チェンナイ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
南インドの旅行記です。表紙写真はチェンナイ空港から乗った郊外列車車内で、この写真の下の方に多くのインド人が立たずにべたまっていました。<br /><br />1/25:エアアジア、バンコク経由でチェンナイに移動<br />1/26~27:バンガロール<br />1/28:マイソール<br />1/29:ウーティ<br />1/30:コインバトール<br />1/31~2/2:コーチン<br />2/3:トリバンドラム<br />2/4~6:コバラムリゾート<br />2/6~8:マドライ<br />2/9~10:チェンナイ<br />2/11:バンコク経由で成田に帰国<br />本編(1)は第1日の旅行記です。月3本でアップする予定です。<br /><br />

2019年1~2月バンコク経由で南インドに行こう!(1)バンコク経由チェンナイ入国・空港をでたらいきなり洗礼でした編

23いいね!

2019/01/25 - 2019/01/26

29位(同エリア157件中)

クラッツ

クラッツさん

この旅行記のスケジュール

2019/01/25

  • エアアジアXJ601 成田9時15分発

  • A1バスでセントラルプラザ・ラップラオへ移動

  • 29番のバスでドンムアン駅に移動し徒歩で空港に戻りました。

  • 午後10時過ぎ離陸のFD153便でチェンナイに移動

この旅行記スケジュールを元に

南インドの旅行記です。表紙写真はチェンナイ空港から乗った郊外列車車内で、この写真の下の方に多くのインド人が立たずにべたまっていました。

1/25:エアアジア、バンコク経由でチェンナイに移動
1/26~27:バンガロール
1/28:マイソール
1/29:ウーティ
1/30:コインバトール
1/31~2/2:コーチン
2/3:トリバンドラム
2/4~6:コバラムリゾート
2/6~8:マドライ
2/9~10:チェンナイ
2/11:バンコク経由で成田に帰国
本編(1)は第1日の旅行記です。月3本でアップする予定です。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 徒歩 飛行機
航空会社
タイ・エアアジア X
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • インド、チェンナイ行きですがエアアジアタイ社利用のため隣国タイ経由です。成田第二ターミナル発のXJ601便でまずバンコクに向います。

    インド、チェンナイ行きですがエアアジアタイ社利用のため隣国タイ経由です。成田第二ターミナル発のXJ601便でまずバンコクに向います。

    成田空港第2ターミナル 空港

  • インドまでトランジット7時間だけのバンコク滞在なのでSIMを買ってもしょうがないようです。グーグルマップのオフライン地図に運命を託します。搭乗前に夕食目的地のセントラルプラザをスマホに入力しておきます。

    インドまでトランジット7時間だけのバンコク滞在なのでSIMを買ってもしょうがないようです。グーグルマップのオフライン地図に運命を託します。搭乗前に夕食目的地のセントラルプラザをスマホに入力しておきます。

  • 機内はほぼ満席でした。しかし窓側の女性YOUは離陸前に突然、仲間と後方の予備座席に集団移動したので、私たちと前の列のカップルは3席を二人で使えてゆったりできました。

    機内はほぼ満席でした。しかし窓側の女性YOUは離陸前に突然、仲間と後方の予備座席に集団移動したので、私たちと前の列のカップルは3席を二人で使えてゆったりできました。

  • 30分遅れの2時半、ドンムアン空港に着きました。スワンナビームほどメジャー感がないのはLCCが多いからでしょうかね。

    30分遅れの2時半、ドンムアン空港に着きました。スワンナビームほどメジャー感がないのはLCCが多いからでしょうかね。

    ドンムアン空港 (DMK) 空港

    南インドに行くエアアジアのターミナルは奥でした。 by クラッツさん
  • A1バスに乗ってセントラルプラザラプラオに向います。反対車線の高速は事故で大渋滞です。しかしこちらは順調に30分ほどで午後4時ころ着きました。一人30バーツでした。

    A1バスに乗ってセントラルプラザラプラオに向います。反対車線の高速は事故で大渋滞です。しかしこちらは順調に30分ほどで午後4時ころ着きました。一人30バーツでした。

    シンプリー W (セントラルプラザ ラプラオ店) カフェ

    ドンムアン空港のトランジット滞在の夕食に最適! by クラッツさん
  • 左はセントラルホテルでその右にプラザがあります。バックパックをかついだシニアカップルが向かうには似合わない場所でありました。

