合流しました。<br /><br />全日程<br />11月17日 パリ発ーバンコク着(+1日) バンコク乗り継ぎのみ <br />11月18日 バンコク発ープノンペン着 プノンペン2泊 <br />11月20日 プノンペン発ーシェムリアップ着 (+1日 / 夜行バスで1泊) シェムリアップ2泊 <br />11月23日 シェムリアップ発ーバッタンボン着 バッタンボン1泊<br />11月24日   バッタンボン発ーシェムリアップ着 シェムリアップ3泊<br />11月27日 シェムリアップ発ーパクセー着 パクセー1泊<br />11月28日 パクセー発ーコーン島着 コーン島2泊<br />11月30日 コーン島発ーチャンパサック着 チャンパサック1泊<br />12月1日 チャンパサック発ーパクセー着 パクセー1泊              ←今ここ<br />12月2日 パクセー発ーウボンラーチャターニ(タイ)着<br />12月2日 ウボンラーチャターニ(タイ)発ーバンコク着 バンコク2泊<br />12月4日 バンコク発ー羽田着 日本8泊<br />12月14日 羽田発ーバンコク着 バンコク乗り継ぎのみ <br />12月14日 バンコク発ーパリ着<br /><br />通貨<br />ラオス<br />8,000キップ = 約100円 = 1米ドル

カンボジア&ラオス&タイ旅行12 ラオス南部編 コーヒーの産地・ボーロベン高原

4いいね!

2019/12/01 - 2019/12/02

157位(同エリア210件中)

旅行記グループ 東南アジア3カ国周遊

0

38

bettyko

bettykoさん

11月中旬、夫のベトナム出張に便乗して(夫の航空券代が浮くという算段)、バンコクを起点終点にカンボジア(プノンペン、バッタバン、シェムリアップ)、ラオス南部を2週間ちょっとかけて旅してきました。この旅の終了後はすぐに在住国フランスには戻らず、バンコク発券のANA羽田便でひとり日本里帰りを追加。合計約1か月の旅となりました。

今回は、11年前(2008年2月)のカンボジア(シェムリアップ)、7年前(2012年5月)のラオスを含む東南アジア周遊の旅からのリベンジ旅行!当時の政治的情勢、あるいは私の体調具合等の理由によって行くことができず、ずっと心残りとなっていた場所を中心に周ってきました。

ベトナム(ホーチミン)を起点終点にしなかった理由は、行きたかった中部地方が台風時期であったことと、ベトナムは大使館等でのビザ申請なしで再入国する場合には前回の入国から1か月待たないとならなかったから。というわけで、夫のベトナム出張終了翌日、カンボジアはプノンペンの空港で夫と合流しました。

全日程
11月17日 パリ発ーバンコク着(+1日) バンコク乗り継ぎのみ 
11月18日 バンコク発ープノンペン着 プノンペン2泊 
11月20日 プノンペン発ーシェムリアップ着 (+1日 / 夜行バスで1泊) シェムリアップ2泊 
11月23日 シェムリアップ発ーバッタンボン着 バッタンボン1泊
11月24日 バッタンボン発ーシェムリアップ着 シェムリアップ3泊
11月27日 シェムリアップ発ーパクセー着 パクセー1泊
11月28日 パクセー発ーコーン島着 コーン島2泊
11月30日 コーン島発ーチャンパサック着 チャンパサック1泊
12月1日 チャンパサック発ーパクセー着 パクセー1泊 ←今ここ
12月2日 パクセー発ーウボンラーチャターニ(タイ)着
12月2日 ウボンラーチャターニ(タイ)発ーバンコク着 バンコク2泊
12月4日 バンコク発ー羽田着 日本8泊
12月14日 羽田発ーバンコク着 バンコク乗り継ぎのみ 
12月14日 バンコク発ーパリ着

通貨
ラオス
8,000キップ = 約100円 = 1米ドル

旅行の満足度
3.0
観光
3.5
ホテル
3.5
グルメ
3.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
バイク
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 9時半にプライベートカーでチャンパサックを出発し、1時間ほどでパクセーに到着。あっという間。ラオ・日本橋を渡った際、メコン川沿いにシヌークコーヒー一家の娘が建てたという派手な宮殿?!・笑<br /><br />再びアリサホテル(Alisa hotel)にチェックイン。デラックスダブルルーム320,000キップ(約3900円)。朝食付き。受付のお兄ちゃん、顔を覚えててくれました。

    9時半にプライベートカーでチャンパサックを出発し、1時間ほどでパクセーに到着。あっという間。ラオ・日本橋を渡った際、メコン川沿いにシヌークコーヒー一家の娘が建てたという派手な宮殿?!・笑

