バイエルン州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
題して『記憶に残らない旅』<br />記憶に残らんのかい!というツッコミ、甘んじてお受けいたします (^_^;)<br />とにかく下調べなどする時間がなくて、あまり調べなくても行ける所を中心に、且つ、今まで行ったことがない場所&行ったことはあっても行かなかったスポット (強欲すぎる  ̄д ̄;) を点と点を繋いで線にしたらこうなった!・・・・という驚愕のルート&amp;スケジュール。<br />移動に次ぐ移動となり、自分の体力と記憶力を過信しすぎて、そして裏切られた(笑)。<br />もう記憶の引き出しはカラッポ (≧_≦)  <br />幸い、記憶はないけど記録 (写真など) は残ってる。<br />あれ? でも、このルート、美しい図書館いくつか行けちゃったりするかも o(・∇・o)<br /><br />2日目: 昨日の雨が残り、パッとしないお天気の中、観光に加えて移動もある日。<br />たった1泊だけでドイツ出国、次はオーストリアへ入国。<br /><br /><br />★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~<br /><br />ドイツからはじまり、オーストリアで終わる。<br />なのにその間にジワリジワリ、アメーバのように範囲を広げて気づけば7ヶ国!<br />ホントに行ってきたの?と疑心暗鬼な詰め込み感がハンパない18日間。<br />とりあえず、次からはもっとゆったりしたいと確認した旅。<br /><br />【スケジュール】<br /><br /> □ 5/21(火) 関空 → ミュンヘン  (ミュンヘン泊)<br />  https://4travel.jp/travelogue/11550974<br />  <br /> ■ 5/22(水) ランツフート、ミュンヘン → バート・イシュル (バート・イシュル泊)<br />   <br /> □ 5/23(木) アドモント (バート・イシュル泊)<br />  https://4travel.jp/travelogue/11560681<br />  <br /> □ 5/24(金) ハルシュタット、バート・イシュル → ザルツブルク (ザルツブルク泊)<br />  https://4travel.jp/travelogue/11562301<br />  <br /> □ 5/25(土) ザルツブルク (ザルツブルク泊)<br />  <br /> □ 5/26(日) ザルツブルク → トリエステ (トリエステ泊)<br /><br /> □ 5/27(月) ムッジャ、トリエステ → ピラン (ピラン泊)<br />  <br /> □ 5/28(火) ピラン → コペル、イゾラ (コペル泊)<br />  <br /> □ 5/29(水) コペル → ロヴィニ (ロヴィニ泊)<br /><br /> □ 5/30(木) プーラ、ロヴィニ (ロヴィニ泊)<br /> <br /> □ 5/31(金) ロヴィニ → ベネチア、ヴィチェンツァ、パドヴァ (ベネチア泊)<br />  <br /> □ 6/1(土) ベネチア、ブラーノ島 (ベネチア泊)<br />  <br /> □ 6/2(日) ベネチア → グラーツ (グラーツ泊)<br /><br /> □ 6/3(月) グラーツ → ウィーン、ブラチスラバ (ウィーン泊)<br /><br /> □ 6/4(火) ミクロフ、ヴァルチツェ、レドニツェ (ウィーン泊)<br /><br /> □ 6/5(水) ザンクト・フロリアン、リンツ、メルク (ウィーン泊)<br /><br /> □ 6/6(木)  ウィーン →<br /><br /> □ 6/7(金)  → 羽田 → 伊丹<br />

18日間で7ヶ国 !? 記憶に残らない旅、ついでに美しい図書館 【2】 にじいろ♪ ランツフート

38いいね!

2019/05/21 - 2019/06/07

44位(同エリア664件中)

じゃばらぽん’sさん

題して『記憶に残らない旅』
記憶に残らんのかい!というツッコミ、甘んじてお受けいたします (^_^;)
とにかく下調べなどする時間がなくて、あまり調べなくても行ける所を中心に、且つ、今まで行ったことがない場所&行ったことはあっても行かなかったスポット (強欲すぎる  ̄д ̄;) を点と点を繋いで線にしたらこうなった!・・・・という驚愕のルート&スケジュール。
移動に次ぐ移動となり、自分の体力と記憶力を過信しすぎて、そして裏切られた(笑)。
もう記憶の引き出しはカラッポ (≧_≦)
幸い、記憶はないけど記録 (写真など) は残ってる。
あれ? でも、このルート、美しい図書館いくつか行けちゃったりするかも o(・∇・o)

