宗像・古賀旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群 <br />2017年7月世界文化遺産に登録された。<br />登録資産は、沖ノ島の3つの岩礁を含めた8資産。 3つの岩礁は沖ノ島へ渡島する際の鳥居の役割を果たしている。<br /><br />

博多・宗像の旅~みあれ祭

1いいね!

2018/09/30 - 2018/10/03

226位(同エリア239件中)

chemire

chemireさん

この旅行記のスケジュール

2018/09/30

2018/10/01

2018/10/02

この旅行記スケジュールを元に

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群 
2017年7月世界文化遺産に登録された。
登録資産は、沖ノ島の3つの岩礁を含めた8資産。 3つの岩礁は沖ノ島へ渡島する際の鳥居の役割を果たしている。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
高速・路線バス JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 9/30 旅1日目。台風24号(チャーミー)の影響で、到着は予定より3時間遅れ。中洲川端駅近くのホテルにチェックインを済ませ、初日は飲むだけでおしまい。<br />

    9/30 旅1日目。台風24号(チャーミー)の影響で、到着は予定より3時間遅れ。中洲川端駅近くのホテルにチェックインを済ませ、初日は飲むだけでおしまい。

    上川端商店街 市場・商店街

  • もつ鍋の文字に惹かれて選んだ居酒屋さん。

    もつ鍋の文字に惹かれて選んだ居酒屋さん。

    酒一番 グルメ・レストラン

  • 食べたいものばかり。

    食べたいものばかり。

  • 地酒を一杯ずつ。

    地酒を一杯ずつ。

  • のんびりと食事して、〆に注文。一人前680円。楽しい夜でした。

    のんびりと食事して、〆に注文。一人前680円。楽しい夜でした。

  • 10/1 旅2日目。<br /><br />道の駅むなかたにあったポスター。<br />宗像氏は有史以前の上代、古代から海人族 (あまぞく)として知られ、優れた 航海技術をもち日本と大陸との交易に重要な役割を果たしてきた。<br />

    10/1 旅2日目。

    道の駅むなかたにあったポスター。
    宗像氏は有史以前の上代、古代から海人族 (あまぞく)として知られ、優れた 航海技術をもち日本と大陸との交易に重要な役割を果たしてきた。

    道の駅むなかた 道の駅

  • 宗像大社秋季大祭。10月1日の海上パレードによる幕開けから、10月3日の高宮神奈備祭で幕を閉じる。<br /><br />毎年10月1日に行われる航海安全や大漁などを願って行われる祭礼「みあれ祭」は、宗像大社の三女神である沖の島にある沖津宮の田心姫神(長女:たごりひめ)と大島にある中津宮の湍津姫神(次女:たぎつひめ)を、宗像市田島にある辺津宮の市杵島姫神(三女:いちきしまひめ)が神湊の沖合まで出迎えられ、1年に1度、三姉妹の姫神を宗像大社へお迎えする神事。<br /><br /><br />みあれ祭 海上神幸<br />台風24号の影響で漁船団によるパレードは中止され、御座船が大島から神湊まで御神体を運ぶ海上神幸の様子が、道の駅むなかた特設会場のパブリックビューイングで生中継された。<br />

    宗像大社秋季大祭。10月1日の海上パレードによる幕開けから、10月3日の高宮神奈備祭で幕を閉じる。

    毎年10月1日に行われる航海安全や大漁などを願って行われる祭礼「みあれ祭」は、宗像大社の三女神である沖の島にある沖津宮の田心姫神(長女:たごりひめ)と大島にある中津宮の湍津姫神(次女:たぎつひめ)を、宗像市田島にある辺津宮の市杵島姫神(三女:いちきしまひめ)が神湊の沖合まで出迎えられ、1年に1度、三姉妹の姫神を宗像大社へお迎えする神事。


    みあれ祭 海上神幸
    台風24号の影響で漁船団によるパレードは中止され、御座船が大島から神湊まで御神体を運ぶ海上神幸の様子が、道の駅むなかた特設会場のパブリックビューイングで生中継された。

  • 本来なら宗像三女神それぞれの神璽を載せた3隻の御座船を、200~300隻の宗像七浦の船団が供奉し海上を巡行するが、台風の影響でこの時は1 隻だけが供奉。<br />

