カンヌ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年のゴールデンウイークは昨年に引き続き「ヨーロッパ」です。イタリア、ドイツなどと迷った結果、「南フランス」のコートダジュールに決定しました。最初はプロヴァンスと両方行くつもりだったのですが、ニースのインアウトのエアーチケットを取ったのと、プロヴァンスはバスや電車で目的地に到着することがむつかしく、現地ツアーに乗る必要がありそうだったので「電車」「バス」でアクセスが容易そうな「二ース」周辺に日帰りで通うことにしました。<br /><br />日程<br />4月25日(木)<br /> 伊丹 => 羽田 => パリ シャルルドゴール空港近くのホテル泊<br />4月26日(金)<br /> パリ => ニース  ニースの街歩き<br />4月27日(土)<br /> エズ => モナコ => ニース エズ村、モナコのモンテカルロ地区<br />4月28日(日)<br />「フレンチリヴィエラパス」でニース観光、シャガール美術館、プチトラン<br />4月29日(月)<br /> サンポール・ド・ヴァンス、ヴァンス<br />4月30日(火)<br /> カンヌ、アンティーブ、ビオット<br />5月 1日(水)<br /> マントン<br />5月 2日(木)<br /> ヴィルフランシュ・シュル・メール<br />5月 3日(金)<br /> 帰国<br /><br /> 今日は4月30日、6日目です。あと「南フランス」も残すところ3日となり、列車移動に今日から入ります。バスとトラムに乗車できる「7日券」を買ったので、近くであればいくらでも乗車できる「バス」を主に使ってきましたが、今日からはやや遠い「カンヌ」「アンティーブ」、明日は「マントン」に向かうので、列車の利用が欠かせません。<br /> ニースに到着した当日はやや曇っていたのですが、4月27日のエズ・モナコ以降は今日まで「快晴」に恵まれ、コートダジュールらしい青空が写真にも反映して、「青い南フランス」の情景が撮影できています。<br /> ややハードルの高かった「フランスSNCF」なんですが、カンヌまでバスというのも芸がないので、意を決して「ニースヴィル駅」に向かいます。ホテルも「メルキュールノートルダム」に昨日から移ったため、駅まで徒歩で8分程度の駅前といえるアクセスです。<br /> 駅構内で、「自販機」と格闘しようとしましたが、「困難」さに心折れてしまい、「近く」に立っていた「駅員」さんに尋ねると「ニース -> カンヌ -> アンティーブ -> ニース」のチケットを携帯端末からプリントアウトしてくれました。ラッキーです。なぜ、ラッキーかは「明日」の旅行記で確認できます。<br /> ホームの場所を確認しつつ、階段から上がると「アジア系」の女性2人とカンヌの話で盛り上がります。「上海」から来た「C」の国の姉妹で、妹は「大阪」に3回来たことがあるそうです。上海って、関空まで近いですからねー。<br /> さて、きょうは今回の旅行では珍しく「強行軍」です。まず、カンヌ。ここで映画祭の準備真っ只中の会場をさらっと見て、アンティーブに足を延ばし、バスで「ガラス工芸の町 ビオット」を訪れ、アンティーブの旧市街を歩いて帰ってくるというプランを立てました。ビオット行きのバス停が見つけられるのか、バスのタイムテーブルはなど、不確定な要素が満ちていますが、その場限りのプランが立てられるのも、個人手配のメリットですからね。まるで、南フランスの住人の休日のような行き当たりばったりの1日が始まります。<br /> やや、ハードスケジュール気味ですが、半年間練った行程ですので何とかいけるかなと思います。個人手配の旅行って「計画段階でのシュミレーション」が実際やってみてどうなのかを検証する機会という位置づけもあるので、それも楽しみですね。<br /> 一番うれしいのは、インターネットの情報を仕入れて「こうだろうか?」と半信半疑で現地にやってきて、想定どおりに事が運んだ時ですね。また、現地で思いもかけない「物」や「人」との出会いがあったときなどもうれしいです。

今年のヨーロッパバカンスはコートダジュール(6)(カンヌ・アンティーブ・ビオット編)

39いいね!

