飯南・邑南・美郷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
明日3月21日に三江線完乗の旅に出かける方々へ~乗り鉄旅には注意が必要です~・《注意喚起・速報編》3週間後のリベンジ~去り行く三江線と頑張れ木次線の旅~<br /><br />平成30年3月31日土曜日に廃止される三次~江津を結ぶ三江線。休日にもなると乗れないこともあるようなことは地元の方も言っておられる事実です。しかし残すところあと10日、乗り鉄やるなら行かなきゃなんないだけのことでしょう。<br /><br />前回3月1・2日の三江線の旅で予定通りかもしくはダイヤの乱れをカバーリングした変更行程での乗車ができれば、廃止までに三江線に乗車することはなかったでしょう。しかしよもやの理由からカバーリングできなかったことで火がついてしまい、再度チャレンジすることにしました。<br /><br />遠征するならば予定を立てなければならないですが、今や乗り鉄のバイブル時刻表がなくても組めてしまう世の中です。しかし間違う訳もない大手J○○発行の時刻表や大手ウェブサイトヤ○ーの乗り換えには3月17日の時刻改正後に再改正されたものがそのまま書かれています。<br /><br />また運行上のトラブルにより遅延や運行休止となった際に復旧情報が遅く、結局どこまで行くことができるのかすらわからなくなってしまうことがあります。<br /><br />時刻表の間違いは江津発12:34(9425D)は3月31日まで益田発10:54となっており、益田~浜田(348D)、浜田~江津(378D)として運行されると書かれていますが、実際には3月20日現在三江線直通は浜田発11:53となっており、益田から乗車すると浜田で乗り換えなければいけません。私も知らなかったひとりでやってしまいました。<br /><br />それだけならまだしも同じような考えをしている方もおり、挙句の果てに通過直後に起こった鎌手駅付近でポイント付近の地盤流出により、浜田~益田間の運行休止となった際に、浜田の手前まで来ていた私の乗った348Dも対象となり、約20分遅れて出発しました。まあ三江線列車には間に合ったからいいけど、とばっちり…としか思えない…。<br /><br />加えると三江線内で三次発の始発列車が落石にあい、数時間現場で停車したままになりました。私が乗った9425Dは浜原始発の折り返しなので三次に向けては問題ないものの、交換駅である石見川本駅で待ち時間+30分。ただ江津方面への列車交換はこのあとなかったので、三次発の折り返し江津行き最終列車は3分遅れで出発するに留まりました。口羽・浜原・石見川本で交換しながら江津駅に定時に到着し、予定通り出雲市行き最終列車の車内にいます。<br /><br />ちなみに明日3月21日の三次発江津行き5:38の9422Dは運行取りやめが決まっています。今日3月20日19:53頃長谷~粟谷間で落石があったため終日運転を見合わせており、浜原で行き違った9429Dはどうなったのやら・・・。<br /><br />今のところ影響を受けるのは9422Dと浜原発5:56三次行き9421Dというところでしょうが、明日三江線乗車を考えておられる方々は必ず〝JR西日本の運行情報〟を確認して〝自己責任〟において鉄旅を楽しんで下さいませ。<br /><br />そして風が吹いていて雨も降っており、かなり肌寒いので覚悟して来て下さいね。<br /><br />間もなく出雲市のたかティムより。

拝啓これから三江線の旅を楽しむ方々へ~注意喚起と現場速報~from 出雲市から《回顧録編》

24いいね!

2018/03/20 - 2018/03/20

37位(同エリア141件中)

旅行記グループ 乗り鉄・撮り鉄の旅

0

56

たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。

たかちゃんティムちゃんはるおちゃん・ついでにおまけのまゆみはん。さん

明日3月21日に三江線完乗の旅に出かける方々へ~乗り鉄旅には注意が必要です~・《注意喚起・速報編》3週間後のリベンジ~去り行く三江線と頑張れ木次線の旅~

平成30年3月31日土曜日に廃止される三次~江津を結ぶ三江線。休日にもなると乗れないこともあるようなことは地元の方も言っておられる事実です。しかし残すところあと10日、乗り鉄やるなら行かなきゃなんないだけのことでしょう。

前回3月1・2日の三江線の旅で予定通りかもしくはダイヤの乱れをカバーリングした変更行程での乗車ができれば、廃止までに三江線に乗車することはなかったでしょう。しかしよもやの理由からカバーリングできなかったことで火がついてしまい、再度チャレンジすることにしました。

遠征するならば予定を立てなければならないですが、今や乗り鉄のバイブル時刻表がなくても組めてしまう世の中です。しかし間違う訳もない大手J○○発行の時刻表や大手ウェブサイトヤ○ーの乗り換えには3月17日の時刻改正後に再改正されたものがそのまま書かれています。

また運行上のトラブルにより遅延や運行休止となった際に復旧情報が遅く、結局どこまで行くことができるのかすらわからなくなってしまうことがあります。

時刻表の間違いは江津発12:34(9425D)は3月31日まで益田発10:54となっており、益田~浜田(348D)、浜田~江津(378D)として運行されると書かれていますが、実際には3月20日現在三江線直通は浜田発11:53となっており、益田から乗車すると浜田で乗り換えなければいけません。私も知らなかったひとりでやってしまいました。

それだけならまだしも同じような考えをしている方もおり、挙句の果てに通過直後に起こった鎌手駅付近でポイント付近の地盤流出により、浜田~益田間の運行休止となった際に、浜田の手前まで来ていた私の乗った348Dも対象となり、約20分遅れて出発しました。まあ三江線列車には間に合ったからいいけど、とばっちり…としか思えない…。

加えると三江線内で三次発の始発列車が落石にあい、数時間現場で停車したままになりました。私が乗った9425Dは浜原始発の折り返しなので三次に向けては問題ないものの、交換駅である石見川本駅で待ち時間+30分。ただ江津方面への列車交換はこのあとなかったので、三次発の折り返し江津行き最終列車は3分遅れで出発するに留まりました。口羽・浜原・石見川本で交換しながら江津駅に定時に到着し、予定通り出雲市行き最終列車の車内にいます。

ちなみに明日3月21日の三次発江津行き5:38の9422Dは運行取りやめが決まっています。今日3月20日19:53頃長谷~粟谷間で落石があったため終日運転を見合わせており、浜原で行き違った9429Dはどうなったのやら・・・。

今のところ影響を受けるのは9422Dと浜原発5:56三次行き9421Dというところでしょうが、明日三江線乗車を考えておられる方々は必ず〝JR西日本の運行情報〟を確認して〝自己責任〟において鉄旅を楽しんで下さいませ。

そして風が吹いていて雨も降っており、かなり肌寒いので覚悟して来て下さいね。

間もなく出雲市のたかティムより。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
高速・路線バス JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集