    再びアリサホテル(Alisa hotel)にチェックイン。デラックスダブルルーム320,000キップ(約3900円)。朝食付き。受付のお兄ちゃん、顔を覚えててくれました。

  • ホテルに荷物を預け、バイクをレンタルするためにヨーロッパ人旅行者に定評のある「Miss Noy」へ行ったらもうなかった。ので、ここのオーナー(仏人だった)がすすめてくれたラオス人経営の別の店「Wang Wang Motorbike Rental」へ。1日100,000キップ、途中のガスステーションで給油22,000キップ。パスポート預けますが、ちゃんと鍵付きの引き出しに入れて保管してくれます。場所は、国道13号沿いのレストラン「ダーオリン」をセードーン川方面を背に右に入って少し行った左。隣(手前)はグリーンパラダイス旅行会社。バイクの性能は全く問題なく、お店の人も愛想よくてよかった。<br /><br />パクセーホテル併設の旅行会社で翌日のウボンラーチャターニ行きバスチケットを購入(90,000キップ/人)した後、ボーロベン高原へ向けて出発。

    ホテルに荷物を預け、バイクをレンタルするためにヨーロッパ人旅行者に定評のある「Miss Noy」へ行ったらもうなかった。ので、ここのオーナー(仏人だった)がすすめてくれたラオス人経営の別の店「Wang Wang Motorbike Rental」へ。1日100,000キップ、途中のガスステーションで給油22,000キップ。パスポート預けますが、ちゃんと鍵付きの引き出しに入れて保管してくれます。場所は、国道13号沿いのレストラン「ダーオリン」をセードーン川方面を背に右に入って少し行った左。隣(手前)はグリーンパラダイス旅行会社。バイクの性能は全く問題なく、お店の人も愛想よくてよかった。

    パクセーホテル併設の旅行会社で翌日のウボンラーチャターニ行きバスチケットを購入(90,000キップ/人)した後、ボーロベン高原へ向けて出発。

  • 道は写真のとおり終始きれいに舗装されているので全く問題なし。<br /><br />写真のようにキロ数の表示が出ていて、地図を参照にこの数字が滝へ続く横道を見つける目印に。とはいっても非常に分かりにくいのは確か。

    道は写真のとおり終始きれいに舗装されているので全く問題なし。

    写真のようにキロ数の表示が出ていて、地図を参照にこの数字が滝へ続く横道を見つける目印に。とはいっても非常に分かりにくいのは確か。

  • バイクをレンタルするときにもらえる地図

    バイクをレンタルするときにもらえる地図

  • タッド・イトゥ(イトゥ滝)入り口が見つからず、予定していなかったチャンピの滝へ。でもこれが大正解。<br /><br />

    タッド・イトゥ(イトゥ滝)入り口が見つからず、予定していなかったチャンピの滝へ。でもこれが大正解。

  • なぜなら道の両脇はコーヒー畑だった!<br /><br />こんなところで早くもコーヒー豆に出会えるとは思っても見なかったのでテンション上がる

    なぜなら道の両脇はコーヒー畑だった!

    こんなところで早くもコーヒー豆に出会えるとは思っても見なかったのでテンション上がる

  • 滝までの道は未舗装道路。結構でこぼこ。これはどの滝へ行っても同じ。<br /><br /><br /><br />

    滝までの道は未舗装道路。結構でこぼこ。これはどの滝へ行っても同じ。



  • 赤い実を割るとコーヒー豆!

    赤い実を割るとコーヒー豆!

  • 庭にコーヒー豆を干している家があったので遠慮がちに覗き見したら、この家のおじさんが「おいでおいで」してくれて見せてくれました。やったあ!<br /><br /><br />

    庭にコーヒー豆を干している家があったので遠慮がちに覗き見したら、この家のおじさんが「おいでおいで」してくれて見せてくれました。やったあ!