2018/04/30 - 2018/04/30

15位(同エリア131件中)

イタリア大好き

イタリア大好きさん

今年のゴールデンウイークは昨年に引き続き「ヨーロッパ」です。イタリア、ドイツなどと迷った結果、「南フランス」のコートダジュールに決定しました。最初はプロヴァンスと両方行くつもりだったのですが、ニースのインアウトのエアーチケットを取ったのと、プロヴァンスはバスや電車で目的地に到着することがむつかしく、現地ツアーに乗る必要がありそうだったので「電車」「バス」でアクセスが容易そうな「二ース」周辺に日帰りで通うことにしました。

日程
4月25日(木)
 伊丹 => 羽田 => パリ シャルルドゴール空港近くのホテル泊
4月26日(金)
 パリ => ニース  ニースの街歩き
4月27日(土)
 エズ => モナコ => ニース エズ村、モナコのモンテカルロ地区
4月28日(日)
「フレンチリヴィエラパス」でニース観光、シャガール美術館、プチトラン
4月29日(月)
 サンポール・ド・ヴァンス、ヴァンス
4月30日(火)
 カンヌ、アンティーブ、ビオット
5月 1日(水)
 マントン
5月 2日(木)
 ヴィルフランシュ・シュル・メール
5月 3日(金)
 帰国

今日は4月30日、6日目です。あと「南フランス」も残すところ3日となり、列車移動に今日から入ります。バスとトラムに乗車できる「7日券」を買ったので、近くであればいくらでも乗車できる「バス」を主に使ってきましたが、今日からはやや遠い「カンヌ」「アンティーブ」、明日は「マントン」に向かうので、列車の利用が欠かせません。
 ニースに到着した当日はやや曇っていたのですが、4月27日のエズ・モナコ以降は今日まで「快晴」に恵まれ、コートダジュールらしい青空が写真にも反映して、「青い南フランス」の情景が撮影できています。
 ややハードルの高かった「フランスSNCF」なんですが、カンヌまでバスというのも芸がないので、意を決して「ニースヴィル駅」に向かいます。ホテルも「メルキュールノートルダム」に昨日から移ったため、駅まで徒歩で8分程度の駅前といえるアクセスです。
 駅構内で、「自販機」と格闘しようとしましたが、「困難」さに心折れてしまい、「近く」に立っていた「駅員」さんに尋ねると「ニース -> カンヌ -> アンティーブ -> ニース」のチケットを携帯端末からプリントアウトしてくれました。ラッキーです。なぜ、ラッキーかは「明日」の旅行記で確認できます。
 ホームの場所を確認しつつ、階段から上がると「アジア系」の女性2人とカンヌの話で盛り上がります。「上海」から来た「C」の国の姉妹で、妹は「大阪」に3回来たことがあるそうです。上海って、関空まで近いですからねー。
 さて、きょうは今回の旅行では珍しく「強行軍」です。まず、カンヌ。ここで映画祭の準備真っ只中の会場をさらっと見て、アンティーブに足を延ばし、バスで「ガラス工芸の町 ビオット」を訪れ、アンティーブの旧市街を歩いて帰ってくるというプランを立てました。ビオット行きのバス停が見つけられるのか、バスのタイムテーブルはなど、不確定な要素が満ちていますが、その場限りのプランが立てられるのも、個人手配のメリットですからね。まるで、南フランスの住人の休日のような行き当たりばったりの1日が始まります。
やや、ハードスケジュール気味ですが、半年間練った行程ですので何とかいけるかなと思います。個人手配の旅行って「計画段階でのシュミレーション」が実際やってみてどうなのかを検証する機会という位置づけもあるので、それも楽しみですね。
 一番うれしいのは、インターネットの情報を仕入れて「こうだろうか?」と半信半疑で現地にやってきて、想定どおりに事が運んだ時ですね。また、現地で思いもかけない「物」や「人」との出会いがあったときなどもうれしいです。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩

PR

  • モナコの時から「列車移動」については躊躇していたのですが、今日予定している「カンヌ」「アンティーブ」はさすがにバス移動は厳しいので、ニースヴィル駅から列車移動です。<br /><br /> ラッキーなことに「駅員さん」からチケットを購入できたので、ホームさえ間違えなければ着けそうです。今日は「3か所」移動という「エズ」「モナコ」以来のスケジュールでやや緊張気味ですが、まあ「着けなければ、それはその時」なので、ボーと座席に座っています。<br /><br /> 写真はカンヌへ向かう列車から見た地中海です。天候は今日まで「抜群」でコートダジュールのイメージを裏切りません。この「青い海」がリゾートを象徴していますね。<br />