2日目: 昨日の雨が残り、パッとしないお天気の中、観光に加えて移動もある日。
たった1泊だけでドイツ出国、次はオーストリアへ入国。


★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~

ドイツからはじまり、オーストリアで終わる。
なのにその間にジワリジワリ、アメーバのように範囲を広げて気づけば7ヶ国!
ホントに行ってきたの?と疑心暗鬼な詰め込み感がハンパない18日間。
とりあえず、次からはもっとゆったりしたいと確認した旅。

【スケジュール】

 □ 5/21(火) 関空 → ミュンヘン  (ミュンヘン泊)
  https://4travel.jp/travelogue/11550974
  
 ■ 5/22(水) ランツフート、ミュンヘン → バート・イシュル (バート・イシュル泊)
   
 □ 5/23(木) アドモント (バート・イシュル泊)
  https://4travel.jp/travelogue/11560681
  
 □ 5/24(金) ハルシュタット、バート・イシュル → ザルツブルク (ザルツブルク泊)
  https://4travel.jp/travelogue/11562301
  
 □ 5/25(土) ザルツブルク (ザルツブルク泊)
  
 □ 5/26(日) ザルツブルク → トリエステ (トリエステ泊)

 □ 5/27(月) ムッジャ、トリエステ → ピラン (ピラン泊)
  
 □ 5/28(火) ピラン → コペル、イゾラ (コペル泊)
  
 □ 5/29(水) コペル → ロヴィニ (ロヴィニ泊)

 □ 5/30(木) プーラ、ロヴィニ (ロヴィニ泊)
 
 □ 5/31(金) ロヴィニ → ベネチア、ヴィチェンツァ、パドヴァ (ベネチア泊)
  
 □ 6/1(土) ベネチア、ブラーノ島 (ベネチア泊)
  
 □ 6/2(日) ベネチア → グラーツ (グラーツ泊)

 □ 6/3(月) グラーツ → ウィーン、ブラチスラバ (ウィーン泊)

 □ 6/4(火) ミクロフ、ヴァルチツェ、レドニツェ (ウィーン泊)

 □ 6/5(水) ザンクト・フロリアン、リンツ、メルク (ウィーン泊)

 □ 6/6(木)  ウィーン →

 □ 6/7(金)  → 羽田 → 伊丹

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝、かろうじて雨は降っていない。<br /><br />昨日、駅の券売機で買っておいたバイエルンチケット。<br />今日は、ランツフート往復とザルツブルクまでこのチケット1枚で賄う。<br />でも今日は平日なのでバイエルンチケットは9時からしか有効にならない。<br /><br />ホテルをチェックアウトし、荷物を預けて9時すぎの電車で、約50分。<br /><br />ランツフートの駅を降りて、バスで街まで行きます。<br />歩いて行くこともできるけど、今日は移動日で時間もないし、ランツフートのお城まで上り坂だし、バイエルンチケットでバスにも乗れるから乗らない手はないでしょ?<br /><br />お城の最寄りバス停で下車。<br />お城までちょっと歩きます。

    朝、かろうじて雨は降っていない。

    昨日、駅の券売機で買っておいたバイエルンチケット。
    今日は、ランツフート往復とザルツブルクまでこのチケット1枚で賄う。
    でも今日は平日なのでバイエルンチケットは9時からしか有効にならない。

    ホテルをチェックアウトし、荷物を預けて9時すぎの電車で、約50分。

    ランツフートの駅を降りて、バスで街まで行きます。
    歩いて行くこともできるけど、今日は移動日で時間もないし、ランツフートのお城まで上り坂だし、バイエルンチケットでバスにも乗れるから乗らない手はないでしょ?

