会津若松旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回は、恒例夏の純粋な家族旅行です。<br />今年は春に沖縄に行ったので、経費節減を兼ねて車で行ける場所ということで、福島県の会津方面に行きました。<br /><br />出発直前(もっというと出発予定日当日まで)高熱を出してしまい、2泊3日の予定が1泊2日に短縮。<br />ということで、もう最終日です(早っ)<br /><br />2日目は、会津若松市内のベタ観光。<br />体調のこともありますので、かなりゆったりめです。<br />個人的には、過去何度か行ったことがある場所が多かったのですが、結構久しぶりでしたので、こんなところだったかなあ、という感じでした。<br /><br />最後は、カミさんのリクエストと、私の趣味が合致しまして、表紙の写真の場所へ。どこでしょう。

家族で行く会津方面旅行 短縮バージョン【2日目】 会津若松市内を行ったり来たり

52いいね!

2018/08/17 - 2018/08/18

63位(同エリア1054件中)

Tagucyan

Tagucyanさん

今回は、恒例夏の純粋な家族旅行です。
今年は春に沖縄に行ったので、経費節減を兼ねて車で行ける場所ということで、福島県の会津方面に行きました。

出発直前(もっというと出発予定日当日まで)高熱を出してしまい、2泊3日の予定が1泊2日に短縮。
ということで、もう最終日です(早っ)

2日目は、会津若松市内のベタ観光。
体調のこともありますので、かなりゆったりめです。
個人的には、過去何度か行ったことがある場所が多かったのですが、結構久しぶりでしたので、こんなところだったかなあ、という感じでした。

最後は、カミさんのリクエストと、私の趣味が合致しまして、表紙の写真の場所へ。どこでしょう。

同行者
家族旅行
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【1日目からのつづき】<br /><br />2日目の朝。<br />ここは会津若松市街地の東側にある東山温泉のホテル。<br /><br />朝起きて、部屋の窓から見た、会津若松の市内方向。<br />天気は良さそうだ。

    【1日目からのつづき】

    2日目の朝。
    ここは会津若松市街地の東側にある東山温泉のホテル。

    朝起きて、部屋の窓から見た、会津若松の市内方向。
    天気は良さそうだ。

  • 朝食は、バイキング。<br />7時半くらいから混みますよ、とフロントの人に言われていたのでその前に行ったが、それでも結構混雑していた。<br /><br />病み上がり、まだ食欲が復活してない…

    朝食は、バイキング。
    7時半くらいから混みますよ、とフロントの人に言われていたのでその前に行ったが、それでも結構混雑していた。

    病み上がり、まだ食欲が復活してない…

  • 【ホテルHPより写真を拝借】<br />そして、温泉ホテルと言えば朝風呂ですね♪<br /><br />昨夜とは男女が入れ替わっていて、今朝の男湯は「宙(そら)の湯」。<br />この丸い露天風呂は、写真の感じよりも広かった。<br />そして、市内が一望できるのだった。

    【ホテルHPより写真を拝借】
    そして、温泉ホテルと言えば朝風呂ですね♪

    昨夜とは男女が入れ替わっていて、今朝の男湯は「宙(そら)の湯」。
    この丸い露天風呂は、写真の感じよりも広かった。
    そして、市内が一望できるのだった。

  • そのあと、相当ゆったりして、9時半にようやくホテルをチェックアウト。

    そのあと、相当ゆったりして、9時半にようやくホテルをチェックアウト。

    会津東山温泉 御宿東鳳 宿・ホテル

    2名1室合計 24,000円~

  • ホテルから車で約10分、飯盛山に来た。<br /><br />幕末の頃、白虎隊が自決したことで有名な場所。

    ホテルから車で約10分、飯盛山に来た。

    幕末の頃、白虎隊が自決したことで有名な場所。

  • 高校生の頃来たはずなんだけどなあ、全然覚えてない。<br />この先にすごい上り階段がある。

    高校生の頃来たはずなんだけどなあ、全然覚えてない。
    この先にすごい上り階段がある。

    飯盛山 名所・史跡

  • そしてその上り階段を楽して登れる「動く坂道」。<br />有料だけど迷わず利用(笑)<br />

    そしてその上り階段を楽して登れる「動く坂道」。
    有料だけど迷わず利用(笑)