    モナコの時から「列車移動」については躊躇していたのですが、今日予定している「カンヌ」「アンティーブ」はさすがにバス移動は厳しいので、ニースヴィル駅から列車移動です。

     ラッキーなことに「駅員さん」からチケットを購入できたので、ホームさえ間違えなければ着けそうです。今日は「3か所」移動という「エズ」「モナコ」以来のスケジュールでやや緊張気味ですが、まあ「着けなければ、それはその時」なので、ボーと座席に座っています。

     写真はカンヌへ向かう列車から見た地中海です。天候は今日まで「抜群」でコートダジュールのイメージを裏切りません。この「青い海」がリゾートを象徴していますね。

  • カンヌ駅です。<br /><br />天気いいですね。カンヌも最初は「行かない」予定だったのですが、プロヴァンスを外して「コートダジュール」のみで8泊した場合、有名どころとして候補にあがりました。日本人の中で認知度が高いのは「ニース」「カンヌ」「エズ」「モナコ<br />」くらいですからね。<br /><br />あまり期待せずに行きましょう。

    カンヌ駅です。

    天気いいですね。カンヌも最初は「行かない」予定だったのですが、プロヴァンスを外して「コートダジュール」のみで8泊した場合、有名どころとして候補にあがりました。日本人の中で認知度が高いのは「ニース」「カンヌ」「エズ」「モナコ
    」くらいですからね。

    あまり期待せずに行きましょう。

  • さて、一応映画祭会場の「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ」を目指して歩きましょう。<br /><br />カンヌといえば、これしかないですもんね。

    さて、一応映画祭会場の「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ」を目指して歩きましょう。

    カンヌといえば、これしかないですもんね。

  • ギャルリーラファイエットもあります。<br />南仏はちょっと大きな町には「ラファイエット」がありますよね。<br />たしか「マントン」にもあったような気がします。<br /><br />なにか、南仏のひなびた感覚とは違う「高級」な香りが漂います。

    ギャルリーラファイエットもあります。
    南仏はちょっと大きな町には「ラファイエット」がありますよね。
    たしか「マントン」にもあったような気がします。

    なにか、南仏のひなびた感覚とは違う「高級」な香りが漂います。

  • 海へ向かう方向だけを間違えないようにして、そのあたりの道を適当に曲がってみます。このあたりの道もちょっと「豪華」というか、世界の「セレブ」が来そうな雰囲気を醸しています。

    海へ向かう方向だけを間違えないようにして、そのあたりの道を適当に曲がってみます。このあたりの道もちょっと「豪華」というか、世界の「セレブ」が来そうな雰囲気を醸しています。

  • 「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ」に到着しました。<br /><br />ガラス張りの立派な建物ですね。いつもニュースで見るレッドカーペットはどこなんでしょう。一応そこを目指しましょう。

    イチオシ

    「パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ」に到着しました。

    ガラス張りの立派な建物ですね。いつもニュースで見るレッドカーペットはどこなんでしょう。一応そこを目指しましょう。

  • このオブジェ、変わってますよね。<br /><br />フィルムがカメラか映写機に絡まっているんですか。

    このオブジェ、変わってますよね。

    フィルムがカメラか映写機に絡まっているんですか。

  • これですね、レッドカーペット。<br /><br />もう少し後なら「ここを世界のフィルムスター」が歩くんですね。今年の審査委員長の「ケイト・ブランシェット」さん、好きなんですよ。ちょっと本物見たかったなー。「エリザベス」シリーズ何回も見ましたからね。<br /><br />この階段の下にもっと長いカーペットを本番はしいて、フラッシュを浴びるんでしょう。

    イチオシ

    これですね、レッドカーペット。

    もう少し後なら「ここを世界のフィルムスター」が歩くんですね。今年の審査委員長の「ケイト・ブランシェット」さん、好きなんですよ。ちょっと本物見たかったなー。「エリザベス」シリーズ何回も見ましたからね。