    左はセントラルホテルでその右にプラザがあります。バックパックをかついだシニアカップルが向かうには似合わない場所でありました。

  • 3階建てのプラザモールをさまようと、そこだけ4階があるレストラン街を見つけました。

    3階建てのプラザモールをさまようと、そこだけ4階があるレストラン街を見つけました。

  • シーフードのお店に入りました。Leamcharoen Seafoodという名前の店でした。トムヤンクン、ヤムウンセン、蟹チャーハンいずれも小を注文しました。

    シーフードのお店に入りました。Leamcharoen Seafoodという名前の店でした。トムヤンクン、ヤムウンセン、蟹チャーハンいずれも小を注文しました。

  • インドは飲める場所が少ないのでシンファビール90バーツも忘れずに頼んだら下戸の妻に白い目で見られました。妻のソフトドリンクを含めて880バーツでした。(サービス料10%込みです)

    インドは飲める場所が少ないのでシンファビール90バーツも忘れずに頼んだら下戸の妻に白い目で見られました。妻のソフトドリンクを含めて880バーツでした。(サービス料10%込みです)

  • 行きで降りたバス停の反対側のバス停です。しかし行きに乗ったA1バスは無情にも手前の高速合流車線を通り過ぎていきます。

    行きで降りたバス停の反対側のバス停です。しかし行きに乗ったA1バスは無情にも手前の高速合流車線を通り過ぎていきます。

  • バックパックを抱えた私は、不安そうに周りの現地人にドンムアン空港に行くかと不安そうにきいたところ、なんと!行くよと回答もらいました。来たバスは高速の下道を行く通勤通学バスでした。

    バックパックを抱えた私は、不安そうに周りの現地人にドンムアン空港に行くかと不安そうにきいたところ、なんと!行くよと回答もらいました。来たバスは高速の下道を行く通勤通学バスでした。

  • ファランボーン始発のこのバスは行きの倍の1時間かけて空港の近くに停まりました。しかし値段は4分の1の、7バーツでした。知る由もありませんが、事故があった高速で行ったらどのくらいかかったでしょうかねえ。ドンムアンの駅を見ながら空港にぶらぶら歩いてタイを出国しました。

    ファランボーン始発のこのバスは行きの倍の1時間かけて空港の近くに停まりました。しかし値段は4分の1の、7バーツでした。知る由もありませんが、事故があった高速で行ったらどのくらいかかったでしょうかねえ。ドンムアンの駅を見ながら空港にぶらぶら歩いてタイを出国しました。

  • 成田行きより奥にあるエアアジアのローコストターミナル(私の勝手な創作名です)からインド・チェンナイ(マドラスって昔きいた地名で、チェンナイはむしろ私は違和感ありあり)に向けて搭乗用バスロビー出口の前で並びます。オーバーヘッドビンの取り合いがあるため早めに列が長くなりました。出発が遅れており23時過ぎにもかかわらずターミナルは喧騒に包まれています。

    成田行きより奥にあるエアアジアのローコストターミナル(私の勝手な創作名です)からインド・チェンナイ(マドラスって昔きいた地名で、チェンナイはむしろ私は違和感ありあり)に向けて搭乗用バスロビー出口の前で並びます。オーバーヘッドビンの取り合いがあるため早めに列が長くなりました。出発が遅れており23時過ぎにもかかわらずターミナルは喧騒に包まれています。

    ドンムアン空港 (DMK) 空港

    南インドに行くエアアジアのターミナルは奥でした。 by クラッツさん
  • 成田から着いた時のボーディングゲートとは違い、これ以上チープにできなそうなタラップで搭乗します。

    成田から着いた時のボーディングゲートとは違い、これ以上チープにできなそうなタラップで搭乗します。

  • CA泣かせのオーバーヘッドビンのスーツケース場所確保バトルもようやく収拾し離陸できました。よく見るとチェンナイむけ機内シートは成田便に比べて黒の新しめ、シート高さが高めでした。

    CA泣かせのオーバーヘッドビンのスーツケース場所確保バトルもようやく収拾し離陸できました。よく見るとチェンナイむけ機内シートは成田便に比べて黒の新しめ、シート高さが高めでした。