    飯盛山スロープコンベア 名所・史跡

  • こりゃあ楽だわ。

    こりゃあ楽だわ。

  • でも最後は自力で登ることになる。<br /><br />この上が広場になっていて、その先に白虎隊が自決した場所がある。<br />ところがここは団体さんでいっぱいだった。

    でも最後は自力で登ることになる。

    この上が広場になっていて、その先に白虎隊が自決した場所がある。
    ところがここは団体さんでいっぱいだった。

  • そこで次の場所へ。

    そこで次の場所へ。

  • すごい階段を(楽して)登ってきただけあって、市内が一望できる。

    すごい階段を(楽して)登ってきただけあって、市内が一望できる。

  • その先にある、さざえ堂。<br />正式名称「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」<br />1796年に建てられた、国の重要文化財。<br /><br />長男「なんだか傾いてない?」 いやいや、こういう建物なんです。

    その先にある、さざえ堂。
    正式名称「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」
    1796年に建てられた、国の重要文化財。

    長男「なんだか傾いてない?」 いやいや、こういう建物なんです。

    さざえ堂 寺・神社

  • 有料だが、中に入ってみる。

    有料だが、中に入ってみる。

  • 内部は、このようにらせん状に上るようになっている。

    内部は、このようにらせん状に上るようになっている。

  • エッチラオッチラよじ登る。

    エッチラオッチラよじ登る。

  • 一番てっぺんの部分。

    一番てっぺんの部分。

  • 千社札がいっぱい。

    千社札がいっぱい。

  • ここから降りて行くのだが、なんと登りと下りでルートが異なっていて、人とすれ違わない。<br />どういう構造になってるんだ...

    ここから降りて行くのだが、なんと登りと下りでルートが異なっていて、人とすれ違わない。
    どういう構造になってるんだ...

  • このさざえ堂、ブラタモリにも登場しました。<br />この番組、見てました。<br />これを見て、一度行ってみたいなあと思っていた。

    このさざえ堂、ブラタモリにも登場しました。
    この番組、見てました。
    これを見て、一度行ってみたいなあと思っていた。

  • 市内にある鶴ヶ城(若松城)に来た。<br />個人的には、約6年前に一度来ている。<br />カミさんも来たことがあるはずらしいのだが、全然覚えてないらしい。