    この階段の下にもっと長いカーペットを本番はしいて、フラッシュを浴びるんでしょう。

  • 会場の前には「ビーチ」が広がっているようです。<br /><br />ちょこっと覗きに行きましょう。あまり、「カンヌ」とビーチは結び付かなかったのですが、ニースよりは小さいですが、きれいな「砂浜」がありました。これはラッキーなのかもしれません。

    会場の前には「ビーチ」が広がっているようです。

    ちょこっと覗きに行きましょう。あまり、「カンヌ」とビーチは結び付かなかったのですが、ニースよりは小さいですが、きれいな「砂浜」がありました。これはラッキーなのかもしれません。

  • ここは「砂浜」なんですね。このビーチのほうが私たちには「馴染み」があります。<br />みんな、夏が来るのを待ちきれないといった感じですね。そのつもりで来たら「ビーチシート」と水着が必要ですね。ニースよりはここのほうが夏を感じられるかも。<br />ちょっと、「準備不足」でした。

    ここは「砂浜」なんですね。このビーチのほうが私たちには「馴染み」があります。
    みんな、夏が来るのを待ちきれないといった感じですね。そのつもりで来たら「ビーチシート」と水着が必要ですね。ニースよりはここのほうが夏を感じられるかも。
    ちょっと、「準備不足」でした。

  • みなさん、すっかり「夏」ですね。<br /><br />青い空、乾いた空気、砂浜。気温が低いことを除けば立派な「夏」ですけどね。<br /><br />

    みなさん、すっかり「夏」ですね。

    青い空、乾いた空気、砂浜。気温が低いことを除けば立派な「夏」ですけどね。

  • きれいな海ですね。<br /><br />ほんと、ここで一日過ごせるような「ビーチリゾート」ですよ。クロワゼット通からすぐの場所にあるこの「ビーチ」は、夏に来たらほんとに「ボー」としていられそうな感じです。

    イチオシ

    きれいな海ですね。

    ほんと、ここで一日過ごせるような「ビーチリゾート」ですよ。クロワゼット通からすぐの場所にあるこの「ビーチ」は、夏に来たらほんとに「ボー」としていられそうな感じです。

  • この写真だけ見ると、いままでさんざんアップしてきた「ハワイ」のラニカイビーチと言われたら信じそうです。<br />それほど、きれいなビーチでした。まあ、真夏じゃないので「青さ」はいまいちですが、夏になればそれも解消され、素晴らしい「コートダジュール」の海になるのでしょう。<br />ほんとに「夏」にまた来たい。

    この写真だけ見ると、いままでさんざんアップしてきた「ハワイ」のラニカイビーチと言われたら信じそうです。
    それほど、きれいなビーチでした。まあ、真夏じゃないので「青さ」はいまいちですが、夏になればそれも解消され、素晴らしい「コートダジュール」の海になるのでしょう。
    ほんとに「夏」にまた来たい。

  • 大きいでしょ。中央右が映画祭会場ですよ。<br /><br />カンヌと海って結びつかないですけど。結構な人が海で遊んでます。リゾートですからね、このあたり。

    大きいでしょ。中央右が映画祭会場ですよ。

    カンヌと海って結びつかないですけど。結構な人が海で遊んでます。リゾートですからね、このあたり。

  • こんな像も。金獅子賞とかなかったですかね「カンヌ映画祭」の賞に。<br /><br />ベネチア・ベルリンと並ぶ「カンヌ」映画祭。今度は「本番」の時期に来たいですね。

    こんな像も。金獅子賞とかなかったですかね「カンヌ映画祭」の賞に。

    ベネチア・ベルリンと並ぶ「カンヌ」映画祭。今度は「本番」の時期に来たいですね。

  • これこれ、有名な「手形」ですね。<br /><br />ハリウッドのチャイニーズシアターも行きましたが、こちらのほうが「しゃれ」ています。

    これこれ、有名な「手形」ですね。

    ハリウッドのチャイニーズシアターも行きましたが、こちらのほうが「しゃれ」ています。

  • どなたのものなのか読むことができませんでした。<br /><br />このあたりは「LA」がまねしたのか、こっちがまねしたのか、わかりませんけどね。<br />