    本来なら宗像三女神それぞれの神璽を載せた3隻の御座船を、200~300隻の宗像七浦の船団が供奉し海上を巡行するが、台風の影響でこの時は1 隻だけが供奉。

  • 無事、神湊に入港。

    無事、神湊に入港。

  • 陸上神幸を見るために、バスで宗像大社へ先回り。<br />ご朱印をいただいた。<br />

    陸上神幸を見るために、バスで宗像大社へ先回り。
    ご朱印をいただいた。

    宗像大社(辺津宮) 寺・神社

  • 辺津宮には市杵島姫神(三女:いちきしまひめ)が祀られている。

    辺津宮には市杵島姫神(三女:いちきしまひめ)が祀られている。

    宗像大社(辺津宮) 寺・神社

  • 国指定重要文化財。

    国指定重要文化財。

  • 本殿、拝殿。台風の影響で青空は見えなかったけれど、祭事は無事に進んだ。<br />

    本殿、拝殿。台風の影響で青空は見えなかったけれど、祭事は無事に進んだ。

  • 新湊から辺津宮までの陸上神幸。<br /><br />

    新湊から辺津宮までの陸上神幸。

  • 神湊港から玄海コミュニティまでの約2.2kmは自動車、玄海コミュニティから辺津宮まで約1.5kmは徒歩での神幸。<br />

    神湊港から玄海コミュニティまでの約2.2kmは自動車、玄海コミュニティから辺津宮まで約1.5kmは徒歩での神幸。

  • 神璽を乗せた輦台(れんだい)が神輿行列によって運ばれる。<br /><br />沖津宮・田心姫(長女たごりひめ)。<br />

    神璽を乗せた輦台(れんだい)が神輿行列によって運ばれる。

    沖津宮・田心姫(長女たごりひめ)。

  • 中津宮・湍津姫(次女たぎつひめ)<br />

    中津宮・湍津姫(次女たぎつひめ)

  • 辺津宮・市杵島姫(三女いちきしまひめ)

    辺津宮・市杵島姫(三女いちきしまひめ)

  • 地域の子供たちが稚児衣装や巫女衣装などを纏い行列に参加。<br />

    地域の子供たちが稚児衣装や巫女衣装などを纏い行列に参加。

  • 消防団員が見守る中、無事に入御。<br />

    消防団員が見守る中、無事に入御。

  • 秋季大祭一日祭斎行。<br />三女神が揃われた本殿で入御祭が行われ、主基地方風俗舞(すきちほうふうぞくまい)が奉奏された。<br />

    秋季大祭一日祭斎行。
    三女神が揃われた本殿で入御祭が行われ、主基地方風俗舞(すきちほうふうぞくまい)が奉奏された。

  • 二本の幹から伸びた枝が交差し合った相性の樫。

    二本の幹から伸びた枝が交差し合った相性の樫。

  • 高宮祭場。

    高宮祭場。

  • 高宮祭場。市杵島姫が降臨された社殿のない古代祭場。

    高宮祭場。市杵島姫が降臨された社殿のない古代祭場。

  • 辺津宮にいらした三女神。

    辺津宮にいらした三女神。

  • 神宝館へ。

    神宝館へ。

    宗像大社神宝館 美術館・博物館

  • 系図。<br />

    系図。

  • 福岡県門司市(現:北九州市門司区)出身の写真家藤原新也氏の特別展開催。<br /><br />みあれ祭海上神幸。<br />

    福岡県門司市(現:北九州市門司区)出身の写真家藤原新也氏の特別展開催。

    みあれ祭海上神幸。

  • (写真家藤原新也氏の特別展)耳石。

    (写真家藤原新也氏の特別展)耳石。

  • (写真家藤原新也氏の特別展)みそぎの様子。

    (写真家藤原新也氏の特別展)みそぎの様子。

  • (写真家藤原新也氏の特別展)大島内での御神輿行列と大島から神湊にお供して渡る関係者は神前にてお祓いを受け、玉串拝礼。<br />

    (写真家藤原新也氏の特別展)大島内での御神輿行列と大島から神湊にお供して渡る関係者は神前にてお祓いを受け、玉串拝礼。

  • 香椎宮へ。<br />724年(神亀元年)奈良朝廷の意向を受け創建。神功皇后自らが祠を建て、仲哀天皇の神霊を祀ったのが起源。<br /><br />7世紀ごろ朝廷が尊崇する神社は、1番が伊勢神宮、2番が香椎宮、3番が宇佐神宮だった。<br />