    市内にある鶴ヶ城(若松城)に来た。
    個人的には、約6年前に一度来ている。
    カミさんも来たことがあるはずらしいのだが、全然覚えてないらしい。

  • 鶴ヶ城の案内図。

    鶴ヶ城の案内図。

  • 特別展をやっているらしい。

    特別展をやっているらしい。

  • いかにもという感じの、クランクした石垣。

    いかにもという感じの、クランクした石垣。

  • 見えてきました。

    見えてきました。

    鶴ヶ城(若松城) 名所・史跡

  • 建物そのものは明治7年に取り壊され、昭和40年に鉄筋コンクリート造りで再建された。

    建物そのものは明治7年に取り壊され、昭和40年に鉄筋コンクリート造りで再建された。

  • 内部は冷暖房完備の資料館になっている。<br />フロアによって撮影禁止の場所が多く、内部はあまり写真を撮ってない。

    内部は冷暖房完備の資料館になっている。
    フロアによって撮影禁止の場所が多く、内部はあまり写真を撮ってない。

  • てっぺんの天守閣まで来た。

    てっぺんの天守閣まで来た。

  • ちょうど泊まったホテルが見える方向。<br />100円入れて、双眼鏡を見るカミさん。<br />次男「ねえねえ見せてよー」 背が届かなくて見られなかった。

    ちょうど泊まったホテルが見える方向。
    100円入れて、双眼鏡を見るカミさん。
    次男「ねえねえ見せてよー」 背が届かなくて見られなかった。

  • ひねくれて景色を見る次男。

    ひねくれて景色を見る次男。

  • こちら方面が会津若松の中心部方向。

    こちら方面が会津若松の中心部方向。

  • 昼食は、会津そばを中心とした和食屋さん。<br />食欲が復活してない私でも、そばなら食べられるだろうと思いやってきた。

    昼食は、会津そばを中心とした和食屋さん。
    食欲が復活してない私でも、そばなら食べられるだろうと思いやってきた。

    東山庵 グルメ・レストラン

  • このお店、泊まったホテルからすぐの場所。<br />朝から同じような場所を行ったり来たり。

    このお店、泊まったホテルからすぐの場所。
    朝から同じような場所を行ったり来たり。

  • 奥にテーブル席と座敷席がある。

    奥にテーブル席と座敷席がある。

  • 同時期に発熱したはずなのに、すっかり食欲が戻っている長男。

    同時期に発熱したはずなのに、すっかり食欲が戻っている長男。

  • 次男は会津B級グルメ、ソースカツ丼。<br />というか、そんなに食えるのか?<br />さすがにムリで、半分くらい残してた。

    次男は会津B級グルメ、ソースカツ丼。
    というか、そんなに食えるのか?
    さすがにムリで、半分くらい残してた。

  • 一方、私とカミさんは天ざるそば。<br />やっぱり会津そばを食べなきゃね。

    一方、私とカミさんは天ざるそば。
    やっぱり会津そばを食べなきゃね。

  • 自家製、お店で打っているそば。<br />生そばの卸もしているのだとか。<br />しっかりそばの味がしました。

    自家製、お店で打っているそば。
    生そばの卸もしているのだとか。
    しっかりそばの味がしました。

  • 最後に、カミさんがお土産を買いたいとリクエストしてやってきた七日町通り。<br />レトロな町並みの通りである。

    最後に、カミさんがお土産を買いたいとリクエストしてやってきた七日町通り。
    レトロな町並みの通りである。

    七日町通り 名所・史跡

  • カミさんが職場に買っていきたいというお土産が売っているのが、なんと七日町駅。<br />通りの雰囲気にあわせて改装されている。

    カミさんが職場に買っていきたいというお土産が売っているのが、なんと七日町駅。
    通りの雰囲気にあわせて改装されている。

    七日町駅

  • この駅には何度か来たことがある。<br />以前は地方によくある、何もない無人駅だった。<br />6年前久しぶりに来てみたら、オシャレに改装されていてびっくりした。

    この駅には何度か来たことがある。
    以前は地方によくある、何もない無人駅だった。
    6年前久しぶりに来てみたら、オシャレに改装されていてびっくりした。

  • 駅舎の内部もオシャレになっている。<br />駅としては無人駅だが、観光案内所なども入っている。

    駅舎の内部もオシャレになっている。
    駅としては無人駅だが、観光案内所なども入っている。

  • そして、駅カフェもある。<br />ここのお土産屋に、カミさんが買いたい物が売っているとのこと。

    そして、駅カフェもある。
    ここのお土産屋に、カミさんが買いたい物が売っているとのこと。

  • フルーツに吟醸酒粕を混ぜた「粕愛ス(かすあいす)」というジャムのようなシャーベットのようなものを、まとめ買いしていた。

    フルーツに吟醸酒粕を混ぜた「粕愛ス(かすあいす)」というジャムのようなシャーベットのようなものを、まとめ買いしていた。

  • 駅構内は、昔と雰囲気が変わってない。<br /><br />あれ、踏切が鳴り出したぞ。

    駅構内は、昔と雰囲気が変わってない。

    あれ、踏切が鳴り出したぞ。

  • あ、只見線の列車がやってきた。

    あ、只見線の列車がやってきた。

  • 只見線428D、会津若松行き。

    只見線428D、会津若松行き。

  • ちょっとだけ趣味の世界に入ってみました(笑)<br /><br />1日6往復しか走ってない列車に巡り会えるとは。<br />この駅には会津鉄道の列車も停まるけど。