    どなたのものなのか読むことができませんでした。

    このあたりは「LA」がまねしたのか、こっちがまねしたのか、わかりませんけどね。

  • 有名な女優さんですよね。<br /><br />ちょっと書いてあった名前が思い出せません。<br />ソフィア・ローレン・・・?。

    有名な女優さんですよね。

    ちょっと書いてあった名前が思い出せません。
    ソフィア・ローレン・・・?。

  • 場面は変わって、こちらはアンティーブのバスターミナルから到着した「ビオット」です。ガラス工芸の街として「地球の歩き方」には紹介されています。<br /><br />カンヌを引き上げて、アンティーブに向かいバスターミナルからそれらしいバスに乗ってやってきました。<br /><br />

    場面は変わって、こちらはアンティーブのバスターミナルから到着した「ビオット」です。ガラス工芸の街として「地球の歩き方」には紹介されています。

    カンヌを引き上げて、アンティーブに向かいバスターミナルからそれらしいバスに乗ってやってきました。

  • ガラス工芸の街として有名ですね。<br /><br />エズ、サンポール・ド・ヴァンスに続いて3つ目の鷲ノ巣村ですね。ここはどんな感じでしょう。

    ガラス工芸の街として有名ですね。

    エズ、サンポール・ド・ヴァンスに続いて3つ目の鷲ノ巣村ですね。ここはどんな感じでしょう。

  • おなかもすいたし、このお店でクレープでもいただきましょう。

    おなかもすいたし、このお店でクレープでもいただきましょう。

  • いい感じのお店です。<br /><br />南フランスの感じが戻ってきましたね。やはり「カンヌ」は高級感があり今回のコンセプトとは違っていました。このお店の雰囲気が「南仏のカフェ」のイメージに近いです。

    イチオシ

    いい感じのお店です。

    南フランスの感じが戻ってきましたね。やはり「カンヌ」は高級感があり今回のコンセプトとは違っていました。このお店の雰囲気が「南仏のカフェ」のイメージに近いです。

  • リンゴのシードルです。この瓶もいいですね。フランスっぽい。

    リンゴのシードルです。この瓶もいいですね。フランスっぽい。

  • 帰りのバスの事で、お店の人に聞くとこちらのお客さんに聞きに行ってくれました。<br /><br />内容は「インフォメーション」でもらった「バスのタイムテーブル」の事なんですが、結構複雑な質問のやり取りをよくできたなーと自分で感心です。<br /><br />タイムテーブルの用紙に「赤い囲い」が入っている部分があり、もしかしたらその時刻しか今日はバスが動いていないのかなと思い、お店の人に聞くと、隣のテーブルで新聞を読んでいたお客さんに聞きに行ってくれました。

    帰りのバスの事で、お店の人に聞くとこちらのお客さんに聞きに行ってくれました。

    内容は「インフォメーション」でもらった「バスのタイムテーブル」の事なんですが、結構複雑な質問のやり取りをよくできたなーと自分で感心です。

    タイムテーブルの用紙に「赤い囲い」が入っている部分があり、もしかしたらその時刻しか今日はバスが動いていないのかなと思い、お店の人に聞くと、隣のテーブルで新聞を読んでいたお客さんに聞きに行ってくれました。

  • クレープですが、大きい。<br /><br />お皿からはみ出してます。本場のクレープにリンゴのシードル。南仏ですね。これこそ今回のコンセプトです。

    クレープですが、大きい。

    お皿からはみ出してます。本場のクレープにリンゴのシードル。南仏ですね。これこそ今回のコンセプトです。

  • ビオットの街の中心部の広場はこんな感じです。<br />やはり「鷲ノ巣村」なので、街自体はこじんまりしています。

    ビオットの街の中心部の広場はこんな感じです。
    やはり「鷲ノ巣村」なので、街自体はこじんまりしています。

  • メイン通りですね。ここに「ガラス工芸店」「土産物店」「カフェ」などが集中しています。

    メイン通りですね。ここに「ガラス工芸店」「土産物店」「カフェ」などが集中しています。

  • 石造りのおしゃれな街並みが続きます。<br /><br />このあたりはいい感じです。ここまでバスで登ってきてよかったです。

    石造りのおしゃれな街並みが続きます。

    このあたりはいい感じです。ここまでバスで登ってきてよかったです。

  • お店の前にはたくさんのお花が飾られています。アンティーブの旧市街にもお花が飾られていました。<br />フランスに限らず、去年のスペインも「花」が「グラナダ」や「コルドバ」の街を飾っており、この季節にヨーロッパに来た甲斐があります。

