伏見旅行記(ブログ) 一覧に戻る
京都で桜の名所はいくつもあり、毎年どこかは訪れますが、満開のピークは年により異なります<br /><br />何箇所か訪れましたが、トップにあげる醍醐寺の桜は種類も豊富で、色々な色合いや大きさを堪能できますし、中にあるお茶屋の赤い縁台に桜吹雪が降り注いで綺麗でした<br /><br /> 地下鉄醍醐駅からは住宅地の間を歩いても10分程度、臨時のバスも出ていました<br /><br />割と近場への移動なら山科疏水もいいです<br />川沿いに桜並木が続きます<br /> <br />同じく東山エリアなら、インクラインははずせません<br />こちらは旧鉄道レール沿って桜のトンネルが続きます<br /><br />清水寺は特別に桜の名所ということもないですが、せっかく京都に来たのだから寄りたいという方には、やはり夕暮れから訪れてライトアップの時間をお勧めします<br /><br />京都御苑はうちの近所なので一年を通してよく散歩に出かけます<br />桜は種類が豊富なので、順番に咲き始め、長い時期を楽しめる場所です<br /><br />街なかに出た時は、高瀬川を三条あたりから川に沿って南下するのをお勧めします。川沿いのしだれ桜が花びらを川に落とし風情がありますよ<br /><br />夜の祇園界隈に出たら、白川沿いも歩いてみてください<br /><br />北のほうでは平野神社<br />ここは境内は広くないですが桜密度が濃い<br />屋台も多くて夜まで賑わいます<br /><br />さらにアクセスの悪い所になりますが、原谷苑は桜以外の花も多く、まさに百花繚乱で美しいです<br /><br />さて、今年の満開のピークはいつ頃になるのでしょうか

京都 桜の名所巡り (醍醐寺、山科疏水、インクライン、清水寺、京都御苑、高瀬川、祇園白川、平野神社、原谷苑)

14いいね!

2017/04/02 - 2017/04/03

566位(同エリア1252件中)

0

34

京都で桜の名所はいくつもあり、毎年どこかは訪れますが、満開のピークは年により異なります

何箇所か訪れましたが、トップにあげる醍醐寺の桜は種類も豊富で、色々な色合いや大きさを堪能できますし、中にあるお茶屋の赤い縁台に桜吹雪が降り注いで綺麗でした

地下鉄醍醐駅からは住宅地の間を歩いても10分程度、臨時のバスも出ていました

割と近場への移動なら山科疏水もいいです
川沿いに桜並木が続きます

同じく東山エリアなら、インクラインははずせません
こちらは旧鉄道レール沿って桜のトンネルが続きます

清水寺は特別に桜の名所ということもないですが、せっかく京都に来たのだから寄りたいという方には、やはり夕暮れから訪れてライトアップの時間をお勧めします

京都御苑はうちの近所なので一年を通してよく散歩に出かけます
桜は種類が豊富なので、順番に咲き始め、長い時期を楽しめる場所です

街なかに出た時は、高瀬川を三条あたりから川に沿って南下するのをお勧めします。川沿いのしだれ桜が花びらを川に落とし風情がありますよ

夜の祇園界隈に出たら、白川沿いも歩いてみてください

北のほうでは平野神社
ここは境内は広くないですが桜密度が濃い
屋台も多くて夜まで賑わいます

さらにアクセスの悪い所になりますが、原谷苑は桜以外の花も多く、まさに百花繚乱で美しいです

さて、今年の満開のピークはいつ頃になるのでしょうか

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス タクシー JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 醍醐寺の桜には、国内外から多くの人が集まります<br /><br />