    ちょっとだけ趣味の世界に入ってみました(笑)

    1日6往復しか走ってない列車に巡り会えるとは。
    この駅には会津鉄道の列車も停まるけど。

    JR只見線 乗り物

  • さて、そろそろ帰りますか。

    さて、そろそろ帰りますか。

  • 磐越道、会津若松ICから高速道路に乗り帰宅。<br /><br />と簡単に言うけど、降りるICまで300kmくらいある。<br />この時点で午後3時過ぎ

    磐越道、会津若松ICから高速道路に乗り帰宅。

    と簡単に言うけど、降りるICまで300kmくらいある。
    この時点で午後3時過ぎ

  • 途中東北道で事故渋滞にどハマる。<br /><br />会津若松から5時間近くかかり、ようやく久喜白岡JCTから圏央道へ。<br />ここまで来れば渋滞はない、と立ち寄った菖蒲PA。<br />時刻はすでに夜8時。

    途中東北道で事故渋滞にどハマる。

    会津若松から5時間近くかかり、ようやく久喜白岡JCTから圏央道へ。
    ここまで来れば渋滞はない、と立ち寄った菖蒲PA。
    時刻はすでに夜8時。

    菖蒲パーキングエリア 道の駅

  • ここで、遅い夕食となった。<br /><br />何とかカレーライスを食べられるまでに復活。

    ここで、遅い夕食となった。

    何とかカレーライスを食べられるまでに復活。

    菖蒲のごはん屋さん グルメ・レストラン

  • さあ、ここからラストスパート。<br />自宅まであと1時間。もうひとがんばりしましょう。<br /><br />-おわり-<br />

    さあ、ここからラストスパート。
    自宅まであと1時間。もうひとがんばりしましょう。

    -おわり-

52いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • S...t...e...Pha...n...i...Eさん 2018/09/23 23:20:43
    こないだ行ってきました~
    Tagucyanさん、こんばんは~

    病み上がりの家族サービス、お疲れさまでした(;'∀')
    美味しいものが食べれないのってつらいですよね・・・

    会津若松!ちょうど先週、私も立ち寄りましたよ~
    旅行中はほぼネット開かないので(スマホは基本連絡用)、
    タイムリーにこの旅行記読めたのにーと今さら思ってますw

    サザエ堂は行かなかったんですが、お城と七日町駅は行きました(笑)
    バスで巡ってたんですが、そのコースに「七日町駅」ってあって、ここは寄るしかないなと。
    奥さんの買ってはった「粕愛ス」気になります・・・
    私は必要に迫られ会津鉄道のエコバックと、ヨーグルト(ジャケ買い)を買いました(´-`*)
    奥さんと最後にちょっとだけでも趣味がかぶってよかったですね^^
    しかもいいタイミングで只見線の電車!ラッキーでしたね♪

    ステファニー

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/24 16:03:03
    ステさんも会津に行かれたんですね

    ステファニー様
    こんにちは。

    家族旅行直前の発熱、原因はクーラーにやられたんですけど、完全にうかつでしたね。
    出発当日になって熱が下がったので、予定を1日短縮してその翌日出発したわけですが、体力的には大丈夫なつもりでも食欲が全然ないのには参りましたね。
    朝食の写真なんか、サラダとベーコンちょっとにソーセージ1本だけ。何じゃそりゃ、という感じですね^^;

    七日町駅は、七日町通りの終わり近くにあるので、市内の循環バスが駅前ロータリーで折り返しますね。6年前、私も利用して、ここで降りました。
    それよりずいぶん前の、何もない無人駅時代の印象しかなかったので、オシャレに改装されて、かつ駅カフェやら観光案内所やらが入っていて、ビックリしたものです。
    「粕愛ス」はたぶんここ以外でも売っているのではと思うのですが、ガイドブック(まっぷるですけど)には「七日町駅カフェ」と書いてあり、カミさんご指定。まさか自家用車でここに行くとは思いませんでしたねえ。