    お店の前にはたくさんのお花が飾られています。アンティーブの旧市街にもお花が飾られていました。
    フランスに限らず、去年のスペインも「花」が「グラナダ」や「コルドバ」の街を飾っており、この季節にヨーロッパに来た甲斐があります。

  • メイン通りも奥まで来ると人通りが途切れますね。<br /><br />もう、引き返しましょう。

    メイン通りも奥まで来ると人通りが途切れますね。

    もう、引き返しましょう。

  • 中世の面影を残す「鷹ノ巣村」の感じが現れます。<br /><br />この感じもいいですね。

    イチオシ

    中世の面影を残す「鷹ノ巣村」の感じが現れます。

    この感じもいいですね。

  • 座って、何を話し込んでいるのでしょう。

    座って、何を話し込んでいるのでしょう。

  • 高いところにもお花が飾られています。<br /><br />水やりが大変そうです。<br />さあ、ビオットからアンティーブに戻り、旧市街を散策しましょう。<br />バスのタイムテーブルを確認して待ち時間があったので、「街の売り」である「ガラス細工」の置物とタンブラーを買いました。

    高いところにもお花が飾られています。

    水やりが大変そうです。
    さあ、ビオットからアンティーブに戻り、旧市街を散策しましょう。
    バスのタイムテーブルを確認して待ち時間があったので、「街の売り」である「ガラス細工」の置物とタンブラーを買いました。

  • この建物、プランターのみのベランダがつけられています。<br /><br />しかも、この窓だけですね。

    この建物、プランターのみのベランダがつけられています。

    しかも、この窓だけですね。

  • バスでビオットからアンティーブに戻ってきました。<br /><br />ここはもう「アンティーブ」の旧市街です。<br />ビオットから戻ってきて、ちょこっと駅までの間で旧市街を覗いていこうという感じで来ました。

    バスでビオットからアンティーブに戻ってきました。

    ここはもう「アンティーブ」の旧市街です。
    ビオットから戻ってきて、ちょこっと駅までの間で旧市街を覗いていこうという感じで来ました。

  • こちらはお昼時を過ぎているからか、傘も閉じられています。<br /><br />やはりアンティーブは大きい街ですね。ビオットから戻るとよくそれが感じられます。

    こちらはお昼時を過ぎているからか、傘も閉じられています。

    やはりアンティーブは大きい街ですね。ビオットから戻るとよくそれが感じられます。

  • 猫発見。<br />昨日の「サンポール・ド・ヴァンス」に続いてです。

    猫発見。
    昨日の「サンポール・ド・ヴァンス」に続いてです。

  • さあ、アンティーブの旧市街に入っていきますよ。<br />アンティーブはリゾート地のイメージがあり、古い町並みが残っている感じはなかったのですが、意外と大きな旧市街がありました。<br />やはり、実際に行ってみないとわからないものですね。<br /><br />「世界ふれあい街歩き」の音楽が聞こえてきそうな街並みですね。

    さあ、アンティーブの旧市街に入っていきますよ。
    アンティーブはリゾート地のイメージがあり、古い町並みが残っている感じはなかったのですが、意外と大きな旧市街がありました。
    やはり、実際に行ってみないとわからないものですね。

    「世界ふれあい街歩き」の音楽が聞こえてきそうな街並みですね。

  • 街並みには「花」が飾られています。

    街並みには「花」が飾られています。

  • 人が結構いますね。ヨーロッパ系の観光客は多くても「静か」でいいです。

    人が結構いますね。ヨーロッパ系の観光客は多くても「静か」でいいです。

  • アンティーブも結構大きい・・・。<br /><br />カンヌとニースの間の小さな町を想像していたのですが。

    アンティーブも結構大きい・・・。

    カンヌとニースの間の小さな町を想像していたのですが。

  • 旧市街を表す「地図」が表示されており、便利です。<br /><br />大体どの町もそうなんですが、「駅」から旧市街地は離れていますね。

    旧市街を表す「地図」が表示されており、便利です。

    大体どの町もそうなんですが、「駅」から旧市街地は離れていますね。

  • 広場に出てきました。<br /><br />ここから道なりに海岸(ヨットハーバー)の方角を目指してみましょう。

    広場に出てきました。

    ここから道なりに海岸(ヨットハーバー)の方角を目指してみましょう。

  • そこかしこに花が飾ってる通りですね。<br /><br />水やりはどうしているのでしょう?<br /><br />グーグルマップではこの突き当りを左に曲がれば、ヨットハーバーのはずです。

    そこかしこに花が飾ってる通りですね。

    水やりはどうしているのでしょう?