    香椎宮へ。
    724年(神亀元年)奈良朝廷の意向を受け創建。神功皇后自らが祠を建て、仲哀天皇の神霊を祀ったのが起源。

    7世紀ごろ朝廷が尊崇する神社は、1番が伊勢神宮、2番が香椎宮、3番が宇佐神宮だった。

    香椎宮 寺・神社

  • 弘化元年の狛犬 (1844年製作)。頭が極端に小さいのが特徴。

    弘化元年の狛犬 (1844年製作)。頭が極端に小さいのが特徴。

  • 綾杉。樹齢約1800年のご神木。

    綾杉。樹齢約1800年のご神木。

    香椎宮 寺・神社

  • 香椎宮拝殿。菊の御紋が見える。<br />主神 仲哀天皇<br />   神功皇后<br /><br />ご朱印をいただいた。

    香椎宮拝殿。菊の御紋が見える。
    主神 仲哀天皇
       神功皇后

    ご朱印をいただいた。

    香椎宮 寺・神社

  • 現在の社殿は日本唯一の香椎造り、国重要文化財。本殿は透塀で囲まれているため中に入れない。<br />

    現在の社殿は日本唯一の香椎造り、国重要文化財。本殿は透塀で囲まれているため中に入れない。

  • 奏楽殿。

    奏楽殿。

  • 仲哀天皇の臣下 武内宿祢(たけのうちのすくね)。不老水で300歳まで生き長らえたという伝説がある。抱いているのは幼い応神天皇。<br />

    仲哀天皇の臣下 武内宿祢(たけのうちのすくね)。不老水で300歳まで生き長らえたという伝説がある。抱いているのは幼い応神天皇。

  • 勅使館。10年に一度の勅祭のときに、天皇陛下から使わされる勅使のための館。右にある招霊の木(おがたまのき)は、一円玉裏面の葉のデザイン。<br />

    勅使館。10年に一度の勅祭のときに、天皇陛下から使わされる勅使のための館。右にある招霊の木(おがたまのき)は、一円玉裏面の葉のデザイン。

  • 境内から徒歩7分程度の所にある湧き水「不老水」。<br />

    境内から徒歩7分程度の所にある湧き水「不老水」。

  • 武内宿祢が仲哀天皇に不老水を奉献している。

    武内宿祢が仲哀天皇に不老水を奉献している。

  • 博多に戻り夕食。

    博多に戻り夕食。

  • お寿司やさんの大将は野球好き。

    お寿司やさんの大将は野球好き。

  • 10/2 旅3日目。<br />昼食は櫛田神社近くのお店へ。

    10/2 旅3日目。
    昼食は櫛田神社近くのお店へ。

    博多あかちょこべ グルメ・レストラン

  • ずぼらうどん。菜箸も運べるし、なかなか合理的。面白いし美味しい。

    ずぼらうどん。菜箸も運べるし、なかなか合理的。面白いし美味しい。

  • 櫛田神社。<br />大幡主命(大若子命)を757年の詫宣により伊勢国櫛田神社から勧請したのが創建。<br /><br />ご朱印をいただいた。<br />

    櫛田神社。
    大幡主命(大若子命)を757年の詫宣により伊勢国櫛田神社から勧請したのが創建。

    ご朱印をいただいた。

    櫛田神社 寺・神社

  • 御祭神<br />中殿-大幡主大神(櫛田宮) <br />左殿-天照皇大神(大神宮) <br />右殿-素戔嗚大神(祇園宮)<br />

    御祭神
    中殿-大幡主大神(櫛田宮)
    左殿-天照皇大神(大神宮)
    右殿-素戔嗚大神(祇園宮)

  • 博多祇園山笠。

    博多祇園山笠。

  • 常設展示され毎年7月1日に作り替えられる。

    常設展示され毎年7月1日に作り替えられる。

  • 神社内に移築保存されている博多べい。<br />戦国期の戦乱で焼け野原となり衰退した博多は、九州平定を遂げた豊臣秀吉により復興への道が開かれ、太閤町割りで再興された街には「博多べい」と呼ばれる土塀が作られた。<br />この土塀には、戦災のため瓦礫となった石や瓦などが埋め込まれている。<br />

    神社内に移築保存されている博多べい。
    戦国期の戦乱で焼け野原となり衰退した博多は、九州平定を遂げた豊臣秀吉により復興への道が開かれ、太閤町割りで再興された街には「博多べい」と呼ばれる土塀が作られた。
    この土塀には、戦災のため瓦礫となった石や瓦などが埋め込まれている。