  • 深夜1時過ぎにチェンナイに到着、空港内で朝まで待機し予約したチェンナイ駅7時25分発に乗ります。ヤフオクで落札したエアテルのSIMも無事動き、充電スポットそばで携帯や携帯用バッテリーを充電しながら仮眠しました。

    深夜1時過ぎにチェンナイに到着、空港内で朝まで待機し予約したチェンナイ駅7時25分発に乗ります。ヤフオクで落札したエアテルのSIMも無事動き、充電スポットそばで携帯や携帯用バッテリーを充電しながら仮眠しました。

    チェンナイ国際空港 (MAA) 空港

    郊外電車で市内への激安移動できます。 by クラッツさん
  • 朝5時ころ、チェンナイセントラル駅で朝食を食べることにして空港を脱出しました。こんなに照明がきれいな立派な空港かと驚きました。

    朝5時ころ、チェンナイセントラル駅で朝食を食べることにして空港を脱出しました。こんなに照明がきれいな立派な空港かと驚きました。

  • しかし駅へ行く方向が違っていて、現地の方に指摘されました。あれが目指す駅かと思ったら、6時始発のMRTでした。まだMRTホームは暗いです。一応見に行きましたが入口は締まっており、警備員の方に走っている郊外鉄道南線の駅をきき、そちらに向かいます。ちなみに写真のMRT駅左横の通路が、正解の空港連絡通路でした。

    しかし駅へ行く方向が違っていて、現地の方に指摘されました。あれが目指す駅かと思ったら、6時始発のMRTでした。まだMRTホームは暗いです。一応見に行きましたが入口は締まっており、警備員の方に走っている郊外鉄道南線の駅をきき、そちらに向かいます。ちなみに写真のMRT駅左横の通路が、正解の空港連絡通路でした。

    ドンムアン駅

    ドンムアン空港から安く移動できます。 by クラッツさん
  • ここからは華麗な空港から、急にインドらしい風景に変わりました。

    ここからは華麗な空港から、急にインドらしい風景に変わりました。

  • 郊外鉄道駅からMRT駅近く経由で空港へ行く通路です。

    郊外鉄道駅からMRT駅近く経由で空港へ行く通路です。

  • やる気のない女性窓口係員から切符を買うとなんと一人5ルピーでした。30分乗って電車が10円以下で乗れるとは。。。しかし乗ってからローコストの理由はよくわかりました。セントラルへはチェンナイビーチ方面に乗ります。

    やる気のない女性窓口係員から切符を買うとなんと一人5ルピーでした。30分乗って電車が10円以下で乗れるとは。。。しかし乗ってからローコストの理由はよくわかりました。セントラルへはチェンナイビーチ方面に乗ります。

  • ドアは開いたまま走行します。車内は荷物電車のような内装です。車内アナウンスはなくグーグルマップ頼りの乗車です。LCCの飛行機どころではなく、貨物電車に乗ったようでした。82円切手の貼られた封筒になったようでした。パーク駅から歩いてセントラルに向かいます。

    ドアは開いたまま走行します。車内は荷物電車のような内装です。車内アナウンスはなくグーグルマップ頼りの乗車です。LCCの飛行機どころではなく、貨物電車に乗ったようでした。82円切手の貼られた封筒になったようでした。パーク駅から歩いてセントラルに向かいます。

    チェンナイ パーク駅

    郊外電車のチェンナイセントラルへの乗り換え駅 by クラッツさん
  • 10分ほど無数の車、バイク、歩行者をかわしつつ、渡りつつ歩いて(さまよって)なんとか駅に着きました。

    10分ほど無数の車、バイク、歩行者をかわしつつ、渡りつつ歩いて(さまよって)なんとか駅に着きました。

  • チェンナイセントラル駅の待ち合わせコーナーで座って7時25分発バンガロール行(列車番号22625)を待ちました。朝7時前というのに写真左下でおじさんが床に寝てます。本当に自由なインド人が時々います。この後自由なワンちゃんが道端で自由に寝ているのをよく見ましたが同じ印象を受けました。

    チェンナイセントラル駅の待ち合わせコーナーで座って7時25分発バンガロール行(列車番号22625)を待ちました。朝7時前というのに写真左下でおじさんが床に寝てます。本当に自由なインド人が時々います。この後自由なワンちゃんが道端で自由に寝ているのをよく見ましたが同じ印象を受けました。

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集