    グーグルマップではこの突き当りを左に曲がれば、ヨットハーバーのはずです。

  • ヨットハーバーですね。<br />すぐ横には「小さなビーチ」があります。

    ヨットハーバーですね。
    すぐ横には「小さなビーチ」があります。

  • 高台から見るとこんな感じです。<br />本当に小さなビーチですが、地元の若者が来ていますね。

    高台から見るとこんな感じです。
    本当に小さなビーチですが、地元の若者が来ていますね。

  • 「パッと見」は夏のビーチですが、水は冷たくて入れないと思います。<br /><br />まあ、アンティーブのビーチは日本人は知らないと思いますが。

    「パッと見」は夏のビーチですが、水は冷たくて入れないと思います。

    まあ、アンティーブのビーチは日本人は知らないと思いますが。

  • さあ、今日の予定は全部こなしたのでニースに帰りましょう。<br /><br />列車での移動は快適ですね。バスより早いし、止まる駅(バス停)も少ないので、所要時間が半分以下で到着できます。<br />自販機で切符を買わなければいけないのが「難点」ですが、乗ってしまえば「着席」できるし、快適です。<br /><br />明日は5月1日で、レイバーデーのため「列車」以外の交通機関やレストランもクローズだと思うので、マントンに列車で向かいましょう。<br /><br />最初はビオットへのバス移動は厳しいかなと思っていたのですが、なんとか行けるものですね。ちょっと自信がつきました。<br /><br />下調べはあくまで下調べ。現地で判断して行動できることが「個人手配」のだいご味であり、弱点でもあります。この「とっさの判断」「思いもよらない出来事」が面白いと感じられる間は「個人手配」を続けたいと思います。

    さあ、今日の予定は全部こなしたのでニースに帰りましょう。

    列車での移動は快適ですね。バスより早いし、止まる駅(バス停)も少ないので、所要時間が半分以下で到着できます。
    自販機で切符を買わなければいけないのが「難点」ですが、乗ってしまえば「着席」できるし、快適です。

    明日は5月1日で、レイバーデーのため「列車」以外の交通機関やレストランもクローズだと思うので、マントンに列車で向かいましょう。

    最初はビオットへのバス移動は厳しいかなと思っていたのですが、なんとか行けるものですね。ちょっと自信がつきました。

    下調べはあくまで下調べ。現地で判断して行動できることが「個人手配」のだいご味であり、弱点でもあります。この「とっさの判断」「思いもよらない出来事」が面白いと感じられる間は「個人手配」を続けたいと思います。

  • さあ、ニースへ帰りましょう。

    さあ、ニースへ帰りましょう。

39いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • ことりsweetさん 2019/09/07 07:25:45
    はじめまして
    イタリア大好きさん、おはようございます。

    イタリア旅、長崎旅などにいいね!とフォローありがとうございました。
    今秋の南仏の旅程を考え中で、行きたい町はピックアップしましたが
    美術館などの施設の定休日を考慮しつつどう組み合わせるか
    考えているところです。

    イタリア旅の時も、短い滞在と町ごとのカードを有効利用した。
    行き方をどうしていくかがとても難しかったです。
    開館時間、位置関係、マストのスポットと諦めてもいいスポット。
    考えなければいけないポイントが様々ありますね。

    >個人手配の旅行って「計画段階でのシュミレーション」が実際やってみてどうなのか>を検証する機会という位置づけもあるので、それも楽しみですね。
    イタリア大好きさんの言葉にウンウンうなずいています。
    とはいってもガッチリ決めきるのでなく、現地での
    偶然の出会いも大好きです。

    アンティーブはある方の旅記で少し興味を持ちました。
    南仏はどの町も魅力があり
    フランスのシャレっ気とセンスのよさを楽しみたいと思ってます。

    また何度も見てしまうと思うので
    よろしくお願いします!