    櫛田神社 寺・神社

  • 櫛田のぎなん。<br />樹齢千年。長寿延命のシンボルとされる御神木。<br />

    櫛田のぎなん。
    樹齢千年。長寿延命のシンボルとされる御神木。

  • 博多祝い唄(祝いめでた)にも登場する。<br /><br />さても見事な櫛田の銀杏(ぎなん)    <br />櫛田の銀杏<br />枝も栄ゆりゃ葉もしゅげる

    博多祝い唄(祝いめでた)にも登場する。

    さても見事な櫛田の銀杏(ぎなん)    
    櫛田の銀杏
    枝も栄ゆりゃ葉もしゅげる

  • 宮地嶽神社へ。<br />ご朱印をいただいた。

    宮地嶽神社へ。
    ご朱印をいただいた。

    宮地嶽神社(福岡県福津市) 寺・神社

  • 神功皇后(息長足比売命 おきながたらしひめのみこと)を主祭神とし、勝村大神・勝頼大神を配祀する。<br />

    神功皇后(息長足比売命 おきながたらしひめのみこと)を主祭神とし、勝村大神・勝頼大神を配祀する。

  • 大注連縄・大太鼓・ 大鈴の3種は日本一を誇る。

    大注連縄・大太鼓・ 大鈴の3種は日本一を誇る。

  • 奥之宮八社へと続く道。

    奥之宮八社へと続く道。

  • 奥之宮八社。ご朱印をいただいた。<br /><br />一番社・七福神社 <br />二番社・稲荷神社<br />三番社・不動神社<br />四番社・万地蔵尊 <br />五番社・恋の宮 <br />六番社・三宝荒神 <br />七番社・水神社<br />八番社・薬師神社<br />

    奥之宮八社。ご朱印をいただいた。

    一番社・七福神社
    二番社・稲荷神社
    三番社・不動神社
    四番社・万地蔵尊
    五番社・恋の宮
    六番社・三宝荒神
    七番社・水神社
    八番社・薬師神社

  • 二番社・稲荷神社

    二番社・稲荷神社

  • 三番社・不動神社<br />日本一の大きさを誇る、横穴式石室古墳の中に祀る。

    三番社・不動神社
    日本一の大きさを誇る、横穴式石室古墳の中に祀る。

  • 五番社・恋の宮

    五番社・恋の宮

  • 六番社・三宝荒神

    六番社・三宝荒神

  • 八番社・薬師神社

    八番社・薬師神社

  • 石段を上がりきったところに、あった光の道の看板。<br />

    石段を上がりきったところに、あった光の道の看板。

  • 太陽の光が真っ直ぐに伸びる光景を目にすることができるのは、2月と10月の年2回だけ。

    太陽の光が真っ直ぐに伸びる光景を目にすることができるのは、2月と10月の年2回だけ。

  • 光の道とはいかないけれど、印象に残った景色だった。

    光の道とはいかないけれど、印象に残った景色だった。

  • 博多に戻って夕食を。戸が開いていたので、迷わず入店。

    博多に戻って夕食を。戸が開いていたので、迷わず入店。

  • 落ち着いた雰囲気のお店は、孤独のグルメの五郎さんが来たとか。

    落ち着いた雰囲気のお店は、孤独のグルメの五郎さんが来たとか。

  • お品書きは、値段が書かれていないけれど・・・

    お品書きは、値段が書かれていないけれど・・・

    一富 グルメ・レストラン

  • 鯖ゴマ。

    鯖ゴマ。

  • おきゅうと。今まで食べた中で、一番風味豊かで感激した味わい。

    おきゅうと。今まで食べた中で、一番風味豊かで感激した味わい。

  • 大将お勧めの、なめこが入った茶碗蒸し。美味。

    大将お勧めの、なめこが入った茶碗蒸し。美味。

  • 〆に丸ごと揚げた栗。時間がかかると言われたけれど、待って良かった。とっても美味。<br />博多の旅の締めくくりに、とっても良いお店に出会えました。

    〆に丸ごと揚げた栗。時間がかかると言われたけれど、待って良かった。とっても美味。
    博多の旅の締めくくりに、とっても良いお店に出会えました。

  • 10/3 旅4日目。博多みやげと共に帰路へ。

    10/3 旅4日目。博多みやげと共に帰路へ。

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

宗像・古賀の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集