  • タッド・チャンピ(チャンピ滝).<br />下に降りて滝に近づいたらヨーロッパ人の若者たちが水遊び中だった。<br /><br />入場料5000キップ/人、バイク駐車代5,000キップ。<br />

    タッド・チャンピ(チャンピ滝).
    下に降りて滝に近づいたらヨーロッパ人の若者たちが水遊び中だった。

    入場料5000キップ/人、バイク駐車代5,000キップ。

  • 見学後、お腹空きすぎて滝入り口のレストランでランチ<br /><br />ラオスは犬も穏やか

    見学後、お腹空きすぎて滝入り口のレストランでランチ

    ラオスは犬も穏やか

  • 長い時間かかってでてきたパッションフルーツジュース

    長い時間かかってでてきたパッションフルーツジュース

  • さらに長い時間かかってでてきたごはん。注文後に奥のオープンキッチンで作ってくれものだけど味はまあまあ。

    さらに長い時間かかってでてきたごはん。注文後に奥のオープンキッチンで作ってくれものだけど味はまあまあ。

  • 自家コーヒー農園を持つ「CPC」で食後のコーヒー。

    自家コーヒー農園を持つ「CPC」で食後のコーヒー。

  • おしゃれカフェだった。が、オーナーは仏人家族で超感じ悪く(ラオス人スタッフの女性は感じよかったけど)、居心地の悪いカフェだった(怒)ので早々に退散。敷地内の農園は自由に見学可。ガイドに案内をしてもらえるようだがいまいち仕組みがわからなかった。<br />

    おしゃれカフェだった。が、オーナーは仏人家族で超感じ悪く(ラオス人スタッフの女性は感じよかったけど)、居心地の悪いカフェだった(怒)ので早々に退散。敷地内の農園は自由に見学可。ガイドに案内をしてもらえるようだがいまいち仕組みがわからなかった。

  • エスプレッソ1杯10,000キップ。すごい濃かった。

    エスプレッソ1杯10,000キップ。すごい濃かった。

  • その後タッド・ユアン(ユアン滝)へ。入場料5000キップ/人、バイク駐車代5,000キップ。<br />入口から滝まではレストランやお土産屋がずらり。ラオ少数民族の服がたくさん売られていたので、好きな人は楽しめるかと。

    その後タッド・ユアン(ユアン滝)へ。入場料5000キップ/人、バイク駐車代5,000キップ。
    入口から滝まではレストランやお土産屋がずらり。ラオ少数民族の服がたくさん売られていたので、好きな人は楽しめるかと。

    タッド ユアン滝 滝・河川・湖

  • タッド・ユアン(ユアン滝)かなりの迫力。近づくと水飛沫が。

    タッド・ユアン(ユアン滝)かなりの迫力。近づくと水飛沫が。

  • 滝のてっぺんギリギリのところでインスタ撮影する観光客。見てるだけでハラハラする。<br /><br />

    滝のてっぺんギリギリのところでインスタ撮影する観光客。見てるだけでハラハラする。

  • コーヒの飲み比べがしたかったので、「CPC」のお隣のカフェ「MARE BUA」へ

    コーヒの飲み比べがしたかったので、「CPC」のお隣のカフェ「MARE BUA」へ

  • ラオス人経営の素朴な店。英語全く通じず。でもここのおじいいさんはとても感じよく、孫も人懐こくてかわいかった。孫が最後まで手をふって見送ってくれました<br /><br />ここでもコーヒー豆干してました(写真左下)<br /><br /><br />

    ラオス人経営の素朴な店。英語全く通じず。でもここのおじいいさんはとても感じよく、孫も人懐こくてかわいかった。孫が最後まで手をふって見送ってくれました

    ここでもコーヒー豆干してました(写真左下)


  • コーヒ-1杯 5,000キップ/人。こちらは薄めなお味。お茶の葉(ホワイトティー)をサービスして出してくれた。<br /><br />ここでお土産にコーヒー豆3袋購入 2,000キップ/1袋。挽いてあるものとないもののチョイスあり。

    コーヒ-1杯 5,000キップ/人。こちらは薄めなお味。お茶の葉(ホワイトティー)をサービスして出してくれた。

    ここでお土産にコーヒー豆3袋購入 2,000キップ/1袋。挽いてあるものとないもののチョイスあり。

  • 最後に欲張ってもう1つ滝見学。<br /><br />リゾートホテル敷地内の奥にあった。分かりにくっ!

    最後に欲張ってもう1つ滝見学。

    リゾートホテル敷地内の奥にあった。分かりにくっ!

