ドゥーラン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年5月23日-6月2日までアイルランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは5月27日(後半)の様子をまとめました。<br /><br />5月23日 成田発エアフラで、ダブリンへ<br />5月24日 ダブリン観光<br />5月25日 ダブリン観光<br />5月26日 ダブリンからゴールウェイへバス移動<br />5月27日 ゴールウェイからドゥーリンへバスで移動後、モハーの断崖 観光<br />5月28日 再び、モハーの断崖 観光<br />5月29日 ドゥーリンからゴールウェイへバス移動<br />5月30日 ゴールウェイからダブリンへバス移動<br />5月31日 ダブリン発ニューグレンジ日帰りツアー参加<br />6月 1日 パリ経由のエアフラで帰国(成田着は6月2日)<br /><br />今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、旅行歴14年となる「プーニャ」。プラハ旅行記で登場したクマクマウーを参考に型紙を作り、初めて手作りしたクマです。

アイルランド一人旅(6)ドゥーリン港とバレンを歩く

49いいね!

2017/05/28 - 2017/05/28

8位(同エリア24件中)

旅行記グループ アイルランド一人旅2017

4

41

2017年5月23日-6月2日までアイルランドを旅してきました。以下、旅行の日程で、ここでは5月27日(後半)の様子をまとめました。

5月23日 成田発エアフラで、ダブリンへ
5月24日 ダブリン観光
5月25日 ダブリン観光
5月26日 ダブリンからゴールウェイへバス移動
5月27日 ゴールウェイからドゥーリンへバスで移動後、モハーの断崖 観光
5月28日 再び、モハーの断崖 観光
5月29日 ドゥーリンからゴールウェイへバス移動
5月30日 ゴールウェイからダブリンへバス移動
5月31日 ダブリン発ニューグレンジ日帰りツアー参加
6月 1日 パリ経由のエアフラで帰国(成田着は6月2日)

今回、私の旅の友となるクマのぬいぐるみは、旅行歴14年となる「プーニャ」。プラハ旅行記で登場したクマクマウーを参考に型紙を作り、初めて手作りしたクマです。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 15時40分、モハーの断崖からドゥーリンへ戻ってきました。<br />往路は歩いて1時間半が、帰りはバスで20分。<br />現地の滞在時間は、1時間たらずと何をしに行ったんだかわからないモハーの断崖への旅行記になりました。<br />が、このリベンジは翌日に持ち越すことにして、 まずはバス停Doolin Hostelから歩いて4分、この日の宿「St Anthony&#39;s B&amp;B」へ向かいます。

    15時40分、モハーの断崖からドゥーリンへ戻ってきました。
    往路は歩いて1時間半が、帰りはバスで20分。
    現地の滞在時間は、1時間たらずと何をしに行ったんだかわからないモハーの断崖への旅行記になりました。
    が、このリベンジは翌日に持ち越すことにして、 まずはバス停Doolin Hostelから歩いて4分、この日の宿「St Anthony's B&B」へ向かいます。

    フィッシャー ストリート 散歩・街歩き

    観光案内所もあります by kiyoさん
  • かわいらしいアラン諸島のセーターを扱う店やパブなどが並ぶその先に観光案内所もありました。けれど、土曜日のこの時間はすでにクローズ。翌日は日曜日でしたが、朝からオープンしていました。

    かわいらしいアラン諸島のセーターを扱う店やパブなどが並ぶその先に観光案内所もありました。けれど、土曜日のこの時間はすでにクローズ。翌日は日曜日でしたが、朝からオープンしていました。

  • そして、その先にあるのがSt Anthony&#39;s B&amp;B。<br />家族経営の小さな宿です。

    そして、その先にあるのがSt Anthony's B&B。
    家族経営の小さな宿です。

  • ダブルの部屋を予約していきましたが、案内されたのは同料金のシングルの部屋。<br />ちょっとがっかりしつつも、かわいらしい部屋でした。

    ダブルの部屋を予約していきましたが、案内されたのは同料金のシングルの部屋。
    ちょっとがっかりしつつも、かわいらしい部屋でした。

  • 部屋の奥には、トイレとシャワーブース。

    部屋の奥には、トイレとシャワーブース。

  • 部屋のすぐ前は人々が行きかう通りですが、こちらを気にする人もいなくて、のんびり草を食む牛が見えました。

    部屋のすぐ前は人々が行きかう通りですが、こちらを気にする人もいなくて、のんびり草を食む牛が見えました。

  • 部屋にテレビはないけれど、共有スペースのリビングで見ることができます。このソファーがふかふかで、座り心地がすごく良かった。

    部屋にテレビはないけれど、共有スペースのリビングで見ることができます。このソファーがふかふかで、座り心地がすごく良かった。

  • さて、ここで衝撃の事実が発覚!