    ことりsweet

    イタリア大好き

    イタリア大好きさん からの返信 2019/09/08 14:11:09
    大量の投票、ありがとうございます。
     ことりsweetさん、フランスの計画を立ててるんですね。ニースはいい街で南フランスはパリとは全く違う表情を見せてくれます。夏に行くとたぶん「バリバリのリゾート」なんだと思います。マントンのリゾートホテルなんか海まで5分でしたからね。でも、パリー>ニース間のエアーのストライキには参りましたよ。それも直前ですからね。その1年半前にもラスベガスでロス行のエアーの乗り遅れたりして、もう「乗り継ぎ」が怖くなって今年は乗り継ぎのない成田から直行のドイツにしたんです。
     僕は「ヨーロッパの世界遺産」とハワイが代表する「南の島」が好きで、このどちらかか、「Las Vegas」がメインの旅行先です。ラスベガスはストリップ大通りのホテル全泊を目指していたのですが、次々に新しいホテルが建つので達成は困難となりました。「カンヌ」って、結構大きな「ビーチ」があるのでびっくりしましたよ。ちょっと寒いけど「現地の若いグループ」は水着で海に入っていました。こんなことなら、ホテルから水着だけでも持ってくればよかったと思いました。
     ビオットのクレープ屋さん。印象的ですした。この写真の皿からあふれているクレープ、フランスっぽいでしょ。これにリンゴのシードルを飲んで気分は「南フランス」に浸れました。
     あとね、「南スペイン」っていいですよー。2017年のGWに「グラナダ」「コルドバ」「セビージャ」と回ったんですが、グラナダの「サン・ニコラス展望台」で地元のの方たちが踊っていたフラメンコはショーじゃなくて、「本物」でした。これには感動。ほんとは一緒に踊りたかった・・・。でも、フラメンコっていうキャラでもないし・・・。

    また、来てくださいね。待ってます。答えられる範囲なら「質問」してください。
     イタリア大好きでした。

    ことりsweet

    ことりsweetさん からの返信 2019/09/08 20:28:25
    Re: はじめまして
    返信ありがとうございました。

    >パリー>ニース間のエアーのストライキには参りましたよ。それも直前ですからね。その1年半前にもラスベガスでロス行のエアーの乗り遅れたりして、もう「乗り継ぎ」が怖くなって今年は乗り継ぎのない成田から直行のドイツにしたんです。

    私は数ヶ月ホテルをウォッチしていましたが、素敵なところがなかなか埋まらないのはストライキのせいかなと想像していました。
    乗り継ぎミスるとつらいですね。私もこのGWのNZ旅行では、
    メルボルン→クライストチャーチ便が数ヶ月も前に時刻が3時間も早まっていて、主人はそのメールに気づかず、e-ticketの確認不足もあり乗り損ねました。これはイタリア大好きさんの事情とはちょっと違う自己責任の範囲ですが、乗り継ぎは注意しないといけないですね。乗り換えの時間が少ないのも焦りますよね。

    スペインはいつかは行きたい、と思いつつ、プラス胃袋的にもとても惹かれるのですが、まだ他の国が気になっているところがあります。

    また南仏、特にニース周辺の回り方でお聞きするかもしれません。
    よろしくお願いします。

    ことりsweet
  • tonさん 2018/06/06 22:25:14
    素敵ですね!
    旅行記を読みながら一緒に旅をさせて頂いてます♪
    貯金をして同じ旅をしたいと思うくらい素敵です。
    いつの日か、一人旅ができる事があれば一番候補です。いつの日かですがw
    飛行時間がハワイが限度の夫ですから。
    続き楽しみに待ってます。

    イタリア大好き

    イタリア大好きさん からの返信 2018/08/04 01:26:28
    ありがとうございます。
    ハワイもいいじゃないすか。

    ヨーロッパに来るとハワイの良さが実感できます。また、マカオでは英語が通じない不便さも感じました。ルームクリーンの人は話せません。

    あの、青い「カイルア」の海が懐かしい。

イタリア大好きさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集