  • タッド・イトゥ(イトゥ滝)<br /><br />この時点ですでに16時半。結局パークソンまでは行かず。特別見るものはないらしいし、大きなコーヒー農園見学は午前中のみらしいので。

    タッド・イトゥ(イトゥ滝)

    この時点ですでに16時半。結局パークソンまでは行かず。特別見るものはないらしいし、大きなコーヒー農園見学は午前中のみらしいので。

  • 暗くならないうちに急いで市内へ。途中サンセット。<br /><br />高原なんていうから緑に囲まれた爽やかな土地を想像していたら実際は国道沿いをひたすら走るという結果で拍子抜けしたけれど、コーヒ畑もコーヒー試飲も堪能できたので満足。パクセー発のツアーもあるけれど、バイクだと自由に動けるし断然安上がりでおすすめ。<br /><br />

    暗くならないうちに急いで市内へ。途中サンセット。

    高原なんていうから緑に囲まれた爽やかな土地を想像していたら実際は国道沿いをひたすら走るという結果で拍子抜けしたけれど、コーヒ畑もコーヒー試飲も堪能できたので満足。パクセー発のツアーもあるけれど、バイクだと自由に動けるし断然安上がりでおすすめ。

  • 帰り道、国道沿いにずらっと並ぶ籠屋台に寄った際、間違えて蟻塚を踏んでしまい大量にかまれた。めっちゃ痛いし、その後はめっちゃ痒いの要注意。<br /><br />パクセーの街中に着いた頃には真っ暗。18時頃バイク返却。<br />

    帰り道、国道沿いにずらっと並ぶ籠屋台に寄った際、間違えて蟻塚を踏んでしまい大量にかまれた。めっちゃ痛いし、その後はめっちゃ痒いの要注意。

    パクセーの街中に着いた頃には真っ暗。18時頃バイク返却。

  • 夜は13号線沿いのインディアン「Jasmin Restaurant」

    夜は13号線沿いのインディアン「Jasmin Restaurant」

  • 私はあまりお腹が空いてなかったので、サモサ1つとマンゴーラッシーのみ。カレーはフランスで食べるものよりおいしい(フランスのインドカレーってなぜか美味しくない)。ただしガーリックナンはほぼ生に近いにんにくの欠片がが大量にのっていてかなりイマイチ。全部で56,000キップ(680円弱)。この近くの、国道をちょっと入ったところにもう1つインド料理屋発見。この日はそっちのほうがはやっていた。

    私はあまりお腹が空いてなかったので、サモサ1つとマンゴーラッシーのみ。カレーはフランスで食べるものよりおいしい(フランスのインドカレーってなぜか美味しくない)。ただしガーリックナンはほぼ生に近いにんにくの欠片がが大量にのっていてかなりイマイチ。全部で56,000キップ(680円弱)。この近くの、国道をちょっと入ったところにもう1つインド料理屋発見。この日はそっちのほうがはやっていた。

  • 食後に「シヌークカフェ」へ。

    食後に「シヌークカフェ」へ。

  • エスプレッソ シャンティイー 20,000キップ、ラオスタイルコーヒー 20,000キップ<br />エスプレッソにのっていた生クリームがおいしくなかった。<br /><br />この日も早めに就寝。

    エスプレッソ シャンティイー 20,000キップ、ラオスタイルコーヒー 20,000キップ
    エスプレッソにのっていた生クリームがおいしくなかった。

    この日も早めに就寝。

  • 翌朝、6時半ビュッフェ朝食。変わらず種類豊富。昨晩ほとんど食べなかったので朝からモリモリ。<br />

    翌朝、6時半ビュッフェ朝食。変わらず種類豊富。昨晩ほとんど食べなかったので朝からモリモリ。

  • 昨晩帰り道に道端で買ったソーセージ。2,000キップ。予想外に甘かった。ハーブが効いてたらもっとおいしく食べられたなあ。<br />

    昨晩帰り道に道端で買ったソーセージ。2,000キップ。予想外に甘かった。ハーブが効いてたらもっとおいしく食べられたなあ。

  • ソーセージと一緒に買ったバナナチップス 5,000キップ。これが思いがけず美味しくて後をひく味。<br />

    ソーセージと一緒に買ったバナナチップス 5,000キップ。これが思いがけず美味しくて後をひく味。

  • 7時半チェックアウト。7時45分ピックアップ車でタイのウボンラーチャターニー行きバスが出るバスターミナルへ。

    7時半チェックアウト。7時45分ピックアップ車でタイのウボンラーチャターニー行きバスが出るバスターミナルへ。

  • 写真右奥の窓口で乗車受付&出入国管理証をもらう。<br />

    写真右奥の窓口で乗車受付&出入国管理証をもらう。

  • このバスでタイのウボンラーチャターニーへ行きます!<br /><br />

    このバスでタイのウボンラーチャターニーへ行きます!

  • 車内はこんな感じ。結構きれいで広々。8時33分出発。<br /><br /><br />

    車内はこんな感じ。結構きれいで広々。8時33分出発。


  • ワンタオ国境へ向かってます<br /><br />13につづく<br />https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11600319/<br />

    ワンタオ国境へ向かってます

    13につづく
    https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11600319/

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

東南アジア3カ国周遊

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 480円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集