    実は、ここの近くの駐車場が満車で、20分ほど空くのを待っていたんです。この待ち時間がなかったら、只見線の列車とは会えませんでした。これをケガの功名っていうんですかね(微妙に違う気もしますが…)

    ステファニーさんも会津に行かれたんですね。
    どういうふうに行って、何をしたのでしょうか。旅行記楽しみですね。

    ---
    Tagucyan
  • オーヤシクタンさん 2018/09/22 11:16:07
    ナヌカマチ駅。
    Tagucyan様、こんにちは。
    オーヤシクタンでございます。

    会津若松は私の母の故郷なんです。
    お泊りになられた「東鳳」は東山温泉の中でトップクラスの御宿で、私は泊まった事がありません。
    ちなみに、若松市内に住む私の叔母が最近までパートをしていました。
    お墓参りで会津若松には行くのですが、定番の飯盛山や鶴ヶ城は行っていませんね。
    鶴ヶ城には市民プールがあって、子供の頃、よく遊びにいきました。
    そして、七日町駅‥
    昔あった、母の実家は七日町駅から歩いて10分ほどの場所にありました。
    かつては有人駅だった七日町駅の駅舎はウエスタン風で、ナヌカマチと駅名が掲示されていた記憶があります。
    後に、無人化され、そば屋さんが入ったり、完全無人になったりとしましたが、今は建物はそのままで内外装をレトロ調に改装されてモダンな駅舎になりましたね。
    構内ホームは相変わらずですね。
    中学生くらいになると、一人でも会津に行けるようになり、磐越西線経由でなく、マニアックな、会津線→会津バス(当時は野岩鉄道が未開通)→鬼怒川温泉から東武ロマンスカー1720系(スペーシアの前身)きぬ号で帰る時、祖母が七日町駅に見送りに来てくれたのを、30年以上たった今でも鮮明に覚えています。

    会津若松から鉄道と言いたいですが、家族旅だと、自家用車になってしまい運転が大変だった事でしょう。
    懐かしい場所を拝見しました。
    お疲れ様でした。

    オーヤシクタン。


    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/22 16:47:45
    RE: ナヌカマチ駅。

    オーヤシクタン様
    こんにちは。

    そういえばオーヤシクタンさんの旅行記に何度か会津若松でのお墓参りの様子が登場していましたね。
    会津若松は、初めて来たのが中学生の頃に家族旅行、その後高校1年生の時に乗り鉄でやってきて、以来何度か訪れています。
    乗り鉄で訪れてもなぜか市内観光もしていて、鶴ヶ城にはたぶん4回ぐらい行ったことがあると思います。

    でも泊まるはいつも駅前のビジネスホテルでした。東山温泉は場所は知っていましたが行くのも泊まるのも初めてです。実はじゃらんや楽天トラベルなどで予約できる宿泊施設には、年間の上限内で会社から補助が出るんです。今回も半額補助で泊まらせてもらいました。じゃなければ、これだけ高級なホテルに家族で泊まれません(笑)

    鶴ヶ城、駐車場から石垣を入っていくのですが、そのさらに内側にあるお堀の手前にテニスコートがあったりして、あれれーって感じですね。

    さて、なぬかまち駅。
    まさかカミさんがここの駅カフェを指定してくるとは思いませんでした。
    高校時代からこの駅を知っていますが、当時何もなかった無人駅が、今やすっかり町に溶け込んだオシャレな駅になりました。でも、一歩構内に入ると、記憶にある昔の駅と全然変わっていませんね。

    会津線から山をバスで鬼怒川に越えるルート、宮脇俊三氏の本にも出てきて、当時はいつかやりたいなあと思っていたのですが、実現する前に野岩鉄道が開業しました。
    初めて会津線に乗ったときはまだ野岩鉄道ができる前で、終点の会津滝ノ原駅(現会津高原尾瀬口駅)の寂れ具合も相当なものでした。現在のように東京から直通特急がやってくるような時代が来るなんて考えられませんでしたね。