    お城の最寄りバス停で下車。
    お城までちょっと歩きます。

  • そして見えてきた門。

    そして見えてきた門。

  • 門を入って250mほど歩くとお城が見えました。<br />Trausnitz城です。<br />ここランツフートは15世紀までバイエルンの首都だった街です。<br />で、その後領地が分断されて、首都をミュンヘンに持ってかれた(笑)らしい。<br />

    門を入って250mほど歩くとお城が見えました。
    Trausnitz城です。
    ここランツフートは15世紀までバイエルンの首都だった街です。
    で、その後領地が分断されて、首都をミュンヘンに持ってかれた(笑)らしい。

  • お城の内部はガイドツアーのみの見学で、回数も多くはないし、興味がないので入場はしないです。<br /><br />じゃあ、なんでここに来たの?<br />それは、

    お城の内部はガイドツアーのみの見学で、回数も多くはないし、興味がないので入場はしないです。

    じゃあ、なんでここに来たの?
    それは、

  • ジャジャーーーーーーーーーーーーーーーーン<br />ここからランツフートの街が一望できるのです。<br /><br />と、前ふりが長かった割には、お天気が芳しくないのでイマイチな感じで申し訳ないです(泣)<br /><br />この街のシンボル、ザンクト・マルティン教会が堂々たる風格で鎮座しております。

    ジャジャーーーーーーーーーーーーーーーーン
    ここからランツフートの街が一望できるのです。

    と、前ふりが長かった割には、お天気が芳しくないのでイマイチな感じで申し訳ないです(泣)

    この街のシンボル、ザンクト・マルティン教会が堂々たる風格で鎮座しております。

  • そしてなにより薄パステル調の家々が並んでる様はまるで絵本の中のよう。

    そしてなにより薄パステル調の家々が並んでる様はまるで絵本の中のよう。

  • お天気さえよければ、と思わずにはいられないですね。

    お天気さえよければ、と思わずにはいられないですね。

  • 間口の狭い家も見受けられ、外観的にはかわいいけど、部屋には日が入ってこないような気も・・・・。<br />

    間口の狭い家も見受けられ、外観的にはかわいいけど、部屋には日が入ってこないような気も・・・・。

  • お城にはレストランがあり、お天気が良ければ屋外で食事ができるのですが、今は足元が悪く、水たまりを避けて歩くのが精いっぱい。<br /><br />ちょっと残念な気持ち・・・・でも雨が降ってるよりはマシと気持ちを切り替えて、今度は街に下りてみます。<br />バスを待つより歩いたほうが早いので、坂を下っていきます。

    お城にはレストランがあり、お天気が良ければ屋外で食事ができるのですが、今は足元が悪く、水たまりを避けて歩くのが精いっぱい。

    ちょっと残念な気持ち・・・・でも雨が降ってるよりはマシと気持ちを切り替えて、今度は街に下りてみます。
    バスを待つより歩いたほうが早いので、坂を下っていきます。

  • ランツフートの街にはイーザル川が流れているのですが、ここ連日の雨で水かさが増しており泥色(笑)

    ランツフートの街にはイーザル川が流れているのですが、ここ連日の雨で水かさが増しており泥色(笑)

  • 鴨さんも嘆いているカモ?

    鴨さんも嘆いているカモ?

  • その川にかかる橋に堰が設けられており、ちょうど放流するタイミングに出くわしました。

    その川にかかる橋に堰が設けられており、ちょうど放流するタイミングに出くわしました。

  • 大量の泥水が勢いをつけて轟音とともに流れていき、もうこれは濁流!<br />おったまげ (((((ノ゚⊿゚)ノ<br /><br />お天気がいい日だと川の色もマシ?<br /><br />街の中心地に行ってみましょう。

    大量の泥水が勢いをつけて轟音とともに流れていき、もうこれは濁流!
    おったまげ (((((ノ゚⊿゚)ノ

    お天気がいい日だと川の色もマシ?

    街の中心地に行ってみましょう。

  • お城から見えた教会が、街の中心地の車やバスが走る道路沿いに建っています。

    お城から見えた教会が、街の中心地の車やバスが走る道路沿いに建っています。

  • カラフルな建物の1階はショップになっており、H&amp;Mやマクドナルドなんかもあります。

    カラフルな建物の1階はショップになっており、H&Mやマクドナルドなんかもあります。

  • 比較的静かな通りなんかも。

    比較的静かな通りなんかも。

  • 中心通りから1本入ると、先ほどまでいたお城の白い姿が見えます。<br /><br />真正面にある協会の壁もちょっと気になります。

    中心通りから1本入ると、先ほどまでいたお城の白い姿が見えます。

    真正面にある協会の壁もちょっと気になります。

  • 太陽は出ていないけど、代わりにおひさまニッコリ看板で紛らわしましょう。<br /><br />それにしても中心地には至る所に駐車している車。<br />モチロンちゃんとした駐車場なんですが、なんといっていいのやら(邪魔だと言いたいらしいです)。<br />

    太陽は出ていないけど、代わりにおひさまニッコリ看板で紛らわしましょう。

    それにしても中心地には至る所に駐車している車。
    モチロンちゃんとした駐車場なんですが、なんといっていいのやら(邪魔だと言いたいらしいです)。

  • 色とりどりの壁と朱色の屋根。

    色とりどりの壁と朱色の屋根。

  • 建物の壁は隣の色と同じにならないように、なんて決まっているのかしら?