    さて、ここで衝撃の事実が発覚!

  • 入口近くに置かれていたパンフレットを見ると、バス エーラン(Bus Eireann)以外にも、ドゥーリンからモハーの断崖へ行くバスがあったのです!

    入口近くに置かれていたパンフレットを見ると、バス エーラン(Bus Eireann)以外にも、ドゥーリンからモハーの断崖へ行くバスがあったのです!

  • しかも、12時20分発のバスに乗れば、歩いていかずにすんだという…。<br /><br />思い返せば、歩いている途中、このバスに追い抜かれました Σ( ̄ロ ̄lll)<br />どうして出発前に気づかなかったのか。<br />いまさらながら悔しいですが、このバスは事前予約が必要なので、やっぱりこの日は歩いていくしかなかったのかもしれません。

    しかも、12時20分発のバスに乗れば、歩いていかずにすんだという…。

    思い返せば、歩いている途中、このバスに追い抜かれました Σ( ̄ロ ̄lll)
    どうして出発前に気づかなかったのか。
    いまさらながら悔しいですが、このバスは事前予約が必要なので、やっぱりこの日は歩いていくしかなかったのかもしれません。

  • そうして、15時45分。<br />宿で休憩しつつ、この青空を見ていたら、じっとしていられなくなりました。<br />先ほど、モハーの断崖へと向かって歩いた坂へ行ってみると、

    そうして、15時45分。
    宿で休憩しつつ、この青空を見ていたら、じっとしていられなくなりました。
    先ほど、モハーの断崖へと向かって歩いた坂へ行ってみると、

  • たった3時間前、こんなにどんよりしていたのが嘘のよう。

    たった3時間前、こんなにどんよりしていたのが嘘のよう。

  • その先の道も、12時30分に通った時はこんな感じでした。

    その先の道も、12時30分に通った時はこんな感じでした。

  • それが今は、同じ場所とは思えないほど変貌をとげています。

    それが今は、同じ場所とは思えないほど変貌をとげています。

  • こうなったら休んでなどいられません。<br /> 疲れて帰ってきたことも忘れ、港まで歩いてみることにしました。<br />(だったら、18時20分発のバスの時間まで、モハーの断崖を散策したらよかったのにという意見はおいといて)

    こうなったら休んでなどいられません。
    疲れて帰ってきたことも忘れ、港まで歩いてみることにしました。
    (だったら、18時20分発のバスの時間まで、モハーの断崖を散策したらよかったのにという意見はおいといて)

  • 港までは車も少なく、歩道もあって歩きやすい道になっています。

    港までは車も少なく、歩道もあって歩きやすい道になっています。

  • 道のすぐ横には、放牧された牛。それを、プーニャがじっと見つめていると、

    道のすぐ横には、放牧された牛。それを、プーニャがじっと見つめていると、

  • 「あんた、何よ」と、石垣の向こうにいた牛に睨まれちゃいました。

    「あんた、何よ」と、石垣の向こうにいた牛に睨まれちゃいました。

  • たくさんいる牛の中で、気になったのがこのグレーの子。

    たくさんいる牛の中で、気になったのがこのグレーの子。

  • 顔を見るとブタ鼻だけど、これも牛なのでしょうか。

    顔を見るとブタ鼻だけど、これも牛なのでしょうか。

  • 宿からドゥーリン港までは歩いて15分ほど。<br />天気はいいし、のんびりしているし、鼻歌でも歌いたくなりました。<br />モハーの断崖への道もこうだったら、歩くのがどんなに楽しかったことでしょう。

    宿からドゥーリン港までは歩いて15分ほど。
    天気はいいし、のんびりしているし、鼻歌でも歌いたくなりました。
    モハーの断崖への道もこうだったら、歩くのがどんなに楽しかったことでしょう。

  • さっきまでいたモハーの断崖は、あの先。こうして見ても、すごく遠かったんだなと感じます。

    さっきまでいたモハーの断崖は、あの先。こうして見ても、すごく遠かったんだなと感じます。

  • 17時、フェリー乗り場までやってくると、これからアラン諸島へと出発する人の姿も見受けられました。

    17時、フェリー乗り場までやってくると、これからアラン諸島へと出発する人の姿も見受けられました。

  • その先には、フェリー会社「Doolin ferry co」と「Doolin2Aran Ferries」の建物も見えます。ここからイニシュモア島、イニシュマーン島、イニシィア島へ渡るフェリーや、モハーの断崖を海から見るフェリーなどが出航しています。

