この旅行記は<br /><br />#3秋田内陸縦貫鉄道乗車記 <br />https://4travel.jp/travelogue/11399765/<br /><br />の続きとなります。鷹ノ巣駅からのスタートです。一部写真がブレていたり、白飛びしているところもありますが、最後まで読んでくだされば幸いです。

2018夏 北海道東北旅行 #4リゾートしらかみ&津軽鉄道乗車記

14いいね!

2018/08/07 - 2018/08/07

2335位(同エリア6839件中)

旅行記グループ 2018夏 北海道東北旅行

0

23

いわさば

いわさばさん

この旅行記は

#3秋田内陸縦貫鉄道乗車記 
https://4travel.jp/travelogue/11399765/

の続きとなります。鷹ノ巣駅からのスタートです。一部写真がブレていたり、白飛びしているところもありますが、最後まで読んでくだされば幸いです。

旅行の満足度
5.0
交通
5.0
同行者
友人
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
新幹線 JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 鷹ノ巣からは701系の快速弘前行きに乗って終点の弘前まで行きます。

    鷹ノ巣からは701系の快速弘前行きに乗って終点の弘前まで行きます。

    鷹ノ巣駅

  • 1時間ほどで弘前に到着。ここからはリゾートしらかみに乗って五所川原を目指します。やってきたのはブナ編成。キハ40のブナ編成には乗ったことがありますが、ハイブリッドはこれが初めて。<br /><br />(写真は五所川原で撮影)

    1時間ほどで弘前に到着。ここからはリゾートしらかみに乗って五所川原を目指します。やってきたのはブナ編成。キハ40のブナ編成には乗ったことがありますが、ハイブリッドはこれが初めて。

    (写真は五所川原で撮影)

  • シートはこんな感じ。木のぬくもりを感じる作りになっており、シートピッチも広いので足を伸ばしても前の座席に当たりません。

    シートはこんな感じ。木のぬくもりを感じる作りになっており、シートピッチも広いので足を伸ばしても前の座席に当たりません。

    弘前駅

  • 2号車には半個室もついています。グループ利用に最適ですね。

    2号車には半個室もついています。グループ利用に最適ですね。

  • 運転席の後ろにはフリースペースが設けられていて、スタンプなどが設置されています。

    運転席の後ろにはフリースペースが設けられていて、スタンプなどが設置されています。

  • 乗車記念スタンプ<br /><br />車内には販売カウンターもついており、青森の特産品などを販売していますが、混んでいたので写真は撮れませんでした。

    乗車記念スタンプ

    車内には販売カウンターもついており、青森の特産品などを販売していますが、混んでいたので写真は撮れませんでした。

  • りんご畑の間を40分ほど走ると五所川原に到着。ここからは日本最北の私鉄である津軽鉄道に乗ります。

    りんご畑の間を40分ほど走ると五所川原に到着。ここからは日本最北の私鉄である津軽鉄道に乗ります。

    津軽五所川原駅

  • 車内には風鈴が取り付けられており、涼を感じることができます。

    車内には風鈴が取り付けられており、涼を感じることができます。

  • 線路は続くよどこまでも

    線路は続くよどこまでも

  • 津軽鉄道が通っている金木町は吉幾三さんの出身地だそうで、「俺ら東京さ行ぐだ」のモチーフとなっています。

    津軽鉄道が通っている金木町は吉幾三さんの出身地だそうで、「俺ら東京さ行ぐだ」のモチーフとなっています。

  • 40分ほどで終点の津軽中里に到着。<br /><br />津軽鉄道では夏休み中の一部の日に中高生の運賃が半額になるらしく、この日はその対象日だったので通常850円のところ、なんと430円で行けました。これはラッキー。

    40分ほどで終点の津軽中里に到着。

    津軽鉄道では夏休み中の一部の日に中高生の運賃が半額になるらしく、この日はその対象日だったので通常850円のところ、なんと430円で行けました。これはラッキー。

    津軽中里駅

  • 日本最北の私鉄の駅である津軽中里駅。

    日本最北の私鉄の駅である津軽中里駅。

  • 津軽中里駅の駅舎。隣には「金多豆蔵人形劇場」が併設されていますがこの日は休みでした。<br /><br />五所川原駅に戻ります。

    津軽中里駅の駅舎。隣には「金多豆蔵人形劇場」が併設されていますがこの日は休みでした。

    五所川原駅に戻ります。

  • 五所川原からは五能線に乗って弘前まで戻ります。車窓からは夕日が当たる岩木山が見えました。

    五所川原からは五能線に乗って弘前まで戻ります。車窓からは夕日が当たる岩木山が見えました。

  • 五能線と奥羽本線の分岐駅である川部駅に到着。

    五能線と奥羽本線の分岐駅である川部駅に到着。

    川部駅

  • 弘前駅からは701系に乗り込みましたが、ねぶた祭の影響で混雑していたので新青森までカット。ここから東北新幹線に乗って八戸へ向かいます。

    弘前駅からは701系に乗り込みましたが、ねぶた祭の影響で混雑していたので新青森までカット。ここから東北新幹線に乗って八戸へ向かいます。

    新青森駅

  • 新青森駅には北海道新幹線が開業する前に来たので、それ以来になります。

    新青森駅には北海道新幹線が開業する前に来たので、それ以来になります。

  • 乗車するはやぶさ40号が来たので乗り込みます。シートは枕がついていて、全席にコンセントが付いています。いつかグランクラスにも乗ってみたいです。

    乗車するはやぶさ40号が来たので乗り込みます。シートは枕がついていて、全席にコンセントが付いています。いつかグランクラスにも乗ってみたいです。

  • 定刻で八戸に到着。

    定刻で八戸に到着。

    八戸駅

  • 駅ナカの「烹鱗」という店で八戸ラーメンを食べます。スープがさっぱりしていて美味しかったです。ちなみにこのお店には去年の冬も来ました。

    駅ナカの「烹鱗」という店で八戸ラーメンを食べます。スープがさっぱりしていて美味しかったです。ちなみにこのお店には去年の冬も来ました。

    いかめしや 烹鱗 グルメ・レストラン

  • ここから八戸線で本八戸に移動し、フェリーターミナルからシルバーフェリーに乗りましたが、諸事情により写真を撮っていません。申し訳ないです。<br />次は苫小牧到着前からのスタートになると思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。

    ここから八戸線で本八戸に移動し、フェリーターミナルからシルバーフェリーに乗りましたが、諸事情により写真を撮っていません。申し訳ないです。
    次は苫小牧到着前からのスタートになると思います。最後まで読んでくださりありがとうございました。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

青森の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集