    建物の壁は隣の色と同じにならないように、なんて決まっているのかしら?

  • 短い時間だったけれど、雨も降らず街歩きができたのでホッ^^<br /><br />今度は街中心からバスに乗って駅まで戻ります。<br /><br />そして再び戻ってきたミュンヘン中央駅で、何気なく時刻表を見ると、13時55分発のザルツブルク行きがあるじゃないか!<br />ええっと、今・・・・13時36分だから急げば間に合う !?<br />ダッシュでホテルまで行き、預けた荷物をピックアップ、そのまま、またダッシュで駅までとんぼ返り。<br /><br />旅行の計画を立てていた時は、1時間に1本の間隔で走っているメリディアン(Meridian)というザルツブルクまで行く電車が、しばらく後に再度調べ直した時には、一番都合のいい13時55分発がなくなっていたのだ。<br />その次の電車は14時55分発だったので、仕方ないなぁ~って思ってたけど、ネットで調べた時刻表も、たまに不完全だったり間違っていたりすることもあるから、現地で確認してその電車があれば乗ろうと思ってた。<br />1時間ミュンヘンで街歩きできる時間がなくなったけど、今日の道のりはちょっと長いから早めに出発したかったので、ついてる v(⌒o⌒)vイエーイ<br /><br />メリディアンのホームは遠い。<br />荷物を持って、走って走った。<br />で、電車に乗ろうと思ったらなんかおかしい。<br />すぐそばにいた、今にも電車に乗ろうとしていたおばさんにこの電車、ザルツブルクまで行くか聞いたら、行くと言う。<br />↑<br />でも、信じない(笑)<br />だって電車の車体には行き先がザルツブルクになってないんだもん。<br />疑い深い私は時間もないのに(昔ながらの紙の)時刻表を確認していると、乗客のお兄さんが声をかけてくれた。<br />「電車、もう出るよ」と。<br />再びこのお兄さんにザルツブルクに行くか聞いてみた。<br />車体の行き先はザルツブルクじゃないけど。<br />するとお兄さん、<br />「多分、途中で車両を切り離すんだよ」と言って私と一緒に先頭車両まで歩いてくれた(遠いのよ~)。<br />でも全車両見たけど、どれもザルツブルクとは書いてない。<br />で、お兄さん、運転手さんに聞いてくれた。<br />結果、ザルツブルクには行かないらしい!<br />途中で乗り換えが必要なんだとか。<br />しかも、バスに!<br />はい??? <br /><br />お兄さん、私に電車に乗るか聞いてくれたけど、そんなわけのわからない街でわけのわからないバスに乗れる自信がないので、次のザルツブルク行きの電車に乗ると伝えて、お兄さんと電車を見送った ヾ(* ̄▽ ̄*)/~~

    短い時間だったけれど、雨も降らず街歩きができたのでホッ^^

    今度は街中心からバスに乗って駅まで戻ります。

    そして再び戻ってきたミュンヘン中央駅で、何気なく時刻表を見ると、13時55分発のザルツブルク行きがあるじゃないか!
    ええっと、今・・・・13時36分だから急げば間に合う !?
    ダッシュでホテルまで行き、預けた荷物をピックアップ、そのまま、またダッシュで駅までとんぼ返り。

    旅行の計画を立てていた時は、1時間に1本の間隔で走っているメリディアン(Meridian)というザルツブルクまで行く電車が、しばらく後に再度調べ直した時には、一番都合のいい13時55分発がなくなっていたのだ。
    その次の電車は14時55分発だったので、仕方ないなぁ~って思ってたけど、ネットで調べた時刻表も、たまに不完全だったり間違っていたりすることもあるから、現地で確認してその電車があれば乗ろうと思ってた。
    1時間ミュンヘンで街歩きできる時間がなくなったけど、今日の道のりはちょっと長いから早めに出発したかったので、ついてる v(⌒o⌒)vイエーイ