    醍醐寺の桜には、国内外から多くの人が集まります

    醍醐寺 寺・神社

  • しだれサクラも見事

    しだれサクラも見事

  • 桜、土塀、緑のコントラストもきれいです

    桜、土塀、緑のコントラストもきれいです

  • 大きなサクラも何本もあり、青空に映えます

    大きなサクラも何本もあり、青空に映えます

  • 桜は散っても可憐ですね

    桜は散っても可憐ですね

  • 歩き疲れたら茶店へ

    歩き疲れたら茶店へ

  • 赤い縁台に降り注ぐ桜を眺めるのもいいですよ

    赤い縁台に降り注ぐ桜を眺めるのもいいですよ

  • 茶店の外でも散った桜が

    茶店の外でも散った桜が

  • 唐門は絢爛豪華

    唐門は絢爛豪華

  • 池の横の茶店では、ぜんざいがオススメ

    池の横の茶店では、ぜんざいがオススメ

  • 山門を通して眺める桜

    山門を通して眺める桜

  • 醍醐寺から移動するなら山科疏水もいいです<br /><br />川沿いに桜並木が続きます

    醍醐寺から移動するなら山科疏水もいいです

    川沿いに桜並木が続きます

    山科疏水 (琵琶湖疏水) 名所・史跡

  • 桜との競演も美しいです

    桜との競演も美しいです

  • 東山方面に戻るならインクラインへ

    東山方面に戻るならインクラインへ

    インクライン 名所・史跡

  • 線路に沿って桜のトンネルが続きます<br /><br />方向としては蹴上駅から下ったところから上に登り、北上していく方が私は好きです

    線路に沿って桜のトンネルが続きます

    方向としては蹴上駅から下ったところから上に登り、北上していく方が私は好きです

  • インクラインの桜には密度の濃い品種もあります

    インクラインの桜には密度の濃い品種もあります

  • 清水寺は特に桜の名所ではありませんが、ライトアップもあり夕暮れから訪れても良いでしょう<br /><br />ただし、当分は工事のシートなどが写真的には邪魔

    清水寺は特に桜の名所ではありませんが、ライトアップもあり夕暮れから訪れても良いでしょう

    ただし、当分は工事のシートなどが写真的には邪魔

    清水寺 寺・神社

  • 山間に続く山桜

    山間に続く山桜

  • ライトアップ自体は一年を通して綺麗ですが、桜も紅葉も写真で見ると区別はつきませんよ(笑)

    ライトアップ自体は一年を通して綺麗ですが、桜も紅葉も写真で見ると区別はつきませんよ(笑)

  • 京都御苑は種類が多いので、順番に満開になっていくため、長い時期楽しめます

    京都御苑は種類が多いので、順番に満開になっていくため、長い時期楽しめます

    京都御苑 公園・植物園

  • 池面すれすれまで咲き広がる山桜

    池面すれすれまで咲き広がる山桜

  • 色とりどりの桜があります

    色とりどりの桜があります

  • 雨の雫を落とす桜も可憐です

    雨の雫を落とす桜も可憐です

  • 三条の高瀬川にあるイタリアンレストラン「サルバトーレ」のあたりは桜が川面に映ったり、落ちた花が流れたりと綺麗な場所です<br /><br />疲れた時は、お店でランチやディナーも良いかもしれません

    三条の高瀬川にあるイタリアンレストラン「サルバトーレ」のあたりは桜が川面に映ったり、落ちた花が流れたりと綺麗な場所です

    疲れた時は、お店でランチやディナーも良いかもしれません

    PIZZA SALVATORE CUOMO & GRILL 京都 グルメ・レストラン

  • 時折、鴨もプカプカ浮かんでいて絵になります

    時折、鴨もプカプカ浮かんでいて絵になります

  • 緑の桜もあります

    緑の桜もあります

  • 夜に祇園界隈にいるなら白川沿いの桜も見事です<br /><br />ただし、人は渋谷の交差点並みに多いです

    夜に祇園界隈にいるなら白川沿いの桜も見事です

    ただし、人は渋谷の交差点並みに多いです

  • 緑がかったライトもありますが私は好みではありません

    緑がかったライトもありますが私は好みではありません

  • こういう暖色系のライトアップはいいですね<br /><br />モノクロではありませんよ

    こういう暖色系のライトアップはいいですね

    モノクロではありませんよ

  • 平野神社はそんなに広くない境内ですが、桜の密度が高いです

    平野神社はそんなに広くない境内ですが、桜の密度が高いです

    平野神社 寺・神社

  • 屋台のお店も多く夜まで賑わいます

    屋台のお店も多く夜まで賑わいます

  • 鳥居とのコントラストもいい感じです

    鳥居とのコントラストもいい感じです

  • 背景に提灯とかあると写真映えします

    背景に提灯とかあると写真映えします

  • ちょっとアクセスが悪い場所ですが、原谷苑は桜以外の花も多く百花繚乱

    ちょっとアクセスが悪い場所ですが、原谷苑は桜以外の花も多く百花繚乱

    原谷苑 花見

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集