マドゥライ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
南インドの旅行記です。<br />1/25:エアアジア、バンコク経由でチェンナイに移動<br />1/26~27:バンガロール<br />1/28:マイソール<br />1/29:ウーティ<br />1/30:コインバトール<br />1/31~2/2:コーチン<br />2/3:トリバンドラム<br />2/4~6:コバラムリゾート<br />2/6~8:マドライ<br />2/9~10:チェンナイ<br />2/11:バンコク経由で成田に帰国<br />本編(7)はマドライの旅行記です。月3本でアップする予定です。

2019年1~2月バンコク経由で南インドに行こう!(7)塔門が光輝くマドライで寺院ざんまい

13いいね!

2019/02/06 - 2019/02/08

18位(同エリア46件中)

クラッツ

クラッツさん

この旅行記のスケジュール

2019/02/06

  • インド南端を経由してマドウライに向かいました。

  • マドウライ駅に着きました。

この旅行記スケジュールを元に

南インドの旅行記です。
1/25:エアアジア、バンコク経由でチェンナイに移動
1/26~27:バンガロール
1/28:マイソール
1/29:ウーティ
1/30:コインバトール
1/31~2/2:コーチン
2/3:トリバンドラム
2/4~6:コバラムリゾート
2/6~8:マドライ
2/9~10:チェンナイ
2/11:バンコク経由で成田に帰国
本編(7)はマドライの旅行記です。月3本でアップする予定です。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.0
グルメ
4.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
エアアジア
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • トリバンドラム11:45発マドライ行きに乗りました。オールドファッション内装な列車でした。

    トリバンドラム11:45発マドライ行きに乗りました。オールドファッション内装な列車でした。

    トリヴァンドラム鉄道駅

    アラビア海のコバラムビーチへのゲートウェイ by クラッツさん
  • 列車はナガルコイル経由でマドライに向かいます。インド南端のナガルコイルはプラットホームがない簡素な駅でした。

    列車はナガルコイル経由でマドライに向かいます。インド南端のナガルコイルはプラットホームがない簡素な駅でした。

  • インド南端は、風力発電の風車が沿線に多く設置されていました。

    インド南端は、風力発電の風車が沿線に多く設置されていました。

  • 車内販売が頻繁にまわってきましたが、この古新聞を丸めて味付け豆を出してきたのが一番ユニークな車販でした。

    車内販売が頻繁にまわってきましたが、この古新聞を丸めて味付け豆を出してきたのが一番ユニークな車販でした。

  • 午後5時過ぎにマドゥライジャンクション駅に到着しました。

    午後5時過ぎにマドゥライジャンクション駅に到着しました。

  • 駅を出てウエスト・ヴェリ通りの宿に向かいます。

    駅を出てウエスト・ヴェリ通りの宿に向かいます。

  • いままでヤフオクで落札したSIMを使って、インド到着早々から快適な携帯状況でしたが、2018年11月11日の90日後、つまり2月8日で使えなくなるとSMSが昨夜未明来ました。時間がもったいないのですが、あわてて宿に着いた早々、エアテルショップにリキシャーで向かいました。

    いままでヤフオクで落札したSIMを使って、インド到着早々から快適な携帯状況でしたが、2018年11月11日の90日後、つまり2月8日で使えなくなるとSMSが昨夜未明来ました。時間がもったいないのですが、あわてて宿に着いた早々、エアテルショップにリキシャーで向かいました。

  • エアテルショップは11月11日の3か月後、2月11日から使えなくなると言っていたので、ふーん90日=3か月後か、インドだからアバウトなのか、まあ2月10日深夜便で帰るからいいか、と思いホッとして帰りました。(実際は2月10日から使えなくなり最終日はデータなしで過ごしました)

    エアテルショップは11月11日の3か月後、2月11日から使えなくなると言っていたので、ふーん90日=3か月後か、インドだからアバウトなのか、まあ2月10日深夜便で帰るからいいか、と思いホッとして帰りました。(実際は2月10日から使えなくなり最終日はデータなしで過ごしました)

  • エアテルショップの帰りにパークプラザホテル屋上のテンプルビューレストランに行きました。

    エアテルショップの帰りにパークプラザホテル屋上のテンプルビューレストランに行きました。

  • テンプルビューレストランという名前だけに、町のシンボルのアンマン寺院5つの塔門が一望できます。

    テンプルビューレストランという名前だけに、町のシンボルのアンマン寺院5つの塔門が一望できます。

  • カレー味のラムステーキをいただきました。(400ルピー)ビール1本170ルピーでした。

    カレー味のラムステーキをいただきました。(400ルピー)ビール1本170ルピーでした。

  • 翌朝、マドライ南西のティルパランクンドラムに出かけました、岩山を掘った寺院があるそうです。運賃は17ルピーです。

    翌朝、マドライ南西のティルパランクンドラムに出かけました、岩山を掘った寺院があるそうです。運賃は17ルピーです。

  • 赤茶色の岩山はムルガン神の主要な所在地で、スプラマニヤ・スワーミ寺院があります。山の中のカラフルな寺院に入りましたが、写真は残念ながら撮れませんでした。

    赤茶色の岩山はムルガン神の主要な所在地で、スプラマニヤ・スワーミ寺院があります。山の中のカラフルな寺院に入りましたが、写真は残念ながら撮れませんでした。

    ティルパランクンドラム 散歩・街歩き

  • 帰りにマドライ市内に戻り、さらにヴァイハイ川を渡り、新市街のガンジー博物館を見学しました。イギリスから独立を獲得するインドの資料やガンジーの生涯は、日本で学んだイギリス側からの歴史とは見方が違い、新鮮でした。

    帰りにマドライ市内に戻り、さらにヴァイハイ川を渡り、新市街のガンジー博物館を見学しました。イギリスから独立を獲得するインドの資料やガンジーの生涯は、日本で学んだイギリス側からの歴史とは見方が違い、新鮮でした。

    マニ バヴァン/ガンジー記念館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 昨夜、レストランから見た南の塔門に戻ってきました。高さは60mにもなり、壁は極彩色で塗られた神々や怪物、神話の場面や動物たちの像によってびっしりと埋め尽くされています。

    昨夜、レストランから見た南の塔門に戻ってきました。高さは60mにもなり、壁は極彩色で塗られた神々や怪物、神話の場面や動物たちの像によってびっしりと埋め尽くされています。

    ミーナークシー アンマン寺院 寺院・教会

  • 寺院近くのミールス一本メニューのお店、モダンレストランでお昼ご飯です。

    寺院近くのミールス一本メニューのお店、モダンレストランでお昼ご飯です。

  • 写真のメニューでカレー、ライス、付け合わせおかわりし放題で大満足、しかしたった100ルピーでした。

    写真のメニューでカレー、ライス、付け合わせおかわりし放題で大満足、しかしたった100ルピーでした。

  • 4つの塔門を順番にまわります。光の加減で塔門は色鮮やかに写ります。

    4つの塔門を順番にまわります。光の加減で塔門は色鮮やかに写ります。

  • 東の塔門から寺院の中に入ることができます。

    東の塔門から寺院の中に入ることができます。

  • 寺院内への入口です。中では神々へのささげる花などが売られています。

    寺院内への入口です。中では神々へのささげる花などが売られています。

  • 夕ご飯はビリヤニとカレーをいただきました。

    夕ご飯はビリヤニとカレーをいただきました。

  • インド風のカレービザです。合計で400ルピーでした。

    インド風のカレービザです。合計で400ルピーでした。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集