    メリディアンのホームは遠い。
    荷物を持って、走って走った。
    で、電車に乗ろうと思ったらなんかおかしい。
    すぐそばにいた、今にも電車に乗ろうとしていたおばさんにこの電車、ザルツブルクまで行くか聞いたら、行くと言う。

    でも、信じない(笑)
    だって電車の車体には行き先がザルツブルクになってないんだもん。
    疑い深い私は時間もないのに(昔ながらの紙の)時刻表を確認していると、乗客のお兄さんが声をかけてくれた。
    「電車、もう出るよ」と。
    再びこのお兄さんにザルツブルクに行くか聞いてみた。
    車体の行き先はザルツブルクじゃないけど。
    するとお兄さん、
    「多分、途中で車両を切り離すんだよ」と言って私と一緒に先頭車両まで歩いてくれた(遠いのよ~)。
    でも全車両見たけど、どれもザルツブルクとは書いてない。
    で、お兄さん、運転手さんに聞いてくれた。
    結果、ザルツブルクには行かないらしい!
    途中で乗り換えが必要なんだとか。
    しかも、バスに!
    はい??? 

    お兄さん、私に電車に乗るか聞いてくれたけど、そんなわけのわからない街でわけのわからないバスに乗れる自信がないので、次のザルツブルク行きの電車に乗ると伝えて、お兄さんと電車を見送った ヾ(* ̄▽ ̄*)/~~

  • これがその時の電車の案内の写真(よく撮ったよね、時間ないのに・・・・)。<br />右側10番ホームの電車がまさしくその電車。<br />行き先に『ザルツブルク』って書いてあるよね?<br />私なにか見逃してる?

    これがその時の電車の案内の写真(よく撮ったよね、時間ないのに・・・・)。
    右側10番ホームの電車がまさしくその電車。
    行き先に『ザルツブルク』って書いてあるよね?
    私なにか見逃してる?

  • そして、これが実際に乗った14時55分発のザルツブルク行き電車。<br />やっぱり行き先はザルツブルク。<br /><br />なんで? なんで? 何が起こったの?<br />純真無垢な旅行者を惑わすんじゃない(ムキッ!)<br />どなたか分かる方いらっしゃいますか(笑) ?<br />

    そして、これが実際に乗った14時55分発のザルツブルク行き電車。
    やっぱり行き先はザルツブルク。

    なんで? なんで? 何が起こったの?
    純真無垢な旅行者を惑わすんじゃない(ムキッ!)
    どなたか分かる方いらっしゃいますか(笑) ?

  • そして、時間がないのに駅にあった、フランスで散々お世話になったブリオッシュドーレを見つけて、なんだか嬉しくて電車の中で食べようと急いで買ったのだ。<br /><br />駅  →  ホテル、荷物ピックアップ (鍵付き別室保管:他の人の荷物が手前にワンサカ!) →  駅戻る  →  ブリオッシュドーレで買う  →  ホームまで走る  →  なぬ? ザルツブルク行きじゃない!? <br /><br />この一連のドタバタ劇をわずか19分でこなしたかと思うと我ながら頑張ったわ~。<br />その間に写真も撮ったりなんかして(笑)<br /><br />けど、結局その13時55分に乗れなくて、多くの人が行き交う駅のベンチで食べる羽目になったパンオショコラはなんだかチョコの含有量が少ない気がして、あれ?こんなもんだった?って悲しくなった。<br />フランスのものとは違うのか、気持ちがそういう気にさせているのか(笑)<br /><br />あーあ、こんなだったらあの時、時刻表見なきゃ、今頃マリエン広場にでも行っていたのに、今は荷物があるから行けない・・・・・・(ノ_・。)<br /><br />ミュンヘン中央駅のホームで1時間ボオーッと費やしてやっと電車に乗り込んだ。

    そして、時間がないのに駅にあった、フランスで散々お世話になったブリオッシュドーレを見つけて、なんだか嬉しくて電車の中で食べようと急いで買ったのだ。

    駅  →  ホテル、荷物ピックアップ (鍵付き別室保管:他の人の荷物が手前にワンサカ!) →  駅戻る  →  ブリオッシュドーレで買う  →  ホームまで走る  →  なぬ? ザルツブルク行きじゃない!? 