    会津は、車で行くと遠かったですねえ。
    東北道などを走っていて、ICやSAなどで鉄道駅と同じ名前が出てくると、「ここまで来たんだな」と感覚的にわかりましてね。我ながら、体が鉄道向けにできてるなあと思いましたね(笑)

    ---
    Tagucyan
  • BTSさん 2018/09/16 10:12:23
    若さには敵わないですね!
    Tagucyanさまへ

    おはようございます。
    2日目は晴天の中で旅ができましたね。

    朝食会場を見て驚きましたが、宿泊客が数が凄いですね。私だったら人酔いしてしまいます。(笑)朝食のプレートを見るとTagucyanさまは、まだまだ本調子では無いようですね。食後は会津若松市内を展望できる露天風呂とは…優雅なひと時を過ごされましたね。私も入ってみたいです。

    チェックアウト後は、会津若松市内の観光スポットへ、私は会津若松市内に何度か泊まっていますが、未だに鶴ヶ城とさざえ堂には行ったことがありません。Tagucyanさまの旅行記で「行ったこと」「見たこと」にします。(笑)

    ランチで寄られた「東山庵」の外観はレトロ感が漂っていて良いですね。
    育ちざかりの息子さん達はガッツリと食べていますね。やはり若さには敵わないですね。Tagucyan夫妻が召し上がった蕎麦はコシがあり美味しそうです。画像を見ていると蕎麦を手繰る(たぐる)音が聞こえて来そう…会津で更科系の白っぽい蕎麦は珍しいかもしれません。更科系は蕎麦の実の中心にある白い部分だけを使っているので割高になります。(日本酒で例えると大吟醸です)

    七日町駅の駅舎に「駅カフェ」があるのは知っていましたが、こんなにお洒落とは…初めて知りました。奥さまが購入された「粕愛ス」は、とても気になります。会津は造り酒屋が多いので、さぞ美味しいことでしょう。私も一度食べてみたいです。偶然にも七日町駅に只見線の列車が到着し取材は忘れていないところがTagucyanさまらしいですね。(笑)

    事故渋滞にハマりながら無事に自宅へ着いたようですね。
    病み上がりの中を運転兼ガイドお疲れさまでした。

    BTS

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/09/17 15:48:00
    よく食べるなあ、と思いました

    BTSさま
    こんにちは。

    このホテルの食事会場はかなり広いのですが、宿泊客も多いので、夕食はチェックイン順に時間指定。一方、朝食はフリーとなるので、時間帯を誤ると大変なことになります。
    私たちは満席になる前に入りましたが、出る頃には、空席待ちの人たちの長蛇の列ができていました。

    今回は体調のこともあるのと、2日目は市内を見て回るだけなのでだらけてしまい、朝食後ものんびり展望風呂に入り、その後も部屋でのんびりしてました。

    会津若松には何度か行ったことがあるのですが、間が空きすぎたこともあって、初めて行った場所とそう印象が変わりませんでした。

    昼食は、どうしようかと思ったのですが、駐車場のあってそばが食べられるところ、ということで選びました。おそばをお店で打っているだけに、手作り感があるそばで、食感がよかったです。
    で、こちらがやっと天ぷら付きのそばを食べているころ、私と同じ病み上がりのはずの長男はガッツリカツカレー。よく食べるなあ、と思いつつ、私も普通に食欲があれば、ソースカツ丼を注文していたに違いありません(笑)

    七日町駅のオシャレな駅舎は、6年前に行って知っていました。
    出発前、ガイドブックを熟読していたカミさんが、このお店に行きたいとリクエストしたのがなんとここの駅カフェで、最後に私の趣味と合致しました。
    それにしても、偶然にも只見線の列車が来まして… これは逃す手はない、と。

    やっぱり会津は車では遠かったです。その点電車は楽でいいなあ、と思いました。

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

会津若松の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集