    その先には、フェリー会社「Doolin ferry co」と「Doolin2Aran Ferries」の建物も見えます。ここからイニシュモア島、イニシュマーン島、イニシィア島へ渡るフェリーや、モハーの断崖を海から見るフェリーなどが出航しています。

  • 波は荒く、こうして見ているだけでも、水しぶきが飛んできます。

    波は荒く、こうして見ているだけでも、水しぶきが飛んできます。

  • 濡れてしまうので、プーニャはケースの中に避難。

    濡れてしまうので、プーニャはケースの中に避難。

  • フェリーは波にもてあそばれ、大きく上下していました。

    フェリーは波にもてあそばれ、大きく上下していました。

  • 船酔いしやすいので、とても乗れそうもありません。船はあきらめ、ゆっくりここの景色を楽しみます。正面に見えているのは、Doonagore Castle。あの道が、さきほど歩いた所です。

    船酔いしやすいので、とても乗れそうもありません。船はあきらめ、ゆっくりここの景色を楽しみます。正面に見えているのは、Doonagore Castle。あの道が、さきほど歩いた所です。

  • 少しひいて見ると、画面左にDoonagore Castle。

    少しひいて見ると、画面左にDoonagore Castle。

  • そこから画面右のモハーの断崖へ向かいました。

    そこから画面右のモハーの断崖へ向かいました。

  • ズームすると、かすかにオブライエンの塔らしきものも見えます。

    ズームすると、かすかにオブライエンの塔らしきものも見えます。

  • よく歩いたものだなと思いながら、しゃがみこんで波を眺めていたら、あっというまに18時。

    よく歩いたものだなと思いながら、しゃがみこんで波を眺めていたら、あっというまに18時。

  • そろそろ帰ろうと来た道を戻ると、公衆トイレ(画面右の建物)の奥へと歩いていく人たちがいました。

    そろそろ帰ろうと来た道を戻ると、公衆トイレ(画面右の建物)の奥へと歩いていく人たちがいました。

  • かなり足場の悪い場所ですが、

    かなり足場の悪い場所ですが、

  • アイルランド北西部に広がるバレン(アイルランド語で「大きな岩」の意)のようなカルスト台地が広がっていました。

    アイルランド北西部に広がるバレン(アイルランド語で「大きな岩」の意)のようなカルスト台地が広がっていました。

  • まるで小惑星の上にのっかっているみたい。<br />モハーの断崖より、ここのほうが何倍も楽しい!

    まるで小惑星の上にのっかっているみたい。
    モハーの断崖より、ここのほうが何倍も楽しい!

  • そんなふうにはしゃいでいたら、さすがに体力が尽きました(~~。<br />18時30分、今度こそ宿に戻ります。

    そんなふうにはしゃいでいたら、さすがに体力が尽きました(~~。
    18時30分、今度こそ宿に戻ります。

  • そうして、宿まで戻ってくると、

    そうして、宿まで戻ってくると、

  • あんな斜面にも、牛が放牧されている(゚Д゚ ;)<br />転がり落ちないのかと、ひやひやしちゃいました。

    あんな斜面にも、牛が放牧されている(゚Д゚ ;)
    転がり落ちないのかと、ひやひやしちゃいました。

  • しかも、この牛は20時になってもまだ放牧されていました。

    しかも、この牛は20時になってもまだ放牧されていました。

  • いったい、いつ帰るんだろう?<br />------------------------------<br />この旅行のこれまでの様子は、下記参照:<br /><br />1)ダブリン クライストチャーチ大聖堂のミサ & ハーディングホテル   <br /> http://4travel.jp/travelogue/11259885<br /><br />2)ダブリン 美しいショッピングモールと公園巡り<br /> http://4travel.jp/travelogue/11260532<br /><br />3)ダブリン 国立博物館は古代エジプト&考古学好きにはオススメ <br /> http://4travel.jp/travelogue/11260645<br /><br />4)ダブリンからバスで中世の遺跡が残るゴールウェイへ<br /> http://4travel.jp/travelogue/11270389<br /><br />5)ゴールウェイからバスでドゥーリンへ。<br /> そして、モハーの断崖への長~~~い道のり <br /> http://4travel.jp/travelogue/11270529

    いったい、いつ帰るんだろう?
    ------------------------------
    この旅行のこれまでの様子は、下記参照:

    1)ダブリン クライストチャーチ大聖堂のミサ & ハーディングホテル
    http://4travel.jp/travelogue/11259885

    2)ダブリン 美しいショッピングモールと公園巡り
    http://4travel.jp/travelogue/11260532

    3)ダブリン 国立博物館は古代エジプト&考古学好きにはオススメ
    http://4travel.jp/travelogue/11260645

    4)ダブリンからバスで中世の遺跡が残るゴールウェイへ
    http://4travel.jp/travelogue/11270389

    5)ゴールウェイからバスでドゥーリンへ。
     そして、モハーの断崖への長~~~い道のり
    http://4travel.jp/travelogue/11270529

49いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

アイルランド一人旅2017

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • ふわっくまさん 2017/08/26 20:46:53
    たくさん歩かれましたね♪
    kiyoさん、こんばんは。
    家族経営のお宿=可愛らしいお部屋で〜プーニャちゃんも、すんなり溶け込みそうですね〜☆
    それにしても表紙も風景とバッチリ、コラボ写真がステキだなぁーと思いました。

    そしてモハーの断崖往きのバスに後で気づかれたそうですが、空気を感じながら歩いて過ごすのもイイのでは〜とも・・
    お天気がよくなってからの青空と紺碧の海、バルンの壮大なカルスト台地も絶景でしたね〜!

    夕飯の時間を気にしつつ、美しい景色を堪能されているご様子が伝わってきました。
    続きも、楽しみにしています。 ふわっくま

    kiyo

    kiyoさん からの返信 2017/08/27 13:56:15
    RE: たくさん歩かれましたね♪
    ふわっくまさん、こんにちは。
    いつも旅行記を見にきていただき、投票までしていただいてありがとうございます。

    家族経営のB&Bでは、
    一軒目に泊まった宿のおじいさんには英語が通じず、焦りました。
    幸い、奥様は聞き取りやすい英語を話してくださったので
    無事、チェックインできましたが、
    おじいさんだけだったら、どうなっていたことか。

    おそらくアイルランドのゲール語か、
    はたまた、現地で知り合った日本人留学生の方いわく、
    「アイルランドの年配の人は、なまりがひどくて
     何を言っているかわからない」とのことだったので、
    おじいさんが話されたのも英語だったのかもしれません。
    なんにしても、焦りました(〜_〜。

    > 表紙も風景とバッチリ、コラボ写真がステキだなぁーと思いました。

    ありがとうございます!
    今回、最初の数日間はプーニャをカバンに入れたまま出し忘れることが多く、
    ホテルに戻ってから、プーニャを撮ってないと気づいたことが何度もありました。

    なので、後半はできるだけプーニャを撮影。
    旅行記でも、連続4枚くらいプーニャの写真を並べたりと
    しつこいくらい出てくる予定ですが、
    うざいなと思わず、また見にきていただければ嬉しいです。
    ありがとうございました。
    kiyo
  • aoitomoさん 2017/08/21 16:47:23
    広大な絶景に感動します!
    kiyoさん プーニャちゃん こんにちは〜

    いつも見事なひとり旅に感動します。
    たっぷりと10日間かけてアイルランドの旅は羨ましい限りです。

    昼からも既に『モハーの断崖』まで徒歩で出掛けて、
    またバスで戻ったら4時前からドゥーリン港ヘ徒歩で出発。kiyoさん元気です。
    確かに、晴れだしたらじっとしてられませんね。

    『モハーの断崖』に18時20分発のバスの時間までいても良かったですが、
    早く戻ることで『ドゥーリン港』や『バレンの台地』を見れたのも良かったと思いますよ。

    沢山の絶景、満喫させていただきました。
    私もこんな景観が満喫できるトレイルがしたいです〜

    aoitomo

    kiyo

    kiyoさん からの返信 2017/08/21 19:36:36
    RE: 広大な絶景に感動します!
    aoitomoさん、こんばんわ。
    アイルランド旅行記に投票していただき、ありがとうございます。

    今回、アイルランドの旅は、けっこう行き当たりばったりで、
    自分の体力も考えずに突っ走り、
    最後は足がふらふらで、気力で宿に戻るという毎日でした。
    なので、旅行中は、
    「日本に戻ったら、もっと健康的な生活をして体力増強するぞ!」と
    決意したのですが、まだ実行できていません(^^;

    モハーの断崖歩きは、まだ次回へと続きます。
    同じ場所を、行きと帰りにカメラ二台で撮影したら
    帰国後、整理する時に、
    どこがどこだかわからなくなり、
    カメラの撮影時間を見ながら必死に整理しているところです。
    なので、旅行記の続きは、来月になりそうですが、
    またお付き合いいただけましたら幸いです。
    kiyo

kiyoさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アイルランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アイルランド最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アイルランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集