    この一連のドタバタ劇をわずか19分でこなしたかと思うと我ながら頑張ったわ~。
    その間に写真も撮ったりなんかして(笑)

    けど、結局その13時55分に乗れなくて、多くの人が行き交う駅のベンチで食べる羽目になったパンオショコラはなんだかチョコの含有量が少ない気がして、あれ?こんなもんだった?って悲しくなった。
    フランスのものとは違うのか、気持ちがそういう気にさせているのか(笑)

    あーあ、こんなだったらあの時、時刻表見なきゃ、今頃マリエン広場にでも行っていたのに、今は荷物があるから行けない・・・・・・(ノ_・。)

    ミュンヘン中央駅のホームで1時間ボオーッと費やしてやっと電車に乗り込んだ。

  • そして14時55分発の電車で約2時間弱、ザルツブルクに到着した後、今度はバスに乗り換えて、しばらく走ると雨が降り出した。<br /><br />ザルツブルクはオーストリアなのでバイエルンチケットは使えず、ここからのバスは運転手さんに直接支払う。<br /><br />1時間30分後、やっと今夜の宿泊地バート・イシュルに到着。

    そして14時55分発の電車で約2時間弱、ザルツブルクに到着した後、今度はバスに乗り換えて、しばらく走ると雨が降り出した。

    ザルツブルクはオーストリアなのでバイエルンチケットは使えず、ここからのバスは運転手さんに直接支払う。

    1時間30分後、やっと今夜の宿泊地バート・イシュルに到着。

  • 宿泊ホテルは赤い壁がかわいい。<br />ホテルを出て裏に回ってみると、一瞬どれがホテルだかわからなくなった(笑)

    宿泊ホテルは赤い壁がかわいい。
    ホテルを出て裏に回ってみると、一瞬どれがホテルだかわからなくなった(笑)

  • そう、このホテル、表と裏では壁の色が違うの!<br />もう、『ホテル・リバーシブル』って呼んじゃう (^0^)

    そう、このホテル、表と裏では壁の色が違うの!
    もう、『ホテル・リバーシブル』って呼んじゃう (^0^)

  • ちょっと街を散歩する。<br />地面は濡れてるけど、雨があがってよかった。<br /><br />バート・イシュルの街は小さいけれど温泉保養地。<br />かのオーストリア帝国のエリザベートが皇帝フランツ・ヨーゼフと出会った場所でもあります。<br />エリザベートの姉とのお見合いについてきたエリザベートに一目惚れした皇帝。<br />エリザベートはフランツ・ヨーゼフの母ゾフィーの姪にあたります。<br />ゾフィーはおとなしい姉のヘレーネを嫁にと考えてこのお見合いをセッティングしたのに、とんだ藪蛇だったに違いありません(笑)

    ちょっと街を散歩する。
    地面は濡れてるけど、雨があがってよかった。

    バート・イシュルの街は小さいけれど温泉保養地。
    かのオーストリア帝国のエリザベートが皇帝フランツ・ヨーゼフと出会った場所でもあります。
    エリザベートの姉とのお見合いについてきたエリザベートに一目惚れした皇帝。
    エリザベートはフランツ・ヨーゼフの母ゾフィーの姪にあたります。
    ゾフィーはおとなしい姉のヘレーネを嫁にと考えてこのお見合いをセッティングしたのに、とんだ藪蛇だったに違いありません(笑)

  • コングレス&シアターハウス。<br /><br />ここでオペラなんかも上演されます。

    コングレス&シアターハウス。

    ここでオペラなんかも上演されます。

  • バート・イシュルの教会。<br /><br />街歩きをしていると中国系の男性1人+女性2人の中年グループに声をかけられた。<br />ドイツ語も英語もできない様子。<br />ホテルカードを見せられた。<br />ん? もしや迷って自分たちのホテルに帰れない!?<br />思わず笑ってしまった。<br />バート・イシュルの中心地は地図がなくても歩けるくらい狭い。<br />なのに、迷ったの?<br />そしてなぜ、私に聞く(笑)<br />私も同じホテルに泊まってたらいいなぁ~、と思ったのか?<br />残念ながら、そのホテルは知らない。ごめんなさい。<br />すると、いいよ、いいよ、みたいに言って行こうとする。<br />いいわけないでしょ!<br />あなた達帰れないでしょ!<br /><br />それにそろそろ22時近く、歩いている人もわずか。<br />それなのに、地元の人らしき人に聞こうとしないんだもん。<br />しゃーない、近くを歩いてる人をひっ捕まえて、ホテルカードを見せつつ聞く。<br />そしてぞろぞろ3人引き連れて教えられた方角に歩く。<br />夜の繁華街。<br />彼らはドラッグストアやスーパーを見て会話がはずむ。<br />見覚えがあるらしい。<br />ここまで来れば分かった? と思いきやそうではないらしい ┓(;´_`)┏<br /><br />だいだい、なぜ迷ったのか想像に難くない。<br /><br />「夕食後、外出る?」 ヽ(^◇^*)/ <br />     ↓<br />「あ、あの店見て見て!」ヽ(^◇^*)/ <br />     ↓<br />ペチャクチャ、ペチャクチャ ヽ(^◇^*)/<br />     ↓<br />「ね、ね、このウィンドーの商品素敵じゃない?」ヽ(^◇^*)/ <br />     ↓<br />ペチャクチャ、ペチャクチャ ヽ(^◇^*)/<br />     ↓<br />「ねえ、ここどこ?」 Σ( ̄Д ̄;;<br /><br />とってもありがちだ(笑)<br /><br />繁華街だけど人が少ない。<br />そこで店に荷物を搬入していたお兄さんに聞く。<br />方角を指して教えてくれたところまで歩くと無事ホテル見つけた^^;<br />おいおい、荷物搬入の店からめっちゃ近いやん!<br /><br />バイバ~イ、再見。<br /><br />この後の彼らの滞在先でも心配になっちゃう。<br />添乗員さん、彼ら危なっかしいからちゃんと見張ってて~。<br />なんだったらGPSもつけて~。<br /><br />ひと仕事したから、私も帰ろ~。<br />

    バート・イシュルの教会。

    街歩きをしていると中国系の男性1人+女性2人の中年グループに声をかけられた。
    ドイツ語も英語もできない様子。
    ホテルカードを見せられた。
    ん? もしや迷って自分たちのホテルに帰れない!?
    思わず笑ってしまった。
    バート・イシュルの中心地は地図がなくても歩けるくらい狭い。
    なのに、迷ったの?
    そしてなぜ、私に聞く(笑)
    私も同じホテルに泊まってたらいいなぁ~、と思ったのか?
    残念ながら、そのホテルは知らない。ごめんなさい。
    すると、いいよ、いいよ、みたいに言って行こうとする。
    いいわけないでしょ!
    あなた達帰れないでしょ!

    それにそろそろ22時近く、歩いている人もわずか。
    それなのに、地元の人らしき人に聞こうとしないんだもん。
    しゃーない、近くを歩いてる人をひっ捕まえて、ホテルカードを見せつつ聞く。
    そしてぞろぞろ3人引き連れて教えられた方角に歩く。
    夜の繁華街。
    彼らはドラッグストアやスーパーを見て会話がはずむ。
    見覚えがあるらしい。
    ここまで来れば分かった? と思いきやそうではないらしい ┓(;´_`)┏

    だいだい、なぜ迷ったのか想像に難くない。

    「夕食後、外出る?」 ヽ(^◇^*)/ 
         ↓
    「あ、あの店見て見て!」ヽ(^◇^*)/ 
         ↓
    ペチャクチャ、ペチャクチャ ヽ(^◇^*)/
         ↓
    「ね、ね、このウィンドーの商品素敵じゃない?」ヽ(^◇^*)/
         ↓
    ペチャクチャ、ペチャクチャ ヽ(^◇^*)/
         ↓
    「ねえ、ここどこ?」 Σ( ̄Д ̄;;

    とってもありがちだ(笑)

    繁華街だけど人が少ない。
    そこで店に荷物を搬入していたお兄さんに聞く。
    方角を指して教えてくれたところまで歩くと無事ホテル見つけた^^;
    おいおい、荷物搬入の店からめっちゃ近いやん!

    バイバ~イ、再見。

    この後の彼らの滞在先でも心配になっちゃう。
    添乗員さん、彼ら危なっかしいからちゃんと見張ってて~。
    なんだったらGPSもつけて~。

    ひと仕事したから、私も帰ろ~。

38いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集